2019年7月の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


43.【7月31日(水)】伊吹山8合目駐車場→西遊歩道→山頂→中央遊歩道→山頂→下山→上野登山口

       
シモツケソウ ウツボグサ 山頂三角点 下山 コオニユリ シデシャジン ヒオウギ 
キオン
キンバイソウ
イブキフウロ
 
 シモツケ
 
メタカラコウ 
 
カワラナデシコ 
 夏恒例の伊吹山。暑さ、しんどさを考慮して昨年と同様、関ヶ原からバスで8合目まで行くことにする。さらにバスにするもう一つの理由は、上野からの登山道は花が激減しており、ピストンしても成果がないということである。

 京都駅の「ドンク」でパンを買い(この頃ここのパンが気に入っている)、7時33分米原行きの新快速に乗る。米原で3分の待ち合わせで大垣行き普通に。関ヶ原で降りようと扉に近づいたとき、なんとJOEさんがまさに降りようとしておられた。驚き。「会社が夏休みで」とのこと。急いでバス停に向かって1番、JOEさん、2番目、3番目がわれわれでバスを待つ。すると、なんとokaokaさんご夫婦がやって来られた。6番目、7番目。okaokaclub の半分近くのメンバーが偶然にもやって来たことになる。バスは大垣から来るのですでに3分の1ぐらいの乗客がある。関ヶ原からの乗客が乗り込んでほぼ満席。ウィークデイでこれだったら土・日は一体どうなるのだろう。

 8合目駐車場終点で降り、okaokaさん、われわれ、JOEさん、別れてそれぞれのコースで花見物に出かける。

 われわれは協力金300円を払って西遊歩道を進む。ここが保護区もあってお花が一番充実している。

 「保護区」の中はお花の絨毯であるけれど、保護区でないところは寂しい。昔は山頂の周囲が全部絨毯であった。今は限られたところが昔を思い出させるが、それ以外のところはポツポツである。

 山頂の売店で伊吹牛乳を買い求め、三角点近くの見晴台で昼食とする。琵琶湖の方はガスっていて何も見えない。

 昼食後、東遊歩道、中央遊歩道を少し見た後、トイレをすませたら、売店近くで、またokaoka組が偶然にも集まる。JOEさんは全部のコースを回ってきたとのこと。いつもながら速い。これから下山して登山口から近江長岡駅までは歩くとのこと。われわれはただただ呆れるばかり。

 結局okaokaさんについてわれわれも一緒に下山することにする。この登山道で唯一花がたくさん見られるのが三合目。保護されたところにはユウスゲが多数。ただし、夕方にはまだ時間があるので花は開いていない。それ以外の花も結構ある。またここでも写真タイム。そのあと、われわれシデシャジンを見たことがないというので、案内してもらう。

 寄り道をしているとバスの時間が迫ってくる。あとはカメラもザックに入れて、ひたすら降る。ごろごろ道なので転倒に気をつけて走るようにして登山口へ。私は水が切れかかっていたので、真っ先に超特急で登山口の自動販売機に向かって降る。やっと自販機に辿り着き、ペットボトルのお茶を買い、さらに、伊吹牛乳も買って飲み干す。バスの時間まで着替えをしたり休む時間は十分あった。

 さらに、近江長岡駅でもバスを降りてから電車に乗るまで時間があり、さらに水を買い足す。とにかく暑かった。このときまだわれわれはアクシデントが起こることを知るよしもなかった。

 近江長岡から米原へ。ここで新快速に乗り込むわけだが、乗客が中にいるのに、ドアは閉まったまま。なんだこれは? と、駅長か助役が「ただいま検査中です。乗車はお待ち下さい」と言う。「お待ち下さい」もなにもドアが閉まっているのに乗れるわけないだろ! 「検査」とはなんだ? しばらく待っているとようやくドアが開き、4人、席は確保した。それにしても暑い。エアコンが効いていない! 全くなんの説明もなしに電車は進む。同じ列車にいた中国系と覚しき一家は、接続してある長浜から来た列車に移っていった。こちらはそれも面倒くさい。そのうち効き始めるだろうと我慢の修行。哲郎さんは汗がぼたぼた。どのあたりまで行った頃か(草津あたり?)、ようやく車内放送で冷房の効いていない号車を知らせ始めた。われわれの乗っているのはまさにそれ。民営化でサービスがよくなったとは言うものの、まだこの程度。米原で「検査」のなんたるかを知らせてくれていたら乗り込む列車を選んでいたのに!

 サウナ状態から京都駅で降りたら、なんと涼しいこと。JOEさん、okaokaさんと一緒だったこと、また、帰りのアクシデントのゆえに忘れがたい7月31日伊吹山花鑑賞会だった。okaokaさん、われわれの希望を入れて頂いて、ありがとうございました。楽しかったです。

 家のネコたちが多少夏バテ気味なので、京都駅での打ち上げはやめて、帰宅。ビールで締め。今年もまた伊吹山の花を楽しむことができて感謝、感謝。ここには出していないけれど、コバノミミナグサ、クサフジ、イワアカバナ、キヌタソウ、クガイソウ、キリンソウ、イブキトラノオ、ミヤマコアザミ、イブキジャコウソウ、ワレモコウ、アカソ、ハクサンフウロ、ヤマホタルブクロ、等々。


42.【7月23日(火)】イン谷口8:22→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→11:41武奈ヶ岳12:08→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:39大山口→イン谷口15:12

     
イン谷口から青ガレへ ノリウツギ 青ガレ コヤマノクィーン 武奈ヶ岳山頂 コヤマノ岳(武奈ヶ岳から) パノラマコース
オオルリソウ
トンボソウ
リョウブ
 
 天気予報をみると今日もすっきりしない天気。台風一過とはならず。前回武奈ヶ岳まで行けなかったので今日は是が非でも山頂まで行くことにする。そのために、最短コースで登ることに決める。

 夏休みが始まったからか、湖西道路は渋滞こそしないが車が途切れることなく続く。イン谷口トイレ前に駐めようと思ったら8時前ですでに満車。引き返して下の所に駐める。


 用意をしてトイレ前の所に来ると、Chさんに出会う。信州に行きたいのだけれど仕事がいろいろ入って忙しく、体がなまらないように、今日は比良に来たとの話。帰りの湖西道路の抜け道、裏道を教えてもらう。

 またもやガスっていて湿度が高く汗が次から次へと出てくる。今日はどうも調子が上がらなかったのは汗のせいだったと思われる。

 青ガレを経て、金糞峠まで、黙々と歩を進める。次第にガスは晴れてきて時には日が差すこともある。

 金糞峠からはヨキトウゲ谷を行き、小橋を渡って四つ辻に。ここからはコヤマノ岳南尾根。このコースを来るのは久しぶりだ。2人ほど下山してくるハイカーに出会う。

 コヤマノクラウン、コヤマノクィーンを経てコヤマノ岳に。遠くはガスがかかっていて眺望はよくない。さあ、いよいよ武奈ヶ岳だ。イブルキノコバ分岐まで降っていくこのブナ林の道は快適。イブルキノコバに到着で武奈を見ると、見る見るガスがかかってきて山頂は雲の中ということになる。山頂に到着すると日が差してくる。目まぐるしい雲の変化。

 午後から雷の予報もあることで急いで昼食。今日はパン2個と牛乳。デザートは冷やしぜんざい。Chさんを探したが見つからなかった。確か比良の王道で山頂へ来られているはずなのだが。

 雷が怖いのでパノラマコースで下山。途中遠くで雷の音がする。天気予報は当たっている。

 八雲ヶ原に着いてほっと一息。池を壊れかけの木道を慎重に通過。花はなにもなし。池の中には鹿の糞もあるし、スゲの草が楕円形になぎ倒されているところもあり(きっとここで寝そべっていたのだろう)、鹿の食害で花が減ってきているのだろう。鹿が確かに増えているのだろうが、それは温暖化のため、その温暖化を加速させているのが人間だとすると、人間が一番悪い族ということになる。


 あれこれ考えながら北比良峠への辛い登りを黙々と。北比良峠からはダケ道で。ダケ道の倒木があったところも、木を切って頂いたようで、迂回せずに歩くことができた。感謝。もう降りでは「ほっとすていしょん比良」のかき氷を思い浮かべて、早く食べたい、早く食べたいと呪文を唱えながら降る。大山口で顔を洗い、道具を洗い、すっきりして駐車地に。途中の渋滞がかなわないので3時半あるいは4時までにはHS比良を出ようと急ぐ。

 お久しぶりですということで、早速かき氷を注文。私は梅、ユッキーは柚子。ほどよい甘さで汗がすーっとひく。お土産にプリンを買って、帰途につく。抜け道を通って、名神で帰宅。今日はビールで乾杯。166回目の武奈ヶ岳だった。

41.【7月23日(火)】イン谷口→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

     
ノリウツギ ダイコンソウ トリアシショウマ オオルリソウ 八雲池  八雲ヶ原  スイレン 
タニタデ 
 
トンボソウ 
 
コバノトンボソウ 
 
トキソウ 
 昼から雨との予報があるが、本日決行。しーちゃんをお誘いする。JR比良駅でしーちゃんをピックアップし、イン谷口に。今日もガスってきて幻想的な絵柄となる。神戸ナンバーの1台のみ駐車。スパッツ、ストックの準備をしてゆっくり出発。

 ガスってはいるが、雨にはならず、ときおり日も差すという複雑な天候。青ガレから正面谷を登っていく。これから咲くであろういくつかの花を確認しながら。蒸し暑いが、金糞峠まで来ると、ましになる。

 金糞峠からは奥の深谷。幻想的な風景の中を進む。いつ来てもこころが和む散策路だ。

 八雲の池を通って八雲ヶ原へ。午後からの雨ということもあるし、八雲の石テーブルで早めの昼食。霧が武奈ヶ岳の方向から降りてきて新池もゲレンデ跡も見えない。スマホで雲の動きを確認したら、予報よりも早く猛烈な雨雲がやってくることが分かった。折しも山頂から降りてきた人と会う。後にも先にも今日山道で出会った唯一の人。「山頂まで行かれるんですか?」と聞かれるので、「いいえ、イブルキノコバあたりまで行って引き返します」と答える。「それがいいです。山頂ではぱらぱら来ていましたから」。

 急いで後片付けをしてイブルキノコバ目指して出発。しかし、すぐに猛烈な夕立のような雨が降ってきた。木の下でレインウェア上下を着込み、ストックを一本片付けて傘を出す。道は早くも沢のようになり、われわれはイモリになったような気分。実はタマガワホトトギスを見るために向かったのだが、これではとても沢を遡行できまいと判断して途中で引き返す。広谷のナツツバキも確認したかったが諦める。奥の深谷で見たナツツバキももう終わりかけだったし。

 八雲ヶ原からクマ道を通って北比良峠へ。ここらへ来ると雨は止んできた。さきほどの猛烈な雨はなんだったのかということになる。しかし、次の雨雲が15時ぐらいに来る予報であったので、戻ってきたのは正解だろう。傘を片付け、2本杖に戻してダケ道を降る。

 時折日が差したりもするが、基本、曇り空のところを大山口まで降りてきた。ここで後始末をする。ダケ道ではこの2,3日の雨で斜面が崩落し、木が倒れて大きく道を塞いでいるところが新たにあった。少し迂回すれば通れる。

 着替えをして車に乗り込み出発。しーちゃんは今日は木幡の娘さんのところにお泊まりとのことで、乗ってもらう。湖西道路をしばらく行くと、予報通り、猛烈な雨がまたしても降ってきた。雲の動きの予報は正確。車に乗り込もうとしているところでなかったのでラッキーだった。ワイパーを最大限に動かして進む。ところがしばらくすると嘘のように雨が降っていないところに来た。局所的な夕立のようで、雨の動きは西から東で、われわれは降雨のゾーンを抜けたということだろう。

 トンネル工事で一車線になっているところもあったが、名神に乗り、中書島でしーちゃんを降ろして無事帰宅。

 シャワーのあとは山名酒造の「Hyogo Sake 85」で乾杯。記憶に残るであろう雨の中の花探索だった。これもまたよし

 

【7月18日(木)】

ノアザミ ヤブミョウガ トキワツユクサ コクラン
コクラン 
 うっとうしいお天気だが今日しか出かけられないので雨の日の装いで出かける。今日の目的はただ一つ。コクランを見ること。

 私は山行1回に数えてもいいかと思ったが、ユッキーが「こんなん山という山やあらへん」と仰せられるので、花探索のちょこっと山歩きのお散歩とする。


 ありました。しかもドンピシャ。小雨、ブト、アブと戦いながら観察し、写真に撮った。虫除けが行き渡っていなかった背中にシャツの上からブト攻撃があり、痒い。ムヒをシャツの上から塗って凌ぐ。

 目的が達せられ、これ以上ブトとの格闘はかなわないので引き上げる。帰りに中村藤吉に寄って夏季限定の茶そばセットで昼食。

 大満足で京阪の帰途、六地蔵を通過したところ、すごい臭いと煙。消防車多数。ネットニュースを見たら六地蔵の京都アニメが火事で死者、負傷者多数とのこと。実は甥が京都アニメに勤めているので、帰宅後連絡を取る。甥は木幡のアトリエ勤務で事なきを得たが、しかし、ひどい事件だ。言葉も出ない。

40.【7月15日(月)】イン谷口8:15→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→12:03武奈ヶ岳12:34→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:45大山口→イン谷口

   
ホナガタツナミ ノリウツギ ダイコンソウ ムラサキシキブ 山頂 ナツツバキ 八雲ヶ原
タマガワホトトギス
 
トリアシショウマ 
 
 
 三連休もいろいろと用事が入り、山に出かけられるのは今日のみ。幸い雨にはならないとの予報で湖西道路を車を走らせる。遊びに出かける人が多いからか車は混んでいる。イン谷口トイレ前には八時で十数台すでに車が駐まっていた。無理せず、トイレ下で車を駐める。

 ゲイターをつけてストックを出し出発。ようやくノリウツギが咲き出した。蒸し暑く汗がだらだら出る。調子がもう一つ上がらない。ガスっている中正面谷を黙々と登る。


 金糞峠のイワキンバイはもう終わり。金糞峠から奥の深谷で八雲ヶ原へ行く。ヤマボウシも終盤。一部がピンクになっているのも見かける。そしてナツツバキ。高木だからなかなか写真には撮れない。望遠で写す。

 このあたりから山頂まで涼しくなる。

 八雲池に来てもお目当ての花は何もない。壊れかけの木道を慎重に進む。イブルキノコバから沢コース。タマガワホトトギスを確認し、コヤマノ岳分岐まで。ここでkol-yosioka さんと出会う。またまたマニアックな道をほとんど沢登りで登ってこられた。ヘルメット姿。kol-yosioka さんとは山頂で食事しながらお話しする。山頂ではまたしーちゃんと出会う。一緒に食事。ガスっていて周りは何も見えない。それがため最初しーちゃんは北陵で降るのを中止しようとされていたのだが、われわれが北陵まわりで下山ということで一緒に降る。

 広谷でのお目当てはやはりナツツバキ。どうも今年は花数が少ないよう。苦労しながら花を見つけ、望遠で撮る。広谷の渡渉は水量が多いため、なるべく浅いところ、適当な石があるところを探して渡るので時間がかかる。最後のイブルキノコバへの道も朽ちた橋横の渡渉はせずに少し上流から右岸を進み渡渉を避ける。

 八雲ヶ原でゲレンデ跡からナツツバキの確認とも思ったが、ガスの中では確認もできないので、八雲池のところからの道(これをわれわれはクマ道と呼んでいる。かつてここでクマと遭遇したため)で進む。北比良峠からはダケ道で。

 大山口でヨネチャンが待ってて下さった。お久しぶりということになる。イン谷口駐車地まで。靴だけ変えて、しーちゃん、ヨネチャンをJR比良駅まで送って、湖西道路で帰路に。途中ナビが渋滞のため一旦道の駅妹子の里で降りて、堅田から乗るようにと言うので、試しにその通りに行ってみた。どのぐらい短縮できたのか分からないがちょっとした冒険だった。

 家に帰ってシャワーのあとは山名酒造の「純米生酒・ささ澄み」で打ち上げ。おとなしく華やかな酒だった。
 

39.【7月6日(土)】イン谷口8:10→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→12:00武奈ヶ岳12:20→イブルキノコバ分岐→コヤマノ岳分岐→ゲレンデ跡パノラマコース→八雲ヶ原→13:55北比良峠→ダケ道→15:05大山口→イン谷口15:35

   
ヤマアジサイ 正面谷 イワキンバイ 金糞峠 ヤマボウシ 武奈ヶ岳山頂 テリハノイバラ
ムラサキシキブ
イブキジャコウソウ
オトギリソウ
ナガエコナスビ
 梅雨の雨でこの2週間山行が出来なかった。今日ももう一つ天気はよくないが決行する。

 8時前にイン谷口トイレ前に到着したが、すでに車が多数駐車している。なんとか開いているところを見つけて駐める。今日の目的はヤマボウシとナツツバキを見ることとその他の花の生育状況を確認すること。

 ゆっくり歩き出すが、湿度が高く蒸し暑い。汗は噴き出る、眼鏡は曇る。カメラまでぼやけてくる。青ガレへ向かう途中で堂満の主Mさんと会う。週2回は山に来るようにしておられるとか。83歳で、Tシャツ、短パンで軽やかに登って行かれる。青ガレまでの間に何ヶ所かミニケルンがあるが、これはMさんが元気に山に来ていますよと知らせるための印だとか。どうかあのケルン壊さないで下さい。Mさんに何かあったのかと思ってしまいますから。Mさんのペースにはついて行けないので、青ガレからは先に行ってもらった。

 昨日の雨でまた崩壊しているところがあるやもしれぬと思って、慎重に正面谷を登っていく。特に登りの時の左側からの崩落、落石に注意しながら。やれやれ金糞峠だ、あと一登りというところで倒木が道を塞いでいた。2週間前には斜面の崩落で倒れかけていたのがついに道を塞いでしまったのだ。なんとか乗り越えて金糞峠に到着。

 前回は最短コースで行ったので、今日は八雲ヶ原経由で。奥の深谷のヤマボウシを鑑賞するため。今年は少し花付きが悪く、花数は少なめだった。ナツツバキはまだ蕾堅しといったところ。

 八雲の池を見て、石テーブルまで来たところ、「先生」と呼ぶ声がする。えっ、誰かしら、と思っていたら、奥の深谷の小橋の修理をして下さっているWadさんだった。「お久しぶりです」ということになる。青ガレへ行くまでの第1水飲み場の石について聞いていたら、やっぱりあれは落石だったとのこと。なんと大きな石が落ちてきたものか。

 八雲ヶ原を経て、イブルキノコバへ。途中でスヨンさんと会う。コアジサイはまだ健在で、いい香りのする中進んで行く。徐々に高度を上げながら沢の横を進む。このあたりのナツツバキ、高いところにあるため確認はむつかしいが、どうも、蕾は少なそう。タマガワホトトギスはまだこれから。いつもの場所よりも下流に見つかる。

 2週間ぶりの山行はやはり間が開きすぎていてつらいものがある。コヤマノ岳分岐に到着すれば、あとは最後の登り。分岐地点で武奈ヶ岳を見ても全く見えず、ガスっていて雲の中。西南稜に着いても第4ピークも山頂も全く見えない。

 ピーク写真を撮ったあと、風を避けて西側で食事。パンと牛乳。それと伏見駿河屋の笹団子。腰を下ろしたときからから霧雨が降ってきた。ザックカヴァーをつけ、レインウェアを着込む。食事のあと、ナツツバキの確認に北陵、細川越え、広谷のルートを当初考えていたのだが、奥の深谷で蕾だから、こちらはまだまだだろうということで北陵回りをやめてパノラマコースで降りることにした。もちろん雨のこともある。

 パノラマコース、八雲ヶ原、北比良峠と進む。北比良峠からダケ道を降りようとしていたら、「こちら金糞峠へ行きますか」と聞かれる。「いえ、金糞峠へは前山から縦走路で、こちらは大山口、イン谷口です」と答える。「ではわれわれもダケ道で降ります。あとをついていきます」とのことだった。道々、話をしていたら、なんと西宮明昭会のグループであることが判明。「Nさんご存知ですか」、「ええもちろん」とやりとりしていたら、なんとそのグループの中に、以前Nさんの堂満下見にご一緒した時におられたMさんがおられたことが分かった。「お久しぶりです」ということになる。

 グループはカモシカ台で休憩されるということで、われわれは休憩なしで先に行かせてもらう。山の中では本当にいろんな出会い、再会があるものだ。

 駐車地に戻り、着替えをして、今日は打ち上げなしで帰宅。シャワーのあとは山名酒造の「Hyogo Sake 85」で乾杯。

 ヤマボウシは見られたが、ナツツバキはまだ蕾がほとんど。ヤマアジサイにイワキンバイ、コアジサイ、紫式部の花、イブキジャコウソウ、ナガエコナスビ、オトギリソウ、ナガエコナスビ、トキソウ、ツルアリドウシ、テリハノイバラ、ダイコンソウ等を見た。