2021年6月の山歩き
2021年 1月 2月 3月 4月 5月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年] [2006年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


33.[6月24日(木)]一丈野駐車場→落ヶ滝線→落ヶ滝→鶏冠山分岐→天狗岩→耳岩→天狗岩線→谷沿いルート→オランダ堰堤→一丈野駐車場

一丈野駐車場 落ヶ滝 カキラン 天狗岩をバックに 天狗岩をバックに 耳岩より降りる キンコウカ ササユリ
ミヤコイバラ
ジガバチソウ
カキラン
コバノトンボソウ
カキラン鑑賞で金勝アルプスに

 かおりさん、山休さんが20日(日)に出かけられてカキラン、キンコウカの報告を行っておられる。そこで、われわれも本日鑑賞に出かけた。

 名神、新名神と進み、草津田上インターで高速を降りる。

 1回目(2015年)はこてつさん、JOEさんとご一緒だったが、2回目(2017年)からはわれわれだけで来ていて、今日が6回目となる。

 地道に降りてからはダイキン等の工場があるのでその通勤する人の車で道は少し混んでいる。2号線、R108で上桐生を目指す。駐車場は6月中は土・日を除けば無料ということでわれわれも恩恵を受ける。土・日は700円。7月からは土・日、平日を問わず700円となる。われわれの前には6,7台すでに駐車していた。

 駐車場には立派なトイレがあり、儀式を済ませて出発。まず北谷林道を進み、落ヶ滝線(ここは「コース」を使わず「線」と表示している)でまずは落ヶ滝へ寄る。カキランは咲き始め、一方、キンコウカは終わりに近い。尾根に上がるまでに、あと何ヶ所か、カキラン、キンコウカ、モウセンゴケ、コバノトンボソウを鑑賞するスポットがある。

 途中、カキランを探しておられた女性二人組にお教えすると、たいそう喜んで頂けた。お返しに(?)、宇治から来られている二人組からササユリのあるところを教えて頂いた。このササユリは登山道から少し外れたところにあり、教えてもらわなければ絶対に分からないところにあった。

 鶏冠山ははじめから行く予定にしていない。花があればもちろん行くのだが、その見込みがないからだ。この分岐からは尾根歩き。アップダウンあり。花崗岩でザレていてシダが多いというところはリトル比良に似ているとも言える。

 天狗岩、耳岩と進み、ここのベンチで昼食。コンビニおにぎりとお茶。甘納豆も食べる。昼食後、白石峰、竜王山も花がないので、パスして、いよいよ、耳岩から、ロープを頼りに急降下する。

 緊張を要し、一歩一歩降っていく。いつもはあまり使わない上腕の筋肉を使って、慎重に降っていった。谷沿いルートと尾根ルートの分岐に来て、迷うことなく谷コースを選ぶ。こちらのほうが断然花が多いからだ。

 あとは沢沿いに何度も何度も渡渉しながら桐生キャンプ場に到着。ここからオランダ堰堤を経て駐車場に進むのだが、なんだかいつも遠いような気がする。舗装道路を歩くということとも関係しているのだろう。

 5時間半ほどの歩きだった。車で着換え、片付けをして出発。何の問題もなく帰宅できた。バナナとアイスキャンディでうちあげ。いろいろと片付けをしてお風呂のあとはビールで乾杯。


 さまざまな収穫があった。ササユリは終盤、キンコウカも終盤、カキランはまだまだこれからも。ジガバチソウももう終わりだろう。コバノトンボソウはうまく撮れたが、モウセンゴケはどれもものにはならなかった。

 季節の花々を鑑賞する山行。花のドンピシャ、雨と用事、いろんなものがうまく合わないと最良の結果に結びつかない。比良にもまた行きたいし、赤坂山も気にかかる。それに、しばらく行っていない比叡山も。

 

32.[6月20日(日)]イン谷口→大山口→アオガレ→金糞峠→奧の深谷源流→八雲ヶ原→ロッジ跡→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

ササユリ コアジサイ ヤマボウシ 八雲ヶ原 八雲池 イブキジャコウソウ タンナサワフタギ HS比良
ササユリ
イブキジャコウソウ
クモキリソウ
ホナガタツナミソウ
正面谷から八雲ヶ原へ

 用事、雨等で10日間も山に出かけられていない。幸いなことに今日は曇りから晴れという天気予報である。そこで、本日山行ということになった。ただし、明日にワクチン接種2回目を控えているので、長い距離はさけることにする。ということで、八雲ヶ原まで行くことにした。

 昨日雨だったため、花の水やりは最小限ですませられるので、7時前に家を出た。名神も日曜日は比較的空いている。ただ、遊びに行くと覚しき車はそこそこあり、湖西道路でもそれは同じだった。

 JR志賀駅前のパン屋は7時30分から始まるが、今日は7時20分ぐらいに着いた。これは一番乗りと思っていたら、5人ほどの待ち行列ができていた。いつものやつを買い、儀式を済ませる。イン谷口には8時前に到着。別荘下のところに駐車。ここでもすでに3台ほどがすでに駐まっていた。用意をして出発。

 トイレ前の駐車地にはコーンポストで入場禁止と書いてあるが、バリアーをよけて、すでに一杯の車が駐まっていた。他府県ナンバーの車が多い。

 昨日の雨をひきずっているのか、曇り空のもと、進む。すでに、ノイバラ、ウツギはおしまい。さすが日曜日、次から次へとハイカーがやってくる。次から次へと追い抜いてもらう。

 1時間ほどかけてアオガレ下に到着。すると、男女のペアーが渡渉して左へ曲がらず、どんどんまっすぐ登って行こうとしているのが目に入った。大声を出して、左へ戻るように指示する。この頃山に入る人が増えているような気がするのは私だけだろうか。しかも、経験が不足している人が多いようにも見える。

 アオガレ下で休憩して、アオガレにとりつく。ヤマボウシがいま一番美しいとき。純白の花がいっせいに太陽の方を向いて咲いているのを見るのは楽しい。アオガレをすぎると今度はコアジサイの花が咲いている。ようやく咲き始めたか。

 金糞峠に近づくと風が吹いてくる。長袖一枚のシャツでは少し寒くなる。金糞峠を下りて、奧の深谷を遡行するところで、半袖を上に一枚羽織り、甘納豆を食べて休憩。ここからは観音さまロード。ハルゼミの声が力強く響いてくる。10日前は鳴き始めで弱々しいものだったが。

 八雲ヶ原に11時前に着く。石テーブルの前の石に腰掛けお昼とする。パンと自家製ケーキ。今日はコーヒーをやめ、牛乳とした。30分ほどして出発。池の周りをまわり、モリアオガエルの卵塊を見て、ゲレンデ跡からロッジ跡へ。ホオノキの花はすっかりなくなっていた。北比良峠のイブキジャコウソウはきれいに咲いていた。白いのもあってこれには感激。

 あとはダケ道、大山口。大山口で靴、ゲイター、ストックを洗う。ユッキーはアイシングで流れの中に足をつける。冷たくてとても長くはつけていられないと言う。ゆっくりと駐車地に向かう。宣言解除に合わせてか、すでにコーンポストはなくなっていた。車で着替えて、今日も、HS比良に。武奈に行かず早く降りられたので、おはぎがまだ残っていた。アイスコーヒーとともに頂く。Oさんが武奈に行かれたということを聞くが、帰りの渋滞が嫌なので、帰宅の途に就く。16時30分には家に到着。

 お風呂のあとは、明日のワクチン接種のこともあり、軽くビールで乾杯。

 今日のルートで、ササユリを5輪見られた。もっとも、そのうち3輪はペリカン蕾。あと3日か1週間か。ササユリが群生しているところは壮観で、それはそれでいいのだが、今日のように、人知れず密やかに一輪たたずんでいるササユリをそっと鑑賞するのもなかなか乙なものである。それと、これは地味な花なのだが、クモキリソウの開花も見られた。よくぞ食われずに咲いたものだ。ただ、この写真を撮るのは非常に難しい。

31.[6月9日(水)]坊村→御殿山→武奈ヶ岳→御殿山→坊村

三宝橋 タニウツギ テイカカズラ 山頂 煎茶ケーキ 西南稜で ヤマゴボウ 茶坊にて
ユキノシタ
エゴノキ
ヤマボウシ
 タンナサワフタギ
坊村から武奈ヶ岳へ

 気になる花がいくつかあるので、今日も坊村ピストンで武奈ヶ岳に行くことにした。梅雨の中休みがしばらく続いていて、今日もいいお天気。気になる花は、ササユリ、キンラン、トンボソウ、ヤマシャクヤク等。

 西南稜のレンゲツツジは終わり、ヤマツツジは咲き始め。しかし、ヤマツツジの元気はなさそうだ。キンラン、トンボソウは盗掘されていた。シカが囓れば残骸はあるが、残骸が全くないので人間のせいに違いない。せっかく楽しみにしていたのに、情けない。ヤマシャクヤクは花のドンピシャには間に合わず、花は落ちていた。こちらは盗掘されてはいなかった。来年に期待しよう。ササユリは数が本当に少ない。蕾を3つほど確認。さて、いつ開花するのだろうか。

 葛川市民センターで駐車。今日も8時過ぎに到着したが、けっこうな数の車が来ていた。前回来たときは日曜日だったが、今日は水曜日なので前回ほどの車はない。前回の三分の一ぐらいか。

 沢を行くこともないコースなのでゲイターはつけずに出発。明王院の橋の手前で、牛コバ、白滝山へ行く道には「通行止め」との札が貼ってある。あとで、「茶坊」に寄って詳しい話はマスターから聞くことになる。

 明王院の三宝橋のあたりで標高300mぐらい。佐々里峠とはえらい違いだ。急登でがまんの登り。モミジのコバ(われわれの命名)まで、植林の中を黙々と進む。モミジのコバに来て休憩。ここで満開のエゴノキの花を見る。

 モミジのコバすぐのところにトリカブトの群生地がある。葉っぱはぐんぐん成長して元気そうだ。開花時期にここに来ることがなく、今年は来てみようかと思う。黒くなることがなくこのまま元気で夏を乗り切ってくれればいいのだが。

 ジグザグ道をえっちらおっちら登り、夏道・冬道分岐を経て夏道で枯れ谷へ。そこから斜面を登り、見晴台へ。ここのヤマボウシが白くてきれいだった。おとなりにはタニウツギとタンナサワフタギが咲いていた。ここでまた休憩。

 あとは、御殿山(1097m)をめざし、御殿山から50mほど降りてワサビ峠、そこから、ベニドウダン、サラサドウダンを見ながら、第1ピーク、第2ピーク、第3ピーク、第4ピークを経て武奈ヶ岳山頂に至る。

 山頂には全部で10人ほどか。今日は琵琶湖側に座る。コンビニおにぎりとポタージュスープ(味噌汁といかんかい! すみません、5月末で賞味期限切れのが残っていましたので。洛西オヤジ風で)。デザートは煎茶ケーキとお茶。

 さて、お腹も膨れたところで下山開始。ピストンの醍醐味(?)は、登りでは発見できなかった花が降りで視線が変わり発見できること。現に今日もササユリの蕾を発見できた。

 脚を痛めてからは「降りのユッキー」も、その名にふさわしくなくなってしまった。慎重にゆっくりと降る。

 坊村に着いたら「茶坊」に。席に着けば、こちらから注文を言わずとも、「コーラフロートですね」ということになる。気になっていた「通行止め」の表示についてお聞きしたら、林道の途中、「三の滝」の近くで右手の斜面が崩落して土留の網を破って大きく土砂が流れ道を塞いでいるとの由。かなりの崩落のようで、無理をしないほうがよいという話。崩落が起こったのは5月下旬から6月はじめにかけてのことらしい。

 また、5月23日に単独で鎌倉山へ出かけた人が、下山途中で、おそらく江賀谷で遭難された事件(まだ遭難者は発見されていない)についてとか、白滝谷の橋はボランティアがかけていたとか、いろいろと話を伺った。

 話がおもしろく、つい長居をしてしまった。急いでセンターの駐車地に行き、後片付けをして車に乗り込む。今朝出発したときに駐まっていた車のほとんどはもうなかった。帰路は順調に車を進め、5時頃には帰宅。イチゴアイスを食べてお風呂に入り、仕上げはビールで。

P.S. 今日は枯れ谷のところでハルゼミの声を比較的長時間はじめて聞いた。5月、6月にこれを聞かないと夏の到来が本格的にならない。

30.[6月6日(日)]佐々里峠→品谷山・ダンノ峠分岐→品谷山→品谷峠→トラゴシ峠→廃村八丁→四郎五郎峠→ダンノ峠→分岐→佐々里峠

佐々里峠のお地蔵さん 芦生杉のお地蔵さん 風化木 クマはぎ 廃村八丁の小屋 ギンリョウソウ ミゾホオズキ オオバアサガラ
ハクウンボク
ヤマボウシ
ツルアジサイ
ハクウンボク鑑賞に品谷山へ

 ハクウンボクが咲いていると風の便りにあったので、品谷山に出かける。鞍馬街道を車で進んで行くには道が狭いので運転は厳しいが仕方がない。決死の覚悟で進む。道中、何度も対向車が来てヒヤヒヤする。こてつさんの車に乗せてもらって出かけるありがたさが身にしみる。

 佐々里峠に着いたら、なんと、とうげみちさんが来られていた。われわれ脚が遅くて申し訳ないが、ご一緒しましょうかということになる。コースは2018年10月21日にこてつさんに案内してもらったコースと同じで。このときがわれわれにとって10年ぶりの品谷山で、今日はそのとき以来の3年ぶりというわけだ。3年前は21号台風のあとで、あちこち爪痕が残っていたのを覚えている。

 イカリジンを念入りに噴霧して準備する。最初は曇り空であったが、正午に近づくにつれいいお天気になった。天気予報通り。

 佐々里峠から出発で、ここがすでに735m。その点はありがたいが、いきなりの急登。「ここが一番しんどいとこです」とこてつさんに言われて、信じていたら、「ここが一番」というところが次々に出てきてがっかりしたのを思い出す。

 ダンノ峠分岐からは向きを南西、西へと進む。アップダウンはあるが、気持ちのよい尾根筋を歩く。P866の名物「風化木」も通って品谷山山頂に。見晴らしはよくない。とうげみちさんに本格的なカメラで写真を撮ってもらう。

 品谷山から品谷峠を経てスモモ谷を八丁へ降りるのが近道なのだが、今日も「峠巡り」でさらに南西へ進み、トラゴシ峠で南下する。八丁に降りて、昼食に適した場所を探しつつ川を遡行する。やっぱり小屋のあるところが一番よいかということで、ベンチのあるところでお昼とする。今日は出町柳のパン屋で買ったパンとお茶。キーウィーと自家製煎茶ケーキがデザート。

お腹も大きくなったので出発。しかし、食事後の登りはつらい。まずは四郎五郎峠へ。幾度となく渡渉をくりかえす。踝あたりまでの水深でジャブジャブと渡っていく。中途半端に水に濡れた石に脚をかけると滑る。四郎五郎峠からはダンノ峠へ。

 ここからが急登。午前中からのアップダウンがボディブロウのように効いてきて、喘ぎながら登る。分岐までくれば、佐々里峠まであと30~40分。道路を走る車の音が聞こえてきて、道路が見えればほっとする。

 約7時間(食事、休憩、写真タイムを入れて)でスタート地点に戻ったことになる。後片付けをして、またどこかでお会いしましょうと言って、車に乗り込む。帰りは運転も少し慣れたか、余裕を持って家に辿り着いた。

 お風呂のあとは、山名酒造の「野条穂」で締め。コクのあるお酒。

 今日は、お目当てのハクウンボクが満開でちょうど見頃だった。この花期は短いので来週にはあちこちで花が落ちているだろう。今日のコースでエゴノキが見られなかったのも面白い現象。

 その他、ホオノキの花はあちこちで咲いていた。写真に撮るのがむつかしいのはここでも同じ。ヒトツボクロが見られたのも嬉しかった。ヤマボウシもあちらこちらに。写真を撮るのもあまりの多さに後半には「もうええわ」となった。タンナサワフタギ、オオバアサガラ、ツルアジサイも鑑賞。今日は木の白い花の一日だったと言える。

 ヒル地獄と言われる八丁であるが、今日は一匹も見られなかった。このあたりに出没するシカが減ったからだろうか。真新しいクマはぎは見られたので、クマはいるのだろうが。


29.[6月2日(水)]イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→コヤマノ岳分岐→武奈ヶ岳→イブルキノコバ分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

コアジサイ ヤマボウシ ミヤマナルコユリ 武奈ヶ岳山頂 コヤマノ岳分岐 エンレイソウ ホオノキ ヤマツツジ
ノイバラ
タンナサワフタギ
ナナカマド
カマツカ
奧の深谷から武奈ヶ岳へ(208回目)

 好天が続いたので、比良もそれなりに開花を進めているだろう、ということで、今日も武奈ヶ岳に。天気予報通り午前中は曇りで山頂などでは風が強く少し寒いぐらいだった。

 平日なので、しかも、天気予報ではそれほどいいお天気ではないので、ハイカーは少なかった。志賀駅で食料調達、儀式をすませ、8時過ぎにイン谷口に到着する。われわれは別荘のしたのところに駐めたが、トイレ前では、コーンポストのバリアーを開けて4台ほど車が駐まっていた。

 長袖シャツ一枚で出発する。アオガレ下までのところでもけっこういろいろな花がある。ウツギはもう茶色くなって終わりかけ。デワノタツナミソウやシライトソウを見ながら登って行く。コアジサイも色づいているのが見られた。サルナシの花もあり、アオガレではヤマボウシが白くなっていた。ミヤマナルコユリもぽってりと。

 昨年ササユリが咲いていたところで確認するも、花そのものがない。あとで yosioka さんに聞いたところ、猿が食べるか、あるいは、人が盗んでいったかであろうとのことだ。

 金糞峠すぐ下で、上から早くも降りてくる人がいる。なんと、これが堂満の主MBさん、86歳。話を始めていたら、下の方から超特急で登ってくる人がいる。これがなんと、yosioka さん、66歳。金糞峠手前で、MBさん、yosiokaさんとわれわれの三者会談となる。みなさんお元気。MBさんは5月は10回堂満に登ったとおっしゃる。yosiokaさんの活動はヤマレコでみなさんご承知の通り。元気で山歩き続けましょうと言って別れる。

 今日のわれわれのルートは奧の深谷、八雲ヶ原、イブルキノコバ経由で武奈とした。このコースは時間にお急ぎでなければお薦めのコース。森と渓流で心が癒やされる。二つほど流されていた橋が修理されていた。ありがたい。

 八雲ヶ原からイブルキノコバへ。ここのコアジサイ街道、花はまだ。イブルキノコバで麹甘酒を飲む。ここから尾根コースもあるが、われわれは断然沢コース。こちらのほうが楽しいからだ。尾根コースと合流したところからしばらく登ったところで下山中のyosiokaさんに再会。ワサビ平から口の深谷経由で武奈に行かれたとか。マニアックなコースだ。またのばったり再会を期してお別れする。

 コヤマノ岳分岐からは冬道で山頂へ。コルから見る限り人は誰もいない。到着してしばらくはわれわれで山頂を独占した。お昼には少し遅いので、もうみなさん下山されたのだろう。南東の風が強かったが、今日は琵琶湖側を見て昼食とする。パンとお茶、コーヒー。デザートは自家製煎茶ケーキ。

 登りは遠回りで来たので帰りはパノラマコースで八雲ヶ原へ。そこから、ゲレンデ跡と、リフト駅跡近くのホオノキの花を見るべく、登り返す。ホオは高木で花も高いところにあるので写真を撮るのはなかなかむつかしい。なんとか一つだけ撮れた。あとはダケ道で大山口、駐車地まで。ダケ道のヤマツツジ、なんだか少ないような気がするが・・・

 今日は自家製味噌も切れたので、HS比良でお味噌をぜひとも買わなければと、JR比良駅前に急ぐ。本当に久しぶり。半年ぶりぐらいか。アイスコーヒーとアリコベールで打ち上げ。お味噌も買って、帰途に就く。

 雨も降らず、比較的涼しく比良で遊ぶことができた。今日はビールで乾杯。