2021年3月の山歩き
2021年 1月 2月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年] [2006年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


16.[3月29日(月)]大宮川観光駐車場→日吉大社東宮→行者道→三石岳→行者道→横川中堂→元三大師堂→横川中堂→大宮谷林道→坂本→大宮川観光駐車場

段差のある階段(東宮) 三石岳 タムシバ ダンコウバイ ボタンネコノメ イワナシ 大宮谷林道 坂本の桜
ハナネコノメ
ショウジョウバカマ
 
マルバコンロンソウ 
 
ヤマルリソウ 
春の花を求めて比叡山・横川へ――ヒ、ヒルにやられる!

 久しぶりに比叡山・横川へ行くことにした。大宮林道の花が目当てなので、朝早くよりは昼からのほうがいいだろうということで、反時計回りで進むルート。駐車場で儀式をすませ、日吉大社東宮から行者道を行く。八王子山(381m)をパスして鉄塔の下を越え、神宮寺山(447m)をパスしてまいていく。天気予報通りで、曇り、霧、黄砂で、テンションはさがる。

 ここで延暦寺の修行僧お一人と会う。正式の白装束で、北の方から来られて、「今何時ですか」とお尋ねになる。時計はお持ちでないよう。坂本でどなたかとお会いになるのか。結局横川まで出会った人は一人ということになった。

 三石岳(676m)には寄っていこう。三等三角点でピーク写真撮影。

 ほぼ北へと歩きやすい行者道をひたすら歩く。ここまでの花の収穫はタチツボスミレ、アセビ、キンキマメザクラ、タムシバ。タムシバはすでに散りかけている。

 延暦寺の墓地のあたりで休憩し、水の補給と甘納豆を食べる。もう、元三大師堂まではわずかだ。まずは横川中堂へ寄っていく。ここのトイレは冬季は使用不可だったが、現在は可となっていた。横川中堂から階段を降りて、元三大師堂へと向かう。バイカオウレンはまだまだ元気。ミヤマカタバミは日が当たらないのでまだあまり開いていない。定光院へ寄ってから元三大師堂へ戻り、ここのベンチで昼食とする。コンビニおにぎりとお茶、自家製抹茶ケーキとコーヒー。ここのあたりは観光客とハイカーでそこそこ人はいる。

 さて昼食をすませていよいよ花探索の本番。

 ショウジョウバカマ、イワナシ、ヤマルリソウ、ミヤマカタバミ、マルバコンロンソウ、ボタンネコノメ、ハナネコノメ。ハナネコノメは萼裂片のとんがりがやや鋭くないのと茎の毛の少なさでシロバナネコノメではなくハナネコノメと判断したのだが。

 嬉しくなって写真を撮って歩いていたら、左手の手袋の中がチクッとする。あわててめくったら、なんとヒルが丸くなって親指の付け根についているではないか。きゃーっ。あわててつまんで落とした。見ると、今度は5cmほどの長さになってくねくねしている。まだ3月だというのに。そう言えば、昨晩の雨で湿気はある、今日は季節外れの暖かさ。昨年9月12日にここを歩いていたときにも私はヒルにやられた。あのときも暖かく、雨が降り始めていて湿度が高かった。

 シャツと手袋の間から手袋の中に侵入したのではないか。道ばたのヤマルリソウを撮っていたときに、落ち葉がヤマルリソウにかかっていたので左手で取っていたときに入ったのだろうか。やれやれ。油断をしてしまった。3月だもの、まだヒル対策などしていなかったのだ。みなさん、雨上がりだとか雨が降っているときにはご注意を。そう言えば、ヒルを運ぶ鹿の糞が三石岳にはこれまで見ないほどに多かった。

 いろんな花が見られて嬉しかったが、それに水を差すようなヒル騒動であった。あとは黙々と長い長い大宮林道を日吉大社へと降っていった。ショウジョウバカマは下の方ではもう終わっていたし、イワナシも終わりであった。大宮林道では釣り人一人と会ったのみ。

 駐車場に着いて後片付けをして名神で帰宅した。まだ、4時前であった。家で、自家製ヨーグルトと昨日つくったアーモンド・ビスコッティでうちあげ。お風呂の後はビールで乾杯。
  


15.[3月23日(火)]椿大神社第3駐車場→井戸谷コース→入道ヶ岳→北尾根コース→椿大神社第3駐車場

椿と桜 登山口 ニッコウネコノメ 750m付近 福寿草 山頂 アセビと鎌ヶ岳 ミヤマハコベ
 
 
春の花を求めて鈴鹿の入道ヶ岳へ

 毎年出かけている入道ヶ岳詣で。昨日予定していたのだが、今日の方がお天気がよさそうだったので、本日火曜日の出撃となった。
 
 昨年は新名神の出口を間違えてしまって大変な目に遭ったので、今年は十分に予習をして出かける。名神は車が多いが、草津から新名神に入ると車の数はうんと減る。新名神の鈴鹿ピットインで食料調達。高速を降りればものの5分ぐらいで登山者用の駐車場である第3駐車場に到着した。

 ゲイターを着けストックを伸ばして準備をしていたら、なにやら見覚えのある車が入ってくる。声をかければなんと山休さんではないか。入道にも何回と来られている山休さん、こちらとしては心強い先達とご一緒できることになった。

 並木の桜と椿が咲いている中で、神社のおトイレをお借りして入山の儀式。さらに神社の中に入って登山の安全を祈願する。今日もお花の観察で井戸谷コースで登る。火曜日であるにもかかわらず、多くのハイカーが花観察に登っていく。

 山休さんは昨日比良に出撃してアラレの降る中、花観察をされ、下山最後のところで滑ってお尻と胸を強打されたとか。登りが遅くなって頻繁なる立ち休憩と謙遜されるが、胸の痛みを感じながらも連チャンで山歩きをされるとは、驚異的なエネルギーの持ち主であることは間違いなし。われわれ軟弱ハイカーではまねできない。

 花の話をしながら、写真を撮りながら楽しく登っていく。アセビと笹原のところに出ると、もう、花はない。標高750mあたりか。花がなくなると登りはしんどい。黙々と脚を進めるだけである。途中で下を見ると四日市、伊勢湾が見えてくる。もうあと少し。

 北尾根コースと合流してしばらく行けば鳥居のある山頂(905.6m)到着となる。風が少し吹いてきたので1枚はおる。
 
 お昼をどこにするかということで、山休さんにいいところを教えてもらう。北の頭近く。風も当たらず景色もよくて、のんびりと昼食。今日はパンと自家製抹茶ケーキ。お茶とコーヒー。鈴鹿の山は2座を残して全部踏破しておられる山休さんにいろいろとお話を伺う。

 さて、下山をどうするか。われわれは今日が3回目の入道なのだが、2回とも二本松尾根コースで降りたので、今日は、北尾根コースで降りようということになった。(山休さんは冬にラッセルしながらここを登りに使ったことがあったとか。)

 標高750mあたりまではルンルンのハイキングコース。これは二本松尾根コースよりも楽ちんだと思っていたが、それからはやはり急斜面が続く。標高250mで愛宕社に到着。ここからは階段で降りるか、登山道で降りるか。最初階段道のほうが早く降りられるだろうと、こちらを進んだが、歩きにくいので、登山道のほうに移って降りた。

 神社の桜の並木道を駐車場まで歩いた。桜が咲き(しだれ桜はまだ)、椿が咲いて、足もとにはシャガとキランソウが咲いていた。春の訪れである。

 駐車場で山休さんとはお別れして、新名神、名神で帰宅した。アイスクリームでうちあげ。お風呂の後はビールで乾杯。

 山休さん、ご案内ありがとうございました。予想以上に多くの花と出会えて、満足の一日でした。

 左の写真の花は上からミノコバイモ、シロバナネコノメソウ、カンアオイ、キクザキイチゲ、ジロボウエンゴサク。

 その他、写真以外では、ハクサンハタザオ、タチツボスミレ、シハイスミレ、ミヤマカタバミ、シャガ、キランソウ、ヤマルリソウ等を鑑賞した。

 きれいな写真の数々は「山の休日」さんのHPをご覧になって下さい。

14.[3月15日(月)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

キブシ アオガレ 金糞峠 ミスミソウ 北比良峠 バイカオウレン カモシカ台 大山口
春の花を求めて比良、正面谷、八雲ヶ原に

 ミスミソウの情報をアイちゃんから得て、本日は比良に。バイカオウレンとも出会いたい。

 名神を走っていると車がやや多い。3月の15日だからか。ウィークデイの上りは下りと比べてこの時間帯多いのが通常だから、そのためか。渋滞というほどのこともなく、京都東から湖西道路へと向かう。久しぶりに妹子の里に立ち寄り、食料を調達し、入山の儀式を行う。

 駐車場には5台ほど車が既に駐まっている。この駐車場にテント一張り。車の一台はこのテントの人の。

 服装は少しずつ春仕様に変えている。ゲイターも今日は冬のをやめた。ストックも。

 10日の山行時、舗装道路を延々と走るがごとくに降りて生じたダメージはまだ少し残っている。歩きはゆっくりとにならざるをえない。二人ほどに抜かされる。こちらはそれと花探しでキョロキョロしているからなおのこと。

 アオガレを登りはじめたら、堂満の主MBさんに追いつかれる。1月はお休みされていたが、この3月すでに5回目とか。85歳とは全く見えない。お元気そのもの。動きは軽やか。お話の後抜いていってもらったが、あっという間に姿が見えなくなった。

 今日は堂満にでもと思っていたが(そしてそのことをMBさんに言っていたのだが)、金糞峠に着いて、さらに登る元気は失せ、目的の一つだったミスミソウも見たことだからということで、奧の深谷で八雲ヶ原に行くことに変更した。MBさんが堂満で待っていて下さっていたら申し訳ないことをした。

 金糞峠直下の奧の深谷へ向かう最初の小橋は土台が朽ちて折れていて少し危ない状態になっていた。ユッキーは橋を渡ったが、私は渡らずに渡渉した。要注意。

 奧の深谷の遡行で八雲ヶ原へ行く道は本当に気持ちのよい道である。観音様ロード。風は冷たいが春の日差しのなか、のんびりと進む。この道で出会った人は一人。

 八雲ヶ原の石テーブルで食事とする。コンビニおにぎりとお茶。どら焼き(自家製ケーキは品切れ)とコーヒー。30分以上もゆっくりして出発。北比良峠ではバイカオウレンを求めてうろうろキョロキョロ。咲き始めの所をゲット。峰道のそれと比べるとやや見劣りがするが、それでも、けなげで、かわいらしく、いじらしい。金糞峠のバイカオウレンは極端に数が減っていた。

 見るものも見たし、あとは下山のみ。いつもの道で早く帰った。大山口。ゲイター、靴、ストックの泥を落とす。いつもなら3時台、4時台になっているので、堂満の尾根で太陽は隠され暗くなるのだが、まだ2時台。明るいダケ道、大山口であった。

 3時過ぎに駐車場を発ったものだから、4時過ぎに帰宅できた。アイスクリームとバナナでうちあげ。夕食まで余裕がある。写真の整理を行った。

 本日の春の花はミスミソウとバイカオウレン。前者は今が一番よい時のよう、後者は咲き始めでまだ蕾も多数といったところ。ミヤマカタバミは一輪だけ見ることができた。それとキブシとマンサク。

 お風呂の後はビールで締め。

13.[3月10日(水)]善峯寺バス停→釈迦岳→ポンポン山→西尾根→福寿草群生地保護区→竃ヶ谷→森の案内所→杉谷分岐→善峯寺バス停→宇ノ山バス停

善峯寺登山口 アセビ ポンポン山山頂 保護区入り口 保護区入り口 福寿草 福寿草 ヤマネコノメ
再度福寿草を観察にポンポン山へ
      大原野森林公園内の野草保護区、竃ヶ谷に入るには入山届が必要です!

 比良のミスミソウも気になるが、今日は中2日の山行ということで近場のポンポン山に出かけることにする。今日は思わぬことが二つ起こった。

 いつものように、京都駅でパンを買い、JRの向日町駅から阪急バスに乗って善峯寺まで。3月からは小塩止りではなくて、善峯寺まで行ってくれる。これはありがたい。しかし、予想外の一つ目が起こった。いつものようにバス停近くで入山の儀式をしようと思ったら、管理の人が近づいてきて、「水道が故障していて使用できません」と言ってくる。4人組のおばさん登山グループも居合わせ、みんな「えー」とため息をもらす。

 仕方がない。われわれも出発。尾根にあがるまでは急登が続く。服の調節をしながら、適当に立ち休憩をしながら進む。尾根に上がればあとは楽ちん。アップダウンはあるが、すいすいと進む。ポンポン山に到着してピーク写真を撮って、すぐ、西尾根に向かう。リョウブの丘で甘納豆を食べ、休憩してから、さらに進み、保護区の入り口に着く。ここから竃ヶ谷へと降りていく。途中にテントがあり、届を提出。福寿草保護区は3月21日まで開いている。花は二番花だがたくさん咲いていて、すでに葉っぱがだいぶ大きくなっている。保護がなければこんなに群生していなかったに違いない。

 さて、いよいよ竃ヶ谷に降りていく。ここではヤマシロネコノメとアオイスミレ、咲き始めのミヤマカタバミが観察できた。途中で昼食。

 東尾根に上がることも考えたが、途中で出会った管理ボランティアの方と話をして、結局、東尾根に上がらず、そのまま森の案内所まで行くことにした。今日は水曜日なので、森の案内所も開いていたが、おトイレだけお借りして、先へ進む。15時台のの南春日町発のバスには余裕がありそうなので、少し小塩山への道をうろうろする。これがどうも悪かったようだ。というのも、バスに乗るためにドタバタしてしまったからだ。

 東海自然歩道を南へと進んでいる途中で、金蔵寺回りの南春日町よりは、14時24分善峯寺発のバスに間に合うだろうということで、杉谷分岐を過ぎて善峯寺への舗装道路を走るようにして降りていった。しかし、バス停に到着したときには5分遅く、すでにバスは姿も形も見えなかった。仕方がない。では、小塩から灰方へ行って、南春日町からのバスを待とう。というわけで、どんどん降っていき、小塩バス停までは分かったのだが、ここから先の道がだんだん怪しくなってきた。人に聞いたりしながら歩いたのだが、結局、宇ノ山というバス停に出てしまい、南春日町からのバスには乗れず、善峯寺で55分待てば乗ったであろうバスを待つことになってしまった。やれやれ。

 しかし、ポジティヴに考えよう。歩数は大幅にのび、バス代は100円安くなった。春のような暖かさ(時折の風は冷たく強いが)の中で、麓の田んぼや町並みを見学もできたのだ。

 JR、近鉄と乗り継いで帰宅した。仕上げはビールで乾杯、ご苦労さん。
 

12.[3月7日(日)]暮雪山多目的保安林駐車場8:00→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南陵→コヤマノ岳→11:57武奈ヶ岳12:35→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:15大山口→暮雪山多目的保安林駐車場15:50

アオガレ 金糞峠 ブナ林 コヤマノクラウン コヤマノクラウン 武奈ヶ岳 武奈ヶ岳山頂 ナガオ尾根
ミスミソウの蕾
比良山系に春を探る
 
朝、家を出たときには東の空にうろこ雲が出ていて、午後からは曇りとなる予兆で天気予報通りだと納得して、イン谷口に車を走らせる。孫太尾根でミスミソウを確認できたので、正面谷ではどうだろうというのが本日の目的の一つ。湖西道路を走っていると、比良の稜線にうっすら新雪がありそう。昨晩少し降ったのか。

 駐車場は日曜日であるにもかかわらず意外に車の数はそれほど多くない。支度をしているとアイちゃんが到着された。今日はわれわれは気合いを入れて起き、パン屋の開店(7時30分)前に志賀駅に到着していたので、アイちゃんより先に駐車地に来られたわけである。

 ゲイターを着け、ストックを伸ばして出発。お守りにチェインアイゼンをザックに入れておく(結局出番なし)。

 ミスミソウの蕾は発見したが、まだ3日から1週間は開花までかかりそうだった。葉が大きくなっているのも見つけたが、葉っぱだけで花芽はなかった。全体としては花芽の数は少ないか。比良の春はまだ少し先のよう。

 金糞峠に着いて、ユッキーの脚の調子も見ながら、今日は武奈に行こうと決める。もし調子がよくなければ堂満にしてもよいかと思っていた。金糞峠では休まず先に進む。

 登山道にはほとんど雪はない。ヨキトウゲ谷から四つ辻へ。ここで2回目の立ち休憩。甘納豆を食べる。

 コヤマノ岳南陵を登っていると、上からパラパラと霧氷のかけらが落ちてくる。あわててレインウェアを着込む。登るにつれてシャクシコバノカシラが左手に見えてくるのだが、今日は西の方がガスってきて、何も見えない。これはまずいなあと思いながらも登っていく。

 コヤマノクラウンに近づくと雪が少しは残っている。5cmぐらいか。嬉しかったことは、霧氷がまだブナの木の上の方に付いていて、青空を背景に白く輝いていたこと。

 コヤマノ岳からあと30分。武奈ヶ岳最後の登りを冬道か夏道か迷ったが、冬道の滑りやすいドロドロ道を避けて夏道で登った。こちらはゴロゴロ道でこれも歩きにくいが、滑りやすいのよりはましか(降りは冬道を使った)。

 さすが人気の武奈ヶ岳。多くの人が昼食を楽しまれていた。山頂西側に座り、いつもの昼食。シラクラのほうはガスっていて全く見えないのに、伊吹、御嶽山、白山のほうははっきり見える。ナガオ尾根もこちらに面している部分は白く見えている。元気であれば北陵を回りたいのだが、まだ、リハビリ登山中ということで、パノラマコースで八雲ヶ原へと降りることにする。ゲレンデ跡にももう雪はない。

 八雲池も凍っていない。春は少しずつ近づいている。時折頬にあたる風は少し冷たいが、陽も差しているので、全体としては暖かい。北比良峠からダケ道で下山した。途中のバイカオウレンはまだ小さな蕾で、比叡山とは違って、比良は寒いのだとあらためて思った。

 帰りの渋滞を恐れて、HSひらには寄らずに帰宅した。途中やはり湖西道路は渋滞していたので迂回路を通った。

 本日のうちあげは山名酒造の純米吟醸「奥丹波」。すっきりとした味わいのお酒だった。次回比良山系に来るときには、ミスミソウ、バイカオウレン、イワナシ、ミヤマカタバミあたりを見たいが、開花はいつだろう?

11.[3月3日(水)]8:40駐車場所(いなべ市北勢町新町)8:57→丸山→草木→丸山→14:15駐車場所(いなべ市北勢町新町)14:25

駐車場所(墓地横) 登山口 孫太尾根 オモトの実 ヤマネコノメソウ コショウノキ 孫太尾根 草木(P834)にて
孫太尾根で春の花を探る
 
好天を期待して本日の山行。最初はポンポン山へ出かけてもう一度福寿草を観賞する予定だったが、ユッキーのメル友から孫太尾根の花報告があり、二の足を踏んでいた孫太尾根に本日出かけることにした。初めての孫太尾根である。時間の関係でおそらく藤原岳頂上は無理だと頂上は最初から目的地にしない。

 昨年三月にokaokaクラブの洛西おやじさんが雨の中孫太尾根で藤原岳まで出かけられている。参考にさせてもらった。

 携帯のナビでは新名神で菰野で降りるようにとの指示があったが、車のナビでは大安で降りるようにと言っている。大安から行くと大回りになるので、とりあえず携帯のナビにここは従うことにした。新名神菰野で降り、477号線から306号線に入り、北進する。ところが、この道は時間的に8時過ぎでちょうど通勤時間帯と重なり、渋滞していた。これは予想外。登山口の駐車場所はそれほどスペースがなく、日曜日などでは6時頃に着いていないと駐められないという情報もあったので、焦る。青川にかかる橋を越えて右折しろというので行く方向と反対なのにと思っていてとりあえず右折。どうやら右折してUターンして306号の下を通って西へ進めばいいらしいが、どうも不安なので、ここで元来た道を戻り、306号線の四つ辻を越えて西へ進むことにした。焦る気持ちがさらにつのる。集落の中の細い道を西へと進み、比較的太い道を辿って北西方向に進む。いくつも分岐が現れ、そのたびごとに思案する。駐車地にかなり近づいたところの分岐で止まって思案していたら、通りがけの地元の人がこられ、こちらの方へ行けばもうすぐですよ、と親切にも教えて下さった。ありがたい、まさに窮したときの「機械仕掛けの神」(それはおおげさや!)。

 ということでナビでは1時間39分で到着予定というところが、1時間49分で到着した。道に迷ったということもあったが、やはりウィークデイの通勤時間帯に重なったことが大きい。着いてみれば、もう20台ぐらいは駐車している。なんとか隙間を見つけて駐車。ゲイターを着け、ストックを伸ばしていざ出発。

 孫太尾根は山仲間の何人かが行っておられ、いつかは行きたいと思っていたのだが、なんだか厳しそうだし、車で行けばピストンせざるを得ず、躊躇していたのだが、今日長年の希望が成就した(大げさ!)。

 登り初めてすぐに分岐があり、写真のように左に行くようにと道標がある。孫太尾根の道標は実に親切で標高も記されている。何人か追い抜いていってもらったが、毎年着ているという人が、去年にはこの道標はなかったと言っておられた。道標とともに道もきれいに整備されていて要所には木製の階段、また、石を整備して階段風にしつらえてある。歩きやすい。

 藤原岳までは大きく4つのピークがあるが、最初のP387はピークに乗らずにまくように道がつけられている。このあたりは植林帯。次の目標はP650の丸山。高度を上げるにつれ四日市の海が見えてくる。また、無粋な藤原鉱山の山を削っているところも見えてくる。

 丸山の次の目標のピークは草木という変わった名称のピーク(P834)。途中でトラヴァース道と尾根道の分岐がある。われわれは往きはトラヴァース道を帰りは尾根道を選択した。トラヴァース道は歩きやすいが多少遠回り、尾根道は石ゴロゴロで歩きにくいが、尾根芯のコース。草木で12時になったので、ここから引き返す。陽が差してはいるが、時折吹き付ける風は強く、やや冷たい。風が比較的あたらない所を探してそこでお昼。コンビニおにぎりとお茶。自家製チョコレートブラウニーとコーヒー。

 あとはとっとと降るのみ。しかし、登るときに見落としていた花がないかは丹念にチェックした。

 福寿草とセツブンソウ、セリバオウレンを見たかったが、これは全部見られた。特にセツブンソウがたくさん咲いていたのには感激した。それとミスミソウに出会えたのも嬉しいことであった。

 帰りは大安から乗ることにした。こちらは大きく回るが、きれいな道で運転しやすかった。もちろん今の時間帯、渋滞もなかった。自宅までの時間を比べてみたら、往きも帰りも1時間49分。この偶然には驚いた。家に帰って、バナナと牛乳でうちあげ。

 お風呂のあとは、藤岡酒造の「蒼空」でキヌヒカリという酒米を使ったもので打ち上げ。奥深いお酒。孫太尾根は楽しめるルートだった。今度は山頂まで行きたいものだと話し合ったことだった。