2022年最近の山歩き

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日
・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


73.[12月7日(水)][曇り] またまた大文字山 北白川琵琶町バス停→緑の橋→琵琶の滝→石積み→大文字山山頂→大文字火床→霊鑑寺→南禅寺→地下鉄蹴上駅

 

 大文字山は低山ながら谷と尾根が入り組んでいて無数の道がついている.今日も早く帰れるところということで大文字山へ出かける.

 三条京阪から比叡平行きのバスに乗り,北白川琵琶町で降りる.この山中越えから大文字にとりつくところは3箇所あり,この前はバス停から少しあがったところにある緑の橋からとりついたが,今日は妙法山日天寺からはどうだろうと思って,琵琶町バス停の前にあるお寺の登り口から様子を見たところ,どうやらお寺へ通じる階段しか他に道はなさそうだ.

 この階段からの道はokaokaさんによれば,「お薦めしない」ということなので,今日は冒険を諦めて,前回と同じく緑の橋を渡って谷をつめることにする.

 しかし,前回と同じように中尾の滝,幻の滝を通って山頂に行くのも面白くないということで,左手の尾根を越えて東の谷にある琵琶の滝をみてこようかと考え,まず尾根に上がり,先日聞いていたパノラマヴューが見られる尾根の先端まで行き,戻って,東の谷に降り,琵琶の滝まで近づいた.この道をとことん進むと結局は元の谷筋に戻ってしまう.道としては最初進んでいた谷筋の分岐のところで左手の谷に行けば,琵琶の滝まですぐに行けるのだが,分岐から左手の谷筋は崩落と倒木で容易には近づけなかったので,こうしてループを描いて元の分岐近くまで来てしまったのだった.

 目的の琵琶の滝は滑滝で,感動を覚えるようなものではなかった.まあ,しかし,いいのである.地図と見比べながら,谷,尾根を確認し,自分の現在いるところを推測するというのが,本日のミッションであったからである.

<UNDER CONSTRUCTION> 




















72.[12月3日(土)][晴れ] 名残の紅葉の大文字山 北白川琵琶町バス停→緑の橋→中尾の滝→まぼろしの滝→大文字山山頂→中尾城址→大文字山登山口

緑の橋(渡ったところで振り返る) 沢を遡行 中尾の滝 まぼろしの滝 大文字山山頂
 
メタセコイア

 シッポの容体が弱っている中での安定が続いているので,早く帰れるところということで,今日も大文字山に出かける.新たに購入したザックと靴の試し履きも兼ねている.

 11月18日のokaokaさんのコースをなぞって出発する.ただし,北白川別当町から山中越えを歩くのはあまりにも危険なので,三条京阪からバスに乗り,北白川琵琶町バス停で降りる.ここでゲイターを付け準備する.緑の橋を渡って沢に沿って谷を進む.地図読みに最適の地形である.

 小さな谷が分かれているところもあるが,基本谷をまっすぐ南に進む.紅葉はもうかなり落ちていて,赤の絨毯となっている.比良には雪も降ったとかで,紅葉(黄葉)を求める山歩きも今日で最後だろうか.


 中尾の滝近くに来たらシニアのハイカーと出会う.中尾の滝,幻の滝と説明を頂く.ほとんど毎日のように大文字に来られていて,隅から隅まで歩いておられるようだ.今日おもしろかったのは,別のこういう大文字を愛して毎日のように登っておられる方と幻の滝近くで出会ったことである.こちらのお一人からは地図まで頂いた. 

 こうして哲郎・道子コースで大文字山頂に到着した.

 大文字山頂は相変わらず人でごった返している.ピーク写真のあとはすぐに中尾城址に向かって下山を開始する.


 抜きつ抜かれつしていたシニア・カップルに話しかければ,中尾城址からメタセコイアに向かわれるということであった.このカップルも大文字の麓に住んでおられて大文字にはしょっちゅう来られているとか.

 中尾城址までこのカップルに案内してもらった.このカップルと別れ,われわれはこの近くの紅葉の下で少し遅い昼食.京阪三条駅のパンショップで買ったパンが本日の昼食.デザートは甘納豆.お茶とコーヒーで.

 次は30本のメタせコイアの紅葉を見るべく降っていく.今日は大山出城址には立ち寄らなかった.

 銀閣寺近くに来ると,今日も観光客は多い.われわれは次の目的地を目指す.えっ,どこ? okaokaコースの仕上げは決まっている.浄土寺のOOMAEに.ここで季節のアップルケーキを買う.焼きたてでまだ暖かかった.さらにもう一つ.17番のバスに乗って帰ることにより,okaokaコースの仕上げとした.

 帰宅してシッポの状態を確認し,アイスクリームとミルクでうちあげ.お風呂のあとは山名酒造の「丹州氷上之地酒・奥丹波(純米吟醸・S.Yedo.無農薬・無肥料で育てた「イセヒカリ」使用)
酸と旨みのバランスが絶妙で,すっきりした酒だった.

 雪が積もり始めた比良にも行きたいが,シッポの体調を考えると遠いので,しばらくは大文字探索で地図読みを鍛えることにしたい.今年の山歩きの回数目標70回はすでに達成したので,焦る必要は全くない.


71.[11月27日(日)][晴れ] 紅葉(黄葉)の大文字山 JR山科駅→毘沙門堂門跡→山科聖天→後山階稜→尾根→大文字山→北東谷→熊山→大文字山→火床→法然院→哲学の道→若王子

毘沙門堂門跡 毘沙門堂門跡付近 大文字山山頂(写真=ヨネちゃん提供)
火床から 天の原
 

 シッポの容体も安定してきたので,18日ぶりに山に出かけることにした.ただし,なるべく早く帰りたいので遠出は避けたい.そこで,イコモチさんに教えてもらっていた大文字山の穴場の紅葉(黄葉)の名所(?)に.JOEさんにお話ししてご一緒頂くことになった.大文字山といえば,JOEさんの家の裏山.実に心強い.

 JR山科駅で待ち合わせして,疎水から毘沙門堂門跡の前を通り,後山階稜の左斜面からとりつき,尾根に登る.毘沙門堂の前では,驚くほどの観光客がいたが,山道に入ると人に会わなくなった.

 とりつきの斜面はきついが,ガイドのJOEさんが的確にこれからの道の様子,見晴らしのあるところ等を教えてくださるので,こちらも不安なく足を運ぶことができる.他のとりつきからの合流点以降は,他のハイカーに会うことも多い.雑木の尾根は日の光も入り,快適に歩ける.P400のところで,これまで北へ進んでいたのを一旦西に折れるが,しばらくするとまた90度曲がり北に向かう.

 大文字山(465.3m)に到着し,さて,イコモチさんに教えてもらった谷へ降りるべく,地図で確かめていたら,なんと,ヨネちゃん,山休さん,Kさん,Iさんが山頂に到着された.山科からAコースで来られたとか.JOEさんも入れて,総勢7人で記念撮影.ヨネちゃん一行は別の紅葉(黄葉)の名所に行かれるので,ここで別れる.

 われわれは天の原を目指して谷に降りる.青い空,紅葉(黄葉)とまさに穴場の谷である.JOEさんは,「イコモチ渓谷」との命名を提案された.われわれも大賛成.天の原を通りさらにきれいな紅葉(黄葉)を追いかけて沢を適当なところまで降り,このあたりでよかろうというところで,戻り,天の原近くに来て昼食.

 JOEさんの野菜たっぷりワンタンスープを頂く.ほっこり.対してわれわれは,昨日ユッキーが作ったサツマイモケーキ(ラムレーズン入り).コンビニおにぎりとお茶,デザートにはコーヒー.

 山頂への帰りは,同じ道を帰るのはおもしろくないということで,JOEさんはもう一本北の谷の登りをガイドしてくださる.尾根に乗って熊山に寄り,そこから大文字山へ戻る.12時を過ぎてもう超満員の山頂で,すぐに火床への道へ向かう.ところが火床もまた山頂に輪を掛けて一杯の人.また早々に大の字の三画を辿って法然院のお墓のところに降り,哲学の道に入る.

 ここは観光の名所で,好天の日曜日.紅葉を見ながら急ぎ足で通りすぎる.哲学の道も終わり,若王子でJOEさんとは別れる.われわれはミヤコメッセの盆栽展に立ち寄り,洛西オヤジさんの力作をしっかりと鑑賞する.

 帰宅してシッポの確認を行い,元気にお留守番していてほっとした.お風呂の後はビールで乾杯.今日は自家製餃子(皮は市販のもの).

 大文字は低山ながら尾根,谷が入り組み,地図読みがおもしろい.今日のところは大文字に詳しいJOEさんにとってもはじめてのところで,大いに気に入られた様子であった.われわれも地図を見ながら探索するのにおもしろいところだと感じた.今後いろいろと探索してみたいと二人して思ったところであった.

 JOEさん,いろいろとお気遣い頂きましてありがとうございました.

 



70.[11月9日(水)][晴れ] 紅葉(黄葉)の百里ヶ岳 小入谷越→シチクレ峠→県境尾根分岐→百里ヶ岳(931.3m)→県境尾根分岐→根来峠→焼尾地蔵→大倉谷出合→小入谷バス停→小入谷越

小入谷越登山口 百里新道 百里ヶ岳 根来峠 焼尾地蔵 道の上の川を渡る
 

 紅葉(黄葉)を求めて百里ヶ岳に出かけた.好天で紅葉(黄葉)も最高だった.この二つが合致することはなかなかない.紅葉(黄葉)に酔いしれた一日となった.

 名神,鯖街道でまずは道の駅の朽木新本陣に至る.ここまでは私の運転.家から約1時間半.ここで入山の儀式をすませる.ここからはユッキーの運転で小入谷越まで.約30分.

 車を降りると少し寒い.ゲイターつけて出発.

 最初はかなりの急登である.大体標高500mぐらいのところが登山口であり,届を出して我慢の登りの始まり.しかし,その紅葉(黄葉)の素晴らしさにしんどさも軽減される.写真を撮りながらなので,なかなか進まない.今日私は最近購入した一眼レフミラーレスカメラをもってきた.もっともまだ機能を十分使いこなすことができないので,とりあえずはオートフォーカスモードで.

 ブナが多くなってくると尾根歩きとなる.尾根歩きといえばアップダウンが繰り返される.

 シチクレ峠に到着.ここから県境尾根まで苦しい急な登りとなる.甘納豆を食べて急登に備える.まるで山頂へ至る最後の登りのような急な斜面を登ると,やっと,県境尾根分岐に着く.

 あと30分ほどで山頂だ.この道も偽ピークが立ちはだかり,岩のロープ場があり,シャリバテの身にはつらい.百里新道で抜かされた若者が早くも降りてくる.

 山頂に到着.1人ハイカーがおられたが,木地山の方に消えられたので,広場のような山頂には我々だけとなった.好きなところに座ってゆっくりと昼食.コンビニおにぎり二つをお茶で,自家製キャラメルケーキをコーヒーで.

 下山に取りかかるとポツポツとハイカーが山頂に現れた.われわれは山頂から急降下.石を落とさないように注意する.県境尾根分岐を過ぎてピークを一つ超せば根来峠に着く.鯖街道を歩くというシニアハイカーが1人峠で仲間を待っておられた.高知の人らしいが,今日小浜からやって来て小入谷で一泊して京へ向かうとのこと.

 おにゅう峠に寄ることも考えたが(二年前には立ち寄った),今日はパス.右手に林道を見ながら,本来の鯖街道を進む.途中斜面の道が細くなっていて落ち葉があり,滑りやすいところもあるが,舗装道路を歩くよりは気持ちがよい.途中2箇所林道に降り立つ.

 舗装道路に出ても,登山道の鯖街道に戻るところには標識があるので注意していれば間違うことはない.焼尾地蔵に出て,再度,林道を歩くときには,記憶しているところと違って,5分は林道を歩くことになったので,少し不安を覚えた.

 登山道(これが鯖街道)では,紅葉(黄葉)に包まれながら降りることになる.

 小入谷の登山口から歩くと2回道の上を流れる川を横切ることになるのだが,今日は最初のところは水量が少なくて道の上を流れる川を横切ることはなかった.上の写真は二本目のところ.

 集落を通り,小入谷バス停の横の橋を渡り,川沿いに歩き堰堤の下で川を渡り,林道のところまでジグザグの道を歩く.ここが最後の登りでしんどいところではある.

 駐車地に着いてみれば,朝1台だけ駐まっていた車はすでになく,われわれの車だけがぽつんと駐まっていた.片付けをすませ,また,朽木新本陣までユッキーが運転し,道の駅で買い物を済ませて,今度は,私が家まで運転した.

 帰宅して洗濯物を取り入れたたんで収納し,お風呂に入り,夕食となった.今日はチキン・クリームシチューでビール.ご苦労様でした.

 5時間48分,9.1km(Geographicaに拠る)の山行だった.時間も短く,歩数もそれほど伸びなかったが,度重なるアップダウンと急な斜面登り・降りでけっこう脚が疲れた.

 N.B. 能家の神社横にあったトイレは撤去されていました.二年前にはありましたが,去年は来なかったので,分かりませんが,その間に撤去されたものと思われます.当てにしていると,もうありませんので,ご注意を. 


69.[11月2日(水)][晴れ] 紅葉(黄葉)の堂満岳 イン谷口→サクラのコバ→ノタノホリ→東稜道→堂満岳→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→クマさん道→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 
ノタノホリ キッコウハグマ 堂満岳 ダケ道にて サルトリイバラの実
 

 秋の花が終わると紅葉(黄葉)鑑賞の山歩きとなるが,行きたいところはいろいろある.すぐに思い浮かべるのは,百里ヶ岳とか,桑野橋から蛇谷ヶ峰ー畑,堂満岳から南比良峠・大橋とか,比良釈迦岳である.これより低いところはこれから先で,今の時期に行ってももう一つということになる.
 
 3日前に口の深谷源頭遡行から武奈ヶ岳とかなりハードなルートをとったので,少し軽いところということで堂満岳に出かけてみることにした.紅葉(黄葉)は標高800mから700mが見頃であった.それはそれで最高だったのだが,少し欲張ってしまって・・・

 いつものようにJR志賀駅前で食料を調達し,入山の儀式をすませ,イン谷口に着いたのが8時過ぎであった.古崎川コースも考えたが,ノタノホリを見ておきたいということで,イン谷口に車を駐める.駐車している車はない.昨晩雨が降ったこともあり,ゲイターをつけて出発.8時18分だった.

 まずは出合橋からサクラのコバへと降りていき,そこから別荘地を抜けて山道に入る.標高440mでノタノホリということになる.

 このあたりではまだ紅葉(黄葉)は進んでいない.どうも今年の山では紅葉(黄葉)の進み具合は概して遅いような気がする.

 古崎川との合流地点でもまだまだ.ここから古崎川源頭を経て大曲りまでジグザグの苦しい登りである.大曲りで休憩.甘納豆を食べ,これからのさらに苦しい登りに備える.

 この700mから900mの東稜道が紅葉(黄葉)の見事なパレードであった.次々写真を撮るのでなかなか前に進まない.一番いいときに来たのではないか.これでこのまま帰ってもいいなあと冗談を言いながら,山頂を目指す.900m以上になると,紅葉(黄葉)は多くが落葉してしまっていた.

 山頂に至るまで出会った人はサクラのコバですれ違った人,1人だけであった.風もなく,太陽が降り注ぎ暖かく,長袖シャツ1枚で十分だった.金糞峠か奧の深谷か八雲ヶ原で昼食にしようかと考えていたが,結局,少し早いがわれわれだけで独占している山頂でお昼にすることにした.ペッパーシンケンサンドとシナモンロールをお茶とコーヒーで.残りの甘納豆も食べる.

 山頂からは金糞峠に東レ新道で進み,そこからは奧の深谷に降りて八雲ヶ原を目指す.この奧の深谷がまた紅葉(黄葉)の見事な回廊になっていた.

 八雲ヶ原からクマさん道で北比良峠にあがり,休憩.残りの甘納豆を食べる.

 あとはダケ道を降るのみ.ところが,ここがまた紅葉(黄葉)の見事なこと.やっぱり時間がかかる.3日前に通ったときと比べると,気温も下がり,雨も降り,陽も差しているので,紅葉(黄葉)は一段と進んでいる.

 しかし,カモシカ台より下ではまだ緑が多く,紅葉(黄葉)は進んではいなかった.順調に下に降りてきているが,まだ,700mあたりまでである.

 車について,後片付けをして出発.15時45分.今日は妹子の郷に寄り,ソフトクリームを食べてうちあげとし,湖西道路,西大津バイパス,名神で帰宅した.17時頃.

 お風呂のあとは,打ち上げで山名酒造の「愛山 木桶仕込み」.爽やかな味わいのあるお酒だった.キジ丼で.