2019年5月の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


32.【5月29日(水)】坊村→御殿山→ワサビ峠→武奈ヶ岳→ワサビ峠→御殿山→坊村

   
チドリノキ ベニドウダン レンゲツツジ 西南稜で 武奈ヶ岳山頂 タニウツギ ヤマボウシ
ウスギョウラク
ミヤマナルコユリ
 武奈ヶ岳162回目登頂。

 1週間経ったら花はどう生長しているだろうか、というテーマで今日も武奈ヶ岳を目指す。武奈ヶ岳の天気予報によればCで登山には適さないということになっているが、お天気はよく風だけの問題なので本日決行する。

 順調に名神、鯖街道と進んで葛川青少年センターに到着。8時で他に車は見当たらない。昨晩から今朝方への雨があり、強風の予報があったためか。結局降りてくるまでに出会った人は5人だけだった。スパッツを着けストックを準備する。

 朝まで雨があったためか木々の葉は生気を取り戻し生き生きとしている。まさに恵みの雨。快晴ではないが、それほど暑くなく、長袖、半袖重ね着してちょうどいいぐらい。じっとしていると少し寒い。

 モミジノコバを経てさらに急登。倒木で日が降り注ぐキタヤマブシの群落も雨で元気になった様子。ただ、これからの梅雨、夏の暑さをどう乗り切っていけるだろうか。

 先週は粘土質のところも乾燥していたが、今日は湿り気を得て少しぬるっとしている。滑らないように注意しながら登る。ピストンだから下りの時にはさらに注意が必要だろう。

 見晴台を経て御殿山に。コヤマノ岳や武奈ヶ岳の方面を見ると、先週は見えていなかった木の白い花がところどころで見える。降雨の効果は絶大だ。ベニドウダンも色よく大きくなっているし、レンゲツツジもまた然り。

 気持ちよく西南稜を山頂まで。アカモノも元気よく咲いている。


 山頂で昼食。コンビニおにぎりと卵スープ。今日は暖かいスープが美味しい。デザートはクッキーと甘納豆と牛乳。

 ピストンなので見落とした花はないかと確認しながら下山した。三宝橋の横で後片付け。そして打ち上げは「茶坊」へ。今日は奥さんに加えてご主人も出てこられ、遭難救助とか白滝谷の橋の整備とか山ヒルの話を伺った。なかなか聞けない貴重な話だった。

 順調に走って帰宅。お風呂の後はビールで締め。

31.【5月26日(日)】ミステリー・ツアー

   
あるピーク サラサドウダン フジ タニウツギ ホウ コハクウンボク タニギキョウ
デワノタツナミソウ
 
ツリバナ 
 サルメンエビネ
 花の保護のため、ルート等を公開しておりません。悪しからず。盗掘、踏み荒らし等を恐れるためです。

 小てつさんのお誘いで本日出かける。まさに小てつワールドの一日だった。

 今日の異常高温、今年の開花の異常、なにかしら地球に異変が起こっているような気がするのは思い過ごしだろうか。

 雨不足であちこちの花は悲鳴を上げている。ハウチワカエデも身を守るためか、若葉を落としてまき散らしている。

 今年はじめて本格的なハルゼミの声を聞いた。

 小てつさんとは地球環境のさまざまを憂い、女性タレントの好みを論じ、行き帰りの車中も歩いているときも話は尽きなかった。

 今日も案内ありがとうございました。

 帰宅して今日はお風呂をやめてシャワーにし、打ち上げは山名酒造の「生貯蔵酒」。飲みやすいコクのあるお酒だった。

 

30.【5月23日(木)】坊村→御殿山→ワサビ峠→武奈ヶ岳→ワサビ峠→御殿山→坊村

   
明王院・三宝橋 チゴユリ ニョイスミレ レンゲツツジ 西南稜(後ろはコヤマノ岳) 武奈ヶ岳 ベニドウダン
ミツバツチグリ
ウスギョウラク
アシウテンナンショウ
ジャニンジン 
 
 本日も晴天なり。久しぶりに御殿山コースで武奈に行こうと考えた。

 名神、湖西道路、鯖街道と進む。途中で今日のお昼のおにぎりを調達。8時過ぎに葛川センターに到着。すでに5台ぐらい車が駐まっていた。中には横浜ナンバーの車もあり。ストックを出して早々と準備をし、曙橋を渡ってトイレをすませる。

 このコースは雪の2月10日、小てつさんと歩いて以来である。いきなりの急登。倒木は処理されて、バイパスを行かなくても従来の登山道がそのまま使える。ありがたいことである。

 われわれがモミジノコバと呼んでいるところ(680m)もすさまじい倒木帯であったが、きれいに整理されていて通ることができる。ただ、木が倒れたために明るくなって、キタヤマブシの群落に日が差している。こんな状態では夏には枯れてしまうだろう。

 ここからがまた急登。我慢の登りが続く。夏道・冬道分岐で夏道を行き、枯れ谷を登る。ここのキタヤマブシは数が少なくなってきている。そして見晴台到着。見晴台から御殿山。御殿山からワサビ峠を経て西南稜に。

 4つのピークを越えていく。第1ピークまでのところでササユリの葉っぱをさがしつつ進む。それとベニドウダンの生育状況。まだ蕾は小さく、2週間はさらにかかるだろう。レンゲツツジは第1ピークを過ぎてから、これもこれから。色が悪いのが気になる。水不足がこたえているような気がする。

 西南稜を進む際見渡す限りミドリミドリミドリ。白いものや赤いものはほとんどない。新緑というかもはや初夏の感さえする。日は差すもののそれほど暑くはない。

 山頂近くでは名残のイワカガミが咲いていた.山頂に着き、いつものところで昼食。コンビニおにぎりとお茶、牛乳。

 お腹も膨れたので下山。ピストンなので下りは速い。

 十分な余裕を持って明王院のところに下山。久しぶりに「茶坊」に寄り、コーラフロートで喉を潤す。女将さんと話をしていたら、堅田行きの午後のバスが土・日限定となったということを聞く。知らずして琵琶湖側からこちらに降りてきたらタクシーを呼ばねばならなくなったところだった。「茶坊」に立ち寄る登山客も少なくなったとか。なんだか寂しい話。

 ゆっくり話をしてリフレッシュして車の所に戻った。後片付けをして車に乗り込み、鯖街道、湖西道路、名神とスムーズに走れて帰宅。

 今日はビールでうちあげ。

 山の花も次のフェーズに移っている。5月だというのに気温が高くなり、この先梅雨はどれだけの雨をもたらすだろうか。せっかく出た蕾も雨をほしがっているが、降れば土砂降りということにはならないでほしい。

29.【5月19日(日)】大森キャンプ場奥の霧滝前広場8:30→大谷峠→自転車ピーク→ラーメンピーク→自転車ピーク→大谷峠→13:20大森キャンプ場奥の霧滝前広場

   
シロバナヤマブキ クリンソウ 名残のチゴユリ ヤマツツジ 自転車ピーク ラーメンピーク ウツギ
トキワハゼ
タニギキョウ
ラショウモンカズラ
ある花を確認に城丹国境尾根へ

 小てつさんのお誘いで今日は城丹国境尾根へ。曇り空であったが時折日も差すというお天気だった。

 大森キャンプ場を過ぎてさらに大谷林道を進む。上に行けば霧滝竜王不動尊があるらしいところでデポ。今日のところはまだヒルは大丈夫ということで、ゲイターをつけ、ストックを出して出発。

 沢に沿って林道を登っていくわけだが、途中で林道の分岐がたくさんある。これは案内してもらわねば迷うことが多いだろうなと思いながら、緩やかな傾斜の林道を登っていく。林道が終わればいよいよ山道。飯森山を乗り越さないで大谷峠に直接登る道を探しつつ歩を進める。谷の分岐がたくさんあり、谷を登れば大谷峠よりも東に出てショートカットになるだろうなあと思う分岐もあり、一度はそこに進んだが、やはり踏み跡は薄く、結局はっきりと分かる道を進む。

 無事大谷峠に着き、ここからは城丹国境尾根をひたすら東に進む。風が吹き抜け気持ちがいい。自転車ピークを過ぎ、ラーメンピーク(小てつさん命名)を過ぎて、今日は小てつさんに用事があり、3時には帰宅しなければならないという状況下、適当なところで元来た道を辿り返す。

 ラーメンピークで昼食。今日はパン2個と牛乳。デザートは自家製キャラメルケーキ。

 帰りは不測の事態が起こると予定通り帰れないので、安全策でピストンとする。ただ、今後時間があるときに下りを試してもよい谷筋を確認しながら大谷峠まで。さらに大谷林道を下っているときも谷筋を確認しながら降りてきた。今後試すのは秋ヒルがいなくなってから、あるいは見通しのよい雪の季節ということになるだろう。

 車で地下鉄天神川まで送ってもらい、地下鉄、京阪で帰宅。家でアイスクリームでうちあげ。そしてお風呂の後は山名酒造の『亀の尾』。切れ味鋭い辛口のお酒。豚の角煮で頂く。相性よし。小てつさん、車の運転お疲れ様でした。また、ガイドありがとうございました。

 ある花はこのところの雨が降らないせいか開花までこぎつけるかどうか分からない状態であった。小てつさんとも話していただのが、どうも異常気象で開花は遅れているし、咲いても色が薄かったり数が少なかったりで全体としてはおもしろくない状況が続いている、というのが率直な感想だ。その中で、ようやく今日はヤマツツジが見られ、コバノミツバツツジと交代したことが確認できた。全体の面白くない状況の中でマルバアオダモは例年以上に元気そうで目立っている。クリンソウがたくさん見られたのも今日の数少ない収穫の一つだった。

 さて次はどこへ行こうか?

28.【5月13日(月)】イン谷口8:15→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→コヤマノ岳→11:55武奈ヶ岳12:18→北陵→細川越→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:20大山口→イン谷口

   
マルバアオダモ ユキグニミツバツツジ 正面谷落石ヶ所 コヤマノ岳 武奈ヶ岳 ワチガイソウ オオカメノキ
ナツトウダイ
ボタンネコノメソウ
フタリシズカ
タニギキョウ 
 5月はじめての武奈詣で。

 昨日は娘夫婦が来ていたので山行できず。その代わりにと今日。5月に入って一回も武奈に行っていないので行き先は武奈とする。

 湖西道路の妹子の里で昼食を調達し、ついでに儀式もすませておく。イン谷口トイレ前のいつもの駐車地に駐める。ふと見たらアイちゃんの車が駐まっていて、アイちゃんが出ておられた。お久しぶりですとご挨拶。今日はコヤマノ岳に出かけるとかでお連れがお一人。正面谷の落石があったところの状況を聞くと、アイちゃんは今日も少し迂回して危険な箇所は回避するとか。なにせ、大きな石が落ちてきたときに現場にいた人である。「一緒に行きましょうか」と声をかけられたが、われわれのゆっくりしたペースでは申し訳ないので先に行っていただく。

 なにやかやと花の話をしながらゆっくりと登って行く。青ガレを過ぎしばらくすると「早く上がっておいで」と声がする。これが実はアイちゃんで、われわれが落石ヶ所に来るまで待っててくださったのだ。ありがたいことである。

 無事落石ヶ所を通過して金糞峠。ヨキトウゲ谷の上林新道分岐までご一緒する。ところどころでオオカメノキ(ムシカリ)が咲いていて新緑にアクセントをつけている。

 コヤマノ岳南尾根の上林新道は早くコヤマノ岳に着けるかも知れないが、道としてはもう一つ面白くない。それで、今日はヨキトウゲ谷を進んで行くことにした。今年の冬、雪の中をアイちゃんたちとこの道を進んだのを思い出した。

 中峠に着いてからここからが我慢の登り。コヤマノ岳に着いたら、当然のことながらアイちゃんとお連れは着いておられた。コヤマノ岳山頂はオオカメノキで美しい。そこから一旦鞍部に降りて武奈ヶ岳を望み、「よし行くぞ」と声に出して、夏道を登る。えぐれ道の両側は雪で随分削られてしまっていた。今の時期、ショウジョウバカマ街道になっていたのだが、今年はショウジョウバカマはわずかにぽつぽつ。西南稜近くになって冬道に入り、山頂へ。山頂では他に二人ぐらいのハイカー。遠くの山々は霞で見えないが、気持ちがいいのでここで昼食。コンビニおにぎりとお茶。デザートに自家製梅ケーキと牛乳。

 12時までに山頂に着けたので、今日は北陵から下山する。ここがムシカリ街道。いつもならぐじゅぐじゅの急斜面の道もこの頃の雨の少なさでからからとなっていて、比較的歩きよい。まあ、これはこれで滑りやすいのだが。

 細川越から広谷に。そしてイブルキノコバを通って八雲ヶ原。さすが月曜日、出会う人はほとんどいない。北比良峠からダケ道。名残のシャクナゲを見ながら降る。いつもダケ道の整備をして下さっているWさんと会う。いつもの作業には頭が下がる。ご挨拶、感謝を申し上げて降っていく。予定通り、大山口に着き、駐車地まで。

 ロングコースであったにもかかわらず17時前に帰宅できた。

 打ち上げはビールで乾杯。広谷のヤブデマリを期待したが、まだまだ。ヤマツツジもシロヤシオも。
 

27.【5月9日(木)】岩屋橋→志明院→薬師峠→桟敷ヶ岳→鉄塔広場→祖父谷林道→岩屋橋

   
名残のヤマルリソウ キケマン ムラサキケマン 志明院登り口 鉄塔広場 桟敷ヶ岳 コバノミツバツツジ
ニシキゴロモ
チドリノキ
ラショウモンカズラ
 5月と言えばまずは桟敷ヶ岳。

 
ウィークデイ、今日しか山行できないので、お天気も曇りでぱっとしないのだがでかけることにする。ちょうど通勤・通学の時間帯に当たり、満員電車の近鉄、地下鉄で北大路駅で降りる。モクモク号の停留所で一番。8時40分発。マイクロバス一台。よく喋る運転手で、昨年の台風がいかにひどかったか、場所場所で説明してくれる。魚谷山に行くハイカー2人が途中で降りたほかはわれわれ入れて6人は終点岩屋橋で降りる。4人の方はベニバナヤマシャクの保護地に観察に出かけられるとのこと。

 ストックを出し、ゲイターをつけ準備して早速出発。バス停の所にトイレはあるが、われわれは北大路駅ですませているので志明院目指して林道を進む。バス停でウワミズザクラを見たあと、志明院までの林道で結構いろいろな山野草にお目にかかる。林道と言って馬鹿にしてはいけない(誰が馬鹿にしている?)。

 志明院の横から登って行くがいつものクリンソウ畑に花は見当たらない。がっかりしながら登って行く。途中谷の分岐で右に折れる。このまま谷の沢沿いにゆっくりと登って行く。


 薬師峠到着。ここで、右に曲がり、尾根を進む。岩茸山に近づくが、岩茸山の山頂を踏むのはパス。なにせ14時20分発のモクモク号に乗れなければタクシーということになるからだ。山頂をまくようにして斜面の道を進む。やがて反射板が出てくる。裏を回り、「都眺めの岩」を通り、鉄塔広場を過ぎ、一旦降って最後の登りで山頂に着く。ここでバス停から初めて人に会う。雨がパラパラ降ってきた。急いでレインウェアを着てバスの時間を気にして10分で昼食をすませて下山とする。鉄塔広場に戻り、ここから激降りで祖父谷林道を目指す。

 伐採地の滑りやすいざれた道を慎重に下り、昼なお暗き植林の中に入る。倒木を気にしていたのだが最後の祖父谷林道に降りるところがすさまじい倒木帯になっていた。しかし、歩くところだけはどなたかの手できれいに切られていて、通過するのに特に困るというところはなかった。林道のコンクリート道が見えたところでほっとした。

 あとは祖父谷林道をひたすら進むだけ。随分と長いが、お花を見ながら降っていく。洛雲荘があるところが終点。

 往きと同じ運転手が乗ったモクモク号が到着。うつらうつらしながら烏丸北大路まで。地下鉄・近鉄で帰宅。家でアイスクリームで打ち上げ。

 お風呂の後はビールで乾杯。

 曇天の中、いろんな花を見て回った。

 次はどこへ行こうか?

 

26.【5月5日(日)】ビラデスト今津→河内谷林道出合→ビラデスト今津

   
スミレサイシン イワカガミ シャクナゲ 河内谷林道出合 オオバキスミレ カタクリ ウスギョウラク
リュウキンカ
 サンインシロガネソウ
チゴユリ
シャク 
 今年もリュウキンカに会いに

 
去年は4月21日に出かけたのだが今年は本日に。小てつさんのお誘いで出かける。偶然にもかおりさんと生駒の姉さんは昨日来られていた。

 行きは順調にビラデストに到着。入山料1人300円。すでに大勢の車が来ている。儀式をすませ、ゲイターをつけ、ストックを出して準備完了。


 ピーク・ハンターではないので、ひたすらお花の観賞に徹する。赤坂山にも劣らず大御影山もこの時期花が多い。昨年は4月21日で百花繚乱だったが、今日はやはり種類は多くなるもののくたびれたものも見かけられた。

 タチツボスミレ、コタチツボスミレ、シハイスミレ、スミレサイシン、サンインシロガネソウ、エンレイソウ、名残のイワナシ等を見ながら登っていく。途中、尾根道の古道と斜面の新道の分岐があるが、往きは古道、帰りは新道とする。

 イワカガミにイワウチワ、そしてシャクナゲ。シャクナゲはわれわれを迎えてくれたように見頃。昨年から今年にかけて健康で元気に山行を続けられたおかげ。精進してまた来年もと願うばかり。

 河内谷林道出合に着いて、ここで昼食。パン2個と牛乳。デザートはキーウィーと自家製キャラメルケーキ。小てつさんからはタムシバ茶を頂く。

 さて、戻りにかかる。朝よりはより花が開いていることを期待してピストン。確かに開き具合は朝よりもさらによい。帰りは花に目星がつけてあるので速い。
 
 こうして本日の花鑑賞会は終了し、ビラデストの事務所前駐車場に無事到着。

 観察した花は、上に記した他はリュウキンカ、カタクリ、オオバキスミレ、チゴユリ、イカリソウ、ニシキゴロモ、キランソウ、ニョイスミレ、バイカオウレン、ミヤマカタバミ、キンキマメザクラ、タムシバ、オオカメノキ、ユキグニミツバツツジ、ウスギョウラク、シャガ、シャク、サワハコベ等々。

 帰りの車中は小てつさんにビールとおつまみを頂き、家族のこととかを話す。161ではなくて鯖街道を京都へと進んだが、大原あたりからはやはり混み出した。まあ、これも想定内、ほぼぼぼ予想通りの時間に出町柳に着いた。

 家に帰ってお風呂の後は山名酒造の純米吟醸「蔵人のみやげ酒」。骨太のお酒だった。

 小てつさん、諸事お忙しい中、本日の長時間の運転、ありがとうございました。5月、6月はお花の季節、今後ともよろしくお願いします。

25.【5月2日(木)】8:09JR比良駅8:20→バス→イン谷口8:36→大津ワンゲル道→イチョウガレ→11:09釈迦岳(1060m)→11:45ヤケオ山(970m)12:16→ヤケ山(700m)→涼峠→14:07楊梅の滝登山口→D's Hut→14:50JR北小松駅15:25

   
ウワミズザクラ シャクナゲ イワカガミ 雄松山荘道分岐 釈迦岳山頂 ヤケオ山山頂 マルバアオダモ
イカリソウ
シハイスミレ
コタチツボスミレ 
4年ぶりの釈迦岳・ヤケオ山・ヤケ山ルート

 当初ヨネチャンと大谷・寒風に出かける予定だったが、天気予報では福井に近いところはもう一つだったので残念ながら中止とした。そこで、4年ぶりに釈迦岳から北小松のルートで出かけた。

 イン谷口からのバスにあわせて京都駅からの電車に乗る。ひょっとして堂満行きのヨネチャンと電車が一緒になるかと思い、後ろの方を探したが見つからず。比良駅に降りて儀式をすませたところなんとヨネチャンとばったり。イン谷口までのバスで今日の計画をお互い話す。

 イン谷口でヨネチャンと別れ、われわれは釈迦岳登山口に。ここに登山届の箱がある。われわれはネットで届けているのでパス。滑りそうな丸太の小橋を渡り登って行く。コバノミツバツツジはすでに散っており、最初のシャクナゲも昨日の雨のためか散りかけている。若干気落ちしながら登って行く。が、雄松山荘道分岐に辿り着いたら、満開のシャクナゲが待ち構えていた。ここからイチョウガレの所までのシャクナゲは満開。イチョウガレよりも上はまだ蕾多し。

 イチョウガレは緊張を要するところで今日一番の難所。上から降りてくる登山者がいたので、しばらく待つ。ときどき比良で見かけるこの70前後の人、こちらが声をかけても無視。気分悪くなったが気を持ち直してイチョウガレを三点支持で登る。通過したときにはやれやれという感じでどっと疲れが出るが、まだ山頂までは30分ほどかかる。

 釈迦岳ではピーク写真を撮っただけでヤケオ山目指して最初北東方向に進む。フジハゲのピーク(1010m)で東へ。ヤケオ山(970m)に到着。見晴らしのいいところで昼食。京都駅のドンクのパン2つと卵スープ。小さなお饅頭とお茶で締め。

 空腹が満たされると俄然元気が出てくる。今度はヤケ山(700m)目指して北北東に急斜面をたったかたったか降りる。ヤケ山で直角に東へと方向を変える。

 後半コバノミツバツツジを期待していたのだが、今日ではもう遅い。特に下の方は散ってしまって花はなくなっていた。涼峠でかろうじて残りツツジを撮る。

 いつも通りこの道は石がゴロゴロで歩きにくいのだが、我慢して楊梅の滝の登山口に降りてきた。久しぶりだからということでD's Hutに寄る。ミックスジュースでリフレッシュして駅に急ぐ。ところが14時台の電車は6分前に出てしまっていて、延々30分駅で待って新快速網干行きに乗る。17時前には帰宅できた。

 今日の仕上げはビールで。満開のシャクナゲは見られたし、イワカガミ、ショウジョウバカマ、イカリソウ、ウワミズザクラ、マルバアオダモ、名残のコバノミツバツツジも見られて充実した花見の山行だった。そう、それに付け加えるべきはスミレの数々。ユッキーは最近スミレの同定に凝っていて、スミレだけの図鑑も買い求め、熱心に写真を撮っては同定に勤しんでいた。