2020年11月の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】  [2003年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


72.[11月29日(日)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

 
アオガレ アオガレ・テラスから コヤマノ岳南尾根 コヤマノ岳近く 武奈ヶ岳 武奈ヶ岳山頂 駐車場近く HS比良
アオハダ
 
 ヤブコウジ
 
夫婦で201回目の武奈ヶ岳 雪を見る

 この前の靴忘れのリヴェンジで武奈ヶ岳に。夫婦で201回目の登山である。今日は入念に持ち物チェックを行ってから自宅を出発した。7時前に出発したので途中志賀駅前に寄っても8時前に到着し、8時過ぎに出発した。

 出発時長袖2枚だったが、アオガレに到着するまでに1枚脱ぐ。それほど寒くない。アオガレは冬の様相を呈している。もう見るべき花はない。黙々と登る。

 金糞峠に到着。いつものように風が吹き抜け寒く感じる。そこで、峠を下りてヨキトウゲ谷のほうへ行くところで休憩する。ついでに1枚羽織ってまた2枚となる。小橋まで行き、四つ辻に上がる。いつもはここで休憩するのだがパスして南尾根の急斜面を登り始める。すると、ポタポタと滴が落ちてくる。ときおり、水晶のような氷のかけらも落ちてくる。そうか、木の上に積もった雪が落ちてきたのだ。

 あわてて、ザックカヴァーをつけ、さらに1枚レインウェアを羽織る。薄い手袋では指先が冷たくなってくる。手袋を替える。そうこうするうちに、地面の陽の差さないところに雪を見るようになってきた。速い動きの雲が増えてくるのが残念。
 
 われわれにとっては初冬はじめての雪。ようやく降ってきたか。昨年は忘れもしない私の誕生日に雪が降っていたのだ。今年は1週間遅いということになる。

 コヤマノクラウンを見てコヤマノ岳。大勢のグループが昼食をとっている。武奈ヶ岳が寒いからか、風が強いからか? われわれはコヤマノ岳山頂からすぐにブナ林に降りる。ここの雪とブナがなんとも美しい。武奈ヶ岳にもようやく冬が訪れた。感激して写真を何枚も撮っていると山頂へ向かう時間が遅くなる。

 粘土質の滑りやすい冬道だけれども我慢して登る。出発地点から3時間半ほどで山頂に到着。山頂でピーク写真を撮って、今日は北陵周りで下山するので、北陵の岩のあるところで昼食とする。山頂にはざっと30人以上のハイカーが昼食をとっていた。

 昼食はいつものようにパン2個とコーヒー。デザートは自家製さつまいもパウンドケーキ。雲は多いけれども、風はなく、快適。
 
 12時過ぎに昼食を切り上げ、北陵を降る。いつものことだけれど、ここの斜面は粘土質で滑りやすい。慎重に歩を進める。驚いたことにスニーカーでこの滑りやすい斜面を登ってくる若者がいた。若いからできるのか。

 細川越からスゲ原へ。ここもどろどろ。昨年だったかユッキーはここで滑って尻餅をつき、底なし沼のように一人では起き上がれず、手を貸したことがあった。今年はなんとか無事にクリアー。

 広谷からイブルキノコバ、そして八雲ヶ原。熊さん道を通って北比良峠。あとはダケ道。

 雪の道を踏みしめることができて、今日はそれなりに充実した山行だった。大山口から駐車場までのイロハカエデはほとんどが葉を落とし、紅い絨毯のようになっていた。いよいよ、冬の到来。

 帰りはHS比良に寄り、湖西道路、名神で帰る。5時過ぎと意外に早く帰れた。お風呂の後は山名酒造の「旺」で乾杯。すっきりとしていてコクがあるお酒だった。

 

71.[11月25日(水)]大宮川観光駐車場8:50→日吉大社→本坂→根本中堂→11:20大比叡→11:40見晴台12:20→根本中堂→ケーブル延暦寺駅→ケーブル→坂本駅13:30→大宮川観光駐車場

 
日吉大社 分岐(本坂は左) 本坂脇道のお地蔵さん 大比叡 雲母越え 伊吹山(ズーム) 奧護因社 坂本の皇帝ダリヤ
 
 
日吉大社から大比叡へ

 人生なにが起こるか分からない。本日は久しぶりに武奈ヶ岳に出かけようと勇んで家を出て、JR志賀駅前で食料を調達し、イン谷口に到着した。天気が悪く、水曜日であるにもかかわらず車が多く駐まっていた。さて、靴を履き替え準備を進めていると、ユッキーが悲鳴を上げる。「どうした?」と尋ねると、「靴を車に積み込むのを忘れてしまった! 登山靴がない!」と悲しい声を上げる。

 さあて、どうしたものか。スニーカーで行ける山・・・。比良山系は無理だし、湖東に回るのは時間がかかるということで、結局、比叡山に行くことにした。大比叡には永らく行っていない。

 そこでイン谷口から戻ることにして、161号線湖西道路から、いつもの大宮川観光駐車場に駐車した。準備と言ってもユッキーはなにもしなくていい。こちらは、靴を履き替え、準備する。

 坂本の町、日吉大社の紅葉はもう終わりかけ。お天気がよくないので、ひときわ寂しい。叡山高校の横の階段を登り、分岐で、本坂へのルートをとる。この前実感したように、ヴォランティアの方の手入れで見違えるように歩きやすくなっている。これだとスニーカーでも困らない。途中横道にお地蔵さんがきれいに並べられて花が供えられているところも立ち寄って拝むことにした。以前、坂本で出会った方が掘り出されたお地蔵さんをきれいにして、毎日お参りしていると言っておられたのを思い出した。これはそのヴォランティアの方によるものであろう。

 延暦寺会館が見え出すと、人も増え、マスクを着用する。お昼にはまだ早いので阿弥陀堂を経て大比叡にいくことにしよう。久しぶりの大比叡でピーク写真。

 ここからまた東塔に戻る。途中のメタセコイアの黄葉が目を引く。見晴台で昼食。パンとコーヒー。自家製抹茶ケーキ。ユッキーが降りで足が痛いと訴え始める。やっぱりスニーカーでは無理だ。そこで、当初、峰道から横川へ行き大宮川林道で降ろうと予定していたが、その計画を変更し、坂本ケーブルで降りることにした。

 ケーブルの坂本駅からはまた車道を歩くことになる。しかし、ユッキー、転んでもただでは起きない。地図の上でいろいろ探っていた「横川本坂」をケーブルで早く降りられたから確かめに行こうと提案する。こちらとしても嫌とは言えない。日吉大社に行き、まずは「山辺の道」に沿って登り口がないか探ってみる。ポイントは「奧護因社」である。これが見つからないままにどんどん西教寺に近づいてくる。これはおかしい。そこで戻ることにする。結局、日吉大社の入り口まで戻り、そこにおられる神社の関係者に聞いてみたら、ようやくそれらしい道を聞き出すことができて、「奧護因社」に辿り着くことができた。

 今日はここまで。12月には「旧横川本坂」を探す予定である。

 1時間ほど「旧横川本坂」探求に時間を費やした。登山靴を持っていくのを忘れて、目的地も大きく変えざるをえなかったが、思いもかけない収穫もあった。

 3時過ぎに帰宅。うちあげはアイスクリーム。お風呂の後はビールで乾杯。

 




70.[11月22日(火)]希望ヶ丘文化公園

 
サザンカ
リンドウ
希望ヶ丘花散策 JOEさんの案内で

 JOEさんのお誘いで本日は希望ヶ丘の散策に出かけた。来年の花に向けての確認である。われわれはこの地域ははじめて。JOEさんの水先案内ならぬ花先案内、花咲き案内で楽しく快適に里山を楽しんだ。リンドウがまだ咲いていたのは驚きだった。早くもサザンカも見られた。

 そもそもなぜこちらを花探索に選んだのかの話に始まり、JOEさんの花発見にはストーリーがいろいろあり、歩きながらいろいろ聞かせていただいた。中には、濡れた石で滑って倒れたところで起き上がろうとしたところ目の前に花が咲いていたというような劇的な話もあった。

 G-30の標識のあるところで昼食とした。JOEさんからワンタン野菜スープとビールを頂き、こちらは自家製抹茶ケーキを提供。コンビニおにぎりの昼食。コーヒーとケーキ。

 あとは公園の大通りをバス停まで。こちらは人であふれかえっている。ほとんどは車で来られているようである。

 少し待ったらバスが来て、JR.の駅から新快速で京都駅へ。JOEさんとは山科駅でお別れする。JOEさん、いろいろな心遣いありがとうございました。

 家に帰ったら2時過ぎで早い帰宅であった。今日の散策は休憩入れて4時間の散策であったが、歩数は2万歩を超えていた。来年が楽しみである。

 写真の整理をして、夕食は私の誕生日祝い(誕生日は昨日、恥ずかしながら74歳になった)で、すき焼きで、愚息からのプレゼントの日本酒(無濾過生しぼり原酒・純米吟醸生酒「美少年」)で乾杯。

69.[11月17日(火)]東山トレイル

 
センリョウ ヒヨドリジョウゴ カラスウリ ウワミズザクラの黄葉 キッシュとコーヒー 
東山トレイルにキクタニギクを求めて

 中一日の山行で比良等に行くのは厳しいので、近くの山、東山トレイルに出かける。お目当てはキクタニギク。

 試行錯誤しながらやっと見つけられた。やや終わりかけだったが、初めて鑑賞できて、その感激は大きかった。

 「京都の伝統文化の森推進協議会」を中心に自生地復活に20年以上ボランティアや市民が活動を続けられてきたのがここへきてようやく実を結んだようである。感謝、感謝。

 帰りは東山三条の「Le bac à sable(砂の器)」で、キッシュとコーヒー。

 早くに家に帰れてお風呂の後はビールで乾杯。

 

68.[11月15日(日)]大宮川観光駐車場→日吉大社→大宮谷林道→横川中堂→東海自然歩道・峰道→西塔→東塔→本坂→日吉大社→大宮川観光駐車場

本坂・大宮谷林道分岐 悲田谷入り口 アザミの残花 横川中堂 根本如法塔 本坂 大宮川観光駐車場
比叡山に秋を求めて

 昨日だと中一日の山行となるので、中二日の本日、山に出かける。途中コンビニに寄って食料を調達し、いつもの駐車場に8時前に到着した。いつもよりは少し駐車台数が多いが、それほどではない(下山してきたら満車で係員が立っていて、駐車しようとする車を止めてほかに回るように言っていた)。今日も沢には近づかないのでゲーターなし。この頃服装の調整はむつかしいが、今日は秋のはじめの服装で長袖、半袖の2枚。

 夕方に用事があるのでなるべく早く降りられるルートとして、大宮谷林道から横川へ行き、峰道で東塔に寄って、久しぶりに本坂を降ろうと計画。

 11月にもなると山野草は何もない。大宮谷林道を黙々と歩く。アケボノソウの花が終わっているのを発見できたのは唯一の収穫。横川中堂から今日は元三大師堂に寄らずに横川のバス停へ。テントを張って紅葉祭りとかで店が出ていたが、密も密も大変な密。トイレを済ませてすぐに東海自然歩道に。ところが、車が一杯で車と車の間をすり抜けなければ登り口に行けないほど。好天の日曜日ということになるとこういうことになるのか。

 飲水休憩をしていたところ、汗をかきながら横川の方から登ってくるハイカーがいる。大原に抜けたいのだが根本中堂、西塔はどちらかとお聞きになる。なんだか要領を得ないのでよーく聞いてみると坂本から登ってきたのだとか。この方、大きな誤解をしていて大宮谷林道を登ってきたのだが、これを本坂と思っておられたのだ。持っておられる簡単な地図を見せてもらえば、大宮谷林道が載っていない。どうも本坂と大宮谷林道の分岐で間違って後者を選ばれたようなのだ。せりあい地蔵から横高山を経て大原に抜けることもできますが、と言うと、根本中堂を見ずに大原に降るわけにはいかないとおっしゃる。

 で、結局、この埼玉からおそらくGO TO キャンペインで来られたと覚しき人は、修学院に降りることとされ、われわれが西塔までガイドすることになった。

 われわれは少しピッチを上げてせりあい地蔵から玉体杉を経て西塔へ向かう。そこでゆっくりされるということなので、われわれはこの方から離れて先を急いだ。いつもは「一隅を照らす会館」で昼食とするのだが、ここも観光客で一杯。なにが密を避けよだ! いいお天気の日曜日だとこういうことになる。

 しかし、幸い、会館の前の大黒堂の横にベンチがあり、空いていたので席を確保し、ここで昼食とした。コンビニおにぎりとお茶。自家製ケーキとコーヒー。隣のベンチと地面のところには高校生のグループがいて大きな声でふざけている。ここが仏教の聖地であることなど頭の片隅にもなく、遊園地であるかのように振る舞い、こちらが食事中であるのに、埃を上げて走り回っている。やれやれ。

 終わって片付けをしていたら、まだ立ち上がってもいないのに、子供連れの若夫婦が声かけもせずに端から座り出す。やれやれ。


 なんだか、気分が悪いことばかり! ともかく、さあ、下山だ。本坂を降りながらユッキーが、「われわれも年寄りになったなあ、口には出さないけどこんな小言をぶつぶつ言うようになって」と嘆く。

 本坂の紅葉スポットでユッキーの写真を撮り、降っていく。この道を使うのは数年ぶりだ。ごろごろ道でいやなので、遠回りになるが悲田谷を使うことが多かった。しかし、記憶とは異なり、ずいぶん手入れがなされて歩きやすくなっている。これは誰か整備をして下さっているボランティアがおられるのだ、と話をしながら歩いていると、下の方で、その整備をしている当の方が作業をしておられたのだ。お礼を言いながら少しお話をする。坂本の地元の方のようで、ダケ道のWさんのような方だった。感謝、感謝。大黒堂横の傍若無人、ミーファーストの連中と比べてなんたる違い!

 ようやく気分もよくなり、駐車地への道を急いだ。降りはずいぶん速く降りられた。駐車場に着くと満車状態で、新たな車が入らないように係員が誘導していた。こんなに車で一杯なのは初めて。近くに光秀の菩提寺である西教寺があるのも関係しているのだろう。車に乗り込みあとはスムーズに帰宅できた。

 早めにお風呂に入って食事。ビールでうちあげ。

 比叡山の紅葉はスポット的に美しいのは美しいのだが、百里ヶ岳の全山紅葉・黄葉と比べると、もうひとつ感激がわかなかった。日吉大社の紅葉もほぼ見頃を迎えていた。

67.[11月12日(木)]小入谷峠→百里新道→シチクレ峠→分岐→百里ヶ岳→分岐→根来坂峠→おにゅう峠→林道小入谷線→焼尾地蔵堂→小入谷BS→小入谷峠

百里新道 百里新道 百里ヶ岳遠望 百里ヶ岳山頂 根来坂峠 鯖街道・旧道 道の上を川が流れる
百里ヶ岳に秋を求めて

 昨日は用事があったので、今日に山行としたが、お天気の関係でも今日がよさそう、ということで、高島トレイルの黄葉・紅葉を観賞に出かけることにした。昨年は11月13日に出かけて紅葉・黄葉を堪能している。また、山の休日さんがこの前の日曜日(8日)に出かけられて報告をされている。

 高島トレイルはやっぱり遠い。梅ノ木からの道は神経を使うので、朽木学校、新本陣から回って行くことにする。こちらも気を遣うところは何ヶ所かあるが、針畑川沿いに比べればましである。約2時間かかった。

 小入谷峠(小入谷越との表記もある)で車を駐める。すでに2台駐車している。基本尾根歩きなので今日もゲイター着けず。

 登り口から最初は急な登りだが、尾根に上がってしまえば、あとは、アップダウンがあるだけで比較的楽な尾根歩きとなる。登り始めた最初から黄葉・紅葉が美しく、写真を何枚撮ったことか。写真を撮るたびに立ち止まるので自然立ち休憩していることになる。おかげで快適に先に進めことができる。このあたりはタカノツメの黄葉が目立つ。

 しかし、人生そんなに甘くはない。シチクレ峠からは急な斜面を登っていくことになり、「楽だ」などと気楽には言っておられない。分岐に辿り着いてT字路を右に90度曲がる。ここからは百里ヶ岳は近いのだが、斜面はきつい。おまけに偽ピークが前に立ちはだかっていて、それを乗り越えなくてはならない。岩のロープ場もあり。と思っていたら、なんと、前からかおりさんとお連れ二人が頂上から降ってこられる。「比良ならともかく、よう、こんなところで」とかおりさん。お互いの偶然を喜ぶ。

 さてさて、何のかんのと言いながら、山頂に到着。歩き始めから2時間の予定が大幅に延びる。先行者2人。山頂で風の当たらないところを見つけて昼食とする。コンビニおにぎりとお茶。コーヒーと自家製ケーキ。

 昼食後は急な斜面を慎重に降って根来坂峠を目指す。ここも快適な尾根道だが、白石山を乗り越えないと根来坂には辿り着けない。ここがしんどい。誰か巻き道つけて根来坂に行けるようにして下さらないかなあ、などと弱気なことを考える。根来坂峠のお地蔵さんの祠は新しくなっていた。

 根来坂からはおにゅう峠へ。以前はおにゅう峠をパスしていたのだが、昨年は寄っていくことにした。それで今年も。おにゅう峠に近くなったところで高島トレイルの標識は林道に降りるように指示してあり、昨年はその通りに林道に降りたが、今年はまっすぐ行ってみたらどうだろうと、尾根の先端まで進む。やっぱり崖になっている。いまさら戻るのもいやである。そこで昨年見ていたロープを探す。

 やっと見つけて急な斜面をずりずり降りてまずはロープのところまで。太いロープで誰も使わないからだろうか苔むしている。これにつかまり懸垂下降。やっと、林道に立つことができた。小さな冒険。おかげで手袋は苔の緑色に染まった。

 おにゅう峠から若狭湾を見て、お地蔵様にお参りして、あとは林道を降る。ヴューポイントでパチリ。焼尾地蔵堂から下へ向かい、ガードレールの切れ目に「鯖街道」と表示のあるところから旧道に入る。黄葉・紅葉のパラダイス。幸せな気持ちで降っていく。登山口に着いたらおにゅう名物の道の上を川が流れるところをジャブジャブ進み、バス停から最後の登り。無事駐車地まで辿り着いた。朝にあった2台はすでになく、あとから1台われわれが見なかった車が駐まっていた。

 後片付けをして、朽木新本陣まではユッキーが運転し、朽木新本陣で買い物をして帰路についた。名神がやや自然渋滞していたが、それほどの遅れはなかった。

 ビールで家のうちあげ。紅葉・黄葉のベストの時とこちらが出かける時とが必ずしも一致しないことが多いが、今日は合致したように感じられた。ブナ林のきれいな黄葉が見られたのは今日が初めてであったように思う。これまでは落葉しているか、汚く黄葉しているかしかなかったからである。今日見た黄葉・紅葉で今年の分は全部見たように思われる。

66.[11月8日(日)]イン谷口→東稜道→堂満岳→南比良峠→縦走路→金糞峠→奥ノ深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→イン谷口

古崎川源頭 堂満岳 okaokaテープ 南比良峠のお地蔵さん 修復された橋 ダケ道 コーヒーとおはぎ
堂満岳、南比良峠に秋を求めて

 週の途中で1回山歩きをしたいと思っていたが、いろいろ用事が入り、結局、今日、前回から1週間後の山行となった。比良山系の紅葉・黄葉で見所の箇所はいくつかあるが、堂満岳、南比良峠、大橋のあたりもその一つである。

 7時前に出発できたのだが、伏見でもすごい霧が発生しており、出発をためらうほどであった。しかし、まあ、朝のうちだろうということで、7時過ぎに出発した。名神京都南インターまでゆっくりと車を走らせる。もちろんフォッグランプもつけているが、信号が見えないほど霧が深い。しかし、幸い名神に乗って東インターへ行く頃には次第に霧は上がっていった。

 JR志賀駅前のパン屋で食料を調達し、入山の儀式をすませて、イン谷口へ。今日はサクラノコバ、ノタノホリ経由で堂満に登るので、イン谷口の橋の手前で駐車する。すでに1台駐まっていた。昨日雨が降ったので、ゲイターをつけストックを出して準備。

 橋を越えてサクラのコバから入っていく。沢を徒渉して別荘地に入り、ゴロゴロ道の傾斜のきつい道を登っていく。ノタノホリに到着したところ紅葉・黄葉はこのあたりまで降りてきていた。神秘的な池である。

 次のポイントは古崎川源頭。ここからは秋本番である。「大曲り」(アイちゃんからこの名前を教わる)で、休憩し甘納豆で気合いを入れる。標高740mぐらい。堂満は1057mであるから、これから300mほど登るわけである。写真を撮るのに忙しくなかなか先に進めない。

 シャクナゲの木立を回り込んで山頂に。そうしたらなんたる偶然。堂満の主MBさん、イン谷口の住人KBさん、噂で聞いていたドイツ(?)人とそのお連れの日本人の4人が一緒に登ってこられて山頂で談笑されていた。これから4人そろって下山して比良トピアに行かれるとか。

 こちらはピーク写真のあと、南比良峠へ急ぐ。縦走路に降りてから南比良峠へ行くよりは、ショートカットで行こうと、堂満を少し降りたところから尾根を降っていく。okaokaさんのテープがあるところから、ユッキーは尾根の先端までさらにまっすぐ行こうとするが、「ここは傾斜きついから右の縦走路が見えているところへまわったら」と先行するユッキーが言うので、こちらは縦走路が見えている斜面から降りようとする。ところがここが砂がむき出しの斜面で捕まる木もないところ。木があるところまで回り込んでそろそろと縦走路に降りたら、ユッキーはとっくに南比良峠近くの尾根の先端から降りていて、私の安否(?)を心配して縦走路を歩いてきた。大きな声で「こちらに戻るほうがいい!」と叫んだというが、こちらは全く聞こえなかった。やれやれ。まあ、ともかく二人とも無事に南比良峠に到着し、ここで昼食とした。パンとコーヒー。デザートは自家製ケーキ。

 食べていると、少し黒い雲が近づいてくるは、雨がぱらっとくるは、ということで、ここから大橋に降りていくことは諦め、縦走路で金糞峠まで行き、そこから奥の深谷で黄葉・紅葉を楽しもうとプランを変更する。

 縦走路を金糞峠に近づいていたとき、向こうから、なんと、ヨネちゃんが近づいてくるではありませんか。今日は八つ淵の滝から八雲ヶ原経由で金糞峠に来て、これから堂満に向かうとか。堂満東稜道はよかったですよとお話しする。HS比良での再会を期してここで別れる。

 金糞峠を過ぎて奧ノ深谷に降りたところ、ここから八雲ヶ原まで秋の最盛期を感じながら、進む。とまた、ここで思いがけない人と出会う。アイちゃん(男性)である。お連れの人と今日は狩りでやってきたとのこと。

 知っている人と武奈ヶ岳ではなくてなんとよく会うことか。奧の深谷で秋を満喫したのちは八雲ヶ原、熊さん道で北比良峠。ここからのダケ道でも紅葉・黄葉を期待する。

 堂満でもそうであったが、標高800m以上の所では葉も散って、晩秋の趣を呈している感じだった。ダケ道でも、800m以下が秋本番。写真を撮りたいがヨネちゃんをHS比良で長く待たせると悪いので、アクセルを踏み、急ぎ足で下山。イン谷口の駐車場所で着換えをし、後始末をしてHS比良に急ぐ。それでも30分ほど待たせてしまった。おはぎとコーヒーでまったり。

 帰りはいつもの迂回路経由で帰宅。お風呂に入り、今日はビールで締め。乾杯。ご苦労さんでした。次はどこへ行こうか。


65.[11月1日(日)]坊村8:55→御殿山コース→御殿山→西南稜→11:45武奈ヶ岳→パノラマコース→13:40八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:25大山口→イン谷口

三宝橋 武奈ヶ岳方面遠望 西南稜にて 第3ピークへ(Y) 武奈ヶ岳山頂 ダケ道 コーヒーとおはぎ
15人全員集合(K)
武奈ヶ岳200回記念登頂、ヨネちゃん250回記念登頂。  写真(Y)はヨネちゃん、(K)はかおりさん提供。

お集まり頂きましたみなさま、ありがとうございました。

 午後から曇りとなるが、午前中は晴れとの天気予報で本日登頂記念日とする。車で行くことも考えたのだが、帰りの渋滞を恐れて出町柳からのバスで行くことにした。もちろんこれはこれでデメリットもある。何事があろうとも電車、バスは待ってくれないので早い時間に家を出なければならないこと、バス停で横入りとかの不愉快なことが起こる可能性があることといったところ。

 日曜日だし乗客は多いと予想されたので、早めに家を出て、7時10分にバス停に並んだ。お一人だけ待っておられたのでわれわれは2番目、3番目だった。こうなると横入りの心配はない。駅のパンショップで食料を調達し、35分間待つ。あとでFさんも来られて並ばれた。

 結局2台のバスで出発。両方とも10人以上が立っておられた。1時間ほどで坊村到着。川向こうの駐車場はすでに一杯。われわれは儀式をすませて早々に出発。ハイカーは実に多い。後ろから迫ってくる若いハイカーには次々と道を譲る。モミジのコバ(われわれの命名)で休憩。ここらあたりで標高は700m。続いて急坂のジグザグ道。我慢の登りは続く。冬道、夏道の分岐でほっとして、夏道で行く。このあたりまで紅葉はまだほとんどない。

 夏道から枯れ谷へ。ここの紅葉も遅い。ここからの斜面もつらいところ。乗り越えるとあとは見晴台、御殿山まではそこそこスムーズに歩いて行ける。御殿山ではお昼にしている人もいて賑やか。早々にワサビ峠に降りる。ここからは西南稜に向けて紅葉がすばらしい。ベニドウダンとホツツジの赤を黄色、常緑樹の緑が引き立たせる。口ノ深谷、コヤマノ岳の紅葉・黄葉も見事。もう少し陽が差せばもっといいのだが・・・

 第1ピーク近くでkol-yosiokaさんと出会う。それから写真パチリパチリでなかなか先に進めない。第3ピークに近づくと、なんと、ヨネちゃんとKさん、Iさんがお出迎え。かおりさんたちも山頂にもう着かれていた。みなそれぞれにお昼とする。

 終わって集合写真。Captsubaさんから西宮のWMさん、イン谷口のKBさん、Fさん、しーちゃんにM2さん、山休さんに洛西おやじさん、Chさん、かおりさん、お迎え頂いたヨネちゃん、Kさん、Iさん、そしてわれわれをあわせて15人。記念写真を撮り終えて、洛西おやじさんに山頂のお地蔵さんの前で般若心経を唱えて頂く。

 さて、降りはみんなでパノラマコースから北比良峠、ダケ道。黄葉・紅葉に酔いしれて下山した。イン谷口の紅葉はまだこれから。車に分乗して「ほっとすていしょん比良」で再集合。山の話を中心にいろんな話が出て楽しいひとときをすごした。山が好きで普段は単独で山に入っている者たちがネットを通じて知り合い、時にこういうオフ会を行う。会も規則もなにもない中でこういうコミュニケーションがとれるのはなかなかいいものだと思った。

 あとは電車で帰宅。JRの電車の中でも話は続いた。お風呂の後は山名酒造の「奥丹波・ひやおろし」で乾杯。

P.S. どの写真をピックアップしようかと迷った。掲載したのはほんの一部。