2021年最近の山歩き
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


70[12月28日(火)][曇り] ポンポン山(本年70回目の山歩き) 善峯寺バス停→釈迦岳→ポンポン山→西尾根→リョウブの丘→西尾根→森の案内所→金蔵寺→南春日町バス停

         
善峯寺入り口 登山口の橋 善峯寺 登山道の倒木  森の案内所

 今年の山歩きの目標は70回としていた.ユッキーの膝関節のトラブル等あったが,本日,70回目の山歩きを果たすことができて,ほっとした.

 湖北とか各地で大雪の情報が出ていたので,路面の凍結や渋滞のおそれがあるので比良の方に行くことはまず断念.思案の末,よく出かけているポンポン山に行くことにした.ただし,ここ半年ほどはいつも車で高槻経由で出かけていたので,今日は,昔ながらに電車,バス乗り継いで.

 JR[向日町で降りたって,バスに乗る.乗客はわれわれ含めて4人.善峯寺の最後まで乗っていたのはわれわれだけであった.

 準備を整えて,出発.今日は軽アイゼンをもってきたが,はかずにザックに入れて出発した.足もとは3cmから5cmの積雪. 

 登山口の橋は流されていたが,11月に復元,強化された.流されないようにか,以前よりも少し高くなっている.

 この道を通るのは久しぶりだ.前回より1年以上経過しているか.

 
途中で三年前の台風以降の倒木があり,またいで乗り越えることになる.見晴台から尾根道にあがれば,あとはアップダウンはあるが,平坦な道.

 ポンポン山の山頂では6人ほどのハイカーがいた.ピーク写真を撮ってそく西尾根に.

 いつものリョウブの丘で昼食とする.今日は京都駅のドンクのパン(カレーパンとカリカリメロンパン)とコーヒー.

 サクサクと雪を踏みならして進む.この音がいい.

 森の案内所は閉まっているが,トイレは使用可能.用を済ませてあとは舗装道路を進む.ここはいつもいやなところである.善峯寺に出るか金蔵寺回りにするか,少し迷ったのだが,この頃あまり歩いていない金蔵寺回りで南春日町に進むことにした.あとから考えたのだが,やっぱり,善峯寺でバスに乗ったほうがよかったかなと思った.

 南春日町にやっと着き,あとはバスを待ってJR向日町まで.京都駅から近鉄といつものルート.

 比較的早く帰れた.今日のコースはけっこうロングコース.歩数は三万歩を超えていた.

 お風呂の後は山名酒造の「奥丹波搾りたて」で打ち上げとした.

 ユッキーの膝の不調で間が開くこともあったが,なんとか,山歩き70回を数えることができた.まずはうれしい.

 来年,何が起こるか分からないが,とりあえず山歩きの目標は今年と同じ70回としたい.

 今年も,われわれの山行記録をお読み頂きましてありがとうございました.よいお年をお迎えください.









69.[12月20日(月)][晴れときどき曇り] 八雲ヶ原 暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

       
 蓬莱山方面(妹子の郷より・ZOOM)  アオガレ 正面谷  ワカン 

 昨日は町内会の用事があったので,本日の山行となった.天気予報によればよさそうなお天気であるので,武奈ブルーを拝めるかと思って,家を出る.しかし,なかなか思うようにはいかない.今日は年末の五十日.悪い予感がしたが,名神も少し混み気味だし,湖西道路は坂本のところですごい渋滞.最初の計画に暗雲がかかる.

 JR志賀駅前のパン屋は月曜日なので本日は休み.食料は妹子の郷で調達し,ついでに入山の儀式もすませる.

 妹子の郷で比良連峰を見れば,確かに雪は積もっている.

 イン谷口からタイヤはやや滑りながらも駐車地に向かう.駐車地では上の方には行けず,トイレ前で駐車する.こんなところにまで雪が積もっているのは今シーズン初めてだ.

 軽アイゼンとワカンをザックに入れて出発.結局いつもより1時間ほど遅くの出発となる.

 アオガレを登り初めてアオガレテラスに来たとき,下を見れば,なんとナベさんの登場.アイゼンのゴムが切れて手間取り,遅くなったとか.先に行ってもらう.八雲ヶ原で会えるかもしれませんね,とエールを送る.

 こちらはもう八雲ヶ原帰りと決めている.アイゼンをつけようかと思ったが,ユッキーが,「奧の深谷でまたワカンにはきかえんとあかんから面倒やで」と言うので,それもそうだと思って,そのまま,金糞峠まで.やっぱり,アイゼンをつけていればよかったと思ったが,後の祭り.滑りつつ慎重に金糞峠まで.

 金糞峠は風が吹き抜け寒いので,そのまま,奧の深谷へと橋を渡る.ここで,休憩を兼ね,ワカンをはく.

 トレイスはあるのだが,ワカンの試し履きで「比良の哲学の道」を進む.ここはもう誰も来ない.静かにワカンの歩きを楽しむ.ワカンをつけての橋の渡渉は少し不安定である.慎重に進む.こういうときは橋に手すりがあるのが実に助かる.感謝しながらゆっくりと橋を渡る.

 八雲ヶ原に到着すればすでに石テーブルは占拠されている.仕方がないので,前の石に座る.新池に向いて一人のハイカーが座り,われわれは反対の方向を向いて座る.今日はコンビニおにぎりとお茶,持参のアップルケーキとコーヒー.

 昼食の後はクマさん道で北比良峠,ダケ道で降りかかったら,ナベさんが,降りてこられた.コヤマノ岳まで行って,雲で青空が見えなくなったので,武奈に行く気が失せ下山してきたとか.

 こちらは時間の関係で,はなから武奈に登る気はなかったが,無理して行くこともなかったということか.

 ナベさんには先に行ってもらい,われわれは軽アイゼンを着けてゆっくりと下山する.

 大山口でゲイターを洗い,アイゼンの土を落とし,駐車地に戻った.

 帰りの湖西道路は渋滞するかと思ったが,それほどのこともなく,迂回をせずに西大津バイパス,名神で帰宅した.

 今日の山歩きはワカンとアイゼンの試し履きといったところ.それほど寒くなく,比良の雪を楽しんだ.今日の打ち上げはビールで,ご苦労さん.







68.[12月15日(水)][曇り] 蛇谷ヶ峰 いきものふれあいの里跡9:02→尾根コース→お見合い広場→11:25蛇谷ヶ峰山頂12:00→お見合い広場→尾根コース→13:26いきものふれあいの里

               
駐車地 尾根へ 地獄の階段 雲海 お見合い広場にて 山頂 武奈ヶ岳方面 アップルケーキ
サルトリイバラの実
狂い咲きのコバノミツバツツジ 

 今日は夕方に用事があるので早く帰れるところということで久しぶりに蛇谷ヶ峰にした.名神その他でやや車が多い感じがしたが,特に湖西道路の坂本の合流地点までの渋滞はひどいものだった.

 天気はそれほどよくはない.鯖街道を粛々と進んだ.3箇所ほど工事で片側通行になっているところもあり,これも仕方がない.朽木の道の駅新本陣まではけっこう遠い.ここで入山の儀式を行い,安曇川の橋を渡って,いきものふれあいの里跡への道を行く.この道を行くのは久しぶりだ.近年雪の季節には蛇谷ヶ峰に来て,朽木スキー場から登るというスノーシューコースばかりをとっていたからだ.

 「強者どもが夢の跡」.いきものふれあいの里があった頃は,ここで入山の儀式を済ませ登山届を出したものだったが,今は建物もなくなり,ただ草が生い茂るばかりである.

 林道のロープが張ってある終点の前で車を駐め準備をする.尾根コースは渡渉の箇所もないのだが,下が濡れているのでゲイターをつける.長袖2枚で出発.

 すべてが懐かしい.落ち葉で敷き詰められた林道をゆっくりと進む.出発地点は標高284mぐらいだろうか.ゆるやかに林道を進み,標高350mあたりで左折し,林道を離れ,尾根へと登って行く.出発からここまで30分.斜面を登り尾根にとりつく.

 南東の方向に登って行く.悪名高い地獄の階段だ.もともとは国体のスキーのコースのためにつくられたので,これも仕方がない.

 標高652mで天空温泉からの道と合流する.あとはひたすら南へと進む.昔,6月ぐらいの雨模様のときにこの道を行き,ヤマヒルにあったことを思い出しながら,登って行く.サルトリイバラの実がやたら多い.朽木の雲海を写真に撮ろうと登山道を少し外れたらサルトリイバラが思ったよりもたくさんあり,難儀した.

 800mを越えると,雪が少しずつ見えてくる.やっぱり比良山系の一番北に位置するからだろう.

 溶けたところはドロドロになっているので要注意.いきものふれあいの里跡から登ってくる人はいないが,天空温泉からは1人と1グループ(5人ほどか,よくお喋りするグループだった)に会う.

 11時半ぐらいに山頂に立ち,リトル比良をはるかに見るところで昼食.コンビニおにぎりとお茶,自家製アップルケーキとコーヒー.武奈ヶ岳方向に視線を向けると,武奈ヶ岳も頂上付近は白い冠をかぶっているようだった.

 ゆっくりお昼を過ごしたのちは,下山.

 ユッキーの膝の具合もよさそうである.今日は登りのときから膝のサポーターをつけていた.

 駐車地に戻る途中で狂い咲き乃コバノミツバツツジを発見した.11月,寒くなってから暖かくなったので,春がきたかと思って咲いたのだろう.かわいそうに,これから冬で本当に寒くなるというのに.

 予定通り早く降りてこられたので,湖西道路も混まずに,途中,用事を済ませて帰宅した.タンパク質を補給すべく,まずは,チーズと牛乳でうちあげ.夕食時にはビールで乾杯.お疲れ様でした.

 本年目標まであと2回となった.1回は武奈ヶ岳に行きたいものだと思っている.雪はどうなるだろう.12月はじめに車はスノウタイヤにはやばやと履き替えたのだが.


67.[12月11日(土)][曇り] 武奈ヶ岳(219回) 暮雪山多目的保安林駐車場8:20→大山口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→ゲレンデ跡・パノラマコース→コヤマノ岳分岐→イブルキノコバ分岐→11:56武奈ヶ岳→尾根コース→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:32暮雪山多目的保安林駐車場

               
駐車場 アオガレ 八雲ヶ原 パノラマコース 武奈ヶ岳  西南凌方向 宇治金時パウンドケーキ コヤマノ岳と武奈ヶ岳

 もう雪もなくなったが,ユッキーは武奈に登りたいというので,本日も武奈ヶ岳に.予報によれば,明日日曜日よりは今日の方がよさそうなので,今日出かけたのだが,八雲ヶ原あたりまでは青空が見えていたのだが,それ以降はさっぱり.いつ降ってもおかしくないような天気なので,写真を撮るモチヴェイションがあがらず,写真の数も少なくなってしまった.

 自宅を出て名神,湖西道路と車を走らせる.比良山系に近づくと,霧が琵琶湖からのぼってくる.JR志賀駅前のパン屋で食料調達.さらに入山の儀式もすませる.パン屋が混んでいたので,駐車場には20分遅れで到着となる.

 8時を回っているが,車の数は多い.なんとかスペースを見つけて車を駐める.この頃車の数が多い.なぜだろう.

 いつもより遅い出発である.しかし,雪も全くないので写真を撮ることもあまりなく,順調に進む.ユッキーの膝の調子もよさそうだ.

 アオガレを経て正面谷を登る.あとから来る人にはどんどん追い抜いて行ってもらう.

 金糞峠について,さて,どの道を行こうか? いつもいつもコヤマノ岳南尾根ではなあ,ということで,今日は八雲ヶ原経由で武奈ヶ岳ということにする.

 八雲ヶ原までの奧の深谷遡行の道は,「観音様ロード」であるが,私は「比良の哲学の道」と呼びたい(あちらこちらで勝手に命名するな!――はい,すみません.).息を切らして登った金糞峠から下りて,ゆっくりと沢に沿って歩いて行く.自然にこの道は人を思索に導く(しつこい!).

 途中納豆を食べ飲水休憩.今日も歩き始めると暑くなるので服の調節に忙しい.八雲ヶ原に近づくにつれ,青空は薄れ,雲が空を覆い始める.「武奈ブルー」を期待していたのだが,次第に希望を断たれることになる.


 八雲ヶ原からイブルキノコバ経由でと思っていたところ,またしても,ユッキーからの提案でパノラマコースを直登することにした.いつも降りに使っているこの道だが,登りに使ったのは何年ぶりだろう?

 なんともきつい登りである.時間的には短縮できるかもしれないが,このしんどさとは引き合わないだろう.上から降りてきた人が,「登りと美人は優先です」などと調子のいいことを言ってくる.やれやれ.

 ようやくコヤマノ岳分岐に辿り着く.ここからイブルキノコバ分岐まではほんのわずか.コルに着いて武奈ヶ岳を見上げれば,ハイカーが見えるが,それほど多くはない.ここは冬道をゆっくりと登る.立ち休憩はなんどもとる.

 稜線にのれば,目の前に頂上が見える.今日は風もなく,あまり寒さを感じない.3時間36分ほどで到着.この頃は4時間かかっていたので,これは進歩.ピーク写真のあとは,西,北からの風を避けられるところで昼食,パン2個と宇治金時パウンドケーキ.お茶とコーヒーで.

 30分ほど過ごして下山.さて,どこのルートをとろうか.パノラマコースピストンではおもしろくないので,イブルキノコバ経由で八雲ヶ原とする.沢コースと尾根コースの二通りあるが,いつも沢コースなので久しぶりに尾根コース(冬道と言ってもよい)をとった.沢コースがお気に入りだったユッキーも,尾根コースでタムシバの蕾をたくさん見たので,「尾根コースもいいなあ」と評価を変える.

 歩きやすいことは歩きやすいこのコース,すいすいと降ってイブルキノコバ.そして,八雲ヶ原.いつ雨が降ってきてもよいような曇天で,クマさん道を通って北比良峠.北比良峠で木立のほうから声がするので見返すと,テントが張ってあって(こんなところにテントを張っているのははじめて見た),中から大きな声で男二人がぺちゃくちゃ喋っているのが聞こえてくる.昼の2時過ぎに男二人がテントの中でお喋りか.まあ,どうでもいいけど.

 さて,あとはダケ道を降るのみ.ユッキーは先日購入した膝のサポーターをつけて快調にダケ道を降っていった.3時半頃に駐車地に戻った.朝駐車していた車はもうほとんどがなくなっていた.

帰りは湖西道路を迂回することなく進んだが,真野から先で渋滞に引っかかり(自然渋滞ではなく事故渋滞),やっぱり迂回すればよかったということになった.

 今日はビールで乾杯.先週の雪は跡形もなく溶けてしまっていた.雪が降って根雪になるのはいつのことだろう.今年の目標の70回まであと3回を残すのみとなった.最後は雪で締めたいものだが. 


66.[12月5日(日)][曇りときどき晴れ] 武奈ヶ岳(218回) 暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

               
雪と紅葉(黄葉) アオガレ 正面谷 コヤマノクラウン 山頂 ブナ林と青空 サワフタギの実 HSひら

 先週初冠雪ということで武奈ヶ岳に出かけたが、昨晩からまた雪が降ったらしい。これは武奈に行かねばなるまい、ということで、今日も武奈ヶ岳を目指す。

 湖西道路を走っていると、雨が降ってきて、車のワイパーを動かさなければならないほどの雨となる。天気予報は午後から晴れとか、ひたすらそれを信じる。湖西道路の紅葉(黄葉)もきれいで泰西名画の中を走っているようだが、陽が差さないものだから、くすんでいる。残念。

 JR志賀駅前で食料調達、入山の儀式のあと、イン谷口に向かう。途中で雨があがってくる。駐車場に着く。雪狙いであろうか8時前だというのに今日も大勢の車が駐まっている。なんとか車を滑り込ませる。堂満の主MBさんがさっそうと到着。お元気な様子。

 今日はストックも冬仕様にして、ゲイターをつけ出発。このあたりに雪を思わせるものはない。晩秋の雰囲気。後からナベさんが追いついてこられる。鈴鹿の山々に行っておられたのだが「三週間間があくとしんどい」との話。そうは言われるものの、先に行ってもらえばすぐに姿が見えなくなる。

 大山口を過ぎアオガレに近づいてくると、雪がでてきて初冬の雰囲気となる。アオガレをあがる途中でヨネちゃんの鈴の音がしてくる。先に行かせてもらうが、すぐに追いつかれる。

 しばらくすると、yosioka さんもあがってこられる。月に一度の武奈詣でとか。

 金糞峠に到着。開始から2時間はかからなかった。ほんの少しの進歩。ヨネちゃんには気の毒なので、ここで先に行ってもらう。

  われわれはマイペースでヨキトウゲ谷の方向に向かい、渡渉して四つ辻にあがる。ここからは上林新道でコヤマノ岳南陵を登る。雪が5cmから10cm積もっていて、水墨画を思わせるようで美しい。もっと光があれば・・・。贅沢は言うまい。これはこれで美しい。

 コヤマノクラウンにも雪がついている。先週にはなかったことで、コヤマノクラウンはこれでなくっちゃ。

 コヤマノ岳からお気に入りのブナ林でイブルキノコバ分岐まで降りていくところで、山休さんがお出迎え(?)。日差しが出るのを待ってシャッターチャンスを狙っておられるところところだった。ナベさん、ヨネちゃん、かおりさんの本日の情報を得る。寒いということでナベさんは山頂まで行かず撤退されたとか。コルのところから武奈ヶ岳を見てもガスっていて何にも見えない。

 冬道で上からかおりさん、ヨネちゃんが降りてこられる。昼食は八雲ヶ原でとか。こちらは、そこまで待てばシャリバテになってしまうので、山頂近くで風が避けられるところで昼食とする。パン2個と自家製アップルケーキ。お茶とコーヒー。周りの景色は何も見えない。

 なんとしてでも4時までにHSひらに着きたいと思い、計画を立てる。降りにせっかくだからとチェインアイゼンをもってきたので着けてみるも、雪団子がついて歩きにくい。降りのダケ道ではずした。

 いつものように、降るにつれて太陽が顔を出してくる。ゲレンデ跡で琵琶湖の方の眺めはよいが、武奈ヶ岳を振り返ってみると相変わらずガスの中で輪郭すら見えなかった。

 八雲ヶ原からクマさん道、北比良峠。ここまでは冬山の様相を呈していたが、ダケ道を下ると、カモシカ台よりもはるか上の方で雪はなくなり、晩秋の山ということになり、あれだけの雪景色が夢の世界であったような気がしてきた。

 駐車場にはもうほとんど車はない。後片付けをしてHSひらに着いたら4時前であった。ヨネちゃん、山休さん、かおりさん、皆さんおそろいであった。

 コーヒーとサツマイモタルトを頂き、みなさんと山の話をあれこれ。楽しいひとときであった。

 湖西道路は日曜日の常、やっぱり混んでいたので、秘密の迂回路を通って、名神で帰宅。

 お風呂のあとは山名酒造の「最古の清酒酵母を使った奥丹波」。酵母菌「サッカロマイセス・サケ・ヤベ」。酒米はイセヒカリ。少し酸味があり、コクのあるお酒だった。

 山歩きの回数には特にこだわっていないが、一応、今年の目標は70回。あと、4回を残すのみとなった。なんとか無事達成したい。

 美しい写真はかおりさん、山休さんのブログでどうぞ。