2022年最近の山歩き

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


6.[1月31日(月)][曇り] 音羽山 JR大津駅→音羽山→牛尾観音→桜ノ馬場→京阪京津線追分駅

       
1号線に面している登り口 ホオノキの落ち葉 遙か彼方,比良連峰(ZOOM) サルトリイバラの実
 夫婦の滝(定家の歌碑あり)

 音羽山に登ったのは何年前であろうか.『京都府の山』(山と渓谷社)を参考にひとつひとつつぶしていった中に音羽山も入っていた.もう15年以上前のことである.そのときは京阪京津線追分駅から登り,大谷駅に降りてきたと記憶している.ご存知の方はご存知のように(何を言っているのか?),この山はM2さんのホームである.M2さんのログを大いに参考にさせてもらって本日の山行とあいなった.

 JR京都駅のいつもの店でパンを買い,0番線ホームで乗車.大津駅で下車して入山の儀式を駅ですませる.

 あれこれ迷いながら1号線沿いに進み,信号のところで1号線を渡る.渡ったところに「高山寺霊園」の標柱があり,しばらく登ると住宅地の裏を右に曲がる.看板も何も出ていないが,M2さんの写真で確認しているところである.目印としては,木の枝の杖がおいてあることである.おそらくこの登山道を整備している人が置いたものと思われる.

 ここから急登.我慢の登りである.植林は少ないが,ヒサカキ,シキミ,アセビ等の常緑樹が多い.植生で一番驚いたのは,ホオノキの落ち葉が至る所にあったことであった.これは花の時期は楽しめるということを意味している.

 ほぼ南へ進むところから南西に転じるところで,音羽山まで半分のところである.標高420mぐらい.音羽山は593.1mであるから,まだまだ登らなければならない.しかもこの尾根筋アップダウンがあるから,低山の割にはしんどい.

 登りはじめから3時間ぐらいで山頂に到着.もちろんM2さんよりは超スローペース.山頂に近づいてくるとようやく人と出会う.

 鉄塔の立っている山頂でお昼でもと思っていたら,すでに山頂に着いている二人がそろいもそろってタバコを吹かしている.こんな臭いところでお昼はいやなので,早々に山頂の手前の広場に降りる.ここにはベンチもあり,昼食とする.パン2個とお茶とコーヒー.

 音羽山からは南西方向に進み,牛尾観音を目指す.パノラマ台分岐で右に折れ,30分ほどすると牛尾山法厳寺の観世音像と大師像のところにでてくる.お参りをしてから,階段道と林道の舗装道路が出てくる.膝には段差のことを考えたら後者かなあと考えて舗装道路を降りる.すぐに合流するのだが,段差も少なかったから階段道のほうがよかったかなと後の祭り.まあ,すぐに合流するからさして差はあるまい.さあ,そこからはもう延々と舗装道路が続くことになる.

 桜ノ馬場まで南下すると,今度は北西の方向を向くことになる.いろんな滝があり,それぞれに名前がつけられており,それはそれで面白いのだが,この舗装道路には参った.

 参詣と散歩を兼ねてであろう,次々と年配の方が登ってこられる.

 人家が見えてきて里に降り立ったところで,京津線の追分駅へ行く道が分からない.道行く人に尋ねながら,名神に出会ったところで,いったんトンネルをくぐって右折して名神沿いに行こうとしたが,どうも間違っているようであり,また,名神の下をくぐって元に戻り,そのまま名神沿いに道を進む.これが登り坂で,この期に及んでいやになるのだが,仕方がない.ようやく名神をくぐり,1号線の歩道橋を渡る.

 しかし,線路は見えるが駅舎が見えない.右に曲がっては進めない.左折して目をこらせば,やっと駅舎らしきものが目に入った.やれやれ.山科,三条方面へは地下道で向かい側に渡らねばならない.

 さて,あと何分で電車が来るかなあと思っていたら,2分ほどで電車がやって来た.そのまま跳び乗り,三条まで.ここで乗り換え.ようやくの思いで帰宅できた.

 山科の山であり,伏見は近い.道には迷ったものの比較的早く帰宅できた.帰ってすぐのタンパク質.牛乳を飲み,アイスクリームを食べる.

 お風呂の後の夕食時はビールで乾杯.

 牛尾観音から追分駅へのルートは参った.醍醐のほうへ降りるのは長距離になるとの考えで追分に降りたのだが,長距離覚悟で醍醐の方へ降りた方がよかったかもしれない.これは今後の課題.


5.[1月27日(木)][曇り] 蛇谷ヶ峰リヴェンジ 朽木スキー場駐車場→さわらび草原登山口→蛇谷ヶ峰(901.5m)→さわらび草原登山口→駐車場

       
再生したMSR 登り始める 山頂で 白蛇 
山頂より下山(写真しーちゃん提供)

 今年は「ワカンで頑張る」と言っていたところ,救いの神 deus ex machina 「デウス・エクス・マーキナー(機械仕掛けの神)」現る.その名を「小てつ」と言う.まさに神業で再生してくださったのである.感謝感謝.

 最初はワカンでリヴェンジ登山と考えていたのだが,これで勇気百倍,しーちゃんを誘って蛇谷ヶ峰に出かけることにした.

 JR志賀駅前で食料を調達し,道も間違えずに161号線青柳北で左折して無事スキー場に到着した.駐車料金はこれまで平日は土日よりも安かったと記憶するが,今年は平日でも1000円だった.9時前で時間も早いし,お天気ももう一つなので駐車している車は少ない.

 靴を履き替え,ゲイターつけ,スノーシューを手に持ってレストハウスへ行き入山の儀式をすませて,早速,スノーシューをつける.

 雪はスキー場発表で90cm.昨日はほとんど降雪がなかったようで,ガシガシのザラメ状態.昨日以前のトレイスはある.トレイスにほぼ従いつつ,時々それに逆らったりして登って行く.スノーシューは快適である.

 無雪期よりは1.3倍から1.5倍ほど労力と時間がかかる気がする.曇天で遠くを見渡すことはできない.高島トレイルのあたりの山々はかろうじて見ることができる.
 前回は標高790mで撤退したが,出発から2時間半ほどで標高790mに到着し,東尾根の分岐817mは11時53分に到着.そこから20分ほどで山頂到着.ここまで誰にも会わず.山頂独り占めで西からの風を避けるところで昼食.

 パン二つと自家製宇治金時ケーキをお茶とコーヒーで.しーちゃんと積もる話をいろいろと.1時間近く山頂でお喋り.寒くなってきたので,後片付けをして下山開始.

 そこへ今日初めてハイカーに会った.天空温泉から登ってきた女性.出会ったのはこの尼崎からの女性以外誰もいなかった.

 東尾根冒険コースで降りてもよかったのだが,しーちゃんのワカンの調子がもう一つよくなかったので,安全のためピストンで下山した.先頭ユッキー,次にしーちゃんで,私はしんがりを務めた.女性陣は降りの折,いろんな話で盛り上がっていたようだった.

 レストハウスに寄り,後片付けをして朽木スキー場をあとにした.

 帰りは鯖街道で,湖西道路,西大津バイパスに入り,名神で.しーちゃんとは京阪丹波橋駅で別れ帰宅した.

 終始曇天で鉛色の空の下での山行であったが,雪と戯れ,楽しい一日であった.

 家に帰って,KUBOTAのアイスクリームを食べ,牛乳を飲み,一次うちあげ.お風呂の後は山名酒造の「NIGORIZAKE醪(ろう)」.酵母が生きているフルーティーなお酒.


4.[1月22日(土)][曇り] 貴船山 滝谷峠・樋ノ水峠分岐まで 叡電二ノ瀬駅→夜泣き峠→大岩分岐→滝谷峠・樋ノ水峠分岐→大岩分岐→富士神社→叡電二ノ瀬駅

       
叡電二ノ瀬駅  二ノ瀬の集落 富士神社 夜泣き峠

 比良のほうはアプローチが厳しそうなので,久しぶりに貴船山に出かけることにした.2018年の台風以降,こちらには来なかったので,倒木等の状況が分からないままでの山行であった.

 出町柳のパン屋で食料を買い求め,叡電に乗る.昨日の雪は伏見の方ではあらかた溶けてしまったが,車窓から眺める家々の屋根には雪がたっぷり残っているし,道に残っているところもある.叡電二ノ瀬駅で降り,線路を渡って,まずは入山の儀式.ゲイターをつけて出発.

 駅舎を出て,ツルツルの階段を川の方へと降りていく.ザックにはアイゼンとワカンを付けているので今日のザックは重い.大岩分岐まで,神社の横を二ノ瀬ユリで登るか,階段を上がって夜泣き峠まわりで行くか,二通りあるのだが,帰りに同じ道を使いたくないということで,登りには夜泣き峠回りを選ぶ.

 雪はまだ踝あたりなので,何もつけずに進む.足跡は一人だけ.夜泣き峠にくると,この足跡は大岩分岐に進まず,左折している.いよいよ人の足跡のないところを踏んでいくことになる.これは大岩分岐までそうであった.途中で,ワカンに履き替える.しばらくすると後から人声がしてきた.出会うと猪狩りのハンター4人組だった.珍しいことに2人が若い女性であった.このハンターグループと大岩分岐までは抜きつ抜かれつだった.

 大岩分岐で小休憩.甘納豆を食べる.ハンター・グループは,大岩のほうへ降って行かれた.われわれはユリ道を進む.北へ進むにつれて雪は深くなる.40cmはある.昨日のものと思われる一人の足跡があるだけ.この人はつぼ足での歩行.

       
 根がえしの倒木  大岩分岐で  ユリ道 倒木の下を四つん這いで進む 

 途中で倒木ジャングルがあり,山側へはかなり急な斜面を登らねばならないし,谷の方はこれまた急斜面で迂回もむつかしい.仕方なく,四つん這いになって倒木の下を進む. 

 駅出発から3時間で滝谷峠・樋ノ水峠分岐に来た.昨日の足跡はここで終わっていて,引き返されたようだ.もう12時近い.ここから樋ノ水峠には,今日の雪の具合では1時間はかかりそうなので,貴船山三角点までは行かずにここで昼食をとり,引き返すことにした.(分岐から滝谷峠への道は倒木で進むのに時間がかかるように思われた).パン2個と自家製キャラメルケーキ,お茶とコーヒー.

       
 二ノ瀬ユリ名物の氷柱(勝手に命名)  分岐到着  分岐で  分岐で

 今回も山頂までは行けなかったが,雪は十分に楽しむことができたので,これはこれでよかったと言える.京都市内の山なので早く帰れたし,夕食までには写真の整理の時間があった.うちあげは山名酒造の「Nouveau ささにごり」.鮮烈なあらばしりで食中酒としてぴったり合っていた.

P.S. スノーシューの後日談.MSRのスノーシューは壊れたので,それではと以前はいていたAtlas のスノーシューをまた使おうと出してみたところ,10年前のもの,ヒールのストラップが両足とも切れてしまっていた.モンベルに持っていって修理を頼むと1ヶ月かかりますとのこと.修理してもらうことにしたが,それではこの雪のシーズンに間に合わないし,新しいのを買おうと思ったら,もう完売で(昨年12月で)今期はないとのことであった.ネットで見てみるとスペインの業者がネット販売で売っていることが分かったが,やっぱり正規の代理店を通した方が安心安全だし,少し安いぐらいでリスクを負うのはやめることにした.今シーズンはワカンでがんばる.


3.[1月15日(土)][曇り] 蛇谷ヶ峰(901.5m)の標高788mで撤退 朽木スキー場駐車場→さわらび草原登山口→標高788m→さわらび草原登山口→駐車場

       
登山口  歩き始める  つぼ足でズボッとはまる  遠く伊吹山 

 人生何が起こるか分からない.今日は,さぞやたっぷり雪があるだろうからということで,恒例のスノーシュー・ハイクを蛇谷ヶ峰で行う計画を立てた.夕方に用事があるということも蛇谷ヶ峰にした理由である.

 いつもは鯖街道で朽木スキー場へ行くのだが,JR志賀駅前のパン屋に寄りたいので161号線で行くことにした.首尾よくパンを買い,入山の儀式をすませてから,さらに161号線を北上する.道に雪はなく,凍結もしていないので,順調に進んだのだが,カーナビが,通行不可能な入部谷越を勧めるので,その通りに行ってみたら,やっぱりおかしい.急いで161号線まで戻り,さらに北へ進み,青柳北で161号線を離れる.

 そんなこんなで,予定より到着が30分は遅れてしまった.スキー場の駐車場に入らなくても,登山者用のスペースはあることにはあるが,下からここまでの除雪もして頂いているし,トイレもお借りするしということで,われわれは1000円の駐車料を払って中に入る.車が一杯でかなり上のほうに行かないと駐車できなかった.

 9時30分ぐらいの出発となった.スキー場の施設を通らずに回って,さあ,行くぞとスノーシューをはいたら,バインディングの基底部のプラスティックが割れてバインディングができなくなってしまった.昨日履く練習をしていたときには全く気づかなかった.ゴムの部分は新しいものに変えていたのだが,ここがやられるとは.持参している予備の靴紐で急場をしのぐというレヴェルの損傷ではない.

 さあ,困った.ユッキーのほうのスノーシューは全く問題がない.行き先を変えるべきか,つぼ足でユッキーの跡を追うか?

     


 ここまで来たからには蛇谷ヶ峰に登ろう,途中で12時になったら,用事があるので山頂であるなしに関わらず引き返そう,ということに決定.端の方に壊れたスノーシューを置いて出発.

 トレイスがついているし,かなりの人が登っていて,一応踏み固められている.すべての先行者がスノーシューではないことは,時々,踏み抜いた跡があるので分かる.こちらもなるべくしまってそうなところを選んでぼちぼちとユッキーの跡をつけていく.途中で,ユッキーのスノウシューを借りて少し歩いてみた.やっぱり楽だ.

 標高817mがスキー場上部からの東尾根との合流点だが,結局,そこまでは到達できずに,蛇谷ヶ峰山頂へ行くまでの二つのコブの下の方で12時となったので,そこから引き返すことにした.標高788mの地点.見晴らしはよく,東は遠く鈴鹿山系,伊吹山,北西には三重ヶ岳が見えるのだが,風がその北西から吹き付けてきたので,ここで昼食をとるのはやめにして,標高772mまで降りて昼食とした.

 お腹も大きくなったので,下山にとりかかる.私はアイゼンをつけることにした.圧雪されているトレイスでは,アイゼンをつけたほうが歩きやすかった.

 かなり速く降りて,駐車場で後始末ののち,夕方の用事に間に合うように帰りは鯖街道で帰宅した.

 今日の山歩きはこれはこれでよかったとしよう.なにより,雪を堪能して無事帰れたことがよかった.打ち上げは牡蠣の鍋で,焼酎「だいやめ」のソーダ割.乾杯.


2.[1月8日(土)][曇りのち晴れ] コヤマノ岳 イン谷口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道(コヤマノ岳南陵)→コヤマノ岳→コヤマノ岳東陵→奧の深谷→金糞峠→正面谷→イン谷口

                 
駐車場 金糞峠まであと少し メドゥーサのブナ コヤマノクラウン コヤマノ岳頂上 東尾根を降る 東尾根を降る 健治,落とし穴に 奧の深谷近く 

 降雪がさらにあり,イン谷口に車でアプローチできるか心配だったが,もしだめなら蛇谷ヶ峰にしようとスノーシューも車に積み込んで出発した.雪が多いときだと湖西道路でも雪が積もっていることが多いが,今日は全く雪がない.これは大丈夫かなと思いつつ車を走らせる.JR志賀駅前に寄って食糧確保,入山の儀式をすませる.

 イン谷口に向かうと,出合橋近くのスペースには早くも8時過ぎで車が一杯.ここには駐められないのでさらに車を進めると,イン谷口バス停のところも車が一杯.道路には轍のところだけ雪が溶けている.もっと上に行けばスペースがあるかもとトイレ前の駐車場目指して車を進めたところ,管理事務所の前でヨネちゃんとKさんが登山届を出しておられるところだった.挨拶をかわしてさらに進むと第二の橋のところで上から車が降りてくる.これがなんとOさんの車で上にはスペースがないとの話.結局そろそろバックし,Oさんの車に先に行ってもらう.私の車も方向変換してあとを追う.結局,Oさんのご厚意でイン谷口バス停前のスペースを空けてもらって,われわれはなんとかここに車を滑り込ませることができた.Oさんはさらに上の釈迦岳登山口近くまでくるまを進められたようだった.

 さて,車を駐めて靴を履き替えゲイターをつけて準備をしていたところ,M2さんがこれから出発というところだった.まだ歩き始めていないのに,これでもう知り合い4人と会ったことになる.

 管理事務所を過ぎて別荘下のところに来ると,ここのスペースにも1台駐められるかどうかぐらいの余地しかない.トイレ前には力業で登ってきた車が2台駐まっているだけだった.

 KBさんのテント近くで後から声かけがあったら,なんと,かおりさんが来られている.知り合いの志向がみな同じだったということか.かおりさんは大山口でアイゼンを装着された.われわれはもう少し我慢してアオガレ下まで行こうと先に行かせてもらう.

 アオガレ下でわれわれも10本爪アイゼンを装着する.背中の外付けの荷物はワカンだけとなり,少し軽くなったが,足はアイゼンで重くなった.ここでかおりさんに先に行ってもらう.このあと,追いつくことはなかった.

 金糞峠までの急斜面はやはりアイゼンがあったほうが安全である.

 よれよれで金糞峠に到着.すでに歩き始めてから2時間半が経過し,11時となり,武奈ヶ岳行きは諦める.コヤマノ岳の雪景色が見られればそれでよいではないか.


 金糞峠を降りたところで,「木村さん」と声を掛けられる.なんと6年前にヨネちゃんたちと武奈ヶ岳東尾根降りを行ったときに,つぼ足で追いかけてこられたKさんだった.お久しぶりですということになる.道中抜きつ抜かれつしていたときに声を掛けていたのだが,Kさんとは全く気がつかなかった.Kさんとお友達は,トレイスがないからフタコブラクダの尾根道で四つ辻へ向かうために,アイゼンからワカンに履き替えておられた.

 コヤマノ岳あたりで会いましょうと言って,われわれはアイゼンでヨキトウゲ谷方向へ向かい,小橋から四つ辻へあがる.Kさん一行はまだ来られていない.ラッセルで大変なのだろう.
 
 われわれはここから上林新道を黙々とひたすら登る.途中,早くも下山される方に出会う.

 コヤマノクラウンが見えてくると,曇り空から青い空に変わり,雪の白とのコントラストが実に美しい.ああ,よかった.今日もここまで登れて.

 コヤマノ岳頂上で食事を始めようとしていたところ,Kさんとお友達が到着された.当初は武奈まで行こうとされていたのだが,タイムアップ.ここで昼食を一緒にとる.眼下には,白い東尾根の急斜面が見える.そこで,登山道ではないですが,ここの尾根を降りませんかと提案したら,面白そうですね,ぜひにとお返事.もし,行かないとお返事されたら,われわれはパノラマコースで普通に下山する予定だったが,われわれの提案に同意されたので,それではということになった.この尾根を降るのは4回目である.

 ワカンをはいて膝ぐらいまでめり込みながら降っていく.途中,倒木とかの近くでは落とし穴があり,私も2回ほどはまってしまった.はまると起き上がるのがまた一苦労である.でも,とても楽しい.

 そんなこんなで奧の深谷に降り立ち,あとは,金糞峠までご一緒した.Kさんがわが桃山高校の後輩で伏見にお住まいであることなども分かった.Kさんのお友達の車の調子がよくなかったので早く降りられたいお二人と金糞峠で別れる.われわれはワカンからアイゼンに履き替えてゆっくり慎重に降りていった.途中,捜索のヘリコプターが頭上を旋回し,呼びかけを行ったりしていた.誰か怪我でもされたのだろうか.

 イン谷口に降りてきたら,パトカーが別々の場所に2台駐まっていた.

 こんなに遅くに車のところに到着したのは久しぶりだ.5時を回ってしまっていた.いつもの道で帰宅.何事もなく無事山歩きができた.感謝感謝.打ち上げは愚息にもらった焼酎「だいやめ」.炭酸で割って飲んだが,うたい文句通りライチの香りがした.薩摩の芋焼酎(濱田酒造).
  ** コヤマノ岳東尾根降りの写真はKさんのお友達によるものです.


1.[1月5日(水)][曇り時々晴れ] 比叡山三塔巡りで初登り 大宮川観光駐車場→日吉大社→大宮谷林道→横川中堂→横川駐車場→峰道→西塔釈迦堂→見晴台→大比叡→根本中堂→本坂→日吉大社→大宮川観光駐車場

               
日吉大社鳥居 絵馬 大宮谷林道 横川中堂 せりあい地蔵 玉体杉  西塔釈迦堂 阿弥陀堂 

 今年の初登り,行く先をいろいろ検討していたが,結局,無難なところで初詣を兼ねて比叡山とすることにした.私は延暦寺だけにして早く帰れればと思っていたのだが,ユッキーはこれだけではものたりないと言うので,横川,西塔,東塔と三塔を巡ることになり.結果として7時間48分,17.0km(Geographicaによる)のロングコースとなった.

 いつものように名神,西大津バイパスで坂本,大宮川観光駐車場に到着.自宅から30分ほど.大宮川観光駐車場には一番乗り.昨日の夜から明け方にかけて雪が少し降ったようだが,道の雪は早くも溶けていた.ザックに軽アイゼンを入れて出発.駐車場にもトイレはあるが,日吉大社の鳥居前の観光トイレのほうが快適なので,入山の儀式は日吉大社鳥居前の観光トイレで行う.

 時折陽が差すこともあるが,基本,曇り空で雪がちらついている.日吉大社の鳥居前から比叡山高校横の階段を登る.それから,本坂と大宮谷林道の分岐に来て,鎖の横から林道に入っていく.地面には雪はなく,早くに溶けた跡が残っているだけである.それほど寒くはない.大宮川のほうに目をやると,鹿が三頭ほど水を飲んでいるのが目に入った.

 雪が見え始めたのは悲田谷分岐を過ぎたあたりからである.1cmぐらいから始まり,高度を少しずつ上げるに従って3cmぐらいになった.先行する者の足跡はない.ただ,小動物の足跡が点々とついている.これはきっとテンの足跡に違いない(洒落かいな.正月早々しょうもない!――はい,すみません.お正月のお酒がまだ残っていまして).

 大宮谷林道の上の鎖があるところ近く来たら,上の方から赤色回転灯をつけた車が降りてきた.延暦寺の管理部の車だった.横川駐車場に辿り着くまで出会ったのはこの車一台だけだった.

 横川中堂の裏を見て,池の横から山道に入り,駐車場に降り立った.ここで二台目の車をちらっと見た.いまだ人には出会わず.この駐車場で休憩し,トイレをお借りした.水が凍結しないように暖房が入っており,ここも快適.

 ここから峰道に入る.急な階段道を登る.少しきついところである.お腹も空いてきているからかもしれない.

 12時をだいぶまわるが,見晴台で昼食としようと考え,西塔エリアに到着.お参りの人は誰もいない.そこから,西塔駐車場に出て,見晴台への道を進む.

 見晴台にはいつもなら誰かいるが今日は誰もいない.一番見晴らしのよいベンチを選んで,ベンチの雪を拭って食事.右手には水井山,横高山,遠く蓬莱山が見える.正面には大原三山や貴船,鞍馬の山並み.左手遠くには愛宕山が見える.

 食事のために座ったときには,ライトダウンを下に着て,計4枚着込んだことになる.最初はいつものような風もなく,景色を楽しんだのだが,風が吹いてきて,座ったままであるので,次第に寒くなってくる.手袋もやや分厚いものに替える.熱いお茶にホットコーヒーを飲んでも,寒くなってきたので急いで食事をすませ,片付けをして大比叡の山頂へと向かう.

 曇り空で,雪がちらほら降るような天気の今日,山頂に来ている車も少ない.2,3台といったところ.

 体を動かせば寒さもましになってくるので,足を速めて大比叡の山頂へ.ピーク写真を撮ったらすぐ延暦寺の阿弥陀堂に向けて出発.雪の下が凍っているので2回ほど尻餅をつく.阿弥陀堂から根本中堂前まで.このあたりの坂は凍っていると滑りやすい.慎重に歩を進めて,一隅会館へ.ここでトイレを拝借.

 休憩も終えたら,本坂へ向かう.延暦寺会館横の坂は,以前冬に来たときに凍結していて滑りやすく難儀したが,今日は凍てつくとまでには至っていなかったので幸いだった.しかし,滑りやすいことには変わりはないので,ここも慎重に降る.本坂はヴォランティアで手入れをしてくださっている方がおられるので,昔と比べればずいぶんと歩きやすくなっている.南善坊の横に来れば,山道は終わりである.

 日吉大社の鳥居前から,駐車場に向かう.朝はわれわれの車しかなかったが,3台ぐらい車が駐まっていた.後片付けをして車に乗り込み,西大津バイパス,名神で帰宅した.

 2022年最初の山歩きも無事終わった.夕食時に山名酒造の「奥丹波 儂の酒」で乾杯.生粋の丹波杜氏,靑木卓夫が自分で育てたお米,五百万石で醸したお酒.鋭いキレ味のお酒だった.