2022年7月の山歩き

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


47.[7月30日(日)][曇り] 武奈ヶ岳(223/222回目)  暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→アオガレ→金糞峠→四つ辻→コヤマノ岳南陵→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場       

リョウブ ダイコンソウ コヤマノ岳 武奈ヶ岳 ホツツジ
 
八雲ヶ原にて (Yさん提供) ウツボグサ 
 
ネジバナ ,ウラジロイチゴ オオバノトンボソウ 

 ユッキーは今年になってイン谷口から武奈ヶ岳に一度も登っていない(坊村からは登っているが).リハビリとフィットネスのおかげで,ようやく正面谷から武奈ヶ岳に登る自信がついてきたので,今日はぜひとも武奈ヶ岳に行こうということになった.7月13日結局コヤマノ岳帰りになってしまったのは,出発時間が遅かったためだった.7時には家を出よう,そのためには4時半に起きてすぐ行動開始しなければならない.前日目覚ましラジオの起床時間を4時半にあわした(はずであった).

 FMラジオがかかった.さあ,起床だ.ふと壁の時計を見ると3時半ではないか.ええっ! 電池が切れて止まってしまったのだと一瞬思ったが,時計は動いている.なんだなんだ.やっと,目覚ましの時間をセットするときに1時間早くしてしまったことに気がついた.前夜暗がりの寝床で手探りでセットしたときに間違えたのであった(老化が着実に進んでいることは明らかです).

 山行きは明日にしようかとも思ったが,せっかく起きたのだから,睡眠時間は1時間減っているけれども今日出かけようと思い直した.

 1時間早く起きれば6時に出発できるはずだが,予想されたように,これがまたできない.結局6時半に出発となった.

 道はそれほどの渋滞もなく,途中コンビニで食料を調達して1時間ほどで駐車場に到着した.いつもよりは30分早いのに駐車場は車で一杯である.かろうじてスペースを見つけて車を入れた.

 湖西道路を走っているときから比良の山は雲で覆われており,天気予報とは違うなあとがっかり.歩き始めても,いつ雨が降ってくるかというようなお天気.蒸し暑くて汗は滴り落ちる.最初の水場でタオルクール.首に巻く.

 アオガレまで草花は何もない.リョウブの花を見ながら黙々と登っていく.アオガレから金糞峠へ.オトギリソウ,ダイコンソウぐらい.ダイコンソウももう終わりだ.

 金糞峠で飲水休憩してヨキトウゲ谷へ.四つ辻に上がり,第一ステージまで登って,休憩.

 この南陵でまた厄介な問題が起こる.ブトとアブとの戦いである.虫除けを噴霧し,ブト対策にはネットをかぶる.アブには留まったところを片っ端からたたき落とすしかない.ところが,蜂に姿を似せたこのアブは目がめっぽうよい.手を振りかざそうとするとたちまち逃げて行ってしまう.そういう中で ユッキーは3匹はたき落とす戦果をあげた.ただ,私の帽子の上に留まったアブに対しては上からバシッと叩いたが逃げられてしまった.「自分の頭だったら思いっきりバシッとやるんやけど,亭主の頭では手加減してしまって,思い切っていけへん」とか.うーん,なんと考えるべきか.

 南陵でのアブとの戦いにより,いつもより時間がかかってしまった.コヤマノ岳山頂ではガスってきて,まわりは何も見えない.急ごう,お腹が空いてきたし,夕立があるかもしれない.しんどいけれども,あと一踏ん張り.冬道を上がり,ガスの中を山頂へ.風もあり,汗で濡れたシャツでは少し寒いぐらい.急いでおにぎりと甘納豆を水,牛乳で食べ,出発.冬道を降りかけていたら,「この道イン谷口に行きますか」と後から声かけてくるシニアー・ハイカーがいる.八雲ヶ原まで,このハイカーを案内した.

 パノラマコースも松の木や栗の木,さまざまな草が生い茂り,道を塞ぐようになってしまっている.今日のようにガスっていると,初めてここを降る人は間違いやすいのではないかと思う.

 八雲ヶ原に到着すると,石テーブルのところにいる人がヨネちゃんのように思われる.「おーい」と声を出してみたら,やっぱりヨネちゃんとKさんであった.

 ここからは4人でクマさん道,北比良峠,ダケ道を降る.ここのミッションは2つ.オオバノトンボソウとウラジロイチゴの観察である.前者は何ヶ所かでちょうどいい具合に花を開いていたし,後者はわれわれは花の蕾と思っていたのだが,すでに花は終わっていた状態で,今日は,1つの実が覗いて顔を出していた.

 降りるにつれて風がなく,蒸し暑く,また汗をかいて,大山口,駐車場に降りてきた.10.2km,8時間11分の山行であった(Geographicaに拠る).

 着換えをしてヨネちゃんたちを比良駅に送って湖西道路,名神で帰宅した.湖西道路はいつものように渋滞していたので迂回路を使って渋滞を避けた.家でまず冷凍バナナと牛乳でうちあげ.シャワーのあとはビール.

 ヨネちゃんとKさん,われわれの亀脚にお付き合い頂きましてありがとうございました.単調なダケ道降りもいろんな話で退屈さを免れました.


46.[7月24日(日)][晴れ] ポンポン山  森の案内所→東尾根→ポンポン山→西尾根→フクジュソウ保護区→竃ヶ谷→森の案内所    

ツチアケビの実 オオキツネノカミソリ ポンポン山山頂 ウバユリ クサアジサイの蕾
 
ミヤマウズラの蕾 

 いいお天気になるという予報が出ていたので,この前のコヤマノ岳帰りに自信を得て,今日こそは武奈ヶ岳に行こうかと考えていたのだが,夏休みに入ったこの時期,特に日曜日なので,駐車場も混むだろうし,帰りの渋滞はひどいだろうと考え,ポンポン山に出かけることにした.武奈ヶ岳ということになると,もう花の楽しみはないが,こちらだとオオキツネノカミソリが楽しめるという期待もあった.

 日曜日なので名神も渋滞なく,新名神高槻で降りた道もスイスイ.いつものダンプは今日はお休みなので見かけない.

 9時前に到着したので,ゲートを開けてもらうのに少し待ったが,一番乗りで駐車できた.

 支度をして,森の案内所に出かけ,届けを出し,入山の儀式を行う.案内所の人の話では,オオキツネノカミソリは昨日は七分咲きであったとか.今日はお天気がいいし,開花はさらに進んでいるだろうと期待は膨らむ.

 どのコースをとろうかと考えたが,今日は東尾根を縦走してポンポン山に立ち,混んでいなければ山頂でお昼とする,もし山頂が混んでいれば,西尾根を進んでリョウブの丘でお昼としようと決めた.

 森の案内所を出て最初の490mのピークに着くまでが一番つらい.およそ90mの登りである.しかし,ここに到着すればあとはアップダウンはあるが尾根道を南東の方向に進めばよい.ときおり風がさっと吹くと汗まみれのシャツや顔は少しだけ涼しくなる.東尾根は松の木が多い尾根である.期待する花はほとんどない.トレランの人に二人ほど会っただけで,蝉の声が静かに聞こえるだけである.関電の鉄塔が三ヶ所ほどあり,そこは木が切られ草も刈られているので日差しがきつい.


 杉谷からの道,あるいは釈迦岳からの道の合流地点に近づくと,多くのハイカーに出会い,さすが日曜日だなあと納得する.こうして2時間ほどで山頂に着いた.まだ11時過ぎなので,山頂にはさほど大勢の人はいない.木陰でお昼をとることにした.20分ほどで昼食を終え,西尾根を進む.

 リョウブの丘を過ぎ,福寿草保護区へ降りるピーク(標高590m)に到着する.ここから竃ヶ谷へけっこう急な斜面を降りる.

 あとはオオキツネノカミソリの咲いているところ,ウバユリの咲くところを目指す.オオキツネノカミソリは昨年ほどの勢いはなかったが,八分ぐらい咲いていた.見事なものである.ウバユリは咲いている株もあったが,多くは蕾で開花にはあと10日ほど必要かといったところであった.

 これを見たら,もう森の案内所へまっすぐに向かう.昨日の雨等のせいで,沢の水量は多く,足を置く石を選んでも踝あたりまでは水がかぶる.渡渉を楽しみながら森の案内所への道を急いだ.渡渉で一番苦労したのは最後のところで,ハシゴを降りて,比較的水の少なそうなところを選んで渡った.

 森の案内所へ着いて,水を補給し,トイレもすませて車のところに帰った.

 後片付けをしていたら,山休さんが車のところに帰ってこられた.やっぱり来ておられたのだ.積もる話をして,着換えをして先に出発した.名神に乗り南インターまで.そこで地道に降りて,無事,帰宅した.3時前であった.

 汗をシャワーで流してアイスクリームと牛乳で一次打ち上げ.写真の整理をして,2回目のシャワー.夕食時にはビールで乾杯.

 上に上げた花の他にも,ミヤマウズラがもうすでに蕾をつけていたのが確認できた.まだまだ楽しみの多い竃ヶ谷である.


 


45.[7月20日(水)][曇り時々晴れ] 宇治の山 

大吉山 コクラン 武装したキムケン ヤブマオ ノアサミ
 
コクラン クリハラン

 天気予報が曇りであまりよくないので,比良や比叡山はやめとこうということにしていたのだが,朝起きてみると予報とは異なりいいお天気となったので,この時期の花としてコクランを見に行こうということになった.

 宇治で茶そばを食べて出発.コクランの咲いているところはジメジメしていて,いつもブトや蚊にやられるところである.今日は,虫除けの噴霧とネットで武装して観察に出かけた.おかげで被害はゼロであった.

 コクランは終わりかけであったが,なんとかまだ元気なのを写真に撮った.来年はもう少し早く来るべきか.

 一方,クリハランは暖地性のシダで宇治は京都府の北限であると聞いているものである.これがけっこうたくさんあった.

 宇治川は昨日の雨のせいであろう,増水していて,塔ノ島へは通行不可であった.濁流は恐ろしいほどで,天ヶ瀬ダムの放流による警告がたびたび聞こえてきた.

 家に帰って,アイスクリームと牛乳でうちあげ.夕食時にはビールで締め.
















44.[7月17日(日)][曇り時々雨] コヤマノ岳  イン谷口→大山口→アオガレ→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南陵(上林新道)→コヤマノ岳→武奈ヶ岳・イブルキノコバ分岐→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

アオガレ 金糞峠から琵琶湖方面 コヤマノ岳南陵第3ステージ コヤマノクラウン コヤマノ岳
 
ダイコンソウ ノギラン
タマガワホトトギス タマガワホトトギス

 見るべき花の数も減ってきたが,今日は,7月7日に確認していたタマガワホトトギスの蕾がその後どうなっているか(多分開花しているだろうと期待して)を観察するために比良に出かけることとした.

 7月13日(水)はこの上ない登山日和であったが,前日に私がコロナワクチンの4回目の接種を受けていたために山歩きは断念していたのだった.今日は天気予報では雨が降る可能性が高く,明日のほうがいいかもしれないとも思ったが,このところ天気予報は「戻り梅雨」で次々と変わるので,雨覚悟で出かけることにした.

 連休の日曜日で人手も多かろうから,駐車場も混むであろうと考え,早く家を出ようと思ったが,予定通りに事は運ばない.雨がしょぼついていたので洗濯物を家干ししていたら,雨があがったので,これは外に干そうとまた洗濯物を移動する.何やかやとしている内に出発はやや遅れ,さらに,名神は車の数は多いものの渋滞はなく,東インターから西大津バイパス,湖西道路と進むものの,ここで渋滞.さらに時間は遅れる.これであわよくば武奈ヶ岳に行けるかもという期待は消滅する.

 
こんなに遅くなれば暮雪山多目的保安林駐車場は車で一杯だろうと考えて,別荘下のところに駐車する.比良駅からのバスがイン谷口に着く時刻よりは10分ほどあとに出発.バスを降りたハイカーで速い方はわれわれより先に進んで行かれる.

 蒸し暑く汗が滴り落ちる.ブト,アブよけにネットをかぶっているのでさらに暑い.途中の水場でタオルクールをして少しは涼しくしようとする.久しぶりにOさんに会う.挨拶を交わして先に行ってもらう.Oさんは若い.あっという間に見えなくなってしまう.

 正面谷の山アジサイ,ノリウツギも,もう終わりかけ.武士の情けで写真は撮らず.オトギリソウを見つけたので写真に撮ろうと思ったが,みんなピンボケ.かろうじてダイコンソウはきれいに撮れた.蒸し暑くて眼鏡も曇り,ピントがなかなか合わない.

 金糞峠に着いて,タマガワホトトギスのところまで,八雲ヶ原経由で行くか,コヤマノ岳経由で行くか思案する.前回と同じでは面白くないので,しんどいけれども久しぶりにコヤマノ岳に寄ってみるかとしんどい方を選ぶ.ユッキーの膝のリハビリにもこのレヴェルアップは有効だろう.

 南陵の傾斜はやはりきつい.花が何もないことも精神的高揚にはつながらないわけだ.修行である.こういうときにはこれから見るタマガワホトトギスの顔と今晩飲む酒だけが一筋の光である.南陵の少し平になっているところをわれわれはステージと呼んでいて,中峠からの道の合流点までに3つステージがあるが,中でも第2ステージから第3ステージの間がつらい.

 やっとコヤマノクラウンが見えてきた.山頂到着.3時間30分を要した.

 山頂で琵琶湖側を眺めながら昼食とするが,見晴らしはそれほどよくはない.おまけに黒い雲が近づいてきて,薄暗くなってくる.急がねばならない.急いで汗まみれのシャツを着替え,後片付けをして出発.やっぱり雨が降ってきた.ザックカヴァーをつけ,レインウェアを着込む.途中タマガワホトトギス観察は中止してゲレンデ跡から八雲ヶ原へ降りるルートも考えたが,せっかくここまで来たのだからとイブルキノコバへ降りることにした.

 夏道最初のところにロープ場もあるが,慎重に一歩一歩足を進めて,谷道に降りる.雨が降る中でタマガワホトトギスが開花しているのを見つけた.沢の中に降りて,写真.自動でフラッシュがつくほどに暗い.なんとかタマガワホトトギスをカメラに収めた.われわれの知っているもう1箇所のところでも花は開いていたが,目で見るだけで,写真撮影は行わなかった.雷が鳴ってもおかしくないような雨の中で,あとはもう安全に降りることのみに集中.

 八雲ヶ原に近づくと石テーブルのところで手を振っている人がいる.誰だろう,あっ,Iさんだった.隣にはヨネちゃん.武奈から降りてこられたところだった.話をするのは久しぶり.

 以後,北比良峠,ダケ道,イン谷口とご一緒する.アイちゃんとは駐車場のトイレ前で会われたそうで,昼からの雨の予報でアイちゃんは早く来られたようだった.

 ダケ道を降りている途中で昼過ぎよりももっと強い雨が降ってきた.ザックカヴァーは付けたままなので,レインウェアをあわてて着込む.こうなると,もう汗やら雨やら分からなくなり,こけないようにしながらダケ道を降った.

 車に辿り着いたらびしょ濡れで全身雨まみれ.着換えをしてさっぱりする.ヨネちゃんたちはHSひらに向かわれたが,こちらは行きたいのはやまやまなれど,帰りの渋滞がかなわないので,寄らずに帰ることにした.

 湖西道路は案の定渋滞で迂回路をとり,6時には帰宅できた.

今日の山名酒造のお酒は「純米大吟醸・雄町米・生原酒」.すっきりしたお酒で私好み.


43.[7月10日(日)][曇り時々晴れ] 大文字山周辺の花巡り  JR山科駅→大文字山→銀閣寺→哲学の道→蹴上

ボタンクサギ コジキイチゴ 大文字山山頂 火床から京都市内 ヒメヤブラン
 
タシロラン ノギラン
タシロラン オオハンゲ

 本日はJOEさんの裏山である大文字山の周辺の花巡りとした.もちろんJOEさんがガイドである.

 朝方,5時前に起床したらすごい雨.天気予報は9時以降雨がやむとのことであったが,われわれだけでは今日は出かけていなかっただろう.駅まで傘を差して行かねばならないのかと思っていたが,幸い,雨はあがり,傘はしまったままで駅に向かった.

 JR山科駅で落ち合い,入山の儀式をすませて,JOEさんの説明を受けながら進む.JOEさんの母校の横を通り,山道へ.JOEさんの高校時代の武勇伝を聞きながら,道なき道を進んでいく.今日はネットを顔にかけ,ブト,アブ,蚊よけには万全の体制をとる.

 大文字山は学生時代銀閣寺から登ったきりで,50年ぶりということになるだろうか.山科からの道ははじめてである.

 山頂に着き,ピーク写真のあと火床に向かう.火床の端のJOEさんのお気に入りの場所で昼食.

 JOEさんは手際よくそうめんを作ってくださり,ありがたく頂いた.おいしかった.

 あとは降るだけ.銀閣寺へ降り,そこから哲学の道を歩いて南禅寺へ.なつかしい場所である.何年ぶりだろう.

 蹴上までご一緒頂き,われわれは地下鉄に乗り込み,三条へ向かったが,JOEさんはこれからご自宅まで歩いて戻られるとか.われわれには考えられない.

 JOEさんのおかげで今日も充実した花巡りの山歩きだった.

 6月から今日まで,ソクシンラン,ショウキラン,ツチアケビ,オニノヤガラと見てきたが,今日のタシロランは一連のユニークな花の中でも白眉と言えるのではなかろうか.

 家に帰って牛乳とアイスクリームで打ち上げ,夕方シャワーのあとは山名酒造の「純米生酒ささ澄み」.さわやかな酒だった.

 JOEさん,いつもながらの細やかな心遣い,ありがとうございました.




42.[7月7日(木)][曇り時々晴れ] 比良の花巡り  暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→アオガレ→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場   

トリアシショウマ ノリウツギ イブルキノコバ イブルキノコバより沢を少し登ったところ オニノヤガラ
 
ツルアリドオシ イワキンバイ
ナツツバキ ムラサキシキブ
   

 6月26日以来の比良である.体力にあわせて比良の花巡りを行った.

 今日も蒸し暑い.JR志賀駅で食料調達,入山の儀式をすませる.庭の花の水やりののち出発するものだから,どうしても駐車場に到着するのはおそくなってしまう.

 いつものところで駐車.平日だけれども結構車が来ている.アイちゃんの車も発見.

 アオガレ下までの道は木陰で日があまり差さず,沢の横なので比較的涼しい.しかし,薄暗く湿気があるとブトが寄ってくる.ボウシの上,長袖服と長ズボンには虫除けを噴霧しているが,顔のあたりは無防備である.これがやがて悲劇を生むことになる(洛西オヤジさんみたいに大げさに書くな!―はい,すみません).

 なんとかアオガレ下までやってきて飲水休憩.ここで出発から1時間ほど経過.ここまでの花と言えば,トリアシショウマが咲きそろってきていて,また,ノリウツギもちょうどいいぐらい.ムラサキシキブは花をつけている.

 アオガレをゆっくりと登り,ハナイカダを見ながら,進んでいく.アオガレと金糞峠の中間あたりでアイちゃんの姿を見る.お久しぶりということになる.いろいろと故障を抱えながら(それはこちらも同じだけれど),ともかくもここまで来られているのでお互い慰められる.

 以後,八雲ヶ原近くまでご一緒する.金糞峠で「武奈に行くのならコヤマノ岳までご一緒しますで」と声を掛けて頂いたが,今日はこちらはご辞退申し上げる.武奈へはハードルが高い.つくづく年を感じる今日この頃である.

 金糞峠で2回目の休憩.熱中症予防にはとにかく水分補給.

 ここからは八雲ヶ原へゆるやかな登りと沢沿いの道.あれこれ体のことをアイちゃんと話をしながら進んでいく.台風の雨のせいで奧の深谷の水量はやや多い.JR小屋の後ろの小屋が撤去されたようだが,もう一つ訳の分からない工事である.

 しばらくしてアイちゃんはショートカットで北比良峠へと向かわれるので,八雲ヶ原へ行くまでにお別れする.お互い無理せず,また,比良で会いましょうとエールを送った.

 さて,八雲ヶ原到着.石テーブルで昼食.パンと牛乳.

 終わってタマガワホトトギスの生育状況を見るためにイブルキノコバ経由で沢を登っていく.お昼を食べたあとなので体が重い.タマガワホトトギスは沢の畔に咲いているので,水に流されやすく場所を変えることも多い.やっと二株見つけた.二株とも蕾をつけていてあと1週間から10日で開花しそうだった.大敵は大雨と虫.

 さて,目的の花観察も終わったのであとは下山.下山時には疲れがたまってきているので事故も起こりやすい.慎重に八雲まで戻り,北比良峠へあがり,ダケ道をまた慎重に降った.ダケ道の途中でユッキーが膝のサポーターをつけるのでしばし休憩を取っていたときに,悲劇は起こった.ブトが私の額と眉,眼瞼に噛みついたのだ(ブトは蚊のように刺すのではなく咬むのです).ちょうど帽子の庇の下から眼鏡の上の狭隘な地帯.ここに虫除けをつけるわけにはいかないし,やっぱり,ネットをかぶるべきであった.ネットは暑くてうっとうしいのでつい敬遠してしまう.

 駐車場の車はかなり減っていた.あとは,いつもの道で帰宅.平日でなんの渋滞もなかった.帰宅して冷凍バナナでうちあげ.シャワーのあとはビール.

 今日のその他の花は,オニノヤガラ,ナツツバキ,ヤマアジサイ,イワキンバイ,ツルアリドオシ,泣く子も黙るジギタリス.


41.[7月2日(土)][晴れ] 比叡山横川・三石岳   大宮川観光駐車場→大宮谷林道→比叡山横川・元三大師堂→行者道→三石岳→日吉大社→大宮川観光駐車場   

日吉大社 アカメガシワ 元三大師堂 三石岳 名残のヤマアジサイ
 
アブラチャン  ノリウツギ 
バイカツツジ  ミツバウツギ 

 中2日の本日,体力・脚力維持のためだけで花観察のための山行ではないことをまずお断りしておく.

 比叡山横川に行くべく家を出たが,ナビが名神が渋滞と言っているので,大岩街道から外環に出て西大津バイパスに至る.大宮川観光駐車場に着いたら4台ほど車が駐まっていた.こんなにカラカラのお天気なのでヤマヒルの心配はないのでゲイターをつけずにすぐに出発.

 時計回りにするか反時計回りにするかで少し迷ったが,結局,時計回りで行くことにした.日差しが強烈なので,午後からの日差しを避けるために,大宮谷林道から登っていく.デメリットは行者道の奥宮からの降りが脚にはあまりよくないだろうということである.

 花もないのに汗まみれで林道を登っていく.今日は2リットルもってきたが,足りなければ横川の駐車場の自販機を当てにしている.足もとは一向に雨が降らないからカラカラで,ヤマヒルなど出る幕がない.ジャケツイバラはもう終わり,ユキノシタも終わる寸前で残骸をさらけ出している状態.

 この林道はトレランの人がけっこう通りすぎていく.走りやすいと言えば走りやすい.

 花がないので,目は木の方に移る.マタタビの白い葉はなかなかおもしろい模様を呈している.アカメガシワ,ハナイカダ,ミツバウツギ,アブラチャン,ノリウツギ,バイカツツジと見て回る.

 横川中堂近くに来て,ユッキーは水を買い足したいと言うので,横川の駐車場の自動販売機に行って,買い足す.私も念のため1本買う.ついでにトイレに寄り,元三大師堂へと急ぐ.ここのベンチで昼食.

 食べ終わったらあとは降るだけである.せっかくだからということで,三石岳に寄る.あとは行者道をひたすら降りるだけ.
 車に戻ってさあETCカードを入れて帰路に就こうと思ったら,なんと,ETCカードがない! 小銭入れに差し込んでいたのだが,小銭入れ自体がないのだ.あわてて探した,探した.どこにもない.どうやら山中できっちりザックに入れていなかったので,落ちたのだろう.

 仕方がないので,名神は現金で支払い,帰ってから,カード会社に電話してストップしてもらい,あわてて警察署に出かけて遺失届を提出する羽目に陥ってしまった.

事後処置はなんとか終わったので,シャワーのあとは,山名酒造の「奥丹波 S.yedo 生原酒」.酒米はイセヒカリ,酵母はドイツから逆輸入した「サッカロマイゼス・サケ・エド」.奥深い,味わいある酒であった.