2019年8月の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


47.【8月25日(日)】イン谷口8:22→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南陵→コヤマノ岳→11:50武奈ヶ岳12:20→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:30イン谷口

     
ダイコンソウ キンミズヒキ サギソウ 武奈ヶ岳 山頂 カワラナデシコ キタヤマブシ
イワギボウシ
ヤマジノホトトギス
ホツツジ
 
フクオウソウ 
 
 久しぶりにマラソンランナーH氏夫妻との山行。毎度の武奈で恐縮なのだが、H氏夫妻とはあまり行ってないコヤマノ岳南陵コースで案内する。

 湖西道路はやはり車が多い。夏休み最後の日曜日ということだろうか。渋滞と言うほどのことはないが。で、イン谷口トイレ前に進むと、あまり車が駐まっていない。これには拍子抜けがした。8時前に到着。いつものようにH氏夫妻はわれわれより先に到着されていて準備をしておられた。

 朝、晩涼しくなったとはいえ、イン谷口出発から金糞峠までは暑い。堰の近くへ来るとしばらく涼しいが。

 今日は知り合いの山友とよく出会う日だった。まず、第2水場でYさんに。俊足の魔女である。信州土産のプラムを頂く(ありがとうございました)。そして青ガレの下のところでナベさんと。「お久しぶりです」と声をかける。この夏、御嶽山や白山に出かけられたそうで、白山ではひどい雨に往生されたとか。

 さて、青ガレを慎重に登っていく。正面谷を金糞峠まで。少し涼しくなる。金糞峠で早速頂いたプラムをかぶりつく。甘味と酸味のバランスが絶妙でおいしかった。

 ここからはヨキトウゲ谷のほうに進み、四つ辻からコヤマノ岳南尾根を登っていく。ヨキトウゲ谷では橋が2つに別れているとの報告がヤマレコにあったが、もう元に修理してもらったようで、問題なく進む。Wさんありがとうございます。

 四つ辻からは急登でひたすらの登り。しかし、今日はH氏夫妻と近況報告しながらの登りで、メドゥーサのブナも知らぬ間に通り過ぎてしまった。コヤマノクラウンを見てコヤマノ岳。美しいブナ林を通ってイブルキノコバ分岐へ。登り始めたらYさん、ナベさんと再会。YさんによればI(アイ)ちゃんが来られているとか。えっちらおっちらえぐれ道を登っていたら頭の上から「ヤッホー」と声がする。あれっと思ったら、なんとI(アイ)ちゃん。「いやーお久しぶり」とここでも挨拶。

 やっと武奈ヶ岳山頂。さすがに人が多い。ざっと30人ほどか。われわれは北陵を降りるので少し北へ行った肩のところで昼食。今日はパンと牛乳。H氏夫妻からホットコーヒーを頂き、われわれからは冷やしぜんざいとプリン。私はプリンを食べ、ユッキーは冷やしぜんざいを食べる。食後、滑りやすい北陵を慎重に降り、細川越からはオオバアサガラで覆われた道をスゲ原に。そして広谷へ。ここはキタヤマブシの確認に来たわけである。すると向こうからヨネチャンとしーちゃんがやはりキタヤマブシの様子を見に来られた。まだ蕾は小さい。しかし、どういうわけか花開いている一輪があった。写真ゲット。6人で八雲ヶ原まで。ヨネチャン、しーちゃんはゲレンデ跡から、われわれは八雲池を見てからクマ道(われわれの勝手な命名)で北比良峠に。

 先に北比良峠を出発されたヨネチャン、しーちゃんは神璽谷方向に降りたところで山休さんと話をされていた。みんな打ち上げはHS比良で行うので、こちらは車が2台ありますよと伝えていたが、これは3人神璽谷を行かれるのだと早とちりしてしまったわれわれはダケ道を降りていく。(ここで声かけをしておればよかった)。15時30分に駐車地に着いて、後片付けをしながら、ひょっとしてダケ道を降りられるかと少し待った。携帯で連絡を取ろうとしたがやっぱり電波が届かない。姿が見えないので、神璽谷から山休さんの車でHS比良に向かわれたのだと勝手に解釈し、4時の比良駅行きのバスのあとからイン谷口を離れる。HS比良に着いたら、山休さんもヨネチャンもしーちゃんも来られていないとか。これはまずいと、ユッキーが電話しつつ、車でイン谷口に迎えに行こうとしていたら、途中で電話がつながり、山休さんの車でHS比良に向かっているとのことだった。ヨネチャン、しーちゃん申しわけありませんでした。


 HS比良で打ち上げ。今日も柚子かき氷。帰りは予想通り渋滞。途中で下に降りて先で湖西道路に乗ろうとしたが、乗るまでのところが渋滞。これは抜け道を行っても結局同じことだったかもしれない。名神も少し渋滞していて2時間ぐらいで帰宅。いつもの倍の時間だった。

 そして打ち上げはビール。今日はゆっくりのペースで上り下りしたからか、ひどい筋肉痛にはならなかった。168回目の武奈ヶ岳登頂だった。

46.【8月21日(水)】イン谷口8:30→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→11:15八雲ヶ原12:00→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口14:25

     
イワギボウシ 正面谷 ヤマジノホトトギス 八雲ヶ原 ギボウシ 北比良峠 ママコナ
サギソウ
季節外れのニシキゴロモ
ツルリンドウ 
 
 お天気、さまざまな用事等で11日振りの山行。10日も間が開いているとつらいものがあるだろうと考え、八雲ヶ原帰りとして出発。今日のお天気の不安定さもこのコースに決めた理由の一つ。

 あおり運転の事件もあったことから、気を遣いながら名神、湖西道路と進む。妹子の里で食料を調達し、イン谷口へ。ちょうど出合橋のところで大型観光バスがバス停の方向に曲がるところであった。鈴鹿ナンバーのバス。

 トイレ前で駐車。ここでテントを張っている人の車と思われるものが2,3台駐まっていた。ゲイターをつけ出発。大擂鉢でトレッキングポールをなくしたので、あらたに購入したものの今日は初使用。

 ガスっている中をぼちぼちと青ガレまで。相変わらず蒸し暑く汗が容赦なく噴き出る。途中の水場でタオルクール。青ガレを登るときにはポールをしまい、手袋をして登る。途中の青ガレテラス(Kさん命名)からはガスっていて琵琶湖は全く見えない。

 正面谷では雨で岩が少しずり落ちているのが散見された。注意して登っていかなくてはならない。後ろでバスで来たであろうグループの声が聞こえてくる。

 いつもより遅いペースで金糞峠に到着。ここで糀甘酒を飲む。

 ここからは好きな道。観音様ロード。八雲ヶ原までで3ヶ所橋が流されていた。浅瀬を探せば難なく渡渉可能。

 八雲ヶ原の石テーブルで食事。食事を終えた頃にバスの団体さんが到着した。30人ぐらいの大グループ。「鈴鹿にはいっぱい山があるのに比良ですか」とお話ししたら、「鈴鹿はどこも暑いんでね」とのお答え。そう言えば向こうは木が少ないか。

 今日はゲレンデ跡から北比良峠に登る。途中雨がぱらっとしてきて急いでレインカヴァーをザックにかける。そしてダケ道へ。ダケ道では途中で蛇がいままさに蛙をくわえたところに出くわす。あまりのグロテスクさに足が止まる。しっしと追い立てて道の横に追い立てようとするが、なかなかどいてくれない。それどころか道の真ん中を右から左へと横一文字に体を伸ばす始末。跨ぐに跨げない。蛙は体半分ぐらいを飲み込まれているがまだ手をばたばたさせている。が、まあ、しばらくしてなんとか横にどいてもらうことができた。やれやれ。蛙もかわいそうだが、蛇も生きなければならぬ。

 恐怖の余り写真も撮れなかったが、いろいろと考えさせる出来事であった。

 駐車地について後始末をしてから「ほっとすていしょん比良」に。かき氷を頼む。私は今日はゆづかき氷。

 体もすっきりしたところでお土産にプリンを買って帰途についた。湖西道路、名神ともに渋滞というほどの渋滞はなかった。山頂まで行かなかったので、余裕を持って帰宅できた。本日の仕上げは、山名酒造の「ささ澄み・生原酒」で。
 

45.【8月10日(土)】北白川仕伏町バス停8:40→石鳥居→水飲対陣跡→11:35ケーブル駅12:05→見晴台→山頂駐車場→12:52大比叡→延暦寺阿弥陀堂→根本中堂→本坂→悲田谷→大宮林道→14:34日吉大社→甘味処うえだ→JR比叡山坂本駅15:47

       
クサアジサイ 倒木 石鳥居 音羽川渡渉 大比叡 コオニユリ ゲンノショウコ
 
 ウバユリ
 
ミゾホオズキ
 
 最初の計画では久しぶりに牛コバから奥の深谷、南比良峠を考えていたのだが、ゴタゴタしていて出町柳からのバスに乗れそうもない時間になったので、変更し、車でイン谷口から神璽谷、釈迦岳あるいは武奈ヶ岳へと考えて車を出したのはいいが、そうだ、お盆で渋滞が不安になり、途中で家に帰る。よし、こうなったら困ったときの「比叡山」。この頃は困ったときの武奈ヶ岳となっていたのだが、本日は昔のルーティーンで。

 出町柳でバスに乗り、北白川仕伏町に。大学や学校が休みになっているからか、比較的乗客は少ない。終点まで来たら、「本日は京都市営バスをご利用頂きましてまことにありがとうございます」と丁重なるアナウンス。女性運転手だった。こんなアナウンス、バスでは聞いたことがなかった。

 さて、気分よく出発。バプティスト病院の横からトレイル道を行く。例の台風による倒木があった時以降はこの道を行っていない(雲母坂は倒木後出かけはしたが)。ここでも2,3ヶ所倒木があったが、すべて処理されていて特に困ることはない。今夏はじめてツクツクボウシの声を聞く。暑いけれども秋は近づいているということか。

 今日も汗が容赦なく噴き出る。発汗量と疲れは確かに比例している。石鳥居についたときもうすでにバテ気味であった。雲母坂のコースと比べてこのコースは距離があり、いつもしんどい。さらにここから音羽川源流に向けてアップダウン。3本沢を越える。水飲対陣跡に辿り着く。さらにここからが本日のハイライト。疲れてくると口数も少なくなる。千種忠顕の碑のところで、新道と旧道の分かれとなる。新道が倒木ジャングルであったが、今日見たところ少なくとも入り口から見える範囲では処理が終わっているようだ。しかし、その先が分からないので、安全をとって、倒木後も踏んでいる旧道で行くことにする。旧道は八瀬ケーブル駅の真横に出る。新道の方を見れば、ロープが張ってあって通行止めとしていた。まあ、旧道を選んでよかったか。11時35分だし、ということで、ここで昼食。水を一本買い足す。

 昼食後、重い体をゆっくりと進め、見晴台から山頂駐車場、そして大比叡に。

 大比叡からは阿弥陀堂に、そして根本中堂前を通って本坂に。本坂はゴロゴロ道で歩きにくいので悲田谷の方に向かう。こちらで上り下りする人が増えたのか、道ははっきりしている。誰とも会わずに大宮林道に出る。あとはだらだらと歩きやすい林道を下っていくと比叡山高校の横の階段道に到着。

 ここの石段は歩きやすい。さすが坂本、穴太衆。日吉大社に着いて、トイレのところで後始末。服を着替えてさっぱりして坂本甘味処うえだに向かう。お正月以来のご無沙汰。かき氷宇治金時を注文。あんこも美味しく、抹茶も本物。実直なご夫婦の手作りの品。うえださんご夫婦と四方山話。5時前に帰宅したいので話を切り上げ、お土産に夏みかんゼリーを買って、また紅葉の時にでも寄りますと言って店を出る。暑い中、駅に向かい、あと1分で電車が来るというので急いで階段を駆け上がる。こうして京都駅、そして近鉄で、無事5時前には帰宅。

 シャワーのあとは山名酒造の「夏にごり」で打ち上げ。花の少ない中でもそこそこ見つけられた。ミカエリソウの生育状況を見たかったのだが、軒並み茎の上の方はすっぱりと囓りとられていた。鹿? まあ仕方がない。

44.【8月3日(土)】ガリバー青少年旅行村9:47→大擂鉢→広谷→イブルキノコバ→13:05武奈ヶ岳13:30→西南稜→御殿山→15:17坊村15:46

       
ノギラン ミゾホオズキ 倒木 倒木 武奈ヶ岳 オカトラノオ ヤマジノホトトギス
 
リョウブ 
 久しぶりにガリバーから武奈に行こうかということになり、京都駅8時15分の新快速で近江高島へ。そこから9時4分発のバスでガリバー青少年旅行村へ。このコースは出発が遅くなるという難点があるが、沢沿いに進むので比較的涼しいという利点がある。

 ガリバーでゆっくりと準備。大擂鉢まで着実に歩を進める。が、大擂鉢でアクシデント。渡渉するのだが昨年の台風以前と岩、石の配置がかなり変わっている。おまけに本日は水量多し。ユッキーのあと私が渡渉しているときに、前においた足が滑ってあえなくドボン。やれやれ。こんな日に限ってゲイターをつけていず靴の上から水が入る。おまけにストックを1本流してしまった。これも横着してストックを畳まなかったため。やれやれ。体中水をかぶったので涼しいといえば涼しい。どうも今日は幸先が悪い。

 そんななか、花を探して沢沿いを遡行する。今年アキギリはどうだろうか、水で流されてはいないだろうかと話をしながら進むと、ちゃんと残っていてくれている株を発見。ほっとした。さらに、ユッキーが大きな声を上げる。「ミゾホオズキがこんなところに」。これまで、江賀谷と同じ峰床の八丁平そして比叡山で見ただけで比良山系で見たのは初めてと言う。

 やがて、沢を離れて広谷への苦難の道が待っている。途中でスヨンさんに会い、挨拶。予想外だったのは、10ヶ所以上倒木で潜ったり、乗り越えたり、回り道をしたりと時間をとったこと。私のドボンと倒木で最終武奈ヶ岳には予定より20分ほど遅れてしまった。おまけにこの道はアブ街道。防虫ネットを被って進む。

 広谷についてやれやれ。ここからはまた沢を遡行する。私はいつも以上に濡れた岩に足をおくとき慎重にならざるをえなかった。(今日の大擂鉢のあとだから)。

 やっと武奈ヶ岳が見えてきた。くっきりと山頂が見えるのは久しぶりだ。コヤマノ岳分岐から夏道を進む。するとどうだ、えぐれ道のところで山友が降りて来るではないか。西宮明正会のNさん。「お久しぶりです」とご挨拶。今年の冬以来。近況を報告して別れる。Nさんはイン谷口の方に下山される。われわれは坊村へ下山の予定。

 時間が遅いからか、暑いからか、土曜日であるにもかかわらず、山頂の人はそれほど多くない。坊村15時46分のバスが気になるので急いで食事、片付け。

 あとは転倒に気をつけながら急いで下山。坊村に着いたら30分近く余裕があったので、「茶坊」に寄り、2人ともコーラフロート。

 15時46分にバスが来たので乗り込み、JR堅田駅まで。夏はいつも堅田駅近くになって渋滞するんだが、今日はそれほどでもない。JRにも順調に接続できて新快速、近鉄で帰宅した。今日も仕上げの乾杯はビールで。