2021年最近の山歩き
2021年 1月 2月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年] [2006年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


11.[3月3日(水)]8:40駐車場所(いなべ市北勢町新町)8:57→丸山→草木→丸山→14:15駐車場所(いなべ市北勢町新町)14:25

駐車場所(墓地横) 登山口 孫太尾根 オモトの実 ヤマネコノメソウ コショウノキ 孫太尾根 草木(P834)にて
孫太尾根で春の花を探る
 
好天を期待して本日の山行。最初はポンポン山へ出かけてもう一度福寿草を観賞する予定だったが、ユッキーのメル友から孫太尾根の花報告があり、二の足を踏んでいた孫太尾根に本日出かけることにした。初めての孫太尾根である。時間の関係でおそらく藤原岳頂上は無理だと頂上は最初から目的地にしない。

 昨年三月にokaokaクラブの洛西おやじさんが雨の中孫太尾根で藤原岳まで出かけられている。参考にさせてもらった。

 携帯のナビでは新名神で菰野で降りるようにとの指示があったが、車のナビでは大安で降りるようにと言っている。大安から行くと大回りになるので、とりあえず携帯のナビにここは従うことにした。新名神菰野で降り、477号線から306号線に入り、北進する。ところが、この道は時間的に8時過ぎでちょうど通勤時間帯と重なり、渋滞していた。これは予想外。登山口の駐車場所はそれほどスペースがなく、日曜日などでは6時頃に着いていないと駐められないという情報もあったので、焦る。青川にかかる橋を越えて右折しろというので行く方向と反対なのにと思っていてとりあえず右折。どうやら右折してUターンして306号の下を通って西へ進めばいいらしいが、どうも不安なので、ここで元来た道を戻り、306号線の四つ辻を越えて西へ進むことにした。焦る気持ちがさらにつのる。集落の中の細い道を西へと進み、比較的太い道を辿って北西方向に進む。いくつも分岐が現れ、そのたびごとに思案する。駐車地にかなり近づいたところの分岐で止まって思案していたら、通りがけの地元の人がこられ、こちらの方へ行けばもうすぐですよ、と親切にも教えて下さった。ありがたい、まさに窮したときの「機械仕掛けの神」(それはおおげさや!)。

 ということでナビでは1時間39分で到着予定というところが、1時間49分で到着した。道に迷ったということもあったが、やはりウィークデイの通勤時間帯に重なったことが大きい。着いてみれば、もう20台ぐらいは駐車している。なんとか隙間を見つけて駐車。ゲイターを着け、ストックを伸ばしていざ出発。

 孫太尾根は山仲間の何人かが行っておられ、いつかは行きたいと思っていたのだが、なんだか厳しそうだし、車で行けばピストンせざるを得ず、躊躇していたのだが、今日長年の希望が成就した(大げさ!)。

 登り初めてすぐに分岐があり、写真のように左に行くようにと道標がある。孫太尾根の道標は実に親切で標高も記されている。何人か追い抜いていってもらったが、毎年着ているという人が、去年にはこの道標はなかったと言っておられた。道標とともに道もきれいに整備されていて要所には木製の階段、また、石を整備して階段風にしつらえてある。歩きやすい。

 藤原岳までは大きく4つのピークがあるが、最初のP387はピークに乗らずにまくように道がつけられている。このあたりは植林帯。次の目標はP650の丸山。高度を上げるにつれ四日市の海が見えてくる。また、無粋な藤原鉱山の山を削っているところも見えてくる。

 丸山の次の目標のピークは草木という変わった名称のピーク(P834)。途中でトラヴァース道と尾根道の分岐がある。われわれは往きはトラヴァース道を帰りは尾根道を選択した。トラヴァース道は歩きやすいが多少遠回り、尾根道は石ゴロゴロで歩きにくいが、尾根芯のコース。草木で12時になったので、ここから引き返す。陽が差してはいるが、時折吹き付ける風は強く、やや冷たい。風が比較的あたらない所を探してそこでお昼。コンビニおにぎりとお茶。自家製チョコレートブラウニーとコーヒー。

 あとはとっとと降るのみ。しかし、登るときに見落としていた花がないかは丹念にチェックした。

 福寿草とセツブンソウ、セリバオウレンを見たかったが、これは全部見られた。特にセツブンソウがたくさん咲いていたのには感激した。それとミスミソウに出会えたのも嬉しいことであった。

 帰りは大安から乗ることにした。こちらは大きく回るが、きれいな道で運転しやすかった。もちろん今の時間帯、渋滞もなかった。自宅までの時間を比べてみたら、往きも帰りも1時間49分。この偶然には驚いた。家に帰って、バナナと牛乳でうちあげ。

 お風呂のあとは、藤岡酒造の「蒼空」でキヌヒカリという酒米を使ったもので打ち上げ。奥深いお酒。孫太尾根は楽しめるルートだった。今度は山頂まで行きたいものだと話し合ったことだった。