2021年5月の山歩き
2021年 1月 2月 3月 4月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年] [2006年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


28.[5月29日(土)]イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

ミヤマナルコユリ フタリシズカ ハナイカダ 武奈ヶ岳 山頂 ダケ道で 大山口の小橋流される ジャケツイバラ
デワノタツナミソウ
アカモノ
アズキナシ
サラサドウダン
またまた武奈ヶ岳へ(207回目)

 月曜日にワクチン接種を控えているので、土曜日より日曜日のほうが天気良さそうだが、本日山行とした。

 いつものようにJR志賀駅前のパン屋で食料を調達し、入山の儀式を行う。10日前と異なり、今日は比良山系は志賀駅前からくっきりと見える。イン谷口、別荘下のところに駐める。すでに車が一杯で端っこにかろうじて車を入れる。

 
天気予報通り曇り時々晴れ。ゆっくりとスタートする。アオガレまでのところでこのところの雨で崩れているところがないかと危惧していたが、落石の配置が少しずれているのもあったが、おおむね、変化はなかった。

 アオガレ下から渡渉してアオガレを登る。水量は多い。滑らないように慎重に渡る。金糞峠まで新たな大きな崩落はなかったようだった。

 金糞峠でもう出発から2時間以上かかっている。金糞峠で休憩せず、先を急ぐ。ヨキトウゲ谷に入って最初の小橋は半分流されている。石を伝って渡り、残っている半分は小橋を利用する。続く橋は落ちているが、これは、渡渉になんら支障はない。最後の四つ辻へ上がる小橋は、多分大丈夫だろうと思って近づいたらやっぱり問題はなかった。小橋を渡りジグザグで四つ辻へ。いつもはここで休憩するが、今日は休憩せずにコヤマノ岳南陵を登って行き、第一ステージで休憩する。パン屋で買った抹茶あんパンがおいしい。

 元気が出たところで登りを続ける。第二ステージ、第三ステージ。ブナの林となると中峠からの合流地点も近い。

 コヤマノクラウンを見てコヤマノ岳(1181m)。ブナ林を降ってイブルキノコバ分岐のコル。そこから、冬道で登り返す。夏道は石ゴロゴロで歩きにくいので避ける。山頂にはポツポツと人が見える。

 ピーク写真のあと、今日は北陵まわりで下山するので、北陵の肩のところで昼食とする。豆チーズパンとブルーベリーチーズパン。お茶とコーヒーで。

 さて、下山。北陵の滑りやすい粘土質の急坂を慎重に降る。今年のコハクウンボクはどうだろう。6月に開花だが、どうも花をつける感じがしない。まあ、あと1ヶ月待ってみよう。細川越からスゲ原へ。今年のオオバアサガラはどうだろう。なんだかこれも花をつけそうな感じがしない。ヤブデマリもまだまだ。

 細川越から八雲ヶ原までは誰にも会わず、われわれだけ。静かな谷を黙々と歩く。広谷の橋は全部使えなくなっており、渡渉は工夫しなければならない。どこをどの石を伝って渡るか、ゲーム感覚でおもしろい。

 イブルキノコバを通って八雲ヶ原に着いたら、テント村になっていた。足早に通りすぎ、ゲレンデ跡を進む。オオバキスミレはもう終わっている。ここを行くのはホオノキの花を確認するためである。確かに花は咲いていた。しかし、写真を撮るにはあまりにも高い位置にあり、眼で確認するだけとする。ゲレンデ跡ではなくて、リフト駅跡近くのホオノキも確認する。10日前に見ていた蕾はもう花開いて痛みかけていた。写真に撮りやすい位置に蕾が3つほど確認できた。もし、いいタイミングでこの先来ることができたら花を見ることができるだろう。さらに高いところに一つ花が確認できたが写真は撮りにくい。ただ、なんとも言えないいい香りがしてきて、花の香りを楽しんだ。

 駅舎あとに来ると、ここでもテント村。ここも足早に通りすぎてダケ道に入る。サラサドウダン、ベニドウダンを楽しみながら、カモシカ台に到着。すると7,8人のグループが休憩されていたので、われわれは休憩せず、ギアチェンジして大山口を目指した。大山口の橋も流されていた。トレランのローカットの靴を履いた人はどこから渡渉しようかと上流のほうへ行ったり下流のほうに回ったりされていたが、われわれはジャブジャブと石伝いに渡渉した。

 われわれの駐車地に着いたらわれわれの車ともう1台を除けばみなすでに帰られたようで車は見えない。後片付けをして車に乗り込み帰途に就いた。

 お風呂のあとはビールで乾杯。草の花は駆け足で花開いていったが、木の花は、シャクナゲは別として、それほど前倒しで花開いているようには思われない。ゆっくりと6月を待とう。 

27.[5月23日(日)]坊村→御殿山→西南稜→武奈ヶ岳→西南稜→御殿山→坊村

三宝橋 ゴマギ ニョイスミレ 山頂 ミツバツチグリ ベニドウダン チゴユリ 茶坊にて
ユキグニミツバツツジ
レンゲツツジ
ギンラン
ヨネちゃんと(photo by I)
梅雨の中休みに坊村から武奈ヶ岳へ

 ユッキーの脚と距離のこともあるので本当は坊村から武奈を越えてイン谷口に降りたいところだけれども、坊村から武奈ヶ岳にピストンで我慢することにした。出町柳から1時間バスでというのも気が進まないので今日も車で出かける。あとで分かったのだが、バスでピストンと考えないでよかった。なんと、午後には出町柳行きの京都バスも堅田行きの江若バスも廃止されてしまっているのだ。いつからなのだろう? 昨年あたりから? これで皆子とか権現とかに登って平に降りてくることはバス利用ではできないことになった。

 葛川市民センターの駐車場に駐める。ここが8時過ぎでもう一杯の車。梅雨の晴れ間で日曜日とくれば、みんな集まってくるのは当然だろう。

 すでに車で来た人は出発した様子で、われわれと同時に登る人はそれほど多くない。もちろんどんどん抜いていってもらう。モミジのコバ(われわれの命名)で休憩。すでに1時間経っている。途中写真を撮ったり着替えたりしていたとはいえ、これだけ時間がかかっている。ここまではまあ、ゆっくりの登山でそれほどつらくはなかったが、これからがしんどい。

 右手にトリカブトの群生(毎年のことながら開花時には来ていないのが残念)を見ながら、登って行く。元気な人にはどんどん抜いていってもらう。

 夏道・冬道分岐に来ると、道がゆるやかになり、ほっとする。そして、われわれれの大好きな枯れ谷。新緑でさらに魅力を増している。残念なのは、カエデ類の葉っぱが地面に一杯落ちていること。雨と風が強かったのだと改めて思う。

 ドロドロ道を我慢して登り、見晴台へ。遠く峰床山を見て、長い間行ってないなあと感慨にふける。ここでまた休憩。ここまでくれば御殿山も近い。御殿山では写真を撮って休憩なしでワサビ峠に降りる。ここからは、ササユリの生育状況を見ながら、ベニドウダンを撮りながら進んでいく。どうもササユリの株が少ないような印象をもった。ベニドウダンは咲き始め。おもしろいことに、西南稜ではサラサドウダンがない。西南稜と言えばレンゲツツジ。少々早いと思ったが咲き始めている。これもなんだか少ないような気がする。まだ咲き始めだからなのか。スミレの類いはもう終わりなのだが、咲き始めの遅いニョイスミレは咲いていた。

 今日、歩き始めは曇っていたが、ようやく、青空が見え、西南稜の歩きは実に気持ちがよい。やや風はあるが、暑くもなく寒くもなく。

 山頂について、今日は琵琶湖側に座って昼食。驚くほど大勢来られているという感はない。コンビニおにぎりとお茶、ケーキとコーヒー。知っている方が来られているかとキョロキョロしてみたが、発見できず。

 さて、下山だ。西南稜を歩き始めたら、われわれの第3ピークと呼んでいる岩場のところで、なんと、ヨネちゃんご一行とばったり出会った。ヨネちゃん入れて6人組。Kさん、Iさん、Oさんとお連れ、そして、イン谷口のKBさん。比良の王道を来られて西南稜を上がってこられたところだった。本当に久しぶりにお会いした。みなさんお元気。

 少し、お話ししてお別れする。これだけのよいお天気。武奈を愛するみなさんは集結するというわけだ。

 下山時は尻餅着かぬように亀脚でそろりそろりと降る。それでも1回私は尻餅をついた。やれやれ。

 ピストンすると登り目線では見られなかったものも降り目線で見えることがある。鯖街道の車の音が聞こえてくると下山も終わり近くとなる。

 坊村に着いて久しぶりに「茶坊」に寄る。いつものコーラフロート。いろいろお喋りしていて、冒頭述べた午後のバスの便がないことを知る。女将さんはコロナもありお客さんはゼロとこぼしておられた。鯖街道を行くときにはまた寄ってあげたいと思う。

 リフレッシュして車に乗り込み、帰路についた。目立った渋滞はなかった。

 家でのうちあげは山名酒造の「生貯蔵酒」。食中酒として最適のお酒だった。

 

 

 

26.[5月19日(水)]イン谷口→神璽谷分岐→リフト駅跡→カラ岳分岐→南尾根→釈迦岳→縦走路→カラ岳→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

JR志賀駅前から比良 駐車地 シライトソウ シロヤシオの落花 シロヤシオの前で 釈迦岳頂上 ユキグニミツバツツジ フタリシズカ
シロヤシオ
サラサドウダン
ベニドウダン
タニウツギ
雨の中、シロヤシオを求めて釈迦岳に

 用事がいろいろとあり、なかなかシロヤシオ鑑賞に出かけられなかったが、今日念願の目的を果たした。悪天候は承知の上で、出発。JR志賀駅前で食料を調達し、入山の儀式も済ませてイン谷口へと急ぐ。比良の山々は霧、雨の中で姿は全く見えない。

 バス停から少し上がった、大津ワンゲル道登山口の近くに車を駐める。もちろん、他に車はない。霧雨が降っている。とりあえず、レインハット、レインウェアの上を着る。下は長袖、半袖の2枚。しかし、たちまち暑くなり、半袖はザックにしまう。

 神璽谷分岐までのところでいろいろと花があり、ゆっくりと先に進む。次第に汗だか雨だか分からない状態になってくる。

 雨は霧雨から小雨に。リフト駅跡で小休止。いつものパン屋で買った抹茶あんパンを食べて英気を養う。カラ岳分岐を経て、いよいよ急登。途中でレインウェアのズボンをはく。久しぶりである。シロヤシオの木が見えてくる。がっかりしたことには、このあたりのシロヤシオは花を落としてもう終わってしまっている。このあたりは標高が低いし、もっと頂上近くに行けば、花は残っているはずだ、と自らに言い聞かせ、苦しい登りに耐える。

 雨の中でも出かけようという山行はこてつさんに鍛えられたおかげだ。全天候型のこてつさんに率いられて赤坂山にササユリを見に出かけたときは今日よりも雨はもっと激しかった。あの時と比べれば今日の雨はたいしたことはない。

 やがて、大津ワンゲル道との合流地点に近づくと、まずは、シャクナゲの林となる。花はもう終わっており、花がらを残すのみ。しかし、いかにもその数は少ない。今年は裏年だったんだと思うほかない。

 そうこうするうちに、お目当てのシロヤシオが見えてくる。雨の中、雨に打たれながらも、残っている。一本の木で五分の一ほどは花が落ちているが、まだまだ立派に花開いている。よかった、苦労して雨の中を登ってきたのだから。地面は花の絨毯になっているが、健気に咲き続けている花が愛おしい。

 さらに、シロヤシオに加えて、サラサドウダンとベニドウダンが花開き始めている。シャクナゲからシロヤシオ、そして、サラサドウダンとベニドウダンという具合に交代しながら季節は進む。

 釈迦岳の頂上近くの木の下で昼食をとる。雨は降り止まないので急いで食べる。食後のデザート、コーヒー付きは省略。

 昼食後、縦走路をカラ岳に、そして、北比良峠へと向かう。途中2箇所ほど崩落で道が薄くなっているところあり。アップダウンがあるが、最後ロッジ跡へと向かう白坂が最もつらいところだ。

 ロッジ跡から駅舎跡、北比良峠。あとはダケ道を下るだけ。途中トンボソウと覚しきものの生育状況を確認する。

 武奈へ行くのと違って、釈迦岳、カラ岳縦走は距離が短く、比較的早く降りてこられた。湖西道路、名神で帰宅。食べそびれた自家製ケーキを食べ、コーヒーを飲んで家でのうちあげ。

 梅雨に入って、雨の中、さまざまな花に出会えて山の中で楽しい一日を過ごすことができた。締めは山名酒造の「蔵人のみやげ酒」。奥の深い酒。

    



25.[5月10日(月)]イン谷口→大山口→アオガレ→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→イブルキノコバ→八雲ヶ原→ロッジ跡→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

駐車地 トイレ前 上林新道メドゥーサのブナ 武奈ヶ岳 食べかけの煎茶ケーキ コヤマノ岳 ムシカリ 崩落地
シロヤシオ
 
ツクバネソウ 
 
オオバキスミレ 
 
キレンゲツツジ 
久しぶりの武奈ヶ岳

 4月は一回も武奈ヶ岳に出かけなかった。ということで、本日は武奈ヶ岳に。いつものパン屋は月曜日休みなので、途中、妹子の郷に寄って、コンビニおにぎりを買い、入山の儀式もすませる。天気予報によれば、今日は黄砂は飛んでこないらしいが、湖西道路から見ると比良山系はかすんでいる。PM2.5に関してはこの頃天気予報ではあまり言及しないが、このかすみ、もや、PM2.5のせいではないのかしら。

 ヤマレコでトイレ前の駐車場には入らないようにとの札がかかっていると知っていたので、上まで行かずに途中で駐車する。準備をして出発。トイレ前までさしかかったら、掲示を無視して駐車している車が数台あり。

 もうすっかり新緑の季節、5月に入ったようだ。長袖と半袖で出発したものの、早くも大山口で長袖一枚となる。アオガレ下でいつものように休憩。ここまで1時間はかかっている。年々時間がかかるようになっているが、これも仕方がない。

 アオガレを過ぎ正面谷を黙々と登っていく。金糞峠までで三人に追い抜かれる。花がない。

 金糞峠で休憩。少し堂満岳へ行く道に入ったところでシロヤシオの咲具合を見て回った。ここではまだ蕾。あと、1週間ぐらいで咲くだろう。シロヤシオ観察ののち金糞峠に戻りヨキトウゲ谷へ入り、四つ辻へと登る。ここから単調なコヤマノ岳南陵の登りとなる。誰とも会わない。コヤマノ岳までに三箇所ほど少し平坦なところがあり、これをわれわれは第一ステージ、第二ステージ、第三ステージと呼んでいる。第二ステージで休憩。第二ステージから第三ステージまでの登りが少しきつい。中峠との分岐に来れば、あとはコヤマノクラウンを見てコヤマノ岳山頂に着く。ここからコルに至るまでのブナ林の道には、こんなにもあったのかと思うほどにムシカリがたくさんある。

 さて、コルから武奈ヶ岳山頂を仰ぎ見ながら登る。花期待で最初は夏道を登る。道はずいぶん荒れていて、両サイドの砂が崩れ落ちて、斜面に生えていたであろう植物は消えてしまっている。仕方がないので、途中から冬道に入り、山頂へ。

 平日とはいえ山頂には10人以上の人がいる。みんな、琵琶湖の方を見て食事中なので、こちらは反対側に座り、シラクラと遠く百里ヶ岳を見て食事とする。コンビニおにぎりと自家製煎茶ケーキ。ケーキ食べ始めて写真を撮ることを忘れていたので、五分の一ほど欠けたケーキとなってしまった(笑)。食事をしながらどのルートで降りるか検討する。ユッキーは本当は北陵、広谷で下山したいようだが、久しぶりの武奈でいきなり広谷回りでは飛躍しすぎる、ということで、中を取ってイブルキノコバ経由で下山することにする。山頂から降りは冬道で降りる。途中、コヤマノ岳を見ると、ブナの若葉がひときわ映えている。明るい緑色なのだ。

 イブルキノコバへ行くには主に冬に使われる尾根コースと通常の沢コースがある。当然花狙いで沢コースとする。ここでボタンネコノメやらエンレイソウやらを見ながらイブルキノコバへ向かう。タマガワホトトギスやオオカニコウモリの葉っぱも確認する。

 イブルキノコバから八雲ヶ原へ。そして、ゲレンデ跡を登る。オオバキスミレがあちこちに咲いている。

 ロッジ跡から北比良峠へ。途中の崩落地。次第に道が細くなっている。安心して通れるのはいつまでだろう。北比良峠からはダケ道。ここでもほとんどハイカーと出会わない。われわれより先に下山したのか。山頂の多くのハイカーは坊村ピストンのようであった。

 ダケ道ではイワカガミと終焉を迎えたシャクナゲ、咲き始めのシロヤシオ等を観察した。シロヤシオはあと1週間ほどで咲きそろうか。駐車地に着いたら、結局、休憩、昼食の時間を入れて8時間も山で過ごしたことになった。

 湖西道路、名神で帰宅。渋滞はしなかったが、名神では車の量が多かった。今日もビールでうちあげ。


 

24.[5月6日(木)]小出石→シャクナゲ尾根→鉄塔広場→寂光院道分岐→百井分岐→天ヶ岳→百井分岐→寂光院道分岐→鉄塔広場→シャクナゲ尾根→小出石

登山口 名残のシャクナゲ 鉄塔広場から天ヶ岳 火事の現場 天ヶ岳山頂 ヤマツツジをバックに シハイスミレ
天ヶ岳

 コロナに感染しない、感染させないということで、本日の山行。昨日の雨でそろそろヒルが出そうなところは出てくるかという季節になった。京都で行きたい山は他にもあるが、ヤマヒルのこともあるので昨年5月のはじめに出かけた大原のシャクナゲ尾根に出かけてみることにした。

 小出石のさるところに車をデポし、準備をする。ヒルよけにイカリジンを噴霧して出発。

 橋を渡っていきなりの急登。ジグを切って尾根の先端までの斜面を登る。登りはじめが標高300mぐらい。南西方向に進む。490mあたりでやや平らなところに出てくる。ここからは西へ。200mごとに番号がうってある標柱あり。この番号とシャクナゲの位置を紐付けて記憶している。

 予想はされたが、シャクナゲの花はもう終わってしまっている。ほんのわずかに残っているのをとりあえず撮っておく。花がらを見ると、どうも、今年は花が少なかったようだ。

 シャクナゲは終わってしまったが、青葉、若葉の新緑を楽しみながら鉄塔広場まで。ここでお昼にする場合もあるのだが、今日はさらに先に行くので、我慢。と、そのとき、黒焦げた火事の現場を発見。まだ臭いもするし、これは連休の初め頃に起こったものだろうか。タバコあるいは昼食時の火の後始末ができていなかったからか。20mは横に伸びている火事跡だった。よくこれで収まったものだ。

 寂光院道分岐まで来た。昨年はここから焼杉山に登り、古知谷に降りて、延々舗装道路を小出石まで歩いたのだが、うんざりしたので、今日は久しぶりに天ヶ岳に行こうと目的地を変える。車があるので、小出石ピストンとならざるをえない。

 百井分岐まで来るとあともう少しだが、百井からの林道が延びていて、旧道は少しわかりにくくなっている。山頂付近には昔の面影はほとんどない。山頂の東側まで林道は延びていて、かつては植林で薄暗いところが間伐と枝打ちですっかり明るくなってしまっていた。

 ここで昼食。コンビニおにぎりと自家製サツマイモパウンドケーキ。天ヶ岳には何回来ただろう。大方は鞍馬から登って大原に降りるコースをとったが、冬にもよく来たものだった。しばし懐旧の念に浸る。

 お腹も大きくなったのでピストンで下山する。シャクナゲ尾根はアップダウンがあり、下山時の登りは少々こたえる。

 川の音が聞こえてくると登山口も近いということになる。いくらアップダウンがあるとは言え、やはり、降りに要する時間は若干短くなる。

 車のところで後片付けをして、帰りは市内を通らずに、途中から湖西道路、名神で帰宅した。時間的にはそれほど変わらないが、市内を抜けるよりは運転のストレスが少ない分、快適だった。

23.[5月3日(月)]京阪宇治駅→仏徳山→朝日山→志津川→神女神社→尾根→林道→喜撰山ダム湖→喜撰山→林道→森林公園→槇尾山展望台→馬ヶ背→森林公園入り口→志津川→京阪宇治駅

宇治上神社 仏徳山 喜撰山ダム林道近く フジ ギンリョウソウ ウリハダカエデ 喜撰山 ホオ
ニョイスミレ
ヤブデマリ
ジャケツイバラ
モチツツジ
仏徳山・朝日山・喜撰山

 コロナ禍の中、体力維持のため、県境をまたがず、人の少ないところを狙って出かけた。昨年も緊急事態宣言下に出かけたところである。

 京阪中書島駅まで歩いて京阪に乗り、宇治線終点まで。憲法記念日の今日であるが、8時台なので、沿線の高校生、お勤めの人が乗っている。立っている人はいず、ぽつぽつ席は空いている程度の混みようである。宇治駅で準備をし、入山の儀式も済ませる。マスクはつけたままである。

 宇治川右岸を進む。宇治上神社を経て仏徳山へと登る。この山は市民の散歩コースのようで、ぽつぽつ人が来ている。ゆるやかな傾斜の道で難なく仏徳山に辿り着く。登山姿のシニアー三人組が登ってくるのが見える。次は朝日山へ。ここまで散歩に来る人はうんと減る。朝日山から志津川へと降っていく。舗装道路に降り立ち、集落を抜け、橋を渡り、左に曲がって次は神女神社を目指す。

 すると、すでにシニア三人組が斜面にとりつく準備をしておられた。朝日山に登らずにこちらへ来られたとか。先に行かせてもらう。ここでマスクをはずす。

 ここからは尾根を登っていく。植林はないのだが、花が全くない。となると、気分は上向かない。黙々と登るだけである。アップダウン(10mにもならないが)があり、これもあまり嬉しくない。P290の横を通りすぎると、左手には大規模な建設用の土を採っている所が現れる。宇治市内からは見えないところでこんなに山が削り取られている。山が一つなくなりそうな気配である。建設、建築には必要なのだろうが、なんだか悲しくなる。伊吹山でも藤原岳でも同じように悲哀を感じる。

 鬱々とした中で、花はまだだがトンボソウと覚しきものが確認できたのと(去年もこれは確認していた)、今年初めてキンランと覚しきものが確認できた(蕾はだいぶ大きくなっていた)ことだけは、収穫だった。

 北東方向に進んでいたのが南東方向に転じると志津川の支流源頭に降り立つことになる。藤の花が見えて、それをバックにユッキーの写真を撮る。沢を登って少し上がるとゲートがあり、横から出れば、喜撰山ダム林道に立つことになる。ここまで誰にも会わなかった。

 BBQに来ている家族の車が3台ほど駐まっている。左手にダム湖をちらちら見ながら喜撰山へと登っていく。昨年来たときには立ち入り禁止の黄色いテープがあり、どういうことだろうと思いつつ入っていったら山火事の後で焼け焦げた臭いがしていたのを思い出した。木の中にはまだ焼けた痕跡を留めているのもある。シャリバテもあり、ここの登りが本日最もきつかった。

 駅から3時間ちょっとで、喜撰山(415.9m)に立つことができた。今日は寄らなかったが、喜撰法師の洞というのも山頂直下にある。

 待ちに待った昼食である。今日はコンビニおにぎりと自家製サツマイモケーキ。お茶とコーヒー。30分ほど過ごして出発。山道を降り立つと林道出合。ここからは長い林道歩きとなる。

 なんと、この林道で、ホオがすでに花を咲かせているのが見えた。また、ウリハダカエデの花も。こんなにも早く季節が進んでしまうと、5月、6月に見られる花がなくなってしまいそうである。

 南西方向にひたすら歩く。ここでかなわないのは林道歩きを始めたはじめのところで右手にゴミの集積場が見えてくることである。これも規模は大きく、しかも、臭いが強く、さらに、プラスティックゴミが風に運ばれて林道の木々に引っかかっていたり、空を飛んでいることである。今日も、風が強いのかポリ袋が悠々と空を飛んでいた。大量消費社会の恥部を見せられているようで、これもまた気分を重くさせる。

 ようやくのことで森林公園に入り、地面が足にやさしくなる。しかし、ここに入るともう天ヶ瀬ダムまではそれほど遠くない。

 森林公園入り口に降りると、立錐の余地なく車が駐まっている。あわててまたマスクをつける。ダムの堰堤を渡ることができれば、宇治川左岸を駅まで歩けるのだが、今年も堰堤に降りる階段は通行止めになっていた。昨年は階段を降りて下まで行ったらゲートがあり鍵がかかっていたので、また、長い階段を登り返すという苦い経験があった。今年はここはパスして、遠回りをする。ここでやっと、ヤブデマリやジャケツイバラ(なんと早い)やニョイスミレやモチツツジを見つけることができた。これを撮るのも一苦労。一車線の道を車がかなりのスピードで走ってくるからだ。ヒヤヒヤしながらシャッターを押した。遠回りするおかげで花に会えて、これは嬉しいことだった。志津川まわりで白虹橋のところに出てくる。

 そのまま右岸を駅へと向かうが、川側の細いところに車が何台も駐まっていて、その車の間ではBBQの群。こんなに密になって、なにが楽しいのだろう。おまけに行楽地のように音楽をガンガン鳴らしている輩がいる。当然のことながら、マスクをはずしてわいわいやっている。なんとも、ちまちました情けない風景であった。

 ぶつぶつ言いながら京阪の駅に辿り着き、すぐに乗車して、中書島まで。あとは20分ほど歩いて帰宅。アイスクリームを食べて打ち上げ。お風呂の後はビールで締め。