2021年 8月の山歩き
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年] [2007年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


42.[8月29日(日)]ポンポン山花探索  森の案内所→西尾根→ポンポン山→東尾根→森の案内所

           
  ウバユリの実  ポンポン山 イヌブナの林   デザート クサアジサイ  クサギ
ミヤマウズラ
オタカラコウ

 リハビリ登山4回目。中2日の今日、比良にも行きたいが、我慢して西山とする。すべてはユッキーの膝に合わせての計画である。

 舗装道路を歩くのをできるだけ避けるために、車で出かける。名神高槻で降り、地道をくねくねと森の案内所まで進む。ここは京都市西京区大原野で、私にとって府外への移動とはならない。

 緊急事態宣言下でもあり、森の案内所の駐車場には入れない。道の待避所のところに駐める。

 森の案内所から反時計回りに西尾根でポンポン山へ行き、そこから杉谷への道を進み、途中で東尾根にのる。曇り空で陽が差さないためか、それほど暑くはない。アップダウンを繰り返しながら、リョウブの丘から山頂までの最後の登りがつらい。

 ポンポン山は10人ほどが食事中だった。ピーク写真のあとはすぐ、釈迦岳方向に進み、杉谷分岐で杉谷への道を行く。せっかく登った678.9mをどんどん降っていき、東尾根にのると今度は一転どんどん登って行かなければならない。

 今日は午前中は曇り空で暑いことは暑いのだが汗がぼとぼと落ちるほどではない。ほんの時折吹く風が涼しい。さらに、アブ、ブト避けにハッカ水を噴霧しているので、これが清涼感を与えてくれる。ミンミンゼミとツクツクボウシがBGM。

 イヌブナの林に着いて昼食。今日はコンビニおにぎりとデザートは自家製ケーキ。

 ここからは森の案内所まで40分ぐらい。最後が激降りで案内所の前に到着。車は案内所のゲート近くに駐めてある。

 リハビリ登山としてはまずまず。約5時間の山歩きだった。帰宅途中で、okaokaさんがよく立ち寄られる椎茸産直所に立ち寄り、買って帰る。名神高槻で高速にのって京都南まで。1時間で帰宅。

 お目当ての花に出会えて大満足の山行であった。帰宅してアイスクリームで打ち上げ。写真の整理をしてシャワー、夕食、ビールで乾杯。今日買ってきたばかりの椎茸を焼き椎茸にしてポン酢で食べる。これが絶品。おいしかった。病みつきになりそうである。

       
 ノブキ ミズヒキと モミジガサ ママコノシリヌグイ  オトコエシ 

41.[8月26日(木)]久しぶりに八雲ヶ原へ  イン谷口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→ゲレンデ跡→ロッジ跡→北比良峠→ダケ道→イン谷口

           
アオガレ下渡渉 ツルニンジンの蕾 イワギボウシの蕾 八雲ヶ原 八雲池 ツルリンドウの蕾
アキチョウジ
サギソウ 
キタヤマブシ
カワラナデシコ 

 リハビリ登山3回目。8月やっと3回目の山歩き。中九日。雨にたたられた日々であった。

 名神、湖西道路と車を走らせる。湖西道路沿いにはユリが点々と咲いている。比良山系のほうに目をやれば、ガスっていてあまり期待が持てる天気ではなさそう。志賀駅前でパンを買い、儀式をすませて山に入る。イン谷口のトイレ前にはロープが張られて立ち入り禁止になっている情報を得ているので、別荘下のところに駐める。

 なんと、I(アイ)ちゃんの車が駐まっている。ここはお隣に駐めさせてもらう。ゲイターをつけ、下半身にはイカリジン、上半身にはパーフェクトトポーションで、ヒル、ダニ、カ、ブト避けとし、アブ避けにはオニヤンマのフィギュア2つを帽子とザックにつけ、さらに、ハッカ水を噴霧する。これで万全(なんでそんなことが分かる? エヴィデンスを示して発言せよ。――はい、すみません)。

 なんとも蒸し暑い。給水をしっかりしないといけない。イン谷口では、カツラの木から甘い香りが漂ってくる。蝉はミンミンゼミがお出迎え(わが家ではお盆もすぎるとニイニイゼミとツクツクボウシの声は聞くが、ミンミンゼミの声は聞かない)。

 途中の水場でタオルクール。水量は多い。アオガレ下まで落石、崩落が心配だったが、それほど大きな変化はなかった。いつものように、アオガレ下で休憩。いつものように1時間経過している。

 アオガレを登っていると、下から、堂満のレジェンド、86歳のMBさんが半袖、短パンで軽快に登ってこられる。一昨日も来られたとかで8月6回目だとか。いろいろお話しして先に行ってもらう。

 えっちらおっちら花の写真を撮りながら登って行く。すると、金糞峠で、アイちゃんがお出迎え。

 「遅い」とわれわれを叱る声。金糞峠でMBさんに会われて、われわれがもうすぐ来られますよと聞き、待っていたところ、ねっからわれわれが到着しないのでイライラされていた様子。「これで当初の計画を変更しなければならなくなった」とアイちゃんはおっしゃる。久しぶりにお目にかかった。ヒアルロン酸の話とかハッカ水の話とか、いろいろと情報交換。結局、われわれのせいで正面谷ピストンされることとなった。(アイちゃん、申し訳ありませんでした)。

 さて、昼から夕立があるやもしれぬとの予報があるので、先を急ぐ。観音様ロード、奧の深谷を遡行する。ここでの花はツルリンドウぐらいと思っていたら、キタヤマブシが咲き始めていた。これはうれしい。初物だ。蕾はたくさんあるので、これから先が楽しみである。

 こうして、八雲ヶ原に予定より少し遅れて到着。さっそく石テーブルで食事。パンと牛乳、デザートは甘納豆。サギソウを見て、その他の花探しをしつつゲレンデ跡を登る。

 ロッジ跡に着き、北比良峠へ。崩れている細道がやはりさらに少し崩れていた。

 北比良峠からはダケ道で下山。ママコナの群生がきれいだった。イン谷口に到着。約6時間の山歩きだった。

 なにが効いたか分からないが、ヒル、ダニ、カ、ブト、アブの被害は皆無だった(もとから今日は出てなかったのじゃない? ――そうかも)。

 着換えをして車に乗り込み、渋滞なくスムーズに帰宅。帰ってKUBOTAのかき氷でうちあげ。そしてシャワーのあとは、無事歩けたことを感謝して、ビールで乾杯。

   
ホツツジ  ミヤマウズラ 





40.[8月16日(月)]深草トレイルで花探索  自宅9:15→桃山御陵→桃山城→八科峠→展望台→大岩山→大岩神社→大岩街道→12:00京阪藤森駅

           
 桃山城城門 桃山城  八科峠  小塩山方面(展望台から) 愛宕山方面(展望台から) 桃山城(展望台から)

 リハビリ登山2回目。盛夏のはずが梅雨のような長雨で各地に被害をもたらしている。山へ行こうにもこのお天気では行く気になれない。今日は音羽山へでも行こうかと思っていたのだが、昼から雨との天気予報が出ているので、ウォーキングがてら深草トレイルに行くことにした。早朝5時過ぎのを含めて出発までに3回も地震あり。これもテンションをさげる。9時過ぎから3時間たらずの歩きだった。大岩山山頂には工事中で入れず。深草トレイルはこのあと、稲荷山へと続き東山トレイルにつながるのだが、今日は、リハビリということで、藤森までとする。

 昼からどころか歩きはじめて1時間くらいでぽつぽつ雨が降り始め、ザックカヴァーをつけ、傘をさすことにした。花は少ないが、なんとかいくつか。ソーラー基地のフェンス沿いにアレチマツヨイグサがたくさん見られたのはわずかな慰め。京阪藤森駅近くのパン屋Kでパンを買い、帰宅して昼食とした。夕食時には山名酒造の「奥丹波純米生酒」で締め。奥行きのあるお酒。

         
 ヤブミョウガ  キツネノマゴ  ガンクビソウ  クサギ  
       
 アメリカオニアザミ  シュウカイドウ  アレチマツヨイグサ  大岩神社



39.[8月11日(水)]京都西山で花探索(2)

ある尾根で ある尾根で
 今日はユッキーのリハビリ登山。ヒアルロン酸2回目の注射を経て、主治医の許可の下に軽い花探索とする。なんと今日が8月初めての山行! 西山へは2週間ぶり、山行は中10日となる。

 Chさんに教えてもらった自動車のルートで今日も車で出かける。花はなかなかドンピシャとはいかない。オオキツネノカミソリ、ウバユリは名残の花となった。

       
 クサアジサイ ミゾホオズキ ノリウツギ  オオキツネノカミソリ 

 ノリウツギは花期が長いのか、まだきれいなのも残っていた。対照的にウバユリは花期が短い。2週間前に蕾を確認していたもののほとんどが開花をすませて実になってしまっていた。

       
 オトコエシ マルミノヤマゴボウ  アキノタムラソウ マツカゼソウ

 約5時間ほどの花探索を終えて、車に戻った。渋滞もなく帰宅して、アイスクリームで打ち上げ。シャワーのあとは山名酒造の「夏にごり」で締め。