2020年9月の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半 [2003年~2015年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


57.[9月27日(日)]イン谷口→正面谷→金糞峠→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→イン谷口

アキチョウジ キタヤマブシ 山頂 山頂(y) ヤマシロギク 季節外れのアカモノ HSひらで(y)
ダイモンジソウ
キクバヤマボクチ
リンドウ
オオカニコウモリ
武奈ヶ岳199回目、ユッキー196回目(ヨネちゃん比良山系501回目)  y=写真提供ヨネちゃん。
 
 天気予報では北のほうはよくないが、ヨネちゃん比良山系記念登山の先週参加できなかったので、本日出かける。出町柳からのバスでということも考えたのだが、結局、また、車で出かける。湖西道路に出ると、雨がぱらつき始め、その中でも日が差して比良山系に虹が出ている。

 いつもの通り、JR志賀駅前で食料を調達し、儀式をすませ
イン谷口に。今日は8時前に到着したのにすでに車が一杯。なぜだろう。工夫してなんとか駐車。Ch さんも来られる。


 歩き始めたら、堂満の主MBさん、比良の怪人 kol-yosioka さんと次々に知り合いと会う。しばらくするとI(アイ)ちゃん(男性)とそのお連れにも。MBさんは昨日も堂満に登られたとか。84歳にしてこの活動。驚き。昨日から長ズボンにされたとか。

 時折の風が強く、雨もぱらぱら降ってくるので、ウィンドブレーカーをはおる。登っている時には少し暑いが、とまったり降りの時には寒いぐらい。しかし、やっと夏の酷暑によるしんどさからは解放される。
 
 今日は早く出発できたので八雲ヶ原をまわって行っても12時ぐらいには山頂に着けるだろうと考え、金糞峠から下りることにした。ここでChさん、アイちゃんトリオとは別れる。奥の深谷、八雲ヶ原へと歩を進める。雨と木のしずくがあるので、傘を出して八雲へと向かう。傘をもつと徒渉の時に面倒なのだが、なんとかやりくりする。八雲ヶ原へ近づくと、ヨネちゃんとKさん、Iさんと出会う。今日は神璽の谷から登ってこられたとか。

 小休止してからイブルキノコバ経由で武奈ヶ岳に。雨が降ったりやんだり、風はますます強くなる。冬道で山頂に上がる。とてもここで昼食をとるわけにはいかない。ピーク写真撮影後急いで下山。パノラマコースのゲレンデ跡で昼食。ここへ来ると風はおさまり、雨も止んでいた。

 八雲ヶ原へ降り、花探しを続けながらゲレンデ跡を登り、ロッジ跡から北比良峠へ。今日はもうテントはなかった。

 いつもダケ道は長く感じられるが、今日はおしゃべりしながらの下山で知らず知らずのうちにカモシカ台を過ぎ、大山口に到着した。

 うちあげはHS比良で。かおりさんが来られていたのにはびっくり。大文字に登られ、大津京に降りられ、そこからJRで来られたとか。久しぶりの再会だった。今期最終のかき氷を食べ、ヨネちゃん差し入れのおはぎ、おいしく頂く。ヨネちゃんありがとうございました。

 いつものように湖西道路迂回路を使い、西大津バイパスから名神に。今日は渋滞もなく帰宅できた。

 家のうちあげはビールで。


 時に仲間と一緒に山に出かけるのも楽しいものだ。山を語り、花を語り、世間話を共にする。健康に留意していつまでも山歩きできることを願っている。

 キタヤマブシは終盤だが、センブリ、リンドウ、ダイモンジソウが咲き出し、ウメバチソウも数を増している。アキノキリンソウ、ツルニンジン、マツムシソウも楽しめる。紅葉までのあと1ヶ月。


56.[9月21日(月)]イン谷口8:40→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→11:55武奈ヶ岳12:20→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→イン谷口16:20

アオガレ W橋 コヤマノクラウン 山頂 北陵、釣瓶岳 広谷 ヒツジグサ
アキチョウジ
ウメバチソウ
マツムシソウ
センブリ
北陵、細川越で降りる(武奈ヶ岳198回目;ユッキー195回目)
 
 昨日はヨネちゃんの登山記念日1回目であったが、所用あり参加できず。本日、武奈を目指す。お天気はよく、アブはいないし、ブト、小蠅はほとんどいず、その意味では快適であったが・・・

 名神は車の数が多く、少し心配になってきた。京都東インターで降りるところで渋滞。料金所がなかなか抜けられない。さらに湖西道路に出ても車の数は多い。これでイン谷口到着が遅れた。遅れると困るのが駐車場所。最初からトイレ前は諦め、別荘下のところに駐める。ここも5台ほど駐まっていて、最後の一台のスペースに駐める。ストックを取り出して準備する。ゲイターは着けず。水量は少ないと見たからである。トイレ前の駐車場は満杯。テントを張っている人もいる。

 スタートが遅れたものだから、まもなくバスで来た人に追い抜かれる。いつもはアオガレ途中で追い抜かれる生駒のお姉さん(または貴婦人)に、今日はスタート直後に追い抜かれる。バスは満員で彼女は座れず立っていたとか。

 ツリガネニンジン、アキチョウジ、クサボタン等を見ながら正面谷を登っていく。いつも見られるアケボノソウは今年はだめのよう。ダイモンジソウの花茎がわずかに立っている。花はこれから。

 やっとの思いで金糞峠へという最後の登りのところに峠からタバコの煙が降りてくる。やれやれ。いつもなら峠で休むのだが、煙まみれはまっぴらなので、四つ辻で休もうと、そのまま、峠から下りてヨキトウゲ谷のほうへ。ここの最初の橋がきれいに直っていた。Wさん、いつもありがとうございます。

 小橋から四つ辻へあがる。ここで休憩。水分補給と麹甘酒を飲み、これからの急登に備える。

 上林新道はいつもはそれほど人に会わないのだが、今日は降りてくる人、登っていく人、ずいぶんと人に出会う。さぞかし山頂はおおぜいの人で一杯だろう。

 秋の気配が感じられ、登りのしんどさがずいぶんと違う。所要時間も7月、8月と比べると若干短くなる。12時を大幅に超えれば北陵周りは断念し、パノラマコースで下山しようと思っていたが、北陵周りで降りるに十分な余裕をもって山頂に到着。大勢のハイカーがあちこちで昼食中。われわれも場所を見つけて、コンビニおにぎりと冷やしぜんざい、牛乳、甘納豆の昼食。

 北陵周りで降りようと少し進むと、生駒のお姉さんと再会。今日も比良の王道コースで来られたとか。これから細川越、広谷で下山とか。滑りやすい斜面をゆっくりと進むわれわれを、にこやかな笑みを浮かべながら追い越して行かれた。

 スゲ原、広谷はキタヤマブシ見物である。もう終盤。イブルキノコバ、八雲。湿原のウメバチソウは咲き始めたばかり。まだまだ多くの蕾がある。

 ゲレンデ跡から北比良峠。センブリの初物をゲット。これからどんどん咲くだろう。ゲレンデ跡で「木村先生?」と声をかけられる。なんとフウテンさん。去年の暮れ以来。「お久しぶりです」ということになる。近況を報告し合う。

 北比良峠で驚いたのは、テントがいくつも張られていたことだ。八雲のテントよりもこちらのほうが数は多かった。

 あとはダケ道を急いで降りる。大山口でフウテンさんと再会。駐車場では朝の車に代わってまた多くの車が駐車していた。キャンプが流行り始めたとかいうが、そのせいか。道が混んでいるであろうと考え、急いで後片付けをして帰宅の途に。湖西道路も混んでいて、迂回路を通って再度湖西道路に乗ったが、この迂回路からして渋滞。湖西道路に乗るのもやっとこさ。さらに、恐ろしかったのは西大津バイパスの渋滞、長等トンネルでもなかなか先に進めず、トンネルを出ても渋滞。
名神も渋滞と、渋滞続きで帰宅。普通だったら1時間程度のところが2時間半はかかった。おかげでユッキーは排気ガスで体調不良となる。

 今日はいいお天気で山はよかったのだが、帰りの渋滞でガックリ。教訓:連休等、渋滞が予想されるときには車では出かけないこと。ビールを飲みながら、今日一日を振り返った。そうそう、例の所にあるエゾリンドウ、蕾が確認できたことは嬉しかった。あと1週間ほどか。

55.[9月16日(水)]暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→コヤマノ岳分岐→武奈ヶ岳山頂→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→暮雪山多目的保安林駐車場

ツルニンジン アキチョウジ ヨシノアザミ 武奈ヶ岳 山頂 キタヤマブシ HS比良
アキノキリンソウ
ツルリンドウ
オオカニコウモリ
クサボタン
月に一度は武奈ヶ岳(197回目)
 
 昨日のほうが天気はよかったが、いろいろ用事があり、本日の山行となった。今日は曇り。JR志賀駅前で食料を調達、儀式をすませる。

 いつもの場所で駐車しようと思っていたら、4,5台すでに駐車している。水曜日で天気もよくないのにこの数は想定外だった。

 ゲイターを着け、ストックを取り出して準備する。今日はずいぶんと涼しい。

 アオガレ下のところでハイカー一人と出会う。午後からのお天気がよくないから堂満に正面谷から登るとのこと。われわれ一応武奈ヶ岳を目指すのだが、武奈には17日ぶりなのではたして登れるかというようなことを話す。

 秋の花を見つけたいときょろきょろしながら進む。すでに咲いているのもあるが、まだ蕾というのもある。花によっては例年より早かったり、遅かったり。花探しもあと1ヶ月ほど。それからは紅葉を求めてということになる。

 ツルニンジンは終盤、アキチョウジは咲いてはいるが最盛期はもう少し後だろう。クサボタンはこれから。アキノキリンソウは咲き始め。みんな稀少種というわけではないが、いつものところでいつもの時期に咲いてくれるのが愛おしい。

 少し涼しくなったので若干時間を短縮して金糞峠に到着する。ここからは今日は奥の深谷、八雲ヶ原、イブルキノコバ経由で武奈に行く。遠回りになるけれど、コヤマノ岳南陵コースよりは楽しめる。

 橋が流されているところがあるが、水量もそれほど多くないので、石伝いに徒渉。キタヤマブシを鑑賞。八雲ヶ原ではサギソウは終わり、ウメバチソウが3輪ほど咲き始めた。蕾は多数あり、これからが楽しみ。ただ、木道が壊れているとはいえ、湿原の中に入っている輩がいるようで、これは頂けない。

 八雲ヶ原からイブルキノコバ、そして沢沿いにコヤマノ岳分岐まで。イブルキノコバで麹甘酒を飲み、これからの登りに備える。最後のあたりが苦しいが、武奈ヶ岳山頂がチラチラしてくると、頑張ろうという気になる。分岐から頂上までは冬道で登る。夏道のほうはずいぶんと荒れてきていて歩きにくくなっている。

 頂上付近にはけっこうたくさんの人が昼食を楽しんでいる。高曇りで、遠くの山々は比較的はっきり見える。ここで昼食。パンと牛乳。甘納豆。

 夕立の天気予報が気になるので、北陵回りはやめてパノラマコースで北比良峠、ダケ道で下山した。幸い天気予報は外れ、駐車地に着いて、着換えのあとはHSひらに直行。かき氷を頂き、お土産にお味噌とプリンを買って、家路につく。

 伏見のあたりも一雨なしで、洗濯物もセーフ。シャワーのあとは、山名酒造の「兵庫北錦」で締め。キレのよい味わいで、靑木杜氏の特徴がよく出ていた。 

54.[9月12日(土)]大宮川観光駐車場→大宮林道→比叡山横川→峰道→西塔→一隅を照らす会館→ケーブル延暦寺駅→坂本ケーブル→大宮川観光駐車場

日吉大社鳥居 ツユクサ せりあい地蔵 玉体杉 京都市内(玉体杉から) ケーブル駅 クサアジサイ
オタカラコウ
 ベニバナボロギク
 シロバナゲンノショウコ
 ツリガネソウ
秋の花を求めて比叡山・横川へ――ヒルにやられる
 
 大気の状態が不安定で昼からは各地で夕立がという天気予報が出ていたので、比良で落雷、夕立はかなわないということで、比叡山・横川から峰道を歩くことにする。いつものように大宮川観光駐車場で駐めさせていただく。8時前なので3台ぐらいしか駐車していない。ゲイターは暑いのでやめとこかと着けずに出発(これが間違いだったことは、ヒルにやられてから分かる)。

 日吉大社の鳥居前から比叡山高校の横の階段道を登る。すると、朝練を終えた比叡山高校の野球部の学生が降りてきて挨拶をしてくれる。気持ちがよい。

 階段道をすぎると、分岐が出てくる。左へ行くと本坂、右手が大宮林道である。最初のうちは全く花がない。黙々と歩く。すると、お昼もすぎていないのに、日は陰り雲が増えてきた。「予報とちがうなあ」とぶつぶつ言っていると、雨がポツポツ降ってきた。

 仕方がない。ザックカバーをかぶせ、傘を取り出す。二本杖の一本はしまう。花は見られないし、雨は本格的に降ってくる。気持ちは落ち込む。

 黙々と歩いていて、傘を持つ手を代えたとき、「ひぇー」、私は発見してしまったのだ、ヒルを。今日に限って暑いので手袋をしていなかったのだが、左手の中指と薬指のまたのところに、丸々としたヒルがついていたのだ。すぐに弾き飛ばした。しばらくは血はとまらない。ほかにいないかとみると、靴下の上にまだ細いやつがくねくねとしていた。これも弾き飛ばした。

 こうなると、もう花どころではない。急いで横川まで行き、バス停のトイレで傷の処置とほかについていないかをチェックし、あわててゲイターをつけ、イカリジンを噴霧する。そのとき、林道でわれわれを抜いていった二人組が戻ってこられた。「帽子落ちてませんでしたか」と聞いてこられて、
われわれはあとから大宮林道を進んでいて見つけていたので「近くの枝にかけておきました」と答えた。ことのついでに、林道でヒルにやられたと話したら、「ヒル見ませんでしたけどね」と言いつつ、ズボンをまくり上げた二人組。一人からは小さいやつがぽとり、もう一人からは血を吸って丸くなったやつがぽとり。あわてて落ちたやつを私は退治する。

 横川バス停から峰道を急ぐ。アップダウンがあり、お昼前なのでそれなりにしんどい。西塔につき、一隅を照らす会館を目指す。麹甘酒で元気をつける。この会館、いつもお借りして昼食としている。今日はコンビニおにぎりと牛乳。


 雨はあがってきたが、今日はケーブルで降りることに決めていた。30分に一本のケーブルなので時間がずいぶんある。私はここでゲイターを外した。すると、丸まっているヒルをゲイターの裏側に発見した。イカリジンの効果か、活動力はなく、血を吸うところまでいけなかったらしい。やれやれ。

 さて、ケーブル。延暦寺駅から11分で麓の駅へ。日本一長い距離のケーブルだそうである。麓駅からぶらぶらと日吉大社の鳥居の前を過ぎて駐車場に戻ってきた。

 着替えをするので最後のチェック。2匹のヒルがひからびて靴下の上にいるのを発見した。一方ユッキーが着替えをしたところ、お腹に1匹発見。血を吸い始めたばかりのところだったようで、出血はわずかだった。

 夕立が気になるので、急いで片付けをして車に乗り込み、西大津バイパス、名神で帰ってきた。夕食の前に写真の整理を行う。今日の打ち上げはビールで。

 今日の収穫はヒルを除けばほとんどなかった。秋の花までもう少しといったところ。ミカエリソウの蕾はかなり大きくなっていた。8月5日に眼をつけていて楽しみにしていたアケボノソウは葉っぱが全部食べられていて(虫?鹿?)、残念ということになった。

53.[9月5日(土)]市橋登山口→夕暮山分岐→岩籠山→夕暮山分岐→市橋登山口

山頂 ミヤマママコナ ヤマジノホトトギス
アキチョウジ
アキギリ
夏エビネ
秋の花を求めて岩籠山へ
 
 岩籠山へ行きませんかと小てつさんからお誘いがあり、渡りに船、ぜひぜひということで本日の山行。

 出町柳でピックアップしてもらい、出発。途中、妹子の郷で食料調達、儀式をすませ、161号線を北へ北へ。敦賀はやはり遠い。

 駐車場に着くと、予想以上に多くの車がすでに駐車していた。身支度して出発。基本、沢を遡行するので、途中数え切れないほどの渡渉を繰り返す。防水の効く靴とゲイターは必須。

 昨年は10月
6日に出かけて秋の花のそろい踏み(アケボノソウを除く)であったので、今日は1ヶ月ほど前になるが、ある程度の期待を持ってやってきた。
 結果は、ダイモンジソウが全く見られず、その他のアキギリ、アキチョウジなどは咲いていたが、数は随分と少なくなっていた。去年は気がつかなかったが、夏エビネが咲いているのに出会えたのはうれしかった。ユッキーが目敏く発見。

 一枚岩のところで小てつさん差し入れのアイスクリームを頂く。五つ目の堰堤を過ぎ、右に急斜面のジグザグ道に入る。関電巡視路のプラスティック階段。ここで2年前の台風の被害が随分あったのだが、今年は整理されて歩きやすくなっていた。が、私の方が軽い熱中症になったようで、汗が噴き出し、一歩一歩がやっとという状態になってきた。塩分の入っている飲料はこれまで飲んできているのだが、まいった。

 やっと夕暮山分岐に到着。ここで持参の梨を食べる。ここまで来ればあと30分(と書いてある)。アップダウンしながら山頂へ。あちこちで入道雲があるが、山頂はいいお天気。風が吹き抜け気持ちがよい。インディアン平原から敦賀湾までよく見える。

 山頂でお昼。今日はコンビニおにぎりと牛乳。冷やしぜんざいを持ってきたけれど、私は食欲がないのでパス。小てつさんに保冷剤を借りて首筋に当てる。

 あとはピストン。登りで気づかなかった花を見つけて、ラッキー。

 昨年とほぼ同じ時間で無事下山。後片付けをして出発。例の白鬚神社あたりの渋滞はなかろうと昨年渋滞で困った道を帰る。ところが今年はすいすいと。昨年は日曜日だったが、本日は土曜日ということが関係しているのか? いずれにしろ、早く帰れたのはよかった。

 家で打ち上げは山名酒造の「秋季冷やおろし・白露」。すっきりとやさしいお酒。

 昨年のように秋の花の饗宴ということにはならなかったが、夏エビネのおまけもついて花巡りもそこそこ楽しめた。小てつさん、いろいろとお心遣い、それにロングドライブ、ありがとうございました。