2020年6月の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年
【2009年
【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


40.[6月27日(土)]一丈野駐車場9:01→北谷線→落ヶ滝線→落ヶ滝→落ヶ滝線→縦走路→天狗岩→耳岩→天狗岩線→沢ルート→桐生キャンプ場→オランダ堰堤→14:56一丈野駐車場(写真提供:Y=ヨネチャン、M=Mさん)

落ヶ滝 キンコウカ モウセンゴケ ノギラン 岩場 天狗岩をバックに 天狗谷線分岐で
カキラン
ジガバチソウ(Y)
コバノトンボソウ(M)
キンコウカ、カキラン鑑賞に金勝山へ

 
6月恒例の金勝山へヨネチャンを誘って出かける
ヨネチャンはKさんを誘われ、計4人で。近鉄竹田駅での集合時間をメールで2通り言ってしまうミスを私が犯したため、ピックアップの時間で混乱を招いてしまった。(ヨネチャン、Kさんすみませんでした)。まあ、しかし、予定より30分ほど遅れただけで無事駐車場に到着した。6月までは土、日のみ700円の駐車料。7月からは曜日を問わず700円。

 土曜日だからか9時過ぎでもすでに満車一歩手前の状態。車の数の多さには驚いてしまった。

 入山の儀式を済ませ、まずは北谷線。そこから落ヶ滝線に入る。落ヶ滝へは分岐で渡渉して登っていく。途中で地元のハイカーに会い、ヨネチャンが声をかける。山への志向性がわれわれと同じようで、このMさんも加わり、5人のパーティーとなる。滝はそこそこ水量あり。驚いたことに、キンコウカが少ない。終わっているのもある。

 分岐に戻り,緩やかにあるいは大岩を慎重に登っていく。途中の湿原のようなところにカキランがある。こちらはけっこう旬な感じ。写真に撮りにくいモウセンゴケも小さな花を開いている。コバノトンボソウは一杯あった。

 十分お花を見て堪能して稜線に上がる。ここからは天狗岩の方向に。

 昼食をどこにしようかということで、天狗岩のトップすぐ下の平らなところで、とヨネチャン提案して下さったが、高所恐怖症の私には無理なため、仕方なく、天狗岩の下の登山道近くでとることになる。

 メールアドレスの交換等をしながら楽しく食事。われわれの今日はコンビニおにぎりとお茶、甘納豆と牛乳。

 さて、下山。昨年からわれわれは耳岩からの天狗岩線で下山している。こちらの谷コースだと、花はあるし、早く駐車場のところに戻れるし、ロープとザレ場で遊べるし(神璽谷の蟻地獄のよう)、というのが理由である。ヨネチャンもこちらで降りましょうということで、天狗岩線で降りる。昨年はこのルートでササユリが何本か見られたのだが、今年はもう終わってしまっていた。これだけは残念だったが、他のお花はいろいろとあり。

 桐生キャンプ場のところに降りてしばらく進むと南谷林道と合流し、オランダ堰堤を経由して駐車場に戻った。途中のオランダ堰堤のところでは真夏のように家族連れがバーベキュー、水遊びで大賑わいだった。

 新名神、名神で京都南インターで降り、近鉄竹田駅までヨネチャンとKさんを送って、無事帰宅した。

 シャワーのあとは、愚息の誕生日祝いで、ビーフステーキとビールでうちあげ。

 

 

39.[6月24日(水)]暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→暮雪山多目的保安林駐車場

ササユリ イワキンバイ 武奈ヶ岳山頂 ヤマボウシ コアジサイ街道 ハンショウヅル オオバアサガラ
イブキジャコウソウ
ニガナ
ササユリ
ギンリョウソウ
 
オニルリソウ 
 
 クモキリソウ
ユッキー1ヶ月ぶりに比良へ

 北陵のコハクウンボクを見たいというユッキーの希望で武奈に行き北陵まわりで下山しようということになった。一日曇りで時折日が差した。雲の多いときには雨が降るのではないかと思わせるほどの空であった。

 JR志賀駅の前のパン屋で食料を調達し、入山の儀式を済ませる。驚いたことに駐車場には5,6台の車が駐まっている。すでに出発されたようだ。われわれも急いでゲイターをつけ出発。ユッキーは1ヶ月ぶりの比良ということで、不安を訴えるが、まあゆっくり無理せず行こうとなだめる。

 不安解消の一番いい薬は花。正面谷で4輪もササユリを発見した。すでに花びらが落ちているのもあったが、きれいに咲いているのもあり、満足。正面谷を登っている時アイちゃんの姿を上の方に見たので声をかけ、金糞峠で情報交換。金糞峠近くのジギタリスは終わりかけであったが、その後ろの岩肌にイワキンバイを発見。6月8日私が単独で来たときには咲いていなかった。

 コヤマノ岳までご一緒しますということで、金糞峠からは三人で。ヨキトウゲ谷から小橋を渡って四つ辻へ。四つ辻で麹甘酒を飲む。太陽がそれほど差さないので比較的涼しい。コヤマノ岳南陵にはこれという花はない。ひたすら登るだけである。ただ、コアジサイが咲いていて、いい香りを放っている。イブルキノコバのあたりはもっと群落になっているから、そこで写真を撮ったらと言うが、ユッキーは南陵のコアジサイに感激してやたら写真を撮る。無理もない、久しぶりの比良だから。第3ステージを過ぎるとブナ林となり、この新緑も心を和ませてくれる。

 最後にコヤマノクラウンで、コヤマノ岳到着。この先でアイちゃんとはお別れ。またいつかご一緒に。

 イブルキノコバ分岐まで来ると武奈ヶ岳まで20分ほど。山頂近くのアカモノももう終わってしまった。

 山頂には4人ほどのハイカー。今日は東風が強いので西の方に座って昼食。パンと牛乳、自家製抹茶ケーキ。

 さて、いよいよ北陵。コハクウンボクの花が見当たらない。どうも今年は裏年のようだ。ヤブデマリももう終わってしまった。細川越からスゲ原へ。ここはユッキーの好きなオオバアサガラの道。咲いていました。

 スゲ原、広谷のヤブデマリは最終段階か。咲いているのもあるが、終わってしまったのもけっこう多い。ユッキーは何度も「浦島太郎や」とため息をつく。自粛で県境を越える比良には行かず、それに、ドクターストップがあったのでブランクは大きい。

 広谷からイブルキノコバ、そして、コアジサイ街道を経て八雲ヶ原へ。ここでまたササユリ探索を行い、池のモリアオガエルの卵塊を見て、ヒツジグサを撮って、熊さん道で北比良峠に。ここでイブキジャコウソウ。あとはダケ道。今は見るべき花もないので黙々と降る。

 久しぶりのユッキーの比良、あちこちの写真撮影、等ですっかり時間がたってしまった。4時30分ではHSひらに寄っていくこともできずと、そのまま湖西道路に乗る。途中混み始めたので抜け道で行く。まあなんとか6時前に帰宅できた。

 シャワーのあとはビールで乾杯。武奈ヶ岳191回目の本日の山行だった。

   

38.[6月21日(日)]マキノ林道→黒河峠→三国山分岐→明王ノ禿→三国山分岐→黒河峠→マキノ林道

ヤマブキショウマ コアジサイ キンコウカ 三国山湿原 ササユリ 明王ノ禿 ヤマボウシ
イチヤクソウ
ノギラン
デワノタツナミソウ
ササユリとキンコウカを求めて

 県境を越えての移動が完全にOKとなるのを待って、こてつさんから赤坂山に行きましょうとのお誘いを頂く。
昨年は6月16日に出かけているので、今年は5日遅い勘定になる。雲がやや多いが晴天で爽やかな一日だった。

 出町柳でピックアップしてもらい、マキノまで。マキノ林道をいつもの駐車場所まで進む。なんと6台ほど車が駐まっていて、いつものところには駐車できず。工夫して路肩に駐車。すでにあふれた車が1台駐まっているところの上に。

 ササユリは黒河峠より上のところにあるのだが、マキノ林道をゆっくりとササユリ以外の花を探しながら進んでいく。ギボウシは咲き始め。いつものところで見ていたヤマアジサイ、咲いてはいるがもう一つ元気がない。コアジサイは林道ではもうほとんど終わり。ヤマボウシも林道のところではあまり花がついていない。しかし、ヤマボウシに関しては黒河峠近くになっていつものように花をつけているのが見えだし、さらにそこから三国山湿原との間できれいなのが見られるようになった。

 黒河峠で1本立てる。トイレあり。ここからいよいよササユリ探索の登り。昨年よりも数が少ない。だいぶくたびれたのも見られる。しかし、今年も出会えたことに感謝しながら歩を進める。黒河峠から先はコアジサイ街道。

 そして湿原にキンコウカ。下から花が開いていくのだが、まだ上までフルに咲いているというのは少ない。一方、下の方ですでに花が終わり枯れていて、中段から上が咲いているという株もある。いちどきにすべてが咲いて黄色い絨毯のようだったかつての華々しさからはやや見劣りがする。

 三国山分岐を過ぎて明王ノ禿に到着。360度の見晴らしの中で昼食とする。赤坂山山頂を見ればおおぜいの人で「密」の状態。

 おにぎりとお茶。自家製抹茶ケーキ。牛乳。こてつさんからはコーヒーを頂く。

 これから赤坂山まで行っても花はなにもないし、ピークハンターでもないので、われわれはここからピストンで下山。おもしろいもので登るときに見逃していたササユリを発見した。

 途中で蝶の写真を撮りに来られているご夫婦に出会った。そういえば、登りの時にマキノ林道で大きな捕虫網をもっている人にも出会った。その他、日曜日で自粛解除ということで多くのハイカーと出くわした。

 マキノ林道を駐車地に帰ったら、車は2台ほど。早く出発して早く下山されたわけだ。

 われわれは後始末をして車に。帰りは白鬚神社のところがネックになっているので、大きく朽木にまわり、鯖街道で京都に帰ってきた。このあたりはこてつ運転手の見事なハンドルさばきによった。車内ではビールを頂き、環境問題を論じ、競馬のお話を聞き、長時間のドライブも苦痛ではなかった。家に帰って、シャワーの後は山名酒造の純米大吟醸・櫓絞り「奥丹波」で乾杯。うまい。

 こてつさん、ロングドライブありがとうございました。




37.[6月16日(火)]9:22バス停鹿ヶ瀬道9:25→鵜川越→11:43岩阿沙利山12:30→鳥越峰→14:46岳山14:59→岳観音跡→16:05音羽→JR近江高島駅16:36

ノアザミ ユキノシタ 登山口 ウツボグサ ササユリ オウム岩 白坂
岩阿砂利山
コアジサイ
ホナガタツナミ
ササユリを求めてリトル比良へ。ユッキー復帰第1回目。

 ササユリ鑑賞にリトル比良に出かける。昨年は6月11日だった。ユッキーは約3週間のブランクを経て本日復帰。シーちゃんとご一緒。

 昨年と同じルートで鹿ヶ瀬から鵜川越に出る。ササユリ鑑賞には最適ではないかと思われるルート。

 京都駅8時18分発敦賀行き新快速に乗り、8時57分に近江高島着。土・日以外、コミュニティーバスは近江高島駅からガリバー青少年旅行村に寄って畑には行かないので、そこで鹿ヶ瀬道で降り、ガリバー方向に坂を登っていく。右手に浄教寺というお寺があるところで左手から南東方向に登っていく。テープや標識は一切ない。左手に川を見ながら農地を進むとやがて電気柵の入り口が見えてくる。「電流が通っているので危険」との標識が出ている。

 ここから中に入り、沢を渡渉する。あとは右岸を沢沿いに南東方向に上っていくことになる。足下にはシダが多く、鶏冠山に登る道の雰囲気に似ている。途中で谷、沢を1本間違える。これで20分はロス。

 リトル比良の稜線に乗る手前が急登でつらい。鵜川越で553mである。稜線に乗れば、今度はアップダウンが待ち構えている。待ち構えているのはアップダウンばかりではない。ササユリも。

 去年の記録(地図にササユリの箇所をマークしてある)のコピーをもってきていて、それを見ながら、GPSで現在地を確かめつつ、鵜川越から北東方向に尾根に忠実に登っていく。岩阿沙利山は686.4m。ここで昼食。本日は京都駅で買ってきたパン2つ、牛乳、自家製キャラメルケーキ。

 岩阿沙利山をあとにして、鳥越峰(702m)を通りオウム岩に着く。この稜線はコアジサイ街道であるはずなのだが、今年は遅いのか、小さい。ササユリは今年は多く、昨年になかったところにも咲いている。うれしくなって、カメラタイム。これでまた近江高島到着が延びる。ただ、この尾根道、ササユリがあるところに限ってというわけでもないが、サルトリイバラが一杯で、写真を撮るのも一苦労。

 ようやく岳山に到着。ここからは基本降るだけである。
暖冬のせいかシダがえぐれ道の登山道を覆い尽くしており、道が見えない。しかもこのえぐれ道は段差が大きくストックで確かめながら降りていった。延々と続くシダの道は苦痛であり、音羽の大炊(おおい)神社に降り立ったときにはほっとした。

 次のバスの時間を待っている間に駅に行けるので、今日も近江高島駅まで歩く。駅に到着したら自販機で冷たいものを購入。一息入れる。昨年より1時間あとの各駅停車の普通列車でゆっくりと京都駅に着いた。京都駅でシーちゃんとお別れ。ご苦労様でした。

 帰宅後、シャワーの後はビールで乾杯。全部で開花しているのは48株ほど。今年は多かった。さらに蕾は一つぐらいで、すべてがすでに開花していて、中には枯れてしまっているのもあった。くたびれかけているのも散見されたので、見頃は今日ぐらいまでではなかろうか。

36.[6月8日(月)]暮雪山多目的保安林駐車場8:12→正面谷→9:47金糞峠9:52→奥の深谷→八雲ヶ原→10:45イブルキノコバ10:50→コヤマノ岳分岐→11:45武奈ヶ岳12:08→北陵→12:37細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→13:49北比良峠→ダケ道→15:08暮雪山多目的保安林駐車場

ウツギ タニウツギ コアジサイ アオガレテラスから タンナサワフタギ 山頂 北比良峠から
ヤブデマリ
サラサドウダン
ホオノキ
ベニドウダン
ジギタリス
武奈ヶ岳へ 武奈ヶ岳190回目

 
土、日は愚息が帰っていたので山には行かず。密を避けるという意味でも今日がいいか。

 本日も単独で。こんないいお天気で一人で行くのも気が引けるのだが、快く(かどうかは分からないが)送り出してもらう。

 妹子の郷で食料調達、儀式をすませる。そのまま駐車地に車を駐める。今日も5,6台すでに駐車している。ストックを出してすぐ出発。大山口に着くまでに一組のカップルを抜く。金糞峠までは一人旅。

 アオガレ下で1本立てる。アオガレテラスから琵琶湖を見ると、今日はくっきりと対岸から後ろの山々まで見える。暑いけれどもからっとしていて、ときおり弱い風が吹くと気持ちがよい。

 金糞峠でばったりイン谷口の住人KWさんに会う。3人目。ここでまた休憩。甘納豆を食べる。

 今日は最短コースではなく奥の深谷から八雲へ行く。観音様ロード。ここは本当に癒やされる道だ。八雲から来るハイカー一人と会う。4人目。

 八雲ヶ原からイブルキノコバへ。イブルキノコバでまた休憩。大体5分程度を目安としている。これ以上休むと再び歩き出したときがとてもしんどいので。ここで、麹甘酒を飲む。よし、頂上まで最後の登り。コヤマノ岳分岐で武奈ヶ岳の頂上が見える。2,3人ほどの人も確認。

 夏道を登り、途中で冬道へとショートカット。山頂は10人ほどの登山者がそれぞれ昼食中。いつものところが空いていたのでそこで昼食。コンビニおにぎりとお茶。甘納豆と牛乳。今日は雲一つなく、伊吹山から鈴鹿の連峰もくっきりと見える。エゾハルゼミの鳴き声が谷のほうからあがってくる。

 山頂に12時前に着けたので、今日は頑張って北陵まわりで下山することにした。北陵、スゲ原、広谷でヤブデマリを堪能してきてとユッキーに言われていたので、そうしようとも考えた。このところ雨がほとんどないので北陵の登山道はからから。これはこれで滑りやすい。細川越で小休止。ここからオオバアサガオのジャングルの中をスゲ原へ降りる。降り立てばまた気持ちのよい沢筋の道。徒渉するにしても水量が少ないので楽に渡れる。

 それはいいのだが、ヤブデマリ街道というにはどうも花数が少ない。いつもこんなものだったかなあと思いながら写真を撮った。花数が少ないといえばヤマボウシも。どうなっているのか。山頂から誰にも会わない。

 イブルキノコバから八雲ヶ原。今日もゲレンデ跡を登って北比良峠へ。その手前でまたホオノキの花をパチリ。

 ダケ道でも誰にも会わず、ややスピードを上げて降りていった。途中でサラサドウダンとベニドウダンをパチリ。サラサドウダンはもう終わりかけ。ベニドウダンはどうも花数が少なく感じられる。

 3時過ぎに駐車地に到着。後始末をして車に乗り込み、渋滞もなく帰宅。アイスクリームを食べ、写真の整理等をして、シャワー。ビールで乾杯。

 クモキリソウとササユリはまだまだ。あと2週間? いよいよ梅雨に入るから、この雨がどう影響するか。

35.[6月3日(水)]イン谷口8:18→正面谷→9:58金糞峠10:03→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道→11:05コヤマノ岳→11:30武奈ヶ岳11:53→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:28イン谷口

デワノタツナミソウ シライトソウ ミヤマナルコユリ ニシキゴロモ イワニガナ アカモノ ウスギョウラク
ナナカマド
カマツカ
レンゲツツジ
サラサドウダン
 
ホオノキ 
武奈ヶ岳へ 武奈ヶ岳189回目

 
本日も単独で。ユッキーがいないとやっぱり・・・
 
 JR志賀駅前のパン屋で食料調達し、入山の儀式もすませる。いつもの駐車地に来ると5台ほど車が駐まっていた。アイちゃんの車もある。

 
曇り空の中、ゆっくりと進む。湿度が高く蒸し暑い。ユッキーからの宿題がいろいろあり、確認しながら進んでいく。藤の花は終わり今は同じ薄紫の桐の花が見える。途中で一人ハイカーと会う。

 アオガレからは一人旅。金糞峠が上に少し見えるところに来たら、上からなんとアイちゃんが降りてくるところ。お久しぶり。今日は用事があるとかで下山とか。ユッキーが来られない事情とかいろいろと立ち話。エールの交換をして別れる。

 金糞峠まで2時間以内にと考えていたが予定より20分早く到着。甘納豆を食べて飲水休憩。金糞峠からはヨキトウゲ谷でコヤマノ岳南尾根にとりつく。四つ辻でまた休憩。ここで麹甘酒を飲む。

 今日のルートでつらいところは2カ所あるが、一つ目はこの南尾根。武奈に速く行くにはこのコースなのだが・・・

 三つのステージを過ぎて中峠分岐が見えてくれば、つらい登りも終わり。コヤマノクラウンが迎えてくれる。コヤマノ岳は標高1181m。ブトと小蠅がうるさいのでネットをかぶる。(前回土曜日の坊村ピストンでブトに額、眉とやられたので今日は大事を取って)。

 ここからはお気に入りの道。ブナ林をゆるやかに降りていき、イブルキノコバ分岐のコルに到着。ここで双耳峰の武奈ヶ岳を見上げて、最後の登り。

 山頂には3人ほどのハイカーが食事中。ピーク写真は自撮りで行う。ネットかぶったまま。

 昼食は北陵に少し行った肩のところで。パンと牛乳。

 さあ、下山だ。パノラマコースにする。ここから北比良峠まではまた一人旅だった。八雲ヶ原から北比良峠までが今日のルートでやっぱりしんどい二つ目。ホオノキの花が開いていた。

 北比良峠からはダケ道下りる。二人ほど先を進むハイカーがいた。

 早く降りてこられて、後始末をして、ほっとステイション比良へ急ぐ。今日から再開。久しぶりである。コーヒーとドーナッツを頂く。

 あとは湖西道路、名神で帰宅。なんと4時過ぎの帰宅である。今日の打ち上げはビールで。

 宿題の一つのクモキリソウとササユリはあと10日ほどで開花だろうか。

33.[5月24日(日)]イン谷口8:00→大山口→9:43金糞峠9:52→奥の深谷→10:32八雲ヶ原11:10→11:39北比良峠11:43→ダケ道→大山口→13:09イン谷口

タニウツギ シライトソウ オククルマムグラ フタリシズカ チゴユリ コバノガマズミ シロヤシオ
フモトスミレ
オオバキスミレ
ベニドウダン
 
サラサドウダン 
久しぶりに比良山系へ

 
久しぶりに武奈ヶ岳に出かけようと車でイン谷口に急ぐ。

 8時前に駐車地に到着。思ったより多くの車がすでに駐車している。曇天。

 1ヶ月ぶりの比良山系である。ゆっくりと登り始める。曇り空でいつ降ってくるかというようなお天気。案の定、アオガレに着くまでに雨が降ってくる。早くも武奈まで行こうという気持ちが萎える。2ヶ月も武奈にはご無沙汰なのだが・・・

 ザックカヴァーをつけ、登っていく。なにせこちらは比良に来るのは久しぶりである。あとから登ってくるハイカーにはどんどん追い抜いていってもらう。

 金糞峠に到着。この時点で奥の深谷、八雲ヶ原、北比良峠、ダケ道ルートで降りることにする。雨で煙る奥の深谷は幽玄の世界で、それなりに見応えがある。金糞峠から八雲ヶ原までは誰にも会わず。

 八雲ヶ原の石テーブルで少し早い昼食。

 ゲレンデ跡を登り、北比良峠へ。名残のオオバキスミレ、レンゲツツジを見ながらゲレンデ跡を登る。途中いつも見ているホオノキの開花状況を確認する。まだ蕾で開花はしていなかった。

 北比良峠からはダケ道。ベニドウダン、サラサドウダン、チゴユリ、名残のイワカガミとカメラに収める。上の方では石が雨に濡れて滑りやすかったが、下の方にくると雨の跡はない。ずいぶんと早く下山できた。

 後始末をして車に乗り込み、まずはHSひらへ。今日はお休みで、6月3日(水)から通常の営業とか。予想していたので、次に、志賀駅まえの「ルゥタ」へ。ここは開いていたのだけれど、パンは全部売り切れ。やっぱり人気があるんだなあとあらためて感心した。

 うちあげは家でやろうということで、そのまま湖西道路、名神で帰宅。自家製梅ケーキとコーヒーでうちあげ。お風呂のあとの夕食(チキン・ガーリックソテー)はビールで乾杯。

 武奈には行けなかったけれど、やっぱり、比良にはいろんな花があって、雨の中でも十分楽しむことができた。

 比良のシャクナゲやフデリンドウは自粛期間中ゆえ見ることができなかったが、イワカガミ、シロヤシオ、オオバキスミレはかろうじて見ることができた。自粛期間中に出かけていた大原あたりの山や宇治の山とは違う。また、ササユリの蕾も確認できた。こちらは6月が楽しみだ。

 

27,28,29,30,31,32:体力維持のために大きな散歩を京都市と宇治市で行いました。