2020年4月の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年
【2009年
【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


27,28,29,30,31,32:大きな散歩を京都市と宇治市で行い、読図の練習と体力維持を図った。


26.[4月25日(土)]自宅→9:58御香宮→伏見桃山城→八科峠→大岩山展望台→白菊の滝→13:00西野山13:37→稲荷山・一ノ峰→伏見稲荷大社→京阪伏見稲荷駅14:45

御香宮のところで 御陵さんに入る 桃山城 竹林(大岩山展望所へ) 西野山 シャガ 参道
ニョイスミレ
クサイチゴ 
ムラサキケマン 
 コバノガマズミ
 コウゾリナ
深草トレイルを歩く

 坂本から比叡山横川へ行こうかとも思っていたが、そもそも外出自粛が要請されているし、他府県ナンバーの車に対する目は厳しいし、滋賀県の駐車場も閉鎖されているしということで、車を使わず家の近くを散歩しよう、家から深草トレイルで稲荷山へ行こうということになった。山友の山休さんの昨年12月15日の山行を参考にさせていただく。今日は大きな散歩の日で、今日を最後としてこれから2週間は大きな散歩はやめることにしたい。

 自宅を出て、まずは御香宮(一応、我が家も氏子)に寄り、御陵さんに入り、伏見桃山城へと進む。このあたりは懐かしいところである。わが母校京都府立桃山高校は桃山城のすぐ下なので。もっとも私が高校生の頃はまだ工事中であったが・・・。

 桃山城を抜けて北堀公園に入る。ここは昔浄水場があったところで、浄水場が蹴上の浄水場に統合され、その跡地に関してはいろいろあったのだが・・・、こんな話をしていると山行記録にはならないので割愛する。

 さて、北堀公園を出ようとしていたら、なんとお散歩中のTさんとばったり出くわした。お互いマスクをつけて少しお話する。


 次の目標地は「仏国寺参道」である。要所、要所に「深草トレイル」の標識があり、これをたどればトレイル道を進むことができることになっている。竹林を抜けて行くと、やがて太陽光発電の一大基地に出くわす。電磁波の関係でユッキーには苦痛のところだ。急いで進み、大岩山展望所に着く。さすがいいお天気の今日、5,6人、人がいる。写真を撮って大急ぎで先へ進む。

 ここからは山道らしくなり、雑木林の中を大岩神社へと降る。その境内を抜け、さらに降っていくと大岩街道へと出る。

 ここからはトレイル道を外れ、ショートカットでダイレクトに進む。いろいろ迷いながらGPSを参照しつつ白菊の滝に着く。シャガがあちらこちらに咲いていて、写真撮影で忙しい。

 稲荷山に行こうと思っていたが、ピークが見えるので、まずは西野山へ。ここから山科へ降りられるところ。三等三角点がある。眺望はない。今日はここで昼食。パンとコーヒー。いいお天気でゆったりと時を過ごす。

 昼食後、稲荷山ピーク、一ノ峰へと向かい、そこから四つ辻、三の辻と下山。このあたり、けっこう人が来ている。もちろん、インバウンドが来ていた頃とは雲泥の差で人は少ないであろうが。

 伏見稲荷大社で参拝の後、京阪伏見稲荷駅に向かった。いなり・ふたばが開いているかなと寄ってみたら開いていたので豆大福をお土産に購入。あとは京阪で帰宅。

 まずはアイスクリームでうちあげ。お風呂の後はビールで乾杯。

 いよいよ蟄居生活に入る。体力維持のためにはいろいろと考えなければならない。

25.[4月22日(水)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

イカリソウ ニシキゴロモ 金糞峠 イワナシ イワウチワ 八雲ヶ原 オオバキスミレ
フデリンドウの蕾
コバノミツバツツジ
シャクナゲ
月に一度の武奈詣でのはずが、八雲帰りに変更

 人と接触しないで山に出かけたいということで、車で出かける。From Door to Mountain. JR志賀駅前に寄って食料調達の後、イン谷口、暮雪山多目的保安林駐車場へ。一台だけすでに駐車あり。ゲイターをつけてストックを出す。今日は少し寒い。お天気は曇り。

 曇り空の中で時折日が差す。非常に不安定なお天気。ヤマザクラの散った花びらを踏みながらゆっくりと進む。案の定、アオガレを登っている最中にアラレが降ってきた。アオガレテラスで急いでザックカヴァーをつけ、レインウェアを着込む。これで武奈が岳に行くことを諦め、金糞から奥の深谷で八雲ヶ原で昼食ということに決める。

 誰にも会わずに金糞峠到着。ここのバイカオウレンは終了。

 風が吹いてきてずいぶんと寒い。そういえば天気予報で今日は3月の下旬なみの温度になるとのことだった。奥の深谷ではバイカオウレンがまだ咲いていて、さらに、イワウチワを見る。11時過ぎに八雲ヶ原に到着した。ここではじめて二人の人に会う。石テーブルで食事を終えようとされていたので、われわれは3m離れて食事場所を決める。

 今日は、枝豆チーズパンとブルーベリーチーズパン。自家製のキャラメルケーキ。お茶とコーヒー。

 食事後、ゲレンデ跡を登る。花を探して登ると、知らないうちに登ることができる。花がないと食事後の下山中の登りは苦痛となる。

 ロッジ跡から北比良峠へ。ここで老人3人組と会う。

 相変わらず曇り空でアラレが時折落ちてくる。北比良峠のバイカオウレンも終了。ここのイワウチワは今を盛りと咲いていた。今日はオオバキスミレとイワウチワが見られたので十分花巡りの目的は達せられた。

 ダケ道も花探しで長い道の単調さが軽減される。ここで特筆すべきは、登山道からだいぶ離れていたがシャクナゲが見られたことである。お天気には恵まれなかったが花がいろいろ見られたことはありがたかった。

 暮雪山多目的保安林駐車場に到着すると、3台ほど車が駐まっていた。

 片付けを済ませ、「ルゥタ」に寄って、ベーグルを買い、3時過ぎに帰宅。ベーグルとコーヒーでうちあげ。夕食時の打ち上げは山名酒造の「奥丹波・社」。全量有機栽培の山田錦を使ったもの。コクのある雅なお酒だった。

 フデリンドウの1カ所のところがなくなっていた。人?獣? よく分からないが残念。

24.[4月15日(水)]イン谷口→古崎川→大曲り→堂満岳→南比良峠→大橋→奥ノ深谷→金糞峠→正面谷→イン谷口

石ベンチ 古崎川遡行 スミレ観察 オトメニオイタチツボスミレ 堂満岳 イワウチワ 毘沙門岩
シハイスミレ
スミレサイシン
イカリソウ
キンキマメザクラ
スミレとイワウチワ鑑賞

 コロナに移らない、移さないということで今日も車で出動。いつものようにJR志賀駅前で食料調達、トイレをすませる。イン谷口に入ると驚いたことに出合橋手前で4台ほど車が駐車していることだった。

 今日は1週間前の予定のコースに出かける。イン谷口の管理小屋を過ぎ、別荘の手前で駐車。驚いたことに(何回驚くんや!)、アイちゃんの車が駐まっている。今日はどこへお出かけやら? 先週は木の調査が本来の目的だったが、われわれと出会ったことにより、予定変更となったので、今日は先週果たせなかった本来の目的を果たすべく、来られたのか。ともかく、われわれはアイちゃんの車の隣に駐車。準備する。ストック、ゲイター(奥の深谷での徒渉に役立った)。

 駐車地の後ろから登り始める。古崎川沿いの林道をゆるやかに登っていく。荒れていてかなり倒木もあるが通行はできる。近くのコバノミツバツツジやヤマザクラを見ながら、遠くのタムシバに目を向けて進んでいく。やがて道が細くなり、沢に降りるところに石ベンチが右岸にある。そこから古崎川源頭へと詰めていく。水はほとんどない。いつもイカリソウを見ていたところに今年は花がない。標高530mあたりでノタノホリからの道に合流する。

 続いてジグザグ道を我慢の登り。途中で1週間前にこの道を下ったときに見たスミレが気になっていたので、ユッキーはルーペを持ってきて観察。やっと同定ができた。私は写真撮影を任されるだけ。ホオ三姉妹を過ぎれば、まもなく植林も切れて、710mの「大曲り」。最後の登りに備えて甘納豆を食べる。

 東稜道340mほどを登る。最初はゆるやかだが次第に傾斜がきつくなる。シャクナゲの林では蕾を確認するが、蕾のいっぱいある木と全くない木があり、全体としては少ない気がする。

 山頂に到着すると、ときおり比良でお目にかかる70歳ぐらいの女性と出会う。今日出会った最初の人。

 ピーク写真のあと南比良峠目指して進む。この間に、ハイカー3人と出会う。お一人は栗原から歩いて北小松まで行きますとのこと。お元気なこと。

 南比良峠で昼食。「ルゥタ」のパン2つと自家製キャラメルケーキ。お茶とコーヒー。

 さて、昼食後、大橋目指して降っていく。今の季節シダも枯れていて歩きやすい。大橋に到着後、奥ノ深谷の左岸を遡行する。巨岩、巨石が連なっていて、夏は歩くのが涼しいところである。われわれはイワウチワ狙いで歩く。今年は数が減った。バイカオウレンがまだ少し残っている。金糞峠直下まで橋がないので、渡渉には工夫がいる。ドボンもなく、金糞峠までやってきた。この間に会ったハイカー一人。坊村から出発して武奈ヶ岳に行き、八雲から回ってきて大橋経由で坊村に帰るとのこと。元気な若者であった。

 あとは気を緩めることなく、慎重にガレ場を降りていく。特に金糞峠から水場までは緊張する。最後にアオガレをゆっくり降りて渡渉する。

 東稜道で見られなかったイカリソウが斜面にあることに気づきパチリ。足場の悪いところなのでうまく撮れない。

 林道に出て、ヤマザクラ、コブシ、キンキマメザクラなど見ながら、駐車地に戻った。

 あとは水曜日なのでHSひらでうちあげ。コーヒーとコロッケバーグ。うちあげのあと、途中妹子の郷で買い物をして帰宅。

 家でのうちあげはビールで。

* スミレの同定には、いがりまさし『日本のスミレ』(山と渓谷社、1996年)を参照した。この本、新刊本がなかったので、高かったが古書で買い求めたものである。


23.[4月11日(土)]大宮川観光駐車場→日吉大社→八王子山→三石岳→横川中堂→元三大師堂→大宮谷林道→大宮川観光駐車場

シロバナネコノメソウ 八王子山 三叉路 イカリソウ クロモジ オオカメノキ(ムシカリ) 坂本のサクラ
ハクサンハタザオ 
 
トウゴクサバノオ
シロバナナガバノスミレサイシン
シロバナノジスミレ
ワサビ
 オオバキスミレ
坂本から八王子山、三石岳を経て比叡山横川まで

 今日も車で出動。中2日での山行なので比較的楽なところということで目的地を比叡山横川とする。天気予報では昼から晴れということであったが、予想とは異なり、曇り空で終始した。

 大宮川観光駐車場に車を駐め準備をして出発。まずは日吉大社の東本宮へと向かい、今日は牛尾宮(八王子宮)と三ノ宮の社殿を経て八王子山へ行くことにする。

 磐座から「通行止め」の表示を無視して八王子山へ行くべきか躊躇していたところ、参拝に来た方が左側から回って行くようにと注意された。確かにここは神の降臨する場所ゆえ、その通りと考え、左に回り込んで八王子山へ向かう。この山頂ははじめて。

 行者道を北進し横川へと向かう。途中の神宮寺山はパス。三石岳へは行こうと考え、ただし、いつもと同じ道では面白くないのでこれまでとは違って林道から直登コースで進む。

 踏み跡はあるが、登山道ではない。作業道のようだ。相当な急登。降りには使いたくないが、登りでは水場から登るよりは少し早く登れそう。われわれは、こてつちゃん、アイちゃんによって、この種の道は鍛えられているので、ぐんぐん登る。三石岳に到着。標高676.6m。

 ここからは通い慣れたる道。どこでお昼にしようかと考えながら進む。途中、おっと、早くもオオカメノキ(アイちゃんはムシカリという別名のほうが好み)が咲いている。早い。パチリ。なかなか昼食場所へ辿り着けない。

 結局、横川霊園の駐車場で今日もお昼とした。パン2個、自家製梅ケーキ、お茶とコーヒー。

 食べてから、横川中堂、元三大師堂を経て、大宮谷林道で下山。横川中堂あたりのバイカオウレンは散り始めていた。

 花を探してキョロキョロしながら、ユッキーはスミレの同定に忙しく、ずいぶんと時間をかけて大宮谷林道を降っていった。

 駐車場で後片付けをして、161号線、名神で帰宅。30分ぐらいで帰れた。今日は愚息の土産、諏訪の宮坂醸造「真澄」で乾杯。

 花の同定はほぼすべてユッキーに拠るもの。

 掲載したもの以外に、カタクリ、ミヤマハコベ、ヤマルリソウ、キケマン、ミヤマカタバミ、フタバアオイ、ヤマネコノメソウ、ボタンネコノメソウ、フッキソウ、シハイスミレ、コタチツボスミレ、タチツボスミレ等々。
 

22.【4月8日(水)】イン谷口→サクラのコバ→ノタノホリ→深谷古道→南比良峠→堂満岳→東稜道→ノタノホリ→古崎川→イン谷口

イン谷口のサクラ コバノミツバツツジ 深谷 深谷小屋 南比良峠 南比良峠(堂満岳を望む 堂満岳
タムシバ
イワウチワ
 
 オトメニオイタチツボスミレ
シャクナゲのつぼみ
未踏のルート深谷古道で南比良峠へ

 電車で行くのはリスクがあるので、今日も車で出かける。当初の予定は、イン谷口から東稜道で堂満岳に登り、そこから縦走路で南比良峠、大橋から金糞峠へ行き、下山しようということであった。

 JR志賀駅前でトイレに行き、「ルゥータ」で食料を調達し、出合橋近くに駐車する。用意をして早速出合橋を渡り、コバノミツバツツジを見ながらサクラのコバ、そこから別荘地を抜けて東稜道を登っていると、なんと「I(アイ)」ちゃんと出会ってしまった。これで予定はすっかり変更。人生はこういうものだ。

 ノタノホリを過ぎて少し登ったところに道標がある。本来堂満に行くにはここで右へ90度曲がるところである。しかし、今日はここで峠を越えて深谷へと降っていく。せっかく登ってきたのにもったいない。やがて林道に降り立つ。ここから深谷の道となる。深谷の古道である。深谷にはいくつもの堰堤がある。堰堤の横の道を右に左にと徒渉を繰り返しながら登っていく。やがて、深谷小屋の跡から急斜面となる。ロープがついているので登れるが、これがなければとてもじゃないが登れない。おそらく昔の峠道は右手の崩落でガレているところにあったのだろう。それが使えず、われわれが登っているところが迂回路となったと思われる。いつもは使わない筋肉をフル稼働させて、滑落しないように登っていく。このあたりの写真がないのは余裕がなかったため。

 やがてしっかりした道が見えてくる。これが本来の峠道。ジグザグに掘り込まれた道を登っていくと南比良峠に到着する。

 お昼になったし、ここで昼食とする。パンと自家製梅ケーキ、お茶とコーヒー。

 さて、これからどうしよう。大橋に降って金糞峠に回るか、それとも、堂満岳に登って東稜道を降りるか。結局よりしんどいルートを選ぶことになった。しかも、東稜道でノタノホリから古崎川に降りるという、これもマニアックな道のおまけつき。

 南比良峠から縦走路を少し進み、そこから、地図にない道(?)を無理矢理登って直登で堂満岳に至る。

 ピーク写真のあと、慎重に急斜面を降り、東稜道へ。シャクナゲのつぼみを見て回る。木によっては一杯ついているのと、全くないのと分かれている。今年の5月はそこそこ楽しめそう。一方、タムシバも今を盛りと咲いている。

 古崎川源頭にきて、いつものイカリソウはと探索するが、流されてしまったのか、ほとんど見当たらない。ようやく見つけたのも葉っぱだけで花の蕾はなさそう。

 あれこれ話をしながら植林地帯を降りていくと、ノタノホリに到着。ここから今日三つ目の未踏のルート。ノタノホリの反対側の植林地帯を降っていく。どうやら作業道のようである。ジグを切って降りていくと古崎川のところに降りてくる。あとはそのまま古道を進めばイン谷口の別荘の下の所(昔釣り堀があったとか言う場所)に出てきた。

 アイちゃんの車はそこに駐めてあった。久しぶりにHS比良に寄り、うちあげ。スムーズに帰宅して、家ではビールでうちあげ。


 アイちゃん、本日は案内ありがとうございました。われわれだけでは行かない道の冒険、楽しみました。本日の花は、山桜、コバノミツバツツジ、タムシバ、キンキマメザクラ、キブシ、イワウチワ、ショウジョウバカマ、まだ咲いていたバイカオウレン、ミヤマカタバミ、オトメニオイタチツボスミレ、シハイスミレ、コタチツボスミレ、ボタンネコノメ等々。

21.【4月4日(土)】イン谷口→大津ワンゲル道→釈迦岳→縦走路→カラ岳→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

シハイスミレ コバノミツバツツジ シャクナゲのつぼみ 釈迦岳山頂 イワナシ イワウチワ ショウジョウバカマ
マルバスミレor オトメスミレ
バイカオウレン
アセビ
コバノミツバツツジ、イワウチワを求めて釈迦岳へ

 愛宕のツツジ尾根等でコバノミツバツツジ開花の報告があるので、比良で鑑賞しようと車で行けるところでと考え、釈迦岳に登ることになった。

 今日は雲の動きの激しい一日だった。イン谷口の釈迦岳登山口近くに車を駐める。ずいぶんと駐車している車の数が多い。バス停前の「駐車禁止」と書いてある所にも数台駐車している輩がいる。困ったことだ。

 準備をして早速登山口から登り始める。いきなりシハイスミレが点々とあり、幸先よい。大津ワンゲル道は登り始めずいぶんと倒木で道が遮られていたが、少しずつ整理される方がおられたようで、ありがたい。スミレに続いてはコバノミツバツツジ、タムシバ。タムシバは遠くにあり、高木で写真に撮りにくい。そのうちにと思っていたら、結局タムシバの写真は1枚も撮れなかった。ショウジョウバカマ、イワウチワ、シャクナゲのつぼみは撮ることができた。もう少しイワウチワが咲いているかなあと期待したが、咲いているのは少なく、大半はまだ蕾の状態。シャクナゲは全体としては蕾が少ないが、たくさんついている木もあり。中には数は少ないが蕾が赤くなり、あと1週間で咲きそうなのもある。

 イチョウガレまでですでに3人に抜かれた。2人に追い抜かれた後、イチョウガレで若い人が追いつき、どうぞどうぞと道を譲る。イチョウガレをさっさと登って行かれた。われわれはゆっくりと慎重に3点支持で登っていく。

 いつもそうだが、イチョウガレを登るときにはかなりのエネルギーを消費する。登ったところで、羊羹と甘納豆で甘い物補給。少し元気が出て山頂を目指す。

 日が差すと暖かいが、すぐまた雲が通過する。そうなると少し寒い。時折風が吹く。

 山頂近くのイワカガミはまだまだ先。まずはイワウチワが咲かないと。

 山頂でピーク写真のあとは、食事場所を求めてカラ岳へと縦走路を進む。風は南あるいは東から吹いてくる。ついに昔から食事場所にしているところに来て、ここにしようということになる。ガリバー旅行村、畑方面が見渡せる場所である。今日はJR志賀駅前のパン屋「ルゥータ」で買ったカレーパンと枝豆・チーズパン、それに自家製梅ケーキ。お茶とコーヒー。

 カラ岳を過ぎ、北比良峠へ。そこからダケ道。降りにこの前眼をつけていたスミレ(マルバスミレかオトメスミレ)を観察していたら、なんと、I(アイ)ちゃんがお連れ2人と降りてこられた。お久しぶりということになる。それからは5人で一緒にダケ道を下る。「比良の名水」のところでお別れする。

 われわれは急いで駐車地に戻り、HSひらはお休みなので、再度、志賀駅前まで車を走らせ、明日の昼食のパンと今日の打ち上げのあんパンを買う。小さなコーナーがあって本来ならそこでイートインできるのだが、コロナ騒動でそこはお休み。車の中であんパンを食べ、家路につく。帰って打ち上げは山名酒造の「奥丹波・野条穂」。しっかりした奥行きのあるお酒だった。