2021年7月の山歩き
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年] [2006年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


38.[7月31日(土)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→コヤマノ岳分岐→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

アオガレ ダイコンソウ ホツツジ 山頂 釣瓶岳、蛇谷ヶ峰方向 リョウブの花の前で リョウブの花 オオバノトンボソウ
ノリウツギ
ヤマジノホトトギス
ヒヨドリバナ
マツカゼソウ
武奈ヶ岳(211回目)

 比良山系の夏となると見るべき花もずいぶんと少なくなっている。その中で気になる花があるので今日は武奈ヶ岳ということにした。天気予報によれば、日曜日よりも今日の方が天気がよさそうなので本日の山行としたが、家を出るときから曇り空。

 渋滞を危惧していたが、それほどでもない。トイレ前まで乗り入れる。すでに3,4台駐車している。

 蒸し暑い中を出発する。もうマツカゼソウが咲いている。高度をあげていくとノリウツギがまだ咲いてくれている。アオガレ下までの途中の水場でタオルクールする。

 アオガレ下で出発から1時間経過。水補給の休憩。渡渉してアオガレにとりつく。ヤマアジサイももう終わり。

 正面谷を汗まみれでゆっくり登る。出発から2時間で金糞峠に到着。コヤマノ岳南陵で行くか、それとも、八雲、イブルキノコバ経由で行くか。少しは涼しげであろうと、奧の深谷、八雲、イブルキノコバと、沢の横を歩くことにする。

 観音様ロードで木陰の中を進む。今日は陽が差さず本当に曇り空である。湿度は高い。ブトとアブがまとわりつくのでネットをかぶる。しかし、汗を拭くためネットをあげたときに侵入したブトに額をやられてしまう。八雲ヶ原を過ぎ、イブルキノコバへ。途中でユッキーが段差のあるところで足を下ろしたときに、膝ががくっとなり、「痛っ」となる。ここから歩行速度は落ちる。(8月2日、杉の下整形外科クリニックに行き、診断の結果、膝の軟骨のトラブルのようで、水を抜き、ヒアルロン酸注射)。

 イブルキノコバで水休憩。ここからの最後の登りに備えて、麹甘酒を飲み、甘納豆を食べる。

 タマガワホトトギスはもう終わってしまったが、ヤマジノホトトギスを今年初めて見る。沢から離れて尾根道との合流。ここから、コヤマノ岳分岐までの登りはつらいところである。早々と武奈ヶ岳に登った人が降りてくるのに出会う。

 分岐に着いて武奈ヶ岳を仰ぎ見る。ガスっていて、ぼんやりと山頂が目に入る。よし、最後の馬力をかけて冬道で登る。夏道は石ころゴロゴロで歩きにくいので、この頃はこの冬道を利用する人が多いとみえる。ホツツジを今年初めて見る。

 山頂に着いてピーク写真のあと、今日は風が少し吹いてくる西側のところで昼食とする。パンと自家製ケーキ。お茶と牛乳。チーズと枝豆のパンはお茶がよくあう。

 特に北の方にガスが大きくかかってきている。天気予報では昼から雨に注意とのことで、急いで片付けて下山開始。今日は北陵回りはやめにして、パノラマコースで降りることにする。しかし、山頂からコルに向かって降りていたときに、ぱらぱら雨が降ってくる。ザックカヴァーだけでよいかと思っていたが、次第に大粒の雨と変わり、すぐにレインウェアも着込む。まだ、昼過ぎなのだが、まさに「夕立」。ものすごい雨の中で道も川となりつつある中、八雲ヶ原に到着。雨は小降りになり、やがてあがる。

 なんだかあの雨は夢であったようである。レインウェアは片付ける。クマさん道をゆっくりと登る。下山中の登りというわけで苦しい。やっと北比良峠に到着。ここまでくればあとは降りのみ。ブトは少なくなったが、アブがしつこくつきまとうのでネットはかぶったまま。ところがこのアブ、卑劣な奴で、こちらが必死にピントを合わせて写真を撮っているときに手袋の上から咬みつきやがった。ばしっとはたいたものの、少し血が出て腫れてきて、痛痒い。アブ対策はなんとかしなければならぬ。


 よくある話だが、駐車地まで降りてきたら、晴れ上がり、あの雨は何だったのだろうという話。後始末ののち渋滞を恐れて、迂回路を通って帰宅。1時間10分ほどで難なく帰れた。

 今日の打ち上げは山名酒造の「Hyogo Sake No.85」。コクのあるお酒だった。

 本日のお目当てはオオバノトンボソウの生育状況を見ることであったが、かろうじて一株見つけたが、この前見つけていた三株は影も形もなくなっていた。鹿(?)、盗掘(?)。こんなにきれいになくなっているのは後者としか思えないのだが。山休さんが、場所を失念して見られなかったと言っておられたのは、当然のことだ。なくなっていたのだから。鹿とすれば、仕方がないが、盗掘だとすると、悲しくなってくる。こんなことをする人には山に来てもらいたくない。

 

37.[7月27日(火)]京都西山で花探索

 中二日で季節の花を楽しんできました。3時間ほどのお散歩。

       
 オオキツネノカミソリ  オトギリソウ  ウバユリ  ある尾根で


       
 オトコエシ マルミノヤマゴボウ ツリバナ ヒメヤブラン


       
 モミジガサ  イケマン  ヤマトウバナ  ミゾホオズキ

36.[7月24日(土)]大宮観光駐車場→日吉大社→大宮谷林道→横川→せりあい地蔵→玉体杉→峰道→釈迦堂→浄土院→根本中堂→本坂→大宮観光駐車場

日吉大社 分岐 ウバユリの蕾 せりあい地蔵 玉体杉 玉体杉から四明岳方面 キツネノカミソリ ノリウツギ
キツネノカミソリ
ミゾホオヅキ
フジウツギ(?)
ダイコンソウ
久しぶりに比叡山(横川、東塔、西塔)

 比良にも行きたいが、好天の土曜日、おそらく渋滞が予想されるので、比良は避けて、比叡山に出かけた。いつものように大宮観光駐車場に駐車して、8時10分ぐらいに出発。今年3月の苦い思い出があるので、丹念にイカリジンを噴霧しておく。今日は好天で雨上がりでもないのでヒルはまずいないと思われるが、念には念を入れる。いまだに今年3月のトラウマがあるので。

 日吉大社から比叡山高校横を登り、分岐に着く。右にとり、大宮谷林道に。相変わらず蒸し暑い。ときおり風が吹いてきて気持ちがよくなるが、長くは続かない。川と反対の左側の斜面で少し崩れているところもあるので、気をつけてさっさと通りすぎる。悲田谷分岐に着いて、飲水休憩。ここらあたりまでは花はない。

 ゆっくりと高度を上げていく。花を探して両側をきょろきょろしながら、足もとのヒルにも注意する。

 上の鎖のゲートに来れば、あと少しということになる。

 帰りの渋滞を避けるべく、最短時間で回ることに努める。そこで、横川本堂にも寄らず、バス停駐車場へ。ここから峰道で東塔に。アップダウンがあるので、昼食前の身にはつらい。せりあい地蔵を経て、玉体杉へ。今日はいいお天気なのであべのハルカスまで見える。ここで、麹甘酒を飲み、元気をつける。

 東塔から西塔へ。階段の登りがつらい。もう一踏ん張り。大比叡にまわり、無動寺道でイワタバコを見ることも考えたが、今日はずいぶん歩いたし、これ以上はしんどいのと、ユッキーがイワタバコにはもうひとつ魅力を感じないということで、なるべく早く帰れて帰り道の渋滞を避けるコースをとることにした。根本中堂の上の一隅を照らす会館に到着して待望のお昼ご飯。コンビニおにぎりとお茶、自家製ケーキと牛乳。参拝客がずいぶんと多い。

 ゆっくりお昼を食べて、本坂で降る。

 かなり下の方に来たところ、ヴォランティアで道の整備をしたり、埋もれた古仏を掘り起こして祀っておられる方に出会う。比叡山の古道をいろいろと紹介して頂き、話が弾む。この方は坂本の方で前にもお会いしたことがあるが、比叡山の隅から隅までご存知で、歴史にも詳しい。また、われわれの未踏の道へのチャレンジの刺激を頂いた。

 ご一緒に日吉大社の鳥居のところまで降りてお別れする。

 駐車場に戻り、帰りの渋滞を恐れて、着換えもせずに出発。途中、大津バイパスから一号線に降りるところで少し詰まっていたが、あとは名神も問題なし。予想通りスムーズに帰宅できた。

 まずは、アイスクリームと牛乳。シャワーのあとは、今日は日本酒。山名酒造の「ささ澄み・純米生酒」で乾杯。

 キツネノカミソリが見られたのが本日の収穫だった。
 

35.[7月18日(日)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南陵→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

アオガレ ダイコンソウ トリアシショウマ コヤマノ岳南陵 コヤマノクラウン 武奈ヶ岳山頂 シロバナゲンノショウコ ノギラン
タマガワホトトギス
ウツボグサ
ナツツバキ
オニノヤガラ
武奈ヶ岳(210回目)

 雨にたたられ、また、諸用事ありで、武奈ヶ岳は遠くなっていた。6月9日以来の武奈ヶ岳詣で。金曜日の天気予報では土曜日よりも日曜日の方がよかったのだが、予報ははずれ、朝から曇り空である。

 名神、湖西道路と進む。比良の山々はガスっていて、車のフロントガラスにもときおりぱらっと雨粒がかかる。JR志賀駅前で食料調達、入山の儀式。

 梅雨明けになって今日は日曜日だから、おそらく、多くの車が暮雪山多目的保安林駐車場に来ているだろうと思っていたら、出合橋のところで上から降りてくる車がある。聞いてみたらやはり駐車場は一杯とのこと。そこで上まで上がらず、別荘下のところに駐めることにする。隣を見ると、Ch さんの車があり、さらにその隣にはアイちゃんの車がある。

 準備をして出発。案の定トイレ前の駐車地では30台ほどの車がぎっしりと駐まっていた。ガスっている中を黙々と登る。すると、早くも上から降りてこられた kol-yosioka さんに出会う。昼から用事があるので、ちょこっと堂満まで行ってこられたとか。そう言えば、トイレ前に特徴のあるyosiokaさんのバイクが駐まっていたことを思い出した。

 下の方ではノリウツギがもう終わっていたが、少しずつ高度があがると、まだ、きれいに残っているノリウツギがある。アオガレ下で1回休憩。次は金糞峠をヨキトウゲ谷のほうへ降りたところで2回目の休憩。金糞峠までは蒸し暑かったが、ここを過ぎると、風が吹いてきて、暑さがすこしやわらぐ。太陽が照りつけることはないので、日差しの暑さは免れている。

 四つ辻に上がり、いよいよつらい急登の南陵。途中でブトの攻撃にあい、額3箇所ほどかまれる。ネットは持ってきていたのだが、時既に遅し。

 ブナ林はガスっていて、幻想的な光景が展開する。ようやくコヤマノクラウンが見えてきた。

 ここまで来れば武奈ヶ岳山頂まではあと一踏ん張り。山頂はガスの中。冬道を登っていく。すると、上の方からChさんの声が聞こえてくる。声だけで姿は見えない。誰かと話をしているようだが、一体誰なのか。西南稜にあがったら、なんと、洛西おやじさんとChさん。洛西おやじさんは坊村からのピストンで下山途中だったが、ユッキーの顔が見たいというので、また、山頂へ戻られた。

 Chさんは比良の王道で登ってこられたのだが、山頂近くで、4人の積もる話をあれやこれや。名残惜しいが、洛西おやじさんは下山され、Chさんとわれわれは北陵の肩で昼食。ときおり強い風が吹く。汗をかいた体には気持ちよい。

 昼食を終えて下山しようと冬道を下り始めたら、なんと、山休さんが昼食休憩しておられた。声かけして、八雲ヶ原で会いましょうと言って、われわれはChさんとイブルキノコバ経由で八雲ヶ原に。本日の目的の一つだったタマガワホトトギスをかろうじて発見し、写真に撮る。道すがらナツツバキを確認していくが、いずれも高木なので、花を見つけても写真を撮るには至らず。

 八雲ヶ原到着。山休さんと合流。八雲ヶ原で山休さんが「あの花は?」と言われたので、振り返ってみたら、なんとナツツバキ。まだ蕾もたくさんあって比較的写真が撮りやすい。よかった。ナツツバキも今日の目的の一つだった。

 今日はクマさん道で北比良峠に。イブキジャコウソウは残り少なくなったが、まだ咲いている。

 ダケ道に入って、下に行くに従って蒸し暑さが増してくる。楽しみは、オオバノトンボソウの生育状況。もうほんの少しというところまで来ていた。ただ、これも写真には撮りにくい。

 あとはもうだらだらと降っていく。大山口に着いたらもう4時を過ぎている。これはHS比良に立ち寄るのは厳しいなあ、ということで、今日のところは帰りに立ち寄ることを諦める。

 駐車地に着いて、山休さん、Chさんとお別れする。ご苦労様でした。いろんな話ができて楽しかったです。

 4時30分に出発して帰宅の途に。途中、西大津バイパスで、Chさんと山休さんの車を発見。山休さんとはその後名神京都南インターまでご一緒(?)。

 帰宅して、バナナと牛乳でうちあげ。そして、シャワーのあとは、夕食チキンガーリックソテーでビール。

 武奈ヶ岳はやはり遠い、厳しい。年齢を重ねるとよけいにそう思われる。まあ、ともかく本日210回目の武奈ヶ岳であった。
 

34.[7月10日(土)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

蛙のお出迎え トリアシショウマ ヤマアジサイ 八雲ヶ原(Y) イワキンバイ ダイコンソウ ノリウツギ  イワガラミ
ムラサキシキブ
テリハノイバラ
ギンリョウソウ(Y)
オオルリソウ
花を求めて八雲ヶ原に

 山に足繁く通うようになってから、天気予報には敏感になっている。用事や雨でとうとう半月ほど山とはご無沙汰となり、今週末はなんとしてでも再開したいと思っていて、各種メディアの天気予報をあれこれ調べていて、午後からは天気が悪くなるという予報であったが、ロングコースをとらず早く下山しようということで、本日の山行を決定した。

 曇り空の中、車を走らせる。湖西道路を走っていると、比良山系はガスの中。道路脇のネムの花が咲いているのがわずかな慰めとなる。いつものように志賀駅前で食料調達、入山の儀式。こんな天気では遊びに行く人も少ないのだろう、名神、161号線とスムーズに車は進んだ。

 トイレ前駐車場に着くと、上の方で5台ほど車が密に駐まっていた。下の方には全く車がないので、これはグループかなんぞのキャンプ組かなと思う。下山したときにはこの車はすっかりなくなっていた。

 ゲイターをつけ早速出発。雨上がりで蒸し暑い。イワキンバイとナツツバキの花鑑賞、オオバノトンボソウの生育状況の確認が本日の山行の眼目である。

 いつものようにアオガレ下で1回目の休憩。ほぼ出発から1時間。濡れているので滑らないようにアオガレを慎重に登り、金糞峠が上の方に見えるあたりに来ると、下から鈴の音が聞こえてくる。これはヨネちゃんに違いないと思っていたら、やっぱり、ヨネちゃん。お久しぶりでということで、以後、下山までご一緒する。途中、イワキンバイを確認しようと思ったが、ほとんどの花はもう落ちていた。1週間か10日前だったらなあと思うが、いかんともしがたい。

 金糞峠で2回目の休憩。それから、奧の深谷に降りて、遡行する。

 正面谷の下の方ではすでに花が散って終わってしまっているヤマボウシが奧の深谷では残っている。ナツツバキは高木で花開いているのもあるし、蕾もある。残念ながら高すぎてうまく写真では撮れない。

 ギンリョウソウの実になった「目玉おやじ」をヨネちゃんに教えてもらう。こんな状態のギンリョウソウは見たことがなかった。
 

 八雲池の周りから八雲ヶ原に到着。少し早いがここでお昼とする。今日は、いつものパンに抹茶あんパンを加えた。

 12時に八雲を出発。ここではじめて他の登山者と出会う。今日もゲレンデ跡を登る。距離的に少し長くなるが、花探しの楽しみがこちらにはある。ここで斜面下遠くにあるナツツバキの花を確認。

 あとはロッジ跡から北比良峠、ダケ道で降る。大山口を経て駐車地に。結局、予報の午後からの雨には遭わなかった。

 着換えをすませ、ヨネちゃんを比良駅に送ったあと、湖西道路、名神高速道路で帰宅。いつもと同じように大体1時間ぐらいで帰ることができた。

 帰宅してアイスサンドクッキーと牛乳でうちあげ。シャワーのあとは、山名酒造の「純米大吟醸槽搾り・奥丹波」。深いコクのあるお酒。陶然となる。原則としてお酒は山から帰ったときにだけ飲むことにしているので、山へ行く回数が減ると、酒量も減ることになる。

 次の山行の花はナツツバキとタマガワホトトギスか。今年はコアジサイの最もきれいなときの山行を欠き、これは残念。本日も咲き残りのコアジサイを見ることは見たのだが。

 ヨネちゃん、本日はわれわれのスローペースに合わせて頂きましてありがとうございました。ご一緒すると、お話楽しくて、単調で長いダケ道もあっという間でした。また、どこかでばったりとお会いしましょう。