2019年 9月の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


53.【9月25日(水)】イン谷口8:17→神璽谷→北比良峠→八雲ヶ原→イブルキノコバ→12:30武奈ヶ岳12:55→コヤマノ岳→コヤマノ岳南尾根(上林新道)→四つ辻→奥の深谷→金糞峠→大山口→15:30イン谷口

     
アキチョウジ クサボタン 小橋(振り返って) 神璽谷 アケボノソウ 武奈ヶ岳山頂 ダイモンジソウ
ウメバチソウ
オオカニコウモリ
ツルニンジン
ヨシノアザミ
 今日はアケボノソウとダイモンジソウの鑑賞に出かける。願ったり叶ったりの好天。秋晴れの一日。

 神璽谷を登るので車を釈迦岳登山口のところに駐車する。3台ほど車あり。ゲイター、ストックの準備をして出発。

 まずはリフト道との分岐。ここを左にとる。後半の悪路と比べると信じられないぐらいいい道が神璽滝分岐まで続く。武奈まで行きたいので今日も滝はパス。いよいよ何回もロープに助けられながら登っていく。


 三角岩(おにぎり岩)で左の谷に入り、やがて、尾根コースと谷コースに分かれる。当然谷コースを選択。谷をつめていくとやがてニードル岩が見えてくる。登りやすいところから左手の尾根に上がればいいのだが、今日は二本のニードルの間を通って尾根コースに上がった。

 ここまで誰にも会わなかったが、北比良峠で1人と会う。北比良峠からロッジ跡を経て八雲ヶ原に。ここで3人ほどと出会う。八雲ヶ原からイブルキノコバへ。ここで元気づけに糀甘酒を飲む。尾根を行く道もあるのだが、われわれは冬以外はいつも谷コース。尾根コースとの合流地点に来ればあとはコヤマノ岳分岐までもう少し。分岐に来れば、あとは武奈ヶ岳山頂まで

 ウィークデイにもかかわらず結構人が多い。ここで昼食とする。コンビニおにぎりと冷やしぜんざいと牛乳。

 帰りはコヤマノ岳南尾根で時間短縮。四つ辻に来て、ヨキトウゲ谷に降りるか奥の深谷への道を行くかの選択で、今日は奥の深谷への道を選択。この道は実に歩きやすい。植林の中、時々芦生杉もある。奥の深谷での渡渉は橋も整備されていて難なく渡れる。ここから金糞峠へは、沢沿いに快適な道である。

 金糞峠に着けば、いよいよこれから青ガレまでガレ場が続く。集中力を切らさず降っていく。青ガレを降りて渡渉できれば一安心。

 イン谷口に降りて、バス停を過ぎて釈迦岳登山口まで少し登れば駐車場所。後片付けをして「ほっとすていしょん比良」へ急ぐ。この前の日曜日からおはぎが始まっているが、今日は売り切れ。アリコベールとアイスコーヒーで打ち上げ。家に帰って今日はビールで締め。

 いよいよ秋の花が見られるようになり、満足の一日であった。アキギリが見られなかったのだけが残念。マツムシソウは一輪だけ残り、あとは花びらを散らしていた。ウメバチソウは満開。

52.【9月18日(水)】イン谷口8:15→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→コヤマノ岳分岐→12:13武奈ヶ岳12:40→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→ゲレンデ跡→北比良峠→ダケ道→15:22大山口→イン谷口

     
クサボタン ツルニンジン オオカニコウモリ アキチョウジ 武奈ヶ岳山頂 トリカブト マツムシソウ
ミミカキグサ
アキノキリンソウ
ウメバチソウ
ヤマシロギク 
 今日はキタヤマブシの確認で武奈ヶ岳へと向かうことにする。途中雨がぱらっときたりもしたが、特に渋滞もなく車はスムーズに進み、イン谷口に到着。車は3台ほど駐まっている。すると、見慣れた車がやってきた。アイちゃんだ。この前の御礼を言う。

 3人でしばらく進むが、アイちゃんは「シマを見てきます」と言って、登山道を外れる。われわれは登山道を歩いて行く。すると、隠れ滝分岐のところで、滝見学をして戻ってくる女性2人と出会う。「K先生ではないですか」と声かけられ、「ええそうですが」と返す。彼女たちは「摩耶山山歩」さんの愛読者で、私のHPも見て下さっているとか。ありがたいことである。

 青ガレ、正面谷を金糞峠へ。途中で武奈の近辺でよく会う快速のアスリートと出会う。「8月あまり武奈に来てられませんでしたね」との問いに、「4回しか山行が出来なくて。そのうち武奈は2回」と答える。(今日は水曜日、このアスリート、一体職業は何なのだろう?) ここからは奥の深谷源流。キタヤマブシの最初の確認。9月の初めの時と比べるとだいぶ開花は進んでいるが、黒く枯れているところがずいぶんとあるのが痛々しい。蕾もまだかなりある。ここのキタヤマブシはやや遅いのか。

 八雲ヶ原を経てイブルキノコバへ。ここで元気づけに糀甘酒を飲み、イブルキノコバから沢を遡行する。第2の確認場所。ここのキタヤマブシは全滅に近い。一体何が原因なのだろう。

 コヤマノ岳分岐に着けばあとは10分か15分で山頂に到着できる。

 山頂を独り占めできるかと考えていたら、金糞峠でわれわれを抜いていった人がお昼にしておられた。上林新道で来られた由。われわれも風を避けて座り昼食。今日はコンビニおにぎりとぜんざい、牛乳。涼しい。

 終わってから北陵の方に進み、トリカブト、キタヤマブシの確認をして山頂に戻り、今日は、パノラマコースで下山することにする。八雲ヶ原、ゲレンデ跡を登り、北比良峠、そしてダケ道と降りていった。

 今日は水曜日ということで「ほっとすていしょん比良」に立ち寄り、かき氷。すーっとしたところで、お土産に「さつま芋チッブ」を買って車に乗り、湖西道路、名神高速道路で帰宅した。この前の日曜日とは全く異なり、渋滞もなく、スムーズに車は進んだ。

 今日の打ち上げは山名酒造の「秋季冷やおろし、奥丹波・白露」。すっきりした味で食中酒として最適だった。

 全体としては花は遅れている感があるが、アキノキリンソウとかを今年初めて見たし、また、マツムシソウをドンピシャで見つけられたのはラッキーだった。アキチョウジは満開。キタヤマブシは場所によってさまざま。アケボノソウはもうじき咲きそう。ダイモンジソウはもう少し時間がかかるか。ウメバチソウは大分咲いてきた。季節外れのオオバキスミレ、イワカガミも見つけた。その他、ツルリンドウ、フクオウソウ、ワレモコウ、ネジバナ等々。

51.【9月15日(日)】荒川・中谷出合8:00→荒川峠道分岐→大岩谷→葛川越分岐→中ユリ→11:07縦走路→木戸峠→打見山→蓬莱山→小女郎峠→ホッケ山→権現山→15:20栗原・登山口

     
荒川登山口 荒川峠道分岐(左へ) 大岩谷 縦走路到着 ホッケ山 ツリフネソウ テンニンソウ
ヒヨドリバナ
オオハンゲ
 
ツルリンドウ 
 
 I(アイ)ちゃんから中ユリを登って南比良縦走しませんかとお誘いがあり、難路で有名なところだし、ぜひ行ってみたいルートだったので即座にお願いする。

 7時20分に妹子の里を出発するというので、4時起きで家を6時に出る。7時前には集合地に着く。儀式を済ませ、ローソンでミニどら焼きを買って、アイちゃんの車と会い、栗原のデポ地に向かう。ここでアイちゃんの車をデポし、アイちゃんとFさんを乗せて私の車で荒川へ行く。ここに私の車を置いて出発。いつもは荒川峠から降りるときに使う道、今日はじめて登りに使う。随分と景色が違う。

 荒川峠道分岐から左でいよいよ大岩谷に進む。アドヴェンチャー・ワールドのはじまり。ロープをもってへつったり、ロープで降りたり、あがったり。さらには倒木があり、潜ったり、跨いだり、巻いたりと脚以外の筋肉を使う。リーダーの指示のもと、間違いやすい分岐に気をつけながら登っていく。

 葛川越分岐(標高650mぐらい)で左に取り斜面を登ると中ユリ。道が崩れてはっきりしない。しかし、登り切るとここからは本当にきれいな道。昔の仕事道であったと思われる。しかし、ここまでかなりの腕力登山なので、歩きやすい道とはいえ、体が重い。970mぐらいで縦走路に到着。ここには石仏があり大ブナが立っている。

 シャリバテの感じもあるのでここで昼食。今日はパンと牛乳と糀甘酒。今日初めて人を見る。2人。

 食べると元気が出たので縦走路を木戸峠に。ここから苦行が始まる。日が照りつけるゲレンデをひたすら登る。打見山に到着したらここは別世界。山頂は遊園地と化し大勢の人。トイレを借りてリフトの券(400円)を買う。これで打見山から蓬莱山まで行けると思っていたら、そうではなくて切符が2枚必要だとか。あわてて列から離れ、打見山から笹平までは歩き、笹平からリフトに乗る。冬にスノーシューハイクで来るときには乗らないので一度は乗ってみたかった次第。

 蓬莱山で景色を見て回って、いよいよ縦走路へ。風があるので日はあってもさわやか。さすが、1000mを越えると違う。

 花を探索しながら小女郎峠、ホッケ山、権現山と進む。センブリ、リンドウの蕾はまだ小さい。

 権現山からは急な降り。滑らないように注意して降りる。ズコノバンに来れば、あとは林道歩き。たったと降りて、花探索を続けデポ地に到着。ここでアイちゃんの車に乗せてもらって荒川まで。荒川でお別れの挨拶をして車に乗り込む。

 細やかな気遣いのアイちゃん、湖西道路を妹子の里まで先導して下さる。ここでアイちゃんは湖西道路を降りられ、われわれはそのまま進む。途中渋滞し、湖西道路を降りて抜け道を行ったりしたが、1号線へ降りるところでさらに大渋滞。結局2時間かかってしまった。

 今日の打ち上げはビールで。アイちゃん、ご案内ありがとうございました。想い出に残る一日となりました。

50.【9月9日(月)】イン谷口8:10→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南陵→コヤマノ岳→11:55武奈ヶ岳12:21→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:32大山口→イン谷口

     
クサボタン イワギボウシ トリカブト 武奈ヶ岳 広谷 キタヤマブシ  ヒツジグサ
ウメバチソウ
アキチョウジ
 関東の方では台風が猛威を振るっている中、関西では何事もないような好天。後ろめたい気もするが山に出かける。今日はトリカブト、キタヤマブシがどうなっているかを見に行くのが第1の目的である。

 途中妹子の里に寄って食料調達の後イン谷口に。車は1台駐まっているだけ。

 金糞峠までは汗が噴き出てしんどい登り。スロウペースにならざるをえない。山頂まで辿り着けるかと不安がよぎる。しかし、金糞峠で飲水休憩をしてヨキトウゲ谷の方向に進むと、蒸し暑さも少し楽になり、ペースも普通に戻る。

 小橋を渡って四つ辻へ。ここで元気づけに糀甘酒を飲む。いよいよ上林新道、コヤマノ岳南尾根である。ここからはまた苦しい登り。シャクシコバノカシラが左手に見え隠れし始めるとだいぶ登ってきたということが実感できる。コヤマノクラウンが見えると南尾根の登りは終わり。コヤマノ岳からはブナの林の中をイブルキノコバ分岐まで進む。ここで1人のハイカーと出会う。もう武奈ヶ岳まではあと少し。山頂には人影なし。

 ようやく山頂に。日差しは強いがさわやか。今日は遠くまで360度の眺望が楽しめる。われわれ2人だけで山頂を独占。昼食はコンビニおにぎりと冷やしぜんざいと牛乳。

 ヨキトウゲ谷でもキタヤマブシの開花しているのを一株見つけたが、いよいよ頂上から北陵、スゲ原、広谷とトリカブト、キタヤマブシの鑑賞に向かう。きれいに咲きそろっているのもあったが、スゲ原、広谷のキタヤマブシは激減していた。茎と葉が黒くなり、蕾が全くないか、蕾はあっても小さく、開花があやしいのが大半であった。鑑賞に来たわれわれを歓迎するかのようにお辞儀していたキタヤマブシの街道は今いずこ。黒く枯れてしまうのはなぜなのだろう? 

 がっかりしながら、しかしそんな中で健気に花を咲かせているのには慰められ、広谷からイブルキノコバ、八雲ヶ原と進む。北比良峠へと最後の登りで前方に今日二人目のハイカーが目に入る。今日出会ったのはこの二人だけだった。

 北比良峠からダケ道でイン谷口に降りていく。車のところで着替えをして帰途につくが、喉が渇くので妹子の里に寄って自販機で買い足す。今日は500ml4本と糀甘酒、牛乳が飲水だったが、さらに500mlが必要であった。

 今日の打ち上げは山名酒造の「生詰 山田錦」。香りよく上品なお酒だった。

 こんなに暑い中で、アキチョウジが咲き始めているのを見ることができたのは収穫だった。暑くても秋は近づいているということか。

49.【9月4日(水)】京阪祇園四条駅→八坂神社→東大谷墓地→東山山頂公園→京都一周トレイル東山コース→粟田口

   
ヤブミョウガ イヌビワ ダイコンソウ ヒヨドリジョウゴ クサノオウ キツネノマゴ
ガンクビソウ
アキノノゲシ
ヤブラン
 府立植物園で「京都の希少植物展」が開催されているので、これを見に行きたいと思ったが、せっかくのまずまずのお天気なので東山トレイルで足慣らしもしておこうと出かける。東山トレイルは粟田口に出て、東山三条の「Le bac a sable」(ルバカサブル)(「砂の器」という意味だと思います)に寄ってから地下鉄に乗り植物園までと計画する。

 祇園四条駅から東に歩くのは久しぶりだ。突き当たりの八坂神社から東大谷墓地に入り、それを突き抜けて山に入る。京都一周トレイル東山コース21番で東山トレイルに入る。ここは東山山頂公園である。飲水休憩。トイレはあるが、お薦めは出来ない。

 ここから22,23,24、25,26,27と進み、尊勝院の前を通って28,29で粟田口となる。2kmほど歩いたことになる。

 これだけの短い距離でもいろいろな野草が見られて楽しかった。

 三条通を西へ向かい、東山三条手前のところにある「ルバカサブル」でパン2種類とコーヒーで昼食とする。この店は前から知っていて時々寄るのだが、どれを買おうと迷うぐらいさまざまなキッシュがあり、おいしい。フランス人の経営のお店で、欧米系の外国人がよく来ている。

 お腹も膨れたところでおやつに抹茶フィナンシェを買って地下鉄に乗り北山駅まで。植物園(70歳以上は免許証を示せば無料)に入り、まずは「なからぎの森」を中心に山野草を見て回った後、本日のお目当ての「京都の希少植物展」の会場に。写真と実物で京都府のレッドリストに載っている植物が展示されていた。植物の減る理由にいろいろあり、気候変動、木の伐採、開発、鹿などがあるが、人間の採取もその一つというのがとても悲しい。

 少し見て回ったところで、あれokaokaclub の道子さんがお友達と来られていることに気がついた。ご挨拶して近況報告。

 バラ園の近くでおやつを食べ、帰路を急ぐ。雷・夕立の予報があり、すでに雷鳴が轟いている。

 朝の出発が遅かったし、植物園で時間を取り過ぎた。地下鉄が竹田駅で地上にあがったところで夕立が車窓をうちつける。出かける前に外に干してきた洗濯物が全滅だ。家に近づくと雨は小降りになってきたが、とはいえこれで洗濯物が乾くということはない。家に入ってまっさきに洗濯物を採り入れ洗濯機の脱水にかけたことであった。

 最後はどたばたしたが、収穫の多い一日だった。うちあげはビールで乾杯。ご苦労さん。

48.【9月2日(月)】イン谷口8:30→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→11:05八雲ヶ原11:55→北比良峠→ダケ道→13:55大山口→イン谷口

     
ツルニンジン クサボタンの蕾 ダイコンソウ 八雲ヶ原 サギソウ カワラナデシコ イワギボウシ
ミヤマウズラ
キタヤマブシ
モウセンゴケ
フクオウソウ
 昨日山へ行く予定で、さて出発というときに雨が降ってきた。これで急遽中止に。そこで本日の山行。ユッキーに用事があるので八雲帰りとすることにした。

 いつものように妹子の里で入山の儀式を済ませ食料を調達してイン谷口に向かう。今日は月曜日だからあまり車はないだろうと思っていたら4台ほど駐まっていたのでびっくり。その1台が見覚えのあるアイちゃんの車。先週の日曜日に会ったばかりで、「会うとよく会いますね」と挨拶。「今日はどちらへ」と聞くと、「さあ、どこへ行こうかなあ」との返事をして、先に出発された。


 武奈は初めてというご夫婦としばらく話をしてゆっくりと出発。季節は少し前に進んだとはいえ歩き始めると汗が出てくる。蒸し暑い。ガスってくる。隠れ滝の分岐に着くとアイちゃんが滝の方から戻ってくるところだった。これから先は一緒に本日の山行となる。

 出会う花の数々の話をしながらゆっくりと青ガレから正面谷を登る。いつもは金糞峠から風が吹いてくるのだが、今日に限って、風は吹いてこない。これまで出会った人は青ガレで抜いて行かれた1人だけ。

 金糞峠からは大好きな奥の深谷の道を八雲ヶ原へ。途中のJR小屋の前のキタヤマブシはまだ蕾。あと2週間ぐらいはかかるか。八雲ヶ原に着いて石テーブルで少し早い昼食。コンビニおにぎりと牛乳とプリン。アイちゃんとは山の道具の話で盛り上がる。ここで2人目に会う。ぱらっと雨が来てレインウェアをはおる。

 昼食後、さらに話をしながら、今日はゲレンデ跡から登る。花を探しながらなのでゆっくりと。北比良峠から琵琶湖の方を見れば、ガスっていて何も見えない。どうやら雨が降っている様子。
 
 長いダケ道もアイちゃんと話をしながら降ると退屈しない。若い頃の冒険譚から比良の昔のルート、体の話、酒の話と話は尽きない。あっという間に大山口に到着。ここでアイちゃんとはお別れ。それぞれ後始末をする場所が違う。アイちゃん、長時間おつきあいありがとうございました。

 駐車地に着いて打ち上げは家で(というのも月曜日はHS比良があいていない)ということで帰路につく。途中ピンポイント的に湖西道路のいくつかのところで夕立。名神にのれば夕立の形跡はなし。洗濯物が無事なのでほっとする。帰宅して家でアイスクリームを食べてうちあげ。

 シャワーのあとはビール。鰹のたたき。ああ、うまいということになる。

 見るべきものはほぼ見てきたし、蕾も確認できた。楽しい花巡りの一日であった。