2020年7月の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年
【2009年
【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


44.[7月22日(日)]暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道(コヤマノ岳南陵)→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→暮雪山多目的保安林駐車場

第1ルンゼへの登り口 青ガレ 青ガレテラスから琵琶湖 四つ辻への小橋 コヤマノ岳南陵 コヤマノクラウン 武奈ヶ岳山頂
オトギリソウ  
クサアジサイ
ノリウツギ
トリアシショウマ
タマガワホトトギス
梅雨の晴れ間で武奈ヶ岳

 
木曜日からの連休は天気が悪いのに対して今日は山日和の天気。出かける候補はいろいろあったのだが、やっぱり武奈でしょうということになる。日曜日と比べて今日はさわやかで、汗もあまりかかず。

 JR志賀駅前のパン屋で食料を調達し、山行の儀式を済ませてイン谷口へ。水曜日ということもあり、日曜日と比べれば駐車している車の数はうんと少ない。朝起きてからばたばたしていて到着は日曜日より20分ほど遅くなった。アイちゃんの車も駐まっていた。下山して来るまで会わなかったので、さてさてどこへ行かれたものやら。

 イン谷口の住人KBさんのテントはまだある。今日はその隣にもう一つテントがあった。お客さんでも来られているのか。

 蒸し暑さがなくときおり風も吹くので快調に青ガレへと歩を進める。青ガレから正面谷をひたすら登っていく。
迂回するところには赤い印がつけられていた。金糞峠に到着して、さてさて、どの道を行こうかということになり、久しく行っていなかったヨキトウゲ谷道を行くことにした。


 途中橋が流されていてkol-yosioka さんは靴を脱いで渡渉したとの報告がヤマレコであったが、現場に来てみて、踝くらいまでならいいだろうとじゃぶじゃぶと靴のままで渡った。防水の靴とゲイターをつけているので、特に困るということはなかった。四つ辻への小橋まで2ヶ所橋は流されていた。幸いなことに四つ辻への小橋は無事だった。ジグザグ登って四つ辻で休憩。ここまで青ガレ下で1回目、金糞峠で2回目、そして四つ辻で三回目の休憩ということになる。ここでさらに甘酒を飲んで、これからの急登に備える。

 新道と名の付くところは早く登れていいのだが、急登であることが多い.ここもその例にもれず。平らなところが三ヶ所あり、下から第1ステージ、第2ステージ、第3ステージと呼んでいるが、第2ステージからブナの木が見えてきてほっとする。

 コヤマノクラウンからコヤマノ岳、そして武奈ヶ岳。今日は西側で昼食とする。パン2個、牛乳、そして自家製蒸しケーキ(煎茶と小豆)。昼食休憩15分として出発。下山はイブルキノコバ経由とする。3日前に確認したタマガワホトトギスの花はもう終わっているが、あらたに咲いているのを発見。これから夏の時期、見られる花の種類は限られている。

 イブルキノコバから八雲ヶ原。石テーブルでしばし休憩。そこから今日はゲレンデ跡、ロッジ跡の道。ロッジ跡から駅跡までの崩落して細くなっているところはますます細くなっている。

 北比良峠からはダケ道。大山口に着いて、ほっとする。ここも橋がないので、浅瀬と石を選んでジャブジャブ。駐車地に戻る。今日は早く帰りたいのでHS比良はパス。日曜日とは異なり、渋滞もほとんどなく湖西道路から名神で帰宅した。

 帰宅して冷凍バナナで元気をつけ、シャワーのあとはビールで乾杯。帰りの北比良峠へ登る道とダケ道では疲れもだいぶたまっていたが、全体としては快適な山行だった。次はどこへ行こうか。

43.[7月19日(日)]暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→暮雪山多目的保安林駐車場

ハナイカダの実 正面谷崩落地 ヤマアジサイ 武奈ヶ岳 山頂で、
ヨネチャンと(y)
大山口 かき氷とおはぎ
(HSひら)
トリアシショウマ  
ダイコンソウ
タマガワホトトギス
オオバキスミレ
オオルリソウ
月に一度は武奈詣で                    写真(y)=ヨネチャン提供

 
今月は雨のためにまだ武奈に出かけていない。梅雨の晴れ間を利用して武奈に出かける。雨は降らなかったが、曇りの一日だった。蒸し暑く風がないため、汗はだらだら。

 JR志賀駅前のパン屋で食料調達、儀式を済ませる。駅前の駐車場では釣り客がチラホラ。暮雪山多目的保安林駐車場に到着すると結構な数の車が駐車していて、われわれのお気に入りのところはすでに車が駐められていた。ゲイターをつけ、ストックを出す。

 ゆっくりと歩き始める。

 青ガレまでの崩落地のうち1ヶ所は倒木を切るなどしていただいていて通りやすくなっていた。第1ルンゼの登山口の堰堤下は回り込みが必要。

 青ガレへ登る渡渉ヶ所の水量は1週間前と比べると随分と減っていた。青ガレ途中にあるハナイカダは花のあとの実が面白いのだが、葉っぱの大半は虫食いにやられ、実もなくなっていた。

 暑いのでなかなか脚が進まない。どんどん他のハイカーに先に行ってもらう。生駒のおばはんもその一人。正面谷では第2の青ガレというか左のほうからの崩落がすごい。あらたに道らしいものができている。汗まみれよろよろになりながら金糞峠に到着する。ここからは奥の深谷で八雲ヶ原へ。いつも見ているナツツバキももう花を落としていて、残っているのを発見したのはようやく1輪のみ。

 八雲ヶ原からはイブルキノコバ。ここでヨネチャンが八淵の滝経由で来られたのに出会う。金勝アルプス以来。そして今日の目的の一つ、タマガワホトトギスを探して一緒に登る。沢沿いに咲くこの花は水で流されることが多く、なかなか同じ場所では咲いてくれない。数は少ないが、タマガワホトトギスを発見できてほっとした。

 4時間以上かけてようやく山頂に到着。昼食はパンと牛乳。自家製ケーキ。

 ユッキーは広谷のナツツバキに未練があったが、時間も時間なので、パノラマコースで八雲ヶ原へ。ここでオオバキスミレがいくつか咲いていてカメラに収める。あとは、クマさん道で北比良峠、ダケ道。今日はダケ道も川の中を歩くというようにはなっていなかった。大山口の橋は水没したままだが、水量も少なくなってきたので渡渉に手間取ることはなかった。

 ヨネチャンを乗っけて、一路HS比良へ。まずはかき氷。そして珍しくおはぎが残っていたので、おはぎをひとつ頂く。もうじきおはぎもなくなるので、土産に買い求める。

 まあまあの天気の日曜日。5時をまわると車の数も多くなる。湖西道路、途中で降りて、大回りをして再び湖西道路に乗る。渋滞のあのままだと2時間はかかっただろうが、エスケープルートで1時間30分くらいで帰宅できた。

 シャワーのあとは、山名酒造の「ささ澄み・生原酒」で締め。きりっとしたお酒。8時間、よく歩いた。

42.[7月12日(日)]暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→暮雪山多目的保安林駐車場

青ガレまで 青ガレまで ノリウツギ ヤマアジサイ 北比良峠 大山口 大山口
 
トリアシショウマ ムラサキシキブ
オオルリソウ イブキジャコウソウ
オニノヤガラ
雨の中を八雲ヶ原まで

 
梅雨の間、曇りの天気予報で武奈を目指して出かける。豪雨のあとで道がどれほど崩れているか分からないので、八雲帰りでもよいとの覚悟で、雨の用意はしっかりとして出発。湖西道路のネムノキの花も終盤にさしかかっている。

 JR志賀駅前のパン屋で食料を仕入れ、儀式を済ませ、イン谷口に向かう。

 曇り空の天気なのに車はけっこう多く駐車している。その中でアイちゃんの車も駐まっていた。アイちゃんと少し話をする。kol-yosiokaさんも来られているとかで今日は金糞峠までかなと話しておられたとのこと(今日ヤマレコを見たら結局堂満まで行かれた)。

 ゲイターをつけストックを出し出発。イン谷口の住人KBさんにご挨拶。今回の豪雨は半端なものではなく、川の色は一日たってももとに戻らず濁流のままであったとのこと。先行したアイちゃんにすぐに追いつく。
2週間ぶりの山行でしんどいとのこと。

 青ガレに着くまでに豪雨の影響はあちこちで出ていて、石や土砂が登山道になだれ落ちていて、工夫しながら登っていく。3人で青ガレ下まで。するとここに堂満の主MBさん登場。結局この4人で八雲ヶ原まで行くことになった。

 MBさんからは昔の話をいろいろとお聞きしながら登っていく。青ガレの途中で雨がやや強くなってきたので、ザックカヴァーをつけ、レインウェアを着込む。

 正面谷でも影響は出ている。一番大きかったのは第2の青ガレのような左手から崩れているところ。やはり、石と砂が落ちてきて、これまでの道を覆い隠していた。

 金糞峠まで2時間以上かかってしまった。今日は八雲帰りとする。4人で奥の深谷を八雲へと進む。途中2ヶ所ほど橋が流されていて、内1ヶ所では渡渉に手こずった。4人それぞれなるべく水深の浅いところを選んで渡る。靴はしっかりと防水してくれるもの、それにゲイターは必須。しかし、MBさんはこの40年間夏はこの恰好だというハーフパンツに脚はむき出し、トレラン風の浅い靴でじゃぶじゃぶと渡る。

 ここでも豪雨の爪痕は残り、いまだに水量が多い。いろいろ冒険を重ねながら、八雲ヶ原に着いた。MBさんとアイちゃんとは再会を期してここでお別れする。われわれは八雲ヶ原をうろうろと歩き回り、石テーブルの隣で昼食。雨は止むことはない。

 昼食後はクマさん道で北比良峠へ。そこからダケ道。ダケ道でも腐った太い木の幹が道を塞いだりするところがあったが、さらにすごかったのは、Wさんが登山道と水路を分けてくださっていたにもかかわらず、あまりの雨量ゆえ、登山道が水路になっていてそれこそじゃぶじゃぶと石で滑らないように気をつけながら降った。そしてハイライトは大山口の橋がずれて水没し、使えなくなっていたことだった。ここでも、浅いところを選んで渡渉した。

 駐車地に着いて片付けをしてHSひらへ向かった。ユッキーは2ヶ月ぶりか。5時前に帰宅して、後片付け、シャワー。打ち上げは愚息にもらった愛知県の「蓬莱泉」。飲み応えのあるお酒だった。

41.[7月5日(日)]大宮川観光駐車場→大宮谷林道→元三大師堂→三石岳→日吉大社→大宮川駐車場

日吉大社 ユキノシタ ヤマゴボウ 元三大師堂 三石岳 ヤマアジサイ アカショウマ
 
ムラサキシキブ ヒメレンゲ 
 
カキノハグサの実 エイザンギク 
 
ノリウツギ イケマ 
   
ネジバナ  ムラサキニガナ 
キツネノカミソリの生育状況を見に出かけたが・・・

 
梅雨の間のつかのまの曇りの日。さまざまな天気予報を見ても、予報はばらばら。なんとか降らない予報を選んで(?)出かける。ユッキーは比良に行きたいと言っていたけれど、もし降ってきたらどうしようもないので、今日は近場の比叡山・横川に。大雨になったら坂本ケーブルという手もある。

 8時前に駐車場に着いたら、トレラン風の男女数名が大きな声で話をしながら準備している。車はそれだけ。遠く離れて車を駐める。

 今にも降りそうな天気で、今日は雨のフル装備をもってきている。傘もザックに入れている。ゲイターをつけ、虫除けを噴霧して出発。

 日吉大社の鳥居の前を過ぎ、比叡山高校の横の階段を登る。さすが穴太衆の町、坂本で、ユッキーはこの階段の段差の絶妙さにいつも感心する。そうこうするうちに本坂と大宮谷林道の分岐となる。大宮谷林道に入る。

 下を流れる大宮川は前日の雨のため、ごうごうと音を立てている。林道の最初の部分には花はほとんどない。蒸し暑く、もくもくと登っていく。このあたりは左手の崖から落石があるところがあり、それだけは注意して歩く。衣掛岩を過ぎ、次第に大宮川に近づいてくると、いよいよ花探しの登りとなる。

 そうこうするうちに霧雨のような弱い雨が降ってきた。ザックカバーをするほどでもないので、そのまま進む。ブトがうるさいので帽子に虫除けをつけてネットをかぶる。

 クリンソウ、コアジサイ、ユキノシタももう終わり。 カキノハグサも実になっている。

 なんだかんだと花探しに夢中になっている間に、今日の目的だったキツネノカミソリの生育状況観察を忘れてしまった。

 元三大師堂の前のベンチで昼食。コンビニおにぎりとお茶。甘納豆と牛乳。

 さて、帰りをどうしようか。見落としてしまったキツネノカミソリを確かめるためにはピストンということになるが、それもなあ、ということで、三石岳経由で帰ることにした。もうこの道も慣れたもの。

 三石岳に寄り、八王子山を避けて日吉大社に降り、駐車場に14時に帰ってきた。約6時間の歩き。あとは名神で帰って15時前に帰宅。家でクボタのアイスキャンデーを食べて打ち上げ。シャワーのあとは山名酒造の「Hyogo Sake No.85」で締め。すっきりしたお酒。