2021年9月の山歩き
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年] [2007年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


49.[9月29日(水)][曇り時々晴れ] 西山で花探索  森の案内所→西尾根→ポンポン山山頂→東尾根→森の案内所

       
オタカラコウ ジャコウソウ ポンポン山 アキチョウジ
メハジキ
 
キタヤマブシ  
 
ツリフネソウ 

 武奈ヶ岳はやっぱりきつい。そこで、今日はポンポン山へ。このところいつも車で名神高槻経由で出かけている。

 森の案内所は緊急事態宣言下であるので、チェインで中に入れない。道の待避所のところに駐める。鎖の前の方にすでに一台駐まっていた.。

 ゲイターは忘れずにもってきて装着。下半身はイカリジンを散布し、帽子も含めて上半身はパーフェクトポーション。オニヤンマは帽子とザックにつけ、アルパインポールにも黄色と黒のテープを巻き付けた。ハッカ水も用意している。さあ、かかってこい、虫ども!

 時折陽が差すがほとんどは曇り空で、歩き始めは蒸し暑かったが尾根で風が吹いてくるとやや寒くなる。夏の薄い長袖シャツの上に半袖をはおる。パンツはまだ夏のもの。ポンポン山山頂でお二人に会う。出会った人はこのお二人だけであった。

 時折雨が降るんではと思うほどに黒い雲が空を覆うこともあるが、幸い雨は降らなかった。花を愛でることができるのもあと2週間ほどか。そのあとは紅葉、そして雪となる。

 休憩時間、昼食時間をいれて約4時間半、7.1kmほどの山歩きだった。早く帰れたので夕食前に写真を整理した。今日もビールで乾杯。

 週2回の場合、比良と低山を分けてバランスをとっている。今度は比良か。ユッキーの膝の具合もまずまず。
 

  
     
 アオスジアゲハ  アキノノゲシ  ミゾホオズキ



















48.[9月25日(土)][曇り] イン谷口→大山口→アオガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

               
開花を待つエゾリンドウ ヒヨドリバナ アキチョウジ コヤマノ岳南陵 武奈ヶ岳 トリカブト オオバキスミレ マツムシソウ 
フクオウソウ
リンドウ
 アケボノソウ

武奈ヶ岳(212回) 

 月一回の武奈詣で。とうとう8月は1回も行けなかった武奈ヶ岳になんとしても行きたいとの思いで、ゆっくりと武奈ヶ岳に登る。
 
 いつものようにJR志賀駅前のパン屋で食料を買い込み、入山の儀式もすませてイン谷口に。駐車場所が少ないだろうと思って早めに出ようと思っていたが、それほど早くもなく駐車場所8時の出発となってしまった。別荘下のわずかに開いたスペースに車を入れる。数台の車の中にはあいちゃんの車も駐まっていた。

 歩き始めは今日も暑い。イワギボウシももう終わり。1時間かけてアオガレ下に到着。飲水休憩ののちアオガレを登る。

 ツルニンジンは終わっていたが、アキチョウジを愛で、咲き始めのダイモンジソウとアケボノソウを見つける。さらにフクオウソウも。

 金糞峠についたときにはすでに2時間を少し越えていた。風が汗冷えの体には寒い。峠からすぐにヨキトウゲ谷方向に進み、四つ辻に登る。そこで、休憩する。ここでは甘納豆を食べる。半袖シャツを長袖の上にはおる。

 いよいよこれからが我慢の登りとなる。シャクシコバノカシラが見え、八雲ヶ原からの尾根が見え、ブナの木が見え始めるとほっとする。コヤマノクラウンを見て、山頂を踏む。ガスがかかっていて見晴らしはよくない。すぐに武奈ヶ岳山頂へ向けて出発。

 エゾリンドウが見たかったので夏道であがる。開花までもう少し。それに今日はお天気がそれほどよくない。

 ようやく山頂に到着。4時間弱の登りだった。

 山頂は大勢の人で密状態。これはかなわない。ピーク写真のあとは急いで北陵の肩へ。ここで琵琶湖を見ながら食事。

 30分ほどの食事休憩ののち下山を開始する。登りは夏道だったので帰りは冬道。エゾリンドウをさらに確かめる。コルに着いて、コヤマノ岳分岐を経て、パノラマコースに。ここではセンブリの確認をする。

 下山途中、後から降りてきた若者に道を譲ったところ、膝にサポーターを着けていることに気がついた。ユッキーがそのサポーターいいですかと尋ねたところ、「いいですよ。アオガレの降りで傷めて以来、これを着けているんです」との話。ネットで買ったとのことだったので、帰ったら見てみなくちゃとユッキーは言う。

 いつもよりゆっくり時間をかけて八雲ヶ原に降り立つ。ここからさらに花探索続く。リンドウ、トリカブト、ウメバチソウ、オオバキスミレ、センブリ、マツムシソウ、アキノキリンソウと花探し。

 北比良峠に着いて、これで花探索は終わり。あとはダケ道を長いなあとこぼしながら降りていった。大山口から駐車地までは20分。ようやく、出発点に戻った。途中、KBさんのテントを見たら、もう比良に戻られたようであった。

 迂回路は通ったが、比較的スムーズに家に帰れた。

 シャワーのあとはビールで乾杯。

 武奈ヶ岳はやっぱり遠い。11.8km、8時間20分のへろへろの山歩きだった。
  

 P.S. どっと疲れた本日の山行、昨日の肺炎球菌予防接種のせいかもしれない。そうであってほしい。

       
 ウメバチソウ ダイモンジソウ  センブリ  アキノキリンソウ 

47.[9月20日(月・敬老の日][曇り時々晴れ] 南比良縦走 栗原9:00→権現山→ホッケ山→蓬莱山→打見山→キタダカ道→15:50JR志賀駅15:56

               
オオハンゲ キタヤマブシ フジバカマ 権現山 権現山から比叡山遠望  蓬莱山テラス  オトギリソウ  天狗杉 
リンドウ 
 
センブリ 

 リハビリ登山を終えて、本日は距離の長いルートで南比良縦走。今年の4月から札幌へ単身赴任のマラソンランナーH氏がお彼岸で帰洛されたので久しぶりにご夫妻とご一緒する。
 
 JR和爾駅からタクシーで登山口まで進む(2,300円。一人あたり575円)。すでに9台ほど駐車している。ゲイターをつけイカリジン噴霧。ズコノバンまでほとんど林道歩きだが、歩き始めからフジバカマ、アサギマダラ保護地まではいろいろと花がある。昨年は10月に来たのでアケボノソウもしっかり開花していたが、今日はまだ小さな蕾。10月にはもう一度来なければならないか。ツリフネソウやキタヤマブシは咲いていた。そう言えば、昨年10月ではキタヤマブシは終わりかけであった。

 比良三大急登の一つであり、林道と言えども急な登りである。普通の車では登れそうもない。旧道が残っているところではそちらを優先的に登り、高度を稼ぐ。積もる話が一杯あるので、つらい登りもそれほど苦にならない。

 上が明るくなってくると山頂も近い。山頂到着で一休憩。6,7人のハイカーがいる。平から登ってきたと覚しき人もいる。写真撮りましょうかと言ってくれた人がいて、記念写真。

 ここからは尾根を縦走する。遠く蓬莱山からはハングライダーが次々に飛んでいる。こちらは、頭の中のデータブックから花を呼び出しながらゆっくりと進む。雲が多いが、ときおり風も吹き、縦走を楽しむ。ただ、縦走はアップダウンが激しい。権現山からはホッケ山へ。そして小女郎峠へ。

 最初小女郎池で昼食をと思っていたが、ゴンドラで上がってきたと思われる人が次々に蓬莱山から降りてきて小女郎池を目指している。池の周りで昼食というプランは中止。小女郎池には行かず、峠から蓬莱山方向に半分ほど行ったところで琵琶湖を見ながら昼食とする。

 今日は、京都駅のドンクがまだ開いていなかったので、その斜め向かいの神戸屋パンで買い求めたパンとデザートは自家製煎茶・小豆蒸しケーキ。マラソンランナーご夫妻からは家で入れてこられたコーヒーを頂く。

 昼食後の登りはきつい。蓬莱山目指してゆっくりゆっくり立ち休憩をしながら、何人ものハイカーに道を譲って登っていく。到着したら、なんと大勢の人が来ていることか。服装と靴を見ればみんなゴンドラで上がってきた人たちだ。

 写真を撮ってゲレンデを速歩で降りる。笹平でトイレ休憩。さらに打見山へと登りが続く。蓬莱山から打見山までは遊園地と化している。リフトを待つ人の長蛇の列。

 こちらはゴンドラ駅の横から天命水のところに降りて、ゴンドラの下の細い道をクロトノハゲまで。ここからの降りが長い。下はゴロゴロ石の道。長時間の歩きゆえに、脚、関節が悲鳴を挙げかけている。自ずと皆の口数は少なくなる。堰堤を3つ過ぎ、湖西道路の下をくぐり抜け、半分ばかりすでに刈り取っている田んぼを見ながら駅へと急いだ。駅で汗で濡れたシャツを着替え、目標通り、3時56分発京都行きの電車に乗る。

 マラソンランナー夫妻は山科駅で降りられる。われわれは京都駅で降りて近鉄に乗り換え家路に就く。

 家に帰ってアイスクリームでうちあげ。そして、シャワーのあとは、山名酒造の「秋季ひやおろし白露」で乾杯。すっきりしたお酒。

 リンドウ、センブリなどは咲き始め。ナギナタコウジュはもっと先。が、しかし、秋の花のいくつかは十分楽しめた。11.6km、約7時間の山行だった。

       
テンニンソウ ミヤマママコナ アキノキリンソウ オトコエシ

46.[9月15日(水)][曇り]西山で花探索

       
イヌショウマ ツリフネソウ ある尾根で ある尾根で
オタカラコウ

 リハビリ登山8回目。ユッキーは昨日ヒアルロン酸注射6回目を受け、これで、卒業のよう。中2日なので、今日も軽いところ、西山で花探索とした。

 ゲイターは忘れずにもってきて装着。下半身はイカリジンを散布し、帽子も含めて上半身はパーフェクトポーション。オニヤンマは帽子とザックにつけ、アルパインポールにも黄色と黒のテープを巻き付けた。ハッカ水も用意している。これで大丈夫。

 途中、霧雨が降ってきて、ザックカヴァーをつけ、レインウェアの上を着たが、雨が止んでくると暑いのでレインウェアはしまった。すぐに霧雨は止み、午後には陽が差してきた。よくあるパターンである。

 写真撮影にかなりの時間を割き、食事休憩も入れて約4時間、4.7kmの山行であった。

 帰宅して、バナナと牛乳でうちあげ、お風呂のあとはビールで締め。

 花は掲載しているものの他にも、ツユクサ、マツカゼソウ、(シシ)ウド、クサアジサイなど。
 

       
 ジャコウソウ  ナベナ  ハグロソウ  ツチアケビ

45.[9月12日(日)][曇り]比叡山(横川から西塔)に秋の花を探る  大宮川観光駐車場→大宮谷林道→横川→峰道→釈迦堂→見晴台→大比叡→本坂→大宮川観光駐車場

               
日吉大社 せりあい地蔵 玉体杉 フジウツギ 国家鎮護の碑 見晴台 大比叡 イタドリ
ミカエリソウ
レモンエゴマ
ヤマジノホトトギス

 リハビリ登山7回目。中2日なので、比良は無理ということで、久しぶりに比叡山に出かける。昨年は9月12日に出かけ、ヒルにやられたが、オタカラコウを鑑賞することができたので、本日はオタカラコウ狙いである。

 8時前に駐車場を出発。昨年のことがあるので、ゲイターをしっかりつけ、イカリジンを噴霧しなければと思って、ザックを開けてみたら、なんと、ゲイターを入れるのを忘れてしまっていたのだ。

 あほやなあと憐れみのまなざしがユッキーから注がれる。「ルート変えようか」と言われたが、私は意地でも行くとルートを変更する気はない。ズボンの裾を靴下の中に入れて、靴から膝下までイカリジンを大量に噴霧する。不安を抱えながらの出発である。私の気持ちを反映するように、曇り空でいつ雨が来てもおかしくない状態。昨日の雨で湿度は高い。ちょっと涼しいけれど、ヒルちゃんはこんな天気好きだろうなあ・・・

 日吉大社の鳥居横の観光トイレで入山の儀式を行う。比叡山高校横の階段をゆっくりと登っていく。本坂と大宮谷林道の分岐に着き、ゲート横から入ろうとすると、「法面崩落のため通行禁止」の標示が裏向けてある。裏向けてあるということは現在は通行可能だろうと勝手に解釈して、大宮谷林道を進む。崩落箇所はすべて片付けられていて、進むのに全く問題はなかった。

 あとはヒルである。林道は大宮川に沿っていて、悲田谷分岐あたりまでは川からかなり離れて高いところにあり、ここではヒルも出ないし、花もない。それでも、なるべく濡れていずに落ち葉のないところを下を見ながら進んでいく。

 悲田谷分岐を経て川沿いに進んでいく。しかし見るべき花が何もない。昨年見たオタカラコウも全くない。ミカエリソウはほんのわずかが咲き始め。ヒルは姿を見せなかった。やれやれ。

 もう、今日はリハビリ登山のみ。あまりきつくないところで距離だけを延ばすことにする。横川に到着してすぐにバス停のところに進む。休憩ののち峰道に上がる。峰道は奥比叡ドライブウェイに沿っている。花はないのでただ歩くのみ。ここからはアップダウンが続く。

 ドライブウェイをくぐってせりあい地蔵に到着。ここから玉体杉まではもう少し。玉体杉のところで、麹甘酒を飲み、甘納豆を食べる。次は釈迦堂が目標。釈迦堂に着いて、本来は浄土院経由で見晴台に行くのだが、今日は、西塔駐車場から見晴台に行くことにする。浄土院まわりよりも早く来られた。

 見晴台で昼食。雨がぱらっときたが、かまわずお昼に。雨はぱらっとだけだった。

 昼食後の登りはきついがジグを切った道をゆっくりと山頂駐車場に向かう。そこから最後の登りで山頂へ。大比叡。写真を撮って次は根本中堂前の一隅を照らす会館へと急ぐ。大勢の人が来られている。急いで本坂へ。

 雨のあと、ここも荒れ気味である。ゴロゴロ石に気をつけながら慎重に降る。予想よりも少し早く坂本に降り立った。駐車場で着換え。帰りも順調ですいすいと帰宅できた。

 家のうちあげは水ようかんと牛乳。バナナ。写真整理、シャワーのあとはビールでうちあげ。

 今日は本当にめぼしい花がなかった。大宮谷林道、その他でも法面が崩れたりしていたし、雨で斜面が流され花も土と共に流されたのであろう。眼をつけていたウバユリも実になっているのが見えるかと思ったが、見当たらなかった。それと秋の花で咲くとしても少し早いのかもしれない。

 16.2km、約7時間の山行であった。リハビリとしてはまずまずか。







44.[9月9日(木)]またまた八雲ヶ原  イン谷口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→イン谷口

               
アオガレ ヤマジノホトトギス ツルニンジン ネジバナ 八雲ヶ原  ロッジ跡  ニシキゴロモ  キタヤマブシ 
ヨシノアザミ
イワギボウシ
 
マツムシソウ 

 リハビリ登山6回目。

 今日こそは武奈ヶ岳まで(8月1回も行っていない)と思っていたが、天気予報では朝6時ぐらいまで雨ということなので、では比叡山横川とするかと考えたが、こちらは雨のあとなのでヒルがいや(去年今頃と今年3月にやられている)。天気予報とは異なり、6時を過ぎてもまだ雨が降っているが、次第に小雨に。

 そこで、家の出発をいつもより1時間遅らせて、当然武奈ヶ岳は無理なので、日曜日に続いて4日後の今日またまた八雲ヶ原に行くことに決めた。少しは開花が進んでいるだろう。特にツルリンドウに期待して出かけた。

 JR志賀駅前に寄り、準備して、暮雪山多目的保安林駐車場へ。トイレ前のスペースに駐車する。本来の駐車場はロープが張られ「入場禁止」となっている。1台も車は見当たらない。

 歩き始めは蒸し暑い。我慢してゆっくり進む。しばらくすると、霧雨のようなのが降ってきた。仕方がない。レインカヴァーをかぶせる。だが、いくつか堰堤のそばを通り、進んでいくと、次第に涼しくなっていった。出発から1時間でアオガレ下。飲水休憩。

 今朝方までの雨で岩は滑りやすくなっている。慎重にアオガレを登る。あとは正面谷を北西の方向に金糞峠目指して登るだけである。これがつらい。谷をつめていくと普段なら枯れ谷になっているところに水が流れている。ここも滑りやすい。

 金糞峠到着。2時間強。ここで、甘納豆を食べる。

 ここからは奧の深谷、観音様ロード。降りて最初の橋は崩れているので、沢を渡渉。気持ちのよい道をゆっくりと沢を遡行する形で進む。お目当てのツルリンドウは4日前に見た蕾がすでに花を終えていた。なんと花期の短いこと。開花にタイミングをあわせて山歩きをするのは本当にむつかしい。

 がっかりして、八雲ヶ原の石テーブルに到着。お昼にする。パンと牛乳。甘納豆でしめる。食事も終えてそろそろ行こうかと思っていたら、どこかで金属の食器のようなものがふれあう音がする。人は見えない。猿か、クマか(?)。気味悪くなってきたので早々に出発する。ゲレンデ跡を登っていたときに八雲ヶ原のほうを振り返ったら、なんと、テントらしきものと人が見えた。ああ、これがあの音の元だったのか。やれやれ。それにしても、木立とブッシュの向こう側だったので、人がいるとは思っていなかった。

 ゲレンデ跡の花探し。日曜日に見つからなかったワレモコウを「我」発見。コンデジでこれを撮るのがむつかしかった。ユッキーのとあわせて5枚ほどの写真は全部ピンボケ。即座に消去。残念。
 
 ロッジ跡からリフト駅跡までの細い道はますます細くなっているような気がした。慎重に通過して北比良峠へ。このあたりから曇り空は好天に変わり、陽が差してきた。大体こういうこと。仕方がない。

 ダケ道もいつもの「降りのユッキー」は自制して、ゆっくりと降りる。途中でこれからテンパクするというカップルに出会う。今日はじめての出会い。

 暮雪山多目的保安林駐車場に降りてきたら、2台車が駐まっていた。1台はあのカップルのものであろう。6時間半ほどの歩きであった。

 まだ16時になっていないので湖西道路も渋滞せず、すいすいと進み、名神で帰宅。

 帰宅して、カップ入りの冷やしぜんざいと牛乳でうちあげ。写真の整理をして、シャワーのあとは、ビールで乾杯。


 少しずつ季節は秋に移っている。朝、晩涼しくなってきたし、夜、秋の虫の合唱が耳に心地よい。





43.[9月5日(日)]八雲ヶ原  イン谷口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→イン谷口

       
イワギボウシ ツルニンジン キンミズヒキ アキチョウジ
マツムシソウ
キタヤマブシ

 リハビリ登山5回目。ユッキーの膝の調子、時間の関係でうまくいけば武奈にと考えて本日の山行。駐車場所に困るといけないので、6時40分に家を出る。今日は基本的に曇りで、それを承知で出発する。JR志賀駅前で食料調達、儀式を済ませる。

 家から1時間ほどで到着したが、別荘下の駐車場所ではすでに2台車が駐まっていた。支度をしていると、I(アイ)ちゃんがわれわれの隣に駐車され、挨拶をかわす。と、そのとき、かおりさんがやってこられた。お久しぶりですと声をかける。「脚がおそいから先に行きます」と言われて、正面谷に向かわれた。しかし、こちらはリハビリ登山。とうとう、金糞峠までに追いつくことはできなかった。かおりさんはお元気だ。

 ゆるゆるとアイちゃんといろんな話をしながら進んでいく。陽が差さないので気温は比較的低い。しかし、昨日の雨もあり、蒸し暑い。

 金糞峠で出発から2時間を越えている。ここから奧の深谷へ降り、沢沿いに遡行する。いつ来てもここの道は快い。

 ここでの道ではツルリンドウを見たいと思っていたのだが、あるところでは蕾であり、あるところでは実になっているということで、残念ながら花にはお目にかかれなかった。
 
 そうこうするうちに八雲ヶ原に到着した。ここでアイちゃんとお別れする。いろいろ楽しかったです。Take care of yourself !
 
 さて、武奈へ行こうかどうしようか。これからイブルキノコバ経由で武奈に行こうとすると12時30分には着けるだろう。時間的にはまあ許される範囲。膝もなんとか行けるか。どうするか迷っていたときにガスってきて雨がぱらっと落ちてきた。こうなるともう武奈まで行く気力は急速に失せる。この先花と言えば山頂近くのトリカブトぐらいだし、今日は山頂に行くのをやめにして、昼食とすることにした。ここで kol-yosioka さんに会う。

 昼食を終えて、このまま北比良峠にあがるのもなんだかなあと考え、広谷のキタヤマブシの様子を見に行こうということになった。

 八雲ヶ原からイブルキノコバ方向に進み、最初の谷を越えて二つ目の谷に向かっているとき、向こうから鈴の音ともに、ヨネちゃんが下山してこられた。なんとも早い。

 広谷のキタヤマブシの様子を聞いたところ、見に行くに値するほどの花は咲いてないとの答え。それで広谷まで行くことはやめにした。


 八雲ヶ原に戻り、ここでヨネちゃんはお昼とされる。われわれは、花探しでゆっくりとゲレンデ跡を登る。まるで宝探しのようである。そのうちお昼を済まされたヨネちゃんも登ってこられて合流する。

 北比良峠までご一緒して、ヨネちゃんは神璽谷を降りられるので、われわれはダケ道を降りる。イン谷口でお会いしましょうということで。

 降りは特に膝にはよくない。慎重にいつもより時間をかけて降った。車の所に到着したらすでにヨネちゃんは到着されていた。着換えをして、ヨネちゃんと一緒に久しぶりにHS比良に向かう。山の上では少し涼しいかなと思っていたが、降りてきたらやっぱり暑いので躊躇なく「かき氷」を注文する。涼しくなる。お土産を買って帰途に就く。途中混みかけていたのでまた迂回路を通って名神で帰宅。5時前に到着。

 シャワーのあとは山名酒造の「木桶生酛」。化学肥料、農薬を一切使わない「山田錦」を使って酵母・乳酸無添加の古典的製法で醸したお酒。奥の深いお酒だった。

       
オオカニコウモリ  八雲ヶ原  北比良峠  武奈ヶ岳スペシャル