2022年6月の山歩き

2022年 1月 2月 3月 4月 5月

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


40.[6月29日(水)][晴れ] ポンポン山   

オカトラノオ ササユリ 山頂 イケマの蕾 ミゾホオズキ
 
   
ツチアケビ  マルミノヤマゴボウ 

 ツチアケビが見たいのでポンポン山に出かける.梅雨明けとなって暑いことは暑いのだが,花との出会いは一期一会.

 森の案内所は9時からなので,朝は多少ゆっくりできる.途中でガソリンを入れ,コンビニでおにぎりを買って名神,新名神高槻で降り,あとはダンプ街道を北に進み森の案内所に到着する.

 まずは届を提出し,入山の儀式をすませ,出発する.熱中症になっていはいけないので,水分は2リットル(ペットボトル3本,牛乳,お茶)持参.

 遭難者がでたようで,ヘリコプターのホウヴァリングの音が響きわたっている.また,案内所には小塩山で最近熊の目撃があったとの警告の張り紙があった.熊鈴を確かめる.

 植物保護のためルートは記さない.いずれにしろ,昼過ぎにポンポン山山頂に着き,日陰のベンチで昼食.コンビニおにぎりとお茶,デザート代わりの甘納豆と牛乳.30分近くいて,再スタート.

 14時過ぎには森の案内所に戻った.着換えをし,後始末をして車に乗り込み,渋滞に引っかかることもなく無事家に帰れた.
 
 シャワーのあとはビールで乾杯.5時間足らずの山行だったが,見たいと思っていたのが見られて大満足の山行だった.

 ツチアケビとの出会い.これまでは実になったのしか見たことがなかったが,今日はしっかり花を見ることができて感動した.来年も見たいものだが,鹿や人間に襲われないようにと祈るばかりである.












39.[6月26日(日)][曇り時々晴れ] 八雲ヶ原    イン谷口→大山口→アオガレ→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口 

ムラサキシキブ トリアシショウマ 八雲ヶ原 八雲ヶ原 ショウキラン
 
イブキジャコウソウ  ヤマトウバナ 
   
コナスビ  ホナガタツナミソウ 

 しばらくイン谷口から比良へ行っていないので,梅雨の中休みを利用しての本日の山行.途中志賀駅前で食料を調達し,入山の儀式をすませる.日曜日で予想していたとおりトイレ前の駐車場にはかなりの数の車が駐まっていたが,スペースを見つけて車を入れる.ゲイター,杖の準備をして出発.イン谷口の住人KBさんと少しお話しする.

 駅から歩いてきたり,車で来たり,バスで来たハイカーに次々と道を譲る.いつも出発してからアオガレ下で最初の休憩とするが,本日もまずまずの時間で到着し,飲水休憩.蒸し暑い.すると,なんとChさんが追いついてこられた.金糞峠までご一緒する.

 かつて正面谷に咲いていたササユリが全く見られないと思っていたところ,一株だけ発見した.鹿も人も近寄れないところに.

 金糞峠で2回目の休憩.風が吹いてきてほんの少し蒸し暑さからは解放される.

 ここでChさんとはお別れする.健脚のChさんはこれから武奈ヶ岳へと進まれる.われわれは予定通り奧の深谷遡行.

 いつも気持ちのよい観音様ロード.金糞峠下から奧の深谷へ進む最初の橋をはじめとして,全部の橋がきれいに直されたり新調されたりしていた.ありがたいことである.感謝感謝.

 ただ,JR小屋の前に来たところ,なんと,あたり一体が明るくなり,トリカブト畑の湿地帯がなくなり,トリカブトは切り払われ,大木は切られ,湿地帯ではなくなり,重機の跡が残っていた.ここを何にするのだろう?北比良峠の前山にあった通称チロリン小屋の撤去といい,なんだか意味のない工事が増えている気がする.元の自然に戻すという大プロジェクトで人工物の撤去のためになされているのであれば,それはそれでいいのだが.

 ここまで来れば八雲ヶ原は近い.今年はヤマボウシが遅くて少ないなあと思いつつ,八雲ヶ原へ進む.

 八雲ヶ原では人も多かろうと,途中で昼食とする.今日はパンと牛乳.

 八雲ヶ原に到着したところ,Chさんが早々と着いておられてお昼をとっておられた.お食事の間,こちらは花探し.やっとササユリを見つけたが,昨年よりは少なくなっていた.ここも鹿か人だろう.

 降りはまたChさんとご一緒に.クマさん道で北比良峠,ダケ道.途中イブキジャコウソウが開花しているのに出会う.いつもより早い.

 ダケ道の長さはChさんとご一緒で苦にならなかった.われわれと一緒でなければ半分の時間で下れたでしょうに.Chさん,お付き合い下さってありがとうございました.

 駐車地に着いて,着換えをすませ,さらに一緒にほっとステイション・比良に向かう.アイスコーヒーでのどを潤し,帰路に就く.

 湖西道路は混んでいたので迂回路を使用し,いつもよりは30分ほど遅くに帰宅できた.シャワーのあとはビールで乾杯.


P.S. アイちゃんからメールをもらって,JR小屋前の工事について教えてもらいました.あれは小屋撤去に伴う工事で,すでにその工事は終了したということだそうですまずは安心しました.あとは湿原が戻って元のようにトリカブト畑になってくれることを祈るばかりです.アイちゃん,情報ありがとうございました.







38.[6月19日(日)][曇りのち晴れ] 湖東の花巡り(3) 

ノハナショウブ カワラマツバ ソクシンラン カキラン ある尾根で
キンコウカ ササユリ イシモチソウ トウカイモウセンゴケ モウセンゴケ/テリハノイバラ
 
カキラン  シライトソウ 

 Joeさんに花先案内人になっていただき,今回3回目のツアー.湖東といっても範囲は広く,これまで行っていなかった秘境に案内頂き,さまざまなお花が見られて大満足の一日だった.

 お昼はJoeさんにワンタン野菜スープとノンアルビールを頂き,こちららかはほうじ茶甘納豆入り蒸しケーキを提供する.日常的に料理を作っておられるJoeさんの手際は見事でおいしかった.

 道中は花のことはもちろんだが,人生哲学,家族のこと,ペットのことと多岐にわたる話で盛り上がり,話が途切れることがなかった

 早く帰れて,まずは,冷凍バナナと牛乳でうちあげ,シャワーのあとはビールでうちあげた.

 Joeさん,われわれの亀脚にお付き合い頂いてのご案内,ありがとうございました.










37.[6月13日(月)][曇り] ササユリ求めてリトル比良   JR近江高島駅9:07→音羽→岳観音→岳山→鳥越→オウム岩→鳥越峰→岩阿砂利山→寒風峠→オトシ→涼峠→楊梅滝→JR北小松駅17:19 

 
大炊神社 シダの海を進む ササユリ オウム岩で 岩阿砂利山
 
ガンピとヤマツツジとコアジサイ 
 
 ホナガタツナミソウ

 昨年は出かけなかったが,毎年恒例としていたリトル比良のササユリ鑑賞.今年はどうかと思っていたが,これまでで一番多い数を鑑賞したことになった.出かけた日がちょうどよかったのだろう.一昨年はしーちゃんと一緒に鵜川越でリトル比良の尾根にとりついたのだが,どうもあのルートは暗くて気味悪いので,今年は音羽からの道で行き,北小松に降りてくることにした.だが,このルート選択は後半後悔のもととなった.

 JR近江高島から登山口の音羽までは歩いても20分もかからないところなのだが,エネルギーを温存するため,あえてバスに乗ることにし,バスの時間にあわせるために京都駅8時19分発の敦賀行き新快速に乗り込む.これで近江高島駅9時4分着で,バスは9時7分発.コミュニティバスだから220円と思っていたところ,170円でよいと運転手.どうなっているのだろう.

 降りたって早速ゲイターをつけて出発.大炊神社の様子が激変していたので驚いた.木がすべてなくなり砂地の広場のようになっていたからである.どうするつもりなのか.(トイレは以前のようにあり.われわれは駅ですませてきたので必要なかったが.)

 防獣柵を開けて中に入る.堰堤の工事のために道は広くなり,要所に道標が立てられている.それに従って進むと賽の河原に着く.

 ここからいよいよ登山道に入る.ここでダニよけイカリジンを噴霧する.一昨年は小さなダニが体中について大変だった.このときはシダが道を塞いでいて,段差のある道すら分からず苦労したのだが,その2年前のときと比べると,そのあとシダが刈り取られたようで,少しはあるきやすくなっている.しかし,高度を上げるとシダは道を塞ぐようになってきた.

 右手に白坂を見て登って行く.ユッキーの山友からの報告で白坂の下のところでササユリとキンコウカを見たとあったので,目をこらしてみると,ササユリ,キンコウカは確かにあった.ただ,ササユリは向こうを向いているし,キンコウカははるか下の沢のところに咲いているので,写真に撮ることは断念した.
 
 岳観音を経て岳山へと進む.ユッキーはササユリの株ごとに地図にナンバーをうち数えていく.ああ,こちらにも,あちらにもと発見の喜びの声を上げる.

 二人が写真を撮るので進行は遅い.今日がササユリの一番いい時であったようだ.

 最初は岩阿砂利山で昼食と考えていたのだが,シャリバテ気味になってきたので,計画を変更し,オウム岩のところで昼食をとることにした.これまで賽の河原で抜いていったハイカー以外には一人も人には出会わなかった.

 京都駅ドンクで買い求めたサンドウィッチが今日の昼食.北小松16時20分か,16時36分の電車に乗りたいねと早々に昼食を切り上げようとしたが,やっぱり食事に20分は越えてしまう.

 ササユリ観察は続く.アップダウンを重ねながら鵜川越までやってきた.すでにササユリは50株近く鑑賞した.これに蕾の観察は12株は数えた.

 疲れがたまってきたので,これから先,滝山,寒風峠のアップダウンが大変なことは明らかだった.鵜川越に来たとき,ユッキーは鹿ヶ瀬へ降りようと言い出した.しかし,鹿ヶ瀬道のバスの時間は調べていないし,ここを降りに使うのは初めてだしということで,私はやめておこうと言った.結局,ユッキーの新提案はやめにして,寒風峠,北小松の最初の計画通りに行くことにした.

 あとはユッキーの不満をなだめながら,アップダウンを繰り返すことになる.もうササユリは見当たらない.

 なんとか寒風峠に辿り着いた.ここまで来れば,あとは少しは楽になる.一瞬16時36分の電車が頭をよぎるが,やはり無理だ.その次は17時19分.これだと余裕をもって降りることが出来る.

 ここからオトシに入る.この湿地帯はわれわれの山行人生でごく初期のころ(今から20年近い前)によく訪れたところであった.ここへ来るのは4年ぶりか.ここで思わぬことがまた起きてしまった.倒木ジャングルである.

 特に湿地帯の下流のところで,何本もの倒木があり,潜るか越えるか迂回するかで四苦八苦.ついにはユッキーの脚がつりだした.急いでツムラの例の奴を飲む.するとまるで魔法にかかったみたいに痛みがとれた.やれやれ.

 ようやく岩から岩へと渡渉してヤケ山からの道に合流する.ここから楊梅滝への降りの道がまたゴロゴロ道で歩きにくいこと.なんとか降りて,あとは駅までの長い舗装道路の坂を我慢して歩き,駅には17時前に到着した.

 自販機でお茶を買おうと思ったら,駅には自販機はなし.駅から70mほど琵琶湖側に行ったところに自販機を見つけた.やれやれ.冷たいお茶にありつき,駅で着換えをして電車を待った.17時19分発の新快速は京都駅に17時57分に到着し,18時半には帰宅できた.

 今日のうちあげは山名酒造の「木桶生酛生原酒」で.「山田錦」を「化学肥料・農薬を一切使わない自然栽培で育て,往事さながらに低精米し,酵母・乳酸無添加の古典的製法でじっくりと手間を掛けて木桶で醸した」逸品.浮ついたところがない,しっかりとしたお酒だった.

 次は金勝アルプスか赤坂か,はたまた・・・.ただ梅雨に入るし,雨とどう折り合いを付けるか.

  



36.[6月9日(木)][晴れ] 比叡山の花巡り 

 
ユキノシタ テイカカズラ カキノハグサ エゴノキ バイカツツジ
コアジサイ

 リトル比良のササユリはまだだろうと勝手に推測して,比叡山のカキノハグサを見に行くことにした.コースは種保存のため掲載しません.悪しからず.

 こうなると,書くことがほとんどないので,前回同様,結果として植物図鑑のようになってしまった.自然を愛し,理解しない悪い奴がいるので,これも仕方ない.
 
 帰宅途中またエールを買って,夕食時に飲んでみた.前回はエビスのエールだったが,本日はプレミアム・モルツのそれ.好みは人それぞれだろうが,私は香りの点でサントリーのほうに軍配をあげる.
 
 約5時間の山歩き(8.4m)で,今年はじめてヤマヒルを一匹見つけてしまった.被害に遭わなかったのはイカリジンのおかげか.被害と言えば,肩のところにアブに3回がぶりとやられてしまった.梅雨前だというのに,いよいよ虫との戦いも始まる.ブトはもう前から出ているし,マダニにも注意しなければならない.憂鬱だ.
花を見られたので慰められるが,これで花が見られなかったら・・・

     
 ミヤマヨメナ スイカズラ  ホナガタツナミ 

35.[6月5日(日)][曇り] 湖東の花巡り(2) 

トキソウ ミヤコイバラ 湖東の広場 ササユリ 名残のハルリンドウ
テリハノイバラ  シソバタツナミ  ネジキ シライトソウ  ユキノシタ 
 イシモチソウ

 Joeさんに花先案内人になっていただき,今回2回目のツアー.

 今まで見たことがなかったトキソウを見られて感激ひとしおだった.モチツツジはもう終わり,名残のハルリンドウ,名残のユキノシタ,名残のシラン,ホナガタツナミソウ,シソバタツナミソウさらにシライトソウ,ガンピ,ネジキ,キキョウソウ,テリハノイバラ,ミヤコイバラ,イシモチソウを鑑賞した.テリハノイバラ,ミヤコイバラとタツナミソウはあちらこちらで見られた.

 お昼はJoeさんから,豚汁とノンアルビールを頂き,こちらからは,アーモンド・ナッツのケーキ.

 曇り空で雨が近く蒸し暑かったが,帰宅するまで雨には降られなかった.

 家に帰って,アイスバーと牛乳でうちあげ.

 お風呂の後は,ラガーではなくてエールで乾杯.この頃JOEさんはエールにはまっておられると聞いたので,さっそく帰りに買い求めた次第.

 楽しく花巡りができました.JOEさん,ありがとうございました.またよろしくお願いします.感謝,感謝.


34.[6月1日(水)][曇り] 西南稜から武奈ヶ岳へ 坊村→夏道→御殿山→武奈ヶ岳→御殿山→冬道→坊村

 
明王院・三宝橋 ユキノシタ ベニドウダン 山頂 西南稜 サラサドウダン
ホソバシロスミレ
 
 

 前回の武奈詣でから9日目の今日,6月の武奈詣でとする.前回以来どのぐらいベニドウダンが開花しているかを調べることと,ホソバシロスミレをもう一度調査することが本日の大きな目的である.

 順調に葛川センターに到着.2,3台車が駐まっている.一応ゲイターをつけて出発.朝は少し寒かったので長袖と半袖のレイヤードルックだが最初の急登で半袖はザックにしまうことになる.

 ひたすら足を前に運び,ゆっくり登っていく.後から来ている人にはどんどん道を譲る.そしてモミジノコバ(われわれが勝手に命名)で最初の休憩とる.エゴノキの花がまだ見当たらない.今年の花は遅いのか,それとも裏年で花をつけないのか.

 ここからがまたしんどい.坊村からの第二ステージ.846mのピークを右に見て標高860mで冬道,夏道の分岐となる.しばらくは穏やかな斜面の道で,そこから枯れ谷に入る.新緑,若葉の回廊で遠くに蝉の声が聞こえてくる.やがて斜面を登り尾根にとりつく.ここからは尾根を250mほど進めば冬道との合流点になる.遠く峰床山などが見えるのだが,今日は,霞がかかっていてぼんやりとしか見えない.麹甘酒を飲む.ヤマボウシもようやく咲きそろってきた.タニウツギは今一番いいところ.

 ここまで来れば,御殿山まではあともう少し.ベニドウダンが見えてくる.9日前は咲き始めといったところだったが,今日はもう立派に咲きそろっている.

 御殿山に到着し,休憩せずにすぐにワサビ峠へと降りる.ここから西南稜第1ピークに上がるまで,ベニドウダンを見ながら登る.

 続く第2ピーク,第3ピークで,ホソバシロスミレを再調査する.ニョイは見つかるが,ホソバシロスミレは見当たらない.レンゲツツジは9日前に咲き始めていたが,ヤマツツジはやっと今日になって咲き出していた.まだ蕾も多い.御殿山,西南稜の最初のところでは,ベニドウダンはたくさんあるが,サラサドウダンはほとんどない.その少ないサラサドウダンの木の前でユッキーの写真を撮る.

 探しに探した結果,ついに西南稜でホソバシロスミレを発見することが出来た.比良が東限で,スミレの中では開花が遅く,1000m以上の山にしか生えないから,探すのはなかなか大変だった.

 これで,目的達成.疲れも吹き飛び,山頂へ急ぐ.山頂に近づくほどアカモノが一杯咲いていた.

 頂上西側に座って,コンビニおにぎりと自家製ナッツケーキで昼食とする.

 あとはもう下るだけ.滑らないように気をつけながら,降りは冬道を使った.こちらもかなり急な斜面ではある.尻餅を一回ついたけれども,無事下山できた.

 例によって,「茶坊」に寄り,のどを潤し,着換えをして車のところに戻った.あとは湖西道路,名神で帰宅した.今日のうちあげはビールで.ホソバシロスミレに乾杯.

 写真の掲載はしていないが,他にナナカマド,カマツカ,ツルアジサイ,ミヤマナルコユリ,サワフタギ等々を観察した.

ユッキーは,足馴らしをしてきているので,イン谷口,正面谷から武奈に挑戦したいなあと言っているのだが,いつになるか.