2021年10月の山歩き
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 記録[2003年~2005年2006年2007年] [2008年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


57.[10月30日(土)][晴れ] 堂満岳から奧の深谷へ  イン谷口8:30→サクラのコバ→東稜道→11:36堂満岳→縦走路→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:23イン谷口

         
ノタノホリ 東稜道 東稜道 堂満岳 釈迦岳
 

 いいお天気なので武奈ヶ岳は人で一杯だろう。そこで東稜道から堂満岳を目指し、堂満岳から奧の深谷へ回るという紅葉(黄葉)鑑賞コースとする。

 湖西道路はかなり車の数が多く、これは帰りが渋滞で大変だろうと予想し、紅葉(黄葉)を楽しみつつ、なるべく早く帰ろうと決める。湖西道路では比良山系がくっきりと美しい姿を見せている、志賀駅前で食料調達、入山の儀式を行い、イン谷口出合橋手前に駐車する。すでに車が2台駐まっていたが、難なく駐車できた。出発が遅かったので、ちょうどJR比良駅からのバスがやってくる時間となった。

 バス停ではものすごい数の人。どうやら、バスをチャーターして来たグループがあったようである。

 急いで出発。サクラノコバまで降っていく。バスを降りた人でこちらに来る人はいないようだ。


 別荘地を過ぎて、石のゴロゴロ道を登っていく。まだこのあたりでは紅葉(黄葉)は進んでいない。ノタノホリでも少し色づいたかという程度である。ノタノホリからは植林地を通り過ぎ、古崎川からの道と合流する。

 われわれの標準木であるチドリノキもまだ紅葉(黄葉)していない。ジグを切って少しずつ登って行く。また、われわれのホオノキ三姉妹を通り、ひたすら我慢の登りを続ける。ようやく上の方が開けている地点が見えてくる。ここが610m付近の「大曲り」(アイちゃんにこの名前を教えてもらった)である。元気づけに今日もあんパンをかじる。

 「大曲り」からいよいよ本日のハイライト。堂満岳山頂は標高1057mであるので、440mほど急斜面を登らねばならない。ここがまた、堂満岳の紅葉(黄葉)のハイライトでもある。写真を撮りながら、落石に注意しながら高度をあげていく。今年も見事な紅葉(黄葉)を見せてくれたことに感謝感謝である。

 堂満岳山頂に到着。お昼にするにはまだ早いので、ピーク写真のあと、縦走路を進む。最初、もし南比良峠方面で紅葉(黄葉)が進んでいれば、南比良峠から大橋のルートも考えていたのだが、上から見る限り、まだ進んでいないようなので、奧の深谷の紅葉(黄葉)鑑賞に向かうことにする。途中東レ新道との分岐近くでお昼にした。パンとケーキ、お茶とコーヒー。

 縦走路で金糞峠まで行き、そこから奧の深谷に降りる。ここが今日第二の楽しみの場所である。せせらぎの音を聞きながら、奧の深谷を遡行し、紅葉(黄葉)を鑑賞する。

 八雲ヶ原に着いたところで、名残のリンドウを確認し、クマさん道で北比良峠にあがる。ゲレンデ跡ではなくてこの道を使うのは久しぶりだ。

 北比良峠で一休みしたのち、ダケ道を下る。ここも700m以上のところでは紅葉(黄葉)を楽しむことができた。

 駐車地に着いたら朝駐まっていた2台の車はすでになく、あらたに1台車が駐まっている。後片付けをしていたら、JR比良駅行きの15時25分発のバスが横を通りすぎていった。約7時間、10.1kmの山歩きであった。

 帰りの湖西道路はやはり車が多く、いつもの迂回路を経て、名神で帰宅した。

 打ち上げは、昨日から煮込んであったおでんで山名酒造の「奥丹波冷やおろし」。硬質な味わいのお酒だった。

 次はナガオ尾根に行こうかと思っていたが、われわれと同じ日にナガオ尾根に行かれたヨネちゃんによると、葉が落ちてしまっていて「イマイチ」とのことだったので、行き先はもう少し検討することにしたい。

 それにしても、10月は8回も山に行くことができた。ユッキーの体調、お天気等、すべてがいい方向にいった結果だろう。



















56.[10月27日(水)][曇りのち晴れ] 釈迦岳に紅葉(黄葉)を探る  イン谷口8:30→リフト道→釈迦岳→カラ岳→北比良峠→ダケ道→15:00イン谷口

               
イン谷口で ドウダンツツジ 釈迦岳山頂(1060.1m) 縦走路 ハウチワカエデ
釈迦岳(カラ岳から)
430m付近
 

 日曜日は高島トレイル、若狭駒ヶ岳に紅葉(黄葉)を探った。山友である山休さんやヨネちゃんからは日曜日の武奈ヶ岳中心の紅葉(黄葉)報告があったので、われわれは、本日、釈迦岳に紅葉(黄葉)を探ることにした。名神、湖西道路と進み、いつものように、JR志賀駅前で食料を調達し、入山の儀式をすませる。

 リフト道で登るので、イン谷口バス停からさらに奧へと車を進めたところ、作業の車も含めて車が多数駐車している。なんだろうと思ったら、電線にかかっている、あるいは、かかりそうな木の枝を切る作業をされていたのだ。登山者の車はなさそうだった。標高274mあたりで駐車。

 天気予報は悪くはなかったが、霧が琵琶湖側から流れ込み、われわれが登るにつれて一緒に上がっていくようである。空はどんよりと曇り空。紅葉(黄葉)があっても映えないなあと思いながら、リフト道を登っていく。葉っぱはまだ緑のままが多い。神璽の滝分岐を過ぎて谷を登り、430m付近で谷からそれて左手に曲がる。間違う人が多いからか、まっすぐの方向には「この先危険」の標識がある。

 さらに登って行くとやがてリフト駅跡に出てくる。ここであんパンを食べて一休憩。元気をつけてまた登る。

 カラ岳、釈迦岳の分岐に到着。ここで標高800mぐらい。ここから尾根を登る。かなり急である。やがて、シャクナゲの林とブナ林が見えてくる。標高900mを超えると、ぼちぼち紅葉(黄葉)が見えてくる。麓ではサクラの葉はすでに茶色くなっていたが、このあたりのシロヤシオの葉も、茶色くちりちりになっている。

 シャクナゲの蕾を確認するが、数は本当に少ない。来年の花は期待薄。

 大津ワンゲル道との合流地点からは山頂は遠くない。ここではじめて下山するハイカー一人に会う。「紅葉(黄葉)には少し早いですかね」。

 ピーク写真のあと、山頂近くで昼食とする。パンとケーキ、コーヒー。そのとき縦走路の方から二人目のハイカーがやってきた。

 昼食のあとは縦走路を歩く。息をのむほど全山紅葉(黄葉)で美しいとはならないが、それなりに楽しめる。陽が差してくれればもっと映えるのだが。

 カラ岳を過ぎて、二箇所道が細くなったところを慎重に通過し、北比良峠に到着する。ここで8人ぐらいのグループのハイカーに会う。神璽谷を登ってきて、これから釈迦岳に向かうという。

 これでいよいよ下山。ダケ道でも紅葉(黄葉)を楽しみながら、降りていく。ここでも800m以下ではあまり紅葉(黄葉)は進んでいない。大山口に到着し、駐車地に急ぐ。途中、イン谷口の住人KBさんと会い、近況報告をする。

 8.7km、6時間30分の山行だった。後片付けをして、今日は水曜日。HSひらに向かう。北比良峠でおはぎを予約しておいた(1パックしか残っていなかった)ので、それぞれ一個半頂く。コーヒーによく合う。

 お土産を買って、車に乗り、湖西道路、迂回路、名神高速道路で帰宅。ビールで打ち上げとする。

 紅葉(黄葉)は例年と比べて少し遅いような気がする。朝の最低気温がまだ高く、冷え込むことがないからだろう。しかし、もう1週間から2週間すれば、標高の高いところから見頃は増えてくるはずだ。

 

 


55.[10月24日(日)][晴れのち曇り] 若狭駒ヶ岳  木地山バス停→焼尾東谷→駒ヶ岳南尾根→駒ヶ池→駒ヶ岳南尾根→駒ヶ岳→駒ヶ岳西尾根→与助谷山→南尾根→木地山バス停

         
焼尾東谷 モミジガサ 百里ヶ岳 駒ヶ岳山頂から伊吹山方面 

 2019年10月20日には小てつさんにお願いして高島トレイル、若狭駒ヶ岳に紅葉偵察に出かけている。そろそろどうだろうと思っていたところ、小テツさんからメールがあり、渡りに船とばかりにお誘いに応じる。

 京阪に乗っている時からちらほら登山の格好をした人がいるので、これは出かける人が多いに違いないと思っていたところ、出町柳のバス停では7時25分ぐらいにすでにバス一台では収めきれないぐらいの人が列を成していた。おそらく臨時が出るだろう。そして、武奈山頂は人であふれかえるだろうと想像する。われわれにとってはあまり嬉しくない光景だ。

 鯖街道を進む。坊村葛川センターを通りすぎたときにちらっと見た限りでは、まだ8時過ぎであるにもかかわらず、駐車場は満車状態だった。

 われわれは鯖街道を北上して木地山バス停を目指す。朽木学校前から左折して麻生川沿いの細い道を進む。小てつさんはすいすいと運転して行かれるが、私はこういう道は苦手だ。

 バス停に着くとすでに車が二台駐車していた。ここのトイレをお借りして、出発。ゲイターを着け、パンツを見れば、なんと、小てつさんと私のは同じブランド。山の道具、服、靴の目利きの小てつさんと同じだったので、なんだか少し嬉しくなった。長袖2枚にヴェストの出で立ちであったが、ヴェストは早々と脱いでザックにいれ、2枚ないし、1枚で歩き、昼食時にはヴェストをはおった。

 今日はろくろ橋の方に回らずに、前の橋を使わせてもらって農地を横切る。手入れをされていないところをみると、耕作を放棄されたように思われる。

 麻生川の支流に沿って進む。2年前はヒルにやられたが、今日は寒くなったし、ヒルも出てこないだろう。何度も渡渉を繰り返しながら北東の方向に進む。3年前にドボンをしたが、今年も私は足を滑らせドボンをした。ただ靴が濡れただけで被害はなかった。

 418mの地点で沢から離れて右、東の方向に進む。500mの地点で南に取り、600mあたりで東に向かう。こうして高島トレイル道と出会う。甘納豆を食べて休憩。

 まずは駒ヶ池にと駒ヶ岳南尾根を進む。この池は福井の方からのびている明神谷に因んで明神池とも呼ばれている由。駒ヶ池の水量はうんと減っていた。雨が少なかったからか。紅葉は、秋の暑さで、葉が枯れてしまっていたり、風で葉が落ちたりしてしまっていて、楽しむところまではいかない。680mぐらいのところにある静かな池で、ここまで誰にも会わなかった。

 池を離れてトレイル道を北へと進む。ここで、単独のハイカーと夫婦と覚しき男女のハイカーに出会う。目指すは駒ヶ岳。素晴らしい尾根である.気持ちよく進んで行く。

 駒ヶ岳到着。780.1m。素晴らしい景色。右手には伊吹山と琵琶湖、左手には小浜湾。ここで昼食。出町柳で買ったパンに小てつさんに頂いたクリームスープ。デザートに安納芋パウンドケーキとコーヒー。

         
   駒ヶ池  駒ヶ岳山頂    

 昼食後、駒ヶ岳西尾根を進む。右手には小浜湾が間近に見える。指呼の間。帰りはどのルートを取ろうか相談の結果、与助谷山まで行き,そこから南尾根を降ろうということになる。これは一昨年と同じルート。広い尾根をたったと降っていく。尾根芯をはずさずに降っていけば無事林道に降りられた。そこから、舗装道路を歩いて駐車地に到着。出発の時にあった車は二台ともなくなっていた。

 静かな尾根歩きだった。帰りの車中はいつものようにビールを頂き、人生のいろいろ、競馬のいろいろ、家族のいろいろを語りながら出町柳まで。意外に早く帰宅できた。ビールでうちあげ。

 花はなかったが、沢の音を聴きながら渡渉を楽しみつつ比較的楽に登れた。紅葉にはまだ少し早い。今年は最低温度がなかなかさがらなかったことが影響しているのだろう。いつも早い紅葉を見せてくれるナナカマドは今年も早く色づいていた。9.6km、約6時間の山行であった。

 小てつさん、いろいろとご配慮ありがとうございました。感謝感謝。
 


54.[10月21日(木)][曇り] ポンポン山  大原野森林公園・森の案内所→東尾根→ポンポン山山頂→西尾根→大原野森林公園・森の案内所

       
東尾根登り口 ナンバンハコベ カエデダイモンジソウ ポンポン山山頂 ヨメナ

 中2日の山行なので、軽めのハイキングということでポンポン山に出かけた。

 いつものように、名神高槻で降りて外畑経由で森の案内所に到着。今日は寒い。長袖、半袖の上に薄いフリースを着て出発。サポートタイツもパンツも春・秋用である。東尾根から回ってポンポン山を目指す。

 東尾根は、松が多かったり、常緑樹が多い印象がある。それとアップダウンが西尾根よりもきつい気がする。

 杉谷の分岐を経て、釈迦岳からの縦走路に出て、あともう少し。ポンポン山の山頂に近づくと、宴会をしているような大きな声が聞こえてくる。嫌な予感。果たして山頂では2グループが食事の真っ最中だった。1グループはそれぞれ6,7人。

 ピーク写真を撮ったら、とっとと退散。西尾根を降っていく。まずは食事だ。リョウブの丘で昼食とする。コンビニおにぎりとお茶、ケーキとコーヒー。

 お腹も膨れたら、あとは、森の案内所に向けて降って行くのみ。西尾根のほうが広葉樹が多く、アップダウンも東尾根と比べるとそれほど多くないようなので、われわれは気に入っている。

         
 アキノタムラソウ ナギナタコウジュ ヒヨドリバナ 西尾根   トリカブト


 紅葉は、このあたりでは、まだまだ先と思われる。8.3km、4時間46分の山行であった。

 帰りは名神高槻でのって、京都南インターで降りた。夕食前に写真を整理し、お風呂のあとは、久しぶりに白ワイン(Rheinhessenのもの)を飲んだ。


53.[10月18日(月)][晴れ時々曇り] 武奈ヶ岳(214回)  暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ平→ワサビ峠→西南稜→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

       
アオガレ キクバヤマボクチ ヨシノアザミ ワサビ平 武奈ヶ岳 

 中7日の本日の山行。秋の花巡りの最後として、リンドウ鑑賞に比良へ出かける。このためには曇りではだめで陽が差していることが条件となる。はたして・・・

 妹子の郷で食料を調達し、入山の儀式もすませて、一路イン谷口へ。駐車場に駐まっている車は2台のみ。

 アオガレへ着くまでに若者一人に追い抜かれるが、そのあとは、西南稜にのるまで誰一人会わなかった。静かな山行だった。

 登るにつれ少し汗ばむが、その程度で、長袖一枚で登って行くが、金糞峠近くになって風が吹いてくると少し寒いので半袖シャツを上に着る。汗をあまりかかないからか、しんどさは少なく、少なくとも私はヨキトウゲ谷の途中まで疲れを覚えることは全くなかった。ユッキーのほうは、膝はまあまあだが、立ち休憩を時折行う。

 金糞峠へは2時間を切って到着できた。まずまずである。峠は風が強く寒いので、すぐに降りてヨキトウゲ谷の方向に進み、2回目の休憩を行う。

 何回も渡渉を重ね、少しずつ高度を上げる。ヨキトウゲ谷もわれわれの気に入っている場所である。沢を離れて尾根を登って行くにつれてしんどくなってくる。とくに中峠手前ではそうなる。ここはコアジサイ街道であるが、まだ、葉っぱは黄色くなっていない。

 二人とも余裕ができたので、今日は西南稜のリンドウ探索のために、中峠から、ワサビ平へ降りる。この降りも快適な場所である。

 ワサビ平からは登り返しとなる。その昔、オオカニコウモリを発見したりしていた谷であるが、豪雨で相当荒れてしまい、花は流され見当たらない。この登り返しも距離は短いが斜面が急なため、しんどいところである。やっとの思いでワサビ峠に到着した。シャリバテが関係しているのかもしれない。

 ここから西南稜、リンドウ探索の場である。花探しで忙しいわれわれをときおりハイカーが抜いていく。リンドウは、数が少なくなっているという印象をもった。さらに、まだ日光にあたるのが不十分なのか閉じたままのが多かった。残念。この時点では八雲ヶ原に期待して山頂までがんばる。西南稜で腹立たしいことが一件あった。たき火のあとがあったことである。直火で、黒くなった太枝が数本残っていた。こんなところで火をたくなんて。ルールを知らない、守らない連中には山に来てほしくないものである。

       
 武奈ヶ岳山頂 自家製安納芋パウンドケーキ  リンドウ  名残のマツムシソウ  紅葉のはじまり 

 山頂は風が強く、レインウェアを1枚はおる。お昼にしていると、なんとナベさんにお会いする。坊村からピストンだとか。近況報告、ユッキーと同じ膝の痛みの話等々話す。

 八雲のリンドウを早く見たいと考え、パノラマコースで降りる。「もっと光を」と念じながら。

 それほど時間をかけずに八雲ヶ原まで降りてきた。ここからは北比良峠までリンドウ鑑賞である。次々とリンドウを見つけていくが、全部が一斉に花開いているということはなく、蕾もけっこう多かった。ゲレンデ跡をあっちこっち行き来しながらロッジ跡まで登り、さらに北比良峠まで進む。センブリももう終わりである。

 あとはダケ道。まずまずの時間でおりてこられた。駐車地で山休さんとばったり。正面谷から八雲に行って神璽谷を降りてこられたとか。ヘルメット着用で安全対策もばっちりのご様子。

 着換えをすませ車に乗り込み、迂回路を経て名神高速道路で帰宅。

 帰ったあとはお風呂で、そして、山名酒造の「奥丹波・錦秋」。比良の錦秋はいましばらく待たねばならない。
 


52.[10月10日(日)][曇り時々雨] 八雲ヶ原  暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

       
キクバヤマボクチ ゴマナ 奧の深谷 八雲ヶ原

 昨日のほうがお天気はよかったのだけれども、中一日では長距離はいかんともしがたいので、本日の山行となった。

 最初は西南稜のリンドウを見るべく、出町柳からバスに乗って坊村、そこから武奈に登って琵琶湖側に降りるつもりであった。ところが天気予報では曇り。これではリンドウも花開かないしせっかく登っても意味がない。そこで、神璽谷のダイモンジソウ見物に切り替え、イン谷口へと急いだ。ところが、山頂はガスっているし、湖西道路から降りると道が濡れている。これでは、小橋は滑りやすいし危ない。ということで、また、ルートを変え、正面谷から武奈に向かうことにした。

 トイレ前の駐車場は昨日からのテン泊の登山者が多いためか、8時前であるにもかかわらず一杯。スペースを見つけて車を駐める。食料調達と入山の儀式は妹子の郷ですませているので、ゲイターをつけてすぐに出発。正面谷を登るにつれてガスってくるし、アオガレではぽつぽつと雨が降ってきた。ザックカヴァーをつけ、レインウェアを着て黙々と登る。これで、もう武奈ヶ岳へは行く気にはなれない。

 金糞峠に到着すればすぐに降りて奧の深谷源流を遡行する。小雨はうっとうしいが、ガスっている風景はポエティックである。

         
 ダイモンジソウ  アケボノソウ  名残のキリンソウ クルマバハグマ  おはぎとコーヒー 

 風景はポエティックであるが、5時に朝食を終えた体は空腹を訴えてくる。ウメバチソウを見る前に八雲ヶ原の石テーブルに直行。幸い誰も使っておられなかったので、ここでお昼とする。

 小雨と風の中、空腹を鎮める。

 昼食後、湿原にウメバチソウを確認する。もう終局である。それから、久しぶりにクマさん道を通って北比良峠に。峠から琵琶湖のほうを見ると、なんと、下界には陽が差していて明るい。どうやら、小雨、霧は山の中だけらしい。

 今日は日曜日、HSひらが開いている。久しぶりに行けそうだ。これを励みにしてダケ道を降る。

 8km、約6時間の山行だった。

 二転三転した本日の山歩きだったが、そのおかげで神様は楽しい時間を最後に与えてくださった。というのも、HSひらに着いたら、なんとKさんが来ておられたのだ。聞けば、権現に和爾駅から歩いて登っておられて山頂直前でガスと雨で北比良縦走を断念され、下山して栗原から比良駅まで歩いてこられたのだとか。お若いのと基礎体力があるからなんだろう。われわれではとても無理。ユッキーと膝痛やらなんやらと体のことで話が盛り上がった。

 久しぶりにおはぎにありつけ、ゆっくりしたのち、お味噌を買って帰途についた。武奈まで行かなければやはり早く家に帰れる。今日も暑いのでシャワーにして、そのあとはビールで乾杯。

 比良で見るべき花としては、あと、きれいに開いたリンドウのみとなった。いいお天気のときに出かけて、それを花の見納めとして紅葉を待ちたい。


51.[10月7日(木)][曇り] 三石岳から比叡山横川  大宮川観光駐車場→日吉大社東宮→行者道→三石岳→比叡山横川→大宮谷林道→大宮川観光駐車場 

               
アケボノソウ 八王子山立ち入り禁止 三石岳 日本生命慰霊宝塔前 大宮谷林道 アキチョウジ ヒヨドリバナ サラシナショウマ
ダイモンジソウ
ナギナタコウジュ
名残のミカエリソウ

 前回は距離を延ばしたので今回は少し軽いところということで比叡山横川とした。昨年は10月15日に出かけている。

 大宮川観光駐車場には家から30分ほどで到着。いつもの準備をして出発。

 横川へ反時計回りで登ることとし、日吉大社の鳥居まで行かずに東宮から向かう。いきなりの急階段と急斜面。お祭りの時にはここを御神輿が通るのだから驚きだ。

 牛尾宮(八王子宮)と三ノ宮の社殿の下を八王子山をまいて進む。「八王子山頂は禁足地(神体山・重要聖域)につき立入を禁ずとの札が出ている。昨年は、話の種に神宮寺山(△447m)に寄っていったのだが、今日は寄らない。普通に行者道を通り、北へ北へと進む。三石岳(△675.7m)には寄っていく。山頂に三等三角点あり。今日は曇り空で、ときおり、雨が降るのではないかと思うほど暗くなることもある。元気が出ない。おまけにガスってきて気が滅入る。

 栢ノ木坂分岐、中尾坂分岐を過ぎ、日本生命慰霊宝塔前へ行く。ここの紅葉は毎年かなり早い。写真を撮ってから元三大師堂へ急ぐ。本日の昼食はここのベンチで。

 昼食後、横川中堂の横を通り、大宮谷林道に入る。アケボノソウ、ツリフネソウを期待していたのだが、見当たらず。昨年はもうたくさんというほどのミカエリソウがあったが、今年は数が少なく、もう終盤。

 花がないと大宮谷林道はやたらに長く感じられる。

 途中で4人グループに追いつき、追い越す。ゆるやかな林道でアップダウンもないから、われわれでも追い越すことができるわけである。

 比叡山高校の横の階段に出てくればあとは少し。大宮川観光駐車場へと急ぐ。頭の中は今日の日本酒のことばかり。6時間と少しの山歩きだった。

 3時過ぎに帰宅。まずは冷凍バナナとアイスキャンディー、ミルクで一息つく。夕食時には山名酒造の「秋季ひやおろし寒露」で打ち上げ。すっきりしたお酒。

 紅葉の季節の前、秋の花を見つけては今年もまた咲いてくれたとささやかな喜びを味わった。大宮林道もずいぶん花が少なくなった。斜面の崩落、気候変動、鹿の食害等、原因はいろいろだろう。

 10月になってもこの暑さ、今日も、歩き始めからしばらくは汗だらだらであった。夏の薄い長袖一枚であるにもかかわらず。まだまだ衣替えとはいかないのが本当に異常である。

 鹿が北山から大文字山、比叡山に移動してきていると言う人がいたが、本当にそのようである。鹿がこのように増えたのも気候変動、温暖化のせい(猟師が少なくなったという事情もあるが)、それは元はといえば人間の活動が源。

 山を歩きながら諸事考えさせられた。















50.[10月2日(土)][晴れ] ヨキトウゲ谷から武奈ヶ岳(213回)  イン谷口→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→イン谷口

               
金糞峠から琵琶湖方面 ヨキトウゲ谷 中峠 武奈ヶ岳 小豆煎茶蒸しケーキ サワフタギの実 マツムシソウ ワレモコウ 
アケボノソウ
ダイモンジソウ
クルマバハグマ

 前回はポンポン山で軽めの山歩きだったので、今回はまた武奈ヶ岳を攻める。少しずつ距離を延ばして、今日は、ヨキトウゲ谷から中峠、コヤマノ岳のルートとする。本当は、西南稜のリンドウを見たいところなのだが、急いで距離を延ばすのはよくないだろうとの判断で、このコースどりとなった。

 JR志賀駅前で食料を調達し、入山の儀式もすませてイン谷口へ。トイレ前はロープが外されたけれども8時前ですでに一杯の車。スペースを見つけて駐車する。10月になったからとはいえ、まだまだ暑くなりそうなので、パンツは夏のもの、シャツも夏の薄い長袖1枚。木陰はやや涼しいが、今日はお天気がよく、日差しはきつい。

 アオガレのアキチョウジも終盤でややくたびれ気味なので、武士の情け、写真には撮らない。アオガレを登っている時に驚いたのは台風の風のせいか、大きなスズメバチの巣がごろんと道に落ちていたことである。写真に撮ればよかったのだが、恐ろしいので静かにさっさとその場を離れた。おそらく昔の巣で住人はいなかったであろうが。

 金糞峠にはいつもより少しは早く到着できた。調子はよさそうだ。風が吹いてくると涼しい。ここで休まずに、降りて、ヨキトウゲ谷に向かう。いつもいつもコヤマノ岳南陵ではなあということで、多少時間はかかるが、ヨキトウゲ谷を詰める。久しぶりである。この前このルートをとったのはいつだったか。この谷はコヤマノ岳南陵と異なり、変化があってわれわれは気に入っている。奧の深谷源流遡行もそうだが、沢に沿って歩くのは気持ちが安らぐ。ヨキトウゲ谷でただ一つ難点を言えば、キタヤマブシ以外に花がないことである。まあ、仕方がない。ここのキタヤマブシはもう終盤に入っていた。数は少なく、葉が黒くなっているのが多かった。

 標高1060mで中峠。元気であればワサビ平へ降るのだが、今日はここから1181mのコヤマノ岳まで尾根を登って行く。

 コヤマノ岳までくればあとはもう少し。イブルキノコバ分岐のところから、トレイルランの人がぽつぽつ登ってきているのに出会う。聞いてみれば今日は大会で、還来神社から比良山系を縦走して、八雲ヶ原、武奈ヶ岳を経て黒谷まで29kmを走るのだとか。ご苦労さんです。

 武奈ヶ岳山頂へはこのトレランの人たちは冬道を行ったり、夏道を行ったりさまざま。細かなところにマークをつけていないようである。ともかくわれわれは夏道を登り、山頂に。12時頃に到着。好天の土曜日の割にはそれほど多くの人がいない。知り合いがいないかと思ったが、誰もいない。おそらく日曜日に出かけられるのだろう。テンクラの予報では十数メートルの風が吹くと脅かしていたが、風は少しあるがそれほど強いものではない。西側に陣取って、パンと牛乳、自家製ケーキ。

 30分ほどしてから、下山に取りかかる。冬道で降り、それから、パノラマコースにすれば八雲ヶ原には最短だけれども、いつもいつもこれではということで、今日は少し遠回りしてイブルキノコバ経由とした。ただ残念なことにこの道、本日のトレラン大会のコースにあたっていて、次々に来るランナーに道を譲ったりして、いささか時間がかかった。

 八雲ヶ原の石テーブルは大会のチェックポイントになっているようで、関係者が数名おられた。われわれはリンドウ、ワレモコウ、センブリ、マツムシソウ探索でうろうろとゲレンデ跡を登る。今日は、オオバキスミレとウメバチソウはパスした。

 ロッジ跡から駅舎跡。テントが一張り。これから増えそう。あとはダケ道をだらだらと下る。キクバヤマボクチも流されたりしてもう見られず。クルマバハグマだけは一番いいときであったようだ。

 駐車地に着いたら、すでに帰った車もあったが、今日からキャンプの車であろうか、朝になかった車も何台かあった。帰路、161号線を迂回路を使って、名神で帰宅。今日はお風呂にして、夕食はビールで。11km、約8時間の山歩きだった。我ながらよく歩いたものだ。

     
 エゾリンドウ リンドウ  センブリ