2021年1月の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】  [2003年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


4.[1月25日(月)]朽木スキー場さわらび草原登山口→蛇谷ヶ峰(901.5m)→朽木スキー場さわらび草原登山口→駐車場

雪のない朽木スキー場 さわらび草原登山口 頂上へ 頂上へ 武奈ヶ岳 伊吹山(ズーム) 高島トレイル とち餅ぜんざい
 
 
春のような陽気の中、蛇谷ヶ峰へ

 
リハビリ登山8回目。ユッキーの脚の具合も考えて、本日は蛇谷ヶ峰に。月曜日で人に会うことも少なかろうと考えた。結果、すれ違ったのは4人だけ。昨年12月にリハビリ登山で来ている。そのときには雪は全くなかった。
 
 いつものように車で出かける。近くのコンビニでおにぎりを買い、名神、湖西道路、鯖街道。

 湖西道路で比良山系を見ると、稜線にはもうほとんど雪がない。雨も続いたし、気温も高めだし、無理もない。坊村を過ぎ、ちらっとセンターの駐車場を見れば、数台の車が駐まっていた。さらに、鯖街道を北進する。道には雪もなく、路面凍結もなし。道の駅である朽木新本陣に到着して、ここで入山の儀式。


 さらに、朽木スキー場のほうへ車を走らせる。積雪不足でスキー場は休みなので、登山者用の駐車場に。1台滋賀ナンバーの車が駐まっていて、準備をしておられた。五歳の女の子とパパ。

 われわれも準備をする。親子は先に出発された。一応、ワカンと10本爪アイゼンをザックに入れていく。いいお天気で暖かい。初春のよう。

 まずはさわらび草原登山口を目指す。スキー場にはまるで雪がない、1月下旬だというのに。このスキー場も1月はじめに2、3日開いただけで、1月5日あたりからお休み。昨年も雪がなく、まともに営業されていなかったのではなかろうか。そう言えば、スノーシュー散歩に毎年ここへ来るのだが、昨年は一度もスノーシューを使わなかった。毎年の冬日の日数もどんどん減っており、これから先一体どうなるのだろう。コロナも大変だが、自然環境の問題も大きなスパンで見れば、やはり深刻な問題である。

  さわらび草原登山口。ここですでに標高500m近い。ここを右に曲がり、沢に沿った道を南西方向へ登っていく。やがて沢を離れて左手の斜面に向かうが、道はジグを切っていてゆるやかに登っていける。途中で先行の親子に追いつき、先に行かせてもらう。やがてシャーベット状の雪が見えてくる。5cmから10cm。つぼ足で登っていく。時に踏み抜くと膝ぐらいまで。

 登りはじめはメリノウールのシャツとウールのシャツ、それにレインウェアのジャケットを着ていたが、すぐに、2枚になる。700mあたりから雪があり、踏み抜きするので、ワカンでもはこうかと思ってザックを降ろしたら、なんと、ワカンがザックに着いているベルトから外れて、ザックにない!きっと、下の方でジャケットを脱いでザックにしまったときに落ちたに違いない!探しに戻るには遠すぎる。ここからはユッキーはワカンを着けて、私はつぼ足で登ることになる。ユッキーはスタスタ、私はズボズボ。ああ、惨め。「ザック、軽くなったなあと思わなかったの? 鈍感やなあ」と言われても、こちらはこれが分からなかったのだ。私は雪のないところを登り、ユッキーは雪が残っているところを登っていく。

 817mでスキー場西尾根道と合流し、870mで元生き物ふれあいの里センターからの道と合流する。ここは「お見合い広場」と呼ばれている。ベンチは雪に半ば隠れていた。ここからはあと30m。少し前から北西風が吹き付けて、けっこう寒くなったので、脱いでいたジャケットをまたはおる。頂上近くで、グリーンパークから登ってきた人と出会う。ソロのハイカー二人。

 風が冷たいので、ピーク写真だけですぐ降りる。親子二人組が登ってこられた。なんとパパは5歳の女の子を片手で抱いて。われわれは昼食の場所を探しつつ降りる。お見合い広場も風が吹き抜ける。尾根の南東斜面で風が防げるところを見つけてお昼にする。コンビニおにぎりとほうじ茶、自家製キャラメルケーキとコーヒー。風がなければ本当に心地よい。

 さて、下山。私のワカンを探さねばならぬ。ありました、ありました。道の真ん中に。ちょうどジャケットを脱いだところ。登山口からさほど遠くはない。ワカンをしっかりザックにつけて駐車場までほっとして歩を進めた。親子はもう車のところで帰る準備をされていた。東尾根を降りてこられたのだ。道理で早い。しかし、雪がなく下はドロドロで何回となく滑ったとのことだった。リハビリ登山のわれわれ、このルートは取らなくてよかった。
 
 後片付けをして出発。途中で永昌庵に寄って、とち餅ぜんざいを食べ、お腹いっぱいになって帰宅の途に就いた。家でうちあげはビールで乾杯。
 

3.[1月20日(水)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→四つ辻→上林新道→コヤマノ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

出発 アオガレ 徒渉・四つ辻へ 樹氷 コヤマノクラウン ゲレンデ跡 伊吹山(ズーム) 武奈ヶ岳(ズーム)
 
 
樹氷輝くコヤマノ岳に

 
リハビリ登山7回目。ユッキーの脚の具合も考えて、武奈ヶ岳かコヤマノ岳までと考え、早めに家を出る。今日も「密」を避ける意味もあり、車で。湖西道路を走っていると比良山系にはけっこう雪がつもっていることが分かる。琵琶湖側の斜面にも雪あり。先週とはずいぶん異なっている。

 いつものようにJR志賀駅前で食料を調達し、儀式を済ませて、イン谷口、駐車地まで。2台ほどすでに駐車あり。ゲイターを着け、ストックを伸ばし、アイゼンとワカンを背負って出発。服装は3枚。水曜日なのにアイちゃんの車がないなあと思いつつ、ゆっくりと登る。駐車地からすでに雪があり、昨晩から今朝方に降った様子である。どこでアイゼンをつけようか、アイゼンをつけると足は重くなるしなあと考えながら、進む。雪は、はじめは3cmから5cmだけれども
、進むにつれ高度があがると深くなる。新雪で圧雪はされていないので、ノーアイゼンで進む。アオガレ下で30cmから40cmはある。雪は歩みを遅くする。いつもの1.3倍の時間がかかる。

 結局アオガレをあがって少し広くなっているところでアイゼンを着けた。ついでに一番上のジャケットを脱ぐ。雪のおかげで段差は小さくなっているが、足はアイゼンで重いので、時間の短縮にはならない。曇り空で気分は重く、黙々と登る。金糞峠から奧の深谷におり、ヨキトウゲ谷で四つ辻へと向かう。徒渉の橋は四つ辻まで四つほどあり、雪を払いのけて慎重に渡る。先行者のトレイスがあり、早く出発された方がこちらのコースで進んでいることが分かる。ところが驚いたことに、四つ辻に着いて休憩していたら、後から来たハイカーがすべてヨキトウゲ谷ではなくて、フタコブラクダのシャクナゲ道から降りてこられた。そうか、雪のときには沢沿いにではなくて尾根道でということか。もっとも、今日は沢が雪で埋まるほどの積雪量はなかったので、われわれも間違ってはいなかったのだろう。

 先週とは異なり、今日は木々の枝にも雪が着いている。コヤマノ岳に近づくにつれてブナについた樹氷が輝いている。うれしいことに青空も徐々に顔をのぞかしてくれる。コヤマノ岳南陵の途中でアイゼンからワカンにはきかえる。冬はギアーの脱、装着で時間がかかる。

 南陵第3ステージから上のブナ林には樹氷がついて、太陽の光に反射して実に美しい。「これを見に来たかったんや」とユッキーはつぶやく。気候変動あり、こちらの体力低下もあり、思わぬ伝染病ありで、来年またこれを見られる保証はどこにもない。まさに「一期一会」。

 時間は12時を大きく回ったし、脚の具合もあるしということで、今日はコヤマノ帰りとすることにして、コヤマノ岳山頂で昼食とする。風もなく、寒くなく、ゆっくりとパンとほうじ茶、コーヒー、自家製ユズマーマレードケーキ。

 降りは、パノラマコース。ワカンでバシャバシャと快適に降り、八雲ヶ原。クマさん道で北比良峠にあがるが、疲れてきていて、北比良峠が遠く感じられる。駅舎跡でワカンからアイゼンに替える。
 
 あとはダケ道。先週アイちゃんに教わったショートカット道のところにきたら、なんと、ノーアイゼンのトレイスあり。これはアイちゃんに違いない。トレイス通りに降る。大山口で後始末をして駐車地に。もう四時半を過ぎていた。

 車に乗り込み、渋滞なく、スムーズに帰宅できた。うちあげは昨日から煮込んだ「おでん」で山名酒造の「奥丹波
新春槽揚荒走」。ああ、おいしい。

2.[1月13日(水)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→八雲ヶ原→奧の深谷→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

堰堤の氷柱 アオガレ 奧の深谷 八雲池 駅舎跡へ
 
 
奧の深谷から未踏の谷で北比良峠に

 
リハビリ登山6回目。ユッキーの脚の具合も考えて、今日こそはコヤマノ岳までかなあと思いつつ、家を出る。今日も「密」を避ける意味もあり、車で。少し早く出たものの、湖西道路の渋滞(坂本のあたり)で思ったほど、早くイン谷口に着けない。湖西道路から見ていると、1週間前よりは比良の山には雪がありそうだが、麓では全く雪なし。

 いつものようにJR志賀駅前で食料を調達し、儀式を済ませて、イン谷口に。途中少し凍っているところもあるが駐車地まで無事あがることができた。2台ほどすでに駐車あり。kol-yosioka さんのバイクもあり。ゲイターを着け、ストックを伸ばし、アイゼンとワカンを背負って出発。水曜日なのにアイちゃんの車がないなあと思いつつ、ゆっくりと登る。第一ルンゼあたりで二人の若いハイカーに追い抜かれる。こちらはここで十本爪アイゼンを装着。また、3人組のハイカーにも追い抜かれる。もとから張り合うつもりはないので残念とか思わない。三人組はアオガレ下でアイゼンを着けたりして休憩していたので、ここは一時追い抜く(アオガレの上でまた追い抜かれる)。

 さて、沢を越えアオガレを登り始めたら、下からどこかで見た人が・・・。なんとアイちゃんではないか。ストックでこちらに気がついたと合図。そこで、アオガレテラスでお待ち申し上げることにした。

 「お久しぶりです」とご挨拶。膝の調子が悪く、今年はじめての山行とか。金糞峠下で、コヤマノ岳へ行くのをやめ、アイちゃんの提案の奧の深谷から北比良峠へあがる谷筋コースのお誘いがあり、よーし行ってみようと案内をお願いすることにした。八雲ヶ原に寄らずに奧の深谷から北比良峠へあがるショートカットコースなのだが、われわれは八雲ヶ原に行って、お昼を食べてから、チャレンジすることになった。

 八雲の石テーブルで昼食。パン二つ、お茶とコーヒー。デザートに自家製キャラメルケーキ。「よう食べるなあ」とアイちゃんに言われてしまう。「こっちはおにぎり1個や。そんなに食べたら、これからの登りしんどならへんのか」。食べている最中に、遠くを横切る人がいた。三人とも「あれ、yosioka さんやで」。「yosioka さーん」と呼んだけれども、反応なし(その場ではやっぱり違うのかと思ったが、今日ヤマレコを見たら、やっぱりyosioka さんだった。昨日二つ目の忘れ物をとりにゲレンデ跡を引き返そうとされていて、慌てておられて気がつかれなかったみたい)。

 さて、いよいよ。奧の深谷を戻る。JR小屋の前までは行かないが、広くなっているところで徒渉していよいよ未踏の谷筋へ。ワカンを装着している。しっかり雪を確かめないと、ずぼっと沈んでしまう。先頭は最年長の私、ユッキー、アイちゃんと続く。しんがりを務めるアイちゃんの指令に従って、ゆっくりと登っていく。

 一体、どこに出るのだろう? 常時膝ぐらいまで沈みつつ、開けて空が見えるところを目指す。途中でユッキーが先頭に。そして、最後はアイちゃんが先頭に立って、進んだ。アイちゃんは雪のないときにもここを登っておられるので、雪の下の地形を覚えておられる。われわれはそれを知らないので、ルートはアイちゃんの指図通りに。それでも1.5mは下に落ちるというところに危うくはまるところであった。雪のないときには15分ほどで登れるところが、雪があるため1時間近くかかってしまった。

 そして、出たところが、なんと、北比良峠、駅舎あとの案内図があるところであった。おもしろかった。

 あとはダケ道。ここでも2カ所ほどショートカット道を教えてもらう。1週間前の猪の遺骸は、さらに、表面がむしり取られて、白骨があらわになっていた。どうも餓死したのではないかとのこと。それにしても小動物にとっては思いもかけないご馳走になったのだろう。南無阿弥陀仏。

 駐車地でアイちゃんとお別れする。本日はガイドありがとうございました。お互い体に気をつけて、また、どこかで。

 スムーズに5時前に帰宅。本日のうちあげはビールで。

1.[1月6日(水)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→12:20八雲ヶ原13:15→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

出発 アオガレ アオガレテラスから 金糞峠 八雲ヶ原 八雲池 奧の深谷 ワカン
 
初登り:またまた雪の八雲ヶ原へ

 
リハビリ登山5回目。今日が初登り。ユッキーの脚の具合が完全によくなったということにはならないので、アイゼンとワカンの試し履きということで、またまた八雲ヶ原まで。

 いつものようにJR志賀駅前で食料を調達し、儀式を済ませて、イン谷口に。心配していたが、駐車地まで無事あがることができた。出合橋以降、道路が少し凍っているところがあるので慎重に運転していった。2台ほどすでに駐車あり。ゲイターを着け、ストックを伸ばし、アイゼンとワカンを背負って出発。武奈まで、いやコヤマノ岳までという目的地を一応設定する。なんやかんやと手を取られ、結局、駐車地を出発したのは8時30分を過ぎてしまっていた。

 これでは武奈は遠い。ゆっくり上っていく。アオガレの手前で10本爪アイゼンをつける。が、どうもユッキーのアイゼンの調子がよくない。これでアオガレの途中からユッキーはノーアイゼンで登ることになる。1名に抜かされる。このあと降りのダケ道、カモシカ台まで誰にも会うことはなかった。

 天気はよく、サングラスを着け、出発時には三枚着ていたのを一枚脱ぐ。アオガレまでは積もった雪がいったん溶けてそれから凍っているような状態。アオガレ以降はようやく冬の雪山らしい雪となる。正面谷は雪が段差を少なくしてくれているので、アイゼンをつけた足は重いが、歩きやすい。

 金糞峠に近づくといつものように風が強く吹き下ろしてくる。休憩は金糞峠を下りて奧の深谷源流へ向かうところでとる。レインウェアを着て三枚。ここでアイゼンからワカンに替える。

 奧の深谷は陽が差さないので雪は溶けず、新たに降った雪でふわふわ。ワカンの練習にはもってこい。全体としては50cmぐらいの積雪か。次第にお腹が減ってくる。今日も八雲ヶ原石テーブルを目指す。 

 石テーブルでの昼食。パンと自家製ケーキ、お茶とコーヒー。寒いので、さらにライトダウンを着込む。青空に白い雪のコントラストが美しい。湿原や池はすっかり雪に覆われている。1時間近くゆっくりした。人は誰も来ない。八雲ヶ原を独り占め。贅沢な時間を過ごした。

 さて、下山に移ろう。いつものクマさん道をゆっくりと。ここも段差はなだらかになっている。

北比良峠、ダケ道で下山。カモシカ台で休んでいるときに今日二人目のハイカーと出会った。あとは、イコモチさんから間接的に聞いていた(そして、ヤマレコで他の方々が報告していた)猪の亡骸にどこで会うのか注意しながら降っていった。かなり下、大山口に近いところで発見。南無阿弥陀仏。道の真ん中に横たわっていて、すでに肉と内臓は食べられてしまっていて、顔のあたりは白骨が見えていた。小動物が食べたのだろうか。自然の循環といえば、それまでだが、こう目の当たりにすると、無惨な光景だった。

 気を取り直して、大山口に降り、駐車場所へ向かった。片付けをして車に乗り込み、あとは順調に帰宅できた。今日のうちあげは山名酒造の「奥丹波・純米酒」。キリッとした酒。