2021年2月の山歩き
2021年 1月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年] [2006年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


10.[2月24日(水)]大宮川観光駐車場→日吉大社東宮→奧護因社→旧横川本坂→大久保山→三石岳→元三大師堂→横川中堂→大宮林道→大宮川観光駐車場

小谷川の橋を渡る 奧護因社 尾根の先端に到着 大久保山 関電鉄塔 シキミ 林道出合 バイカオウレン
バイカオウレン 
 
三石岳 
旧横川本坂を探る
 
中2日の山行。ユッキーはリハビリ中、ということで、比良に行くのは無理。天気予報も武奈ヶ岳テンクラでCと風が強そう。そこで、念願の旧横川本坂を探ることを今日の目的とする。いつものように坂本の大宮川観光駐車場へ。自宅から坂本へは近い。

 駐車場で準備する。チェインアイゼンは車の中に置いておく。トレッキングポールを伸ばし、ゲイターをつけ、出発。駐車場のところで入山の儀式。

 新しい道にチャレンジするのはテンションがあがる。

 まずは奧護因社に。ここの場所はすでに下見済み。日吉大社の東宮のところから入っていく。小谷川(コタニガワ)が見えてきて、橋を渡り、奧護因社に到着。川と平行に尾根へと登るジグザグの道が見える。いかにも旧道でしっかりした道である。やがて300m付近で尾根の先端に辿り着く。休憩して、いよいよ、尾根芯を登っていく。もっと不鮮明になっているかと思っていたが、予想に反して、えぐれ道がはっきりしている。テープなどは一つもない。ただ、あまり人が訪れないからであろう、鹿の糞が至る所にあることと、風で飛ばされた小枝が道のあちこちにあることが難である。鹿の頭蓋骨やらが転がっているのはおまけ。

 標高400mのところに大久保山がある。テープも何もないが、尾根の途中でピークとなっていて少し高くなっているところが大久保山であろうと考え、ここでピーク写真。

 さらに20mほど登ると、関電の鉄塔がある。420m。ここは広場になっている。さらに登っていくと、林道の出合がある。2本の木の杭が目印である。そこから林道を少し登ると、神宮寺山からの道と合流する。しかし、驚いたことに合流点へ出ようと思ったらロープが張ってあり、通行止めと出ている。われわれが登ってきた道には危険な箇所はなかったので、おそらく、われわれのルートから分岐していた道のどこかが崩落しているからなのだろう。もし、われわれの辿った道を降りで使った場合、崩落している道に出会ったかもしれない。登りで使ったのは正解。

 ここからはいわゆる行者道で、歩きやすい。せっかくだから三石岳に寄っていく。ピーク写真の後、さらに行者道を進む。このあたりにくると、お腹が空いてきて、さて、昼食をとる場所を探しながら進んでいく。陽が差すところは暖かいのだが、風が吹いているところは寒い。

 結局、延暦寺・横川墓地の駐車場のところでお昼とする。今日はコンビニおにぎりとお茶、自家製チョコレートブラウニーとコーヒー。

 中尾坂分岐から元三大師堂への道を行くと、ありました、バイカオウレンが。まだ咲き始めのようで蕾も多いが、気の早いのが咲いてくれていた。もう一つのポイントは、元三大師堂から横川中堂の裏へ行く道なのだが、昨年はたくさんあったバイカオウレンが今年はほとんどないのを発見した。これは残念。

 あとは大宮谷林道を歩いて降るだけだが、時間も早いしということで、途中から神蔵山(カマクラヤマ)への道の下見に少し脚を伸ばした。

 下見の結果、なんとか神蔵山へ行けそうだという見通しを得て、大宮谷林道へ戻った。ヒルの出ない時期に、ここから登って延暦寺、大比叡へ行くという新たなるチャレンジの目標ができた。

 駐車場にはけっこう早く戻れた。朝は1,2台しか駐車していなかったのが、戻ってみると、10台ぐらいが駐車していた。片付けをして、すぐに出発、無事帰宅。

 帰宅してアイスクリームを食べ、お風呂の後はビールで乾杯。旧横川本坂を突き止められたこととバイカオウレンが見られたことが本日の収穫だった。

9.[2月21日(日)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南陵→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車

アオガレ 金糞峠へ 四つ辻への小橋 コヤマノクラウン コヤマノ岳東尾根 武奈ヶ岳 八雲新池
 
 
春を思わせる武奈ヶ岳に
 
今年に入って2回目の武奈ヶ岳。天気予報は好天ということで、日曜日ということもあるから、駐車場は混むのではないかと早めに家を出る。湖西道路で比良山系を見ると、ずいぶん雪が溶けている。ホッケのとんがり帽子と蓬莱、打見の稜線はわずかに白いものが見える。釈迦岳には雪は全く見えない。いつものように志賀駅前で食料調達、入山の儀式。


 イン谷口に車を進めていると前に2台続いて駐車場に向かっている。これは多いかも、と思って、トイレ前まで車を進めず、手前の待避場所の広くなっているところで車を駐める。ゲイターをつけ、トレッキングポールを伸ばす。チェインアイゼンだけザックに放り込む。

 歩き始めてトイレ前まで来て車の台数を数えれば、10台ほど駐車してあった。ここまで来ても大丈夫だったようだ。

 10日前と比べると本当に雪は少なくなっている。アオガレまではほとんど雪なしの状態。アオガレも少し雪は残っているが、まだら模様を描いている。空は青空で暖かい。すでに大山口でメリノウールのシャツ1枚になっている。サングラスは歩き始めから着用。

 正面谷も雪はほとんど溶けており、雪解け水が足もとを流れている。シャーベット状の雪である。

 金糞峠に近づくとやはり風が出てきて少し寒くなる。峠から急いで奧の深谷に降りて、休憩。甘納豆を食べ、ウールのシャツを1枚重ねる。フタコブラクダのシャクナゲ道を今日は行こうかとも思ったが、やはり時間がかかりそうなので、いつものヨキトウゲ谷方向に進み、小橋から四つ辻に登ることにする。このあたり、陽が差さないところでは雪はそこそこ残っているが、登山道に関しては問題ない。

 今まで四つ辻で休憩していたのだが、金糞峠下の休憩より、あまり時間が経たないので、この頃は第一ステージで休憩することにしている。チェインアイゼンをつける。

 日曜日であるにもかかわらず意外に会う人はほとんどいない。トレイスはついている。おそらく昨日のハイカーと今日朝早く登っていった人のものだろう。雪が溶けたコヤマノクラウンを見れば、コヤマノ岳頂上は近い。コヤマノ岳頂上から東に目をやっても、琵琶湖のあたりは霞で全く見えない。PM2.5のせいか。

 ブナ林を通って、コルから冬道で武奈ヶ岳頂上へ。夏道にはトレイスなし。この冬道、雪が溶けて粘土質の土がドロドロ。滑らぬように気をつけながら最後の一登り、一踏ん張り。およそ4時間は必要だった。

 登山者はそれほど多くない。ピーク写真を撮って、さあお昼、というときに、アイちゃんトリオのアイちゃん以外のお二人に会う。あれ、アイちゃんはと思ったら、ようやく頂上に到着。「お久しぶりです」と声をかける。比良の王道で登ってこられたとか。トリオは八雲でお昼にするということで、ここで別れる。われわれは西側に座って昼食。手前のシラクラダケ連峰を見ても、雪は谷筋に少しあるだけ。釣瓶、蛇谷を見ても雪なし。遠く高島トレイルを見れば、ここにはまだ雪は残っていた。パンとお茶、コーヒー。それに自家製ブラウニー。寒くもなく、暑くもなく、気持ちがよいのでずいぶんと長居してしまった。


 急ごう。下山は、コヤマノ岳分岐からスキー場ゲレンデ跡を通って八雲ヶ原へ。クマさん道で北比良峠。ここで休憩して、北比良峠に。峠少し降りたところでアイゼンを外す。あとはダケ道をひたすら下る。大山口でアイゼン、トレッキングポール、靴の泥を落としてぶらぶらと駐車場に。朝方10台会った車は全部なくなっていた。8時間の山行だった。いつものように湖西道路、名神で帰宅。

 お風呂の後は、山名酒造の濁り酒「奥丹波・膠」。

 今週また寒くなるようだが、雪山と呼べるようなものは再現するのだろうか。

8.[2月17日(水)]大宮川観光駐車場→日吉大社→大宮谷林道→横川中堂→元三大師堂→中尾坂→飯室不動堂→覚道坂→西教寺→大宮川観光駐車場

日吉大社 大宮谷林道 大宮谷林道 横川中堂 中尾坂へ 慈忍和尚の墓 あやしげな橋 覚道坂降りてきました
 
 
小雪の中、比叡山横川へ
 
天気のいい日にはいろいろと用事があり、結局、天気が悪いにもかかわらず、今日の山行となった。比良はまず無理だろう、ということで、困ったときの比叡山。

 今日はけっこうスムーズに坂本の大宮川観光駐車場に到着できた。ゲイターにストック、と準備する。アイゼンはおそらく使わないだろうがチェインアイゼンを持ってきた(結局使わず)。

 湿った雪が降る中で出発。日吉大社を過ぎ、比叡山高校の横の階段を登る。中学生、高校生が次々に傘を差して登校していく。この雪だし、足馴らしということもあるので、大宮谷林道で横川へ向かうことにする。雪がちらちら舞っている。きれいだけれども高揚感はない。ただ黙々と登る。3枚でスタートした服も暑くなってきて1枚脱ぐ。

 途中で軽自動車が荒い運転で登ってきた。延暦寺の関係の人なのだろうかとも思ったが、それにしては運転が荒い。横川中堂に近づいて判ったのは、倒木の処理をしている林業関係者の運転であったようだ。途中で会ったのはこの車ともう一台、上から降りてきた車で、こちらは延暦寺管理局の車だった。人には誰にも会わず。

 道に鎖のゲートが見えてくると、境内は近い。

 まずは横川中堂へ。次に、元三大師堂へ。いつものように、ここで昼食とする。ベンチがある。今日はコンビニおにぎりとお茶。自家製キャラメルケーキとコーヒー。じっとしていると寒いので、早々に昼食を切り上げて、下山することにする。

 今日は久しぶりに中尾坂で。ユッキーはリハビリ中であるにもかかわらず軽快に降りていく。「ここの新横川本坂のジグの傾斜が心地よいのよ」とのたまう。うーん、そういうものかなあ。「ただ、この坂、登りに使うのはいややなあ」。

 あっという間に不動堂に降りてきた。途中の倒木帯もきれいに整理されていて、なんの支障もなかった。慈忍和尚の墓(栢ノ木坂はここから登る)を過ぎ、あやしげな橋を渡り、光秀ゆかりの西教寺の前を通って駐車場に帰ってきた。

 5時間の山行で、1時過ぎに帰ってこれた。後始末をして家に帰ったら2時。なんとも早いお手軽山行だった。

 今日の唯一の収穫はヤマネコノメソウが見られたこと。いつもより早い。横川でバイカオウレンがどうなっているか確かめたかったが、雪でおおわれていて、まだまだこれからという感じだった。

 家でのうちあげはビール。

 
 

7.[2月11日(木)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南陵→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

アオガレ 金糞峠へ コヤマノ岳南陵 コヤマノクラウン 山頂直下 西南稜 ゲレンデ跡
 
 
今年初めての武奈ヶ岳
 
リハビリ登山11回目。
 
 昨年までは月1回以上武奈ヶ岳詣でを行っていたが、ユッキーの脚のトラブル以降今年になってまだ一度も詣でていない。できることなら今日こそ武奈ヶ岳にと思って出発する。JR志賀駅前で食料調達と入山の儀式。トイレ前で駐車する。8時過ぎでもうずいぶんと多くの車が来ている。もう少しで下の方に駐車しなければならないほどであった。ゲイターを着け、ストックを伸ばし、今日はワカンと軽アイゼンをもっていく。

 天気予報によれば今日は午前中は曇りで午後から晴れ。登りはじめは雲が多かったが少しずつ青空が増え、正面谷の途中でサングラスをつけることになる。服も三枚から一枚になり、二枚になり、三枚になりと服装調節も目まぐるしい。2月3日の時よりは、雪が深い。

 金糞峠に到着。いつものことながら風が吹き抜け寒いのでとりあえず奧の深谷へ。休憩。よし、今日は武奈に行こう。

 ヨキトウゲ谷から行くか、二瘤駱駝のシャクナゲ道を行くか、迷ったが、つぼ足の可能性が高い後者をさけて、いつもの道で行くことにした。こちらはトレイスがあり、歩きやすそうだ。

 小橋を渡って四つ辻にあがり、そこから斜面をまっすぐ登っていく。ここまでまだアイゼンは使わず。コヤマノクラウン周辺の樹氷が見られるだろうか、登りつつ、ブナの枝を見てみるが、樹氷はない。もう溶けてしまっているのか。残念だが仕方がない。

 コヤマノクラウンが見えてきた。白く輝く樹氷はない。温度はやっぱり上がっている。

 コヤマノ岳からコルに下りる。ここで、せっかく持ってきたからという消極的な理由でワカンをつけてブナ林を降る。立派なトレイスがあるので、わざとトレイスがないところをワカンで進む。イブルキノコバ分岐のあたりでは昼食を楽しんでいるハイカーが何組かいる。あとで判ったのだが、山頂は風が強くて、ゆっくり昼食をとれない状況だった。

 山頂直下の最後の登りでユッキーはワカンを外す。脚に負担があるからと。冬道で登る。夏道にはトレイスなし。私はワカンを着けたまま山頂まで。ピーク写真のあとは早々と下山。稜線は時折吹き飛ばされそうな強い風が吹き抜ける。山頂付近で軽アイゼンをつける。結局、ダケ道の途中まではアイゼンのお世話になる。

 山頂から降りてイブルキノコバ分岐の手前で昼食。パンとコーヒー、お茶と自家製キャラメルケーキ。コヤマノ岳分岐から斜面を登ってパノラマコースへ。夏道、冬道があるが、トレイスは両方についているが、夏道のほうがはっきりしている。冬道は危険な箇所が一箇所あるので、あえて冬道には行かない。大半の人は夏道を使っているようだ。これも雪が多くないからだろう。

 ゲレンデ跡から八雲ヶ原へ。そして、北比良峠にクマさん道で。北比良峠では、風に吹き飛ばされたからであろう、雪はまだらになっている。そして、ダケ道。いつもだったらカモシカ台でアイゼンを外すのだが、そこへ降りるまでに雪がなくなってきたので、アイゼンを外す。雪が溶けてきてドロドロしてきている。

 思ったよりも早い時間で大山口に降り立った。ここで、ストックやゲイターや靴を洗う。あとはのんびりと駐車地へ。ユッキーの脚は降りで少し痛み出したが、ともかくも、山頂まで辿り着き、無事下山できた。感謝、感謝。

 帰りの161号線は、蓬莱山に遊びに行った人の車であろう、車が多かった。いつもの回り道をして再度161号にのる。それからはスムーズに名神で帰宅。家でうちあげはビールで。雪の武奈ヶ岳を楽しめてありがたいことであった。比良山系の雪は今日で終わりなのだろうか、あるいは、もう一回ぐらい降雪を楽しむことができるのだろうか。

6.[2月7日(日)]小塩バス停→善峯寺→釈迦岳→ポンポン山→リョウブの丘→西尾根→福寿草保護地→竃ヶ谷→森林案内所→金蔵寺→南春日町バス停

登山口 福寿草保護区 竃ヶ谷コースの案内 福寿草 竃ヶ谷降り立ったところ 竃ヶ谷 竃ヶ谷出口 ホトケノザ
 
 
福寿草観察
 
リハビリ登山10回目。
 
 西山の福寿草はどうなっているかを確認のためにポンポン山を目指す。近鉄、JRと乗り継ぎ、向日町に。途中京都駅で食料調達。阪急バスは2月末まで善峯寺まで行かないことは承知しているので、バス停小塩から善峯寺登山口まで舗装道路を登っていかなければならないことは覚悟の上である。終点まで乗った乗客はわれわれを含めて7人ほど。みなハイカーである。

 ここから善峯寺の登山口までは勾配のきつい坂で、しかも、舗装道路なのでつらいものがある。つくづく善峯寺までのバスの運行の恩恵を思い知らされる。登山口近くのトイレで入山の儀式。

 いつもわれわれは杉谷経由ではなくて釈迦岳経由でポンポン山に行く。杉谷までの舗装道路がいやだからである。登山口から稜線にのるまでは、かなりの急登である。我慢してゆっくり登っていく。日曜日なのに、この道はそれほど人が多くない。

 しかし、稜線の尾根道に至ると、途端に多くの人に出会う。そのままポンポン山に到着。20人以上の人が休んでいる。われわれはピーク写真後、すぐさま西尾根コースに入る。

 リョウブの丘で昼食とする。ドンクのカリカリメロンパンととろけるチーズパン。自家製キャラメルケーキ。ほうじ茶とコーヒー。

 昼食後、さらに西尾根を進み、福寿草保護区へ降りる。テント前のところで届を提出。昨日土曜日から公開された由。実にタイミングがよかった。もう一つタイミングがよかったのは、お昼前から曇ってきていたのがわれわれが観察を始めるとまた陽が差してきたことである。咲き始めたばかりの福寿草、今年も会えた福寿草。十分見せてもらったのち、竃ヶ谷に入る。これまでここを歩いたことがなかった。今日が初めて。テントの前で届け出たことで、入ってよいということなのだろう。

 思った以上にコース全体に整備がなされている。最初の急斜面には階段がついているし、降りたところがNO.32 の標識がある。以後、沢に沿って進んでいけば間違いようがないが、標識が続けて立っている。途中東尾根に登る分岐にも標識が立てられており、今度は東尾根の「イヌブナの林」に登ってみたいねと話する。

 山野草の保護のために(獣被害、人間被害)、鉄の網があちらこちらに巡らされている。花が咲いても、このフェンス越しに観察するということになるのだろう。

 10ヶ所以上渡渉する。今は水量が少ないので難なく渡れる。しかし、雨季など、水量が多いと難儀することだろう。

 左に植林の杉林が出てくると、西尾根コースとの合流点も近い。ここらあたりへ来るとフェンスもなくなってくる。最後にハシゴで降りて渡渉する。あとは森の案内所へと登っていく。案内所にはトイレあり。少し休んでから、南春日町に降りるか、善峯寺・小塩に降りるか話し合って、距離は遠いが、バスの時間を確かめていたので、南春日町のほうに降りていく。時間に間に合わせようとピッチを上げる。無事10分前にバス停に辿り着いた。途中畑のあぜ道にホトケノザがもう咲いていた。

 バス、JR、近鉄と乗り継いで帰宅。「麒麟が来る」最終回を見るために、少し早い目の夕食で、山名酒造の「奥丹波・渡船」で乾杯。
 

5.[2月3日(水)]暮雪山多目的保安林駐車場8:12→大山口→正面谷→10:15金糞峠10:25→奧の深谷→11:20八雲ヶ原12:05→奧の深谷→北比良峠→ダケ道→13:58大山口→暮雪山多目的保安林駐車場14:30

アオガレ 金糞峠へ 奧の深谷へ 奧の深谷 奧の深谷 奧の深谷 八雲ヶ原 ダケ道から釈迦岳
 
 
雪降る中、八雲ヶ原へ
 
リハビリ登山9回目。
 
 いつものように車で出かける。湖西道路を進んでいると、雪がぱらぱらしてくる。これはまずいなあと思いながらも、JR志賀駅で食料調達、入山の儀式。

 行けるところまで行ってみようと車を進め、いつもの駐車地に。道に雪はない。駐まっている車は一台もなかった。こんな天気の時に来る人はいない。

 
準備をしてワカンは車に置いておき、アイゼンだけを持っていく。しばらくは雪がない。パラパラと雪は降ってくる。今日の目標は武奈ヶ岳だけれども、曇り空で雪がぱらつく中ではむつかしいと覚悟はしている。金糞峠でどこへ行くか決めようということで、黙々と登っていく。最初は三枚着ていたが、途中で二枚となる。1cm程度の積雪。

 アオガレを過ぎてしばらくすると風が出てきて寒くなってくるのでまた服を出して3枚となる。空はときおり陽が差すこともあるが、大体は曇り空。風が寒さをつのらせる。金糞峠近くに来て、100mほど下に一人のハイカーを見る。金糞峠下で休憩していたが、このハイカーが上がってきたようには思えなかった。

 時間的に言えば武奈に行ってもよいのだが、雪のちらつきと風を考えて、今日も八雲帰りとすることにした。

 奧の深谷は陽が差さないが、水墨画のような静寂な世界である。「きれいやね」とつぶやくだけで、黙々と沢に沿って歩いて行く。いったん雪が溶けたからだろう、深くても踝あたりの雪なので、歩きやすい。雪が少ないのでつぼ足もなく、渡渉するにしても橋が使える。会う人はだれもいない。

 八雲ヶ原に近づくと、雪が降ってくるのが多くなった。これでは落ち着いて昼食はとれないなあと思いながら、いつもの石テーブルで昼食をとる。パンと自家製キャラメルケーキ、ほうじ茶とコーヒー。食べているときに八雲ヶ原を通って武奈に行こうとするハイカー一人が目に入った。遠いので声かけもせず。今日見かけた二人目。食べている最中にも雪は降り続きザックに積もっていく。長居は無用、早く下山しよう。

 クマさん道を通って、北比良峠。そこからダケ道。皮肉なことに、次第に晴れてきて、神璽谷の向こうの釈迦岳を見れば、青空の下、威容を見せている。下山時に晴れてくるといういつものパタン。しかし、太陽もつかの間。また曇り空になって、雪がぱらぱらしだした。カモシカ台までは少々残雪があったが、カモシカ台より下では登山道は落ち葉のみ。滑らないように気をつけながら、下山を急いだ。途中登ってくる人一人に会う。テントの用意もしていないようなので、八雲ヶ原まで上がられるのか(?)

 余裕を持って大山口に着き、靴やストック、ゲイターを洗って片付け、駐車地まで。あとは、湖西道路、名神で帰宅。15時15分ぐらいであった。

 うちあげは、山名酒造の「Nouveau ささにごり」。無濾過のあらばしりで、麹の香り高いお酒だった。

 福寿草の花が咲いたとの報告もちらほらでてきたので、2月中には出かけたい。