2019年最近の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


38.【6月23日(日)】イン谷口8:20→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道→コヤマノ岳→11:30武奈ヶ岳12:11→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:12大山口→イン谷口15:40

   
ヤマアジサイ クモキリソウ オオバアサガラ コヤマノクラウン 武奈ヶ岳山頂 ササユリ サワフタギ
コハクウンボク
ハンショウヅル
イブキジャコウソウ
ネジキ
 
 ようやく武奈詣でが実現した。1週間ぐらい前の予報では本日は50%の雨模様だったのだが、やはり天気は変わる。本日は夕方から雨かという天気予報になっていた。これは武奈に行かねばならない。

 7時54分にイン谷口トイレ前に到着。準備をして8時20分に出発。花のその後、これからの花等確認しながら登っていく。青ガレまでの水飲み場を通ろうと思っていたとき、水の蛇口のすぐそばに大きな石がある。これって、6月3日に来たときには記憶違いでなければなかったはずだ。さては上から落ちてきた石か。そう思うとぞっとした。以後、注意して左側からの落石に気をつける。

 青ガレの登り口で飲水休憩していたら、なんと、俊足の怪女Yさんが来られる。最近は白山ばっかり行っていて比良は久しぶりとか。しばらく話をして先に行ってもらったら、瞬く間に姿が見えなくなった。

 青ガレを過ぎ、崩落・落石のヶ所を過ぎ、金糞峠に。奥の深谷ー八雲ヶ原ーイブルキノコバのルートも考えたが、夕方からの雨という予報を考慮して、結局、コヤマノ岳南尾根の最短コースをとる。ここも久しぶりだ。

 最短コースだけあってここは長いジグを切っていなくて斜面をまっすぐ登るようになっている。中2日だし、この前の2回は長距離を歩いていないため、やっぱりここはしんどい。我慢の登りである。おまけにガスって来て、まるで雲の中に突入したみたいである。コヤマノクラウンがぼんやり見えてきてやれやれ、ほっとする。

 先を急ごう。武奈ヶ岳はもうすぐである。11時半には着けそう。 西南稜に上がったら、なんと、Yさんがこれから下山するところだった。中峠、ワサビ峠を経て山頂に着き、お昼を済ませてもう降りられるのだ。

 われわれはよたよたと山頂に辿り着きピーク写真。山頂は雲の中でコヤマノ岳すら見えない。さて、どこで食べようかと思案して、北陵に降りるから山頂のすぐ下の肩のところでお昼にしようと向かいかけたら、ガスの中から肩の所で両手を振る人がいる。誰かなあとちょっと考えて、Chさんに違いないと確信した。イン谷口に確かChさんのものと覚しき車があったからである。半年ぶりの再会を喜び合った。Chさんは夏に信州に行くためのトレイニングで今日来られたとか。

 われわれの今日のメニューはパンと牛乳。デザートにヨモギ大福。食事後、Chさんと一緒に北陵を降る。コハクウンボクが咲いているところに出会う。オオバアサガラは咲き始め。細川越からスゲ原、広谷とまわる。これからここで見られるであろう花の説明をしながら進む。八雲ヶ原で別れる。Chさんはこれから堂満に向かうとのこと。トレイニングのためにはこれぐらい歩かないとトレイニングにはならないからとおっしゃる。

 われわれは北比良峠に上がり、いつものようにダケ道を降りる。少し急いだからか、北比良峠から1時間で大山口に着いた。駐車地で後始末をして「HSひら」に急ぐ。そうしたらなんとしーちゃんがおられた。こちらも久しぶりの再会。積もる話をいろいろとして、あっという間に5時前になった。

 湖西道路、名神で帰宅。シャワーの後は山名酒造の「Hyogo Sake No.85」。美味い。至福の時。

37.【6月20日(木)】一丈野駐車場9:00→北谷線→落ヶ滝線→落ヶ滝→天狗岩→耳岩→11:57白石峰12:15→耳岩→天狗岩線→谷沿いルート→14:05一丈野駐車場

   
キンコウカ モウセンゴケ 落ヶ滝へ 落ヶ滝 白石峰 カキランの蕾 ジガバチソウ
 ササユリ
コバノトンボソウ
モウセンゴケ
 ミヤコイバラ
 梅雨を前にして武奈ヶ岳に行こうかと(なにせ今月まだ行っていない)考えていたのだが、愚息を駅まで送らなければならないこととなり、出発が遅いので、金勝(こんぜ)アルプスに行き先を変更した。カキランにはまだ少し早いかもと思っていたが、やはり予想通りで蕾だけを確認することとなった。その代わりと言ってはなんだが、キンコウカはほぼ満開だった。キンコウカの花期が終わるとカキランの花期となる、これは毎年の推移のようだ。

 名神から草津ジャンクションで第2名神に入りすぐの田上インターで降りる。そのあとは県道2号線、県道108号線で一丈野駐車場。7月下旬までだと平日は駐車場無料。土日は700円。すでに10台以上が駐車している。


 トイレを済ませ準備をして出発。まずは北谷線(北谷林道)を進む。40分ほど進んだところの分岐で落ヶ滝線に入る。雨があまり降らないので沢の水量は少なく、落ヶ滝も迫力はない。

 分岐に引き返し、また尾根にのるまで登っていく。

 やっと、鶏冠山との分岐がある尾根にのる。鶏冠山はパスして天狗岩目指して尾根を南南東方向に進んでいく。天狗岩はまだ遠い。それに尾根道は日が差してきて暑い。


 一時間近くかかってようやく天狗岩直下のところに来た。すると木陰のベンチのところでバーナーを風よけで囲って網を置いて悠々と餅を焼いている人と出会った。餅を焼くハイカーを見たのはこれがはじめて。70歳台に見えるこの老ハイカー、親切にも金勝アルプスで咲く花の数々を教えて下さった。駐車場から6kmのところに住んでおられてほとんど毎日のようにこの山を訪れているようである。「今日はテニスの日だったんだけれど山に来てしまった」と笑っておられた。水不足を嘆くササユリにこれからペットボトルに入れてきたお水を注がれるとおっしゃる。一方で盗掘をする輩がいるかと思うと、他方でこの奇特な方のようにお花を暖かく見守っている方もいる。

 耳岩から天狗岩線で降りることを薦められたのだが、にわかに決心がつかず、ともかくも白石峰まで行ってお昼とした。白石峰のベンチでコンビニおにぎりと冷やしぜんざいと牛乳。いつもの狛坂線で降りようか、引き返して耳岩から天狗岩線で降りようか。ユッキーは国土地理院の地図を持ってきていないし、いつものように降りることを最初主張していたのだが、私は餅焼きハイカーのおすすめのように、初めての道だが天狗岩線で降りることを主張。GPSを持っているし、餅焼きハイカーにもらった「金勝山ハイキングマップ」もあるし、こちらの山は道標がしっかりしているしというのが私の根拠。結局、天狗岩線で降りることにした。

 こちらは神璽谷の蟻地獄のようにざれ道でロープ場に続くロープ場。ヨネチャンが好きそうなルート。ロープの助けを得て足場を確保し、無事降りることができた。こちらも痩せ尾根で日が差して真夏には来たくないなあというルート。やがて谷ルートと尾根ルートの分岐に出る。やはり花期待の関係で谷ルートを行く。沢沿いに降りていくものだから一体何回渡渉したか、数え切れないぐらいであった。

 やっと桐生キャンプ場一丈野管理棟のところに出てきた。ここからアップダウンを繰り返しながら北へ進み、分岐のところで左手に道を取りやがて北谷林道と合流した。もちろん時間的には狛坂線を辿るよりは早く降りてこられた。

 駐車場で着替えをし、後始末をして帰路に。途中渋滞することもなく無事帰宅。シャワーの後はビールで乾杯。
 
 餅焼きハイカーのおかげでササユリも見られ、ワイルドなはじめての道も降れて、満足の山行だった。


36.【6月16日(日)】マキノ林道9:15→黒河峠→三国山湿原→黒河峠→12:54マキノ林道

   
マキノ林道 トリアシショウマ ササユリ 三国山湿原 キンコウカ イチヤクソウ ケケンポナシ
ヤマボウシ
コアジサイ
 ササユリ鑑賞に出かけましょうと小てつさんのお誘いがあり、今日は赤坂山に出かける。

 天気予報によれば、今日は雨の予報が出ている。しかし、全天候型の小てつさんなので、われわれも覚悟して出かける。家を出て京阪出町柳駅まではまだ雨が降っていない。出町柳駅のバス停では7時20分ぐらいで7,8人が待っておられた。

 大原を過ぎ湖西道路に入る頃から車のフロントガラスにポツポツと雨が降ってくる。近江今津を過ぎ、マキノのメタセコイア並木のところにくると、立派な雨である。まだ9時にもならない早朝なのに観光客がちらほら見える。

 スキー場のところで儀式をすませ、近くの屋根があるところで雨具をフルにつけ、ゲイターをつけ、傘を出して準備する。マキノ林道を車で上がっていき、いつものデポ地でデポ。ここから先は通行止めのバリアーが置いてある。

 雨の中をスタート。「お互いこんな雨の中で山行とは物好きですね」と自嘲気味に小てつさんと言葉を交わす。林道を登り、途中ヤマアジサイを確認しながら、黒河峠に到着。トイレあり。今年のヤマアジサイは花数少なく、開花したのも元気がなさそうだった。

 いつものように登山道ではなく林道を登っていく。「雨もひどくなってきたからササユリを見たら、それで帰ることにしましょうか」と提案する。やがて登山道と合流し、鎖場を経て登っていく。コアジサイ街道である。


 「ササユリ発見」と最初のササユリに出会った。少しくたびれているようなので、一本目のササユリを見たら引き返しましょうとの前言を撤回し、さらに進む。ときおり雨が止むことがあるが、それもほんのつかの間。ササユリを見つけながら、もう少し行ってみましょう、もう少し行ってみましょうということになり、結局、アザラシ岩を過ぎて三国山湿原にまで至った。ここでキンコウカの観察。ちょうど咲き始めで下の方から開花していた。満開になるまでまだまだ楽しめそうである。

 ようやく引き返す決心がついた。雨脚は夕立のように強くなってきている。急いで戻る。降りには視線が登りと異なるため、新たにササユリを発見したりする。雨の中非常に滑りやすくなっているために慎重に降る。林道と登山道との合流地点にまで降りてきた。「帰りは登山道で黒河峠まで行きましょう。ひょっとしたらササユリが見られるかも」と小てつさん。半分冗談で言っていたことが、実際に起こった。立派なササユリが発見できたのだ。

 黒河峠に到着。雨の中、お昼が食べられなかったし、雨は止む気配もない。朽木で蕎麦でも食べようということになった。

 そこでマキノから鯖街道へ向かい、永昌庵まで行ったところ、「本日定休日」との札が出ている。日曜日を休みにしていることを初めて知り、朽木旭屋へ戻り、やっとお昼にありつけた。私はざるそばと鯖寿司のセット。

 お腹も一杯になったところで、車に戻り、帰路に。いつものようにビールを頂き、京都に向かった。3時過ぎに出町柳に到着し、思ったよりも早く帰れた。帰宅してお風呂の後は山名酒造の「奥丹波・純米大吟醸槽搾り」。まったりしたお酒だった。

 今日は、白いササユリばかりでなくピンクのササユリも見られ、またイチヤクソウにキンコウカと花の百名山に恥じない花々だった。

 小てつさん、雨の中、ロングドライブありがとうございました。また、車中のいろんな話も楽しかったです。またよろしくお願いします。

35.【6月11日(火)】9:22バス停鹿ヶ瀬道→10:42鵜川越→11:11岩阿沙利山11:30→鳥越峰→13:44岳山→岳観音跡→15:10音羽→15:22JR近江高島駅15:38

   
ノアザミ ユキノシタ コアジサイ 岩阿沙利山 ササユリ オウム岩 ウツボグサ
 コウゾリナ
 ガンピ
 ササユリ鑑賞にリトル比良に出かける。天気予報によれば午後から天気が崩れるということで、早く下山できるルートをと考え、これまでとったことのないルートだったが、鹿ヶ瀬から鵜川越に出るルートをとった。

 京都駅8時18分発敦賀行き新快速に乗り、8時57分に近江高島着。本日は火曜日のため、コミュニティーバスは近江高島駅からガリバー青少年旅行村に寄って畑には行かない。そこで鹿ヶ瀬道で降り、ガリバー方向に坂を登っていく。右手にお寺があるところで左手から南東方向に登っていく。テープや標識は一切ない。左手に川を見ながら農地を進むとやがて電気柵の入り口が見えてくる。「電流が通っているので危険」との標識が出ている。ここから中に入り、沢を渡渉する。あとは右岸を沢沿いに南東方向に上っていくことになる。足下にはシダが多く、鶏冠山に登る道の雰囲気に似ている。なにか花はないかと探すが、シライトソウやタツナミソウがあるだけである。ときおりヤマボウシが見える。倒木ヶ所が何ヶ所かあるが少し迂回するだけで通過することができた。

 リトル比良の稜線に乗る手前が急登でつらい。鵜川越で553mである。稜線に乗れば、今度はアップダウンが待ち構えている。鵜川越から北東方向に尾根に忠実に登っていく。岩阿沙利山は686.4m。少し早いがお腹もすいてきたのでここで昼食。本日は京都駅で買ってきたドンクのパン2つ、牛乳、ヨモギ大福。

 岩阿沙利山をあとにして、鳥越峰(702m)を通りオウム岩に着く。この稜線はコアジサイ街道で、先日の蛇谷ヶ峰尾根道以上の咲き方である。


 ようやく岳山に到着。ここからは基本降るだけである。やれやれと思った途端、雨が降り出した。せめて音羽に着くまでは降らないでいてほしかったと思いながら、雨具をはおり、ザックカヴァーを着ける。まあ、天気予報通りではある。粘土質のえぐれ道で滑りやすく注意しながら降りる。岳観音跡を通り、賽の河原に来てここが分岐だと気がつかず左の池のほうに行ってしまう。GPSの地図にはない新しい林道だ。急いで引き返す。本来の登山道に戻り、右手の藪で見えなくなっている細い本来の登山道を辿る。分岐には気がつかないし、林道のほうが太い歩きやすい道だしどうしてもこちらに行ってしまう。まあ、しかし、この林道をたどっても回り道だけれど本来の登山道と合流するということが後で分かった。

  音羽の大炊(おおい)神社に降り立ったときにはほっとした。次のバスまで30分以上待たねばならない。そこで駅まで歩くことにした。雨は小降りになったけれどもまだぽつぽつ降っている。12分で駅に到着。急いで着替えをする。汗と雨でシャツが濡れているからで、着替えをせずに電車に乗り込んだ日には車内の冷房できっと風邪を引いたことだろう。

 各駅停車の普通列車でゆっくりと京都駅に着いた。いつものところに立ち寄ろうかとも思ったが、にわか雨が気になるのでパス。結果としてこれがよかった。というのも、家に着いてしばらくすると、雷が鳴り、激しい雨が降ってきたからである。

 シャワーの後はビールで乾杯。最後に雨には降られたがササユリが見られて所期の目的は達成された。全部で開花しているのは18株ほど。さらに10株ほどはまだ蕾だが、あと4日もすれば咲きそうな感じだった。中には倒木で潰されそうな所に咲いているのもあり、健気で清楚なササユリを見られて深く目に焼き付けたことであった。



P.S. モンベルの『OUTWARD』を読んでいたら、どのぐらいの水分補給が必要かという記事があった。みなさんご存知のことでしょうが、

 脱水量(ml)=体重(kg)X行動時間(h)X5(ml)(日本山岳ガイド協会に拠る)


 そこで、必要な水分の補給量は、この失われた水分の7~8割とされている。また、水分補給に適した飲料は、水、お茶は不適で、スポーツドリンクか経口補水液とのこと。

34.【6月6日(木)】いきものふれあいの里跡10:10→12:10蛇谷ヶ峰12:43→13:47いきものふれあいの里跡

   
オオバアサガラ タンナサワフタギ コハクウンボク コアジサイ坂 コアジサイ ヤマボウシ 蛇谷ヶ峰
ハナヒリノキ 
ギンリョウソウ
 天気予報によれば、今日は梅雨入り前の最後の好天ということで、武奈北陵、細川越から広谷へ、コハクウンボク、オオバアサガラ、ヤブデマリを見に行こうと出かける。

 が、しかし、人生何が起こるか分からない(大袈裟な!)。京都南インターに入るとき、入って少し進んだとき、いずれも電光掲示板に渋滞の文字はなく、心なしか車の数が少ない。これはいいと思っていたら、藤森を過ぎるあたりから車がつまってきた。こうして渋滞のど真ん中に車は入ってしまった。阪神高速京都線のほうで行けばよかったなあと思っても時すでに遅し。

 これで、武奈行きの計画は変更。そうだ、いつも6月にオオバアサガラを見に出かけていた蛇谷ヶ峰にしよう、ここだと2時間ぐらいで登れるから。ということで、京都東インターで降りたときには蛇谷に行くことに変更した。名神京都南から東までいつもなら10分ぐらいで行けるところが、なんと、1時間20分もかかってしまった。

 気を取り直して鯖街道を進む。坊村の葛川青少年センターを過ぎるときに駐車の具合を見ていたら5、6台車が見られた。

 冬の雪遊びの時には朽木スキー場で駐車したが、今日はいきものふれあいの里跡で車を駐める。車が2台すでに駐まっている。われわれが駐車しようとしていたらさらに2台車が到着した。蛇谷は人気があるんだと思っていたら、半分は登山ではなくてバーダーの車であった。

 車を駐め準備をして早速スタート。ヤマボウシを見て、次に、オオバアサガラの群生地に到着。今日が満開の日のようだった。これは運がいい。

 「尾根へ」と道標があるところで林道を離れ斜面を登り、尾根に達する。ここからが地獄の階段道。花がなければいやになるところだが、ここはコアジサイ坂。これも今日は満開だった。いい香りがして、階段道の単調さを忘れさせてくれる。また、遠くにはホオノキがあり、風向きによって、いい香りが登っているわれわれの所にも届く


 カツラの谷の分岐で登ってきた人に会う。聞けば、最初からカツラの谷ではなくて、柏(かせ)の集落から登ってきたとのこと。桑野橋に近いところの路上にデポされたらしい(いきものふれあいの里からのカツラの谷コースは登山道崩落のため通行禁止となっている)。今日はヒルには会わなかった、とのこと。そう言えば、6月雨の日に尾根コースを登っていたときに上からヒルが手に落ちてきたこともあった。今日もゲイターをしっかりつけて、イカリジンの入った虫除けも持ってきたけれど、最近雨が降っていず、道はからからだったため、ヒルにはお目にかからなかった。

 お見合い広場を経て、最後の登り。そして頂上へ。前回は雪の2月17日であった。

 コンビニおにぎり、冷やしぜんざい、牛乳の昼食後、ピストンで下山。やっぱりこの道は短時間で登れ、頂上の見晴らしがよいということに大いなるメリットがある。6月雨ならばヒルに悩まされるところだが、今日はその恐れはなかった。

 帰りは鯖街道沿いの「キッチン四季」に寄り、喉を潤した。私はアイスミルクティー、ユッキーはアイスココア。

 鯖街道、湖西道路、名神で帰宅。下りの名神は渋滞全くなし。上りを見ていると朝のようにひどい渋滞だった。

 帰宅して、シャワーのあとはビールで乾杯。オオバアサガラもコアジサイもほぼ満開の今日、偶然がもたらした幸運に感謝。

 

33.【6月3日(月)】イン谷口8:10→正面谷→9:54金糞峠→ヨキトウゲ谷→小川新道合流→シャクシコバノカシラ→中峠→11:56コヤマノ岳→イブルキノコバ分岐→夏道→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:48大山口→イン谷口

   
エゴノキ デワノタツナミソウ ミヤマナルコユリ 小川新道 シャクシコバノカシラ オオバキスミレ ホオノキ
 
シソバタツナミ 
ジャケツイバラ
 ワイルドなマニアックな山行。

 今日はかねて希望を伝えていたヨキトウゲ谷からシャクシコバノカシラに登るルートをアイちゃんに案内頂いた。アイちゃんは今日のために6月1日(土)に下見をして下さっていたことが分かった。その細やかな配慮にただただ感謝申し上げる次第。

 イン谷口で落ちあい、出発する。青ガレまで花の説明をしながら写真を撮りながらゆっくりと進む。青ガレで水休憩をしていたところ、かなりのスピードであとに来た夫婦と覚しき男女の一組が何の疑問もなく堰堤の左側の斜面を登って行こうとする。「どちらへ向かうのですか」と尋ねると「武奈ヶ岳」とのこと。どうも初めて来られた様子。「武奈ヶ岳はこちら側ですよ」と右手の青ガレを指すと、御礼も言わずにさっさと青ガレを登り始める。見るとルートを間違い青ガレの右の方に登っていこうとする。「こっちですよ」とジェスチャーで左側に戻るようにと下から指示する。

 休憩後われわれも青ガレ、正面谷を登っていったが二度と会うことはなかった。よほどスピードが速かったのだろう。それにしても、地図、磁石で確かめもせずに適当に登っていこうとする登山者の無謀さには呆れてしまった。もしわれわれと会わなかったら彼らはどうしていたのだろう。

 さてさて、われわれは「暑い暑い、風よ吹け」と言いながら正面谷を登っていく。途中左側の谷から大きく崩れているところでは、やはりアイちゃんは迂回路を勧める。落石の現場にいた人だから落石の怖さを十分知っておられる。冗談も多いアイちゃんだが、この自然に対する畏怖の念は見習うべきものだろう。

 そうこうするうちに金糞峠に到着。いよいよこれからが冒険の始まりである。まずヨキトウゲ谷の方向に進み、中峠・大橋の分岐で大橋の方向に進み、細い枯れ谷に取り付き登り始める。急登である。西北西の方向に尾根があり、1080mのところで小川新道に達する。あとは目の前にあるピーク(シャクシコバノカシラ、1121m)に登るだけである。

 このルートはkol-yosiokaさんからアイちゃんが教えてもらったルートで、もちろんほとんど人が歩かないところだから、まさにワイルドな登りだった。人が歩かないところだから最近の熊はぎのあとが多数あり、あわてて熊鈴をとりだしたことであった。少し時間が経っているが熊のウンコもあり、アイちゃんにお教えするといたく感動されていた。

 小川新道合流。とりつきから道なき道を一時間で小川新道に達した。坊村から牛コバを経て小川新道を登ってきたのは過去に2回ぐらいか。本当に久しぶりにシャクシコバノカシラ山頂に着いたことになる。今日のルートのほうが楽な気がする。

 シャクシコバノカシラから中峠へ。そして、コヤマノ岳に着いて昼食とする。コンビニおにぎりと甘納豆、牛乳。下りはアイちゃんの提案でイブルキノコバ経由で下山。これから咲くであろういろいろな花の蕾を確認しながら八雲ヶ原に。ゲレンデ跡から北比良峠に。オオバキスミレがまだ咲いていてくれたのはうれしかった。それに北比良峠近くのホオノキの花。登山道のすぐ近くで咲いていたのでうまく写真に撮れた。いい香りがする。

 北比良峠からはダケ道で。ベニドウダン、サラサドウダン、コアジサイ等を見ながらイン谷口まで。途中、アイちゃんの沖縄での若き頃のいろんな話(たとえば夜に泳ぎに出て1mぐらいのタコに背中を噛みつかれた話とか)で抱腹絶倒、ダケ道の長さを忘れるほどにお喋りして、あっという間に大山口、イン谷口に到着した。

 帰りの湖西道路は渋滞なく進めたが、長等トンネルが工事で一車線となっていてここで渋滞した。

 帰宅してシャワーのあとはビールでうちあげ。アイちゃん、本日はありがとうございました。われわれだけでは絶対に行っていないルートでした。これで教えてもらったマニアックなルートは三つになりました。感謝、感謝。