2020年最近の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年
【2009年
【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


12.【2月26日(水)】イン谷口8:58→リフト道→11:45釈迦岳12:20→縦走路→北比良峠→ダケ道→14:36大山口→イン谷口

イン谷口 カマブロの滝 神璽谷分岐 ワンゲル道分岐 釈迦岳 頂上付近 釈迦岳(ダケ道から)
 
 
 
釈迦岳

 武奈ヶ岳、堂満岳とくれば、釈迦岳に出かけるのは論理的必然(?)である。馬力あるハイカーは一日で全部を回られるのだが、われわれはこれを三回に分けて回ることになる。

 今日はいつもの儀式をJR志賀駅前で行い、かねてより目をつけていた駅前のパン屋で食料を調達する。それから、イン谷口に向かって進み、イン谷口のバス停を上がったところにある釈迦岳登山口の近くに駐車する。バス停近くにはkol-yosiokaさんのものと覚しきバイクが一台駐まっていた。車は一台も駐まっていない。こんな曇天では山に来る人はよほどの物好きしかいない。


 支度をしていたら、雨がぱらぱら降ってきた。ザックカヴァーをつけ、レインウェアを着て、レインハットをかぶる。

 カマブロの滝に入山の挨拶をして黙々と進む。リフト駅跡のところで、今日買い求めてきたあんパンを食べる。元気が出てきた。標高800mを越え、シャクナゲ地帯に入る。木に1,2個しか蕾がないのが多いが、中には10個以上も蕾をつけているのもある。この違いは何に由来するのか? もう一つよく分からない。

 ワンゲル道分岐あたりから残雪が見られるようになり、強風が襲いかかってきた。ライトダウンを追加し、ネックウォーマーをつけ、厚い手袋に変える。ピーク写真を撮って昼食の場所を探す。どうも北風、あるいは北西風のようだ。なんとか風を少しは避けられる場所を見つけてお昼にする。枝豆・チーズパンとリンゴパン。なかなかおいしい(このパン屋、病み付きになりそう。月、火が休みで7時30分から開いている)。そしてデザートは自家製ブラウニーとコーヒー。
 
 強風の中、縦走路をカラ岳目指して進む。ここでは登山道でも雪が残っている。溶けてぐしゃぐしゃになっていないのが救いだ。いつもは見える武奈ヶ岳も雲に覆われて全く見えない。ほんの一瞬青空になることもあるが、すぐまた冬の曇り空。カラ岳を過ぎ、北比良峠が見えてくる。あそこまで行けばあとは半分下山したような気分になる。しかし、縦走路では2ヶ所道が崩れて細くなっており、注意を要するところがあった。右に切れ込んでいるので左手で枝や根のあるところはそれに捕まり通過した。ロープがほしいところだ。

 北比良峠からはダケ道。バイカオウレンはまだまだこれからだったが、イワウチワで気の早いのが大きな蕾を見せていた。3月初旬には咲きそうな気配。

 いつものダケ道、とんとんと歩を進め下山した。大山口でストック、ゲイター、靴を持参のブラシで泥を落としてきれいにして、イン谷口に急いだ。武奈に行かなければ早く下山できる。今日は最初から最後まで誰にも会わなかった。

 車に乗ったらあとは水曜日恒例のHSひらで打ち上げ。おはぎは売り切れていたが新製品の抹茶あんドーナッツでコーヒーを頂いた。お土産にプリン。

 渋滞なく帰宅し、今日の打ち上げは山名酒造の純米大吟醸・櫓しぼりの「奥丹波」。こくのあるお酒だった。

 

11.【2月19日(水)】暮雪山多目的保安林駐車場8:13→正面谷→金糞峠→縦走路→11:29堂満岳12:10→縦走路→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→15:40大山口→暮雪山多目的保安林駐車場16:05

青ガレ 金糞峠へ 烏谷山・擂鉢山稜線 蓬莱山 堂満岳山頂 縦走路 奥の深谷・JR小屋前
 
 
雪の堂満岳

 山行の喜びは計画を立てるところから始まる。月曜日から火曜日にかけて雪が降り、暖かい伏見の里にもすぐ溶けたが降雪があった。今冬まだスノーシューを使っていない。そこで毎年スノーシューハイクを楽しむ蛇谷ヶ峰に出かけようかと考え、まずは情報収集。昨日の朽木スキー場のHPによれば、積雪10cmでスキー場は再開できずとのこと。これでは話にならない。(それにしても朽木スキー場は気の毒だ。2月になってはじめて営業を始め、わずか5日間ぐらいで休止せざるを得なくなったのだから。)

 そこで行き先を堂満岳にする。そこそこ雪のある中での堂満岳山頂には立ったことがないからである。昨年2月13日にやはり堂満に出かけようとしていて金糞峠から南比良峠・堂満岳分岐までは進んだものの撤退した苦い想い出がある。

 いつものように名神、161号線で、途中、妹子の郷で食料を調達し、儀式をすませてイン谷口に向かう。雪がないので暮雪山多目的保安林駐車場まで進んでいつものところに駐車。ゲイターをつけ、ストックを伸ばし、ワカンとアイゼンを入れて出発(前回からまたザック等冬用に逆戻り)。

 大山口から登山道以外のところにほんの少し雪が見られる。青ガレに近づくにつれ、登山道にも雪が残っていることになる。青ガレの雪は2月11日と比べると減っている。金糞峠から縦走路を堂満岳の方向に進む。堂満岳から降りてきたハイカーの12本爪のアイゼンのトレイスがある。われわれもアイゼンを装着。私は6本爪軽アイゼン。ユッキーは頑張って10本爪のアイゼン。雪は足首から膝下くらい。

 東レ新道と縦走路の分岐を見逃してしまい、トレイス通りに進む。トレイスは縦走路についている。縦走路だと遠回りになるのだが、冬期は一般にこちらを使うのか。ともかくトレイスに従ってひたすら進む。左手に見える東レ新道の尾根の道が次第に遠くなる。途中で休憩していると、一人堂満方向から降りてこられるハイカーと出会う。雪の具合をお尋ねすると、「今日の雪はそれほど多くない。1週間前の9日、10日、11日あたりは腰まで雪があった」とのお答え。

 このハイカーは軽アイゼンを着けておられたので、合計2人のアイゼンのトレイスを辿って堂満岳へ向かう。途中、烏谷山・擂鉢山の稜線がきれいに見えるところを通過する。最後の堂満への登りはきつい。

 頂上はわれわれで独占し、昼食をとる。今日はコンビニおにぎりとお茶、自家製ブラウニーとコーヒーの組み合わせ。食事を終えたらちょうど12時で、麓のあちこちからサイレンが響いてくる。

 昼食後は金糞峠までわれわれのトレイスを辿って行く。途中、見逃した分岐を確認する。金糞峠からは奥の深谷に降りる。ここでアイゼンからワカンにはきかえる。こちらもしばらくはトレイスがあるが、やがて奥の深谷から四つ辻上林新道へ行く橋のところで八雲ヶ原方向へのトレイスはなくなる。 

 われわれでトレイスをつけていくのは楽しい。八雲ヶ原までこの楽しさは続く。八雲ヶ原へ来ると、水曜日だというのに、もうトレイスだらけ。ここでワカンをはずす。北比良峠に登り,ダケ道を降る。カモシカ台より下までも雪が残っていたのは予想外。滑らないように慎重に大山口から駐車地まで。片付けをしてHS比良へ出発。4時を回っていたが奇跡的におはぎが2つ残っていた。コーヒーを飲んでほっこり。

 渋滞もなく帰宅。家での仕上げはビールで。今日は曇天の中、雪の堂満を楽しむことができた。感謝、感謝。

10.【2月15日(土)】バス停小塩9:05→9:45善峯寺→釈迦岳→11:20ポンポン山→11:34リョウブの丘12:04→西尾根→13:15森の案内所13:25→金蔵寺→14:46バス停南春日町15:03

善峯道休息所 善峯寺駐車場の斜面 登山口 樟葉方面の雲海 ポンポン山 福寿草 アオイスミレ
 
 
 
 
福寿草鑑賞に西山へ

 2月11日に満開であったという報告を見て、本日は福寿草鑑賞に西山の福寿草保護区に出かける。昨年は3月2日に出かけたから2週間以上早い。2月一杯まで阪急バスは小塩十輪寺前までしか行かないが、それを承知で、JR向日駅からバスに乗る。山行きの恰好をした人はちらほら。

 小塩で降りて車道を歩く。これが結構な坂道。バスのありがたさがよく分かる。しかし歩いているから「善峯道休息所」というものがあるのに気づく。今は亡き映画スターMの家のすぐ下のところで、ここから「乙訓景観十景」の一つが展望できるとの説明板がある。小屋がありトイレもあり。

 ようやく善峯寺バス停に着き、入山前の儀式の後、さらに車道の坂道を登る。登山口まで小塩バス停から40分(儀式の時間も含む)もかかった。反対側の善峯寺駐車場の斜面では倒木の整理中で倒れていない木も全部伐採したようだ。

 われわれがポンポン山に行くときはいつも杉谷経由ではなくてこの釈迦岳経由で出かける。こちらは山道で足、膝にもやさしいからだ。杉谷経由だとコンクリートの道を車に気を遣いながら登っていかなければならない。

 釈迦岳を過ぎるとポンポン山までもう少し。山頂では曇り空でも土曜日、大勢の人がベンチに腰掛けておられる。朝から濃霧注意報がでて、雲海となって、京都は雲の下。大阪方面も亀岡方面も。われわれは写真を撮ったあとはすぐに西尾根に進む。

 トレイルランナーもいるが、福寿草を見て帰りの人とも出会う。やはり今日のように曇り空で日が差さない天候だと福寿草の大半は閉じているとのこと。午後から晴れるようなことを天気予報は言っていたので、リョウブの丘で食事とし時間調整を行う。今日はパンとコーヒー。デザートはブラウニー。時間調整といっても帰りのバスの時間もあるのでそう長くしてはいられない。15時04分南春日町発のバスで帰ることに決めている。

 さて、いよいよ保護区の谷の斜面に降っていく。テントのところで受付をすませ、中に。やはりこの曇り空、ほとんどの花は開いてくれていなかった。係の人によれば天気のよかった11日には300ほどの花を確認したそうだ。福寿草で数少ない開いているのや開きかけのを写真に撮り、またアオイスミレ、も咲いていたので、これも写真。後ろから団体が迫ってくるので、早々に引き上げた。ウィークデイだと少しは人が少ないかなと思うので、土日以外のお天気のよい日に再訪したい。

 あとは西尾根を進む。森の案内所で休憩し、金蔵寺まわりで南春日町に到着した。17分の余裕。JR向日駅から京都駅へ。

 ユッキーが空腹を訴えるので、いつもの甘いものでの打ち上げではなく、近鉄京都駅の下のところの食堂街でラーメンを食べて打ち上げ。家に帰って今日はビールで締め。 

9.【2月11日(火)】暮雪山多目的保安林駐車場8:10→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→12:25武奈ヶ岳13:10→コヤマノ岳→コヤマノ岳東尾根→奥の深谷→金糞峠→正面谷→16:30大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

大山口 青ガレ 正面谷 金糞峠へ コヤマノクラウン 武奈ヶ岳山頂 コヤマノ岳から東尾根を降る
 
 
 
 
降りはトレイスなきコヤマノ岳東尾根

 2月9日日曜日に武奈に行くべく出かけたのだが、雪が降り続いているので、JR比良駅にしーちゃん、Oさんを迎えに行ったものの、しーちゃんは山行を断念。われわれも山行を諦める。Oさんは行けるところまで行ってみるとのこと。イン谷口までOさんをお送りした後われわれは引き返す。トンネルを抜けて京都に入ると、「雪、なにそれ」という感じで世界が一変。天気がよさそうなので11日に延期した。そして本日。

 JR比良駅にしーちゃんを迎えに行く。暮雪山多目的保安林駐車場までできる限り近づこうと思ったがトイレ前の駐車場は一杯。仕方なく戻って別荘の下のところに。今冬最大の積雪に好天、皆さん考えるところは一緒。ヨネチャン一行と会う。

 トイレ前のところから雪が積もっている。今冬初めてのこと。ゆっくり歩いて行き次々と追い抜かされていく。大山口ではやばやとアイゼンを着ける。10本爪。とたんに足が重くなる。1時間以上かけて青ガレに到着。青ガレは雪にすっぽり覆われている。

 滑らないように青ガレを登り、左下に堰堤を見送る。長い氷柱がぶら下がっている。これも今冬はじめて見るもの。正面谷は雪で美しく化粧されている。上を見上げれば青空。白雲の流れは速い。上空の風の速さを示している。

 金糞峠に登るところは倒木があり段差が大きいのだが、今日は雪で段差はほとんど見られない。金糞峠では風が強く寒いので、奥の深谷に降りて休憩する。これからヨキトウゲ谷を進み、小橋を渡って四つ辻へ。やっと冬山に来たという気持ちになる。上林新道でゆっくりと登っていく。途中、メドゥーサのブナのところで私はアイゼンからワカンに変える。コヤマノクラウンが見えてくる。てっぺんのところに樹氷がついている。

 コヤマノ岳からイブルキノコバ分岐まで降る。コルのところから武奈ヶ岳を見れば、青、赤、黄色と信号の色さながらのジャケットで大勢の人が食事中のようだ。われわれもシャリバテ気味。最後の力を振り絞って冬道を登る。ヨネチャン一行は食事を終えてこれから北陵からスゲ原へと向かわれる。われわれはここで食事。今日はパン2個とコーヒー。デザートは自家製チョコレートブラウニー。

 食事を終え、OさんとUさんを誘って、しーちゃん、われわれの計5人でコヤマノ岳東尾根を降ることにする。OさんとUさんはアイゼンなので少し心配するが、ともかく決行。このマニアックな冬季限定コース。もちろんトレイスなどなし。降り始めてみたら雪の深いこと、深いこと。膝上から腰までズボズボ踏み込みながら尾根を降っていく。途中尾根の分岐が出てきて少し迷いもしたが、JR小屋が見えてきてほっとする。

 ここから奥の深谷、金糞峠で正面谷を降る。金糞峠手前でアイゼンに変える。慎重に正面谷を降って大山口に。2月3日の時と比べれば30分ほど遅くなった。JR比良駅へしーちゃん、OさんとUさんを送った後帰路につく。湖西道路は和爾に近づくと渋滞してきたので抜け道を使い再び湖西道路にのる。以後はさしたる渋滞もなく帰宅できた。打ち上げは山名酒造の「奥丹波」。すっきり系ではなくてコクのあるタイプ。今日の山行を振り返りながら杯を重ねた。

 予報によれば今週は雨で気温も高そうである。今週末まで雪は持つであろうか。

8.【2月6日(木)】百井別れ9:00→百井峠→天ヶ岳10:50→三叉岳→戸谷峰→薬王坂→14:11登山口→鞍馬駅

百井別れ 百井峠のお地蔵さん 林道 尾根で 見晴台 天ヶ岳 戸谷峰
 
 
 
天ヶ岳で雪遊び

 昨晩から各地で雪情報あり、これは出かけなければならない。ただ、比良山系では風も強い予報なので、手近なところで雪遊びをしようと天ヶ岳に出かける。

 いつもは鞍馬から登ることが多いのだが、今日は久しぶりに百井峠からのお手軽コース。かつてあまりの雪の多さに鞍馬から登って途中で時間オーヴァーで引き返したこともあるので。

 伏見の里では雪のゆの字もなかったが、京阪から見ていると西山、愛宕の稜線にうっすら雪が確認できる。よし、北山では絶対ある、とわくわくしてくる。バスに乗っていると雪がちらほらしてくる。広河原行きのバスの乗客で山に出かける恰好をしているのはわれわれだけのよう。

 百井別れで降りたのはわれわれだけ。雪のちらつく中、バス停でゲイターをつけストックを伸ばす。積雪は5cmほど。本の一瞬日が差すこともあるが、大半は小雪がちらつく一日だった。

 林道をゆっくり登っていく。薄くなった一台の車の轍と小動物の足跡だけ。登りにつれて木がないところでは10cmほどの積雪。百井峠に着いて林道と別れを告げ、さて南へと山道にと思ったところ、以前見なかった林道がある。以前はP763に登ったはずだが、ここを登らずとも林道が並行に走っている。この林道どこへ行っているのやらとも思ったが、ほぼ昔の山道に並行しているようなので、この林道を進む。

 途中で小雪が風に煽られて頬を打ち付けてくる。比良ではさぞ大変なことになっているだろうなあと思いながら、こちらでも厚めのネックウォーマーを着け、ウェアのフードを被り、これならバラクラバ-を持ってくればよかったと後悔する。雪が膝下ぐらいになるところもあるのでワカンをはき、手袋も分厚いのに交換。

 鉄塔広場の見晴台を過ぎ、天ヶ岳の山頂が見えてきた。ふと見るとハイカーが見える。山頂で会って挨拶を交わしたら、なんとWMさん。2年前のわれわれの武奈150回目のときに初めてお会いして、それ以来お目にかかることはなかった。何たる偶然、何たる奇跡(洛西オヤジさんと違うやろ、そんな言葉使わんとき。はい、すみません)。

 鞍馬からの雪の様子を聞き、われわれの百井峠からの雪の様子を説明する。WMさんはこれから花脊峠の方に向かわれるとか。今年のわれわれの武奈200回(予定)の予告をして別れる。昼食をとるには雪が相変わらず。仕方がないので鞍馬に向かって下山する。雪の下の落ち葉でユッキーはすべって尻餅ということになったので、ワカンから軽アイゼンに代える。これで急傾斜のところも安定して降れる。

 途中三叉岳のところに来たらちょうど12時で雪も止んだよう。急いで出町柳で買った志津屋のパン2つとコーヒーの昼食。が、なんと、北西風が吹いてきて雪が煙のように吹き付けられてくる。場所を変えるのも面倒なので雪まみれで昼食をすませる。

 これからがまた長い。おまけにアップダウン無数にあり。これまで登りに使うことが多かったので、これほどのアップダウンはあまり記憶されていなかったようだ。薬王坂に着いてようやくほっとした。これまでずっと200mごとに標柱があり、数が減ってくるのが励みにはなった。

 鞍馬寺の門前に多聞堂なる店がある。行きのバスで見たら「本日休業」の札が出ていたので残念だなあと思っていたところ、帰りには開いていた。札は昨日のもので、朝早くはそのままにしていたのだとか。ともかく嬉しい。「栃ぜんざい」を頂く。上品な甘さ。お土産に牛若餅と草餅を買って、鞍馬駅に向かう。雪のちらつく中で外国人観光客がちらほら見られた。

 比較的早く帰ってこられた。ワカンもアイゼンも使い、低山ながら雪遊びを楽しむことができて満足の一日だった。仕上げはビールで乾杯。

7.【2月3日(月)】暮雪山多目的保安林駐車場8:15→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→12:30武奈ヶ岳13:09→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:56大山口→暮雪山多目的保安林駐車場16:30

暮雪山多目的保安林駐車場 青ガレ アロウ号の岩の氷柱 金糞峠へ コヤマノ岳南陵 武奈ヶ岳 山頂
 
 
 
今日が今冬最後の雪の武奈ヶ岳となるか

 昨日の方がお天気はよさそうだったが、体調や諸用の関係で見送り、本日の武奈ヶ岳行きとなった。土曜日からの雪よ残っていてくれと念じながら、車を走らせる。湖西道路から見ると稜線に沿って白く雪が残っているのが霧に覆われた中で見えてくる。よかった。いつものように妹子の郷で食料調達、儀式をすませ、イン谷口からトイレ前駐車場まで。

 冬用のゲイターをつけ、冬用のストックを伸ばし、用意する。今日はザックも冬用にした。冬用のザックは今日が初めて。いかにこれまで暖冬かがよく分かる。さらに、ワカンをくくりつけ軽アイゼン(6本爪)もザックに入れる。

 お天気は冬の曇り空。ときおり日が差すが、一瞬で、また雲に覆われる。ザックが重い。ゆっくりと歩を進める。大山口で服の調節。大山口以降はちらほら雪が残っており、足下の踏み固められ固くなった雪がツルツルになっている。滑らないように慎重に歩く。おかげでいつもよりは時間がかかる。

 青ガレにこれだけ雪があるのは今冬で初めてだろう。アイゼンも考えたが、雪がはげているところもあるので我慢して登っていく。大きなリュックを担いだ先行者がいる。今日はじめて見たハイカーだ。左手に堰堤を見てさらに上がったところの第二の青ガレというか白ガレを過ぎて正面にペンキで矢印が書いてある大岩(われわれこれをアロウ号の岩と呼んでいる。アロウ=矢)に大きな氷柱が見える。金糞峠の手前はやっと冬らしく雪で覆われるようになった。

 金糞峠はいつものように風の通り道で寒い。すぐに降ってヨキトウゲ谷を進む。四つ辻へ向かう小橋も雪で覆われているが、昨日通った人の踏み跡がついている。四つ辻で一口羊羹を食べて、これからのしんどい登りに備える。第一ステージを過ぎ、ブナが見え出すと、雪山にきたなあと実感する。

 第二ステージを過ぎたところでワカンをはく。今年初めて。爪があるのでツルツルのところも滑らない。快調に進む。コヤマノ岳からイブルキノコバ分岐まではワカンが大活躍する。イブルキノコバ分岐から冬道で山頂に。山頂では6,7人のグループが出発するところだった。坊村ピストンの様子。他には青ガレで見かけたハイカーが食事をされていた。われわれも風を避けて琵琶湖側で昼食。コンビニおにぎりとお茶。自家製キャラメルケーキとコーヒー。先行ハイカーは一足先に出発される。

 食事後われわれも出発する。降りには軽アイゼンを使うことにした。冬道、そしてパノラマコースに。八雲ヶ原に着くと先のハイカーが石テーブルでお茶をしておられた。今日はここでテン泊とか。明日はここから縦走して権現山までとか。ご苦労さんです。

 アイゼンを着けたままで北比良峠、そしてダケ道に。雪が少なくなったところでアイゼンをはずす。大山口でゲイターをはずし、泥を落とす。ストック、靴もきれいにする。駐車地に着いたらわれわれの車ともう一台だけがぽつんと駐車してあった。

 順調に湖西道路、名神を経て帰宅。お風呂に入り、うちあげは山名酒造の「奥丹波・醪」で。何杯でも飲める濁り酒。