2020年最近の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年
【2009年
【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


20.【3月30日(月)】暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道→コヤマノダケ→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

コブシ ミスミソウ イワナシ メドゥーサのブナ 武奈ヶ岳 バイカオウレン ミズバショウ
イワウチワ
ショウジョウバカマ
ニシキゴロモ
バイカオウレン祭の比良

 土曜日、日曜日と雨を恐れて山行せず、結局、本日月曜日ということになった。「てんきとくらす(武奈ヶ岳)」によれば、土、日は風が強くC判定だったが、本日はA判定。ただし終日曇り。

 曇り空の中、出発して、161号線では妹子の郷に寄り、食料を調達して、イン谷口、暮雪山多目的保安林駐車場に8時前に到着。3台駐車していてわれわれの車は4台目。

 準備をして出発。上は三枚着ている。いつもは大山口で1枚脱ぐのだが、今日はそのまま。アオガレに着くまでにカップルの登山者が降りてこられる。今日初めて出会ったハイカーである。アオガレを登っていると、うしろから堂満岳のレジェンドMBさんが登ってこられるのが眼に入る。久しぶりにお会いして立ち話。われわれ3月は今日が8回目の山行だが、MBさんはなんと10回目だとか。85歳でこの元気さ。われわれの希望の星である。われわれは花を撮るのに忙しいので先に行ってもらう。

 金糞峠の手前で4人目の若いハイカーに会う。比良ははじめてで、今日はダケ道を登り北比良峠から金糞峠にまわり、これから下山とのこと。

 どのルートで行こうかと思案したが、ミスミソウを中心とする花撮影で時間がとられたので、やっぱりコヤマノ岳南陵から武奈に行こうということになる。金糞峠、さらに直下の奥の深谷、ここからはバイカオウレン畑である。小橋を渡り、ヨキトウゲ谷から四つ辻に登る。四つ辻で甘納豆を食べてカロリー補給し、単調で花がない南尾根をひたすら登る。道に雪はないが、木の上の雪が凍った氷が頭上に落ちてくる。

 コヤマノクラウンも上の方には樹氷がついていて、溶けては落下してくる。コヤマノ岳から武奈ヶ岳へはあと一息だ。夏道のショウジョウバカマはまだ蕾。ここはまだ寒いからだろう。蓬莱山のほうを見てみれば稜線の雪は一筋で、これでスキーの営業を続けているのかしらと思ってしまう。

 山頂に到着。誰もいない。30分ほどはわれわれが独り占めで昼食をとった。コンビニおにぎりとお茶、自家製梅ケーキとコーヒー。昼食後、さて、下山というときに若いハイカー二人組が登ってきた。聞けば福井県からやってきて、釈迦岳からこちらへ来たという。下山は堂満岳経由とのこと。なんとも元気、若い。さらに、冬道から降りようとしているときに西南稜を登ってくる二人組に出会った。

 どこから降りようかということになって、前回はイブルキノコバ経由であったので、今日はパノラマコース経由とすることにした。八雲池に立ち寄り、北比良峠からダケ道で下山。バイカオウレン、イワウチワ(今年われわれが比良で見た最初)、ショウジョウバカマ、ニシキゴロモ、スミレを見ながらの下山だった。

 湖西道路、名神とスムーズに帰宅。お風呂のあとはビールで乾杯。

19.【3月25日(水)】椿大神社第3駐車場→キャンプ場→井戸谷コース→入道ヶ岳→二本松尾根→井戸谷の河原→椿大神社第3駐車場

椿大神社 井戸谷コースへ 入道ヶ岳山頂 山頂 山頂から鎌ヶ岳 入道ヶ岳名物アセビ シャガ
シロバナネコノメソウ
ヤマルリソウ
 
キクザキイチゲとミノコバイモ 
 
福寿草 
 
カンアオイ 
2回目の入道ガ岳

 去年は4月3日に出かけたが、今年は暖冬で、すべての花が早い、ということから、入道ガ岳に出かけることにした。鈴鹿セブンの一つ。

 名神、新名神と進んだが、ナビの言うとおりにしていると、東名阪にまわってしまい、昨年3月17日にオープンした鈴鹿PAに寄ることができなくなり、食料を調達することができなくなった(いつものケーキは持ってきている)。仕方なくそのまま椿大神社を目指す。登山者は第3駐車場ということでここに駐める。すでに5,6台駐車あり。身支度をして咲いたばかりの桜並木の下を通り、会館、ホールに寄って昼食の足しになるものはないかと探す。結局麩まんじゅうが手に入り、やれやれ。下山は早いから降りてから、どこかに寄ればよいと考える。

 これはこれで解決したのだが、もう一つ気になるのは先ほどからホーヴァリングしているヘリコプターの存在。通りすがりの人が遭難者が出たと教えてくださる。滑落による事故だとか。

 しばらく行くと北尾根登山口だが、われわれは井戸谷コースを行くのでパス。続いてキャンプ場近くの河原にさしかかる。ここが二本松尾根コースの登山口。今日われわれが降りてくるところだ。ここで、亀山市に住んでおられる方(四日市の消防署にお勤めのKTさん)と出会い、ご一緒することになる。

 井戸谷登山口から登ろうとするところに数台の消防車とパトカーが1台駐まっていた。滑落した人はヘリコプターで救助され緊急搬送されたとのこと。「お気をつけて」と声をかけられる。

 井戸谷登山口から水のない沢を2度渡渉し、植林帯へ入る。しばらく行くと自然林となるが、この谷の斜面のトラバースは道がやや細く、滑らないように慎重に歩を進める。やがて、木はアセビばかりで下は笹原に出てくる。今年は風があまりない。ここまで来ると山頂は近い。

 鳥居のある905.6mのピークに到着。ピーク写真ののち、伊勢湾を見ながら昼食。360度眺望がすばらしい。北側には鎌ガ岳や御在所岳、さらには御嶽山がくっきりと見え、白山も間近に。武奈ヶ岳山頂から見るのと違って迫力がある。KTさんはなにせ地元の方、鈴鹿の端から端まで非常に詳しい。鈴鹿の魅力をいろいろ聞かせていただいた。

 降りは二本松尾根コースをひたすらまっすぐ降りる。ジグを切っていないのでかなりの傾斜を滑らないように注意しながら降りる。途中何ヶ所もロープあり。下の方に来ると植林で、なにやら比叡山等の山の雰囲気に似てくる。

 堰堤の上の河原を渡り、ループを完成した。ここで、KTさんはもう一度登ってきてミノコバイモを堪能してくるとおっしゃる。群生地をわれわれがお教えして、今日ご覧になったのがはじめてだとか。よほど感激してくださったのでわれわれとしてもうれしい。やっぱり消防署にお勤めなのでこの体力。驚き! 

 記念撮影をしてお別れ。(ちなみにKTさんはヤマップのユーザー)。朝通った道を戻り、駐車地に到着。帰りは鈴鹿PAに寄り、伊勢カレーうどんを食べて帰宅の途に。随分早くに帰宅できた。

 打ち上げは山名酒造の「春霞み」で乾杯。KTさんもいろいろおすすめくださったので、ヒルが出る前にまた出かけたいと思った。KTさん、鈴鹿のいろいろの情報、ありがとうございました。

 今日は、名残の福寿草も見られたし、お目当てのミノコバイモはばっちり、その他シロバナネコノメソウ、ニッコウネコノメソウ、キクザキイチゲ、ヤマルリソウ、ヤマエンゴグサ、ヤマアイ、シャガ、ショウジョウバカマ、カンアオイ、ミヤマカタバミ、ミヤマハコベ、ネコノメソウ、スミレ、ダンコウバイ、アセビと楽しませてもらった。

18.【3月21日(土)】河内谷林道ゲート前→河内谷林道→林道峠→近江坂分岐→大御影山→南尾根→河内谷林道→ゲート前

 
河内谷林道 ショウジョウバカマ イワナシ 大御影山 南尾根 アオイスミレ イワウチワ 
ダンコウバイ 
 
マンサク 
 バイカオウレン
 
 ミヤマカタバミ
 
河内谷林道に春を探る

 絶好の山日和。本日はこてつさんと出陣。前回と同様に妹子の郷で待ち合わせ、河内谷林道の花を愛でることに決定。

 車の中ではこてつさんの音楽青年時代の数々のエピソードに爆笑の連続。あっという間にビラデストに到着する。

 ここからはこてつさんの運転技術が最大限に発揮される。オフロードのような荒れた林道をすいすいと進んでいく。「人馬一体」という言葉があるが、ここでは「人車一体」。河内谷林道は石田川ダムから続いているのだが、あちらは落石、崩落がそのままで片付けがなされていないので、ビラデストからゲートまで行くことになった。

 ゲート前で駐車し、出発の準備をする。ゲイターを付けストックを伸ばす。もうアイゼンは持ってきていない。靴、リュックも春仕様である。

 いきなりショウジョウバカマが目に入る。これは幸先がよい。林道の斜面に目をこらしながらゆっくりと進んでいく。おっと、イワウチワが目に入る。林道近くのところのはまだつぼみ。しかし、上の方の日当たりのよい岩のところにはピンクの色が見える。買い換えたデジカメはこれまでの30倍ではなくて5倍だし、うまく写らない(新しく買ったのは防水重視)。またあるだろうということでさらに進む。


 キブシやダンコウバイ、マンサク、キンキマメザクラ、春を告げる木々の花を確認してゆく。

 林道峠に近づくところで近江坂との合流へのショートカットの登り口が見つかった。ロープが一本だけ垂らしてある。ここを行ってみようかということになった。斜面の急な登りである。するとなんということだ、バイカオウレンが見つかったのである。ありがたい偶然である。まさかこんなところでバイカオウレンに出会えるとは!

 近江坂と合流するとえぐれ道の登山道には残雪がある。そこに足跡が見られる。今日のもののようだ。こてつさんは推理を働かせ、男性ですね、シリオをはいていると。ときおり小さな女性のものと覚しき足跡もある。これは男女のペアーということではないか。少なくとも二人の登山者がいる。このストーリーは合っていたか、間違っていたか。

 しばらく歩いていくと、早々に下山してきたハイカーがいた。これだ、足跡の主は。と思って見てみたら4人組の70歳前後の女性ハイカーだった。シリオの靴は合っていたが、推理の大半は間違いだった。残雪を踏み抜かないように、先頭の人の足跡をあとの3人はほぼなぞって歩いていたのだ。小さな足跡はなぞらずに歩いたよう。そういえば、小さな足跡は常時大きな足跡のそばにあるのではなく、時折しか見られなかった。

 人間の推理は事ほどさようにあやういものである。

 シャクナゲのつぼみがどうなっているかなど確かめながら山頂に近づく。近づけば近づくほどさらに遠くに山頂が後退するような感じでなかなか到着できない。シャリバテもあるのだろう、一歩一歩が重い。

 やっと到着。風向きを考えて敦賀湾のほうを見ずに、武奈ヶ岳、琵琶湖が見えるほうを昼食場所に選択。今日はパン、こてつさん差し入れのコーヒーでおいしく頂く。締めは毎度おなじみ自家製ブラウニー。のんびりと贅沢な時間を過ごす。

 いつまでもいたいけれど、そういうわけにもいかない。下りは南尾根で降りましょうということになった。最初は正面に三重嶽を見ながら降りるはずが、あまり見えないし、踏み跡もないということで間違いに気づき、もう一度登り返す。踏み跡と三重嶽の位置に注意しながら、今度は正しい道で降っていく。すばらしいブナ林。傾斜もそれほどきつくない。

 ところがユズリハが出てくると傾斜がきつくなる。おまけになにやらうなり声のようなものが聞こえてくる。鹿が斜面を降りていくのをこてつさんが見る。うなり声のようなものはまだする。熊か? いや違う。なんだろう。はっきりとは分からなかったが、キジのような比較的大きな鳥の羽音ではないかとの結論に達した。しかし、正体が見えないと不安は高まる。熊鈴を鳴らし、音を立てながら、足早に降っていった。林道に近づき植林地帯に入るとさらに傾斜がきつくなり、あまりはっきりしないジグを滑らないように慎重に降っていく。林道が見えてくる最後のところが傾斜がきつく、木の幹などつかみながらジグザグと降りて林道に出た。ここは本谷橋に近いところで、大御影山登り口の手製の標識があった。河内谷林道をゆっくり下る。登るときに見たよりもつぼみはふくらみ、花は開いている。その中で、イワウチワの花開いたのがなかなか見えない。

 しかし、ゲートに近づいたところで最後に神様は開いたイワウチワを見せてくださった。よかった。

 片付けを済ませ、ノンアルコールビールを頂きながら、妹子の郷に到着。こてつさんとはここでお別れ。われわれは湖西道路、名神で帰宅。家に帰って締めは山名酒造の「奥丹波・無我無心」。香りよく奥の深いお酒。楽しかった今日の山行を話しながらお酒を味わった。

 花は全体としては早いが、期待しているものがもう咲いているということには必ずしもならない。日長、日照、場所さまざまな要因がそこにはあるだろう。その期待通りと、期待外れがまたおもしろい。

 こてつさん、本日は車の運転とガイドありがとうございました。今日もわれわれだけでは行けないところでした。感謝、感謝。
 


17.【3月15日(日)】大宮川観光駐車場8:02→慈忍和尚墓→柏ノ木坂→恵心僧都墓→霊山ノ峰→阿弥陀ヶ峰→行者道→横川中堂→大宮谷林道→日吉大社→13:50大宮川観光駐車場14:02

バイカオウレン
(キタヤマオウレン?)
光秀の菩提寺・西教寺 覚道坂とりつき 慈忍和尚墓 恵心僧都墓 霊山ノ峰 阿弥陀ヶ峰
 
 
 
 
古道を探る(2)栢ノ木坂(カヤノキザカ)

 比叡山には数多くの道がある。竹内康之『比叡山1000年の道を歩く』(ナカニシヤ出版、2006年)にさまざまな道が書かれていて、われわれが未踏の道も多い。1月は古道馬ヶ背をたどったが、今日は古道栢ノ木坂で横川に行ってみようということになった。登山地図には載っていない道であるので、地図読みをしながらの登りとなる。花は、バイカオウレン(キタヤマオウレン?)狙いであったが、ミヤマカタバミ、ヤマルリソウ、ヤマネコノメソウ、イワナシが確認できた。

 電車を避けて今日も車で出動。大宮川観光駐車場に駐車する。入山の儀式をすませ、北へと進み、西教寺の前を通り、住宅地を抜けると「飯室谷 松禪院参道 近道」と彫られた石柱が立っている。ここが覚道坂のとりつきであり、これに平行する尾根道が奈良坂である。

 われわれは覚道坂で進む。やがて奈良坂と合流し、しばらく行くと堰堤の上にやや不安定な橋がかかっている。慎重に渡ると慈忍和尚のお墓への階段が見えてくる。この階段を登り、お墓の左をまわりこんだところから、いよいよ栢ノ木坂が始まる。お墓は立派な老杉に囲まれている。

 踏み跡は薄くあり、ときどきテープはある。植林地の中をジグを切って登っていくのだが、随所に作業道があり、ときおり迷いながら登っていく。最初はカヤノキ谷を左手に見下ろしながら進むのだが徐々に谷からは離れていく。標高550mあたりで林道が左手に出てくるが、栢ノ木坂は支尾根を回り込んで進む。林道に出たと思ったら、そこが恵心僧都墓であった。

 階段を登り、お参りして、まずは霊山の峰に向かう。霊山の峰の周囲には鹿よけのネットが張ってあった。続いて、恵心僧都墓に戻り、そこから阿弥陀ヶ峰に向かう。両方の峰とも眺望はほとんどない。

 阿弥陀ヶ峰から行者道に降りてしばらく行くと、なんとM2さんがこちらへ向かって来られた。聞けば、戸寺から登ってこちらへ来たとか。これから三国岳を通り、大宮谷林道から悲田谷から大比叡に向かうとおっしゃる。なんとまあロングコース。

 われわれは横川中堂へ行く途中でお昼とし、それから横川中堂へ。行者道でバイカオウレンを鑑賞した後、大宮谷林道で下山することにした。この前のように飯室谷ルートも考えたが、やはり大宮谷林道のほうが駐車場に近いし、ということで林道を花を楽しみながら降っていった。

 比叡山高校の横の階段、日吉大社の前から駐車場へ向かい、後始末をして車に乗り込んだ。あとはいつものように湖西道路、名神で帰宅。

 ずいぶん早く帰宅できた。お風呂、夕食の前に写真の整理を済ませ、締めはビールでご苦労さん。ちょうど2週間前に横川に出かけたのだが、この間に、少しずつ季節は進み(もっとも今日は午前中は日が差していたが、雲が多くなり、風が吹くと、寒かった)、春の花は顔を出してくれたわけである。

 

16.【3月12日(木)】暮雪山多目的保安林駐車場→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道→コヤマノダケ→武奈ヶ岳→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

ミスミソウ ミスミソウ コヤマノクラウン 武奈ヶ岳山頂 山頂 コヤマノ岳 バイカオウレン
 
 
 イブルキノコバへ
比良山系に春を求めて

 3月になってまだ一回も武奈に出かけていない。これでは武奈さまに申し訳ない。というわけで、好天の本日、比良山系、武奈に出かける。実に一ヶ月以上も武奈ヶ岳に登っていない。

 まずは湖西道路で滋賀で降り、JR志賀駅前で入山の儀式をすませ、駅前のパン屋「るぅた」に寄り、枝豆・チーズパンとブルーベリー・チーズパンを買い求める。ここのパンはなかなかおいしい。ドンクを上回る。

 8時にいつもの駐車地に到着。驚いたことにすでに多数の車が駐まっている。いつものわれわれの駐車するところだけがぽっかり空いていたのでありがたく駐車。ユッキーのデジカメは電池残量が少なくなっている。一方、私のデジカメは動かなくなり、今日もスマホで。この前パソコンを買い換えたばかりだのに、今度はデジカメ。とほほ・・・

 8時15分に登り始める。チェインアイゼンを保険にザックに入れている。雪は金糞峠峠まで全くなし。雪割草の一つミスミソウを確認した。朝まだ早いので完全には開いていないが、ともかく無事に開いてくれていた。今年もありがとう。

 金糞峠からヨキトウゲ谷の方向へ。小橋に少し雪が残っており、滑りやすくなっている。慎重に進む。橋を使わなくても進めるところではあえて橋を使わない。四つ辻へ登る小橋も凍っていて、ユッキーはおそるおそる渡ったが、私は石伝いに渡った。

 上林新道でも、ほとんど雪はない。水曜日から木曜日にかけての夜に少し雪が降ったと見え、薄雪が残っているが、1cmにも満たず、このお天気では午後には溶けてしまうだろう。中峠分岐まで来てコヤマノクラウンを見ると樹氷が付いていて、それが青空に映えている。「きれいだ」と思わず声が出る。コヤマノ岳山頂からコルに降りて武奈ヶ岳山頂を眺める。白いものは全く見えない。冬道を行こうかと思ったが、地面がズルズルの状態なので、夏道で山頂に向かう。山頂にはほかにお二人+犬一匹おられたが、こちらの昼食中に下山して行かれた。あとはわれわれだけ。なんとも贅沢。風もなくポカポカとしていて、ゆっくり30分以上お昼タイム。パン二個とブラウニー、お茶とコーヒーで。

 下山はどこを通ろうかと考えたが、結局、ここしばらく行っていない、イブルキノコバ経由で下山することにした。夏道・冬道別れまで、雪が残っていて、最後の雪山気分を味わう。トレイスを見れば、みんな夏道から上がってきているようで、冬道にはトレイスなし。それほど雪はないだろうと考え、夏道でイブルキノコバまで。時々踏み抜くほどの雪があるところもあったが、大半は雪なし。木の根や石で滑らないように、ここも慎重に進む。

 八雲ヶ原から北比良峠に。北比良峠でバイカオウレンが一輪だけ咲いていた。前回訪れたときには雪で覆われていたのだが、やっと雪が溶けて、顔を出したわけだ。つぼみはいっぱいある。あと10日、2週間といったところか。金糞峠のバイカオウレンはまだ雪の下であった。


 あとはダケ道、大山口、暮雪山多目的保安林駐車場。朝の車の大半はなくなっていた。帰りはいつもの湖西道路、名神。問題なくすいすいと帰宅。アイスクリームを食べて打ち上げ。お風呂のあとはビールで締め。

 山の花探訪にはお天気、開花時期、と様々な要素が重なる必要がある。今日は比良山系における今年初めてのミスミソウとバイカオウレンに出会うことができて満足の一日だった。
 

15.【3月7日(土)】車デポ地→古屋→尾根→高島トレイル縦走路→三国岳→丹波越→桑原→車デポ地

古屋登山口 囓られたイワカガミ 白山遠望 滋賀ピークへ 滋賀ピークにて 三国岳山頂 丹波越
 
 
三国岳に春を探る

 明日日曜日よりも今日の方が天気がいいので、武奈にでも行こうかと思っていたところ、こてつさんからメイルあり。三国か赤坂でも、ということで、行き先を変える。こてつさんの配慮(コロナ関連)で、妹子の郷で集合ということになる。ここで食料を調達し、入山の儀式をすませてこてつさんの車に乗せてもらう。比良山系に目をやれば稜線は白くなっている。ホッケ山のとんがり帽子も真っ白。道のドロドロ具合の関係、花の関係でこてつさんのホームマウンテン三国岳を行き先にする。


 鯖街道を北上する。途中、坊村でセンターの駐車状況を見れば、すでに多くの車が駐まっている。お天気がいいし武奈岳は賑わうことだろう。われわれは梅の木から左折して橋を渡る。ここからこてつさんは高度な運転技術を発揮して対向車をさばかれる。私が運転していたらこうはいかない。

 そうこうするうちに桑原と古屋の中間で車をデポする。ゲイターを付けストックを伸ばす。保険のために軽アイゼンをザックに入れていく。

 名もなき尾根を登っていく。途中スパッと切られたようなイワカガミを見る。比良のこれを見てkol-yosiokaさんは盗掘かとの推測をされていたが、このような名もなき尾根にまで来て盗むことはなかろうし、掘り返した跡も見当たらない、ということで、われわれは空腹に耐えかねた鹿が茎を囓ったのではないかと推測した。付近には鹿の糞もあるし、われわれが登っている時に鹿がかなりの斜面を猛スピードで降りていくところも目撃したことも根拠の一つである。こてつさんにメイルを頂き、「芦生短信2」さんが鹿=犯人を書いておられるとの情報を得た。これで間違いなさそうである。

 見晴らしのいいところでは霞もあるが遠く白山が見えた。

 高島トレイルに合流してもまだまだアップダウンは続く。お腹もだいぶ空いてきたが、もうひと頑張り。雪は3cmから5cm。2,3日前に降ったもののよう。滋賀ピークから三国岳山頂のあたりは白い雪で覆われていて青い空に映える。これまで誰にも人には会っていないし、人の踏み跡もなかった。登山道には鹿とタヌキかキツネの足跡があるのみ。

 滋賀ピークからさらに一登りして三国岳山頂に到着。昼食タイム。今日はおにぎりとお茶。こてつさんからはコーヒーを頂き、われわれは自家製ブラウニー(レーズン、ナッツ入り)を提供する。風もなく、暑くもなく、寒くもなく、ゆったりと昼を過ごす。

 昼食後いよいよ下山である。丹波越、お茶屋跡から桑原に。バイカオウレン、セリバオウレンの咲き始めたばかりのを確認した。例年より2週間は早いと、こよなくバイカオウレンを愛されるこてつさんの話。「そそとして、けなげで、いじらしく、かわいらしい」。

 桑原に降りてきた。ここのトイレは冬季は使用不可。あとは車道をデポ地まで。後片付けの後、こてつさんからはノーアルコールビールを頂き、話をしながら無事妹子の郷まで。ここでこてつさんとはお別れ。われわれは自分たちの車に乗り込む。途中、湖西道路は少し渋滞していたが、まずまずの時間で帰宅。今日はビールで乾杯。三国岳も頂上付近は雪がほんの少しあるけれど春近し。こてつさん、今日も運転ありがとうございました。
            

14.【3月3日(火)】善峯寺バス停9:16→釈迦岳→10:59ポンポン山→リョウブの丘→西尾根→森の案内所→金蔵寺→14:45バス停南春日町15:03

登山口 山頂 山頂から樟葉方面 福寿草 福寿草 アセビ 京アンジュにて
 
 
福寿草鑑賞に再度西山へ

 この前は曇天で福寿草があまり開いていない中での訪問であった。明日水曜日は雨になるということで、中一日ではあるけれど本日再度西山に出かけることにした。

 3月になって阪急バスは善峯寺まで行ってくれる。そこでありがたく終点まで乗車(もっとも料金はあがるが。せこいこと言うなあ。当たり前やんけ。どうも本日は洛西おやじさんの口調になってしまう)。入山の儀式をすませて歩き始める。この前は小塩止まりで、そこから急傾斜の車道を我慢して登ったのと比べると今日は距離が短いだけに楽ちんである。

 今日も釈迦岳経由。水曜日なので出会うハイカーは少ない。ポンポン山の山頂でも二組のアベック(古いなあ、言い方が)がいるのみ。邪魔をしないように(何の邪魔やねん!)、早々に西尾根に進む。晴天の予報であるにもかかわらず、雲が多い。ユッキーは「晴れやと思ってきたのに、こんなんでは福寿草開いてへんは」と悲観的な口調で天気予報を呪う。雲の間から時折太陽が顔をのぞかせる。

 保護区に降りていき、テントのところで住所、名前を書いて中に入らせて頂く。

 見事に咲いていた。今日来てよかったということになる。写真ぱちりということになるが、私のデジカメは調子が悪くピントを合わせてくれない。私のほうは仕方なくスマホで何枚か撮ったが、このHPにアップしているのは大半はユッキーのカメラによる。

 見て回っていると、保護区の管理をされている当番の方が近づいてこられた。この方はなんと92歳とか。すこぶるお元気。「この福寿草は二番花です。一番花と比べると花が少し小さくなっています。きれいな花で純粋や」と説明してくださる。おそらく森の案内所から歩いて来られたのだろうが、それでも山道でそこそこの距離がある。驚きである。

 いろいろお話していて時間が経ったので、小塩山経由で下山するという計画は中止とした。

 ツツジの丘で昼食。テーブルがあり快適である。京都駅のドンクで買ったカレーパンとアリコベール。それに自家製チョコレートブラウニー。コーヒーで。

 あとは、森の案内所、金蔵寺で南春日町バス停に。するとなんとシーちゃんがバスを待っておられるではないか。お久しぶりということで、山の道のこととか、近況報告。おしゃべりはバスの中からJR向日駅まで続く。ここで、大阪行きと京都行きでお別れ。山でまたの再会を期待して。

 京都駅で「京アンジュ」に寄りいつものやつ。例の騒動によるのであろう、京都駅の連絡通路も人が少ないし、お店も二人しか入っていなかった。今まで観光客がいかに多かったかをこのことは示している。いつもの十分の一ぐらいであろうか。

 比較的早く帰宅。そして本日の締めはビールで。福寿草がたっぷり見られて大満足の一日であった。。

13.【3月1日(日)】大宮川観光駐車場8:14→日吉大社→大宮谷林道→横川中堂→元三大師堂→中尾坂→飯室谷→不動堂→覚道坂→西教寺→13:55大宮川観光駐車場

バイカオウレン 衣掛岩のスズメバチの巣 イワナシのつぼみ 元三大師堂 中尾坂 倒木箇所(下から見る) セリバオウレン
 
ヤマネコノメソウ 
 
ザゼンソウ 
 
 ヤマルリソウ
 
 キランソウ
比叡山系に春を探る

 今日は夕方に用事があるので比良山系に出かけていると帰りに間に合わないということで、より近くの比叡山系に春を探ることにした。
 
 コロナウィルス騒動で電車に乗っていくのも躊躇われるので、坂本に行くのに車で行くことにした。初めてのことである。Tyuさんが坂本から三石岳に登られるときにこの駐車場を使われたことをヤマレコで知ったので、それに倣って出かけた。イン谷口に出かけるときの半分の時間で坂本に到着。大宮川観光駐車場は無料。トイレあり。われわれの車は2台目であった。

 この前三石岳に登ったときには、JR比叡山坂本駅から1時間近くかけて西教寺の横の足洗川の登山口まで歩いたのだが、この駐車場は西教寺から700m下のところにある。われわれは今日は西教寺とは反対の方向に日吉大社のところまで歩き、比叡山高校の横の階段道を登り、そこから大宮谷林道を登っていく。

 対岸の左岸にある衣掛岩のスズメバチの巣は健在である。もっともこの巣にスズメバチが戻ってくることはないと思われるが。

 林道の両側の花を探してきょろきょろ歩くものだから当然スピードは落ちる。トレランの人3人、マウンテンバイクの人1人に抜かれる。

 横川中堂から元三大師堂に向かう。元三大師堂横のトイレは冬季使用不可。横川中堂のトイレは使用可。日本生命慰霊塔の近くでお昼とする。パンと自家製ブラウニー、コーヒー。30分ほどゆっくりした後、いよいよ中尾坂を降る。最初はかなりの傾斜の道である。倒木箇所で道を巻こうとして谷の方に行きかけたが、間違いに気づき戻る。倒木をなんとかくぐれば道は続いていた。もう1カ所道が細いところがあったが、慎重に進めば問題はない。あとは植林の中のジグの道。下り得意のユッキーがおっしゃるには、このターンが均等に刻まれていて歩きやすく、足に力を入れなくてもすーっと前に出せばそのままずんずん降りていけるとか。道に石ころがほとんどないのも助かる。

 「浄刹結界跡」の標石が見えると飯室谷で、宿(やどり)という休憩所と石仏を過ぎれば、安楽律院の分岐があり、不動堂・松禅院の前を通って覚道坂に入る。このあたり分岐が多数あり、どちらに向かえばいいのか迷いやすい。地図とコンパスをにらみ、GPSで現在地を確認して、進んでいく。

 車道が見えれば、あとは西教寺を目指し、そこからは駐車場に向かう。駐車場に着けば、10台は車が駐まっていた。

 あとは161号線に乗って西大津バイパス、名神で帰宅する。なんとも早い帰宅だった。打ち上げは家でアイスクリームを食べ、夕食はビールで締め。

 花はいろいろと見られた。バイカオウレン(キタヤマオウレン?)、イワナシのつぼみ、セリバオウレン、ヤマネコノメソウ、キランソウ、ザゼンソウ、ヤマルリソウ等。比良と比べれば比叡山は低いから、春を告げるバイカオウレンはすでにかわいらしい花をあちこちに咲かせていた。 いよいよ山は雪から花ということになる。