2020年12月の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】  [2003年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


76.[12月23日(水)]暮雪山多目的保安林駐車場9:05→大山口→正面谷→金糞峠→奧の深谷→12:20八雲ヶ原13:00→北比良峠→ダケ道→大山口→15:30暮雪山多目的保安林駐車場

 
駐車地 アオガレ アオガレ 正面谷 金糞峠 八雲ヶ原 八雲池 アイゼンと冬靴
 
 
雪の八雲ヶ原へ

 
リハビリ登山4回目。比良山系に雪が降ったので、レヴェルをあげて、今日は金糞峠から八雲ヶ原へ。

 できれば武奈ヶ岳に行こうと予定していたのだが、出発が遅れるハプニング。今日は私が登山靴を車に積み込んだものと思って家を出たのだが、積み込んでいないことが分かり、途中でUターン。これで30分はロス。その結果として、駐車地から出発するのが9時過ぎになってしまい、この時点で、武奈は諦めた。食料はいつものようにJR志賀駅前で調達。クリスマスのシュトーレンも売っていたので、持ち帰り用としてこれも買う。

 出発が遅れたのは、そんなに無理をするなという神の思し召しであったと考えておくことにした。ユッキーの筋肉痛はまだ残っているので、この判断はこれでよかったのだろう。駐車地に着いたら、水曜日であるにもかかわらず、すでに10台ほどの車が駐まっていた。

 家からは3枚羽織っていたのだが、ゲイター(これも冬用)をつけ、ストック(これも冬用)を伸ばして、1枚脱ぐ。ワカンはもってきたが車に置いておく(車で来るとこれができるので便利)。雲が多いが青空ものぞく。歩き始めてしばらくすれば雲は少しずつ減っていった。正面谷途中で軽アイゼンをつけ、もう一枚脱いで、サングラスにする。2枚では少し汗が出る。

 トレイスはきっちりついており、斜面ではアイゼンなしではつるりと滑る。軽アイゼンでも大いに助かった。

 いつもより少し時間がかかったが駐車地から2時間20分ほどで金糞峠に到着。ここから奧の深谷を遡行する。ここは陽があまり差さないので雪は溶けていない。50cmほどの積雪か。ただ、幸いなことにトレイスがきれいについているので、そのまま八雲への道を進むことができる。ユッキーにとってはありがたいこと。

 奧の深谷で出会ったハイカーは二人。学生さんかと思ったら、「24歳、社会人です」とのこと。今日は北比良峠でテンパクする由。また、いつものように職業推理。「消防士さん、ちゃうか。あの体と、はきはきした口調」てな、他愛もない話。彼らはあっという間に抜き去っていった。

 雪を踏みしめながら、徒渉を工夫しながら(大半の橋は修理されていた)、八雲ヶ原に着いた。誰もいない八雲ヶ原。空は青空。風はほとんどない。

 八雲のテーブルでゆっくり食事。ルゥタのパンと、自家製抹茶ケーキ。お茶とコーヒー。

 さて、出発。いつものようにクマさん道を登って北比良峠に。今日は武奈ヶ岳に行っていないので、「脚ツリ坂」も難なく登り、北比良峠に。

 そこからは、ダケ道。どのぐらいまでアイゼンをつけるべきか、これも予想で、カモシカ台あたりまでかと予想していたら、やっぱりあたった。このあたりまで来ると雪も少なくなり、その雪も溶けかけていた。

 渋滞もなしで湖西道路、名神を通って帰宅。5時前であった。

 家でうちあげは愚息にもらった藤岡酒造「蒼空」(おりがらみ)。ああ、おいしい。

 今年中にあと1回山歩きをしたいと思っているが、どうだろうか。

75.[12月14日(月)]9:09善峯寺バス停→釈迦岳→ポンポン山→東尾根→森の案内所→東海自然歩道→善峯寺バス停14:24

 
バス停 登山口に向かって 登山口 ポンポン山山頂 東尾根で
 
ポンポン山東尾根を歩く

 今日はリハビリ登山第3回。日曜日に出かけたかったのだが、そうすると中2日となるので、もう少し筋肉を休ませたかった。どこに行こうかということになって、少しずつハードルを上げてきて、ポンポン山東尾根を歩こうということになった。実に11年ぶり。東尾根を歩くのは11年前がはじめてだったので今日が2回目。1回目の東尾根の印象が悪かったので、いつも西尾根を使い、東尾根を避けていたきらいがある。

 京都駅ではパンはドンクにしていて、食料調達。善峯寺バス停で降りたのはわれわれを含めて3人だけ。JRの駅ではほかに勤めの人が3,4人いただけで、まずは「密」は避けられた。儀式を済ませ、ゲイターをつけ、ストックを伸ばす。服は長袖2枚。いつものように釈迦岳経由で行くことにする。

 登山口から善峯寺方向に残りモミジを楽しみながら、斜面をゆっくり登っていく。今日は陽が差さないのでモミジも冴えない。釈迦岳までの倒木の処理はすべて終わっていて、歩きやすく、迂回路も必要ない。ありがたいことである。釈迦岳で630.8m。ここまで来ればあとはポンポン山(678.8m)までは楽に歩いて行ける。関電の鉄塔を2本過ぎ、東尾根への分岐を過ぎて、まずはポンポン山山頂を目指す。さすが月曜日、出会う人は少ない。

 ポンポン山ではハイカーは2人。そこへ、若い女性2人があらたに登ってきた。「この女性たち、美容師さんやで」と私の余計な推測。今日は月曜日だし、あの雰囲気が・・・

 立ち止まると少し寒い。ピーク写真のあとは直ちに引き返し、東尾根分岐まで戻る。そこから快適な道を北へ北へ。しばらくするとポツポツ来始めた。ザックカヴァーをつけ、レインハットにレインウェアを着込む。P619の手前に杉谷の方へ行くらしい道が見える。いつかはこの道も探索したいものだ。ポンポン山にもいろんな道があるとあらためて思う。

 P619を過ぎて北西に方向を転じる。松が道の両側に多くなって、歩きやすいように枝がずいぶんと払われている。そう言えば、11年前は、裸の山にところどころ松が植えられていた記憶がある。その松が今や背丈をはるかに超すほどになっている。西尾根と東尾根のどちらが好きかとユッキーと議論になり、結局、西尾根のほうがいいという結論に至った。

 最後は森の案内所に向けて急降下する。案内所は月曜日なので中には入れない。トイレは使用可能。屋根があるデッキで昼食とする。パンとお茶、コーヒー。デザートは自家製抹茶ケーキ。けっこう雨が降っていて、ときおり霙になっている。ウール長袖2枚とライトダウンのジャケット、それにレインウェアをはおる。

 さあ、下山だ。南春日町バス停に行くか、善峯寺バス停に行くか。後者のほうが距離は短いので、14時24分のバスに間に合うべく、走るようにして下山。発車2分前に到着した。

 今日は買い物の用事があるので、阪急で四条河原町まで。買い物をすませて京阪で帰宅。

 家でうちあげはビールで。リハビリ登山とはいうものの、歩数は3万歩以上になり、山の高さこそ低いが、距離はけっこうあったので、はたしてリハビリ登山になったかどうか。痛みが激減しているので、いい方向には向かっている。雪の武奈に行きたいなあと思うことしきり。

 

74.[12月10日(木)]大宮川観光駐車場9:13→日吉大社→本坂→花摘堂跡→聖尊院堂・亀塔→P614→亀塔→慈覚大師御廟(円仁廟)→神蔵山(550m)→11:55[P550]12:28→亀塔→本坂・悲田谷分岐→13:05覚洞墓→悲田谷→13:28大宮谷林道→日吉大社→14:16大宮川観光駐車場

 
日吉大社 花摘堂跡 聖尊院堂 亀塔 天梯の峰(P614) 慈覚大師御廟 神蔵山(三石岳が見える) 覚洞墓
 
 
 
比叡山系未踏の山、神蔵山(かまくらやま)ならびにお墓参り

 ユッキーは1週間後の今週火曜日に整形外科を再診。脚を引きずらなければならないほどの痛みは減ったが、痛みはまだ残っている。S先生は山に行ってもよいがレヴェルを落とすようにということだった。それで比叡山系を考えたのだが、最近の宿題は旧横川本坂を探ることであった。今日のリハビリ登山で探るのは少し無理である。実はJOEさんがこの前探りに出かけられていて道が荒れていて分からなくなっているところは腕力登山で尾根まで登ったという報告を受けていたからである。

 横川へ行く道ではすでに中尾坂や栢ノ木坂は出かけたし、奈良坂・覚道坂は行っているし、馬ヶ背道も踏んだし、ということで、今日は比叡山高僧のお墓参りと未踏の山である神蔵山(かまくらやま)を踏もうということで出かける。

 JR.志賀駅前のパン屋のパンが食べたかったので、パンの仕入れに志賀駅前まで行って湖西道路を引きかえす。大宮川観光駐車場にいつものように駐めて出発。今日もゲーターは着けず、ウールのシャツ2枚で出発。途中暑くなって1枚になったこともあったが、基本的にこの2枚で今日は足りた。

 比叡山高校横の階段をゆっくり登っていく。今日もリハビリ登山だからである。本坂で登る。途中いつもパスしていた花摘堂に寄っていく。ここは伝教大師最澄の母堂が大師を訪ねたときに、大師が山から下りてきて会われたところと伝えられている。石碑があるだけだが、ここから南東少し上に花摘ノ峰と呼ばれるピーク(P418)がある。

 花摘堂跡から西に少し降りれば本坂と合流する。あとは聖尊院堂と亀塔に向かうのが次の目標となる。途中で覚運墓にお参りして、聖尊院堂・亀堂に到着。

 ここからがまだ踏んだことのない地帯である。まずは天梯ノ峰に向かう。手入れされた道が続いている。夥しいお墓の先にP614はあった。天梯の峰と呼ばれている。また、亀塔に戻る。

 次に「この先行き止まり」と看板が出ているところから入って、まずは慈覚大師(円仁)廟を目指す。お参りに来る人のためであろう、きれいに整備されている道を北へと進む。20分ほどで着く。立派なお墓である。その横を北東に神蔵山に向かって進む。ここからは作業道で道は細い。山頂近くになると道は消えてしまい、適当に山頂を目指して登る。山頂と覚しきところは植林の保護のためネットで囲まれていて中に入れそうもない。1ヶ所だけネットが外れているところがあったのでそこから山頂に行こうと思ったところ、そのネットに鹿の白骨が引っかかっていた。きゃー。南無阿弥陀仏。最高点へはここからしか行けないようである。ばらばらになっている骨をまたぐようにして山頂らしき所へ入る。目視とGPSで確かめたところ、びっしりと植林された間に2m四方ぐらいのスペースがあり、そこが山頂のようである。木々の間から三石岳が見える。

 ここでは昼食はできない。急いで来た道を引き返す。そして神蔵山の手前のピーク(ここもネットで囲まれている)近くの陽が差すところを昼食の場所とした。パンとお茶、コーヒー、それに自家製抹茶ケーキ。誰にも会わない、静かなピークでやわらかな日差しを浴びながら、ゆっくりとお昼をとった。30分ほども気持ちよく休憩。

 食事後、亀塔へ向かうのに少しショートカットして戻った。本坂ではぱらぱらと登っていく人を見かける。われわれは三つめの覚洞墓を目指す。悲田谷分岐で本坂からすぐ降りたところで右手は悲田谷だが、お墓へは左手に向かう。お墓にお参りしたのち、本坂分岐まで戻るのは時間のむだなので、直接悲田谷へ斜面を降りていく。

 何回も歩いているなじみの悲田谷を大宮谷林道に向かって降っていく。回峯行の道なのでよく踏まれていて歩きやすい。古代ローマの水道のような導水路のアーチが見えれば大宮谷林道に合流する。あとは林道から比叡山高校横の階段を下り、日吉大社の横を駐車場に進む。

 今日は2回目のリハビリ登山。これまで歩いていないところを歩いた次第。黄葉・紅葉もずいぶん落葉しているが、残っているのも少しは見られたので、よしとしよう。今日も早く帰ることができた。お風呂の後はビールで乾杯。来週は雪が降りそうだが、はたしてユッキーは比良に行けるかどうか・・・







73.[12月7日(月)]駐車場8:55→9:12朽木スキー場さわらび草原登山口→10:17蛇谷ヶ峰(901.5m)10:20→朽木スキー場さわらび草原登山口→11:20駐車場

 
駐車場 雪を待つスキー場 登山口 下山(山頂直下) 805m付近 永昌庵
 
 
リハビリ登山で蛇谷ヶ峰

 前回の武奈ヶ岳の下山時に、ダケ道でユッキーは脚をひねり、整形外科のお世話になることとなった。幸い骨折とか捻挫とかいうことではなかったが、昨日日曜日お天気がよいにもかかわらず山行を思いとどまったのはそのせいである。痛み止めを引き続き飲みつつ、違和感は残るが、リハビリで筋肉にあまり負担のかからない山に出かけようかということで蛇谷ヶ峰に出かけることにした。お昼は、馬の人参ならぬ永昌庵の蕎麦に引かれて・・・。

 名神から161号、堅田から途中へ抜けて鯖街道で北へと進む。道の駅くつき新本陣で入山の儀式をすませ、朽木スキー場へ。朽木スキー場は、冬季積雪時に蛇谷ヶ峰でスノーシューハイクとしゃれ込むときに利用させてもらっている。今年の1月、2月結局雪が降ってもすぐ溶けて、確かこのスキー場も1週間ぐらいで閉鎖したのではなかったか。

 駐車場はスキー場の外にある(スキー場が開かれているときには駐車料を払って中の駐車場に駐める)。われわれが1台目であった。もっともすぐに2台目が来て、元気な60歳台の4人組の女性であった。下山してきたらさらに2台増えていた。

 支度をしてすぐに出発。スキー場の外側、さわらび草原を南へと登っていくと登山届のBOXが設置されているところがある。ここですでに標高500m近い。ここを右に曲がり、沢に沿った道を南西方向へ登っていく。やがて沢を離れて左手の斜面に向かうが、道はジグを切っていてゆるやかに登っていける。降雪があると、この道も隠れて、強引に斜面を登っていくことになるが、今は落ち葉はあっても道は鮮明だ。

 登りはじめはメリノウールのシャツとウールのシャツの2枚であったが、すぐに、1枚になる。元気な女性4人組には抜いていってもらう。なにせこちらはリハビリ登山。

 
817mでスキー場西尾根道と合流し、870mで元生き物ふれあいの里センターからの道と合流する。ここは「お見合い広場」と呼ばれている。ここからはあと30m。

 頂上では4人組が早いお昼をとっておられたので、われわれはピーク写真だけですぐ降りる。頂上からの眺めは雲が多く今ひとつだった。

 「お見合い広場」で、コーヒーと自家製抹茶ケーキで休憩。それからは脚に負担がかからないように慎重に下山する。今日はピストン。

 ほぼ同時刻に4人組さんも下山されてきた。再び挨拶を交わして一足先に出発。まずは、くつき新本陣でお買い物。腐葉土とお土産の干し柿を買う。

 さあ、お昼だ、蕎麦だ、永昌庵。12時前だったがすでに駐車場は一杯。わずかな隙間に駐めさせてもらい、中に入る。今日は山かけ蕎麦と蕎麦モチ揚げ。お腹いっぱいになった。これでは今日の消費カロリーからしたらおつりが出るなあと苦笑い。

 渋滞もなく、1時45分ぐらいには帰宅。12250歩ほどの軽い山行だった。今週末、はたして武奈に行けるだろうか・・・

 お風呂の後は、山名酒造の「奥丹波(純米大吟醸・櫓絞り)」で乾杯。