2022年最近の山歩き

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日
・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


77.[12月28日(水)][曇り時々晴れ] 大文字山系 銀閣寺→行者の森→鹿山→大文字山→如意古道→霊鑑寺

慈照寺(銀閣寺) 行者の森 右は表登山道,われわれは左に 鹿山 俊寛僧都忠誠之碑
 
小滝   
鹿山   

 2022年最後の山歩きとして選んだのはやはり大文字山系.なるべく同じ道を歩かないようにルートを決定した.ミッションは二つ.鹿山に登ることと如意古道で降り楼門の滝を見ること.

 京阪出町柳駅から銀閣寺道までバスに乗り,バス停から東へ進んだところで入山の儀式をすませる.門前町のようになっている土産物屋の前を通り,銀閣寺のところで左に曲がり,山道に入る.しばらく行くと大きな堰堤が見えてくる.橋を渡って右に行けば大文字山への表登山道である.われわれは堰堤の左から登る.

 登り始めは急で脚をしっかりと降ろして一歩一歩進む.いわゆるメガネ坂で峠を目指す.峠から東,北東へと降りて沢に達し,そこから尾根に登る.尾根に達したところで前回は南へ進んだが,今日はその尾根を北へ,見晴台のほうに進み,途中で沢に降り,さらにまた谷を登る.ようやく290mの等高線がブーメランのような形になっているところに登り着いた.

 ここのどこかに鹿山の山頂があるはずである.うろうろマークを探すがなかなか見つからない.10分も探したところで木の上の方にプレートがあるのを発見した.鹿が彫り込まれているなかなかおしゃれなプレートである.

 

<UNDER CONSTRUCTION.>

 
































76.[12月25日(日)][曇り時々晴れ] 大文字山系 銀閣寺→行者の森→小熊山→夢見庵→大文字山→京都一周トレイル道→七福思案処→日向神社→蹴上

分岐(われわれは左手に) メガネ峠 分岐 七福思案処
小熊山 
 
夢見庵 

 本日も大文字山系,ラビュリントス(迷宮)に挑む.今日のミッションは,前回分からなかった尾根から谷に降りてショートカットで小熊山に至るルートを見つけることと,小熊山から尾根を辿って夢見庵,天の原の谷に出ることの二つである.

 下山は,全国高校駅伝が京都で開かれるので,帰りに出町柳までバスで行くのは避けて,地下鉄蹴上駅に降りることにした.

 京阪丹波橋のパンショップで食料を調達し,出町柳で降りる.出町柳からはバスに乗り,銀閣寺道まで.

 出町柳の駅から地上に出たら,道が濡れていることに気がついた.伏見ではなかったが,このあたり雪が降ったようである.曇り空でバスに乗ると雨が少し降ってきているのが窓で分かる.これは嬉しくない予兆だなあと思いながら,銀閣寺道でバスを降りたら雨はもうぱらついてはいなかった.銀閣寺へ至る途中で入山の儀式をすませる.大文字へ登るであろうグループが集合していた.

 まっすぐ進み銀閣寺の正面に出たら,左へ曲がり,坂を登っていく.日曜日のことゆえ出会うハイカーは多い.堰堤から表登山道は右に行くが,われわれは左手に進む.こちらへ入ると出会うハイカーはうんと減る.メガネ坂を登り,そこから降ると向こうから登ってくるハイカーに出会った.「どこへ行くの? 女性二人でいるさかい,心配してな」と仰る.私も女性と思われたようだ(76年の人生で初めて女性と認知されてしまった!).この老ハイカー,なかなか面白い人で,こちらの行きたい道を親切にも教えてくださった.今日冒険しようとしている小熊山から夢見庵,天の原への谷のルートを聞いたら,「大昔あそこへ行って草で沢が分からずドボンしてしまって,それからあそこへは行ってへん.ロープがあって最近付け替えたとか聞いたことがあるが」とのこと.

 お礼を言って別れ,今日は中尾の滝に寄らずに進む.そしてこの前右への降り口を探して見つからず引き返した尾根にまで来た.同じ間違いをしてはいけない.この前よりもさらに北へ進んだところ,立派な道が右の谷の方についていた.これを降り沢を徒渉して登ると,熊山からの尾根に合流した.これでミッションの一つは達成したことになるが,さらにここから夢見庵の谷に降りる道を見つけねばならない.

 とりあえず小熊山(P328)に寄り,ピーク写真を撮ったのち,比較的勾配がゆるやかな尾根を見つけて降りていく.道は落ち葉で分からないが,時折,赤いテープが木に巻いてあるので,それを辿りつつ降りていく.最後に沢に降りるところで尾根の末端は途切れ,右側は崖のようになっているが,左側は別の谷が入り込んでいて,傾斜はややゆるやかである.テープはこちらのほうについている.

 やっと,沢に辿り着いた.ここは夢見庵よりはさらに下流のところである.川を遡行していくと,夢見庵に到着した.この間,モミジの落葉が一杯で,赤い絨毯となっている.1ヶ月以上前であればさぞや美しかったろう.

 夢見庵からはフライパンの天の原に行く沢コースは今日はとらず,尾根コースで山頂に向かうことにした.シャリバテも相まってこの傾斜はこたえる.ここは春日坂と呼ばれているらしい.

 山頂に辿り着いたのは11時45分ぐらいであった.ここで昼食.30分後に出発.

 帰りは歩いたことのなかったトレイル道を行くことにした.歩きやすい道ではあるが,ところどころに岩が露出しているところがあり,ここが滑りやすいので慎重さを要した.どういうわけか外国人のハイカーに多く出会う.面白かったのは,トレイル道を歩いていると,下の安祥寺林道のところを長身のハイカーが駆けるように歩いていて,ユッキーがザックに気がつき,「あれJOEさんと違う?」と言ったので,私も見てみたところ,間違いなくJOEさんだったことである.なんという偶然.思わず「JOEさーん」と大声を出したところ,ハイカーも気づきこちらを向かれた.間違いなくJOEさんだった.80mぐらいは離れていたであろうか.大声を出して,近況を語り合った.またいずれ,と言って分かれた.

 七福思案処を経て,日向大神宮の横を通り,地下鉄蹴上駅に到着した.あとは地下鉄,京阪で帰宅.3時前であった. 家に帰って,今日はヨーグルトと牛乳で打ち上げ.夕食は,シャンペンのような山名酒造の「ピチカ」で,オムレツ.

 今日驚いたのは,女性と間違われたこととJOEさんとの出会い.クリスマスの今日,いい思い出になった.あと1回ぐらい山に行けそうだが,どちらに行こうか? おそらくまた大文字山になりそうである.毛細血管のような谷と尾根の探索はまだまだ興趣が尽きない.


75.[12月18日(日)][曇り時々晴れ] 大文字山系 銀閣寺→行者の森→中尾の滝→熊山→孫熊山→子熊山→熊山→大文字山→火床→霊鑑寺

行者の森 鹿現る 中尾の滝 孫熊山 子熊山
 
狂い咲きのシキミ コナラの黄葉

 すっかり大文字山系にはまってしまった.今日もラビュリントス(迷宮)に挑む.

 京阪出町柳で食料を調達し,バスで銀閣寺道まで.入山の儀式をすませて山に入る.まずは中尾の滝へ.バリルートを行くと必ずと言っていいほど大文字山に詳しい人に出会う.みなさんわれわれと同じシニア.親切にも道を教えて頂く.

 途中の斜面で鹿三頭を見る.人に慣れているのであろう,逃げ出そうともしない.

 メガネ坂を登って峠に着く.(この峠のところの木に落とし物の眼鏡がかけられているからメガネ坂と言うらしい).そこから次に目指すは中尾の滝.滝は,昨日の雨のせいか,前回よりは水量が多い.

 中尾の滝から南東方向に尾根を登り,ショートカットでP328の子熊山へ向かうというのが本日の計画.ところが少し北に向かって東への降り口を探したが,これが見つからない.テーセウスのようにアリアドネーの案内がないわれわれ.クレータ島ならざる大文字山系のラビュリントスで,思わぬ方向へ行ってしまった.

 本当は東に行かねばならぬところ,はっきりした道をどんどん南東の方向に行き,そこから北へ登ったところ,なんとここは子熊山ならぬ熊山.ユッキーは,過日登った熊山への登りみたいに急でしんどいねと言いながら登っていたのだ.道理で.

 ここでまた親切な人に出会う.尾根をまっすぐ北へ行けば子熊山P328に行けること,その手前に登山道から少し離れたところに孫熊山があることを教えてもらい,北へと向かい,孫熊山に寄って,子熊山に辿り着いた.ここでまた人に会い,「この先を行けばあと二つピークがありますよ」と勧められたが,こちらはシャリバテもあり,「今日はここまでで戻ります」とお礼を言って引き返すことにする.木々の間から比叡山が見えるが,あちらは雪で白くなっている.大文字山はやはり南にある.雪のかけらもない.

 熊山はJOEさんと来たときに踏んだが,子熊山と孫熊山ははじめてで,ルートは間違い遠回りしたが,未踏の二つの山を踏めて本日のミッションは達成されたのである.

 あとは熊山を再び踏んで大文字山山頂へと向かう.山頂に近づくにつれ人の声がしてきて,人の多さを知らせてくれる.今日はここでピーク写真を撮らず,山頂北側の空いていたベンチに腰掛けてお昼とした.

 さて,降りをどうしようか.先日は左払いで霊鑑寺へ降りたが,今日は右払いで火床を降り,途中ロープ場2箇所,倒木2箇所を乗り越えて,霊鑑寺に降りてきた.今日もオオマエでアップルケーキを買ってお土産としようと白川通りを北へ進み,ケーキを買って,バスに乗り,出町柳から京阪で帰った.

 夕食まで写真の整理をし,GPSのログを出して今日のルートを振り返る.どうも谷へ降りる道をすぐに諦めたのが悪かったようだ.リヴェンジの必要あり.しかし,うろうろするのも楽しかった.

 うちあげは愚息にもらった藤岡酒造の「蒼空(純米大吟醸山田錦のおりがらみ)」.いつまでも飲んでいたい,おいしい酒だった.


74.[12月10日(土)][晴れ] 初冬の竃ヶ谷・ポンポン山 大原野森林公園森の案内所→竃ヶ谷→ケヤキ谷→東尾根→ポンポン山山頂→西尾根→大原野森林公園森の案内所

竃ヶ谷 チドリノキ ケヤキ谷 ポンポン山山頂 ヤブツバキ
 
ウバユリ タカノツメ

 明日11日,東山トレイルマラソンがあり,大文字はコースに組み込まれているので混みそうだし,今日も下見や練習で混んでいて歩きにくかろうと考え,久しぶりに竃ヶ谷・ポンポン山に出かけることにした.ここだと早く帰れるのでシッポのためにもいいだろう.

 9時過ぎに大原野森林公園の駐車場に車を駐める.すでに1台京都ナンバーの車が駐まっていた.12月からだと思うが,冬季は土・日・祝日しか駐車場は使えない(水曜日は閉鎖).準備をして森の案内所に行き,届けを出して,入山の儀式をすませる.9時25分に出発.

 伏見のわが家の辺りではまだ霜は降りていないようだが,ここでは霜が降りて,それが太陽の光で溶けて落ち葉は濡れている.少し寒いが歩き始めると体温があがり,気持ちよく歩けるようになる.

 落葉樹の葉はかなり落ちていて,竃ヶ谷は少し明るくなっている.金網のフェンスがあるところでは,その内・外とボランティアの方の手が入り,枯れ枝等が整理されてすっきりしている.春からの花のための作業をされたのであろう.ほんとうに頭が下がる.

 竃ヶ谷に初冬の今,見るべき花はもちろんないので,写真を撮ることもなく進む.ただ,チドリノキだけは黄葉が見られるかもとの期待があったので,谷を遡行していくと,かなり葉は落ちていたけれども,黄葉が見られた.

 竃ヶ谷に期待するところはこれで終わり.ケヤキ谷に向かう.落ち葉たっぷりの道を落ち葉を踏みしめながら滑らないように登っていく.今日初めて登りらしい登りだ.

 東尾根に辿り着いたら,私が手袋を片一方落としてしまったことに気づいた.あわてて探しに戻る.見つかってやれやれだが,これで10分はロスした.

 東尾根を進む.アップダウンがあり,なかなかしんどい.ようやく杉谷からの道と合流する.ここからまだまだ山頂まではある.竃ヶ谷,ケヤキ谷,東尾根では誰にも会わなかったが,ここへ来て,ハイカーに出会う.

 山頂に着くと,ベンチはかなりの部分,先着者ありで,リョウブの丘まで行って昼食とも考えたが,時々,リョウブの丘のベンチも団体さんで一杯のこともあるので,山頂で昼食とした.幸い空いているベンチがあった.コンビニおにぎりと甘納豆.お茶とコーヒー.

 30分ほどいただろうか.西尾根ではタカノツメの黄葉を期待して歩を進める.お目当てのタカノツメは落葉しているのが多かったが,残っているのもあり,写真に撮る.青い空が背景だと黄葉も映える.森の案内所への帰り道,竃ヶ谷入り口のハシゴのところに赤い実を付けている木があった.朝方,竃ヶ谷に入るときには気がつかなかったものだが,ユッキーは気になって,徒渉して確認に向かった.私は対岸から見守るだけ.結局,何の木か分からなかったようで,帰宅して写真をもとに確かめてみようということになった.

 森の案内所には13時42分に戻る.4時間17分,7.7kmの山行だった.後片付けをして車に乗り,15時には家に帰ることができた.バナナと牛乳でうちあげ.夕食時にはビールで乾杯.


73.[12月7日(水)][曇り] またまた大文字山 北白川琵琶町バス停→緑の橋→琵琶の滝→石積み→大文字山山頂→大文字火床→霊鑑寺→南禅寺→地下鉄蹴上駅

日天寺 琵琶の滝(?) 大文字山三角点 圓重寺の裏 圓重寺
 

 大文字山は低山ながら谷と尾根が入り組んでいて無数の道がついている.今日も早く帰れるところということで大文字山へ出かける.

 三条京阪から比叡平行きのバスに乗り,北白川琵琶町で降りる.この山中越えから大文字にとりつくところは3箇所あり,この前はバス停から少しあがったところにある緑の橋からとりついたが,今日は妙法山日天寺からはどうだろうと思って,琵琶町バス停の前にあるお寺の登り口から様子を見たところ,どうやらお寺へ通じる階段しか他に道はなさそうだ.

 この階段からの道はokaokaさんによれば,「お薦めしない」ということなので,今日は冒険を諦めて,前回と同じく緑の橋を渡って谷をつめることにする.

 しかし,前回と同じように中尾の滝,幻の滝を通って山頂に行くのは面白くないということで,左手の尾根を越えて東の谷にある琵琶の滝をみてこようかと考え,まず尾根に上がり,先日聞いていたパノラマヴューが見られる尾根の先端まで行き,戻って,東の谷に降り,琵琶の滝まで近づいた.この道をとことん進むと結局は元の谷筋に戻ってしまう.道としては最初進んでいた谷筋の分岐のところで左手の谷に行けば,琵琶の滝まですぐに行けるのだが,分岐から左手の谷筋は崩落と倒木で容易には近づけなかったので,こうしてループを描いて元の分岐近くまで来てしまったのだった.

 目的の琵琶の滝は滑滝で,感動を覚えるようなものではなかった.まあ,しかし,いいのである.地図と見比べながら,谷,尾根を確認し,自分の現在いるところを推測するというのが,本日のミッションであったからである.

 こうして,谷を詰めていく.「石積み」と呼ばれる箇所を確認し,南へ南へと進むとやがて幻の滝からの道と合流する.ここが出合坂峠である.前回通った道を進めば,やがて大文字山の山頂の三角点のすぐ近くにあがることができた.

 平日でお天気もあまりよくないことから,山頂広場は大混雑ということはない.空いたベンチで昼食とする.Sのサンドウィッチとコーヒー.お茶で甘納豆をデザートする.

 降りをどうしようかということになり,今まで踏んでいない道ということで,火床まで進み,大の字の二画目,左の流れのほうで急な階段を降りて,そこから南西の方向,鹿ヶ谷に向かう.途中ロープ場があり,倒木が何ヶ所かあったが,なんとかクリアして,哲学の道に降り,そこから南禅寺を経て,地下鉄の蹴上駅まで歩いた.

 家に帰って,シッポの無事を確認し,アイスクリームと牛乳でうちあげ.写真の整理をして,お風呂,夕食となる.

 今日は山名酒造の「奥丹波・山廃仕込」.天然の乳酸を発生させる生酛系の酒.コクのあるお酒だった.

 


 



72.[12月3日(土)][晴れ] 名残の紅葉の大文字山 北白川琵琶町バス停→緑の橋→中尾の滝→まぼろしの滝→大文字山山頂→中尾城址→大文字山登山口

緑の橋(渡ったところで振り返る) 沢を遡行 中尾の滝 まぼろしの滝 大文字山山頂
 
メタセコイア

 シッポの容体が弱っている中での安定が続いているので,早く帰れるところということで,今日も大文字山に出かける.新たに購入したザックと靴の試し履きも兼ねている.

 11月18日のokaokaさんのコースをなぞって出発する.ただし,北白川別当町から山中越えを歩くのはあまりにも危険なので,三条京阪からバスに乗り,北白川琵琶町バス停で降りる.ここでゲイターを付け準備する.緑の橋を渡って沢に沿って谷を進む.地図読みに最適の地形である.

 小さな谷が分かれているところもあるが,基本谷をまっすぐ南に進む.紅葉はもうかなり落ちていて,赤の絨毯となっている.比良には雪も降ったとかで,紅葉(黄葉)を求める山歩きも今日で最後だろうか.


 中尾の滝近くに来たらシニアのハイカーと出会う.中尾の滝,幻の滝と説明を頂く.ほとんど毎日のように大文字に来られていて,隅から隅まで歩いておられるようだ.今日おもしろかったのは,別のこういう大文字を愛して毎日のように登っておられる方と幻の滝近くで出会ったことである.こちらのお一人からは地図まで頂いた. 

 こうして哲郎・道子コースで大文字山頂に到着した.

 大文字山頂は相変わらず人でごった返している.ピーク写真のあとはすぐに中尾城址に向かって下山を開始する.


 抜きつ抜かれつしていたシニア・カップルに話しかければ,中尾城址からメタセコイアに向かわれるということであった.このカップルも大文字の麓に住んでおられて大文字にはしょっちゅう来られているとか.

 中尾城址までこのカップルに案内してもらった.このカップルと別れ,われわれはこの近くの紅葉の下で少し遅い昼食.京阪三条駅のパンショップで買ったパンが本日の昼食.デザートは甘納豆.お茶とコーヒーで.

 次は30本のメタせコイアの紅葉を見るべく降っていく.今日は大山出城址には立ち寄らなかった.

 銀閣寺近くに来ると,今日も観光客は多い.われわれは次の目的地を目指す.えっ,どこ? okaokaコースの仕上げは決まっている.浄土寺のOOMAEに.ここで季節のアップルケーキを買う.焼きたてでまだ暖かかった.さらにもう一つ.17番のバスに乗って帰ることにより,okaokaコースの仕上げとした.

 帰宅してシッポの状態を確認し,アイスクリームとミルクでうちあげ.お風呂のあとは山名酒造の「丹州氷上之地酒・奥丹波(純米吟醸・S.Yedo.無農薬・無肥料で育てた「イセヒカリ」使用)
酸と旨みのバランスが絶妙で,すっきりした酒だった.

 雪が積もり始めた比良にも行きたいが,シッポの体調を考えると遠いので,しばらくは大文字探索で地図読みを鍛えることにしたい.今年の山歩きの回数目標70回はすでに達成したので,焦る必要は全くない.