2020年8月の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年
【2009年
【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


52.[8月30日(日)]暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南陵(上林新道)→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→暮雪山多目的保安林駐車場

オオカニコウモリ キタヤマブシ 山頂 広谷 白いキタヤマブシ HS比良
ツルニンジン
イワギボウシ
 
 ミヤマウズラ
 
 マツムシソウ
久しぶりに武奈ヶ岳北陵を行く(武奈ヶ岳196回目)
 
 相変わらず酷暑の日が続くが、その中で、久しぶりに北陵を回ってトリカブト、キタヤマブシの様子を見てこようという本日の山行。

 JR志賀駅前で食料を調達し、儀式も済ませてイン谷口へ。8月最後の日曜日というためか、湖西道路はけっこう混んでいる。いつもの駐車場に到着したらほとんど満車状態。駐めにくそうな空いているところに車をねじ込む。

 広谷の渡渉が予想されるが暑いのでゲイターはつけず、出発。青ガレ下まで沢の方を見ながら歩いて行くが、水量は少ない。

 青ガレへ行くまでの水場でタオルクール。青ガレ下に着いて飲水休憩。すでに1時間経っている。

 8月24日に目をつけていたツルニンジンは開花していた。青ガレでまたしても「生駒のおねえさん」と出会う。われわれはバス到着よりも20分ほどは前に出ているのだが、バスで来られたおねえさんとここで出会ってしまう。まあ、おねえさんは若くて元気で速い。「暑くてこんな山登りは自虐的なんだけど、山頂の風を楽しみにして登っているんです」とおねえさんの言。同感。こちらは先に行ってもらって正面谷をゆっくりと進む。(実はこのあと山頂で再会する)。

 金糞峠に到着すると、風が吹き抜け汗に濡れた体を冷やしてくれる。今日は北陵をまわるロングコースなので先を急ぐ。

 ヨキトウゲ谷から小橋を渡って四つ辻へ。ここでこれからの急登に備えて糀甘酒を飲む。今日はアブが少ないのが救いだ。

 いつもはあまり人に会わない上林新道だが、今日は降りてくる人に3,4人出会う。愛想のいい人、悪い人さまざま。おそらく暑くならないうちにということで朝早く出発して11時過ぎの今下山をされているのだろう。

 コヤマノ岳到着。遠く鈴鹿や伊吹の山々は霞んでいるが、蓬莱などの比良山系はくっきりと見える。

 ここからは今日のルートで一番好きなところ。ブナ林のなかをコルに向かって降りていく。コヤマノ岳南陵の急登からリフレッシュした気分になる。

 さすが日曜日、山頂には何人かの姿が見える。木陰があるから多少涼しいだろうと思って歩きにくい夏道を登ったが、えぐれ道は風が通らず暑い。上から降りてくる人もいる。ということで、途中から冬道を使う。暑さは似たようなもの。しかしこちらはあまり上から降りてくる人はいないし、下がゴロゴロ石ではないので歩きやすい。

 かろうじて12時前に到着できた。と、そのとき「生駒のおねえさん」と再会する。もう昼食を終えて下山されるところ。しかも、登りは比良の王道で中峠、ワサビ峠で西南稜を登ってこられたとか。驚きいる。ワサビ平のトリカブト、キタヤマブシはきれいでしたとの報告をうける。

 われわれは今日は北陵をおりるので肩のところまでおりて、そこで昼食。パンと牛乳。北あるいは西からの風が心地よい。帰りの湖西道路の渋滞も心配なので、ゆっくり時間をとらずに出発。北陵で登ってくるハイカーに出会う。なんと北小松から釈迦岳、八雲、イブルキノコバ、広谷、細川越でここまで来たとか。
この人とはまた大山口で出会うことになる。

 北陵、細川越、スゲ原、広谷でトリカブト、キタヤマブシの観察を行う。スゲ原あたりのは葉っぱが黒くなっていて、トリカブトの花は見られなかったが、広谷へ行くと、咲き始めのトリカブトがきれいに咲いているのを見ることができた。なかには白いキタヤマブシもあり、あと1,2週間は楽しめるのではなかろうか。

 イブルキノコバを経て八雲へたどりつくと、石テーブルの前の石のところで見慣れた人が寝そべっておられた。山休さんだ。今日も神璽谷から登ってこられて、ここでゆっくりと時間を過ごしておられたようだ。花情報をいろいろ交換して、山休さんはミヤマウズラ観察のため金糞峠まわりで下山とのこと。ほっとすていしょん比良での再会を期して、ここでいったんお別れする。

 あとはゲレンデ跡から北比良峠、ダケ道で下山。大山口のところで、北陵で出会った人と再会する。あれから武奈に登った後、西南稜、ワサビ峠、中峠、金糞峠で降りてこられたとか。なんとロングコース。

 大山口の橋は直されていたが、水量も少ないので橋を使わず渡渉。山休さんを待たせると悪いので、大山口ではタオルを洗っただけで、駐車地に。着替えをすませ、HS比良に。先に着かれていた山休さんとかき氷を食べながら山談義、花談義。

 帰りの湖西道路はやはり渋滞していたが、秘密の迂回路を使って西大津バイパス、名神で1時間半ほどで帰宅。今日はビールで乾杯。

51.[8月26日(水)]8:10アルプス登山口8:25→富川道→10:52笹間ヶ岳11:15→富川道→13:08アルプス登山口

 登山口  富川道  富川道 サギソウ  山頂  山頂  比叡山遠望
ミミカキグサ(上)とホザキノミミカキグサ(下) 
はじめての笹間ヶ岳
 
 ユッキーのメル友Mさんから笹間ヶ岳の近況を聞いていたので、中一日の本日出かけることにした。

 京滋バイパスで石山まで行き、そこから南下して富川道の登山口近くに駐車する。4台ほど駐車できるが、奈良ナンバーのジムニーがすでに駐まっていた。シダが多そうなのでゲイターをつけ、虫除けを下半身に噴霧。体の上半身はブト避けにパーフェクトポーション噴霧。

 秋の気配はわずかにあり、今日は蒸し暑いことはなく、ときおりの風が実に気持ちよかった。

 道は金勝アルプスの道と同じようで、岩が多く、滑滝があり、足を滑らせないようにして登っていく。初めての山はわくわくする。
 
 途中で矢筈ヶ岳への分岐があり、笹間ヶ岳へはこれまで南東に向かっていたのを南西に向きを変える。このあたりが御仏河原で、以後、池を二つ通過し、大谷河原を経て西に向かう。アップダウンがあるが、たいしたことはない。あっという間に笹間ヶ岳の三角点と八畳岩に到着する。

 八畳岩にはハシゴで登る。岩の上からは見晴らしがよく、近くは瀬田川、南郷洗堰、遠くは比叡山、そして比良山系が見える。ピーク写真を撮って岩の端で昼食。今日はコンビニおにぎり。牛乳を飲む。
 
 食事後は今日はピストン。太神山や矢筈ヶ岳へもいつかは行ってみたいが(花があればの話)、今日ははじめてなのでおとなしく来た道を引き返した。登りの時には3,4人しか出会わなかったが、降りの時にはけっこう多くの人と出会う。中には15人のグループもいた。

 駐車地に着いたら、隣の奈良のジムニーはまだ駐まっていた。おそらく湖南アルプスをいくつか回っておられるのだろう。ただ、気がついたのは、道の傍らにけっこう多くの車が駐められていたことだ。早く出発できてわれわれはラッキーだった。

 帰りは途中で寄り道して買い物などしたが、2時半までには帰宅できた。うちあげは家でクボタのかき氷。写真の整理などして、シャワー。夕食時にはビールで乾杯。
 
 サギソウ、ヒツジグサ、ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサ、ミヤマウズラ、ノギランなどを観察した。


50.[8月24日(月)]暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南陵(上林新道)→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→暮雪山多目的保安林駐車場

イワギボウシ ダイコンソウ 青ガレ コヤマノクラウン コヤマノ岳 武奈ヶ岳 山頂
気の早いアキチョウジ
ヒヨドリバナ
ノギラン
ヤマジノホトトギス
ツルニンジンの蕾
武奈ヶ岳195回
 
 前回は八雲帰りとしたので今回はぜひとも武奈ヶ岳まで行かなければと中4日で出かける。

 今日は月曜日なのでいつものパン屋はお休み。そこで妹子の郷でコンビニおにぎり、ついでに儀式をすませる。駐車場に着けば8時過ぎで駐まっている車は2台。こんなものだろう。

 JR志賀駅前のパン屋でパンを買い、儀式をすませて、暮雪山多目的保安林駐車場へ。やっぱり水曜日なので車は少ない。いつものところで駐車。暑いのでゲーターを着けず、ストックを用意して出発。

 予報ではいいお天気のはずであったがガスがかかってきて曇り空。おかげでそれほど暑くなく、登ることができた。青ガレの途中で堂満のレジェンドMHさんが上がってこられた。金糞峠までご一緒する。今日も半袖、短パンでさっそうと登って行かれる。実に軽やか。山のこと、人生、いろいろと話をする。確か私より10歳年上のはず。はたして私は10年後このような姿で比良で遊ぶことができるだろうか。

 金糞峠で別れを告げ、われわれは金糞峠から降りてヨキトウゲ谷に進み、渡渉して四つ辻へ上がる。ここで糀甘酒を飲んで元気づけ。急登をコヤマノ岳に。東側琵琶湖の方は霞んでいて何も見えない。

 コヤマノ岳からはお気に入りのブナ林を通り、イブルキノコバ分岐からは今日は冬道で頂上に。われわだけで独占かと思いきや、2人昼食をとっておられた。山頂の南側、北側のトリカブトを写真に撮る。今年初めて。今咲き始めでこれから徐々に開花していくだろう。

 おにぎりを食べていたら、北の方で黒い雲がかかってきた。雷かと思ったら、これは饗庭野の大砲だろう。登るのに時間がかかったので北陵まわりで下山するのはやめてパノラマコースの予定だが、ゲレンデ跡で雷が来たらまずい。ともかく、八雲ヶ原まで一目散に駆け下りる。どうやら雷雲は八雲まで来ないようなので、ここでデザートの冷やしぜんざいを食べる。

 湿原で終わりかけのサギソウを見て、ゲレンデ跡を花を探しつつ登っていく。ロッジ跡からリフト駅跡までの坂道でセンブリが葉を延ばしているのを確認した。数は多そうなので秋が楽しみ。

 北比良峠からはいつものダケ道。降りるに従って温度は上がってくる。大山口でタオルを洗って汗を拭い、駐車地まで。すでに朝見ていた2台の車はなかった。冷房をつけ後片付けをして車に乗り込む。渋滞もなしで1時間弱で帰宅。 シャワーのあとは今日はビールで締め。ミヤマウズラと初物のトリカブトが見られて満足の山行だった。
 
   
 ミヤマウズラ  トリカブト


49.[8月19日(水)]暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→暮雪山多目的保安林駐車場

イワギボウシ ダイコンソウ 青ガレテラスから琵琶湖 金糞峠から奥の深谷へ オトギリソウ 北比良峠 HSひらにて
ミヤマウズラ
サギソウ
コバノギボウシ
ミヤマウズラ
花を求めて比良山系
 
 酷暑が続くが、今行かないと見逃してしまう花もあるので、最初から武奈には行かず、八雲帰りとして出発。

 JR志賀駅前のパン屋でパンを買い、儀式をすませて、暮雪山多目的保安林駐車場へ。やっぱり水曜日なので車は少ない。いつものところで駐車。暑いのでゲーターを着けず、ストックを用意して出発。I(アイ)ちゃんの車を見かける。すでに出発されているようだ。

 今日は蒸し暑さが少ない。湿度は低そうだ。そう言えば、昨晩はかろうじて熱帯夜にはならなかったようで朝は比較的涼しかった。

 イン谷口の住人KBさんはすでに剣へ出発されたよう。2ヶ月ほどの避暑。青ガレまでの水場でタオルクール。気持ちがよい。青ガレ下まで来たときに青ガレを登りかけたアイちゃんを発見。青ガレテラスで会いましょうと先に行ってもらう。青ガレテラスで「お久しぶりです」ということになる。ミヤマウズラを写真に撮り、ゆっくりと正面谷を登っていく。

 途中のアケボノソウ、ダイモンジソウの生えているところで、今年はどうなるだろうと観察。数は少なさそうだ。いつもよりは休憩を多くしてゆっくり登っていったので、時間はかかったが、しんどさは免れた。このところ正面谷を登る際には曇り空が多かったが、今日は晴れて気持ちがよい。ときおり風が通ると、この風の心地よいこと。

 金糞峠に到着し、休憩の後、奥の深谷を遡行する。比良の仙人さんこと、上林さんの話や、昔の比良の話を超ベテラン、アイちゃんから聞きながら、沢のそばをゆっくりと登っていく。橋は流されたままだが、水量が多くないので、難なく渡渉できる。途中ツルリンドウを見ようと思っていたが、蕾はいくつか確認できたがまだ咲いているのにはお目にかからなかった。

 八雲の湿原に来て、サギソウを鑑賞する。時の経つのを思わず忘れるほどである。

 さて、八雲の石テーブルで昼食。ルゥタのパンと牛乳。糀甘酒も飲む。時折吹く風が肌に心地よい。いつもより時間をとった。しかし、いつまでもここにいるわけにはいかない。

 今日はゲレンデ跡で花探し。コバノギボウシ、ミミカキグサ、オトギリソウ。そのあとは北比良峠ロッジ跡から駅舎跡、北比良峠でダケ道。予定よりはすこし遅くに駐車地に到着。アイちゃんご苦労様でした。生活、病気、人生、昔の比良と話は多岐にわたり、いろいろ勉強になりました。

 われわれはこのあとHSひらに直行。かき氷。お土産にプリンとお味噌を買って帰路に。山を歩き、花を楽しみ、友と語らい、楽しい一日でした。しあげは山名酒造の「夏にごり」。鰹のたたきで乾杯。

48.[8月12日(水)]伊吹山8合目駐車場→山頂→表登山道→上野登山口

シシウド キオン シモツケソウ 頂上・三角点 コオニユリとシモツケソウ 2合目 ノカンゾウ
オオヒナノウスツボ
 クガイソウ  
カワラナデシコ
イブキジャコウソウ
ヒオウギ   
伊吹山の花鑑賞
 
 okaokaさんが8月3日に出かけられた伊吹山へ9日後、本日出かける。同じようにして登りは関ヶ原からバスを利用する。1050円。乗客はわれわれをいれて最初6人(内、大垣からの乗客が3人)、途中で3人乗ってこられて、計9人。上に行けば行くほどガスってくる。

 駐車場に着いて、準備をして、ゲートで協力金を払い、早速西登山道をゆっくりと登っていく。一年に一度出迎えてくれる花また花。写真を撮りながらであるのでなかなか前に進めない。花に関心のない人はどんどん抜いて行かれる。さまざまな手入れ(たとえば鹿よけ)のおかげで、少しずつ花が増えている。保護区のシモツケソウはまさにピンクの絨毯。

 山頂の売店で伊吹牛乳を買い求め、三角点近くのベンチで昼食とする。パンを京都駅で買ってきている。三角点近くの一応保護区になっているところ、今年は花が全くなかった。西登山道では少しずつ増えて回復しているのにこれはどういうことなんだろう。

 14時30分上野登山口発のバスに乗るためには12時には山頂を離れなければならない。8合目駐車場を10時20分に出発したから1時間40分の山頂滞在ということになった。

 あとは降るだけなのだが、8合目あたりまでは急坂で、しかも、雨で土砂が流れて石ころだらけで歩きにくいことおびただしい。うっかり滑れば石、岩に体を打ち付けそうなので、慎重に降る。このため時間がかかる。おまけにまだ登ってくる人がいるので待ったり、道を譲ったりしなければならないし、落石もこわい。ガスっていた空も太陽が顔を出し始めた。これで暑くなる。しかも、3合目までは花なし。5合目の茶店は閉まっていた。

 3合目の保護地に来てノカンゾウやヒオウギを見ることができた。しかし、ゆっくりもしていられない。そんなわけで昨年okaokaさんに教えてもらっていたシデシャジンを見に行くことができなかった。

 あとは2合目、1合目と進み、三之宮神社の登山口に到着。ここでまた伊吹牛乳を買い求める。バスまで15分ぐらいあり、着替えをしてバスを待った。上野登山口から近江長岡駅までバスに乗る。近江長岡駅で18分待つ。あとは米原で乗り換え、京都駅まで。草津あたりで雷、夕立。これは大変と近鉄丹波橋でザックカヴァーを着け、傘をとりだしたが、駅を出る頃には雨は上がっていた。

 5時過ぎには帰宅できた。シャワーのあとは今日はビールで締め。

47.[8月9日(日)]暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→東レ新道→堂満岳→南比良峠→大橋→奥の深谷→金糞峠→正面谷→暮雪山多目的保安林駐車場

青ガレ ハナイカダ 堂満岳 毘沙門岩 奥の深谷 ダイコンソウ
ミヤマウズラ
(photo by H)
ホツツジ
ママコナ
ミヤマウズラの確認に
 
 比良山系へは1週間後の今日、1年ぶりにマラソンランナーH氏夫妻と出かける。ほぼ曇り空で強い日差しが注ぐということはなかったが、湿度が高く正面谷、東レ新道ではバテバテだった。

 名神から大津バイパスが渋滞し、約束の時間に遅れてしまった。先に着いていたH氏から駐車場の様子の連絡が入り、トイレ前まで進むことができた。ほぼ、満車状態。さて出発と思っていたらChさんとお会いする。先週の日曜日、バテバテだったのでそのリヴェンジとか。

 たくさん車があるが、われわれが登っていくときは長い列になっていることは全くない。密は回避されている。湿度が高く汗が噴き出てくる。水分補給はしているのだが、熱中症になりかけではないかと思われるほど、足が進まない。

 金糞峠にやれやれという感じで到着。今日はここから東レ新道で堂満岳に。今年はシャクナゲの季節には自粛で来られなかったなあと思い出す。東稜道ほどではないが、やはり登りはきつい。何回も休みながら堂満岳に。登りはじめから3時間かかってしまう。

 堂満岳の山頂はなぜかいつもアブが多い。おまけにブトも来ている。もう少し落ち着けるところということで、昼食は南比良峠で行うことにする。

 さて、ここからは本日のちょっとした冒険。登山道ではなくて直接尾根を降りることにする。まずは大岩を目標に降りる。そこから尾根の東側のはしを降りたいのだが、ブッシュがあり、ちょいと面倒。やむをえず右手の西側のブッシュがないところを降りていった。木に捕まりながらのかなりの斜面。結局、もう少し南比良峠に近い登山道に降りたかったのだが、やや手前で登山道に降りた。これは今後の宿題。

 南比良峠で昼食。なぜだかアブは見なくなった。われわれの今日の昼食はコンビニおにぎり。牛乳。H氏夫妻からはコーヒーを頂き、われわれは冷やしぜんざいを提供。やっと落ち着いた。

 南比良峠からは大橋まで降り、そこから涼しい奥の深谷コースで金糞峠に。奥の深谷では釣りをしている人を2人見かける。金糞峠から南比良峠、さらに金糞峠まで、この2人以外誰にも会わず。渡渉ヶ所2ヶ所では橋が流されており、渡りやすそうな浅瀬を選んで渡渉する。

 金糞峠からは正面谷を慎重に降る。けっこう筋肉を使うので降りでも汗が出る。最後青ガレを注意して降りれば、ほっとする。あとは駐車地まで。Chさんにまた会う。いつもこの時期信州に行っておられるChさん、暑さに参って八雲帰りであったとのこと。

 6時間30分ほどの山行だった。ここからは湖西道路で迂回路を使ったので、ほとんどいつもの時間で帰宅できた。武奈と違って堂満はやはり近い。

 今日のうちあげは山名酒造の「純米生酒ささ澄み」。すっきりしたお酒で米のうま味もある。

 ミヤマウズラは一株がようやく咲き始めたところで、他の株はまだまだこれから。1週間から10日ぐらいあとか。生育状況まだまだ目が離せない。

 マラソンランナーH氏夫妻、ご苦労さまでした。今度は紅葉の季節に。
 

46.[8月5日(水)]坂本・大宮観光駐車場→大宮谷林道→横川→せりあい地蔵→玉体杉→峰道→西塔→東塔→無動寺谷→無動寺坂→坂本・大宮観光駐車場

日吉大社 ヤマジノホトトギス マルミノヤマゴボウ ダイコンソウ せりあい地蔵 玉体杉から比叡山 箸塚
キツネノカミソリ
キツネノカミソリ
イワタバコ
ウバユリ
ゲンノショウコ
ゲンノショウコ
キツネノカミソリ、イワタバコに会いに

 
最高気温が体温かそれ以上になるという予報が出ている今日、山の花に会うために家を出る。いつもの駐車場で準備をする。コースに渡渉が箸塚を除いてほぼないのでゲイターはつけない。

 日吉大社の鳥居横の階段を登り、林道入り口で右手の林道に入る。この道は歩きやすく、ゆっくりと歩いて横川へと導いてくれる。
 

 また、ゆっくり歩きが花探しに役立つ。トレラン風に走っていては決して花は見つからない(年齢のせいでゆっくりになっている言い訳と違うんかい!)

 まあ、考え方はいろいろです(どうも洛西オヤジ風になってきました)。それで、キツネノカミソリに会うことができた次第。一番の別嬪さんから少しおち、色があせ始めたのが多かったが、これだけの数に会えたのは大収穫だった。

 横川に入ると元三大師堂(四季講堂)には寄らずに横川のバス停に。ここからは東海自然歩道で尾根道をアップダウンを繰り返しながらせりあい地蔵、玉体杉と峰道を歩く。さて、どこでお昼にしようかと思いながら、南へ歩を進める。西塔の釈迦堂を経て、浄土院、阿弥陀堂、時間の関係で大比叡に寄るのをあきらめ、東塔の根本中堂の前の「一隅を照らす会館」に辿り着く。ここで昼食。今日はコンビニおにぎり。自家製ケーキと牛乳。

 今日はロングコース。よっぽど疲れれば坂本ケーブルとも考えている。昼食後、まずは坂本ケーブル延暦寺駅に。ここも東海自然歩道で明王堂、弁天堂へと降っていく。これだけ降れば、しんどいから登り返してケーブル駅まで戻ってケーブルで降りようという気にはならない。

 目的のイワタバコに会えて、大満足。以前こんなにあちこちにあるとは思わなかったのだが、今日は一杯。写真を撮って、玉照院から箸塚に降りる。ユッキーの気に入っている場所だったのだが、なんと大荒れで、水の流れが変わっていた。おまけに立派な橋までも。この前来たのはいつだったのだろう。

 ここからは無動寺坂。降りの中で2,3ヶ所登りがある。これがつらい。汗は出る、喉は渇く。延暦寺境内で水は一本買い足してあるので不足することはないが。琵琶湖病院の駐車場が見えてきて、もうあと少し。通りを間違えてロスしたが、無事駐車場のところに戻った。電車で来るときには「甘味処・うえだ」に寄るのだが、駐車場は少し離れているので、今日はパス。

 帰りも渋滞はなく、早めに帰宅。写真の整理をして、シャワーを浴び、ビールで乾杯。それほど疲れはしなかったが、7時間の歩き、34000歩をわが万歩計は刻んだ。

 花の開花時期と山歩きを合わせるのはいつも苦労するところだが、今日のキツネノカミソリ、イワタバコに関してはほぼぴったりだった。 

45.[8月2日(日)]暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道(コヤマノ岳南陵)→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→暮雪山多目的保安林駐車場

青ガレ ハナイカダ リョウブ ホツツジ イブルキノコバ分岐 武奈ヶ岳山頂 HSひらにて
八雲ヶ原にて
(写真ヨネチャン提供)
 
ヤマジノホトトギス   
トンボソウ
コナスビ
オトギリソウ
ミヤマウズラの蕾
8月最初の武奈ヶ岳

 
武奈ヶ岳登頂200回まで着実に回数を伸ばさなければならない。150回の時には12月に入り、バスもないというような時期になったので、200回はなんとかして11月までにと考えている。さらにもう一つヨネチャンの記念登山とできれば合わせたいとも思っている。
 

 昨日は私に用事があったため本日の山行。出合橋のところですでに満車状態。これはトイレ前までは行けないだろうと考え、ゆっくりと進む。そうすると別荘、釣り堀跡の下の少し広くなっているところにChさんの車が見えた。隣に駐めさせてもらう。「お久しぶりです」ということになる。

 Chさんと一緒に出発し、金糞峠までご一緒。天気予報と異なり、午前中から曇りで蒸し暑い。汗が噴き出てくる。こういうときは疲れも倍加する。青ガレをあがったところで、また、「生駒のおばはん」に会う。Chさんを紹介する。

 ようやく金糞峠に到着。2時間弱。Chさんにポンポン山やあちこちの山の花情報を教えてもらう。ここからChさんは比良の王道で武奈にというコース。軟弱なわれわれは結局コヤマノ岳南陵の最短コースで行くことにした。金糞峠でぱらっと雨が来る。ヨキトウゲ谷から小橋で四つ辻に上がり、そこで一服。元気づけの糀甘酒を飲む。


 しんどい、しんどいと言いながら急登をゆっくりと進む。コヤマノ岳に到着。ガスに覆われ蓬莱山のあたりは全く見えない。ブナ林を降ってイブルキノコバ分岐のコルに来て、武奈ヶ岳を見ても山頂は全く見えない。

 山頂に到着してピーク写真のあと昼食場所を決め食べ始めようと思っていたら、西南稜にChさんの勇姿が見える。われわれは最短コース、Chさんはロングコース、しかし山頂到着がほぼ同じとは。今日のわれわれは「るぅた」のパン二つと牛乳、自家製ケーキ。

 さて、出発しようかと思っていたら、なんと、神璽の谷経由で山休さんが山頂に到着された。こちらもお久しぶりですということになる。いずれもHP、ブログで動向が分かっているので、あまり「お久しぶり」という感じがしない。八淵の滝から登ってこられたヨネチャン、しーちゃん、Kさんと1時に八雲で会うと言っていた山休さん。今もう1時。われわれ3人は先にパノラマコース経由で八雲ヶ原に。石テーブルの横の石のところでヨネチャン、しーちゃん、Kさんは食事を始められていた。

 しばらくすると山休さんも武奈から降りてこられた。なんと速い。全員そろったところで記念撮影。なんだか段々暗くなってきた。と思う間もなく、雷鳴が轟き、雨が降ってきた。みな思い思いにカッパを出し、傘を出して出発。高い木の下は落雷の恐れありということで気をつけながらクマさん道で北比良峠に。北比良峠駅舎跡に来ると雨もあがってきた。しかし、やたらとブトにアブの攻撃。虫除けを噴霧したり、ネットを取り出したりとなにかと忙しい。

 ダケ道ではヤマジノホトトギスを一輪発見したり、トンボソウを発見したりと、長い道も少しだけ癒やされて大山口まで辿り着いた。ここでもまた浅瀬をジャブジャブ。イン谷口の住人KBさんは、テントを片付けられていた。明日には剣へ出発とか。お元気で。

 駐車地で、われわれの車、Chさんの車、山休さんの車でHS比良に。全員かき氷を注文。しかも全員柚子シロップで。

 帰りは迂回コースで。Chさんがリーダーで、われわれと山休さんの車が後に続く。湖西道路を渋滞していたが、迂回して1時間半ほどで帰宅。多分そのままだったら2時間はかかっただろう。今日の打ち上げは山名酒造の「Hyogo Sake No.85」で締め。やや辛口のすっきりした味。

 梅雨も明け、いよいよ夏山。
暑いけれども、またいろいろと楽しみあり。次はどこへ行こうか。