2021年11月の山歩き
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


65.[11月28日(日)][晴れ] 武奈ヶ岳(217回)初冠雪 暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

                 
 金糞峠を望む  コヤマノ岳南陵 コヤマノ岳南陵  コヤマノ岳南陵  コヤマノクラウン(Y)  西南稜(Y)  山頂(Y)  下山開始 (Y) 八雲ヶ原 

                                                                                          写真(Y)はヨネちゃん提供 
 比良初冠雪の知らせを聞き、これは行かねばなるまいと名神、湖西道路と車を走らせる。湖西道路から比良山系を眺めれば、確かに初冠雪。青い空に雪の白が映える。

 いつものように、JR志賀駅前のパン屋で食料調達し、入山の儀式を行う。

 今日は早く起きたものの、もたもたしていて駐車場に着いたときには8時をまわってしまっていた。イン谷口から上がっていくと、管理事務所の前でヨネちゃんがおられた。乗ってもらって車を進める。予想通り駐車場は車で一杯。かろうじて車を駐めることができた。今日は一日ヨネちゃんと行動を共にした。われわれ夫婦の亀脚におつきあいさせてしまった。ありがとうございました。

 駐車場のあたりには降雪を示すものはない。アオガレに至ってもほとんどない。

 アオガレを過ぎると少しずつ積もっている雪が多くなる。空は青い。濃い青である。山頂もこうであればよいのだが・・・。

 金糞峠ではいつも風が吹き抜ける。休憩するには風を避けたい。というわけで、峠を下りて休憩する。そのあとヨキトウゲ谷の方向に少し進んだときに、向こうからシニアー5人組がこちらに向かってくる。なんと、そのなかにアイちゃんがおられた。「まあ、お早いお戻りで」。イン谷口の住人KBさんもおられた。あちらこちらと狩りをされていたようである。

 峠の下からは雪が多い。といっても踝あたりまでだが。ヨキトウゲ谷から四つ辻にあがり、コヤマノ岳南陵を登る。少しずつ雪は増えるが、歩きにくいというほどではない。新雪をぎゅっぎゅっと音を立てながら歩くのは嬉しいものである。

 コヤマノ岳に到着し、見渡せば、伊吹山が今日はくっきりと見える。

 大好きなブナ林を通り抜け、コルから冬道で登る。この頃は季節を問わず、この道が標準となっている。

 山頂ピーク写真のあと、お地蔵さんの下のところで昼食とする。パン2個とケーキ。

 さてと下山である。出発も遅く、昼もゆっくりしていたので、パノラマコースで下山とした。山頂直下の冬道は多くの人に踏まれてどろどろになっている。滑りやすい。気をつけてイブルキノコバ分岐まで。そこからはパノラマコースに出るべく登りである。ここでアクシデント発生。ユッキーの脚がつった。ヨネちゃんに津村の例の薬を頂く。雪道で歩いてきたのが負担になったのか。

 八雲ヶ原、クマさん道で北比良峠、ダケ道と脚に気をつけながらゆっくりと進む。今日もユッキーのレクチャー。

 カモシカ台から下のところで残り紅葉(黄葉)を楽しみながら、大山口に降りてきた。

 そこからのイロハモミジも葉をかなり落としているが、まだ残っているのはそれなりに美しい。昨年よりはやや見劣りがするが。

 駐車場に着いたら、なんとアイちゃんグループが片付けをして車に乗り込もうとされているところだった。一体どこを「徘徊」しておられたのか?

 もう4時半近くになったので、われわれはHSひらに立ち寄ることを諦め、ヨネちゃんをHSひらに送ってから湖西道路、名神で帰宅の途に就いた。西大津バイパスで、渋滞、さらに名神では事故渋滞。なんとか1時間半ほどで帰宅できた。

 打ち上げは山名酒造の「奥丹波・純米吟醸」。比良の初雪を十分楽しむことができた一日だった。

 ヨネちゃん、お付き合い頂きましてありがとうございました。お話をしながら登りとともに下山したので、退屈なところも全くなく、いつのまにか駐車場に戻ったという感じだった。また、ばったりしましょう。


64.[11月24日(水)][晴れたり曇ったり] ポンポン山の紅葉(黄葉) 森の案内所→東尾根→ポンポン山→西尾根→森の案内所

森の案内所から ポンポン山山頂 西尾根で ウリハダカエデ 季節外れのモチツツジ

 低山、里山の紅葉(黄葉)巡りの最後としてポンポン山に出かける。

 いつものように、新名神で高槻で降り、大原野森林公園、森の案内所に到着。森の案内所の中の駐車場に入るべく、自宅からの出発を遅らせて9時過ぎに案内所に到着したのだが、残念ながら、水曜日は10月までは開かれていたのだが、11月からは閉鎖ということになっていた。11月からは、土、日、祝日の9時に開かれる。ゲートの近くの道の退避スペースに駐める。6台ほど駐められるスペースだが、他に車はなかった。

 9時13分に出発。ここで標高400mほどある。まずは森の案内所で入山の儀式。掲示板には11月1日に南アカマツのところで熊を発見したとの掲示があった。案内所に近い西尾根である。熊鈴を確認。

 時計回りにまわるか、反時計回りにまわるか、迷ったが、落葉樹が多そうな西尾根を降りの楽しみとして、東尾根から登ることにした。案内所を出てのっけから急斜面。我慢の登り。まずは490mのピークへ。あとは何回となくアップ、ダウンを繰り返しながら尾根を進む。鉄塔のピーク619mを過ぎ、これまでの南東方向から南西の方向に進む。

 確かに東尾根は常緑樹が多い。やがて釈迦岳からの縦走路と合流。ここからポンポン山まではそれほど長くはない。東尾根では誰にも会わなかったが、縦走路に入って、ポンポン山から下山の人に会う。ポンポン山まではこの人一人だけ。山頂では6人ほどのハイカーと出会った。

 昼食はいつものように西尾根のリョウブの丘でする予定である。山頂写真を撮ってすぐに西尾根に向かう。ここからはほぼまっすぐ北に。雲が増えてきて薄暗くなる。雨の心配はなさそうだが、紅葉(黄葉)の写真にはありがたくない空模様である。

 山頂から600mほど進んだところがリョウブの丘。

 昼食はコンビニおにぎりとお茶、持参の宇治金パウンドとコーヒー。食べていたときに一人リョウブの丘に立ち寄るハイカーがいた。今日会った人はこれで最後。山頂6人と2人。平日であるから少ないのであろう。

 さすが、西尾根は紅葉(黄葉)見応えあり。特にタカノツメの黄葉は見事だった。ほかにソロとかチドリノキ、イヌブナ等々。

 14時に車のところに辿り着いた。5時間弱の山歩きだった。
 
 15時過ぎに帰宅して、アイスキャンディーで打ち上げ。夕食時には今日もビールで乾杯。

 それなりに里山の紅葉(黄葉)を楽しんだが、もう1週間もすれば、このあたりの木も葉を落として、いよいよ冬となるだろう。今日は長袖2枚で、ときにもう1枚羽織ったが、いよいよ服装も冬の出で立ちとなるか。






 







63.[11月20日(土)][晴れ] 比叡山の紅葉(黄葉) 叡電修学院駅→鷺森神社→蔓殊院→きらら橋→雲母坂→ケーブル駅→見晴台→山頂駐車場→大比叡山頂→阿弥陀堂→根本中堂→比叡山会館→本坂→日吉大社→JR叡山坂本駅

 
鷺森神社 蔓殊院 きらら橋 登山口 大比叡 日吉大社 坂本 坂本

 今日はユッキーの高校時代のお友達を案内して比叡山に登ることにした。紅葉(黄葉)は修学院近辺と坂本日吉大社近辺が狙い目である。

 叡電出町柳駅で待ち合わせをして叡電に乗り込む。出町柳駅で食料を調達。人手は多い。

 叡電修学院駅で入山の儀式をすませて、商店街を通り、まずは、鷺森神社へ。昨年来たときは盛りを過ぎていたようだったが、今年は今日が一番よいように思われた。まだ8時台なので人もあまり多くなく、写真を撮るには都合がよい。続いて蔓殊院の前を通り、北に進み、音羽川に出会う。ここのきらら橋を渡ればいよいよ登山口である。雲母坂で登り、本坂で坂本に降りる、これが比叡山の王道である、と勝手に命名しておく。

 登りはじめはしんどい。徐々に体が温まってくるとしんどさは薄らぐ。三年前の台風による倒木で塞がれた道の迂回路は今ではこれが登るべき道となっている。水飲対陣跡を5mほど行ったところで休憩とする。ここは見晴らしがよく、京都市内、愛宕山、北山が一望できる。お友達のOさんも感激しておられた。

 まだまだ登りの序の口である。次々と追い抜かされながらゆっくり登って行く。ケーブル比叡駅でトイレタイム。比叡山には要所にトイレがあり、自販機があるので助かる。ケーブルで登ってきた人でごった返している。

 見晴台に到着してベンチでお昼と思っていたら、すべて座っておられる。しかし、幸いにも近づいたら、一組の方がベンチを離れようとしておられた。いいですかと断ってベンチを確保。パン2個とユッキーの作った宇治金パウンド、お茶とコーヒー。Oさんはここの景色も気に入っておられた。

 次は三等三角点のある大比叡を目指す。途中にあるガーデンミュージアムのフェンス沿いのシャクナゲを見れば蕾をつけており、先っちょが少し紅くなっているものすらある。

 大比叡でピーク写真、次なる先は阿弥陀堂である。テレビ放送局のアンテナの建物の横を通っていく。ここでも、グループのハイカーが昼の宴を開いておられる。急ぎ足で通りすぎ、阿弥陀堂へと降っていく。ここに来れば、ケーブルやバスや車で来た参拝客で一杯。

 ここも急ぎ足で根本中堂の前を通り、延暦寺会館の横を通って本坂へ向かう。根本中堂あたりの紅葉は盛りを過ぎているようであった。

 延暦寺会館の横の坂は舗装路ではあるが、滑りやすい。かつて冬にここを通ったとき、凍り付いていて端にある赤さびた手すりにつかまってへっぴり腰で降ったことを思い出す。

 本坂にあるいつも楽しみにしている紅葉は今年もそこそこきれいであったが、昨年来たときと比べると、美しさの点では昨年のほうに軍配が上がった。

 南善坊が見えてくると本坂の降りも終わりに近い。

 坂本に降りれば甘味処「うえだ」に寄ろうと思って前に来たら、道路拡幅による家の建て替え工事中でお店は営業されていなかった。残念。このごろは車でばかり来ていたので、ここに立ち寄ることはなかったので最近の状況は分からなかったわけである。工事が終わればぜひとも再開してほしいものだ。

 結局、JR叡山坂本駅に向かい、折から来た新快速に飛び乗り京都駅まで。そこからは近鉄で帰宅した。帰ってアイスクリームを食べ、お風呂のあとはビールで乾杯。

 山の紅葉(黄葉)鑑賞はすましたし、街の紅葉(黄葉)鑑賞も今日の分ですませたことになるだろう。紅葉(黄葉)鑑賞といっても人混みがかなわないので今年はこれで見納めか。あとは雪を待つのみ。






62.[11月17日(水)][晴れたり曇ったり] 武奈ヶ岳(216回) 暮雪山多目的保安林駐車場8:20→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:50暮雪山多目的保安林駐車場 

 
駐車地近く 正面谷、対岸山腹 ハウチワカエデ 武奈ヶ岳山頂 宇治金パウンド ツチアケビ アオハダの実 ダケ道 イヌブナの黄葉
サルトリイバラ
テリハノイバラ
 
ツルウメモドキ 

 中2日の山行が続いている。比良の紅葉(黄葉)鑑賞と木の実の確認のために、久しく訪ねていなかった北陵、広谷をまわるというのが本日の計画である。

 名神、湖西道路ともに少し渋滞し、途中JR志賀駅前のパン屋で食料調達、入山の儀式をすませて、予定より少し遅く駐車場に到着した。平日であるにもかかわらず車の数は多い。

 駐車場のあたりは標高314mぐらいであるが、紅葉(黄葉)はようやくこのあたりにも降りてきたようだ。美しいと思って写真を撮っていたら、「何見てる?」と小馬鹿にしたように上から目線で老ハイカーが話しかけてきた。「紅葉(黄葉)はこんなとこより広谷や」と言っては、自慢話をたたみかけてくる。美的感覚と基準は人それぞれ。「武奈までは昔は2時間で登れたが、今は2時間半や」。山に登る目的は人それぞれ。のっけから気分が悪くなってきた。早く先に行ってもらいたいので、われわれはゆっくりと歩を進める。

 まだ緑もあり、まだらではあるが、イロハモミジも紅葉してきている。アオガレ下まで来てみると、葉を落とした木も多くなる。しかし、対岸を見ると美しい紅葉(黄葉)が展開している。歩き始めは暑くてメリノウールのシャツ1枚にしていたが、アオガレを過ぎるとやや寒くなり、もう1枚はおることになる。

 金糞峠に近づいたら、なんやら見知った人が手を振っている。アイちゃんだ。駐車地で車があるのは確認していたが、ようやく追いついた。お久しぶりです。今日も狩りのために山に入られたとか。さっそく獲物をわれわれにくださった。アイさん、貴重な収穫ありがとうございました。

 金糞峠でアイちゃんと別れる。アイちゃんは道なき道をいずかたともなく辿って消えていった。

 こちらはちゃんとした道を辿り、ヨキトウゲ谷を進み、四つ辻に上がり、コヤマノ岳南陵をひたすら登る。コヤマノクラウンが見えてきたら、我慢の登りも終わりに近づく。コヤマノ岳からは葉をすっかり落としたブナの林を降り、コルに。

 そこからは、冬道を登る。もうこの道もすっかり定着し、歩きやすい。ただ、急傾斜には違いない。稜線が見えてきたらもう少し。平日であるにもかかわらず、けっこうな人数のハイカーが山頂近くに陣取っている。あと少しと思ったら、頂上から夏道を駐車地で会った人が降りてくる。「今日はワサビ峠から登ったので3時間かかってしまった」。はいはいさようでございますか。

 山頂には今日が平日とは思えないほどの人、人。こちらは、北陵をまわるので、ピーク写真のあとはすぐに北陵に向かい、肩のところで昼食とする。今日は風はさほど強くない。陽も差してきて、のんびりと昼食をとる。パンとユッキー作の宇治金パウンド、お茶とコーヒー。

 30分ほど昼食の時間としたあと北陵を降る。久しぶりだ。

 粘土質の滑りやすい急傾斜の道。なんとかこらえて細川越。ここからスゲ原へ。木の実を見つけながら広谷へ。細川越から広谷まで誰にも会わなかった。

 広谷からイブルキノコバへ。ここへ来ると、武奈ヶ岳から降りてきたグループと出会うことになる。イブルキノコバから八雲ヶ原。ほんのわずかだがリンドウがまだ残っている。

 今日もクマさん道(勝手に命名)で北比良峠にあがる。ここが少しつらいところ。人呼んで「脚ツリ坂」。北比良峠にあがれば、あとはダケ道を下るのみ。

 ダケ道では、カモシカ台より下で、紅葉(黄葉)を楽しむことができる。イヌブナやドウダンツツジ、各種カエデ類。700m以下である。標高の高いところでは初冬の趣があるが、ここらあたりは晩秋である。

 駐車地に戻ると、あたりは西に沈む太陽の光が堂満の東稜道に遮られていて、薄暗くなっている。今日は降りてきたのが16時前だったので、HSひらに立ち寄ることは諦めて、帰宅の途についた。

 紅葉(黄葉)も楽しめ、木の実も観察し、充実した一日だった。うちあげはビールで。





61.[11月14日(日)][晴れ] 三石岳から比叡山横川 大宮川観光駐車場8:34→日吉大社東本宮→神宮寺道→行者道→三石岳→元三大師堂→中尾坂→比叡山飯室谷不動堂→覚道坂→13:53大宮川観光駐車場  

 
牛尾宮と三ノ宮 三石岳 日本生命慰霊宝塔 元三大師堂 恵心堂 中尾坂降り口 慈忍和尚墓 西教寺

 今日は比叡山横川へ紅葉(黄葉)鑑賞に出かける。もっとも、このコース、杉がほとんどのところなので、紅葉(黄葉)の場所は限られている。

 いつものように、大宮川観光駐車場(無料)に車を駐めていたら、なんと、山休さんが先に来られていて久しぶりの対面となる。思わぬ偶然は嬉しいものである。山休さんは延暦寺のほうに行かれて峰道で横川へ回られるとか。われわれは延暦寺まで脚を伸ばすのはしんどいので、三石岳経由で横川へ行き、中尾坂で降りてくる短いコース。山休さんはカメラの電池を持ってくるのを忘れたというミス。こちらは、ユッキーと私で靴を間違えてはくという大きなミス。サイズは違うのだが同じシリオで、ユッキーはなんだかぶかぶか、私の方はなにかきついなあと思っていた。すぐに気付よ、ということ。やれやれ。あわてて履き替える。そういえば、山休さんも同じシリオ。かくして、シリオ・トリオとなる。

 「お気をつけて」ということでいったん別れる。山休さんは先に出発。

 われわれはまず駐車場で入山の儀式をして、日吉大社の東本宮に入る。入るときに、入苑賛助金300円を払う。

 ここからは階段まじりの傾斜のきつい坂を登る。こんなところをお祭りのときにはお神輿が降りてくるとは考えにくいが、実際お祭りのときはそうである。長袖1枚になって、少し汗ばみながら登って行く。牛尾宮と三ノ宮が見えてくると、社殿の手前で左にまがり、トラバースを続け、八王子山をまき、神宮寺山をまいて行者道にのる。

 行者道から三石岳(675.7m)に登り、また、行者道に降り、北へ北へと進む。

 見応えのあるのはやはり日本生命慰霊宝塔のところであった。さらに恵心堂も。ここらあたりにくると観光客と覚しき人びとが次々に姿を現す。元三大師堂に辿り着き、前のベンチで昼食とする。コンビニおにぎりとお茶、アーモンドビスコッティ(私が作ったもの。――レパートリーは今のところこれ一つ、トホホ)とコーヒー。

 さてと、下山に取りかかろうと思ったところ、急ぎ足で山休さんがやってこられた。本坂、延暦寺、峰道でここ横川まで。速い!

 ご一緒して中尾坂で降りることにした。杉の植林の中をひたすら降る。現在の横川本坂で歩きやすいいい道である。飯室不動堂の紅葉(黄葉)に期待をかけて。

 降り立って回りを見れば、モミジは緑の葉のままである。なんということか。ここの紅葉(黄葉)を見ることを楽しみに植林の中を降りてきたというのに。はたしてこれは紅葉(黄葉)するのだろうか?

 アンティクライマックスになって、覚道坂(大正時代に堀覚道師に拓かれた道。飯室谷回峯行者の通るのは奈良坂)を通り、慈忍和尚墓の前を通り、危なげな橋を渡って西教寺の前に着いた。西教寺の中には入らず、駐車場に向かった。

 ここで山休さんとお別れ。われわれと違って手早く片付けをすまされた山休さんは車で帰宅の途に就かれた。われわれもゆっくりと片付けをして、西大津バイパス、名神で帰った。帰って、まずは写真の整理。夕食は寄せ鍋でビールで乾杯。

 

 









60.[11月11日(木)][晴れたり曇ったり] 武奈ヶ岳(215回) 暮雪山多目的保安林駐車場8:10→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:20暮雪山多目的保安林駐車場  

 
滋賀県警の車  シロダモの実  ムラサキシキブの実 アオハダの実  メドゥーサのブナ  ブナ林  コヤマノクラウン  武奈ヶ岳山頂  アーモンドビスコッティ 
コミネカエデ
サワフタギの実 
 

 月に一度は武奈詣でということで紅葉(黄葉)を求めて武奈ヶ岳に行くことにした。もう一つのミッションは、サワフタギとタンナサワフタギの相違を確認することである。

 いつものようにJR志賀駅前のパン屋で食料調達と思って店の前に行ったら、「臨時休業」となっていた。そこで、近くの「ネ本屋」に寄ってパンを求める。10分ほど時間をロスしてイン谷口へ。

今日は平日なので車の数は少ない。3台ほど。しかし、滋賀県警の車が3台来ていた。7日日曜日に遭難したハイカーの捜索のためである。あれから3日経っているのにまだ見つからないようである。ご多分に漏れず登山届は出していなかったとみられる。登山届はネットで簡単に出せるので提出すべきだろう。滋賀県警の登山届HP。前日に提出しておけば、当日すぐにスタートできる。

 駐車場のあたりは標高310mぐらいである。紅葉(黄葉)はまだすべての木には訪れていない。大山口で標高400m。今日も正面谷を登る。金糞峠でだいたい900mであるから、500m登ることになる。アオガレを過ぎると紅葉(黄葉)がまだ楽しめる。落葉も増えてきているが、700mぐらいまでだと名残の紅葉(黄葉)というわけである。遭難者捜索のヘリコプターが旋回を続けている。地上と空中の二面作戦である。早く見つかればいいのだが。

 誰にも会わずに金糞峠に到着。抜いていく人もなし。いつものように、金糞峠では風が強い。長袖1枚になっていたが、もう1枚上に着る。風が強いので休憩はパス。

 標高900mを越えるともう紅葉(黄葉)は楽しめない。金糞峠下では、橋を修理している方がおられた。Wさんとは違う方。ありがたいことである。

 ヨキトウゲ谷を遡行し、四つ辻に登る。ここで金糞峠とほぼ同じ標高900m。コヤマノ岳は1181m。休憩は第1ステージまで我慢する。ここで黒豆納豆を食べ、飲水休憩。

 さあ、コヤマノ岳南陵、登るぞ。

 寒くなってきたので汗はあまり出ない。登りもずいぶんと楽になる。コヤマノ岳南陵のブナはもう葉っぱを全部落としている。まさに冬枯れの様相を呈している。コヤマノクラウンが目に入るとコヤマノ岳はもう少し。山頂で休憩することもなく、先を急ぐ。ブナの林をまず降りて、コルに進み、そこから冬道を登る。山頂に2,3人の人が見える。風が強い。さらに、空をおおう雲がどんどん増えている。これは厄介だ。

 西南稜に着くと坊村からだろうか団体さんが登ってくる。平日なのに山頂は密になる。ピーク写真を撮って、密を避けて琵琶湖側の斜面を少し降りて昼食とする。パン2個とアーモンドビスコッティ(昨日私が焼いてきたもの)。お茶とコーヒーで。コヤマノ岳を見ると、もう冬枯れであとは雪を待つのみ。

 黒い雲が増えてくるので下山を急ごう。最初北陵からスゲ原、広谷と思っていたが、これでは時間がかかる。そこでパノラマコースで下山ということにした。

 山頂から北比良峠までは夕方になったのかと思うほど薄暗くなったところを降っていった。が、北比良峠にあがると陽が差してきて明るくなった。ああ、これが武奈ヶ岳山頂にいるときだったらなあ。

 太陽に文句を言っても始まらない。あとはダケ道。標高700mより下になると、紅葉(黄葉)がまだ楽しめた。ユッキー先生に紅葉(黄葉)のレクチャーを受けながらダケ道を下っていった。大山口からイン谷口までのイロハモミジはまだ半分ぐらいが緑で紅葉(黄葉)はこれから先のことと思える。駐車場では、滋賀県警の人が片付けをしておられた。発見できましたかと尋ねると残念ながら今日もだめだったとか。

 湖西道路、名神で帰宅。4時40分。打ち上げはビールで乾杯。10.4km、7時間10分の山行だった。


 サワフタギ:実は藍色で葉のきょ歯は細かい。 タンナサワフタギ:実は黒色で葉のきょ歯は粗く、鋭く尖っている。




59.[11月6日(土)][晴れ] 桑野橋から蛇谷ヶ峰へ  桑野橋バス停→登山口9:16→天狗の森→西峰→11:41蛇谷ヶ峰→12:46須川峠(ボボフダ峠)→13:39畑バス停13:54

                 
キノコ研究所 西峰へ 蛇谷ヶ峰西峰 蛇谷ヶ峰西峰 蛇谷ヶ峰  山頂  ボボフダ峠   

 紅葉(黄葉)を求めて、今日は桑野橋から蛇谷ヶ峰へのコースをとった。これが実に11年ぶり。蛇谷からの降りのコースは2年前にもとっている。

 このコースをとるには、出町柳からの朽木学校行きバスに乗る必要がある。これがハードルが高い。家を6時30分に出発。

 出町柳でバスを待とうと列に加わったら(10番目くらいか)、かおりさんが前におられた。今日は釣瓶岳からナガオ尾根に行かれるとか。3人の女性が一緒に行かれる。近況報告をしていたら、広河原行きのバスにとうげみちさんが待っておられるのにユッキーが気づく。これはこれは。「今日は広河原の辺をぶらぶらしてきます」とのこと。

 よくある列の割り込みは今日はなかった。いつもこれがストレスの一つなのだが、今日は気分よくスタートできる。バスは臨時が出て、われわれは先のバスに乗り込む。換気のために窓を開けてあるので寒い。ジャケット入れて3枚着込んでいる。坊村ではほとんどの人が下車。かおりグループは朽木栃生で降りられた。その後はわれわれを含めて6人ほどが続けてバスに乗っている。2人は梅の木で下車。桑原橋では残り全員が下車。

 一緒に下車した4人の内、女性2人組はさっさと蛇谷ヶ峰の登山口へと向かわれた。われわれは入山の儀式を行うために通ってきた道を100mほど戻る。儀式を行ったのち、登山口へと戻る。ここで、長袖1枚となる。

 畑13時54分発のバスに間に合うには山頂を12時に出発しなければならない。okaokaさんのコースタイムを参考にして、ペースを決める。望岳所を過ぎてしばらくすると林道を離れて山道に入る。このあたりから紅葉(黄葉)のオンパレードで気分は高揚する(何をしょうもない駄洒落、オヤジギャグ!)。植林がないからだろう、右手も左手も紅葉(黄葉)。写真に忙しくなかなか先に進めない。

 尾根をまっすぐ東へと進む。気持ちのよい尾根である。アップダウンはあるが、これは仕方がない。ウリハダカエデの葉は落ちているのが多いが、それ以外は、まだ葉を残してくれている。

 天狗の森のシャクナゲ林(なんだか蕾は少なそうだ)を過ぎて、西峰(880m)が見えてきたら、山頂(890.1m)は近い。西峰から40m降りて60m登り返す。東峰の蛇谷ヶ峰には11時41分に到着した。これで昼食に20分とれる計算になる。

 山頂は人で一杯なので、縦走路を少し行ったところで昼食とした。パンとコーヒー。アーモンドビスコッティはバス停で食べよう。

 急いで片付けて出発。下山はほぼ南へと進む。350m進んだところで東に転じて激降り、そのあとはまたアップダウンを繰り返しながら南へと進む。

 ボボフダ峠に着くと、南東方向に植林帯を降っていく。okaokaさんのコースタイムではここからバス停まで1時間とのことであるから、順調にいけばバスには間に合うことになる。

 植林の中だからもうカメラタイムは必要ない。3箇所の渡渉と斜面の細い道にだけ気をつける。この道は2、3年前に2度ほど歩いているので(いずれも富坂口から蛇谷ヶ峰に登ったときの下山のコース)、記憶は薄れていない。林道に降り立ったらやれやれで、林道を480mほど歩けば、右手に集落に入れるゲートがある。鎖を外して中に入りまた鎖を戻しておく。

 稲刈りをしたあとの棚田が見え、のどかな田園風景である。やがて、民家が見えてくるとバス停も近い。

 バス発車まで15分ある。着換えをしてアーモンドビスコッティ1本を食べて、バスを待つ。

 JR近江高島駅でバスを降り、4分後、14時21分新快速が到着し、これに乗ってあとは京都駅まで。16時には帰宅できた。家でアーモンドビスコッティの残りを牛乳と一緒に食べる。打ち上げは夕食時にビールで乾杯。

 4時間半ほどの楽しい紅葉(黄葉)鑑賞の山歩きであった。歩行距離は8.8km。脚の負担は極めて少なかった。次は百里にも行きたいし、久しぶりにシラクラ三山縦走もしてみたいが、どうなるか。


58.[11月3日(水・文化の日)][曇り時々晴れ] 南比良峠から奧の深谷へ  イン谷口8:17→正面谷→金糞峠→縦走路→南比良峠→大橋→奧の深谷→金糞峠→正面谷→14:42イン谷口

         
縦走路(コアジサイ街道) 南比良峠(バックは堂満岳) サワフタギ

 紅葉(黄葉)を求めて、これまでカヴァーしていないところということで、アオガレから正面谷で金糞峠まで進んだ。途中、雨がパラパラと来てガスもかかってきたので、金糞峠でひどければ八雲ヶ原へ行こうと思ったが、雨もそれほど強くならず、ガスもあがってきたので、縦走路から南比良峠へ行き、そこから奧の深谷で紅葉(黄葉)を楽しむこととした。

 自宅から名神高速道路を経て湖西道路へ。湖西道路は車が多い。休日のせいであろう。しかし、車を走らせていると、雨がぱらっとしてくる。比良山系の稜線には雲がかかっている。これでは紅葉(黄葉)も映えないなあ、とテンションはさがる。JR志賀駅前で食料調達。人気の高いこのお店。今日も店の外に行列ができている。予想以上にこれでイン谷口到着が遅れる。

 レスキューの小屋の前では、警察、消防の方がおられて、遭難防止の啓発活動を行っておられた。登山届を出し、笛とレスキューシートをもらう。暮雪山多目的保安林駐車場では車が多いだろうと考え、別荘下のところに車を駐める。二台目。一台目はなんとアイちゃんの車。すでに出発されている様子。

 案の定、トイレ前は一杯の車。十数台はあった。下で駐めて正解だった。

 いつものように大山口を過ぎ、アオガレに至る。大山口で標高約400mである。このあたりはまだ緑が多い。アオガレを登ると少しずつ紅葉(黄葉)が見られるようになってくる。標高700mを越えると一挙に紅葉(黄葉)の世界が現出した。写真を撮りつつ進む。なかなか先には進めない。雨がぱらっとしてきたので、ザックカヴァーをつけ、レインウェアをはおる。陽が照っておればなあと思うがこればっかりは仕方がない。

 金糞峠に到着。お天気が持ち直してきたようなので、縦走路で南比良峠に向かうことにした。縦走路と東レ新道の分岐で休憩。今日はバナナを一本。

 縦走路で堂満から下山途中の「堂満の主」MBさんと出会う。お久しぶりですということになる。85歳か86歳とお聞きしているMBさん、お元気そうで、まさに後期高齢者の希望の星である(ちなみに私は今月もう少しで後期高齢者の仲間入りをする)。お別れして、縦走路を進む。左手には堂満岳の南尾根が見える。山頂から南比良峠に降りるにはこの尾根利用が最短である。

 南比良峠に近づいてお昼にしようと思っていたら、なんと、スヨンさんとばったり出会う。お久しぶりですということになる。武奈ヶ岳から奧の深谷を歩いてここまで来られたとか。どこから武奈ヶ岳に登られたか聞き漏らしたが、そのスピードは驚異的だ。話し終えたらあっという間に消えて行かれた。

 さて、われわれはここでゆっくりと昼食。パン2個と私が昨日作ったアーモンド・ビスコッティ2本。

 昼食後はいよいよ奧の深谷、大橋を目指してゆっくり降る。今日が一番紅葉(黄葉)にはいい時ではないかと思えるほど、見事な木々の彩り。誰にも出会わない。贅沢な時間。

 大橋付近標高700m付近から金糞峠900mへの登りである。特に毘沙門岩に辿り着くまでは傾斜がきつい。一方、紅葉(黄葉)は見事。左下に巨岩、巨石を見ながら、左岸をゆっくりと登って行く。金糞峠下まで会った人は2人。

 金糞峠からは、正面谷を慎重に降る。アオガレを降りれば、安堵する。

 トイレ前の駐車場には、「11月7日(日)午前中、多目的広場等整備作業のため、(駐車場)使用禁止」南比良生産森林組合の張り紙があった。車で来られる方、ご注意を。

 われわれの車のところに着いたら、まだ、アイちゃんの車は駐まっていた。一体どこへ狩りに出かけられたのだろう? 着換えをしてHS比良へ急ぐ。レーズンパンとコーヒーを頂く。ヨネちゃんグループやかおりさんが武奈に行っておられることを知っていたので、15時25分のバスが比良駅に着くまで待っていたが、このバスには乗っておられなかったようだった。久しぶりにお会いしたいと思ったが、帰りの道の渋滞がかなわないので、よろしくお伝えくださいとYKさんに頼んで、店を出た。

 湖西道路はやはり渋滞したが、まだ、16時を過ぎていなかったので、迂回路を使って、名神で帰ったら、ほぼいつもの時間で帰宅できた。

 お風呂のあとは、山名酒造の「奥丹波・澱がらみ・氷温貯蔵」で打ち上げ。

 今日は紅葉(黄葉)の饗宴、錦秋に酔いしれた一日であった。二人で撮った写真が合計120枚。6時間25分、8.7kmの山行。