2021年4月の山歩き
2021年 1月 2月 3月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年] [2006年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


22.[4月25日(日)]イン谷口→桜のコバ→ノタノホリ→大曲り→堂満岳→南比良峠→大橋→奧の深谷→金糞峠→正面谷→大山口→イン谷口

ノタノホリ シャクナゲ 堂満岳 シロモジ オオカメノキ 南比良峠から大橋へ 堂満岳 大橋
フモトスミレ
ハグロシハイスミレ
ニシキゴロモ 
イワカガミ 
堂満岳のシャクナゲ

 今日あたりが堂満のシャクナゲは見頃であろうと考え、家を出る。途中、JR志賀駅前のパン屋でパンを買い(今日は営業していた)、入山の儀式もすませ、イン谷口に車を走らせる。出合橋の手前に8時過ぎに到着。駐車している車が多く、やっと端に駐車できた。やはり、日曜日、ハイカーが多いことを知らせている。準備をしている間にも次々に車が来てトイレ前の方向に走っていく。バス停の所にも「駐車禁止」と書いてあるにもかかわらず車が駐まっている(あかんやろ!)。比良駅からのバスも到着し、ハイカーが降りてくる。なんと、そこにNさんがおられた。

 やはり堂満に出かけられる由。2年ぶりになろうか、ご一緒することにする。堂満に行くのには、ノタノホリ経由か古崎川遡行コースか正面谷、東レ新道コースかどれで行きましょうとお尋ねすると定番のノタノホリ経由でということなので、われわれもこのコースをとることにする。正面谷を行くよりはこちらのほうが人が少ないだろう。

 近況報告などしながら旧交を温めつつゆっくりと登る。ノタノホリではコバノミツバツツジの花は終わってしまっている。

 古崎川源頭から大曲りへ。大曲りで休憩。抜きつ抜かれつするグループが一組。

 標高830mあたりで少し平らなところがでてくる。ここをわれわれは第1ステージと呼んでいる。ここからシャクナゲに注意しながら登ることになる。登る方向で右手である。

 赤いのやピンクの色のシャクナゲが目に入ってくる。もう蕾は少なく、全てが花開いている。今日来てよかったということになる。Nさんと山をご一緒する二回目がこの堂満であった。6,7年前か。

 去年はこちらに来ていないので比較はできないが、一昨年と比べると、花数は少ない。たくさん花をつけている木もあるが、まったく花をつけていない木も多い。まあ、しかし、十分満足できるだけの花数であった。自然のものである。そう毎年、毎年花をつけることはできぬ道理。

 狭い山頂は、やはり人の数が多い。ピーク写真を撮って少し北西に向かってから、南比良峠ダイレクトコースにNさんをご案内する。最初は大岩がポイント。尾根の中心を南南西に進む。かなりの斜面なので木をつかんでずり落ちないようにしながら降りていく。最後草原が出てきたら南比良峠は近いということになる。

 南比良峠で昼食。パンと自家製サツマイモケーキ。Nさんからは「デコポン」を頂く。

 南比良峠からはお誘いついでに、ユッキーの大好きなコース、大橋から奧の深谷遡行、金糞峠まで。ここではお一人と出会っただけであった。南比良峠から大橋までは紅葉の季節にまた訪れてみたいものである。

 このコースのイワウチワあるいはトクワカソウはもう終わり。シャクナゲはポツポツある。

 金糞峠では、グループと出会う。正面谷を降りに使う人もいるわけだ。聞いてみたら、登りもこの道を使ったとか。石を落とさないように慎重に降る。ここでは「降りのユッキー」ということにはならない。そのせいか、いつもほどの脚の痛みはでなかったようだ。

 アオガレを気をつけて降りれば、まずはほっとする。アオガレ下にあったイカリソウももうおしまい。

 こうして、大山口を経てイン谷口に降りてきた。まずまずの時間。駐車地に残る車も少なくなっていた。後片付けののち、Nさんを駅まで送ったのち、湖西道路161号線で帰宅の途に。山の花々の余韻にひたりながら、頭の半分は今日の打ち上げのお酒に向かっている。渋滞してきたので、いつもの迂回路を使った。名神は順調。

 帰宅して後片付けののち入浴。そして、本日のうちあげは山名酒造の「社」で。美味い。

 Nさん、ご苦労様でした。また、秋にでも。

 

21.[4月22日(木)]イン谷口→神璽谷→北比良峠→クマさん道→八雲ヶ原→ゲレンデ跡→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

つぶれかかった小橋 トクワカソウ ムシカリ 神璽谷を抜けて 北比良峠 チゴユリ ミズバショウ マルバアオダモ
オオバキスミレ
フデリンドウ
イワカガミ
シャクナゲ
神璽谷、八雲ヶ原、ダケ道に花を求めて

 今日も密を避けて山行ができた。歩いている最中は誰にも会わず。八雲ヶ原に食事中に6人ほどと出会った。

 いつものJR志賀駅前のパン屋で食料調達すべく出かけたら、臨時休業。入山の儀式だけをすませて、558号線沿いのNに向かう。変わったパン屋で靴を脱いでスリッパで店に入る。他にあまり見ない変わったパンが多く、いろいろ迷ったが二つ選んで店を出る。イン谷口を上がって釈迦岳登山口近くに駐車。

 今日は久しぶりに神璽谷に入って花を探す。釈迦岳分岐で標高450mほどだが、標高600m以下では、すでにコタチツボスミレ等のスミレ類は終わってしまっている。コバノミツバツツジも同様。しかし、高度をあげていくと、スミレ類も咲いているし、イワカガミ、フデリンドウ、チゴユリ、が咲いているのを眼にすることができる。

 渡渉、崩落した道、数々のロープ場と厄介なところを乗り越えて三角岩あるいはおにぎり岩に到着。甘納豆を食べて水休憩で急登に備える。ここからは花といえば、トクワカソウ(イワウチワ)とイワカガミ。狭い急な尾根コースで進む。ここに関する限り、トクワカソウはすでに終わり、イワカガミはこれからと端境期になってしまっている。これからのイワカガミ、蕾はあまり多くない。

 滑りそうになるところを必死にこらえて登っていく。ニードル岩が見えればダケ道との合流点も近い。

 北比良峠に出て、クマさん道で八雲ヶ原に降りることにする。ここまで来ると、下の方では終わってしまっているタムシバもなんとかまだ残っている。それに対して白い花ではオオカメノキ(あるいはムシカリ:アイちゃんはこっちの呼び方のほうが好き)が少し早いが出番となり交代しつつある。

 八雲湿原でこれも終わりかけのミズバショウを確認して石テーブルに向かう。新池に近いほうの石にはお一人食事中だったが、石テーブルは幸い空いていた。ここで昼食。パンと自家製ケーキ、お茶とコーヒー。

 出発しようとしていたら女性三人組がやってきて石テーブルを交代する。このうちのお一人がなんと雪のコヤマノ岳で出会った方だった。ユッキーと話が弾む。

 北比良峠への登りはゲレンデ跡を行く。オオバキスミレ狙い。きょろきょろしながらゆっくりと登り、ロッジ跡から駅舎跡まで進む。途中の道で細くなっていて左手は神璽谷に切れ込んでいるところ、ますます細くなっている。「いつまでここ通れるやろう」とユッキーが言うので、「まあ、われわれが生きている間は行けるのとちゃうか」と私は混ぜっ返す。

 北比良峠に到着。ここからは久しぶりのダケ道。イワウチワ(トクワカソウだとユッキーは言う)はもう終盤も終盤。一方、イワカガミは下に行けば行くほど花盛り。そうそう、それからダケ道にもシャクナゲが連なっているところがある。これが咲き始めている。ダケ道も決して退屈ではない(少なくとも今の時期は)。

 大山口からイン谷口へ、駐車場所へ向かう。武奈ヶ岳には行けなかったが、さまざまな花を愛でることができて大満足の一日だった。湖西道路、名神で帰宅。

 トマトジュースを飲み、日向夏を食べてまずはうちあげ。お風呂の後はビールで締め。

20.[4月19日(月)]イン谷口→古崎川→大曲り→堂満岳→南比良峠→大橋→奧の深谷→金糞峠→大山口→イン谷口

古崎川ベンチ シャクナゲ 堂満岳 okaokaテープ 南比良峠のお地蔵さん ココアマーブルケーキ 大橋へ 毘沙門岩
フデリンドウ
イカリソウ
オトメスミレ
 イワカガミ
堂満岳にスミレ観察とシャクナゲの偵察

 密を避けるべく土、日を避け、本日月曜日の山行となる。出会った人は堂満東陵で二人(一人に追い抜かれ、一人ははやばやと下山してきた人)、堂満岳で夫婦一組と南比良峠で食事中に通りすぎた人の計5人。南比良峠以降は誰にも会わなかった。

 月曜日なのでJR志賀駅前のパン屋はお休み。そこで、妹子の里で食料を調達し、入山の儀式をすませる。湖西道路を快調に車を走らせていると、ウワミズザクラがもう咲いているのが眼に入る。なんとも春の進行は速い。

 今日はノタノホリ経由をやめて古崎川遡行ルートにする。そこで、車はトイレ前ではなくて、山荘下のところに駐める。

 古崎川左岸に平行した道を登っていく。いつもならこの時期楽しめるコバノミツバツツジももう散ってしまっている。古崎川のほうに降っていき、道が崩れてしまっているところで、枯れ谷となっている古崎川源頭近くに降り立つ。右岸には古崎川・石ベンチがわれわれを迎えてくれる。

 ここからは水のない川をゆっくりと登っていくわけだが、やがて、ノタノホリからの道と合流する。

 続いてジグザグ道を進む。これがけっこう長く続く感あり。200mほどの登りで大曲りに到着。ここで甘納豆を食べ、気合いを入れる。ここから300mの登りだ。タムシバは既に終わってしまっている。足もとにはスミレがあちこちに。ユッキーはスミレの同定とレクチャーに忙しく、私は写真撮影に忙しい。小さいものだから、写真はなかなかむつかしい。ハグロシハイスミレ、斑入りシハイスミレはうまく撮れなかった。

 そして、シャクナゲ。蕾の数は少ないが、稀に一本の木に鈴なりの蕾のあるのもある。中には、すでに咲いているのもあり。また、イワウチワは終盤にさしかかっていて、昨日の雨のせいもあるのかくたびれた感じ。ここでも、トクワカソウとイワウチワの違いについてのレクチャーあり。一方、イワカガミは蕾が多いが、気の早いのは花を咲かせているのもあり。

 花があれば元気になるのはどの山に登っても同じ。最後の100mの急登。ここで今日二人目の人に。下山途中のトレイルランナー。「思ったよりきつい山ですねー」と言いつつ、すごいスピードで降りていかれる。落石大丈夫かいな、と思いつつ見送る。

 山頂直下のシャクナゲ林を過ぎて山頂へ。夫婦と思われるお二人が食事中だった。ピーク写真のあとはすぐ南比良峠へ向かう。ダイレクトコースである。尾根芯を忠実に南へと降りていく。尾根といってもかなり幅はあるが、右、左を見て真ん中あたり。途中でokaokaテープが一本、峠に近いところにもう一本あり、確かめることができる。縦走路が見えてくれば、南比良峠も近い。

 お地蔵さんにご挨拶して、峠で昼食とする。コンビニおにぎりとお茶、自家製ケーキ(ココアマーブルケーキ)とコーヒー。速くすませようと思いながらも、いつも30分近くかかる。

 さて、次は大橋へと降る。夏にここへ来ると草で一杯でダニの心配があるが、今日はまだ草も枯れたままであり、心配なく進む。つぶれた水晶小屋を経て、大橋へ。ここから、奧の深谷を遡行する。巨岩、奇岩の連続で左岸の横を登っていく。途中何回か渡渉あり。かつてあった小橋はことごとく流されており、どの地点でどの石を使って渡るかが思案のしどころ。ドボンもなく、水につかっても踝より下であった。

 最後の登りで金糞峠へ。いつもは登りで使う正面谷だが、今日は降りで使う。石を落とさないように、滑らないようにと時間をかけて慎重に降る。アオガレを降りてほっとする。

 あとは、駐車地までゆっくりと。トイレ前には意外にも6,7台車が駐まっていた。われわれの駐車地にはわれわれの車のみ。後片付けをして家路に就く。途中渋滞もなく無事5時前に帰宅。

 いつものように、アイスクリームを食べてうちあげ。お風呂の後は、山名酒造の「蔵人のみやげ酒」。すっきりとしていて奥行きのあるお酒だった。

19.[4月10日(土)]善峯寺バス停→杉谷→逢坂峠→森の案内所→ポンポン山西尾根→ポンポン山→釈迦岳→善峯寺バス停

三鈷寺への道 善峯寺からの道と合流 東海自然歩道で 逢坂峠のカタクリ 森の案内所の桜 ポンポン山山頂 コバノミツバツツジ ポンポン山の保護地
ヤマルリソウ
フタバアオイ
 
エイザンスミレ 
ポンポン山西尾根

 密を避けて逢坂峠とポンポン山のカタクリ保護区に出かけることにした。

 まずはJR向日町から南春日町行きのバスはおそらく小塩山のカタクリ見物に出かける人が多かろうと、善峯寺行きのバスに乗る。それでも、座席は満席に近くなる。阪急向日町でもハイカーが乗ってこられ、とうとう何人か立つ人がでてきた。お天気はいいし、土曜日だから無理もない。ポンポン山のいつものわれわれのルートは時計回りだが、今日は反時計回りで行くことにする。

 善峯寺バス停で入山の儀式をすませて、三鈷寺に向かう道で杉谷へと急ぐ。いずれは善峯寺からの道と合流するが、こちらのほうが急登ではあるが歩きやすい。途中には古道と思われる道もある。

 しばらく行くと杉谷の集落に出る。東海自然歩道の道である。左手は長閑な田園風景。右手の山ではウグイスがいい声を響かせている。耕作地と電柵がなくなると、左手は湿地帯のようになる。この前降りてきたハンノキ谷の降り口を過ぎ、しばらく行くと分岐があり、左へ行けば森の案内所、右へ行けば金蔵寺・逢坂峠。右にとりしばらく行くと、金蔵寺と逢坂峠の分岐に至る。右の舗装路を少し進めば逢坂峠である。ここへ来るのははじめて。

 保護区は網でぐるっと囲まれていて、一人椅子に座ってスケッチをされている方がおられただけであった。ヴォランティアの方がしっかり管理されているようで、カタクリが群生していた。ただ、残念だったことは、花の盛りを過ぎているようであるのと、まだ11時前であったので花があまり開いていないことだった。まあしかし、こんなにも、密にカタクリが咲いているのは驚きだった。ネット越しの撮影であったが、ネットの外にもちらほらカタクリは見られた。

 さて、次は森の案内所へ。いつもは帰りに疲れた足を引きずりながら登っていくのだが、今日は脚はまだそれほど疲れていないし、しかも降り。快適に森の案内所へ。ここでおトイレをお借りして、小休止。今日は自家製ケーキをもってきていないので、京都駅のDでクリームパンを追加してきた。こいつを食べて小腹をなだめる。

 いよいよ西尾根でポンポン山へ進む。いつもと反対方向なので、ある意味新鮮である。風景がずいぶんと違う。われわれがお気に入りのピークと呼んでいるところで昼食。

 30分で昼食を終え、いよいよポンポン山頂上へ。途中で降りてきた人が、山頂近くにカタクリが一輪咲いていましたよ、と教えて下さる。目をキョロキョロさせながら登っていくと、登山道近くで見つけることができた。合計3輪。

 お昼をまわっているので、山頂では密というほど多くはなかったが、それでも多くのハイカーが集まっていた。ピーク写真を撮るとすぐに退散。次はもう一つのカタクリ保護区へ。ハイカーが2人ほどいるだけで、静かな保護地域。柵を開けて入ろうとしていたら、ポンポン山の方から来られたハイカーが、「この道、どこへ行きます?」と柵の中の道を指して言われる。ここはカタクリのお花畑なんですよ、と答えると、「ああ、そうですか、そんならいいです」と釈迦岳に向かって歩いて行かれた。まあ、山へ登る目的はいろいろある。われわれはカタクリの群生を見て感激していたのだが、花に興味のない人には面白くもなんともないのだろう。

 釈迦岳を過ぎ、見晴台を過ぎて植林の中を降っていく。いつも登るときにしんどいなあと思うこの道、降っている時にやっぱりけっこう傾斜はきついのだと実感する。善峯寺の境内が見えてくるとゴールは近い。こうして、最終バスに間に合うことができた。あとはJR、近鉄で帰宅。バナナアイスキャンディー(KUBOTA)を食べて片付けをする。
 
 今日もビールでうちあげ。今年の春の進行も速い。忙しいことである。 

18.[4月7日(水)]南春日町バス停→天皇陵道→小塩山→森の案内所→ポンポン山東尾根→ハンノキ谷→東海自然歩道→杉谷→善峯寺バス停

正法寺 シュンラン カタクリ 小塩山 コバノミツバツツジ 東海自然歩道へと渡る小橋 エンレイソウ シャガ
小塩山とポンポン山東尾根

 シュンラン、カタクリを見るためと、未踏のルートで降りるために、久しぶりに小塩山に出かけることにした。

 JR向日町に到着して8時25分発南春日町行きのバスを待つ。15分ほど前に来たが、すでにハイカーと覚しき人が3人ほど待っておられた。次の停留所である阪急向日町では10人ほどのハイカーが乗ってこられた。このほとんどが女性でマスクをしておられるが、うるさいこと。8時50分に南春日町に到着して、やっと解放された。大原野神社で入山の儀式。ついでに、駐車場横の茶店で草餅を買う。いよいよスタートである。いつもは大原野神社や正法寺の桜を楽しませてもらうのだが、もう大方は散ってしまっている。

 正法寺を抜けて天皇陵道に入り、黙々と登っていく。出会う人はいない。けっこう急な斜面で、落ち葉がびっしり。その下が粘板岩のような石なので、滑りやすい。おまけに昨日の雨で濡れている。

 好天に恵まれ、暑くもなく、寒くもなく。最初2枚着ていたが1枚になる。

 NTTの鉄塔、淳和天皇陵に入り、Nの谷のカタクリ保護区に行こうかとも思ったが、時間がかかるので、今日は省略して、御陵の谷保護区だけで我慢しておくことにした。ところがカタクリの点ではこれは失敗だった。今朝方まで降っていたであろう雨と今の太陽の日差しでは花開くにはもう少し時間がかかりそうだ。
ただ、今年は数が本当に多く、これは嬉しいこと。御陵の谷に来る人はほとんどいない。

 天皇陵の裏に出て、ピーク写真ののち、森の案内所に向けて降っていく。コバノミツバツツジが咲いていて、緑に彩りを添えている。関電の鉄塔のあるところまではほぼ西に進み、それからは南西へと向きを変える。よく整備された道である。

 車道に降り立ち、そこから森の案内所へと登り返す。駐車場には多くの車が駐まっている。この駐車場は、水曜日と土・日曜日は利用可能である。

 森の案内所の中での食事は感染防止から禁止。外のベンチで谷を見ながら食事する。今日は京都駅で買ったパンと自家製抹茶ケーキ。お茶とコーヒー。他に食事している人は2人だけ。いつもは桜を見ながら食べるのだが、花びらはかなり散ってしまっている。本当に今年の開花は早い。

 トイレをすませて、いよいよポンポン山東尾根へ。この東尾根、われわれはポンポン山から利用することが多く、逆は滅多にない。善峯寺最終バス15時24分発を意識しながら道を進む。

 アップダウンを重ねながら、P619を越えて南に進むと四つ辻に出会う。東へと進めば東海自然歩道に降り立つとの標示はないが、ここからけっこう急な斜面をジグザグと降りていく。道はしっかりついている。途中、道の薄いところもあったが、慎重に落ち葉を踏みしめて降り、最後はあやしげな小橋を渡って東海自然歩道に降り立った。

 あとはこの前走って脚を痛めた舗装路である。バスの時間を頭に入れながら、今日は走らずに杉谷の集落を越してジグザグの舗装路を善峯寺のバス停まで進んだ。近くにはシャガのお花畑。ここの桜も葉桜。

 発車15分前ぐらいに着いただろうか。今日は余裕があった。座席の前にいた人と話をしたら、なんと、西宮明昭会の方で、Sさんといい、11日の例会の下見だったとか。Nの谷でカタクリを見られて見事だったとのお話。明昭会のNさんが山友なんです、と話してNさんの消息を聞く。Nさんとはずいぶんと会っていない。

 阪急向日町でSさんは降りられ、われわれはJRの駅まで乗っていく。あとは、JR、近鉄で帰宅。このごろはいつもそうなのだが、家でうちあげ。結局食べる時間がなかった草餅をここで食べる。お風呂の後はビールで乾杯。

 左の写真は上から、トウゴクサバノオ、ヤマブキソウ、ヒトリシズカ、イチリンソウ、ニリンソウ。
 

17.[4月3日(土)]イン谷口→桜ノコバ→ノタノホリ→古崎川源頭→大曲り(722m)→堂満岳(1057m)→東レ新道→金糞峠→縦走路→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

コバノミツバツツジ イワナシ イワウチワ タムシバ 堂満岳山頂 北比良峠 シロモジ 桜の競演
ショウジョウバカマ
オトメスミレ
コタチツボスミレ
ハグロシハイスミレ
堂満岳と縦走路に花を求めて

 久しぶりに堂満岳に行くことにした。春の花の探索である。気がかりなのは天気がもう一つということ。1週間前の予報では午前中は曇りだったが、直近では午前中は晴れで午後から曇りということではあった。しかし、湖西道路を車を走らせていると比良山系の山は雲で覆われ、8時前なのに全体として夜明け前のような曇天であった。はやばやにテンションが下がる。

 いつものように志賀駅前でパンを買い、入山の儀式をすませ、イン谷口に向かい、出合橋の手前で駐車する。1台も駐まっていなかったが、われわれがもたもた準備している間に1台車がきて駐車し、すぐに出発された。

 8時15分に出発。今日は堂満まではオーソドックスなルートをとる。桜ノコバから別荘地を抜けて登山道に入ると、コバノミツバツツジが咲き出している。どうやらこれは標高が低いところでの話で、登るにつれてまだ蕾の状態である。標高450mのノタノホリではコバノミツバツツジはまだ咲いていない。

 雨がパラパラしてきて、陽はいっこうに差さない。歩き始めは暑くなり、服1枚となっていたが、もう一枚重ねることになる。ザックカヴァーをつけなければならないほどの降りではない。イワウチワは雨に濡れますます下を向いている。それに対してスミレは雨にもめげることなく、こちらに微笑み返してくれる。古崎川源頭から斜面をジグザグ登っていく。ホオノキ三兄弟を過ぎて、ようやく標高722mの少し広くなったところに到着し、ここで休憩をとり甘納豆を口に入れる。

 ここからあと300m少し、登りの本番である。ここからは南東斜面にタムシバが一杯。傾斜はきつく、あまり降りには使いたくない所だ。途中で脇道で休んでいたら、すぐ横に本道があるのにわざわざこちらに来て、「のいてくれ」と横柄な口をきくリーダーとあと3人のグループが登ってきた。本道が見えてなかったのか知らないが、もう少し言い方もあるだろうに。気を取り直してきつい斜面の道を登っていく。4人グループはまもなく姿が見えなくなった。こちらはタムシバの花を楽しみながら、青空であればタムシバの白がもっと映えるだろうにとぶつぶつ言いながら登っていく。

 タムシバの反対側にはシャクナゲの林。蕾を確認しながら登る。全く蕾がない木もあれば、そこそこ蕾のあるのもある。4月終わりから5月始めにかけて咲きそろうことだろう。

 山頂でピーク写真を撮っていたら、南のシャクナゲ林のところから声が聞こえ、がさこそ音がしてくる。なんだろうと思っていたら、あの愛想の悪い4人組が登山道でないところから姿を次々に現した。全員藪漕ぎをしたせいかズボンがどろどろ。どうやら道を間違えてきたらしい。だから姿が見えなくなったのだ。「どちらから登ってこられたのですか」と声をかけると、「隣の尾根を登ってきたんです」となにやら訳の分からないことを仰る。間違いを認めたくないらしい。まあ、いろんなハイカーがいるものだ。

 風も強いし、こんな連中がいるところでお昼を取りたくないので、東レ新道を金糞峠へと進む。お天気がよければ、堂満から南比良峠にダイレクトに降りて、奧の深谷から金糞峠と思っていたのだが、このお天気ではその気になれない。金糞峠でお昼としようと歩を進める。この道で、バイカオウレンが今を盛りと咲いているのに出会い、ショウジョウバカマ、イワウチワとも出会えたのはうれしいことだった。

 金糞峠でお昼をとっていたら、縦走路を北比良峠からこちらへ一大グループがやってきた。20数名の団体で北小松から釈迦岳を経てこちらに来たとのこと。9割が女性で賑やか。奈良から来られたとかで、これから正面谷を降りるという。いろんなハイカーがいるものだ。

 さて、このグループを見送ったのち、縦走路を進む。北比良峠へ行くとき、奧の深谷、八雲経由で行くことが多いので、今日は久しぶりだ。ここが比良のシャクナゲ尾根。蕾を確認しながら北比良峠を目指す。シャクナゲはやはり蕾のある木、ない木といろいろで、今年はそれなりに楽しむことができるだろう。昨年は自粛で、こちらには来ず、大原のシャクナゲだけで満足していたのだが。

 北比良峠からはダケ道でゆっくりと降りる。こちらのバイカオウレンは今年は少ない。イワウチワはこれからという感じ。ユッキーの脚のこともあるのでゆっくりと下山した。大山口からイン谷口までは桜とコブシがお出迎え。楽しい花山行の締めくくりとなった。

 帰りも161号線を進む。途中で渋滞気味となったので、迂回路を使った。6時半から町内会の役員会があるので、余裕を持って帰りたかったので。

 帰宅して、アイスクリームを食べてお風呂に入り、役員会出席ののち帰って、うちあげ。今日は山名酒造の「春霞」。