2022年4月の山歩き

2022年 1月 2月 3月

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


27.[4月30日(土)][晴れ] 大御影山・林道峠 ヴィラデスト今津9:00→近江坂→林道峠→近江坂→15:20ヴィラデスト今津

イワウチワ 林道峠 イワカガミ シャクナゲ畑 シャクナゲ
 オオバキスミレ
 リュウキンカ

 今日は湖北の春の花探索で大御影山に出かけた.小てつさんに車をお願いし,小てつさんの案内でヴィラデスト今津へ進む.とうげみちさんも参加.京都からは実に遠い.出町柳から1時間30分ほど.

 お天気もよく連休に入り,最初の駐車場で駐められるかどうかの車の多さ.やっと1台分空いているところに駐車する.入園料一人300円.ゲイターをつけ,準備をして出発する.

 ユッキーと小こてつさんは,それぞれ,花の場所を脳内にインプットしており,それをもとにしての花巡りである.今年の雪の多さと急に暖かくなったせいであろう,バイカオウレンからイワウチワ,イワカガミ,オオバキスミレ,シャクナゲ,ショウジョウバカマにイカリソウと春の花一覧のように,すべて春の花が今日一斉に花開いていたことには驚いてしまった.さすがサクラはもう終わってしまっていたが,キンキマメザクラは花開き,タムシバ,ムシカリもわれわれの目を楽しませてくれる.コバノミツバツツジはやっと蕾から花開き始めたところ,ハンカチの木も同様だった.その他,各種のスミレ,リュウキンカ,ミヤマカタバミも.エンレイソウにイワナシ,イカリソウ,スミレサイシン,チゴユリ,サンインシロカネソウ.ササユリは蕾,ウスギョウラクもあと少し.

 こう書いてくると,もう植物園のようである.大御影山はアクセスはしにくいが,人気の高い所以であろう.今日も大勢の人が訪れていた.

 ヴィラデストの園内を過ぎて,小さな川(これを私はヴィラデストのルビコン川と呼んでいる)を渡ると,いよいよ,山道で,尾根にとりつく.近江坂と呼ばれる道をゆっくりと登っていく.えぐれたところとかにはまだ残雪があり,今年の冬の雪の多さを物語っている.

 標高560mで道は尾根コースとバイパスに分かれる.単調なピストンを避けるために,往きは尾根コース,帰りはバイパスとして,登りは尾根を進む.合流点は標高700mぐらいのところであり,このあたりの登りが苦しい.花がところどころにあるのがせめてもの救いである.

 合流点を過ぎるとゆるやかなアップダウンが続き,シャクナゲ,カタクリ等を写真に撮りながらゆっくり進む.標高760mぐらいにある見晴台で休憩する.キーウィー.800mで林道に出会う.林道峠と呼んでいるところである.花巡りはここで終わり,昼食にする.われわれは出町柳のパン屋で買い求めたパン2つとデザートは蒼空の酒まんじゅう.お茶とコーヒーで頂く.

 あとは同じ道を帰るだけである.ただ,面白かったのは,登りのときには午前中で小さくしか開いていなかった花が下山時には日の光を浴びて大きく開いていたことである.こういうときピストンの単調さは多少免れる.

 また,降りのバイパスでは登りで見なかった花を発見できたりもした.沢の音が聞こえてくるとルートも終わり近くなる.ときどきグループに出会いながら,ヴィラデストに帰ってきた.

 帰りは小てつさんにビールを頂き,いろんな話をしながら,それほど渋滞に難儀することもなく,出町柳に帰ることが出来た.ここで,小てつさんととうげみちさんには別れを告げて,われわれは京阪に乗って,無事,帰宅できた.

 お風呂の後,今日の打ち上げは山名酒造の「蔵人の土産酒」.豊かなお酒で,鰹のたたきで頂いた.

 小てつさん,ロングドライヴありがとうございました.花のガイドで女性のメタファーには参りました.また,われわれの鈍足に付き合っていただいた「とうげみち」さんにも感謝申し上げます.掲載の写真の中で,シロバナイワカガミとカタクリは「とうげみち」さんに提供していただいたものです.

       
       



















26.[4月23日(土)][曇り] 城丹国境尾根から桟敷ヶ岳 大森キャンプ場奥の霧滝前広場→大谷峠→城丹国境尾根→桟敷ヶ岳→長谷林道→大森キャンプ場奥の霧滝前広場

オトメスミレ コバノミツバツツジとユッキー フデリンドウ 桟敷ヶ岳山頂 フロランタン
シロバナナガバノタチツボスミレ

 またまた小てつさんの案内で久しぶりに城丹国境尾根に出かけることになった.

 途中でイチリンソウ畑を観察したのち,車は大森キャンプ場を過ぎてさらに大谷林道を進む.左手斜面の上に行けば霧滝竜王不動尊があるらしいところでデポ.ヒル避けでイカリジンを噴霧し,用意をする.

 沢に沿って林道を登っていくわけだが,途中で林道の分岐がたくさんある.これは案内してもらわねば迷うことが多いだろうなと思いながら,緩やかな傾斜の林道を登っていく.途中でワラビ採りも行う.林道が終わればいよいよ山道.飯森山を乗り越さないで大谷峠に直接登る道を進む.

 無事大谷峠に着き,ここからは城丹国境尾根をひたすら東に進む.ヤマブキに始まり,ヤマルリソウ,コバノミツバツツジ,スミレ(シロバナナガバノタチツボスミレ,オトメスミレ,シハイスミレ,ハグロシハイスミレ,ニョイスミレ等々),ニシキゴロモ,フデリンドウ,コバノミツバツツジ,ムシカリを見ながら,尾根を進む.自転車ピークを過ぎ、ラーメンピーク(小てつさん命名)の手前でお昼とする.出町柳で買ったパン2つ,デザートはキーウィと私が作ったフロランタン.お茶とコーヒーで.

 お腹も大きくなったところで頑張ろうと声を掛け,ナベクロ峠を経て,桟敷ヶ岳に到着.山頂への最後の登りがきつかった.

 山頂ではモクモク号のバスで来られたというグループが出発されようとしていた.記念写真のシャッターを頼まれて,小てつさんがシャッターを押す.岩屋橋15時10分発で帰られるとか,間に合うのだろうかと思ってしまう.シニアグループだし,あと2時間弱.

 さて,われわれも下山.花ガイド小てつさんは,これからいいもの見に行きましょうと,とんでもないところを下っていくように指示を出される.これは三重ヶ嶽の二の舞ではないか.もうどちらに進んでいるのか分からないところへ下っていく.すると,そこにはいいものがちょうど見頃で咲いていたのである.

 ここから長谷林道に戻るにはひどい斜面を腕力登山で戻らなければならない.林道に戻ったときにはほっとした.

 長谷林道も花の宝庫である.午前は城丹国境尾根でフデリンドウを楽しんだが,午後はイカリソウの花畑を楽しむ.こんな群生は見たことがない.さらにはタチツボスミレを中心にスミレがあちらこちらに.今年はどこでもスミレの花盛りである.チゴユリ,ヒトリシズカ,ヤマルリソウ,キケマンを見ながら車のところに辿り着いた.

 片付けをして乗り込むと花ガイドからヴェテラン・ドライヴァーとなった小てつさんの運転で快調に地下鉄天神川駅まで送っていただいた.地下鉄,近鉄で帰宅.家で牛乳でうちあげ.そしてお風呂の後は山名酒造の『陽酒』.

 大変なところを歩きもしたが,花巡りの楽しい一日だった.小てつさん,ありがとうございました.

       
 チゴユリ  シロバナニシキゴロモ ニシキゴロモ  ニシキゴロモ 

25.[4月20日(水)][晴れ] ポンポン山の花 森の案内所→竃ヶ谷→西尾根→ポンポン山→東尾根→ケヤキ谷→竃ヶ谷→森の案内所

イチリンソウ ヤマブキソウ 山頂にて マルバスミレ(*) フタバアオイ
 クサボケ
 ムラサキケマン
クチナシグサ

 前回竃ヶ谷を訪れたのは4月10日だった.1週間以上間が空けば花の展開も変わっているだろうということで,今日水曜日またまた西山を訪れた.いつものように車で高槻回りで大原野森林公園・森の案内所に到着した.9時であるので他にはバイクが一台駐めてあるだけであった.車を駐めると,新たに一台入ってきた.大阪ナンバーのこの方はさっさと用意をして出発して行かれた.

 こちらはどうしても準備に時間がかかる.身支度を調えると案内所に出かけて竃ヶ谷へ入る申請を行い,入山の儀式をすませる.きっと山休さんは来られるだろうと予想していたが,今のところ姿は見えない.

 竃ヶ谷に入る前から写真をパチリパチリ.今日はこれでいいのだ.亀脚で沢沿いに進んでいく.誰にも会わない.どこかでツツドリがあの特徴のある声を発しているが,姿は見えない.いいお天気で暑くもなく寒くもなく.朝方は少し寒かったが,車に1枚置いて長袖と半袖の2枚で出発するが,ほどなく半袖も脱いでザックに入れることになる.

 これから西尾根にあがろうとするところで休憩.甘納豆を食べて水分をとる.すると,息せき切って山休さんが近づいてこられた.われわれの後を追ってこられたらしい.ここで東尾根にあがるか,西尾根にあがるかどちらかなので,追いつくならここだということで急いでこられたらしい.

 われわれもどちらからあがればポンポン山に行くのにより楽かと考えたのだが,結局,最初はしんどいが西尾根に登って山頂に行くことにした.反時計回りということになる.そうしたらなんと山頂のほうから来られた方が「K先生ですか」とお尋ねになる.どうやら,こちらのHPをご覧になっている方らしい.かおりさんのブログに「T」と出ている者ですとおっしゃる.ユッキーがそこで「青空の花歩きと山歩き3のTさんですね」と確かめたら,その通りだった.Tさんの花に対する該博な知識はすごいもので,私もいつも参照させてもらっている.こんなところでお目にかかるとは.

 リョウブの丘近くで親しくお話しさせてもらった.

 12時頃にポンポン山山頂に立った.山休さんと相談して少し木陰になっているベンチで昼食とする.パンとお茶とコーヒー.今日はカロリーをあまり消費しないであろうということでデザートはなし.すると,隣に座ってこられた方が,これまた,私のHPをご覧になっている方だったのだ.載せている細かなことまで覚えておられてこちらは恐縮してしまった.

 さて,空腹も満たされて下山の途に就く.まずは東尾根に向かい,そこからケヤキ谷に下る.ここへ来るともう誰にも会わない.眼をつけていたフデリンドウの蕾があったので,ユッキーは探すも正確な場所は記憶していなかった.するとなんと山休さんが「ここにありますよ」と見つけられて教えて下さった.さすが,花好きの山休さん.

 竃ヶ谷を下っていくときに,ここの管理をして下さっている方々とお会いした.こういう方々がおられるからこそ,こんなに見事な花々を見ることができるのだ.感謝,感謝.

 森の案内所に帰り着いて,山休さんとはお別れする.花の話,体の話,いろんな話で盛り上がりました.おつきあいありがとうございました.

 あとは新名神,名神で順調に帰宅.お風呂の後は,ビールで乾杯.こんなにたくさんの花に出会え,また,このHPをご覧になっている方にお目にかかれて,楽しい一日だった.春の花の饗宴,夢か幻のごとく.

(*)このスミレ,「マルバスミレ」ではないかと思っていたのだが,決め手に欠いていて,そこで,TさんのHPを見てみると,「マルバスミレ」と書かれていたので,これで間違いなかったと思った次第.









24.[4月17日(日)][晴れ] 高島トレイルに春を探る:三重ヶ嶽 石田川ダム→湖周道路→落合長尾登山口→P844→三重ヶ嶽(973.9m)→P950→八王子谷東尾根→湖周道路→石田川ダム

湖周道路の崩落箇所 長尾(*) 三重ヶ嶽山頂 八王子谷東尾根 急降下(*)
サンインシロカネソウ
シャクナゲ

                                                                                 写真(*)は小てつさん提供

 三重ヶ嶽に行きませんか
と,小てつさんからお誘いがあり,とうげみちさんも来られるとのこと.これはありがたい.残雪もあるだろうが,西山や比叡山とは異なり,高島トレイルでは春の訪れがどうなっているのか,ぜひとも知りたいところだった.

 いつものように出町柳でピックアップしてもらい,京都市内を抜けて途中から鯖街道へ.坊村の葛川センター駐車場を車の中から見ると8時過ぎなのに,もう車で一杯.こんなにいいお天気だからさぞや武奈ヶ岳は人で一杯になることだろうと思いながら,朽木から石田川ダムへと進んだ.

 駐車場で入山の儀式をすませ出発する.あちこちの崩落で車は石田川ダムより上には行けない.荒れた湖周道路を花を探しながら歩く.

 日当たりがいいのだろう,春の花が次から次へと展開する.次々に写真を撮るので,ただでさえ遅いスピードがさらに遅くなる.珍しいのではサンインシロカネソウが咲いている.ネコノメソウは絨毯のようにびっしり.キケマンにヤマルリソウ,ヤマエンゴサク,ショウジョウバカマにイカリソウ,エンレイソウ.落合長尾登山口からいよいよ尾根に登る.やや急登.

 すると,タムシバの白は青い空に映え,マメザクラも咲き,ブナはすがすがしい葉っぱを広げている.足もとにはイワナシにイワウチワ.

 長尾はゆっくりとした登りで文字通り長い尾根である.右手には遠く大御影の稜線がくっきりと見える.

 ついにP844でお昼とする.急いでパン2つとお茶ですます.

 よし,出発だ.小てつさんから檄が飛ぶ.頂上はまだまだ遠い.

 誰かさんと同じようにキムケンはヨレヨレで山頂に辿り着く.ここで,われわれの提供したキャラメルケーキを小てつさんのタムシバ茶で頂く.

 よし,下山だ.八王子谷東尾根を下るべく,山頂から南西方向にP950mまで.ここからはひたすら南へ南へと進む.途中ユズリハがはびこり,藪漕ぎとなる.ユズリハにときおりサルトリイバラが混じっているのがさらに難儀だ.これをかき分けかき分けして下る.2年前小てつさんはここで大量のダニに襲われたので,藪漕ぎのたびごとに小てつさんからダニチェックの指令が飛ぶ.サルトリイバラも混じるこんな藪には鹿も訪れないのか,ダニは大丈夫だった.シャクナゲが咲き出しているのに出会うのはこういう中で慰めとなる.

 われわれの亀脚に藪漕ぎが加わったため,下山のスピードは遅くなる一方である.

 そしてついに最後にして最大の難所に辿り着いた.湖周道路に降り立つまでの50m,地図を見ても等高線が詰まっているところだ.ジグを切った薄い踏み跡も崩れ,倒木,枯れ枝,落ち葉で見えない.小てつさんの指示で,歩けやすそうなところをそろそろ,ズルズルと降りていく.途中でトラロープが見えてきた.これにしっかりつかまってさらにそろりそろり.途中で,私の片足が別の古いロープに罠にかかったように入ってしまう.これを抜くのがまた一苦労.大汗をかきながら湖周道路に降り立った.怪我もなく無事降りられた.ここで休憩.とうげみちさんに最中を頂く.

 日も暮れかかった湖周道路をぶらぶらと駐車地まで.朝方あった工事関係の人の車や登山の人の車も出た後で,小てつさんの車が一台ぽつんと残っているだけだった.

 帰りの車では小てつさんの恋愛術を拝聴しながら(この私だって古代ローマの恋愛術を翻訳しているのだ―こんなところで何を宣伝しているのや!―すみません),楽しく京都に帰ってきた.

 お風呂の後は,わが伏見の北川本家の純米吟醸・量り売り原酒「富翁」.まったりとした,いかにも伏見の酒.

 小てつさん,ご案内ありがとうございました.われわれだけでは絶対に行けないところでした.また,われわれの亀脚にお付き合いいただきました「とうげみち」さんにも感謝申し上げます.

         
 アオイスミレ  イカリソウ  ネコノメソウ  イワウチワ タムシバ 

23.[4月13日(水)][晴れ] 比叡山横川 大宮川観光駐車場→覚道坂→飯室不動堂→中尾坂→元三大師堂→大宮谷林道→日吉大社→大宮川観光駐車場

ムシカリ(オオカメノキ) 元三大師堂前 シャクナゲ コバノミツバツツジ 坂本のしだれ桜
ボタンネコノメ
 アリアケスミレ
 コタチツボスミレ

 比良の神璽谷にも行きたかったのだが,日曜日に遠出をする予定があり,疲れを残してはいけないということで,困ったときの比叡山.

 大宮谷林道のハナネコノメはもう終わっているだろうとも思ったが,スミレの数々を見たいこともあり,結局比叡山横川に行くことにした.

 いつものように家近くのコンビニでおにぎりを仕入れ,名神,西大津バイパスで大宮川観光駐車場に8時過ぎに到着した.最初は神宮寺道から行者道で三石岳を経由して横川にと思っていたが,駐車場に着いたら8時過ぎでかなりの車が駐車していて,今日が日吉大社の山王祭の当日であることを知った.迂闊であった.

 そこで,日吉大社の中から行くことはやめて,覚道坂,中尾坂で横川へ行くことにした.このルートは降りでこそ利用するが,登りで利用することは極めて稀である.

 上りの坂道である舗装道路をゆっくりと進んでいく.西教寺の前を通り,道ばたのスミレを見ながら,歩いていたら,坂道の上の方から歩いてこられた品のある女性が,「すてきなご夫婦ですね」と声をかけてくださる.気分がよくならないわけがない(根が単純なものですから).30分ほどで覚道坂とりつきに到着.

 ようやく山道である.危うい橋を渡り,慈忍和尚の墓の前を通り,松禅院・飯室不動堂に到着.すると,行く手に赤いものが.なんと,シャクナゲが咲いているではないか.今期初めて.さらに気分がよくなる.

 元三大師堂への参拝の道らしく,ジグを切った大きな道を登っていく.植林の中だけれどもスミレがちらほら見えるのがうれしい.ユッキーにスミレのレクチャーを受けながら歩を進める.

 行者道に出るポイントの少し手前に,倒木で迂回路がつくられている箇所があったが,登山道はきれいに整備されていて,迂回しなくてもそのまま道を進むことができた.ここにも道を整備して下さっている方がおられるわけだ.ありがたい.

 覚道坂以降,誰にも会わずに行者道に出た.バイカオウレンはもうほとんどが終わってしまっている.それと入れ替わりのミヤマカタバミは光が少ないためかお眠りのようである.ここで,ムシカリが花開いているのに出くわした.シャクナゲあり,ムシカリありと次々に開花している.

 少し早いが,いつものように元三大師堂の前のベンチで昼食をとることにした.

 昼食後出発.大宮谷林道に入る.ハナネコノメの咲いているところは2箇所あるが,林道に入ってすぐのところから林道の鎖のゲートまでが圧倒的に花数が多い.しかし,予想通り,もう花は終わってしまっていた.紅い葯がなくなっているのがほとんどでこれが終わっていることを示している.なんとか残っているのを見つけて写真に撮った.

 タチツボスミレ,コタチツボスミレ,シハイスミレ,アリアケスミレ,フモトスミレ,ヤマルリソウ,ムラサキケマン,キケマン,トウゴクサバノオ,ハクサンハタザオ(?)等々,なかなか脚が進まない.

 南善坊が見えてくると大宮谷林道も終点である.比叡山高校横の階段を降りると,祭のために,いつもの道が通行止めになっている.枝垂れサクラが今一番いいときのようだ.通行止めで車が来ないから,道の真ん中で両側のサクラをパチリ,パチリ.

 ようやく駐車場に辿り着いた.後始末ののち,いつもの道が通行止めになっているから,別の道で西大津バイパスに入ろうとナビを操作して出発したが,ナビは通行止めのことを知らず,元の道に戻そうとする.挙句の果てに,元の駐車場に戻ってきてしまった(笑い).こうなれば,あとはもうこちらの勘で車を進め,なんとか西大津バイパスにのれてほっとした.いろいろあったが,無事に帰宅できた.

 打ち上げはビールで乾杯.この頃異常に暑い.おかげでビールは美味い.花が次々に咲くものだから,こちらは忙しい.この忙しさはうれしいものだ.
























22.[4月10日(日)][晴れ] 小塩山:西山春の花散策(3) 森の案内所→竃ヶ谷→森の案内所→小塩山南谷→御陵の谷→小塩山山頂(642m)→尾根→森の案内所

ヒナスミレ エイザンスミレ ハグロシハイスミレ ヒトリシズカ シロバナニシキゴロモ
 上の写真はヨネちゃん提供

 今日はヨネちゃんの声かけでカタクリ・シュンランを愛でる会が開かれる.参加も考えたのだが,ヒナスミレをどうしても今日確認したかったので,勝手を言って,お昼に小塩山山頂付近でみなさんと会うことにさせてもらった.

 大原野森林公園の森の案内所で竃ヶ谷に入る申請を行い,入山の儀式をすませて竃ヶ谷に入る.4日前に来ているのだが,花が交代しながら次々に開いている.まるで開花の遅れを取り戻すかのように,好天が続くと,次々に開花しているように思われる.一方,4日前には満開であったタムシバはすでに花を散らせつつある.

 ヒナスミレを確認し,コタチツボスミレ,エイザンスミレ,シハイスミレ,ニリンソウ,ミヤマカタバミも見届ける.4日前には気づかなかったヒトリシズカが咲き始めているところも見られた.

 12時頃には小塩山山頂付近に到着しないとヨネちゃん一行とは出会えないので先を急ぐ.

 いつもの登山道をピストンするのでは芸がないので,まだ踏んだことのない南谷を登りに使うことにした(しーちゃんはこの東の尾根をご夫婦でつい最近登られている).ヤマレコでこのルートを上られた方(village-greenさん,お花に対する態度に共感がもてる方である)の4月2日の記録を参考にして登って行く.小さな谷が右に左に出てくるので注意しながら進む.

 基本は沢沿いの道である.標高440m,450mあたりで二本電線の下を通過する.倒木が行く手を阻むことが多く,時間をとられる.潜るか,跨ぐか,大きく迂回するか.やがて,尾根ルートに合流する.さらに進むと崩落箇所に出くわす.大きく上にあがり迂回すると,左手上の方に小塩山への舗装道路のガードレイルが見えてくる.このまま腕力登山でガードレイルに上がってもよいのだが,今日は安全をとって東の踏み跡を辿る.

 電話が入ってヨネちゃん一行がNの谷の入り口近くで昼食を始めるとのこと.急ごうと思うが,最後の急斜面で,ユッキーは何度も立ち休憩を繰り返す.舗装道路を二本越えると,やっとNの谷のカタクリ保護地の近くに到着した.みなさん,そろそろ昼食を終えようとされていた.ネットでは活動の一端は見せていただいているのだが,やはり,実際にお目にかかれてお話ができるのはうれしい.

 記念写真を撮ってもらって,われわれは食事をはじめ,みなさんはNの谷のカタクリ保護地に向かって進まれる.今日はパン2つとキャラメルケーキ.お茶とコーヒーで頂く.われわれが食事を終えようとしていた頃にヨネちゃん一行がカタクリを見て上がってこられた.

 みなさんはこれから天皇陵道でシュンラン鑑賞.われわれは,これから,御陵の谷カタクリ保護地と山頂を訪れたのち,よく知られた尾根の登山コースで下山する.また,どこか比良で会いましょうと声を掛け合って別れる.

 Nの谷では「人の多さに疲れる」ほどの多くの人で観察の列は渋滞し入場制限を行うほどであったらしいが,御陵の谷保護地を訪れる人はほとんどいない.シロバナカタクリこそ見られなかったが,その分ゆっくりと観察できた.そのあと,小塩山の山頂を踏んで,一般の登山道を下っていった.

 この尾根ルートは見晴らしがよく,その分夏はさぞ暑かろうというコースである.コバノミツバツツジが咲き始めていて,春の進行を感じることができた.森の案内所の駐車場に戻ってきて後始末ののち帰路についた.

 4時前には帰宅し,アイスクリームと牛乳で一次うちあげ.お風呂の後は,ビールで二次打ち上げ.

 今日はルートファインディングの楽しみとお花の楽しみで登山時間は短いけれども充実した一日だった.写真には出していないが,トウゴクサバノオ,ニリンソウ,ミヤマカタバミ,ヤマルリソウも見られた.

 
こう花が咲き出すと,行きたい山の候補はいくつも出てくる.次に出会いたいのはヤマブキソウとイワウチワだろうか,さしあたり.



















21.[4月6日(水)][晴れ] 西山春の花散策(2) 森の案内所→西尾根→ポンポン山→東尾根→ケヤキ谷→竃ヶ谷→森の案内所

シロモジ タムシバ 山頂 キャラメルケーキ アセビ

 ユッキーの高校時代の友達Oさんを案内してポンポン山へ行くことにした.花の開く時間等を考えて,西尾根からまずはポンポン山へ行き,降りに竃ヶ谷でゆっくり花を楽しむというコース.

 今日もまた車で出かける.京阪中書島でOさんをひろって,新名神高槻まで.いつものように,そこで降りて,大原野の森林公園・森の案内所に向かう.

 9時過ぎに到着し,準備して,森の案内所で許可を得る手続きをとる.入山の儀式をすませて,9時28分に出発.

 ポンポン山から西尾根で森の案内所へ下るコースはよくとるが,逆に西尾根を登ってポンポン山に出かけることはほとんどしたことがない.その分,新鮮で,あまりしんどいこともなく山頂に着けた.一つ気づいたのは,タムシバが西尾根にこんなに多くあること.ちょうど見頃でこれは予想外のもうけものだった.

 リョウブの丘を過ぎて,ポンポン山山頂に11時30分頃に到着した.平日でまだ少し早いので,ベンチはたくさん空いている.

 コンビニおにぎり,ユッキーが昨日焼いてきたキャラメルケーキをお茶とコーヒーで.

 30分ほどで切り上げて東尾根へ向かう.その途中カタクリ保護地でカタクリを観察.ここは小塩山のカタクリ保護地のように組織的に保護されているわけではない.2,3人のボランティアでここまで守られているのだが,そのお世話をされている方とお会いできた.世話されている方が高齢になってこられたので,切に後継者がほしいと訴えられていた.こちらももう少し近くに住んでいるのであったならば,協力もできるかもしれないが,車で1時間はかかるし,車を降りてからここへ来るまで倍以上の時間がかかり,残念ながら,お手伝いできない.なんとかならないものか.

 Oさんはカタクリの花を初めて見てたいそう感動されていた.ご案内してよかった.

 カタクリの花を見たあとは,さらに東に進み,杉谷と東尾根の分岐に至る.ここから北へと方向を転じる.東尾根P619の手前200mあたりに四つ辻が出てくる.ここを右に降りると東海自然歩道に出るが,われわれは左に降りる.こちらがケヤキ谷への道である.

 谷の斜面を足もと気をつけながら降りていく.雪のときには踏み跡が全く見えず高みに迂回して苦労したところだが,今は雪もなく,道ははっきりしている.気持ちよく下っていって竃ヶ谷に降り立つ.

 ここからは花の観察,写真撮影でなかなか先に進めない.バスの時間を気にする必要もないから,ゆっくりと花観察を進める.

 1週間前に来たのだが,そのあと気温が上昇し,雨も降ったので,春の花々はものすごい勢いで開花している.

 ミヤマカタバミ,ニリンソウ,ユリワサビ,ヤマルリソウ,キンキエンゴサク,カテンソウ,トウゴクサバノオ,ミヤマハコベ等々.それにスミレもどんどん花開いている.タチツボスミレ,コタチツボスミレ,シハイスミレ,エイザンスミレ,ヒナスミレ,ナガバノタチツボスミレ・・・.数は少ないがカタクリの花も咲いていた.

 お天気もよく,のんびりと竃ヶ谷を下っていった.東尾根では誰にも会わず,竃ヶ谷でも会ったのは一人だけ.十分満足して森の案内所に着き,駐車地に帰った.反時計回りで花散策を行った次第.

 特に渋滞することもなく,無事帰宅できた.いつものようにアイスクリームを食べ,牛乳を飲み,一次うちあげ.お風呂の後の二次打ち上げは地元伏見の藤岡酒造の「蒼空・純米美山錦」.華やかな,しっかりしたお酒だった.




       

20.[4月2日(土)][曇り時々晴れ] 八雲ヶ原:ミスミソウを求めて 暮雪山多目的保安林駐車場8:32→大山口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:42暮雪山多目的保安林駐車場

金糞滝 金糞峠近く 奧の深谷へ 奧の深谷 八雲ヶ原
ミスミソウ
ショウジョウバカマ

 比良で春の訪れを知らせてくれるミスミソウに会うために久しぶりにイン谷口に向かった.ここでも春の訪れは遅く,ミスミソウこそ出会えたが,ショウジョウバカマは少なく,フデリンドウは蕾となるかならんかの小ささ.ミヤマカタバミもなければスミレもなし.奧の深谷にも残雪あり.

 いつものようにJR志賀駅前のパン屋で食料調達,入山の儀式をすませる.イン谷口に入り,トイレ前の駐車場は車が多いかもと考えて,1台だけ駐まっていた別荘下のところに駐車.軽アイゼンをもってきたが,車の中に置いておいた.

 駐車場のあたりには全く雪がない.金糞峠でようやく雪が見えてきた.今日は武奈まで行くことは考えていないので,ゆっくりと奧の深谷に降りていく.ここへ降りるとまだ春という感じはしない.30cmから50cmあるいはそれ以上ある雪は凍っていて堅い.上から踏みしめるようにして一歩一歩進んでいく.渡渉箇所の橋にはもう雪はなく,沢に降りなくても渡ることができる.

 金糞峠からは誰にも会わない.静かな観音様ロードを静かに進む.

 八雲ヶ原に着いていつもの石テーブルを独占する.ここで食事だ.今日はルゥタのパン(カスクートとブルーベリー・チーズパン)と持参の抹茶ケーキ.お茶とコーヒーで.50分近くゆったりする.早くも武奈に行って降りてくる人が通りすぎていく.

 さて,写真を撮って出発かと思っていたら,アイちゃんのご近所の方お二人が武奈から降りてこられた.お久しぶりでということで,もっぱらアイちゃんの近況を話題にする.このお二人は健脚で,残雪ある中,比良の王道でヨキトウゲ谷,中峠,ワサビ峠,西南稜で武奈に登ってこられたとか.

 お二人には先に行ってもらい,ゆっくりとわれわれは八雲ヶ原を出発する.

 彼らはゲレンデ跡を登って行かれる.こちらはクマさん道を登っていく.すると神様はなんと粋な計らいを見せてくださったことか.え,何が起こった?

 クマさん道でアイちゃんの噂をしていたら,右手の斜面(もちろん道なし)から熊ならぬアイちゃんとお連れが登って来られたのだ.12月以来,幸か不幸かお会いしていなかった.

 北比良峠を通り,ダケ道で下山したが,年寄りのこととて健康のことが中心だが,話は尽きず,あっという間に大山口に着いた.アイちゃんとは駐車したところでお別れする.また会いましょう.お会いするといつも元気をもらいます.

 帰りは行きと同じで湖西道路から名神で.渋滞もなくスムーズに帰宅できた.

 お風呂のあとのうちあげはビールで乾杯.比良への春の訪れは京都の西山などと比べると遅い.春の花はこれからだ.