2020年10月の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】  [2003年~2016年(整理中)]

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

HOME


64.[10月29日(日)]イン谷口8:11→大津ワンゲル道→11:03釈迦岳→カラ岳→北比良峠→ダケ道→大山口→14:10イン谷口14:17

季節外れのスミレ シロモジ 大津ワンゲル道名物 フジハゲ 山頂近く 釈迦岳山頂 釈迦岳
釈迦岳に錦秋を求めて
 
記念登山日は11月1日(日) 山頂に11時45分~12時30分。16時イン谷口発のバスでHSひらに。
車で来られる方はトイレ前の駐車場が工事のため利用できませんので、それよりは下あるいは大津ワンゲル道登山口に駐車して下さい。


 釈迦岳あたりの黄葉はいかがかと、久しぶりに大津ワンゲル道、イチョウガレで釈迦岳に登ることにした。お天気は曇り時々晴れで、縦走路ではやや風があり、肌寒かった。黄葉・紅葉は800m以上で見られ、まだ葉があまり落ちず、錦秋を楽しむことができた。

 JR志賀駅前で食料調達、儀式をすませ、イン谷口のバス停を越えて大津ワンゲル道登山口の前に駐車する。すでに1台車が駐まっていた。今日は基本尾根道なので、ゲイターを着けず出発。

 小橋を渡り、ゆっくりと進む。大津ワンゲル道は倒木の整理もあまり行われておらず、何ヶ所か迂回路をとる。全体としてはよく考えられた道で、急な登りと比較的平らなところとが交互に出てくる。尾根を北へ北へと進む。標高750mあたりからは北北西に向きを変える。黄葉が見られるようになり、期待は膨らむ。木々の間から左手には堂満岳の、右手にはフジハゲのピークの雄姿が見られる。

 今日のハイライトはイチョウガレである。三点支持で慎重に登る。10分ほどで通過するが、緊張しているので、通過したときには疲れがどっと出る。

 しかし、ここまでくれば山頂も間近くなり、黄葉のパラダイスである。リフト道の直登道を過ぎれば、あと一踏ん張り。写真を撮るのが忙しく、それが立ち休憩代わりになる。ここまでハイカーは前に一人だけ。

 山頂でピーク写真ののち、昼食には少し早いので、いつものように縦走路、カラ岳目指して進む。黄葉のトンネルをくぐり抜け、カラ岳を過ぎてからいつもの岩のところで昼食。ここは風が遮られて快適。今日はパンとポタージュ。暖かいのが嬉しい。甘納豆とお茶で締め。

 お腹も大きくなったので30分の昼食休憩ののち出発。北比良峠ロッジ跡に行くまでに2カ所ほど片足の幅しかないところあり。まあ、あまり長くないので慎重に歩を進める。

 北比良峠からはダケ道。800m以下になると緑の葉が多くなる。カモシカ台、大山口を過ぎてトイレ前近くに来ると、下から大きなリュックを担いで登って来る人に出会った。なんと、イン谷口の住人KBさん。食料の買い出しに出かけられていたとか。記念登山日の確認をされていたので、ひょっとしたら来られるかも。

 釈迦岳登山口に着いたら朝の車はなくなっていたが、われわれの後に来たと覚しき車が2台駐まっていた。

 今日はHS比良も開いていないので、そのまままっすぐ帰宅。早く帰れた。3時過ぎ。6時間の歩きだった。山の話をいろいろしながらアイスクリームを食べてうちあげ。お風呂の後はビールで乾杯。


 つい先日知人(40年間お世話になっていた散髪屋)が急死(73歳・私より1歳下)して、気落ちしている。彼は高校時代ワンゲル部にいて、散髪に行くたびに山の話を楽しみ、8月下旬に散髪してもらったのが最後だった。今日、美しい山の黄葉・紅葉を見て、いつまで見られるのだろうとふと思った。
 

63.[10月25日(日)]朽木栃生バス停→イクワタ峠→釣瓶岳→ナガオ尾根→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口バス停

朽木栃生登り口 釣瓶岳 釣瓶岳 P1050 ナガオ尾根 広谷降り口 ほっとすていしょん比良
センブリ
リンドウ
 
ナガオ尾根に紅葉・黄葉を求めて
 
 武奈ヶ岳に出かけるとフライイングになるので、今日はナガオ尾根に出かけようと考えた。車でイン谷口まで行って細川越経由、釣瓶からナガオとも考えたが、距離は長くなるし、帰りの車の渋滞も困るということで、結局久しぶりに出町柳からのバスで出かけることにした。発車30分ほど前に到着したのだが、すでに列ができている。人数をざっと見れば、1台目で十分座れそうなので安堵する。待っているときに「峠みち」さん(okaokaclub)かなと思ったのだが、一回会ったきりでしかも正面からお顔を見ていなかったので自信がなく、声かけをしなかったのだが、「峠みち」さんから声をかけて頂いて、「お久しぶりです」ということになった。聞けば、朽木栃生からナガオ尾根とのことで、行き先が全く同じ。

 バスに乗り込むと、2台目の臨時もでたようで、立っている人はいるけれども、「密」にはならない状態で出発。今日はいろいろなことが起こった。まず、団体で来ている客の一人が大原で運転手に頼んで降ろしてもらっている。なんだろうと思ったら、トイレに駆け込んでいった。戻ってきたところで発車。

 平で数名が降り、葛川学校前で一人、そして坊村でかなり多くの人が降りられたが、それでも、いつも以上に多くの人が下車せずにそのまま残っておられる。団体が二つ。そこへ臨時バスからこちらのバスへ移動してきた乗客が何人か。なんとその中に生駒のお姉さんがおられたのだ。聞けばやっぱり釣瓶へ行かれ、それから武奈に向かうとのこと。

 バスは坊村から鯖街道を北へ進む。まず「梅ノ木」でトレラン風の団体さんが降りられる。そして、「野街道」でもう一つの団体さんが降りられた。この方たち、どこの山へ向かわれるのだろう?

 乗客は数少なくなった。「朽木栃生」で降りたのは5人。われわれ夫婦と生駒のお姉さん、峠みちさん、そしてもう一人男性ハイカー。われわれは、のろのろ歩きなので、峠みちさんには先に行って頂く。われわれはバス停小屋で若干の準備をして、生駒のお姉さんよりも先に行かせてもらう。思っていたとおり、あとで追い抜かれることになる。

 イクワタ峠までの道はさすが古道と言うべきか、歩きやすい。松の落ち葉でふかふか。迂回路は3カ所、最初は登り口すぐのところで砂防工事の関係で迂回路あり。続く2カ所は2年前の台風の傷跡そのままのところ。特に問題はない。

 イクワタ峠からは二つ偽ピークあり。地面が粘土質で滑りやすい。草の生えているところを選んで登る。

 釣瓶岳はいつも通過点にならざるをえない。見晴らしがないからである。まあ仕方がない。天気予報によれば風が強いとのことだったが、幸いそれほど風は強くない。お腹も空いてきたので、いつも昼食地にしているP1050に急ぐ。最初は植林の中のやや傾斜の急な斜面。植林が切れたところで、紅葉はと見れば、葉が茶色くチリチリになって、下に落ちている。酷暑と水不足ではやくも枯れて落ちてしまっているのだ。先週武奈ヶ岳の頂上から見ていたのがこれなのだと確認。

 ごろごろ石のP1050で昼食。武奈ヶ岳を見ながら、パンとコーンポタージュでようやく空腹を満たす。3時25分のバスに乗りたいので、12時30分には腰を上げる。このあたりから紅葉・黄葉の樹を少し見るが、まだ、緑のもけっこうあって、あと1週間はかかるかなあと思った。

 P991の手前の谷を降りる。okaokaさんのテープはいまだ健在。広谷からイブルキノコバへのあたりは黄葉が十分楽しめた。

 八雲ヶ原に着くと、「峠みち」さんと再会する。なんと、イブルキノコバからコヤマノ岳へ登り返し、四つ辻から奥の深谷源流を経て八雲ヶ原に来られたのだという。若い。親子ほどの年齢差があるのだから。そしてここで、かおりさんと会う。こちらはこちらでお元気。今日も一番電車で来られて比良の王道で武奈ヶ岳に行かれて八雲に降りてこられたとか。

 ここからはアクセルを踏んでバスの時間に間に合わせようとする。熊さん道から北比良峠、ダケ道で大山口。大山口でバスの時間まで30分あるということで、余裕をもって降りていく。イン谷口でアイちゃん(男性)と会う。「お久しぶりです。またご一緒に」。バス停に急ぐ。

 バスを待っていると、かおりさんも追いついてこられた。4人はHS比良へ。ヨネちゃんが次のバスで到着予定との一報が入り、4人で歓談。そこへ、ヨネちゃんとKさんが到着された。もう少しゆっくり話したかったのだが、家の猫の調子がもう一つなので、お先に失礼して、「峠みち」さんとわれわれ二人は駅に急ぐ。ギリギリのところで乗車でき、京都駅までまた山の話をいろいろとしていたら、あっという間に京都駅。ここで「峠みち」さんとはお別れする。

 帰宅して、お風呂のあとはビールで乾杯。こんなに山の仲間が広がって、楽しく話ができる、幸せなことである。

62.[10月18日(日)]暮雪山多目的保安林駐車場→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ峠→西南稜→武奈ヶ岳→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

ヨウシュヤマゴボウ ワサビ平 西南稜 山頂 コヤマノ岳分岐 ヤマシロギク おはぎとコーヒー
フクオウソウ
エゾリンドウ
 リンドウ
ついに武奈ヶ岳、夫婦で199回目

ヨネちゃんとの合同記念登山日は11月1日(日)予定

 秋はどの程度深まっているか、リンドウ、エゾリンドウはいかがか、等の観察に武奈ヶ岳に出かける。いわゆる王道コース(武奈ヶ岳までは)。

 やっぱり日曜日で、昨日は終日雨のため、今日の登山者は多かった。トイレ前の駐車場も満杯で、無理すれば駐められなくもなかったが、無理せず、トイレ前より下のところで駐車する。

 アオガレよりもずいぶん下のところでヨネちゃんが追いつかれる。以後、最後までご一緒した。花の話はもちろんのこと、いろんな話をしながら登っていく。アオガレのアキチョウジはもうだいぶくたびれている。

 今日もまた生駒のお姉さんにアオガレの途中で追いつかれ、挨拶をして、先に行ってもらう。

 気温が下がってきたので汗が噴き出すこともなく楽に登っていける。金糞峠に着くと風が通過して寒いぐらいなので降りたところで休憩する。

 ヨキトウゲ谷を進む。何回か徒渉して、それから沢を離れていく。ここから中峠への道はいつもしんどい。ただ、夏の暑いときと比べればずいぶんと楽である。

 中峠からはワサビ平へ降る。ここは紅葉・黄葉が美しいところだが、始まったばかりのようだ。最盛期はあと1週間から2週間後ぐらいか。

 ワサビ谷からワサビ峠へ。ここへ来ると坊村からの登山者が次々に登ってくる。いよいよリンドウ観察。11日前に来たときには、今年は株が少ないかなあと嘆いていたのだが、今日来てみると、けっこうたくさん花が開いていた。これはうれしい発見。全体としては開花が遅れていたのか。

 第一ピーク、第二ピークを過ぎ、第三ピークを目指していたらなんと山休さんが待っておられるではないか。なんだかいつも待たせてばかりいるようで恐縮する。

 山頂はかなり多くの人がいたが、記念写真のあと、なんとか食事場所を確保。今日はパンと卵スープ。

 13時に下山開始。イブルキノコバ分岐、コヤマノ岳分岐を過ぎてパノラマコースに。このあたりのブナ林も黄葉が進んでいる。

 ススキの原のゲレンデ跡を滑らないようにして降り、八雲ヶ原に着いてまたリンドウ観察。今年は一輪しかないなあと思っていたところに、昨年と同じぐらいに花があった。これはうれしかった。

 そして、ゲレンデ跡を花を探しながら登っていく。オオバキスミレが咲いていた。センブリはそろそろ終わり。マツムシソウはもう終わっていた。ここでもリンドウがちらほら。花観察をしているとなかなか先に進めない。

 北比良峠に着くと、団体さんが休憩しておられた。一緒にダケ道を降りるのはいやなので、そうそうにダケ道へ向かう。あとはもう花なしなので降るだけである。山休さんと話をしながら降ったので、ダケ道のいつもの単調さにうんざりするのは免れ、知らないうちに大山口に降り立っていた。

 駐車地で着換えを済ませ、「ほっとすていしょん比良」へ一目散。5時まで楽しくマスクを着けてお喋りをした。

 記念登山の日を一応11月1日にすることにして、3日を予備日とすることにした。

 日曜日の5時台、やはり車が多い。迂回路を通って帰宅。ビールでうちあげ。

(集合写真はヨネちゃん提供)

61.[10月15日(木)]大宮川観光駐車場8:00→日吉大社・東本宮→神宮寺山→行者道→三石岳→元三大師堂→大宮谷林道→日吉大社→14:10大宮川観光駐車場

日吉大社・東本宮 神宮寺山 三石岳のとりつき 三石岳 日本生命慰霊宝塔前 元三大師堂 横川中堂
ダイモンジソウ
ミカエリソウ
オタカラコウ
比叡山横川へ

 中2日の本日、無理せずに行けるところということで比叡山横川にする。時計回りか反時計回りか少し迷ったが、降りには足にやさしい大宮谷林道がいいかと考えて日吉大社・東本宮(二ノ宮)から登る反時計回りにする。しかし、しかしこのルートでは、花の少なくなった大宮谷林道なので、遠回りが退屈だとの結論に達し、本日の選択はあまりよくなかったなあということになった。もちろん花が多いときには退屈ではなくなるのでこのルートがベターということである。

 牛尾宮(八王子宮)と三ノ宮の社殿の下を八王子山をまいて進む。そのまま行者道に進んでもよかったのだが、神宮寺山(△447)に寄っていこうかということになり、腕力登山で南の方から道なき道を山頂目指して登る(普通は行者道を先に北へ進んで南に戻る)。こてつさんの薫陶を受けなければ、こんな山行はしなかっただろうが。

 まあ、「がっかりピーク」には違いないが(それを言えば三石岳も同じ)、未踏の山頂に立ってピーク写真。ここには三角点なし。ここから、北へ尾根を降っていけば行者道に合流する。

 あとは行者道を北へ北へ。そして、三石岳(△675.7)に寄っていく(尾根の端から直登する道もあるが、傾斜がきついので今日は行者道を先に進んでからとりつくことにした)。この山頂には三等三角点あり。また、行者道に戻り、バナナを食べて小休止。栢ノ木坂分岐、中尾坂分岐を経て、四季講堂(元三大師堂)に到着。ここでお昼とする。ここへ来るまでは誰とも会わなかった。

 お参りの人、観光客がちらほら見える。元三大師堂の前には、ベンツやBMWの高級車が10台ほど駐車している。何があるんだろう?いつもなら1台、2台なのに。写真屋で比叡山行院の修行を終えた修行僧の記念写真を依頼されて撮りにきたという人と少し話をする。もう何年も横川に来ているそうだ。その人もなにかここで行事があることは知らされていないとのことで駐まっている車の多さに驚いておられた。

 昼食後、横川中堂の横を通り、大宮谷林道に入る。アケボノソウ、ツリフネソウを期待していたのだが、見当たらずがっかり。ただ、もうええわと言うほどにミカエリソウは林道の横に延々と続いていた。

 今日はお天気がよく、山を歩くのも気持ちがよい。大宮谷林道に入るとまたしても誰とも会わず日吉大社まで降りてきた。

 早く降りてこられたので帰りに買い物をして帰宅。家でアイスクリームを食べながらうちあげ。写真の整理をしてお風呂のあとはビールで締め。

60.[10月12日(月)]栗原9:00→権現山→ホッケ山→小女郎峠→12:10小女郎池12:30→小女郎峠→蓬莱山→打見山→キタダカ道→15:38JR志賀駅15:40

フジバカマ 名残のキタヤマブシ 権現山 ホッケ山 テンニンソウ ミカエリソウ サラシナショウマ
リンドウ
アケボノソウ
ツリフネソウ
コウヤボウキ
 
ナギナタコウジュ 
南比良に花を求めて

 南比良で秋の花を探るため、今日は、JR和邇駅で降り、タクシーで栗原まで向かう(2300円)。久しぶりだ。登山口の所に1台駐車。ゲイターを着けヒルよけを噴霧して出発。

 フジバカマ、アサギマダラ保護区のところまで林道を進む。花を見つけては写真撮影。なかなか前に進めない。

 湖西線の電車から見ていると、山の上の方にはガスがかかっていたが、登山道(といっても、大半は林道だが)は曇り空。しかし、ときおり見える琵琶湖には陽が差している。蒸し暑い。

 ズゴノバンまで、来ると、大分高度を稼いだ気になる。ブト、小蠅がうるさいのでパーフェクト・ポーションを噴霧し、ネットをかぶる。ここからいよいよ登りが急になる。途中降りてきた人と言葉を交わす。登り口の車の持ち主で、週に2,3回は権現まで登っているとのこと。その人の話では、ここは比良三大急登の一つとか。あとは坊村・明王院の御殿山コースと伊藤新道なのだろうか。

 今まで林道でゆっくり登ってきたのでこの急登は少しこたえる。が、しかし、これが永遠に続くわけではない。上の方で空が見え出すと頂上は近い。山頂ではハイカーは二人。雲が東から西へ尾根を超えて流れている。ここからも花観察で忙しい。

 冬になり雪が積もると権現山から打身山まではわれわれにとってスノーシューハイクのコースであったが、今年の1月から3月は雪が少なく実施していない。来年は行けるだろうか。

 小女郎池で食事をするべく、道の両側の花に目配りしつつ先を急ぐ。この尾根の縦走は本当に気持ちのよいルートだ。右手には琵琶湖が見えていて、見晴らしもよい。ホッケ山に登り、下って小女郎峠。さらに下って小女郎池に。何年ぶりだろう。池の周りに草が生え、池が少し小さくなったように感じられる。池の周りの少し小高くなったところで昼食。ドンクのパンと牛乳。甘納豆。

 池であった人は3人ぐらい。いずれもゴンドラで登ってきたような服装だった。ここから蓬莱山までは今日が月曜日とはいえ観光客がぱらぱらと降りてくる。花観察も蓬莱山まで。リンドウはずいぶん見られた。曇り空で開いているか心配だったが、その心配は幸いにもあたらなかった。

 蓬莱山からゲレンデをまた降って笹平。人がけっこう来ている。さらにまたゲレンデを登って打見山へ。ここからキタダカ道へ入るのには注意が必要。今まではゲレンデから直接下に降りて天命水のところまで出るのが普通の道だったが、ここはスカイウォーカーのための道となっていて、登山者はいったんゴンドラ駅下まで上がって、そこから天命水のところへ降りることになっている。ちょいと面倒だが仕方がない。

 キタダカ道を降りるのは久しぶり。二年前の台風以前にここを使ったので、台風の被害のことは知らない。それで、クロトノハゲを通過して降りていったが、倒木の処理は終わっているようで、ほとんど倒木で困るということはなかった。ただ、道はずいぶん荒れていて、石がゴロゴロで歩きにくい。

 途中、ポンポン山や鞍馬や比叡山であったような風によってなぎ倒されている箇所があった。それと、キタダカ道の連続の堰堤の上のほうの堰堤だが、大きな岩が堰堤で止められているところを見た。土石流のエネルギーのすごさを物語るものであった。

 大きな堰堤二つの横を通り、湖西道路の車の音がしてくると駅は近い。志賀駅に着くとあと2分で京都行きの列車が来るという。着換えも何もせずに疲れた足にむち打って(?)階段を駆け上がり、到着した列車に乗り込む。前のほうの列車に乗ったら乗客は誰もいない。そこで私は着換えをすませた。

 京都駅から近鉄で帰宅。歩いた歩数はゆうに3万歩を超えていた。お風呂のあとは、山名酒造の「秋季ひやおろし・奥丹波寒露」。すっきりした酒だった。

 今年比良で見られなかったアケボノソウも見られたし、テンニンソウにナギナタコウジュ、ミカエリソウも見られたし、ツリフネソウも見られたし、大満足の一日だった。

59.[10月7日(水)]暮雪山多目的保安林駐車場8:05→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ峠→西南稜→12:17武奈ヶ岳12:51→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:35大山口→暮雪山多目的保安林駐車場

デワノタツナミソウ コバノガマズミの実 西南稜から武奈ヶ岳 山頂 センブリ エゾリンドウ アリコヴェールとコーヒー
アキチョウジ
ダイモンジソウ
リンドウ
ウメバチソウ
武奈ヶ岳、夫婦で198回目、kimken201回目、ユッキーは ?>200回。
200回記念登山は、ヨネちゃんの250回記念登山と合わせて、10月25日か11月1日あたりに実施予定。

西南稜のリンドウ観察
 
 先週土曜日に西南稜を歩いて、天気が悪く、リンドウがきれいに花開いていなかったので、日が差す今日、比良の王道で中峠、ワサビ峠を回って西南稜でリンドウを観察することにする。

 比良の王道は時間がかかるので、できる限り早く(といっても、10分ほどだが)家を出発し、JR.志賀駅前で食料調達、儀式をすませイン谷口に。駐車台数は5台ぐらい。

 アオガレに着くまでに先行者が一人休んでおられた。声かけをすると、鈴鹿から来られていて武奈ヶ岳がはじめてというYさん。ガイドブックのルートで登るとのことで、それが偶然にもわれわれが今日とる王道ルート。そこで、ここからガイドをつとめることになる。

 汗はかくが、暑くはなく、調子よくアオガレ、正面谷を登っていく。天気予報の割には雲が多いが、仕方がない。金糞峠からヨキトウゲ谷に向かう。水量は多くないので、数多くある徒渉箇所も難なく渡れる。

 中峠へと登るところもいつもはしんどいのだが、今日はそれほどでもない。淡々と登っていく。

 中峠からワサビ平へ。ここは紅葉が美しいところだが、葉っぱがけっこう落ちてしまっている。今月おわりあたりどうなるだろう。

 ワサビ平のキタヤマブシはもう完全に終わり。ここから谷筋をワサビ峠へと登っていく。モミジガサ、オオカニコウモリは見ることができなかった。

 いよいよ西南稜。4日前にも通っているが、このときは曇天でリンドウも花開くのをためらっていたが、今日は、いいタイミングでこれまでの曇り空からサングラスを必要とするほど陽がさしてきた。鈴鹿の山には詳しいYさん、今日初めての西南稜、武奈ヶ岳に感激されて、来週、友達とまた来ますとおっしゃる(鈴鹿から車で3時間かかるのだが)。

 朝の曇天が災いし、光の量が少なかったからか、大きく開いているのは少なかったが、もちろん、先週の土曜日と比べると段違いに開いている。花には関心のない登山者が次々と追い抜いていくが、われわれはリンドウを追いかける。昨年と比べると花数は少ない。

 駐車地から約4時間で山頂に到着。昼食。

 降りはパノラマコース、八雲ヶ原。ウメバチソウは数多く咲いていた。木道近くのもあって接写。リンドウ、センブリ、マツムシソウを愛でながら北比良峠に。あとはダケ道を下るだけ。Yさんと山のこと、体のこと、いろんな話をしながら降り、長いダケ道も苦にならなかった。

 駐車地に着いて、Yさんと別れ、「ほっとステイション比良」に。コーヒーで打ち上げ。いつもの道で帰宅。6時前であった。

 仕上げはビール。

 目的の花も見られたし、思いもかけない出会いがあり、充実した一日だった。紅葉は少しずつ進んでいる。

 200回記念まであと2回となった。調整しながらヨネちゃんの250回と同日開催としたい。

58.[10月3日(土)]ガリヴァー青少年旅行村9:44→大擂鉢→広谷→イン谷口→イブルキノコバ→12:55武奈ヶ岳13:23→西南稜→御殿山→明王院→15:26坊村15:46

登り始め 大擂鉢 山頂 アキノキリンソウ ヤマシロギク クルマバハグマ キタヤマブシ
ダイモンジソウ
エゾリンドウ
リンドウ
ホツツジ
武奈ヶ岳、夫婦で197回目、kimken200回目、ユッキーは ?>200回。
200回記念登山は、ヨネちゃんの250回記念登山と合わせて、10月25日か11月1日あたりに実施予定。
 
 秋の花を求めて一年ぶりにガリヴァー青少年旅行村から登り、坊村に下ることにした。天気予報は昼から曇りのはずであったが、朝から曇り。
 

 京都駅ドンクでパンをと思っていたら、8時過ぎではまだ開店していない。予想外であせった。通路の近くで別の店を見つけ、パンを購入。近江高島からのコミュニティーバスは10人の乗客で、地元の人2人とリトル比良に行く人が2人で、あとの6人がガリヴァーで降りる。儀式をすませ、ぼちぼち登り始める。われわれが一番遅くの出発。

 大擂鉢までの道は3カ所ほど崩落による迂回路があり、慎重に進む。もはや昔の遊歩道というのにはあたらない状態になっている。そして、大擂鉢のところで徒渉。昨年8月3日ここでドボンしたので今日は慎重に。鎖もステップもないので手強い。今日はなんとかドボンなしで渡ることができた。ダイモンジソウは見ることができたが、アキギリは見ることができなかった。水で流されたためであろう。

 沢を渡って山腹の斜面にとりつく。ここからがしんどいところ。倒木はずいぶんと整理されて昨年よりは通りやすくなっている。ただ、昨年になかった倒木も見られた。ここはアブ街道であるのだが、10月に入ったからだろう、アブにやられる心配はない。ただ、尾根を何本も乗り越えて進むので、最後の広谷への降りに行き着くまでが我慢のしどころである。

 やっと、広谷に着いた。麹甘酒を飲む。ここまでくると少しは楽になる。イブルキノコバに向けて沢の中を進む。アブはいないが、ブトが顔を狙ってくる。面倒くさいのでネットをかぶらないでいると、やっぱり、顔をやられてしまった。

 イブルキノコバからは本日トレイルランの大会があるようで、次から次へと武奈山頂を目指してランナーが進んでいく。なんでも蓬莱山からここへ来て武奈に登って、畑の方向に進むのだとか。ご苦労さんなこと。蓬莱までの登りがつらかったと追い越していく一人のランナーが言っていた。ゆっくりと進みたいわれわれには道を譲るのがおっくうだった。

 今日は曇り空で涼しいが、それでも汗は出てくる。最初はガスっていて、いつ雨が降ってもおかしくないと思っていたが、山頂に近づくにつれて、ガスはあがっていった。山頂で昼食。パンと牛乳、冷やしぜんざい。

 食事後、西南稜のリンドウ、アキノキリンソウ、センブリなどを見ながら、15時46分発、堅田行きのバスに乗るべく、時間も気にしながら下山する。このバスを逃せばあとはバスなし。最悪タクシーを呼ばなければならないようになる。

 花はあまりないので、急ぐことができるが、斜面の道が粘土質なので滑りやすく、時間をとられる。途中モミジノコバ(勝手に命名)で、もう終わりのキタヤマブシを見る。明王院に着いてバスまで少し時間があったが、今日は「茶坊」で休むのは中止。15時46分堅田行きのバスに乗ったのだが、これが、湖西道路の下あたりで大渋滞。いつもより15分は遅れて堅田駅に到着。京都行きの電車が1台遅れる。

 いろいろあったけれど、無事、帰宅。お風呂のあとは山名酒造の「吟にごり」。麹の香り、まったりとする。

 西南稜のリンドウはお天気のよい日にぜひとも鑑賞に出かけたい。