2022年最近の山歩き

2022年 1月 2月 3月 4月

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


30.[5月15日(日)][曇り時々晴れ] シロヤシオの釈迦岳 イン谷口→リフト道→大津ワンゲル道と合流→釈迦岳→縦走路→カラ岳→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→イン谷口

コバノガマズミ シライトソウ 釈迦岳 シロヤシオ チゴユリ
 

 シロヤシオ観察とホソバシロスミレ探しが本日の山行のミッション.ユッキーの脚のこともあるので,大津ワンゲル道ではなくリフト道を使った.

 すかっとした晴天ではないが,昨日の雨もあがったので出かけることにした.例によってJR志賀駅前で食料(パン3個)を調達し,入山の儀式をすませる.今日は日曜日だし,さぞかし大勢の人が来ているだろうと予想しながら,イン谷口に着くと,予想通り車があちらこちらに駐まっている状況.8時前であるにもかかわらず車の数は非常に多い.釈迦岳に登るので,出合橋のところで右折してバス停の方向に向かう.大津ワンゲル道の登り口のところも車で一杯.駐車スペースを求めてさらに上に進む.ようやくバス回転場の下のところに駐めることが出来た.準備をしてスタート.

 ところが,あんなに車があったのにわれわれが進んでいるときにはほんのわずかな人にしか出会わなかった.おそらくよほど早く出発されたのであろう.

 春の花の展開は急速に進んでいる.早く咲いたスミレはもう跡形もなくなっている.コバノガマズミとシライトソウを眼にする.ヤマツツジとユキグニミツバツツジも.神璽谷への分岐を過ぎ,リフトの駅舎跡まで登って行く.さらに進み標高460mあたりから,いよいよ釈迦岳への直登コースとなる.ここからがしんどいところだ.釈迦岳は標高1060mだから600m登らねばならない.

 大津ワンゲル道と合流する地点近くまで来ると,シャクナゲが現れる.シャクナゲの花はもう今期終了である.しかし,健気に咲き残っているのを見つけてはカメラに収める.

 山頂に近づくとシロヤシオが見えてくる.しかし,いつものシロヤシオ街道にはなっていない.花の数が少ない.これも裏年かと思ってしまう.

 お昼にはまだ少し早い.あんパンだけ食べて,縦走路を進むことにする.ちらほら見えるシロヤシオとムシカリを見ながらカラ岳へ.カラ岳近くに来て後を振り返れば,釈迦岳の威容が遠くにはっきりと見える.600mほど進んだだけなのにもうこれだけ歩いたのかと嬉しくなる.

 カラ岳を過ぎて北比良峠へ行くまでのところで昼食とする.パン2つと自家製フロランタン.お茶とコーヒー.

 お昼を食べて,腰を上げると後から元気よく迫ってくるハイカーがいる.先に行ってもらおうと道を空けていたら,なんと,「ふうてん」さんではないか.この前お会いしてから何ヶ月になるかしら.いろいろとお話をしながら八雲ヶ原までご一緒した.聞けば,北小松から歩いて来られて,八雲で昼食休憩後,堂満まで行かれるとか.(私より2歳年上の「ふうてん」さん,おみそれいたしました.)

 さて,われわれのここからは,2つのミッションのうちのもう一つ「ホソバシロスミレ」を探すこと.シロスミレは北海道から中部地方までの東日本に,関ヶ原を境に,西日本にはホソバシロスミレがあり,記録によればホソバシロスミレの東限がここ滋賀県の比良山系であるとのことである.

 ユッキーはこの頃スミレに凝っていて,いがりまさし『日本のスミレ』を師匠にして,あちこちのスミレの同定に忙しい.私なんぞはスミレのそれぞれの特徴,違いをなかなか覚えられないのだが,ユッキーを師匠にして学習に励んでいる次第.

 さてさて,目を皿にしてゲレンデ跡の草原をあちらこちらと探してみたが,見つからなかった.白いスミレではフモトスミレがほとんどでそれにニョイスミレが少しあるだけであった.仕方がないので,毎年見ている八雲ヶ原のオオバキスミレを写しておいた.

 あとはもう下るだけである.クマさん道で北比良峠へ.そこから,ダケ道をひたすら降る.ユキグニミツバツツジ,ヤマツツジを見ながら,名残のイワカガミを見ながら,大山口に降りてきた.駐車地までの間にはイワニガナ,タニウツギとコツクバネウツギを確認.

 イン谷口の別荘地の下の駐車スペースのところを通りすぎるときにChさんの車が駐まっているのに気がついた.Chさんには縦走路の道の崩落箇所についてメールでお聞きしていたので,今日会えなくて残念と思っていたのだが,ほっとステイションに久しぶりに立ち寄ったら,ヨネちゃんとKさんがおられ,さらに,かおりさんが来られ,そしてしーちゃんを車に乗せてChさんも立ち寄られたのだ.期せずして我々含めて七人が一堂に会したわけである.何たる幸せな偶然.いろんな話で盛り上がり,1時間近く楽しい時を過ごした.

 帰りはいつものように湖西道路から名神で,途中,迂回道路を使ったが,比較的スムーズに帰宅できた.お風呂の後は,山名酒造の「木桶生酛にごり酒」で乾杯.

 (そんなにお酒ばっかり飲んでいて体大丈夫ですかと心配して下さる方がおられましたが,私は山に行かない日には原則としてアルコールを飲まないことにしています.ご心配なく.お気遣いありがとうございました.)












★ [5月11日(水)][雨のち晴れ] 植物園

午前中は雨のため山行を中止し,午後から京都府立植物園に出かけた.今バラがちょうど満開で,平日にもかかわらず来場者は多く,そのほとんどはバラ園に集中していた.そこでバラは省略.

         
 トチの花  シラン  シラン(シロバナ)  ベニドウダン サラサドウダン 
         
アカバナトチ  イワガラミ  ヤブデマリ  ヒトツバタゴ  紅花シロバナヤマシャクヤク

29.[5月8日(日)][晴れ] 湖東の花巡り 

 ズミ  ハルリンドウ  ハルリンドウ  ハルリンドウ  フジ

 JOEさんにお願いして花先案内人になっていただいた.花の保護のために今回はミステリーツアーとします.

 今まで見たことがなかったハルリンドウを見られて感激ひとしおだった.さらに,JOEさんには,春から夏,秋にかけて咲くであろう花の葉を確認してご教示いただいた.

 お昼にはJOEさんからワンタンスープをいただき,私からは先日作ったフロランタンを提供した.

 帰宅したら,帰省している愚息が母の日だということで,園芸用品と「蒼空」(ユッキーは盃最大2杯しか飲めない! 父の日も兼ねているのか?)のプレゼントあり.お風呂の後に,「蒼空」.

 好天に恵まれ楽しい花巡りを行うことが出来た.JOEさん,ありがとうございました.感謝,感謝.






28.[5月4日(水・みどりの日)][晴れ] 大谷山・寒風の花巡り 石庭9:07→百瀬川源流→大谷山→寒風→14:40マキノ高原さらさ15:13   距離8.4km 時間5時間33分

石庭登山口 キンポウゲ イカリソウ 寒風 フジ
スミレサイシン
 

 好天が続く連休で,中3日.過去何度も痛い目に遭っている連休中の渋滞.そこで,車で出かけることはやめて,公共交通機関を利用して山に出かけることにした.この条件でどこに出かけようかといろいろ思案したのち,大谷山・寒風の縦走に出かけることに決定.マキノ高原さらさバス停の時間を調べ,石庭へはタクシーで出かけることにして前日に予約した(バスもなくはないが,15時13分のバスに間に合うには,出発を早くしたいので).

 京都駅7時24分発の永原行きに乗りたいので,家を6時40分ほどに出て,近鉄の駅に向かう.京都駅で食料を買い,電車に乗り込む.結構人が乗っているが,堅田とか比良で山行きの人は降りるし,試合か何かで乗っている中高生も途中で降りていく.各駅停車の電車ではマキノまでずいぶんと時間がかかる.

 マキノで降りたハイカーもそこそこいた.入山の儀式は駅のトイレ(これまでは駅構内にあったが,新しくきれいになって改札口の外に設置されていた)で行い,タクシー乗り場へ急ぐ.タクシーは3台待っていた.バス停のほうをみると,すでに長い列が出来ていた.

 タクシーに乗ってお寺近くの登山口まで(バスで行くとここまでは来てくれない).1760円.

 準備をして防獣柵を開けて登り始める.登るにつれてオオイワカガミが増えてくる.歩きやすいえぐれ道で,登山口標高160mから北東方向に登り,標高350mで,西に方向を転じ,北西の方向を進む.きれいなブナ林が見えてくる.ブナの若葉がすがすがしくて気持ちよい.百瀬川源流に近づくと,カタクリの花が見えてくる.渡渉を行い,高島トレイル縦走路へ出るまでが苦しい.シャリバテもある.最初は大谷山から寒風方向に行ったところで昼食と考えていたが,なかなか進めないので,予定を変更して大谷山で昼食とする.ここまで出会った人は下山中の人,一人.

 山頂ではお一人昼食をとっておられた.この方はわれわれの1時間後にバスで石庭へ来て,そこから登ってこられたのだが,途中の分岐で見晴らしコースのほうに行かれて,結果として山頂に先に着いておられたのだ.なんとも元気で速い.このハイカーはテントを担いで登ってこられ,これから抜土へ行ってテンパクし,明日は,大御影,三重,湖北武奈を経て水坂でバスに乗られるとのこと.昼食(パン2つ,自家製キャラメルケーキ,牛乳,お茶)後,寒風に向かう.右手に琵琶湖を見ながら,足もとに花を探しながら草稜を進む.暑からず,寒からず,気持ちがよい.

 寒風に着いて,ユッキーは寒風からの降りが急だからというので躊躇していたが,何組かの方が,ここから下山されるし,なによりもバスの時間を気にするのであれば,こちらだと私は説得し,寒風から降りることにした.等高線で予想するよりは上手に道がつけられており,カタクリ,オオイワカガミ等々の花も見られるし,結果としてこの道を選んだのは正解だった.ユッキーも納得.バス発車より30分ほど前に到着できた.

 後片付けをし,下山途中で話を交わした方とお話ししたり,桟敷のヤマシャク保護活動に参加されている方とお話ししたりして,バス待ちも退屈することはなかった.近江今津駅行きのバスが来て乗り込み,比較的スムーズに姫路行き新快速に乗ることができて,京都駅に着き,近鉄で帰宅した.

お風呂の後は,ビールで乾杯.いろんな花が見頃を迎えており,イワウチワには遅かったが,あとはちょうどタイミングが合っていた.キンポウゲ,チゴユリ,スミレサイシン,テリハタチツボスミレ,マキノスミレ,イカリソウ,ニシキゴロモ,ミヤマカタバミ,ヤマエンゴサク,オオバキスミレ,ミツバツチグリ,ユキグニミツバツツジ,フジ,ムシカリ,レンゲツツジ,特にカタクリとオオイワカガミは「もうええわ」というほど一杯だった.