2022年3月の山歩き

2022年 1月 2月

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


19.[3月30日(水)][曇り時々晴れ] 西山花散策 森の案内所→竃ヶ谷→ケヤキ谷→竃が谷→森の案内所

ミヤマカタバミ 竃ヶ谷 ヤマルリソウ ケヤキ谷 ユリワサビ
キンキエンゴサク
ニリンソウ

 水曜日なので森の案内所で竃が谷に入る申請ができる.そこで本日,中一日ではあるが,出かけることにした.ユッキーの脚のこともあるので無理をせず,花散策.

 いつものように名神,新名神で高槻で降り,地道を北へ進む.9時に駐車場が開門されるので余裕を持っての出発である.準備をして車を離れたのが9時36分頃.まず森の案内所に出かけ,許可を得て,入山の儀式をすませる.現在見られる花については事務所の黒板に書き出してある.

 2週間ぶりの訪問である.ずいぶんと暖かくなったし,雨もあったので,花は成長著しい.

 鑑賞している間に,ここのお世話をしてくださっている方,3人と出会った.花のいろいろについて教えていただいた.行き帰りで出会ったハイカーは一人のみ.

 フクジュソウ保護地とケヤキ谷の分岐でケヤキ谷の方向に進み,途中で昼食とする.コンビニおにぎりと抹茶ケーキ.

 ケヤキ谷の東尾根に上がる道ではない谷を少し散策してみた.詰めていけば西尾根のどこかに出られそうだ.時間があるときにまた挑戦してみたい.

 昼食後はおとなしくピストンである.

 車のところに戻ったのは13時40分ぐらいだった.約4時間の散策となった.

 同じ道で順調に車を走らせて帰宅した.いつものようにアイスクリームと牛乳でうちあげ.お風呂の後の夕食時には山名酒造の「奥丹波・純米吟醸生原酒」.すっきりしたお酒.

 リハビリ登山とは言いながら,回数は伸ばしている.3月はこれで8回の山行となった.次は比良に行きたい.

*竃ヶ谷に入るには許可が要ります.森の案内所で直接できますので,こちらに立ち寄って申請してください.森の案内所は水曜日と土・日曜日.朝9時から開いています.

   
 カテンソウ  トウゴクサバノオ



18.[3月28日(月)][晴れ] 入道ヶ岳 椿大神社第3駐車場→井戸谷コース→入道ヶ岳→二本松コース→椿大神社第3駐車場

井戸谷コース登り口 入道ヶ岳山頂 ハナネコノメソウ ニッコウネコノメソウ ミヤマハコベ
ミノコバイモ
タチツボスミレ
 
キクザキイチゲ 

 毎年出かけている入道ヶ岳詣で.今週30日か31日と考えていたのだが,どうもお天気が悪そうだ,ということで,本日の山行となる.
 
 名神草津から新名神に入り,鈴鹿ピットインで降りる.昨年はここで食料を調達したのだが,一刻も早く椿大神社に着きたいので,食料は家の近くのコンビニで調達してきた.新名神の鈴鹿を降りればものの5分ぐらいで登山者用の駐車場である第3駐車場に到着する.

 駐車場に入った途端,見覚えのある車が目に入る.やっぱり山休さん.考えることは同じで,昨年も3月23日に偶然にも駐車場でお会いすることとなった.今年は花全体が遅れているので,今日となる.

 並木の桜はまだこれからという中で,神社のおトイレをお借りして入山の儀式.今日もお花の観察で井戸谷コースで登る.山休さんは鈴鹿の山のほとんどを踏破されているのでご一緒させていただければ安心安全の山行となる.

 水のあるところ,谷とくれば,花の散策路である.花の話をしながら,写真を撮りながら楽しく登っていく.桑名から来られた女性と花の話でもりあがる.アセビと笹原のところに出ると,名残のフクジュソウを除けば,もう、花はない.標高750mあたりか.

 花がなくなると登りはしんどい.黙々と脚を進めるだけである.

 北尾根コースと合流して南にしばらく行けば鳥居のある山頂(905.6m)到着となる.

 お昼をどこにするかということで,今年は降りを二本松コースにしようと考え,下る方向に少し行ったところで昼食とする.風が避けられて,暑からず寒からず.30分以上かけて昼食とする.正面に野登山を見つつ,左手にはぼんやり霞んだ伊勢湾を見つつ.われわれの今日のメニューはコンビニおにぎりとお茶,抹茶ケーキとコーヒー.

 お昼を終えて,下山開始.下山の尾根道はアセビ街道なのだが,今年はやっぱり遅れている.ミヤマカタバミのお花畑もまだこれから.神社のところに降りてきても,サクラの並木道にはまだ至っていない.登りであった桑名の女性と再会し,駐車場までの道ばたにいくつも花があることを教えられ,またまたカメラタイムが続いた.

 駐車場で山休さんとお別れする.帰りも同じルートで特に渋滞もなくスムーズに帰宅できた.アイスクリームと牛乳でうちあげ.お風呂の後はビール.

 山休さん,われわれの亀脚ペースにおつきあいくださいましてありがとうございました.
 花の写真に関しましては,ぜひ,山休さんのブログをご覧下さい.
 掲載した写真の花以外には,マルバコンロンソウ,シャガ,ヤマルリソウ,トウゴクサバノオ,ニリンソウ,カンアオイ等があった.

     
 キランソウ ジロボウエンゴサク  セントウソウ 

17.[3月24日(木)][曇り時々晴れ] 比叡山横川:古道に挑戦 大宮川観光駐車場→覚道坂→馬ヶ背尾根→三石岳→行者道→元三大師堂→定光院→元三大師堂→大宮谷林道→日吉大社→大宮川観光駐車場

覚道坂入り口 分岐(右を行けば不動堂へ) 関電巡視路になっている 三石岳山頂 バイカオウレン
タチツボスミレ 
 
ハクサンハタザオ 
 
 

 比叡山横川に出かけるには,大宮谷林道,神宮寺道・行者道,旧横川本坂,馬ヶ背道,栢ノ木坂道,中尾坂といろいろあるが,比叡山横川に行って,帰りを中尾坂で下った場合,いつも不動堂から慈忍和尚の墓を過ぎて覚道坂へ向かうときに右手にきれいな道を見ていて,これを辿れば馬ヶ瀬尾根に行き着くのであろう地図で破線の道に挑戦した.初めての道である.他の道はすべて踏破している.
 
 観光駐車場に車を駐めて,入山の儀式を行い,西教寺前を過ぎて住宅地を抜け,覚道坂入り口に到着.少し東にはこれに平行して尾根を行く奈良坂がある.

 われわれは覚道坂に入り,北西の方向に進んでいく. 距離にして600mほどだろうか進むと,やがて,分岐が見えてくる.右を行けば飯室不動堂へ行くが,われわれは左手の道に入る.このあたりで標高250m.

 基本尾根筋を登って行くことになる.テープ等はあまりないが,踏み跡はある.標高410mあたりにある関電の鉄塔の点検のための巡視路として使われているからだろう.われわれの第一の目標もこの電線と鉄塔である.

 この鉄塔のところで西教寺横の住宅地から入る道と合流する.少し登ると標高430mあたりに平らなところが出てくる.ここが牛ヶ平.休憩をして馬ヶ背の急登に備える.

 踏み跡を利用して尾根を西へ西へと登って行く.標高620mで行者道と出会い,目の前が三石岳山頂(△676m)へ登るとりつきである.
ピークハンターではないが,せっかくだから,山頂に立ち寄る.このあたりから北西風が吹いてきて1枚,2枚の服では寒くなってくる.ライトダウンを着込み,さらにジャケットを羽織ると,なんのことはない,冬のフル装備となってしまった.風があり,曇ってきたからだろう.

 中尾坂分岐を経て元三大師堂前へ.この道はバイカオウレン畑である.昨年花があったところが崩れていて花がなくなったりしているが,それでも,健気にわれわれを迎えてくれた.

 いつものように元三大師堂前のベンチでランチとする.コンビニおにぎりとお茶,チョコレートブラウニーとコーヒー.

 曇り空となり,寒いが,時間的余裕があるので,今日は定光院に寄り,花を見せてもらうことにする.


 長い階段道を登って元三大師堂前に戻り,そこからは大宮谷林道に入る.三日前に来ているが,花に変化はあるだろうか.

 結論から言えば,三日前には小さく気がつかなかったのが大きくなっているのもあったし,ハナネコノメソウのようにそれほど変化がないのもあったということになる.

 長い長い林道をぶらぶらと降りて,比叡山高校横,日吉大社を経て駐車場に戻ってきた.坂本のサクラは蕾が膨らんできてはいるが,開花はまだ先のようであった.
 駐車場に到着し,片付けをして帰路に就く.スムーズに帰宅してアイスクリームと牛乳でうちあげ.お風呂の後はビールで乾杯.今日は,未踏の道も踏めたし,春の花も次々に見ることができて満足の一日だった.感謝感謝.




























16.[3月21日(月・春分の日)][曇り] 比叡山三塔巡り 大宮川観光駐車場→日吉大社→本坂→根本中堂→阿弥陀堂→大比叡→西塔・釈迦堂→峰道→横川→大宮谷林道→日吉大社→大宮川観光駐車場

アセビ 大比叡山頂 バイカオウレン ヤマネコノメソウ キブシ
 
 

 今日は横川のバイカオウレン鑑賞に出かけた.3月5日に出かけて3,4輪の花を見つけただけだったが,その後どうなったか,大いに興味のあるところである. いつも横川へは反時計回りで出かけているので,今日は,時計回りで出かけ,三塔を回ることにする.

 8時前に大宮川観光駐車場に到着.入山の儀式は日吉大社鳥居前の観光トイレですませる.

 本坂は花も何もなく,ひたすら登って行くだけである.亀塔前を経て延暦寺会館の横を登る.2月5日にに来たときには雪で滑りやすく慎重に登って行ったことを思い出す.

 一隅会館,根本中堂前を通って,阿弥陀堂からいよいよ急坂を登る.今日はもう雪はないので,登りやすい.しかし,風も出てきて寒くなってきた.2時間25分ぐらいで山頂に到着.いつもは2時間ぐらいで来れているのに,本日はこの時間.ユッキーの脚のこともあるし,仕方がない.

 次は西塔である.最近は浄土院経由ではなくて雲母越から西塔駐車場を経て釈迦堂へ行く道をとっている.釈迦堂からは峰道である.いよいよしっかりとバイカオウレンを見ていかねばならない.

 昼食をどこでとろうかといろいろ考えていたのだが,玉体杉のところでは人が多そうだし,もう少し先でと言ってせりあい地蔵の手前でとろうと思っていたら,向こうからヨネちゃんグループがこちらに向かって来られた.山休さん,しーちゃんご夫妻,Kさん.これから先バイカオウレンはてんこ盛りですよ,とヨネちゃん.通りがかりのハイカーに写真を撮ってもらう.なかなか面白い人だった.

 昼食がまだとのことなので,ここでわれわれ2人を含めて7人のランチタイムとなった.近況報告,花報告.お互い距離をとって話をしながら昼食.今日のわれわれはコンビニおにぎりとお茶,抹茶ケーキとコーヒー.

 みなさんは大宮谷林道から横川へ来られたので,ちょうどわれわれとは逆方向.われわれの来た方には花はありませんでしたと冷たい事実の報告を行う.逆にヨネちゃんたちからは大宮谷林道にヤマネコノメソウ以外めぼしい花はなかったと,これも厳しい現実のお返し.まあ,いい.てんこ盛りのバイカオウレンを見ることができさえすれば.

 目を皿のようにして大宮谷林道で花を探索します,とユッキーは高らかに宣言して,ここでお別れする.

 さて,これからは横川の駐車場までバイカオウレン畑.うまくは撮れないけれど何枚も何枚もシャッターを押し続ける.

 横川の駐車場からは登山者用の道にあがり,龍池の横に降りてきて,さらにバイカオウレン三昧.もういいだろうというぐらい写真を撮ってから大宮谷林道に入る.

 ヨネちゃんたちに宣言した手前,意地でも見つけてやるとの覚悟の下に探索した結果,ハナネコノメの蕾とヤマルリソウ2輪,イワナシ,キブシを見つけた.

 今日の天気は春のはじめというよりは晩冬のお天気.登りはじめこそ暖かかったが,日差しがなくなると冬の寒さとなった.服の調節もなかなかむつかしい.

 駐車場には3時半ぐらいに到着した.7時間40分ほどの山行.16.7km.

 帰宅して,いつものようにアイスクリームと牛乳でうちあげ.お風呂の後は山名酒造の「奥丹波・春霞」で鯛の刺身.もう春だ(さっき晩冬のお天気と言ったばかりなのに矛盾している!―すみません.ほろ酔いでいい気持ちになったもので.ご寛恕のほどを).






15.[3月16日(水)][晴れ] ポンポン山 森の案内所→竃ヶ谷→フクジュソウ保護地→西尾根→ポンポン山→東尾根→竃ヶ谷→森の案内所

アオイスミレ ヤマシロネコノメ フクジュソウ ヤマネコノメ セリバオウレン
 
 
 この道が雪で見えなかったのだ

・竃ヶ谷に入るには申請が必要です.フクジュソウ公開の期間中(今月20日で終了)は,保護地前のテントのところで申請が可能です.

・大原野森林公園の中では,火気厳禁です.これには喫煙も含まれています.


 ユッキーのリハビリ登山7回目.フクジュソウ鑑賞とポンポン山東尾根から竃ヶ谷に降りる道の確認に出かける.駐車場が9時から,フクジュソウ保護地の開門が10時からなので,余裕をもって家を出る.9時過ぎに駐車場に入ったら一番であった.今日は水曜日なので森の案内所も開けられている.入山の儀式をすませる.

 森の案内所を出て坂を下り,渡渉して竃ヶ谷に入る.

 遠くにウグイスの声が聞こえ,うららかな春の日差し.保護地の管理人の方の足跡か,一人の足跡があるだけで誰にも会わない.

 谷からフクジュソウ保護地へ向かうところで小休憩.甘納豆を食べ,水分を補給する.

 保護地の門の前のテントに到着.管理の方がお二人おられて申請書に名前等を記入しながら,花の状況を伺う.フクジュソウは大多数が二番花であるが,少しだけ一番花も残っているという話.われわれは今シーズン3回目の訪問となる.係の人の話によると,今期,寒さの故に開花が遅れたので,三番花までいけるかどうか,疑問だというお話だった.

 フクジュソウを堪能して,西尾根にあがる.ここからポンポン山へ進む.どこで食事をしようかという思案しつつ登って行く.リョウブの丘でベンチがあいていたら,そこでしよう,もし一杯だったら山頂まで行こうということになった.

 リョウブの丘では,5人の方が休んでおられたので,ここはひとまずパス.お腹が空いてきているので山頂への登りはややきつい.なんとか早くお昼にということで頑張る.

 山頂についてみたら,10人ぐらいの人がおられたが,食事をすませた方が立って行かれるので,それほど密ではない.あいたベンチに座って,昼食.コンビニおにぎりとお茶,自家製抹茶ケーキとコーヒー.

 食事をすませれば,出発.杉谷方面への道に入る.しばらくすると,東尾根への分岐となる.ここからは北東の方向.P619の手前でケヤキ谷分岐となる.

 ここで左に折れる.最初はいい道で左の谷を見ながら斜面を進む.はっきりした道がやがて細い道となる.そう,積雪のあったときにここへ来て斜面の道が不分明となり,安全を考えて右手の尾根によじ登って進んだのだ.やがて左に降りなければならないとは分かっていたが,道らしきものは雪に覆われて見えないので大岩のはるか上に進んでしまったというわけ.

 ケヤキ坂を無雪期に2回登った経験はあったが,雪のあるときに下ったことはなかった.やはり無雪期に降りを経験しておくべきであった.

 謎がとけてやれやれ.あとは竃ヶ谷を北西方向に進み,森の案内所に帰ってきた.

 今日は一日いいお天気で,シャツは2枚か1枚でよく,暑くもなく,寒くもなく快適な気温の中での山行であった.

 15時前に車に到着し,靴を代えて出発.16時前に帰宅できた.

 のどかな贅沢な時間だった.いよいよ花の季節に突入.忙しくなる.ここには出していないが,ミヤマカタバミ一輪とヤマルリソウも見ることができた.

 お風呂のあとはビールで乾杯.お疲れさまでした.

 


14.[3月13日(日)][曇り] 音羽山 大谷駅→音羽山→四宮駅

大谷駅で ここから登って行きます 珍しい形の堰堤 比叡山,比良山系 八大竜王
 
 

 ユッキーのリハビリ登山6回目.今日はJOEさんの案内で,音羽山へバリルートで登り,バリルートで降りる.

 京阪京津線大谷駅で落ち合い,入山の儀式をすませて東へ進む.一般的な道は尾根道の東海自然歩道を進む道だが,われわれは東海自然歩道を進まず,さらに東の谷道を進む.これが水車谷と呼ばれるものかどうかは検討が必要.

 堰堤のための林道が続いている.大きな珍しい形の堰堤横を過ぎ,さらに林道を進む.標高250mあたりで谷は二股になっていて,左の谷を進む(右の谷も地図には破線の道が載っているが,JOEさんによると途中で道が崩れて分からなくなっているそうだ).標高280mでいよいよ斜面を登り,谷から離れる.この道全体が関電巡視路になっている.2枚着ていた服も,1枚脱ぐにいたる.汗がにじみ出て暑い.しかし,JOEさんは涼しい顔.おそらく体の鍛え方が違うのだろう.

 「いよいよこれから登りです」とJOEさんに励まされ,斜面を登っていく.標高350mで尾根にのったことになる.しばらくして電線鉄塔のところで休憩.ヴュースポットがいくつかあるが,比叡山から蓬莱のあたりまで見渡せるが,今日は黄砂のゆえか,霞んでいてくっきりとは見えない.

 以後,急坂はなく,ゆったりと南西方向に進み,標高490mあたりで東海自然歩道と合流する.次は標高570mでこの前われわれが歩いたJR大津駅からの道と合流する.ここまで来れば,山頂(593m)までは近い.

 8時20分ぐらいから歩き始めて2時間少しで山頂に到着した.少し早いが楽しい昼食の時間.今日は京阪三条のSで買ってきたパン二つと自家製のチョコレートブラウニー.JOEさんは目の前でワンタン野菜スープを作っていただき頂戴する.それとノンアルビールも.30分少しゆっくりして出発することにする.

 今日は八大竜王コースだが,これ以外の西尾根コースや西南尾根コースのレクチャーをJOEさんから受ける.出発しようと思ったら,JOEさんは別のハイカーから道を聞かれて丁寧に説明されていた.JOEさんは音羽山への道はそのすべてを踏破しておられる,音羽山の公認ガイド(そんなものはないんですが)である.

 山頂から植林の急な谷筋を降っていく.途中,八大竜王の社があり,お参りして写真を撮る.立派なお社で,こんなところによく建てられたものだ.

 ロープが付けられていて,それを支えにして100mほど一気に降る.

 そこから左に折れて別の谷に入る.ここは川の側道を西へ西へと進む.三年前の台風による倒木が折り重なっているところが何ヶ所かあるが,くぐったり,またいだり,迂回したりして山科音羽川の支流沿いに降り,やがて牛尾観音からの道と合流する.こうなると,住宅地に入り,前回われわれは京津線の追分駅へ向かったが,少し距離は長くなるが,今日はJOEさんのガイドよろしく(ここはJOEさんの地元ですから)四宮駅へ向かった.駅の手前でJOEさんと別れる.駅に着いたらタイミングよく京阪三条行きの電車が入ってきたので,乗り込んで,三条まで,そしてそこから丹波橋まで.3時には帰宅できた.

 写真の整理を夕食前にしていたら,なんと,私のピーク写真が写っていない.三角点でポーズをとったのに,シャッターが最後までおされていなかったのだ.ああ!今日ユッキーはボウシを持ってくるのを忘れていたので私のボウシを貸したのだが,ここでまたミス.ミスは重なるものである.

 お風呂のあとはビールで乾杯.ご苦労様でした.それから,JOEさん,花粉症でお辛い中,ご案内いただきましてありがとうございました.この場を借りてお礼申し上げます.











13.[3月9日(水)][曇りときどき晴れ] 雪の八雲ヶ原 暮雪山多目的保安林駐車場8:20→大山口→正面谷→金糞峠→奧ノ深谷→12:30八雲ヶ原13:15→北比良峠→ダケ道→大山口→15:50暮雪山多目的保安林駐車場

駐車場 アオガレ 金糞峠へ 奧の深谷 奧の深谷
 
 

 ユッキーのリハビリ登山5回目.少しずつ距離を延ばしている.今日は八雲ヶ原へ行くことに決めた.伏見の天気予報は晴れで申し分なかったのだが,比良のほうではそれほどでもなかった.黄砂・PM2.5の影響もあるかもしれないが,青空とはいかずかすみがかかっていた.われわれは行けなかったが,おそらく,武奈ヶ岳の頂上も武奈ブルーとはいかなかったであろう.

 JR志賀駅に立ち寄り,食料を調達し,入山の儀式も行う.ユッキーにとっては久しぶりの比良である.出合橋近くに2台ほど車が駐まっており,さらに別荘の上のところにも1台駐まっていたが,駐車場では4台駐まっているだけであった.平日のことでもあるし,こんなものだろう.

 冬の装備としてワカンとアイゼンをザックに着け出発.3枚着込んだ服も大山口で1枚脱ぐ.歩き始めるとやはり暑い.このあたりまでは雪なし.ここから雪が道に積もっているが,ユッキー曰く,「アイゼン着けると足が重くなるし」ということで,しばらくアイゼンは我慢.ヒップそりで降りてきた連中の跡がツルツルになっていてノーアイゼンではやや慎重を要する.登山道でないところを降りてくれればいいのにとユッキーは嘆息.

 アオガレ下までやってきた.いつもよりは時間がかかっている.ここで10本爪アイゼンを装着.結局,アイゼンは下山の大山口近くまで着けっぱなしであった.

 アオガレはストックとアイゼンなしでは登れないほどに急でツルツルの斜面になっている.ここで滑落すれば大変なことになるので,慎重に一歩一歩足を踏み出していった.時間がかかるのも致し方ない.1ヶ月前よりもさらに雪が積もっている気がする.

 金糞峠直下も雪の壁のようになっていて斜度はかなりある.ピッケルがあればというほどの斜面になっていた.

 ようやく金糞峠に着く.ここまで3人のハイカーに追い抜かれた.出会った人はこの3人だけ.雪の状態によってはあわよくばコヤマノ岳までとも思っていたが,こんなに時間がかかるのではということで,即座にあきらめ,奧の深谷で八雲ヶ原まで行くことにする.

 しかし,ここはここで問題がある.何回もの渡渉を行わなければならないからである.いつもの橋は使えないし,沢の両側には雪の壁がある.縦走路で北比良峠までとも思ったが,奧の深谷にワカンのトレイスがあることに気づいた.

 最初の橋は部分的に雪が取り除かれていて,こわごわ渡る.そこからワカンのトレイス(これしかない)の恩恵をこうむりながら進んでいく.途中で引き返した形跡はない.

 沢沿いの道は雪がしまっていて,あまりズボ足になることもなく進むことができた.橋のところは軒並み雪に覆われていた.先行ワカンは,渡渉の場所を探しながら見事に渡りやすいところで渡渉していた.橋を使うことなく,沢に降りて渡渉してまた向こう岸に上がる.感謝感謝である.JR小屋の前には橋が2つほどあるが,ここではJR小屋の前をとおらず,三角形の斜辺で2つの橋を渡らずに渡渉していく.このコース取りはトレイス作成者がヴェテランで奧の深谷をよく知っている方に違いないという推測を可能にさせた.P.S. あとのメールのやりとりで分かったのだが,このトレイスは前日アイちゃんがつけられたものだった.やっぱりさすがとしか言いようがない.そうじゃないかということもトレイスを辿っているときに考えていたのだが.

 八雲ヶ原の湿原,池も完全に雪に覆われていた.こんな光景を見たのは何年ぶりだろう.さて,食事はいつもの石テーブルでと思っていたら,石テーブルも完全に雪に覆われていたので,近くのテントを張った跡と覚しきところで昼食をとることにした.今日はいつものチーズと豆のパンをやめて代わりにカスクートにしたが,これもなかなかおいしかった.もう一つはブルーベリージャムとチーズのパン.これだけでお腹が一杯になったが,せっかくもってきたからと自家製抹茶ケーキをデザートとした.

 さて,30分以上ここでゆっくりして出発.いつものクマさん道をゆっくりと.えぐれ道に雪が積もっていてそれなりに登って行くことができるが,リフト駅舎跡に近づくと右の斜面から大きく左にそれて道が付けられている.これを登るのがしんどいことであった.

 以後,ダケ道を降るのだが,2箇所ほどは冬道が付けられていて,いつもよりはやや遠回りになる.あとは延々と雪の道を滑らないように気をつけながらアイゼンをきかして降っていった.

 16時前に車について,16時ジャストで出発し,帰路についた.お風呂のあとは,昨日から煮込んであるおでんでビール.ご苦労さんでした.昼食休憩も含めて7時間半の山行だった.


12.[3月5日(土)][晴れ] 比叡山横川に春を探る  大宮川観光駐車場→日吉大社→神宮寺道→行者道→三石岳→横川中堂→元三大師堂→大宮谷林道→日吉大社→大宮川観光駐車場

日吉大社・奥宮 三石岳 バイカオウレン イワナシの蕾 元三大師堂
 
 ハナネコノメの蕾

 ユッキーのリハビリ登山4回目.少しずつ距離を延ばしている.今日は比叡山横川の春の進み具合を探るをテーマとした.

 いつものように,名神,西大津バイパス滋賀里ランプで降りる.湖西道路の坂本まで行かなくてすむので渋滞は免れる.大宮川観光駐車場(無料)に入り,車を駐めて準備する.軽アイゼンをもってきたけれど,車の中に置いておく.

 駐車場で入山の儀式をすませ,東本宮への近道に入る.受付で入苑協賛金300円を払って中に入り,三宮・牛尾宮へと進む.この最初の階段の段差が大きくつらいところ.さらに急坂で三宮・牛尾宮へと登って行く.奥宮まであがらず,その下から神宮寺道に入る.ここには標識あり.

 八王子山への分岐,神宮寺山への分岐等あるが,北西の方向に進んでいく.大宮谷へ降りる分岐のナリアイで休憩する.ここからは北へ方向を転じ,尾根道を登っていく.行者道の林道に出会い,北上すると,標高640m地点で南へ転じ,三石岳頂上(676.6m)に達する.林道から頂上までの間に鹿の糞が数多くある.北山を追われた鹿が比叡山に集結しているとの話もあるが,それを思わせるほどに至る所に鹿の糞である.鹿が多いと言うことはヤマヒルの季節にはヒルも多いと言うことを意味しているし,これはその季節には注意をしなければならない.そう言えば,昨年3月29日に大宮谷林道でヒルにやられる事件があった.

 春のような陽気で暖かく,登りはじめは3枚着ていたが,1枚脱ぐことになる.ピーク写真のあとは反転してまた北へ北へと進む.次第に風が強くなり,寒くなってきて1枚羽織ることになる.

 延暦寺の境内に入って,バイカオウレンを探すが,花はまだない.それどころか,出ている葉の数がどうも少ないような気がする.雪とともに斜面が崩れて流されたようなところも見える.小さな蕾を少し見つけただけで横川中堂前に来る.ところどころに雪が残っているし,横川はまだ冬という感じである.中堂の横の階段を降りていつもバイカオウレンを見ているところでも花はおろか葉も少なくなったような気がする.がっかりして元三大師堂の前に来た.定光院へ行って花を見せてもらおうかと思っていたのだが,こんな調子では開花はまだまだ先であろうということで,行くことはやめて,いつものように,元三大師堂前のベンチで昼食とする.

 コンビニおにぎりとお茶,自家製抹茶ケーキとコーヒー.

 昼食後,来た道を戻りかけたら横川中堂の裏のところで,ついにバイカオウレンを発見した.嬉しい,これだけでも来た甲斐があったというものだ.3つ,4つの花に何回もシャッターを押した.全体としてはバイカオウレンの開花にはあと10日ほどかかるような気がする.

 大して期待もせずに大宮谷林道を降る.やっぱり,開花している花はなく,蕾を確認するに留まった.イワナシ,ハナネコノメなどである.こちらはバイカオウレンよりもさらに多くの日数を必要とするだろう.

 駐車場に着いて急いで後片付けをする.出発が8時37分で,車に辿り着いたのは15時2分だった.計6時間25分の歩き.渋滞もなく,途中で買い物をして帰宅.お風呂の後は,あんこう鍋と酢味噌和えのホタルイカ.これが日本酒によく合った.山名酒造「奥丹波・山廃仕込み」.辛口のお酒.

 比叡山横川はまだ冬だった.これが今日の結論.