2022年2月の山歩き

2022年 1月

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


11.[2月26日(土)][晴れ] 蛇谷ヶ峰 朽木スキー場駐車場→さわらび草原登山口→蛇谷ヶ峰(901.5m)→さわらび草原登山口→朽木スキー場駐車場

さわらび草原登山口へ さわらび草原登山口 蛇谷ヶ峰山頂が見えた 最後の登り 白蛇
 

 ユッキーのリハビリ登山3回目.1ヶ月ぶりの蛇谷ヶ峰である.今日は青空のもと,スノーシューハイクとなる.

 駐車場は9時からだと高をくくって出かけたら,やっぱりいろいろと不都合が起きてしまった.遅く出たのとは関係ないが,まず名神にのったところ,落下物ありということで渋滞.京都東インターで降りて西大津バイパスに向かおうとしたところ,信号待ちの車がずらっと並び,料金所を出るのがやっとの思い.建築関係の仕事の車とお天気がよいので遊びの車とが長い列になっている.まあ,こちらも遊びに出かけるのだから仕方がない.好天の5月の連休のときのような混み具合.やっと抜け出たと思ったら,今度は坂本のところで湖西道路が渋滞.湖西道路を堅田で降りてやっと渋滞から脱出できた.

 道路上に雪はなく,すいすいと進む.坊村通過が9時過ぎ.センターの駐車場は車で一杯.

 両側の道ばたには除雪された雪が積み上げられているが,道それ自体には雪はない.朽木新本陣を経て,橋を渡り,スキー場の道への入り口に着く.ここからは曲がりくねった山道を粛々と進んでいく.

 スリップもなく,駐車料を払って駐車場に車を入れる.すでにたくさんの車が来ている.10じ過ぎだ.

 ゲイターを着け,念のためアイゼンをザックに入れて,スノーシューを小脇に抱えて出発.入山の儀式をすませる.ほぼ1ヶ月ぶりとなる蛇谷ヶ峰.前回よりは雪が少し多くなっている.

 一組の男女のペアーと男性一人が先行する.われわれはその後をついていく.しかし,標高510mを過ぎたあたりから先行者は無雪期の登山道を離れてどんどん南に進んでいく.どうやら先日のスキーヤ-のトレイスを辿っているようである.

 これはよくないなあと思ったけれど,かといって,90cmの積雪(スキー場発表による)のトレイスなしのところをラッセルするのも躊躇われる.結局,先行者のあとをついていくことにした.標高550mのところに来て,そこからは西へまっすぐ直登である.ようやく600mのところで登山道と合流した.もっとも,こんなに積雪が多いと,標識も雪に埋もれてしまっている.GPSでかろうじて現在地が分かり,登山道にのっていることが確認できるわけである.

 あとはジグを切りながら尾根を進んでいく.やがて右手に見える尾根が近づいてきて合流する.まだまだ先は遠い.スノーシューで快適に登って行く.817mの平になったところで休憩する.ここからはスキー場の最上部へ続いている東尾根である.

 やがて前方に蛇谷ヶ峰の山頂が見え,われわれを奮い立たせてくれる.ユッキーはやはり脚に痛みを覚え,不安を抱き始める.こちらは,ここまで来たんだし,こんな晴天の山頂はそうそう見られないから,ゆっくりでもいいから進もうと励ます.

 こうして,2時間40分ほどでようやく山頂に到達した.40分ほど山頂で昼食(コンビニおにぎりと持参のブラウニー)と景色(360度のパノラマヴュー)を楽しんだのち,2時間ほどで下山した.降りはなるべく無雪期の登山道を歩こうと試み,トレイスのないところにも入って,スノーシューハイクを楽しんだ.

 帰りは比較的スムーズに鯖街道,湖西道路,西大津バイパス,名神で帰宅した.お風呂の後は愚息のお土産の純米吟醸「若みずき」(上総国,千葉県君津市の森酒造店)でうちあげ.淡麗なお酒.

 ユッキーのリハビリはステップ・バイ・ステップ.少しずつレヴェルをあげている.少しは比良が近づいたか.


10.[2月21日(月)][曇りときどき晴れ] ポンポン山で福寿草鑑賞(2) 森の案内所→竃ヶ谷→福寿草保護区→西尾根→ポンポン山→杉谷分岐→東尾根→ケヤキ谷→竃ヶ谷→森の案内所

         
森の案内所へ 竃ヶ谷へ 竃ヶ谷 福寿草 アーモンドビスコッティ
 
 

 ユッキーのリハビリ登山2回目である.今日は陽が差して福寿草を見ることができれば,ポンポン山,一方,お天気が悪くて福寿草などとんでもないという場合には,比叡山と考えていたのだが,天気予報はほとんどみな曇りの予想で,これではポンポン山へ行くのはよそう(洒落です!)となるなか,伏見はいいお天気.一か八か行ってみようということになって,またしても新名神高槻インターまで車を走らせることになった.

 伏見でも昨晩ほんのすこしだけ雪が降ったが,高槻インターから山へ入るに従って雪が見られるようになる.

 変電所を過ぎるあたりから日陰の道路は雪が残り,圧雪されて少し滑りそうなところも出てくる.慎重に車を進める.

 9時を少し過ぎたところで森の案内所の入り口に着く.われわれのすぐ前に一台の車あり.われわれはその後を追って森の案内所に入り,駐車場に車を駐める(福寿草の期間中は曜日にかかわらず駐車場利用可能).

 積雪1~2cm程度.森の案内所で入山の儀式を行う.今日は月曜日なので森の案内所は閉まっている.

 靴はざくざくと音を立てながら,竃が谷に入る.3人ほどの先行者あり,これは以前鈴鹿霊仙で見た雪とコラボの福寿草が見られるかもと期待を膨らませる.

 渡渉を繰り返しながらゆるやかに沢沿いに登って行く.1~2cmの積雪で冬の雪景色となっている.ユッキーの脚の調子もまあまあで福寿草保護区の下のところまでやってきた.ここで甘納豆を食べ,これからの急登に備える.

 斜面の途中のところに届けを出す管理テントがある.前回から4日経過している.開花数も増え,大きくなっているだろう,そう思って中へ入らせてもらった.

 雪とのコラボを狙っていたが,これはだめだった.開花数が少なかった斜面は雪で覆われ,福寿草の姿は見えず.一方,日当たりがよくて前回も咲いていたところでは,雪がすっかり溶けてしまっていた.なかなかうまくいかないものである.ただ,より大きくなった福寿草を写真におさめることができた.

 鑑賞を終えて西尾根にあがると,風当たりが強くなり,寒くなってきた.尾根ではとても昼食をとることができない.今日はリハビリ登山2回目なので距離を延したいと考え,ポンポン山に向かう.P580からリョウブの丘を過ぎてポンポン山まではけっこう距離がある.お腹も空くが我慢の行軍である.

 山頂に着いたら誰もいない(こんなお天気のときに来る人なんかいませんで.―はい,ごもっとも).すぐに南へ進む.

 杉谷方向に曲がり,やっとの思いで東尾根分岐に到着.11時56分.お昼の時間だがこんなところでお昼にはできない.東尾根を北へと進む.P619の手前で四つ辻に来る.ここから右へ行けばハンノキ谷で東海自然歩道に降りられる(この道は以前1回だけ降りたことがある).今日は車のこともあるので,ケヤキ谷を降りることにした.

 ここからが冒険の始まりだ.竃ヶ谷からこの道を使って東尾根に登ったのが2回過去にある.しかし,降りるのは今日がはじめて.標高で50mほど降るまでは,落ち葉と雪に覆われているものの,比較的いい道が続いている.しかし,突如として沢沿いの道が見えなくなってしまった.無理矢理沢に降りていくにはやや角度が急である.仕方がないので少し登って回り道をして沢沿いの斜面の道を見つけようとした.これがなかなか見つからない.木に捕まってずるずる斜面を降りて,記憶にある大岩近くの道を見つけようとする.後日のために写真を撮ればいいのだが,そんな余裕はこちらにはない.ズボンのお尻をドロドロにしながら,なんとか本来の道を見つけることができた.落ち葉と雪で踏み跡が隠されているときはやはり要注意である.

 ようやく大岩を見つけ,道を見つけ,少し広くなっているNo33の標識のところに出てきた.もう13時を少し回っている.谷の中なので風は遮られていてここならお昼を食べることができる.コンビニおにぎりとお茶,自家製アーモンドビスコッティ(私が先週の料理教室でつくってきたもの)とコーヒー.40分近くゆっくりして出発.

 10分ほどで竃ヶ谷に出る.あとは今朝来た道をそのまま戻るだけである.朝は9時台で雪が残っていたが,14時台になると,陽の差すところでは雪は溶けていた.

 森の案内所に14時35分に着き,トイレをお借りして車のところに戻った.

 帰りの道で今朝方凍っていたところもすべて溶けて不安なしに通ることができた.前回は谷川きのこ園で椎茸を買って帰ったが,今日はパスして,新名神高槻で高速に乗り,名神京都南で降りて帰宅した.

 帰った後は暖房を付けてアイスクリームとホットミルクでうちあげ.お風呂の後は山名酒造の「奥丹波・早春賦」.青リンゴを思わせるようなフルーティーなお酒.

 ユッキーの脚は,やはり痛みは出るものの,今日は少し距離を延ばし,さらに,大冒険も行った.比良に行けるようになるのはいつの日か?








9.[2月16日(水)][晴れ時々曇り] ポンポン山で福寿草鑑賞 森の案内所→竃ヶ谷→福寿草保護区→西尾根→森の案内所

         
昨年末に買った冬用ザック(40L) 竃ヶ谷へ オオキツネノカミソリの芽 福寿草 ヤマネコノメソウ
 

 山友のお二人(しーちゃんと山休さん)がそれぞれ土曜日,月曜日にポンポン山の福寿草保護区に出かけられた.ユッキーのリハビリ登山としては車で行けば舗装道路を歩くこともないからちょうどいいのではないかと考えたが,天気予報を見れば,曇りと出ている.太陽が出なければ開花しないし,このプランは諦めて,比叡山に本坂で上がり,延暦寺前の一隅会館の鶴喜そばを食べて,ケーブルで降りようかということにした.

 が,しかし,朝,家の物干し場からわずかに見える小塩山のほうに目をやると,なんと,太陽が当たっていてわれわれを誘ってくれているではないか.これはやっぱり福寿草だ.

 ということで,月曜日の山休さんと全く同じように,行き先を比叡山からポンポン山に変更した.途中コンビニでおにぎりを買い,名神,新名神で高槻で降り,通い慣れた森の案内所への道を急いだ.

 今日は駐車場が開いているので中まで入らせてもらい車を駐めた.われわれより先には1台だけ駐まっていた.準備をして車を離れ,森の案内所にあがる.竃ヶ谷へ入る申請を行おうとしたところ,福寿草の保護区のテントのところでやってくださいということだったので,入山の儀式をすませてから,谷に入らせてもらう.

 谷を歩いていると,ときおり,雪のようなものがちらつくし,さらに,雲が空を覆ってきて太陽を隠してしまうこともある.

 これはまずい.福寿草を見に来たのに,これでは,と思いつつ,福寿草保護区へ谷から上がる急登にさしかかったところ,太陽が顔を出して明るい展望をわれわれにもたらしてくれたのである.

 いよいよ一年ぶりの福寿草である.昨年は早く開花したが,今年は昨年よりは少し遅い.管理のテントの前で申請書に書き込み,中へ入らせてもらう.今日出会った二人目の人と話をしながら福寿草を見て回る.大阪から来た人で本山寺の駐車場に車を駐めてこられたそうだ.

 福寿草を見終わりあがったところがP580m.頬に当たる風は少し冷たいが,太陽が出ているので我慢できないことはない.

 はじめは森の案内所まで行ってから昼食ということも考えたのだが,風が避けられるところではそれほど寒くないし,それになにより,お腹が空いてきたので,ツツジの丘で昼食とすることにした.コンビニおにぎりとお茶,自家製ブラウニーとコーヒー.

 脚のことを考えゆっくりと森の案内所へ向かう.われわれの目的を達成できたのを見届けたかのように,次第に雲が多くなり,風は強くなる.こちらは安全に森の案内所まで進むだけである.途中,女性の親子らしい二人とトレイルランナー一人に会うだけであった.今日出会ったハイカーは全部で5人.

 森の案内所に到着したら,中で休憩することもなく,すぐに車のところに戻った.3時間20分の山歩きであった.4.7km.

 帰りも新名神高槻から名神京都南までのり,帰宅した.

 帰宅してアイスクリームと牛乳でうちあげ.お風呂の後は焼酎でうちあげ.ユッキーは少し痛みはあるが,ともかくも,山道を歩くことができた.感謝感謝.一昨日整形外科のクリニックに出かけ,理学療法士のリハビリを受けた.これからしばらく通うことになりそうである.皆様にご心配をおかけして申し訳ありません.少しずつ前進していきたいと思っています.


 お天気に恵まれ,福寿草の一番花を楽しむことができた.ラッキーであった.竃が谷に入るのには届けが必要であることを再度ここで申し上げておきます.








8.[2月12日(土)][晴れ] 1ヶ月ぶりの武奈ヶ岳(220回目) 暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道(コヤマノ岳南陵)→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

         
駐車場のテント アオガレ 金糞峠まであと少し コヤマノクラウン 伊吹山(ズーム)
 
↑photo= Chさん提供
 
 

 今日はお天気が最高のようだ.これは武奈ヶ岳に行かねばなるまい.ところが,ユッキーの脚がこの前の山行から思わしくない.一人で行くのは気が引けるのだが,ユッキーからありがたい許可が下りたので,出かけることにした.

 土曜日はいつもそうなのだが,仕事の車と遊びに行く車があって,湖西道路は坂本を過ぎたあたりで渋滞する.今日もその例に漏れなかった.早く駐車地に着きたいので6時50分頃に出発したが,結局それほど早くは着けなかった.JR志賀駅前で食料を調達し,ユッキーへのお土産も買い,入山の儀式もすませてイン谷口に向かった.

 雪があって好天とくれば,ハイカーの車は多い.湖西道路を降りてイン谷口に向かっていたところ,前の車がChさんの車.出合橋のスペースはすでに一杯.そこでさらに上へと進む.Chさんは,別荘下のところに1台のスペースを見つけてそこに入れられた.私は,さらに上に行ってトイレ下のスペースにかろうじて車を滑り込ませた.

 Chさんが上がってこられないので,先に出発する.駐車場にはキャンプが4張りほど見える.連休狙いか.服は3枚きていたのだが暑くなり,大山口に着いたところで1枚になる.ついでにアイゼンもつける.Chさんも追いついてこられ,しばらくご一緒するが,こちらの亀ペースでは気の毒に思い,アオガレのところで先に行ってもらう.Chさんと私は同学年で,私の方が4ヶ月ほど誕生日が先なだけなのだが,その脚力たるや恐るべし.ずんずんと先に行かれる.

 金糞峠にやっと着いたと思ったら,Chさんは私を待ってくださっていた.ここからまたChさんが先頭でペースメーカーとなるが,私のほうはなかなかついて行けない.随所で待たせてしまう結果となった.

 ヨキトウゲ谷へと渡渉を行うが,小橋が雪に埋もれていて,渡るのには緊張を伴う.四つ辻へとあがる小橋は,なかでも,高さがそこそこあるので一番緊張した.ときにここは小橋を使わず沢に降りて登り返すこともあるが,今日は雪が両側にたっぷりあるので,ここは登り返すのに一苦労しそうである.仕方ない.慎重に雪の凍り付いた小橋を一歩一歩進んで渡渉した.

 渡渉したら今度は目の前の斜面を登らなければ四つ辻につかない.ジグは切ってあるが,ここも一歩一歩登って行った.滑れば滑落ということにもなるので,慎重に進んだ.

 四つ辻に着けばあとは我慢の登り.葉を落とした木々の間から,シャクシコバノ頭や,伊吹山,堂満岳に打見・蓬莱山が見える.そして,コヤマノクラウンが見えてきたらこの南陵登りも終わりを告げる.残念なことに木々の雪は全部落ちていて,樹氷は見られない.

 コヤマノ岳山頂で鈴鹿の霊仙や藤原岳,伊吹山に御嶽山,白山,能郷白山がすべて見える.まさにブナブルーの日である.

 感激しながら,ブナ林を降りてコルに至り,武奈ヶ岳を写真に収め,最後の登りに向かう.

 さすが好天の連休の中日.驚くほど大勢のハイカーが見られた.4時間をわずかに切って山頂に到着.ピーク写真のあとは,昼食.幸い風がなく,春のような陽気である.Chさんと相談して密なる山頂を避けて 西南稜分岐近くで雪を固めてお昼にする.今日はパンとお茶,コーヒー.

 50分ほど山頂近くにいて,Chさんとお喋りしながら,のんびりと過ごす.ユッキーにメールをいれるが,電波状態がもうひとつよくない.

 さて,降りは,Chさんはコヤマノ岳東陵を降りたいとのご希望であったが,私はパノラマコースで降りたいと思っていたので,分岐でお別れする.

 あとは一人旅.まずはアイゼンからワカンに履き替え,冬道でパノラマコースから八雲ヶ原へ.いつもと変わらぬ時間で八雲ヶ原に降り立った.

 そのあとはクマさん道で北比良峠に.ここの脚ツリ坂で,両脚の大腿四頭筋がツル.急いで,ツムラの例の薬を飲む.不思議なことにこれがよく効く.こうしてヨレヨレで北比良峠に到着.ここで,ワカンからアイゼンに履き替える.雪のあるときは,この履き替えで時間をとられる.

 北比良峠から最後の登りのところも冬道でトレイスあり.ダケ道でこんなに雪があるところを通るのも久しぶりだ.アイゼンはカモシカ台をすぎて大山口のすぐ近くまで必要だった.上の方では50から60cm,下の方でも30cmは積雪があり,道の端には足を突っ込んだ穴がときおり見られた.北比良峠からノンストップで大山口まで歩いた.もっともスピードは亀脚であったが.

 大山口に着いてアイゼンを外し,洗おうかと思っていたら,正面谷からChさんが降りてこられた.コヤマノ岳東陵下りはときおり道を迷い,試行錯誤で降りてきたので時間がかかったということだった.

 こうしてまた二人になり,駐車地に辿り着いた.車のところで無事下山できた報告を電話で行う.そのとき,KGYさんがお友達と降りてこられた.1月にコヤマノ岳東陵降りをご一緒して以来である.山頂でわれわれが来ていないか,探されたそうであるが,すれ違いだったようである.今日はKGYさんは武奈ヶ岳東陵を降りられたとか.さすが長野山岳会のメンバー.

 湖西道路はやはり混んでいたので迂回路を通って名神で帰宅した.

 ユッキーはローストビーフを作って待っていてくれた.一緒に行けなくて残念であった.お土産を渡して,お風呂の後,ビールで乾杯.

 Chさん,亀脚にお付き合い頂きましてありがとうございました.コヤマノ岳南陵をお話ししながら登れたので,いつもの退屈さは全く感じられず,知らない間にコヤマノクラウンが見えてきたという感じでした.

 さて,ユッキーの脚の様子を見ながら,今後の山行の計画を立てねばならない.一日も早い回復を願いたい.


7.[2月5日(土)][曇り] 大比叡 大宮川観光駐車場→日吉神社→大宮谷林道→悲田谷→本坂→延暦寺→阿弥陀堂→大比叡→阿弥陀堂→一隅会館→本坂→日吉神社→大宮川観光駐車場

         
大宮谷林道入り口 悲田谷入り口 本坂との合流点 延暦寺会館の横の冬の難所 大比叡に 

 滋賀県の北の方は雪で大荒れの様子である.ユッキーの脚の調子も万全ではないので,ここは「困ったときの比叡山」.

 密を避けて今日も車で出かける.土曜日ということもあり,仕事の車が8時を過ぎると多いが,そこそこの時間で大宮川観光駐車場に到着した.家から30分ぐらい.今日は6本爪アイゼンをザックに入れていく.これが大いに役に立った.

 日吉大社近くの観光トイレで入山の儀式を行い,比叡山高校の横の階段道に進む.比叡山高校の運動部(聞いたらサッカー部とのこと)が60人ぐらい階段のところから挨拶をしてくれる.迫力満点.

 階段を上がると本坂と大宮谷林道の分岐となる.今日は大宮谷林道を進んで悲田谷から上がる予定なので,分岐を右にとる.右下に大宮川を見ながらゆるやかな坂を登っていく.対岸に衣掛岩を見ながら(そう言えば,スズメバチの巣は風のせいか落ちていた),標高340mぐらいで川は北に進むが,われわれは90度南に曲がって悲田谷に入る.

 悲田谷に入ったところでは雪はなかったが,本坂との合流点に近づくと,日陰に雪が残っていた.

 本坂に入ると,次々とハイカーが登ってくるのに出会う.比叡山はやはり人気の山なのだ.亀堂を越えると登山道に雪が残っていて,圧雪されてツルツルになっている.アイゼンをつけようかと思ったが,面倒なのでつけずに慎重に我慢の登り.上に行くにつれ風が強く当たるようになる.

 11時ごろに一隅会館の前を通る.山頂の三角点を踏みたいので,先に山頂へと進む.まずは阿弥陀堂に来て,アイゼンをつける.ここから山頂までアイゼンなしでは登れない状態に雪が凍っていた.アイゼンを付けるとガシガシといい音がして,爪がよく効く.冷たい風は強く,粉雪もちらちらしてくる.比良では多分かなりの雪になっているだろう.

 山頂に近づけばテレビの電波塔のところで,あちこちでハイカーたちが昼食をとっておられる.

 ピーク写真のあと,すぐに下山.延暦寺前の一隅会館へ急ぐ.お昼だお昼だ.

 元来た道を軽快に下っていく.阿弥陀堂まで降りてきてアイゼンをはずす.一隅会館でテーブルをお借りして昼食とする.ここの鶴喜そばでお昼とも考えたのだが,ひょっとしてコロナの関係でお休みかもしれないと考え,コンビニでおにぎりを買ってきていた(ここの鶴喜そばの店はお休みではなかった.残念).延暦寺にかかわるヴィデオを見ながら,ストーブであったかいところでゆっくりと昼食をとった.コンビニおにぎりとお茶.自家製抹茶ケーキとコーヒー.

 さて,下山である.まっすぐ本坂を降ることにしたが,延暦寺会館の横の急斜面だけが難である.ここで再び軽アイゼンをつける.たとえ軽アイゼン6本爪といえ,効力は抜群.安心して降ることができた.亀堂の手前でアイゼンをはずす.もう雪の心配はない.淡々と降る.ただユッキーの膝の下の筋肉が悲鳴を上げ始めた.ゆっくりと降る.

 日吉大社の鳥居のところに降り立ち,駐車場に向かう.簡単に後片付けをして車に乗り込み,帰宅の途に向かった.30分ほどで帰宅.猫にお留守番のお駄賃を与え,洗濯物を取り入れ,アイスクリーム,牛乳でうちあげ.夕食時のうちあげは,愚息差し入れの藤岡酒造の 「蒼空」(こうじましまし).麹の香り高い濁り酒であった.

 
今日は雪と6本爪アイゼンを楽しむことができたが,今後の心配は,ユッキーの脚の回復である.日にち薬で早期に回復できればいいのだが・・・