2020年1月の山歩き
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年
【2009年
【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


6.【1月30日(木)】JR比叡山坂本駅9:00→西教寺→10:03登山口→牛ヶ平(標高430m)→馬ヶ背→行者道出合→水場→12:00三石岳(675.7m)→元三大師堂→横川中堂→13:00大宮林道14:42→日吉大社→JR比叡山坂本駅15:31

坂本観光案内所 西教寺へ 西教寺 登山口 送電線鉄塔広場 牛ヶ平 三石岳
衣掛岩のスズメバチの巣
衣掛岩(遠望)
 
古道を探る(1)馬ヶ背:地図と磁石とGPS頼りに三石岳から横川へ

 比良に雪はなく、山行に1週間空いた。近場に行こうということで、今回は地図読みの練習を兼ねてバリエーションルートで比叡山系の三石岳に行くことにした。

 比叡山坂本駅から日吉大社参道でまず観光案内所に。ここで儀式、ならびにゲイター、ストックの準備。西教寺(明智光秀の墓あり)までけっこう距離がある(50分ほどかかった)。西教寺の門の前を過ぎ足洗川を見る。ここの橋を渡って左岸を進めば近道なのだが、川沿いに進むには倒木や藪でどうも容易には進めない。仕方なく住宅地の中の道を進み、ぐるっと回って足洗川に再度近づき少し進むとやっと登山口が見えてきた。取り付きがむつかしいと聞いていたが確かに。

 尾根芯をはずさずに登っていく。最初は踏み跡もあったが、次第に踏み跡がなくなる。道の至る所に鹿の糞がこれまで見たこともないほどにたくさんある。

 標高400mぐらいのところに送電線鉄塔があり、広場になっている。そこまでが踏み跡も消え、かなりの傾斜で適当にジグを切って登っていく。いつもと違う筋肉を使い疲れる。小てつワールドやなあなどと言いながら登っていくのだが、これはこれで楽しい。もちろん誰にも会わない。送電線鉄塔広場に着いてほっとする。遠く蓬莱山が見えているが稜線は雲の中。

 標高430m付近で少し平らなところが出てくる。これが牛ヶ平。カヤノキ谷の右岸へと進む道が右手にあるが、こちらに進んではだめ。また急な登りが現れる。これが馬ヶ背。旧道の痕跡はなく、尾根芯をひたすら登る。作業用の踏み跡程度しかない。

 標高620mで行者道と出会う。ここではじめて人と会う。ここからはハイキングコース。水場(現在は涸れている)から尾根に上がり南西方向に進むと三石岳頂上である。頂上と言っても見晴らしもなにもない。眺望ゼロ。お天気も怪しくなってきたので、すぐに横川に向けて出発。

 雨がパラパラ降ってきて寒い。急いで元三大師堂に着く。昼食に適当な場所を探すが見つからない。横川中堂に寄り、それから大宮林道で降る。大宮林道の途中では2ヶ所木の伐採や倒木の処理がなされていた。とうとう悲田谷入り口近くの河原で昼食にありつけた。パンとコーヒー。また雨がパラパラしてきたので15分ほどで切り上げ、さらに降る。途中対岸に衣掛岩が見られる。ふと見るとなんと岩のところにスズメバチの巣があるではないか。いつ落ちてもおかしくないところに巣を作ったこと! 他にも一杯適当なところがあるというのに。酔狂なスズメバチの巣に唖然としてズームで写真を撮る。自然はいろいろと思いも付かないことをやらかすものだ。

 歩きやすい林道を下り、比叡山高校の横を降りて日吉大社の鳥居のところに辿り着いた。ここで1人のハイカーに会って立ち話。坂本に住んでおられて比叡山の道にめっぽう詳しい。いろんな道を教えてもらった。この人は比叡山で溝に落ちていたり土に埋まっていたお地蔵さんを救い出してきちんとお祀りし、水や花を供えに比叡山に登られているとか。ルートばかりでなく、歴史的な由来や、地名の由来も熟知されているようで、大いに勉強になった。

 本来なら甘味処うえださんに寄るところなのだが、今日は木曜日でお休み。たったとJR比叡山坂本駅に着き、京都駅まで。京アンジュに寄って、打ち上げを行い帰宅。

 家ではビールでうちあげ。乾杯。今日は古道探しでちょこっと冒険を行った。花もなく、雪もなければ、こういう遊びもいいだろう。

5.【1月22日(水)】イン谷口→大山口→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根(上林新道)→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

青ガレ 青ガレテラスから琵琶湖 正面谷 金糞峠へ コヤマノクラウン 武奈ヶ岳 西南稜
北比良峠から武奈ヶ岳 
 八雲ヶ原
 
これが今冬最後の雪山武奈ヶ岳か

 週間天気予報によれば、明日からは1週間ぐずついたお天気で雨が続きそう。となれば、今日行くのは武奈ヶ岳しかない。昨晩雪が降った可能性も高い。というわけで本日の山行も武奈ヶ岳。

 湖西道路を走っていると比良の稜線は白くなっている。これは確実に日曜日よりも雪があるはずだ。妹子の郷で儀式を済ませ、食料を調達し、イン谷口に。7,8台は車が駐まっている。中にはアイちゃんの車も。やっぱり。

 駐車した隣の車の人が先に出発。ゲイターをつけ、ストックを出し、軽アイゼンをザックに入れる。軽アイゼンは結局今日も使わなかった。

 トイレ前を少し行ったところで早々にソロの女子学生らしき若者に追い越される。駅から歩いてきている人だが、速い。

 青ガレに来てみると、この前の日曜日とは異なり、雪が少し岩についている。日が差す場合もあるが、時間が経つにつれ雲が多くなる。積雪は正面谷を登って行くにつれて少しずつ増える。金糞峠に近づくとまだ地肌が見えるところもあるが雪山らしくなってくる。すると金糞峠から降りてくる人がいて、「縦走路を北比良峠へ行こうと思っていたら膝までの雪なので帰ることにしました」との話。そんなに雪があるのかなあと思ったが、われわれはヨキトウゲ谷のほうに行くので、とりあえず、「行けるところまで行ってみます」と返事する。

 金糞峠までは5cmぐらいの積雪だったが、このあと、ヨキトウゲ谷から四つ辻、コヤマノ岳南尾根へと入ると、徐々に増え、コヤマノクラウンあたりでは10cmぐらい。どうやら昨晩降ったようで、ふわふわ。中峠分岐で武奈から降りてきたカップルと会う。山頂の様子を聞けば風が強いとのこと。登りで言葉を交わした人はこれで5人。

 コヤマノ岳からイブルキノコバ分岐のコルまではワカンがあったら楽しいだろうなあという積雪。コルから冬道で頂上に。ピーク写真のあとは早々に下山する。お昼は風を避けられるところでということで。ただ、この風が強い中でもお一人黙々と食事をしている人がいた。山頂ではこの人だけ。登ってきた冬道を降りようとしていたら、西南稜のほうから女性2人のハイカーが登ってこられた。これで言葉を交わした人は8人。このあとダケ道の途中まで誰とも会わなかった。

 昼食はコヤマノ岳に風を遮ってもらい、ゲレンデ跡へいくまでのところで。コンビニおにぎりとお茶、それとおしるこ。暖まったら出発。今日は3日前と全く同じコース。雪があるせいかタイムは少し遅くなっている。パノラマコース、八雲ヶ原、北比良峠、ダケ道。ダケ道のカモシカ台よりは上のところで降りではじめての人に会う。2時台半ばで登っているこの陰気な老人、ザックにヘルメットを着けていたが、テントの用意などはなさそう。話しかけてほしくないというオーラが出ていた。八雲ヶ原まで行って戻ってくるのか。

 アクセルを多少踏んで、3日前とあまり変わらない時間で降りられた。大山口で汚れた靴、ゲイター、ストックを洗い、駐車地に急ぐ。われわれの車以外にはもう1台も車はなかった。われわれのあとで車で来た人はいなかったということだろう。

 HSひらについて、コーヒーとサツマイモのタルトでほっこり。帰りはまた妹子の郷で野菜等を買って帰宅。本日はビールでうちあげ。

 明日からは気温も上がり雨が多い。今日われわれが楽しんだ雪も融けてしまうんではなかろうか。

4.【1月19日(日)】イン谷口8:07→大山口→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根(上林新道)→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:05大山口→イン谷口

堂満岳(JR比良駅より) 青ガレ 金糞峠 コヤマノクラウン コヤマノ岳 山頂直下冬道(Y) 武奈ヶ岳
武奈ヶ岳山頂(Y) 
 
 
ちょこっと雪山武奈ヶ岳(182回目)                (Y)=ヨネチャン写真提供

 昨晩少しは雪が降ったかなあと、ささやかな希望を抱き、今日は武奈ヶ岳に行くことにする。同じく武奈に出かけられるしーちゃん、ヨネチャン、OさんをJR比良駅で迎える。比良駅から見ると堂満岳山頂あたりは少し白くなっている。少し窮屈だが車に乗ってもらいイン谷口に。

 けっこうたくさんの車が8時前にもかかわらず駐まっている。いつものところに駐車して準備をする。靴を履き替え、ゲイターをつけ、ストックを伸ばす。

 青ガレまでのところで山休さんが追いつかれ、合計6人のパーティーとなる。ここまでのところ雪はない。

 青ガレを登ってしばらく行ったところで怪女Yさんが追いつかれる。「お久しぶりです」とご挨拶。先に行ってもらう。しばらくすればもう姿は見えなくなる。いつもの軽快な足取りは今年も変わらず。

 金糞峠に近づくとほんの少し雪は残っており、金糞峠を下りてヨキトウゲ谷に進むと、ちょこっと雪山の様相を呈してくる。5cmぐらいの積雪。四つ辻からコヤマノ岳南尾根。

 コヤマノクラウンにはほんの少しだけ雪が着いている。天気予報通り雲が増えてきている。コヤマノ岳からイブルキノコバ分岐までのブナ林のところはふかふか雪。10cmはある。足跡の付いていないところを探して降っていく。

 いよいよ頂上目指して最後の登り。冬道を登っていくと、やっぱりYさんは頂上から降りてこられるところだった。比良の王道で、ヨキトウゲ谷、中峠、ワサビ平、ワサビ峠、西南稜のルートで頂上に行かれたのに、もう下山。なんと速いこと。

 われわれは最後の登り。お昼前でシャリバテ気味。山頂に着いて写真の後は東側のお地蔵さんの下のところで昼食。曇ってきているとは言え、伊吹、御嶽山、白山等々よく見える。山の同定をしながら食事をして30分ほどで、下山開始。武奈ヶ岳東尾根を降ることも考えたが、雪が少ないため面白くなかろうということで、シンプルに早く降りられるコースでパノラマコースを選択。

 いよいよ冬道で降りるところでCaptubaさんをヨネチャンに紹介される。ヤマレコでお名前は知っていたが、はじめてお顔と一致する。こちらはまた超人で、今日は午前1時に近江高島駅を出て蛇谷ヶ峰から縦走して武奈ヶ岳に来られたとか。これでパーティーにお一人加わり合計7人となる。パララマコースのゲレンデ跡で伊吹の方を見れば、山頂よりもさらにくっきり山々が見える。山同定の確認。八雲ヶ原、北比良峠、ダケ道で大山口。北比良峠から大山口まで1時間だった。いろんな話をしながらの下山。いつも少々退屈なダケ道もあっという間だった。

 駐車地について、後片付けも早々にHSひらに直行する。今年初めて。今年もよろしくということで、ヨネチャンに予約してもらっていたおはぎとコーヒーでまた、山談義。時間が経つのも忘れる。

 渋滞もなく、途中妹子の里で買い物をして帰宅。お風呂の後は山名酒造の「純米一號」で乾杯。フレッシュで凜としてキレのよいお酒だった。

 雪は多くなかったが、ちょこっと新雪を楽しめた。次はどこへ?

3.【1月15日(水)】駐車地9:06→さわらび草原→10:36蛇谷ヶ峰10-40→さわらび草原→11:40駐車地

駐車地 雪なし朽木スキー場 さわらび草原登山口 標高805m 蛇谷ヶ峰山頂 武奈ヶ岳方向
 
リハビリ登山蛇谷ヶ峰

本日はリハビリ登山で蛇谷ヶ峰。

ほぼ、喉と鼻の症状も治まり、軽く足慣らしということで蛇谷ヶ峰に出かけた。毎年スノーシュー遊びに行くところである。雪のないときにルートを確認しておこうということもある。

 8時台、9時台にはまぶしいほどの日差しがあり、ハイキング気分であったが・・・


 朽木新本陣の道の駅で儀式を済ませ、朽木スキー場への道を登っていく。雪がなく早春のようだ。駐車地には他に車なく、準備をして出かける。いつも少し戸惑うのは、駐車地からさわらび草原登山口へ行く道だ。スキー場が子どもの雪遊び用のキッズなんとかというスペイスを柵で囲っており、登山口までの道を工夫する必要がある。(当然のことながらスキー場は登山者のことなど全く考えていない。)雪がないがすでに囲いはできており、ルートを確認しておいた。

 さわらび草原登山口で標高440m。蛇谷ヶ峰山頂は901.7m。

 沢沿いの道を登っていく。蛇谷ヶ峰の北東尾根である。道はきれいに整備されていてジグを切って進む。山頂に近づけば近づくほど雲が多くなってくる。

 お見合い広場を過ぎればあとはもうわずか。山頂に到着。これまで誰にも会わなかった。風がややあり寒いので、すぐに下山。お見合い広場のベンチで昼食。今日は朽木の永昌庵の蕎麦を昼食としたいので、コンビニおにぎり1個で軽くすませる。

 帰りは急斜面の東尾根(いつもスノーシュー遊びのときはこちら)を通ろうかとも考えたが、道が雨、霜で泥だらけの可能性が高く、やめにして、ピストンする。雨がぱらついてきた。

 1時間で降りてきて、車で後始末。ミゾレ、雨が次第に強くなってくる。早く降りてきてよかったということになる。朽木新本陣で買い物をし、着替えをして、永昌庵を目指す。ここからは桑野橋を過ぎればすぐのところ。

 永昌庵で「かまあげ」そばと「とちあげ」を食べる。なかなかおいしい。

 2時過ぎに帰宅。洗濯物はやはり湿っていた。家事室で除湿乾燥を行う。そして打ち上げは久しぶりにビールで。リハビリ完了。

 それにしてもこの雪のなさはひどいものである。これが今年だけの特異な年であればいいのだが、どうなるのだろう。今年はスノーシューはおろかワカンも使わないかも知れない。

 

2.【1月11日(土)】越畑9:13→芦見峠→11:00地蔵山1106→11:50愛宕山12:24→農林道→13:40水尾14:00

越畑バス停 芦見峠 ほんの少しの雪 西向き地蔵 地蔵山山頂 愛宕山三角点 地蔵辻
地蔵山 
裏愛宕
愛宕2山

 お待たせしました(誰が待っているかい?)。本年2回目の山行です。

 風邪気味で体調悪く、武奈は諦め、愛宕山とした(いじましいなあ、休まんとあかんのとちがうの)。いつものように京都駅から八木駅へ。ここからバスで越畑まで。バスの乗客はおそらく地元の方と思われる1人とわれわれだけ。早晩このバスもなくなるのと違うのかしらと思ってしまう。

 越畑のバス停で準備をして出発。今日は冬靴ではなく3シーズン用のやつ。ソールを張り替えてもらったばかり。以前は2年ぐらいのペースで張り替えたが、今回は1年半。やっぱり山へ行く頻度が高いからか仕方がない。

 バス停から少し戻って赤い火の見櫓を目印に登っていく。標識はかなり上まで行かないとない。われわれは登り慣れているから問題ないが、はじめての人では迷いやすいだろう(なんや、その上から目線は!)。

 崩落したところは立派な脇道があり、倒木も片付けられている。30分ほどで芦見峠に到着する。ここから90度右に。

 ちんたらちんたら歩いてアセビ街道はまだかまだかと比較的なだらかな道を進む。霜が溶けて道はぐちゃぐちゃ。滑りやすい。西向き地蔵さんを過ぎて、やっとのことでお待たせしました地蔵山。ここではじめて人と出会う。ここまでは誰にも会わなかった。

 ここからアップダウンを繰り返し、ジープ道分岐を過ぎて、三角点へ。この最後の斜面がきつい。三角点広場ではたくさんの人がお昼をとっておられる。日当たりの悪いベンチは空いていたが、われわれはイスを持ってきていたので、日当たりのいいところで陣取って昼食。今日はパンと卵スープ。サツマイモパウンドケーキとお茶。

 喉の奥が痛いし、寒気も感じるので、早く帰ろうということになり、境内を過ぎて農林道で水尾へ出ることにする。この農林道、けっこう傾斜はきつく、登りには使いたくないなあと思いながら、速く降りられるので降りで使う。降り得意のユッキーは私に向かって「遅いなあ」と宣うが、私は「これが普通で、そっちが普通より速いだけ」と答える(やっぱり風邪の症状が出てきたからか?)。途中でストックの先で落ち葉をつついている人がいて、何をしたはるんやろうと思っていたら、「ほらこれがエビのシッポですわ」と見せて頂く。これが松ぼっくりをリスが囓ったあとだとか。「こういうのをヤマレコに載せるとみんな興味津々になるんです」とおっしゃる。モモンガはもっと乱暴な食べ方をするが、リスはきれいに食べるとか。この方と水尾までご一緒する。今日は月輪寺道から愛宕、地蔵と進んで、この道で降り、それから明智越えで亀岡の家まで歩いて帰りますとのこと。ものすごい健脚。ことし還暦だとか。

 水尾から保津峡まではバスで帰るのでバス停でこの方とお別れする。また、比良で会えればと言って。

 あとは京都駅から近鉄で帰宅。すぐ横になり、晩ご飯を少し食べて床につく。ビールもなしで喉の薬と風邪薬で打ち上げ(?)。やれやれ。

 教訓(洛西オヤジ風かと思ったら最後はイソップか):体調が万全でない場合は山には行くべからず。

1.【1月4日(土)】イン谷口8:08→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:35武奈ヶ岳12:05→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→14:47大山口→イン谷口

青ガレ 金糞峠 メドゥーサのブナ コヤマノ岳南陵 コヤマノクラウン コヤマノ岳 武奈ヶ岳
 
初登り武奈ヶ岳(181回目)

 やっぱり武奈ヶ岳で2020年の初登りとした。

 名神の渋滞を恐れていたのだけれど、7時台なので京都東までは渋滞なし。スムーズに161号線に進む。いつものように妹子の里に寄り食料を調達し、儀式を済ませてイン谷口のいつもの駐車地に。6,7台の車を見る。ストックを出し、ゲイターをつけ、軽アイゼンを放り込んで出発。

 青ガレ、金糞峠までは雪は全くない。途中でぱらぱら雨が降ってきたのでザックカヴァーをつけ、レインウェアをはおる。今日も服の調節は頻繁に行う。

 金糞峠からはヨキトウゲ谷へ。何回かの渡渉には、滑りやすい小橋を避けて沢を石伝いに渡る。四つ辻に上がると、ここからは雪山の光景が展開する。これを見に来たかったのだ。小雨は次第にミゾレ、そしてアラレに変わる。

 積雪は5cmぐらい、場所によっては10cm。コヤマノクラウンも白くなっており、コヤマノ岳頂上に立つと、まわりはガスっていて、何も見えない。大好きなブナ林を通ってイブルキノコバ分岐へ。ここからも武奈ヶ岳は全く見えない。

 冬道を通って頂上へ進む。武奈ヶ岳山頂では4,5人のハイカーが。そのほとんどは坊村ピストンのよう。風があまりないので、ここで昼食。今冬はじめてライトダウンを着て、計4枚の冬の服となる。コンビニおにぎりとお茶。デザートはコーヒーと自家製ケーキ。

 30分ゆっくりして下山することにする。早く降りられるコースとしてパノラマコースで。ゲレンデ跡最上部までは夏道をとる。ここからイン谷口まで誰にも会わなかった。八雲ヶ原から北比良峠に。ダケ道ではもう雪はなくなる。

 大山口で後始末。雪が溶けてどろどろになった土のハネがゲイターにけっこう付いている。

 駐車地に着いて車にザック等を積み込んで帰路に。161号線も、名神もすいすいと進み、1時間ちょっとで帰宅。名神は上り線がすごく渋滞していた。

 お風呂の後で今日はお正月の山名酒造「奥丹波・木札」でうちあげ。きりっとした辛口のお酒。青木杜氏によるもの。

 武奈ヶ岳200回登頂を目指して、一歩を記した。今年の山行回数の目標は70回。本日はその第1回を雪景色で飾った。
 

73.【12月25日(水)】イン谷口8:05→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道(コヤマノ岳南尾根)→コヤマノ岳→11:10武奈ヶ岳→北陵→細川越→釣瓶岳→(12:21)P1050(12:55)→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:20大山口→イン谷口

金糞峠から雲海(ズーム メドゥーサのブナ コヤマノクラウン 武奈ヶ岳 山頂 釣瓶岳 釣瓶岳山頂
ナガオ尾根 
 
 広谷
 180回目の武奈ヶ岳そして本年最後の山行(73回目)
 
 
いいお天気で本日の山行。やっぱり武奈ヶ岳はおさえておきたい、そして体調もよさそうなので、細川越から釣瓶、ナガオ尾根のロングコースのルート。前回3時間13分で武奈山頂に着けたのが自信になった。

 いつもの駐車地に駐車。今日は5,6台車が駐まっている。準備をして出発。朝方は寒かったが、青ガレに着いたときにはシャツ1枚になっていた。ここで、I(アイ)ちゃんがわれわれに追いつく。「お久しぶり」。

 青ガレから金糞峠までご一緒に。いろんな話をしながら登っていったら、いつもより早く金糞峠に到着。アイちゃんはここからいずこともなく消えていった。

 われわれは21日土曜日と同じコース。ヨキトウゲ谷から四つ辻、コヤマノ岳南尾根でコヤマノ岳に。小春日和で風もあまりない。快調にコヤマノ岳山頂からブナ林を一旦降り、イブルキノコバ分岐から登り返す。今日も冬道。山頂では数人の姿が見える。

 今日は3時間5分で到着。山頂ではイン谷口の住人KBさんと出会う。やはり年末山行に最適なのは今日だけということで来られたようだ。元日も知り合いが来られるのでテントでとの話。

 われわれは先を急ぐのでピーク写真のあとは北陵を降る。この前の樹氷は消えてしまっていた。これがクリスマスの天気かと愚痴りたくなるような好天。登山道の地面はまだ凍っていてどろどろになっていなかったのは幸いだった。細川越で11時32分。ここで12時を過ぎるようだったら釣瓶はやめておこうと思っていたのだが、けっこう早く来られた。まだ昼食をとっていないが、要所要所の立ち休憩時に一口羊羹やら甘納豆を食べているのが効果を発揮しているのか。

 釣瓶への最後の登りはいつもつらい。我慢の登りで山頂に。12時ぐらい。昼食に適当な場所を探しながらナガオ尾根を進む。結局武奈ヶ岳を正面に見る、いつものP1050で食事とすることにした。われわれここを岩山のピークと呼んでいる。コンビニおにぎりとお茶。コーヒーと自家製ケーキで締め。

 お腹も落ち着いたら元気も出て快調に進む。広谷の降り口でokaokaさんのテープ健在を確認した後、谷を降る。前回来たときにはかなり早くから斜面をトラバースしたが、今日は、谷の底の涸れ沢をできる限り下まで辿り、最後広谷に降りる手前で斜面を登ることにした。こちらのほうがやや歩きやすい気がする。

 広谷からイブルキノコバ、そして八雲ヶ原。北陵から八雲ヶ原までは誰にも会わなかった。八雲ヶ原からはクマさん道を北比良峠に。ここの登りもつらいところ。脚つり坂もある。降りで最後の登りと言い聞かせて一歩一歩登る。道が平らになってリフト駅跡に到着。ここのケルンで休憩。

 あとはダケ道。カモシカ台でM&Mさんではないかなというハイカーに出会うが、自信がないのでそのまま降る。駐車地に着いたところ、このハイカーはわれわれの車の隣に駐められていた。片付けをしながらお尋ねしたらやっぱりM&M.さんだった。

 湖西道路で帰ることにしたが、途中、渋滞気味だったので一旦降りて抜け道をして再び湖西道路に戻る。時間節約になったのかどうかは不明。名神もナビで渋滞情報を出していたが、あえて下道を通らずそのまま名神に乗る。大して長い渋滞ではなかったので、これは名神で正解だったようである。

 ロングコースだけれども体調、天候、気温すべてがよかったのか意外に早く帰宅できた。打ち上げはビールで乾杯。

 本日で2019年最後の山行となりました。目標は68回の山行でしたが、73回まで伸ばすことができました。来年は70回を目標にしたいと思っています。また、来年は武奈ヶ岳登頂200回が目標となります。11月末までに達成の予定です。

 本年も本HPをご覧頂きましてありがとうございました。