+

2023年最近の山歩き

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日
・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


3.[2月5日(日)][腫れ時々曇り]ポンポン山 大原野森林公園・森の案内所→竃ヶ谷→ケヤキ谷→東尾根→ポンポン山→西尾根→フクジュソウ保護地→竃ヶ谷→森の案内所

 
森の案内所 竃ヶ谷 竃ヶ谷 ケヤキ谷 ウバユリ
 
フクジュソウ  ヤマネコノメソウ 

 昨日から大原野森林公園の福寿草保護地がオープンしたと聞いていた.予報によれば,土曜日よりも日曜日のほうが天気がよいということだったので,本日久しぶりに車に乗って森林公園に出かけるることにした.

 ところがである.朝陽も分からぬぐらい空は曇天.これではフクジュソウは花を開かないではないか.フクジュソウ観察の要諦は,太陽が出ている日,時間を選ぶことである.

 名神の京都南インターに来て,ユッキーは「ポンポン山やめて比叡山にしようか」と言い出す始末.車はすでに分岐を大阪方面のほうに入ってしまっている.もう少し時間が経てば太陽も顔を出すだろうと自らに言い聞かせて車を西に走らせる.

 新名神高槻を出て,北へ車を走らせる.この辺りに残雪を思わせるものはない.しかし,変電所を過ぎて山に近づくと,ところどころ溶けた雪が零下の気温で再び凍結しツルツルになっているところが出てきた.ここはゆっくりと運転する.タイヤは冬用タイヤに代えているが,過信してはいけない.

 やっとの思いで9時に森の案内所の入り口に到着した.フクジュソウ保護区の開園は10時なので急ぐ必要はない.ようやく青空も見えてきたが,雲は多い.森の案内所で入山の儀式をすませる.竃ヶ谷に入る申請はフクジュソウ保護区の管理テント小屋で出してほしいとのことであった.

 時間調節のために最初は西尾根をゆっくり登ってと考え,行きかけたのだが,昼食の時間,場所等も考え,フクジュソウ鑑賞は午後にすることにした.

 陽が差さないところは雪も残っており,冬の景色を楽しみながら沢を遡行する.一応6本爪軽アイゼンはザックに入れてきたが,当面使うことはない.

 竃ヶ谷からフクジュソウ保護区かケヤキ谷かの分岐に到着した.ちらっと計画を変更して今フクジュソウ保護区に登ろうかとも考えたが,雲が多いこの空ではまだそれほど開いてはいないであろうと考え,計画通り,ケヤキ谷を登って東尾根に出ることにした.

 雪の残る斜面の細い道は慎重に歩を進めて東尾根に出て,そこからは南へ南へ.途中で甘納豆を食べて,シャリバテ予防とする.杉谷との分岐を曲がって今度は西へ.ここまで誰にも会わなかったが,ここへ来て人に出会うようになった.

 12時少し前に山頂到着.日曜日だからそこそこ人はいるが,ベンチは空いているところもある.ここで昼食.今日はコンビニおにぎりとお茶.自家製キャラメルケーキとコーヒー.

 20分ほどで山頂を出発.ここから西尾根へと進む階段道でアイゼンが必要になると予想していたが,予想通りであった.ただアイゼンをつけてもすぐに外さなければならなくなるのは目に見えていたので.持っては来ていたけれどもアイゼンはつけずにそろりそろりと降っていった.

 歩いていると次第に雲は少なくなり,まるでわれわれのフクジュソウ鑑賞を待ってくれていたようだった.テント小屋の前で届けを出して中に入る.

 入ったところはまだ雪で覆われていてフクジュソウは見えない.奥の方の日がよく当たる部分では,黄金色に咲く福寿草がこちらを向いて歓迎してくれていた.これはまさしく一番花で,葉がまだ伸びていずに花だけがすっくと立っている.例年われわれは二番花にやってくることが多く,フクジュソウは葉っぱを出して,花はやや小ぶり,色もやや薄い.しかし,今日は一番花.花も大きく,色も濃い.よかったよかった.管理をしてくださっているみなさま,本当にありがとうございます.110輪ほど咲いているとか.

 日曜日であるのに他に誰もいない.思う存分写真タイム.なぜだか知らないが今日は出口を閉じていたので,また,入り口に戻り,最初は出口が西尾根のほうだから,そのまま西尾根を森の案内所までと思っていたが,竃ヶ谷で案内所に戻れるので,こちらのほうで戻ることにした.こちらのほうが楽ちん.

 フクジュソウの一番花を見られて,もう大満足で心も軽く案内所に向かった.約5時間(休憩時間,昼食時間を含む)の山歩きであった.順調に新名神,名神で帰宅した.

 帰宅して,ミカン,落花生(けっこうタンパク質を含んでいるのだ)を食べ,写真の整理を行った.お風呂の後の夕食はチキンソテー・トマトソースかけでビール.少しずつ春の足音が聞こえているが,一度は冬の雪山に行きたいと思っている.すべてはユッキーの脚の具合によるのだが・・・


2.[1月29日(日)][腫れ時々曇り]大文字山 銀閣寺→行者の森→中尾の滝→夢見庵→新田尾根→大文字山→楼門の滝→霊鑑寺

 
銀閣寺門前 中尾の滝の前で(山休さん提供) 夢見庵で昼食(山休さん提供) 新田尾根 楼門の滝
 
山頂 山頂(かおりさん提供)
   

 シッポがあの世に旅立ち,そのあと私は体調不良で,山行再開を果たせなかったが,やっと今日山に入ることができた.登山口から登り始めてすぐに山休さんが登ってこられ,以後,下山途中までご一緒できた.さらに,山頂では,かおりさんにばったり出会う.予期せぬ出会いもあり,低山と言えども雪山の充実した楽しい山歩きで遊ばせてもらった..

 25日ぶりの山行なので,比良などは行けそうにない.このところ大文字山に足繁く通っていたが,ユッキーがイコモチさんに会う機会があり,大文字山のヴェテラン,イコモチさんから次々と面白そうなルートを教示いただいていたので,今日も大文字山で,今まで踏んでいないところを歩こうと考えた.

 久しぶりの山歩きとなると,準備に時間がかかり,銀閣寺道で出発したのは1時間近く遅くなってしまった.(しかし,ものは考えようで,遅くなったので山休さんにもかおりさんにも出会ったのである.よかったのではないか.)

 歩き始めて参道でも道は凍っていてツルツル.滑らないように気をつけて進む.どこでアイゼンをつけようか考えながらしばらくはノーアイゼンで我慢する.本坂との分岐,堰堤の前でアイゼンをつける.山休さんは10本爪であったが,われわれは6本爪の軽アイゼン.結局,アイゼンは下山途中,楼門の滝近くまで付けていることとなった.

 メガネ坂を登り,メガネ峠から沢に降り,中尾の滝の前からまた登りと,谷から尾根,尾根から谷と基本東へ東へとアップダウンを繰り返す.今日の冒険の第一は小熊山の尾根から最短で夢見庵に降りることである.斜面が急でトラロープがあるとイコモチさんから情報を得ている.

 トラロープはほとんどが雪に埋まっていたがわずかに顔を出しているロープの端が目に留まったので,ここから降りればよいと確信し,まずはロープを雪から掘り起こし,ずるずると降りていく.降り立った沢を辿って東へ,下流へと進む.途中で谷が右手に伸びているが,左へ向きを変え少し行けば,支流の沢の合流点に降りることが出来た.

 ここが夢見庵.時間も時間だしとここで昼食とする.雪には動物の足跡だけで人の足跡は皆無である.ゆっくりと楽しく山休さんとお昼をとる.

 さて,ここから山頂へ向かうのに,当初新田尾根に登って向かおうと考えていたが,どうしようか.せっかくここまで来たのだから当初の計画通り,新田尾根に登ろうということになる.

 最初は道らしきものが雪の上から分かり,辿っていくが,途中で分からなくなり,まっすぐ行くのはちと難しいとなって,歩きやすそうなところを少し左にふって登り,尾根に到着した.新田尾根である.ここからは尾根を南へと辿っていけばよい.アップダウンは尾根の常.昼食後で足の歩みは重たくなるが,我慢して進む.私の脚は久しぶりの山歩きでつりそうになり,悲鳴を挙げる.そういう中で,右手に道らしきものがあるのでそのまま降りていってしまい,天の原近くまで来てしまった.これはまずいとまた尾根へと登り返す.

 ようやくの思いで山頂に到着.写真を撮ってぼちぼち下山をと考えていたところ,なんだかかおりさんらしき人が近づいてくる.やっぱりかおりさんだった.シッポのことではお悔やみのメールを頂いて慰められたのだが,まさかこんなところで出会うとは!再会を喜び,お互いの近況報告.

 昼も過ぎたので名残惜しいが出発する.かおりさんは法然院か銀閣寺の方へ.われわれは南へ.途中で山休さんは南禅寺のほうへ降りられるということで別れる.われわれは霊鑑寺のほうへ.楼門の滝を確認しなければという目的がある.この前遠くから見ていた滝を近くで写真撮影.ここを登ってきた人曰く,昨日は凍っていたと聞いたとか.今日は凍っていないが氷柱が見られた.

 こうして大きな冒険をふたつして,錦林車庫のバス停に到着した.あとはバスに乗り,出町柳から京阪で帰宅した.

 お風呂のあとの夕食は山名酒造の「醪」という濁り酒.肉じゃがで.久しぶりの日本酒で陶然となる.


1.[1月4日(水)][曇り]初登りは比叡山 坂本・大宮川観光駐車場→本坂→根本中堂→阿弥陀堂→大比叡→阿弥陀堂→根本中堂→ケーブル駅→裳立山→無動寺坂→大宮川観光駐車場

 
左が本坂,右は大宮谷林道 阿弥陀堂 山頂アンテナ中継所へ 大比叡 紀貫之卿墳墓 
 
軽アイゼン着用 裳立山アカガシの大木前 
 
 
遠見岩  崩落箇所 

 2023年最初の山歩きとして選んだのは比叡山.大文字山にはこれからも行きたいが,比良にも行きたいので,筋肉がなまらないように初登りは比叡山とした.久しぶりである.

 いつものように大宮川観光駐車場を利用させて頂いた.8時59分駐車場を出発.まず日吉大社の鳥居前で入山の儀式をすませる.そこから今日は本坂で登ることにする.わが家の三匹の猫のうちの一匹シッポのために,出発を遅らせ帰宅を早める必要がある.

 比叡山高校横の階段のところでは比叡山高校の陸上部の練習を眼にする.学生たちは律儀にも挨拶をしてくれる.本当にすがすがしく気持ちがよい.

 本坂は降りで使うことは多いが,登りで使うことはほとんどない.悲田谷を行こうかとも考えたが,やはり回り道となり,時間がややかかるので,今日は行かなかった.

 亀堂までは雪もなく,普通に登れたが.そこから延暦寺会館横の急坂は雪が残っていれば滑るだろうと予想していて,軽アイゼンをもって来ていた.

 すると横の道からハイカーが降りてきて,「まっすぐ行くにはアイゼンが必要ですよ」と教えてくださった.ここでアイゼンを付けるかとも思ったが,その親切なハイカーが「自分が降りてきた横の道なら,アイゼンなくても行けます」ということだったので,われわれも横の道を行くことにした.

 延暦寺会館を過ぎて一隅を照らす会館に到着.初詣か参拝の人が多数おられる.会館の横のトイレをお借りして,阿弥陀堂のほうに進む.

 ここから階段を登って大比叡へ進もうと思っていたら,またハイカーが降りてきて,「ここから先はアイゼンが要りますよ.もうツルツルですから」と教えてくださった.

 ここで今期初めて軽アイゼンを着用する.阿弥陀堂の裏から大比叡までは雪が踏み固められ凍っていて,アイゼンがなければ簡単には進めない状態になっていた.軽アイゼンでも持ってきて本当によかった.車を離れるとき重いし置いていこうかと一瞬思ったのだが
・・・

 スニーカーで来ていた二人組は結局階段の途中から引き返してきた.一方,われわれは軽快にザックザックと音立てながら進み,山頂へと向かった.

 さすがここへ来ると寒い.ピーク写真のあとは即刻引き返す.降りではさらにアイゼンがありがたかった.

 阿弥陀堂に降りてきて,アイゼンを外す.そこから一隅を照らす会館へと急ぐ.経費節減のためか暖房は入っていなかったが,立派な椅子に腰掛けてゆっくり昼食をとった.残念なことは,昼食を持ってきていて鶴喜蕎麦にありつけなかったことである.次回は昼食は鶴喜蕎麦と計画の中に入れておくことにしよう,そう言えばいつだったか,雪の降る中,延暦寺に来て,雪見酒ならぬ雪見蕎麦をしたこともあった.

 下山は二つのルートが考えられるが,坂本ケーブルの延暦寺駅に着いてから決めようとケーブル駅まで降りていった.駅のところでは東海自然歩道復旧工事のため崇福寺跡へと向かうルートは通行不可という掲示があった.もっとも今日のわれわれのルートとは関係がない.

 蟻ヶ滝コースは,坂本への最短コースであるが,途中の倒木等の情報は仕入れてきていなかったので,とりあえずここはとらない.無動寺道は明王堂をまわって降り,箸塚から登り返すこともできるのだが,しんどそうなので,これはやめて,裳立山経由で無動寺道に合流することにした.

 明智光秀が領内をここから見渡したと言われる「遠見岩」で合流し,相応水を経て,坂本の町に入り,駐車場へと進んだ.注意しなければならないのは,遠見岩から先のところで,谷が崩落している箇所があることである.鎖がついていて「岩へつり」とまではいかないほどに30cmほど道は残っているが
それでも慎重に進む必要があった.注意しなければならないのはここだけ.

 駐車場に到着したのは14時39分.5時間40分ほどの山歩きであった.11.6km.

 帰りの名神京都東から京都南はスムーズに走行できた.名古屋方面行きの上りは大渋滞で,インターに入るのも長い列ができていた.まだお正月の帰省ラッシュが続いているようであった.

 15時までに家に帰ることはできなかったが,帰宅しても夕食までは十分時間的な余裕があった.

 打ち上げは山名酒造の「奥丹波,初搾り」.久しぶりのすき焼きで.


2022年
77.[12月28日(水)][曇り時々晴れ] 大文字山系 銀閣寺→行者の森→鹿山→大文字山→如意古道→霊鑑寺

慈照寺(銀閣寺) 行者の森 右は表登山道,われわれは左に 鹿山 俊寛僧都忠誠之碑
小滝 
鹿山 

 2022年最後の山歩きとして選んだのはやはり大文字山系.なるべく同じ道を歩かないようにルートを決定した.ミッションは二つ.鹿山に登ることと如意古道で降り楼門の滝を見ること.

 京阪丹波橋駅のパンショップで今日の食料を調達しようとしていたところ,思いがけないことが起こった.

 なんとユッキーがポシェットを持ってくるのを忘れたのだ! 中には財布とコンパスが入っていた.いまさら取りに帰るのも時間のロスなので,とりあえずパンのお金は私がまとめて払うことにした(いつもはそれぞれのお小遣いから払っている).やれやれ.ユッキーは時々なにか一つ持ってくるのを忘れることがある.本人曰く,「幼稚園の頃からの私の癖で,老化現象ではない」とのこと.

 京阪出町柳駅から銀閣寺道までバスに乗り,バス停から東へ進んだところで入山の儀式をすませる.門前町のようになっている土産物屋の前を通り,銀閣寺のところで左に曲がり,山道に入る.しばらく行くと大きな堰堤が見えてくる.橋を渡って右に行けば大文字山への表登山道である.われわれは堰堤の左から登る.

 登り始めは急で脚をしっかりと降ろして一歩一歩進む.いわゆるメガネ坂で峠を目指す.峠から東,北東へと降りて沢に達し,そこから尾根に登る.尾根に達したところで前回は南へ進んだが,今日はその尾根を北へ,見晴台のほうに進み,途中で沢に降り,さらにまた谷を登る.ようやく290mの等高線がブーメランのような形になっているところに登り着いた.

 ここのどこかに鹿山の山頂があるはずである.うろうろマークを探すがなかなか見つからない.10分も探したところで木の上の方にプレートがあるのを発見した.鹿が彫り込まれているなかなかおしゃれなプレートである.

 これでミッションの一つを達成した.

 次にそのまま尾根を辿って南下せずに西に向かい谷に降りてから沢を遡行して南へと進んだ.源頭近くで尾根に登り,そのまま尾根を辿って大文字山の方向に進む.途中でフライパンからの道と合流して頂上へ.ここのあたり,シャリバテもあり,我慢して急坂を登っていった.

 山頂は年末の平日でやや人は少ないものの,ベンチはそこそこ埋まっていた.一番西の端のベンチが空いていたので,そこに座って京都市内を見ながら昼食とした.さほど寒くなくゆったりと30分ほど過ごしたのち,如意古道で下山を開始した.

 けっこう石ころのゴロゴロ道で歩きにくいのだが,これが近江の三井寺と鹿ヶ谷の霊鑑寺に至る古道である.

 ここでまたちょんぼをしてしまった.俊寛の碑は見たのだが,沢より遠い迂回路を通ったために,連続する滝を遠くに見ていたが,それが楼門の滝とは思わず,もっと先にあるんだろうと勝手に考えてずんずんと降りて行ってしまった.

 結局圓重寺のところに出て,さらに坂を降っていくと霊鑑寺のところに出てしまった.これはもう一度来て確かめる必要がある.

 降りてきたら錦林車庫に出てきて,ここの始発のバスに乗り,出町柳まで行き,京阪で帰宅した.

 猫の無事を確認したのち,写真の整理をして,夕食はチキンソテーでビール.

 本年最後の山歩きであった.大文字山系,まだまだ踏んでいない道が多数あり,しばらくは探索を続けるつもりである.一方で,車のタイヤもスタッドレスに交換したので,雪のあるところに行きたいのはやまやまだが・・・.