2020年5月の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年
【2009年
【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


34.[5月30日(土)]坊村8:03→御殿山→10:52武奈ヶ岳11:30→御殿山→13:46坊村

 三宝橋  ユキノシタ  登り口 フタリシズカ  タンナサワフタギ 御殿山から武奈ヶ岳  武奈ヶ岳 
レンゲツツジ
ベニドウダン
ジャケツイバラ
キンラン
久しぶりに武奈ヶ岳へ 武奈ヶ岳188回目

 
久しぶりに武奈ヶ岳に。ユッキーは眼の関係で2週間のドクターストップ。私一人で出かける。皮肉なことに今日の誕生日の花と花言葉は、フタリシズカで「いつも二人」(NHK「ラジオ深夜便」による)。


 名神、湖西道路で坊村の葛川センターに8時前に到着。驚いたことにすでに40台は車が駐まっている。

 ゲイターをつけ、ヒルとダニよけに虫除けを噴霧する。坊村から登るのは久しぶりだ。いつもはユッキーがペースメーカーであるが、今日は私一人。一人の時はいつもそうだが、ペースが速くなる。

 台風の跡の倒木も処理されていて、くぐったり潜ったりすることはほとんどない。ありがたいことである。紅葉のコバから見晴台までももくもくと登る。フタリシズカをカメラに収める。見晴台ではタンナサワフタギ。ここからベニドウダンを見ようと思っているのだが、まだ赤い実をつけていない。これは御殿山からワサビ峠、第1ピークまで同じ。遅れているのか。

 西南稜と言えば、この時期レンゲツツジ。こちらも満開にはほど遠く、チラホラ。

 お天気のよいときに西南稜を登るのは本当に気持ちがよい。何ヶ月ぶりだろう、いや、何年ぶりだろう、こんな西南稜歩きは。

 頂上に近づくとけっこうな数のハイカーがあちこちに陣取って食事中であることが分かる。私は北陵のほうに降りて、冬に東尾根に降りる下降点で食事とする。パンとコーヒー。食事後、知っている人がいないかどうか、見て回ったのだが、知り合いは一人もいない。若い人や子供連れが多いような印象をもった。

 さて、30分以上休んだことになる。ぼちぼち降りることにしよう。

 バスで来られたハイカーであろうか、ぞくぞくと登ってこられる。小声で挨拶しながら下山。ワサビ峠からの登り返しはいつもながらにしんどい。が、御殿山に着いたら、あとは降るのみで気は楽になる。滑らないように注意しながら明王院の登山口まで降りてきた。

 地主神社前にもたくさん駐車している。ここは神社の参拝客用の駐車場なのになあ、と思いつつ、センターに到着。

 早く降りてこられて、湖西道路、名神で帰宅。夕食までに写真の整理をし、軌跡をGarmin とYAMAPでプリントアウトした。

 お風呂のあとは、山名酒造の「渡船」、辛口のすっきりしたお酒で乾杯。

33.[5月24日(日)]イン谷口8:00→大山口→9:43金糞峠9:52→奥の深谷→10:32八雲ヶ原11:10→11:39北比良峠11:43→ダケ道→大山口→13:09イン谷口

タニウツギ シライトソウ オククルマムグラ フタリシズカ チゴユリ コバノガマズミ シロヤシオ
フモトスミレ
オオバキスミレ
ベニドウダン
 
サラサドウダン 
久しぶりに比良山系へ

 
久しぶりに武奈ヶ岳に出かけようと車でイン谷口に急ぐ。

 8時前に駐車地に到着。思ったより多くの車がすでに駐車している。曇天。

 1ヶ月ぶりの比良山系である。ゆっくりと登り始める。曇り空でいつ降ってくるかというようなお天気。案の定、アオガレに着くまでに雨が降ってくる。早くも武奈まで行こうという気持ちが萎える。2ヶ月も武奈にはご無沙汰なのだが・・・

 ザックカヴァーをつけ、登っていく。なにせこちらは比良に来るのは久しぶりである。あとから登ってくるハイカーにはどんどん追い抜いていってもらう。

 金糞峠に到着。この時点で奥の深谷、八雲ヶ原、北比良峠、ダケ道ルートで降りることにする。雨で煙る奥の深谷は幽玄の世界で、それなりに見応えがある。金糞峠から八雲ヶ原までは誰にも会わず。

 八雲ヶ原の石テーブルで少し早い昼食。

 ゲレンデ跡を登り、北比良峠へ。名残のオオバキスミレ、レンゲツツジを見ながらゲレンデ跡を登る。途中いつも見ているホオノキの開花状況を確認する。まだ蕾で開花はしていなかった。

 北比良峠からはダケ道。ベニドウダン、サラサドウダン、チゴユリ、名残のイワカガミとカメラに収める。上の方では石が雨に濡れて滑りやすかったが、下の方にくると雨の跡はない。ずいぶんと早く下山できた。

 後始末をして車に乗り込み、まずはHSひらへ。今日はお休みで、6月3日(水)から通常の営業とか。予想していたので、次に、志賀駅まえの「ルゥタ」へ。ここは開いていたのだけれど、パンは全部売り切れ。やっぱり人気があるんだなあとあらためて感心した。

 うちあげは家でやろうということで、そのまま湖西道路、名神で帰宅。自家製梅ケーキとコーヒーでうちあげ。お風呂のあとの夕食(チキン・ガーリックソテー)はビールで乾杯。

 武奈には行けなかったけれど、やっぱり、比良にはいろんな花があって、雨の中でも十分楽しむことができた。

 比良のシャクナゲやフデリンドウは自粛期間中ゆえ見ることができなかったが、イワカガミ、シロヤシオ、オオバキスミレはかろうじて見ることができた。自粛期間中に出かけていた大原あたりの山や宇治の山とは違う。また、ササユリの蕾も確認できた。こちらは6月が楽しみだ。

 

27,28,29,30,31,32:体力維持のために大きな散歩を京都市と宇治市で行いました。