2019年最近の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


73.【12月25日(水)】イン谷口8:05→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道(コヤマノ岳南尾根)→コヤマノ岳→11:10武奈ヶ岳→北陵→細川越→釣瓶岳→(12:21)P1050(12:55)→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:20大山口→イン谷口

金糞峠から雲海(ズーム メドゥーサのブナ コヤマノクラウン 武奈ヶ岳 山頂 釣瓶岳 釣瓶岳山頂
ナガオ尾根 
 
 広谷
 180回目の武奈ヶ岳そして本年最後の山行(73回目)
 
 
いいお天気で本日の山行。やっぱり武奈ヶ岳はおさえておきたい、そして体調もよさそうなので、細川越から釣瓶、ナガオ尾根のロングコースのルート。前回3時間13分で武奈山頂に着けたのが自信になった。

 いつもの駐車地に駐車。今日は5,6台車が駐まっている。準備をして出発。朝方は寒かったが、青ガレに着いたときにはシャツ1枚になっていた。ここで、I(アイ)ちゃんがわれわれに追いつく。「お久しぶり」。

 青ガレから金糞峠までご一緒に。いろんな話をしながら登っていったら、いつもより早く金糞峠に到着。アイちゃんはここからいずこともなく消えていった。

 われわれは21日土曜日と同じコース。ヨキトウゲ谷から四つ辻、コヤマノ岳南尾根でコヤマノ岳に。小春日和で風もあまりない。快調にコヤマノ岳山頂からブナ林を一旦降り、イブルキノコバ分岐から登り返す。今日も冬道。山頂では数人の姿が見える。

 今日は3時間5分で到着。山頂ではイン谷口の住人KBさんと出会う。やはり年末山行に最適なのは今日だけということで来られたようだ。元日も知り合いが来られるのでテントでとの話。

 われわれは先を急ぐのでピーク写真のあとは北陵を降る。この前の樹氷は消えてしまっていた。これがクリスマスの天気かと愚痴りたくなるような好天。登山道の地面はまだ凍っていてどろどろになっていなかったのは幸いだった。細川越で11時32分。ここで12時を過ぎるようだったら釣瓶はやめておこうと思っていたのだが、けっこう早く来られた。まだ昼食をとっていないが、要所要所の立ち休憩時に一口羊羹やら甘納豆を食べているのが効果を発揮しているのか。

 釣瓶への最後の登りはいつもつらい。我慢の登りで山頂に。12時ぐらい。昼食に適当な場所を探しながらナガオ尾根を進む。結局武奈ヶ岳を正面に見る、いつものP1050で食事とすることにした。われわれここを岩山のピークと呼んでいる。コンビニおにぎりとお茶。コーヒーと自家製ケーキで締め。

 お腹も落ち着いたら元気も出て快調に進む。広谷の降り口でokaokaさんのテープ健在を確認した後、谷を降る。前回来たときにはかなり早くから斜面をトラバースしたが、今日は、谷の底の涸れ沢をできる限り下まで辿り、最後広谷に降りる手前で斜面を登ることにした。こちらのほうがやや歩きやすい気がする。

 広谷からイブルキノコバ、そして八雲ヶ原。北陵から八雲ヶ原までは誰にも会わなかった。八雲ヶ原からはクマさん道を北比良峠に。ここの登りもつらいところ。脚つり坂もある。降りで最後の登りと言い聞かせて一歩一歩登る。道が平らになってリフト駅跡に到着。ここのケルンで休憩。

 あとはダケ道。カモシカ台でM&Mさんではないかなというハイカーに出会うが、自信がないのでそのまま降る。駐車地に着いたところ、このハイカーはわれわれの車の隣に駐められていた。片付けをしながらお尋ねしたらやっぱりM&M.さんだった。

 湖西道路で帰ることにしたが、途中、渋滞気味だったので一旦降りて抜け道をして再び湖西道路に戻る。時間節約になったのかどうかは不明。名神もナビで渋滞情報を出していたが、あえて下道を通らずそのまま名神に乗る。大して長い渋滞ではなかったので、これは名神で正解だったようである。

 ロングコースだけれども体調、天候、気温すべてがよかったのか意外に早く帰宅できた。打ち上げはビールで乾杯。

 本日で2019年最後の山行となりました。目標は68回の山行でしたが、73回まで伸ばすことができました。来年は70回を目標にしたいと思っています。また、来年は武奈ヶ岳登頂200回が目標となります。11月末までに達成の予定です。

 本年も本HPをご覧頂きましてありがとうございました。

72.【12月21日(土)】イン谷口8:07→大山口→正面谷→9:40金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道(コヤマノ岳南尾根)→10:52コヤマノ岳→11:20武奈ヶ岳12:05→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:05大山口→イン谷口

四つ辻への小橋 メドゥーサのブナ コヤマノクラウン コヤマノ岳 武奈ヶ岳 武奈ヶ岳山頂 北陵
ナベさんと 
 
 179回目の武奈ヶ岳
 
 
天気予報によれば、土曜日のほうが日曜日よりもいいようである。そこで本日の山行。

 順調に車を飛ばしてイン谷口のいつもの駐車地に。さすが土曜日というか、すでに10台くらい車が駐まっている。ゲイターをつけ準備する。この時点では3枚着ている。最初は曇り空で、「朝から晴れと違うんかい」と天気予報に突っ込みを入れながら登っていく。青ガレに着いたときにはシャツ1枚になっていた。

 土曜日の割には人にあまり会わない。

 金糞峠につき、ヨキトウゲ谷を遡行。前回は中峠からコヤマノ岳に進んだが、今日は北陵まわりをするために、最短で武奈に登るべく、四つ辻に上がって上林新道を行く。日が差してきて天気予報通りとなる。汗もかかないし、快適に登ることができる。メドゥーサのブナあたりに来ると残っている雪を見ることができるようになる。

 コヤマノクラウンには雪はない。空は青いが、前回よりは雲が多い。イブルキノコバ分岐から武奈ヶ岳山頂を見ると、ちらほら人の姿が見える。山頂直下は冬道で登る。こちらのほうが歩きやすいからである。

 意外に早く山頂に到着できた。今日は北陵まわりで降るので、ピーク写真を撮った後はすぐに北陵のコブに。おっと、あれはなべさんと違うかしら。やっぱりそうだった。「お久しぶり」と挨拶の後、コブのところで一緒に食事。今日のわれわれのは、パンと卵スープ。デザートはコーヒーに自家製サツマイモパウンドケーキ。

 ナベさんは坊村に駐車してピストンとのこと。さまざまな山情報をお聞きする。

 昼食後、ナベさんと別れてわれわれは北陵を降る。北陵の西側は樹氷もついてなかなか素晴らしい光景。先日のように伊吹や白山などは雲に覆われて全く見えない。北東方向から雲が進んできているのが気がかりだが、スリップに注意して細川越まで。ここまではセーフ。

 さて、スゲ原へ。ここの丸太の木道で、ついにユッキーは滑ってお尻と手がどろどろに。手が抜けず立ち上がれない。私が引っ張ってやっと手がどろどろから抜け、立ち上がることができた。やれやれ。近くの沢で泥を落とす。

 どろどろはまだまだ広谷まで続く。私も注意してそろそろと進む。広谷のおんぼろ橋に着いたときにはほっとした。いつものように橋を使わず渡渉してイブルキノコバへ。八雲ヶ原へと進むさなか、東の方からガスって来て、これはやばいということになり、ペースを上げる。

 八雲ヶ原から北比良峠。下界はガスの中。ダケ道を急ぐ。するとまたしてもダケ道のボランティアWさんと会う。月曜日にも来られていて補修作業をされていた。頭が下がる。感謝、感謝。

 頑張ったせいで意外に早く駐車地に帰って来られた。帰りの湖西道路も渋滞せず、すいすいと進み、帰宅。

 今日のうちあげはビール。ご苦労さん。乾杯。

 あと1回は出かける予定。さて、どこにしようか。あと1回武奈ヶ岳に行けば180回となるけれど・・・

71.【12月16日(月)】イン谷口8:25→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→11:25コヤマノ岳→11:52武奈ヶ岳12:25→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:25イン谷口

青ガレ 青ガレテラスから琵琶湖 コヤマノクラウン コヤマノ岳 コヤマノ岳付近 武奈ヶ岳 白山(ズーム)
 
好天の武奈ヶ岳
 
 
土曜日、日曜日は用事があり、本日月曜日の山行となった。お天気はこれ以上を望むべくもないほどのいいお天気で、それと、北比良峠では久しぶりに「ふうてん」さんと出会い、ご一緒に楽しくダケ道を降ってお話ができたのも本日の収穫であった。

 妹子の里で食料を調達し、儀式を済ませていつもの駐車地に。今日は花の水やり等があり出発が少し遅れ、名神も少し渋滞していたのでトイレ前出発が少し遅れた。

 出発時は3枚着ていたけれど、衣服調節で結局青ガレに着いたときには1枚になっていた。朝は寒かったが、歩いていると暖かくなった結果だった。

 金糞峠に到着し、今日は最短コースではなくて大回りしようとヨキトウゲ谷を遡行し、中峠を目指す。最近雨が降っていないため、沢の水量は少なく、渡渉は容易だった。谷に入ると少し寒くなったので服を1枚重ねる。コヤマノ岳を過ぎたところで初めて人に会う。


 順調に歩を進め、12時前に山頂に着く。山頂には4,5人の登山者。ここで昼食。コンビニおにぎりと熱いお茶。デザートは自家製サツマイモパウンドケーキとコーヒー。白山がこんなにもはっきりと見えるのはそう多くはあるまい。

 北陵を降りることもちらっと考えたが、霜柱が溶けてヌルヌル、ズルズルとなっている可能性が高いので、北陵下りはやめてイブルキノコバまわりとする。
 
 八雲ヶ原に降り、北比良峠へと登る。ケルンのところで休んでいたら、近づいてきた方がいる。なんと、「ふうてん」さん。最初の出会いはシャクナゲの頃。カラ岳で落としたストックをその日あとから届けて下さったときだった。ストックの恩人。その後ちらっとお見かけしてご挨拶したのが2回目だとすると今日が3回目。ダケ道をご一緒に降りていろんなお話ができた。


 大山口でお別れして、われわれは後始末をし、車のところに。今日はHSひらもお休みなので、そのまま車で自宅に。1時間ちょっとで帰宅できた。

 うちあげは山名酒造の「奥丹波(由良川水系)」。すっきりした辛口。


 178回目の武奈ヶ岳だった。200回まであと22回。

70.【12月11日(水)】善峯寺バス停9:11→釈迦岳→ポンポン山→西尾根→森の案内所→小塩山→天皇陵道→正法寺→大原野神社→14:45南春日町バス停15:03

善峯寺バス停 登山口 ポンポン山 ポンポン山から雲海 ヤブツバキ 西尾根 小塩山登山口
 小塩山
名残の黄葉・紅葉

 行楽地の人の多さはできれば避けたい。山においても然り。というわけで、ウィークデイに善峯寺からポンポン山、小塩山に出かける。

 JR向日町から阪急バスに乗る。乗客は10人ぐらいか。終点善峯寺ではわれわれを入れて5人の乗客だった。うち、一人はバス停から下の方に降りていく。さてさて、どこに行かれるのやら? あとの二人はわれわれと同じ方向のようだ。われわれはバス停近くで入山の儀式。シニア2人組ははやばやと車道を登っていく。われわれも後に続く。

 善峯寺の紅葉も散り始めている。しかし、まだ残っているのもあるわけで、「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは」。

 バス停から登山口までの車道はつらいものがある。小橋を渡って釈迦岳を目指すわけだが、この最初もかなりの急登。やがて植林の中に入っていく。ただ、もくもくと登るのみ。先行の2人組に追いつき話をする。森の案内所まで行く予定だが、そこまで行かずに川久保渓谷のほうに降りるかもとのお話。われわれは森の案内所から小塩山に登って南春日町に降りますと答える。

 見晴台に着く。このあたりから倒木が多くなるが、随分片付けられている。ここは見晴台とわれわれは呼んでいるが、十数年前から見ると、木が生長し、樟葉方面の見晴らしは極めて悪い。

 釈迦岳を通過し、ポンポン山に到着。午前中は晴れの予報だったが、これは曇り。もやというか雲海というかが亀岡方向に見える。まだ昼食には早いので先を急ぐ。

 西尾根。リョウブの丘を過ぎ、ツツジの丘で昼食。ドンクのパンとコーヒー。デザートは自家製サツマイモパウンドケーキ。

 西尾根ではちらほら森の案内所方向から来た人と出会う。そして森の案内所に。シャッターを開けてトイレをお借りする。ここから降って小塩山登山口に。ここから北北東方向の尾根を登っていく。登山口は標高400m。最初の鉄塔が標高550m。ここから東に転じ、もう一つの鉄塔を過ぎれば小塩山の淳和天皇陵まではあと少し。山頂(642m)の標識は天皇陵の裏側にある。

 表に回ったら、人と出会う。森の案内所からここまで誰にも会わなかった。

 あとは15時3分発(南春日町バス停)のバスに間に合うように下山するのみ。タカノツメ、コナラやネジキ、コミネカエデ、ウリハダカエデの黄葉・紅葉を楽しみながら足下に気をつけながら降りていく。落ち葉で下の石や木の根が隠されているので滑りやすい。

 森の案内所から金蔵寺経由で行くよりは車道歩きがうんと少ないので、小塩山経由で下る今日の道の方がいいかなと話しながら進むと竹林と縦貫道が見えてきてゴールに近いことが分かる。正法寺の中を通らせてもらい、大原野神社の駐車場横のトイレに立ち寄り、あとは南春日町バス停まで。余裕を持って到着できた。

 16時過ぎに帰宅。西山は家から近い。打ち上げは今日はビールで乾杯。

 これで今シーズンの黄葉・紅葉見物は終わりだが、今週また気温が上がりそうなので、雪遊びは来年になるか。


69.【12月8日(日)】イン谷口8:15→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道(コヤマノ岳南陵)→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:30イン谷口

大山口で アオハダ(?) メドゥーサのブナ コヤマノクラウン コヤマノクラウンの下 コヤマノ岳 武奈ヶ岳山頂
北比良峠から琵琶湖
雪の山行

 12月に入って初めての山行。実は12月5日(木)に出かける予定であったが、寐ている間にユッキーにこむら返りの強烈なのが襲い、結局、山に出かけるのは不可能ということになってしまうアクシデントがあったからである。

 土曜日と比べて今日は昼から晴れるとの予報をあてにして、土曜日を見送り、本日出かけた。しかし、・・・

 家を出るときから雨がぱらっとしていたが、朝の間だけだということで出発。湖西道路を走っているときには比良山系に虹が出て、これは幸先良いということで、妹子の里で儀式を済ませ、イン谷口、トイレ前で駐車。われわれの車を含めて10台の車が駐まっている。小雨がパラパラ来ているのでレインウェアを着込み、ゲイターつけて出発。チェインアイゼンと6本爪軽アイゼンは車に置いておく。靴は今日から冬靴だ。

 青ガレまでは雪はなく、氷雨の中を黙々と登る。雨の中、カメラを出すのも億劫で歩くだけ。テンションは下がりっぱなし。ガレ場は濡れているので慎重に歩を進める。金糞峠近くまで来るとやっと雪が見える。雪の期待ができたところでテンションはあがる。

 弱い雨がみぞれからアラレに変わる。地面の雪も3cmから5cmと徐々に増えていく。小橋も滑りやすくなっているので、渡れそうなところは小橋を使わずにすませる。

 四つ辻に上がりいよいよ急登のコヤマノ岳南尾根。次第に初冬のコヤマノ岳らしく、雪が木々を飾って美しい。コヤマノ岳を通過し、ブナ林を少し降り、コルに着く。ここはイブルキノコバ方向の分岐のところ。いつもはここから武奈ヶ岳山頂が見えるのだが、今日はガスっていて何も見えない。冬道で登る。積雪は場所にもよるが10cmぐらい。

 西南稜に着けば、山頂はガスの中。視界は10mぐらいか。写真を撮って早々と下山。昼食はパノラマコースのどこかか、八雲ヶ原でと考える。コルのところからパノラマコースへ上がろうとしていたとき、おお、なんと、ヨネチャンがお連れの方とこちらへ向かってこられる。お久しぶりということになる。お連れの方は向日町のOさんで、たまたまイン谷口の管理事務所で会われた、初対面方とか。下山の時間等を相談し、イン谷口15時30分でまた会いましょうということになる。

 われわれはパノラマコースから八雲ヶ原に。結局八雲ヶ原で昼食とする。石テーブルは先行者にとられていたのでその近くでお昼。今日はパン2個と卵わかめスープ。デザートは甘納豆と羊羹。さて、出発しようかと思っていたら、ヨネチャンとOさんが来られた。予想はしていたが、なんと彼らの速いこと。またイン谷口での再会を約して、われわれは出発。

 北比良峠を過ぎ、ダケ道に入ると雪はなくなっていった。雨はまだぱらぱら来ている。天気予報の精度は上がったとはいえ、山の天気の予報はむずかしい。最後まで小雨の山行だった。大山口で後片付けをしているときにヨネチャンとOさん到着。

 二人には車に乗ってもらって、4人でHS比良でうちあげ。「ほっとすていしょん比良」ほ今年は12月22日(日)まで。来年1月は12日(日)から。水曜日と日曜日のみ営業。ぼ予定通りに帰宅。家でのうちあげは山名酒造の「幻の酒米”渡船”復刻・奥丹波」。コクのあるお酒だった。