2019年4月の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


24.【4月28日(日)】JR近江高島駅9:04→バス→9:19富坂口→神社→堰堤→蛇谷ヶ峰南東尾根→スキー場道合流→さわらび高原ルートの分岐→お見合い広場→12:25蛇谷ヶ峰13:00→P752→P702→須川峠(ボボフダ峠)→林道出合→14:50畑15:22→15:58JR近江高島駅16:20

   
バス停富坂口 アケビ シハイスミレ カガミ尾根 イワカガミ 蛇谷ヶ峰山頂 ニョイスミレ
オオカメノキ
シロバナスミレ
イワカガミを求めて平成最後の山行。

 マラソンランナーH氏夫妻とご一緒に富坂口からわれわれの言う「カガミ尾根」を経て蛇谷ヶ峰に向かう。京都駅8時15分発の新快速で近江高島に。8時54分に近江高島駅に到着。儀式をすませてバス停に出たら、なんとヨネチャンが一番でバス停におられる。一週間ぶり。八淵の滝の下見とか。花情報を交換しながら富坂口バス停で別れる。

 バス停でゲイターをつけ準備をして出発。富坂橋を渡り、集落の中を抜けて墓場のところに向かったら、ちょうど法事かなにかでお墓の前にお坊さんを含めて15人ぐらいの人が集まっておられる。挨拶をしながら通してもらう。読経、焼香の前だったのでよかった。

 墓場を過ぎると第1の倒木ヶ所。昨年よりは少しだけ片付けられているが、先に進むと昨年と同じ状態。アドヴェンチャー・ワールドの始まりである。跨いだり、潜ったり、大きく迂回したりしながら堰堤のところに着く。堰堤で止められた砂の堆積の上を歩いて右岸から左岸に。水量は少ない。いよいよ山道に入る。

 蛇谷ヶ峰の南東尾根を進む。ひたすら北西方向に進む。P475を過ぎ、やや平らなところを進み、530mの地点に到着。いよいよこれからが正念場の急登。イワカガミの群生している尾根だ。かつて同僚だったヤギジジイことMさんが「カガミ尾根」と命名したところ。満開というにはあと一週間ほど必要か。しかし、可愛い花は楽しめるだけ十分咲いていた。

 スキー場道の分岐に辿り着けばあとは左に山頂へ。まずはさわらび草原との分岐、次はお見合い広場。ここへ来て降りてこられるハイカーに出会う。そして最後の急坂。

 山頂に着くとやはり大勢の登山者。ピーク写真のあとは高島トレイルを見ながら昼食。白山、伊吹山、鈴鹿の山々がはっきりと見える。

 山頂から南の尾根を降り、P850mから直角に東へ降り、さらに再び南への緩やかな尾根を降る。P752まで緩やかな降りの尾根を気持ちよく降っていく。P702に来ると植林に変わり、須川峠(ボボフダ峠)に着く。ここに立派な標識がある。

 峠からしばらくはいい道だが、谷分岐に来たところで慎重を期さねばならない。斜面の道が崩れていたり細かったりするからだ。

 堰堤、林道が見えてくるとほっとする。ここから林道を進むのだが、そのまま行くと黒谷まで行くことになる。昨年は畑の集落に降りるゲートを見逃してしまったので、今日は慎重にゲートを確認しながら降りて、無事、畑のバス停まで辿り着いた。黒谷の「かものしらべ」に立ち寄る時間がなかったので、今日は畑のバス停で後始末をしてバスを待つ。トイレが新しくきれいになっていてありがたかった。

 定刻にバスは発車し、畑では乗客はわれわれ4人だけ。しかし、途中ガリバー青少年旅行村に寄り、座席一杯の乗客が乗り込んできた。JR近江高島駅に到着し、かなり待ったあと新快速に乗り込む。堅田駅に着いたら、しーちゃんが乗り換えてこられ、お久しぶりということになる。近況報告やら今日の比良、武奈の花情報の交換をしながら、山科駅でマラソンランナーH氏夫妻が降りられ、京都駅でわれわれは降りてしーちゃんと別れる。

 今日の打ち上げは家で。ビールで締める。乾杯。

 マラソンランナーHさんご夫妻、ご苦労様でした。野鳥の会会員のお二人から鳥の名前を教えてもらって大いに勉強になりました。また山へご一緒に。


23.【4月21日(日)】イン谷口8:03→神璽谷→10:50北比良峠→八雲ヶ原→11:24イブルキノコバ→12:25武奈ヶ岳12:55→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:25大山口→イン谷口

   
ニッコウネコノメソウ イワウチワ 武奈ヶ岳 武奈ヶ岳山頂 バイカオウレン イワナシ ミズバショ
マンサク
フデリンドウ(4/22) 
神璽谷のイワウチワ再訪。武奈ヶ岳登頂159回目。

 8日経ってイワウチワはどれぐらい成長しているかの確認と4月に入ってまだ登っていない武奈ヶ岳詣りの2つの目的のために本日の山行。

 昨日と違って今日は雲が多く山頂からの眺めはよくなかったが、花の写真には好都合の曇り空であった。

 この頃イン谷口のトイレ前に駐めないときには道の駅・妹子の里で入山の儀式を行うことにしている。ついでにペット茶を一本買い足しておく。車の数は多いが渋滞というほどのこともなく釈迦岳登山口の近くに車を駐める。昨日はもっと多かったのだろうが、今日も車はすでに多く駐まっている。

 準備をして、登山届を出して登って行く。リフト道の分岐を過ぎ、神璽の滝を見ながら足下を注意しつつ登って行く。渡渉地点は3ヶ所。ロープ場は多数あり。

 キンキマメザクラ、ヤマザクラ、タムシバを近くに遠くに見ながら、足下の花も見ながらの登りである。三角岩に達すると左に大きく方向変換。そして蟻地獄と細尾根コースの分岐では尾根コース。いよいよイワウチワ尾根である。足場の悪いところで写真を撮りながら登って行く。イワカガミはまだこれから。

 右手にニードルを見ながら最後の急な斜面を登っていたら「おーい」と呼ぶ声が北比良峠のほうからする。誰なんだろうと思いながら「おーい」と答える。ダケ道と合流するところに辿り着いたら向こうからヨネチャンが。あの声はヨネチャンだったのだ。ヨネチャンは大津ワンゲル道から釈迦岳、そして縦走路でここまで。

 イワナシ、バイカオウレンを撮りながら、北比良峠に。神璽谷のイワウチワの報告をする。一方、ヨネチャンからは大津ワンゲル道のシャクナゲが咲いていたことを聞く。花の情報交換をしながら八雲ヶ原の池まで。ここでミズバショウを観察してから別れる。われわれはイブルキノコバ経由で武奈ヶ岳に、ヨネチャンは八雲ヶ原で昼食の後、奥の深谷経由で堂満岳に。

 神璽の谷を登ってわれわれはエネルギーの半分以上を使ったようで、八雲ヶ原からイブルキノコバ、夏道と進むも難行苦行。シャリバテもあるからと自らに言い聞かせながら山頂に。1時前には出発しようと腰を下ろして昼食。本日はパンと卵スープ。食後に自家製梅ケーキ。

 下山はパノラマコース。八雲ヶ原からゲレンデ跡を登る。オオバキスミレを探したが本年は見つからず。ここで山休さんと会う。北比良峠までご一緒。山休さんは神璽の谷を降って行かれる。ほっとすていしょん比良で再会を約束して別れる。われわれはダケ道で。と、そこでM2さんと会う。以後、われわれが先行するがM2さんとほぼ一緒に大山口まで。

 イン谷口で車を回し、M2さんと一緒にHS比良に。ちょうどイン谷口4時のバスのあとを車でついていく。HS比良ではヨネチャンと山休さんがすでに着いておられ、M2さんとわれわれ合わせて5人で5時近くまで山談義。体のことやら、山の花情報を交換しながら、おはぎとコーヒーで寛ぐ。

 再会を期して、5時前に別れる。帰りは予想通り渋滞があったが、いつもより15分ほど遅れて無事帰宅。お風呂の後は山名酒造の「花ひより」で締め。華やかな、しっかりしたお酒。

 いよいよ山の花の季節到来。どこに行こうか迷うことしきり。

 P.S.昨日開いているところを見逃したフデリンドウを、本日(4月22日)見に出かけました。いいお天気で立派に開いていました。ああ、よかった。

22.【4月17日(水)】8:05JR保津峡駅8:10→自治会バス→8:20水尾8:25→農林道(社務所裏西南脇道)→社務所→10:25三角点10:55→社務所→表参道→ツツジ尾根→13:20JR保津峡駅13:28

   
水尾小学校枝垂れ桜 表参道・農林道分岐 ミヤマカタバミ 地蔵辻 山頂三角点 コバノミツバツツジ ダンコウバイ
愛宕にコバノミツバツツジを求めて

 午後から下り坂との天気予報により、はじめは八木から越畑を経て地蔵山から愛宕山と考えていたのだが、それを変更して農林道から愛宕山に行くことにする。
 JR京都駅から保津峡駅まで。午後早くに下山したいので、そこからは自治会バスを利用(250円。毎週木曜日が休みだが、来週は水曜日も休みとのこと)。水尾小学校のところで降りて準備をする。小学校の枝垂れ桜が満開。しばらく行くと道標があり右手に進むと表参道へ、左手は「行き止まり」と書いてある。農林道はこの左手をとる。

 社務所裏に至るまでベンチが3つある。ときどき遠くにタムシバや山桜、コバノミツバツツジが見えることもあるが、基本は手入れの行き届いた植林の中を進む。草花は見つからない。「こんな道、ただ登るだけで面白くない」とユッキーはブツブツ言うが、仕方ない。一時間半で表参道と合流。「ミズノオ222」の電柱あり。

 ジープ道を進み三角点へ。ここはアセビがたくさんある。
少し早いがお昼とする。石のベンチが2つあり、われわれだけで独占。今日は近鉄京都駅改札を出たところにあるドンクでパンを2つ買ってきた。なかなかいける。それとホットコーヒー。デザートは自家製の梅ケーキ。


 昼食後、境内に戻り、しばらく表参道を進む。参道はもうすっかり倒木の整理が終えられているが、直後は相当に悲惨な状況であったであろうことは容易に想像できる。

 水尾分岐を過ぎてしばらくすると清滝は右へという道標が出てくる。道標には誰かの書き込みがあり左に進むと保津峡駅と手書きで書き込みがある。

 いよいよツツジ尾根だが、コバノミツバツツジが多く見られるのは荒神峠より下のところである。

 昨年の夏の異常な暑さ、台風の猛威にもかかわらず、また咲いてくれたコバノミツバツツジ。誰に会うこともなくツツジ街道を下っていく。

 最後の激降り、足下に注意しながらゆっくりと降りて車道に出る。橋を渡れば駅は間近。朝行くときに時刻表を見てきたので余裕を持って到着。5時間ほどの歩きであったが、歩数は意外にあった。

 京都駅に着いたらいつものところでいつものやつ。帰宅して、写真の整理などを夕飯前に行う。お風呂の後はビールで締め。

 水曜日ということもあり、さらに時間的に早かったので、会う人も少なく、われわれだけでコバノミツバツツジを十分に楽しめた。
 

21.【4月13日(土)】イン谷口8:35→神璽谷→10:50北比良峠11:00→縦走路→カラ岳→11:52釈迦岳12:20→リフト道→14:00イン谷口14:10

   
カマブロの滝 キンキマメザクラ 怖ーい小橋 イワウチワ バイカオウレン 釈迦岳 ショウジョウバカマ
タムシバ
コバノミツバツツジ
コタチツボスミレ(?) 
神璽谷にイワウチワを求めて

 今日は夜に町内会の役員会があるので、武奈にも行きたいのだが早く帰れるところということで釈迦岳に行くことを決める。

 いいお天気で快調に名神、湖西道路ととばしてイン谷口に到着。準備をしていたところ飲料水を冷蔵庫から出すのを忘れていたことに気がつき、あわてて自販機のあるところまで戻って買い求める。ああ!10分ぐらいのロス。

 さて、出発。キンキマメザクラ、キブシ、ショウジョウバカマを見ながら、カマブロの滝、神璽滝を見ながら進む。おにぎり岩を直角に左にまわり、いよいよ沢・蟻地獄コースか尾根コースかの分岐に来る。沢はまだ雪が残っているところがあるのでやめにして尾根コースに。イワウチワ狙いならこちら。

 花は昨年と比べれば全体としては遅い。昨年が異例に早く、今年は例年並みということか。イワウチワは咲き始めたばかりというところ。つぼみ膨らむといったところが大半。痩せ尾根で足を踏ん張りながらイワウチワを写真に撮る。これで本日の所期の目的は達成された。

 滑りそうになるのをこらえて北比良峠に。バイカオウレン街道なれど、まだ雪が残っていてまだ埋まっているのも多数。

 ここからは縦走路をカラ岳を経て釈迦岳に。途中斜面の道が崩落していて足の置き場が細いところが2ヶ所ほどあった。

 登山道の雪はほとんど融けているが、カラ岳以降、若干残雪を踏んでいくところもあった。釈迦岳方面から来る人にぽつぽつ会ったが、みなさんJR北小松駅から縦走されている方だった。

 釈迦岳山頂近くで昼食。パンとホットコーヒー、デザートは自家製のココアチーズケーキ。お腹も膨れたので出発。下山はリフト道で。

 タムシバが咲き始めている。高い木なので望遠で撮る。コバノミツバツツジも咲き始めている。こちらは近くで撮れる。

 キケマン、ショウジョウバカマ、ミヤマカタバミなどを見ながら駐車場所に降りてきた。

 今日は、車に乗ってそのまま家に。家でアイスクリームを食べてうちあげ。町内会の会合に出て帰ってきてからビールで乾杯。

20.【4月7日(日)】大原野神社9:55→天皇陵道→御陵の谷→小塩山→Nの谷→炭の谷→大暑山→西山山荘→花の寺→15:20大原野神社

   
正法寺 カタクリ 小塩山山頂 ミヤマカタバミ エンレイソウ ウグイスカグラ 千眼桜(大原野神社
シュンラン
ナルトサワギク
シュンラン・カタクリ見学会

 本日はヨネチャンのガイドによるシュンラン・カタクリ見学会。ネットで知り合っている仲間とのオフ会である。大原野神社に8人集合。ヨネチャン、山休さん、摩耶山さん歩さん、かおりさん、ナベさん、Fさんとわれわれ。みんな花が大好きな面々である。

 今年は時計回りでまわろうということになり、正法寺の中を抜けて天皇陵道を進む。例年降りに使っている道を今年は登りということになる。途中でかおりさんが体調不良で、われわれが先に行き、あとから単独で行かれることになる。(かおりさんのブログによれば無事あとから巡回されたようである)。

 山頂近くの電波塔のところでお昼とする。近況報告やらいろんな話で30分はあっという間。Fさんは無線の交信で忙しい。

 さて、昼食後、まずは御陵の谷にカタクリ見学に出かける。途中出会った西山自然保護ネットワークのお一人が御陵の谷が一番見応えがあるとのことで近年スキップしていたこの谷に降りていく。今日はいいお天気でイナバウアーしているカタクリも数多い。

 御陵の谷から山頂に寄り、淳和天皇陵の脇を抜けて次はNの谷へ。ここと炭の谷では昨年イノシシが鹿よけのネットを破って侵入し荒らし回ったためかなりの被害が出た様子(御陵の谷が一番見応えがあるのはその被害が少なかったためか)。

 Nの谷から炭の谷へ。炭の谷ではミヤマカタバミが群生していた。

 ここから大暑山へ。途中秘密の谷へも寄る。いつもだったらあちこちで見かけるコバノミツバツツジの花も少ない。遅れているということなのだろうか。

 大暑山からは下山。西山山荘を過ぎて京都縦貫道を左手に見ながら花の寺へ。ここの桜も見事。そして、次は大原野神社へ。境内の千眼桜を見る。山休さんによれば、朝はまだこれほど開花していなかったとのこと。

 うちあげは大原野小学校前バス停近くの喫茶店で。名残惜しいがバスの時間も来たので散会。バス停に来るとほどなくバスが来て、JR向日町の駅に着くとほどなく電車が来て、京都駅に着くとまた近鉄にもうまく接続し、Fさんと丹波橋までご一緒する。

 帰宅後の家でのうちあげは山名酒造の「奥丹波・野条穂」で。きりっとした峻烈なお酒。美味い。

 天気予報では午後から怪しくなるとのことだったが、あとにずれたようで、春の山歩きを堪能できた。周到なる準備と下見をしてくださったヨネチャン、ありがとうございました。
 

19.【4月3日(水)】8:30椿大神社第3駐車場8:45→キャンプ場→井戸谷コース→11:30入道ヶ岳12:07→二本松尾根→井戸谷の河原→13:47椿大神社第3駐車場

   
最初の渡渉 2回目の渡渉 入道ヶ岳名物笹原 風の強い山頂 山頂から鎌ヶ岳 入道ヶ岳名物アセビ 二本松尾根コース
シロバナネコノメソウ
ニッコウネコノメソウ
 
ミノコバイモ 
 
 キクザキイチゲ
初めての入道ヶ岳

 福寿草狙いで霊仙とも思っていたのだが、お天気がもう一つなので、摩耶山山歩さん、山休さんに続いて入道ヶ岳に出陣。鈴鹿セブンの一つ。われわれにとって初めての山。わくわくする。

 お天気があまりよくないとの予想通り、名神、新名神と進んだが、雪がちらついてくる。鈴鹿インターで降りる前にパーキングエリアで昼食を調達し、儀式をすませて降りる。この3月17日にオープンしたばかりでトイレもきれい。

 椿大神社を目指す。登山者は第3駐車場ということでここに駐める。3台目。身支度をして咲いたばかりの桜並木の下を登山口に向かう。青空が見えてきて、これはうれしい。

 しばらく行くと北尾根登山口だが、われわれは井戸谷コースを行くのでパス。続いてキャンプ場近く河原にさしかかる。ここが二本松尾根コースの登山口。これもパスして道なりにまっすぐ登る。そこへ山頂から早くも降りてきた方と出会う。この方がお助けの神(デウス・エクス・マーキナー「機械仕掛けの神」)となった。今日のわれわれの目的はミノコバイモ観察だったのだが、その場所を教えて下さった。

 信州から来られているこの方は、スーパーボランティア顔負けの人で、日本に8種類ある「・・・コバイモ」に会いに、まずは東京の高尾山からはじめて南下し静岡等を経て鈴鹿に来られ、そのあと出雲、広島へ行き、四国に渡って帰途につかれるとか。その間ずっと車中泊で2週間ほど花の旅を続けられるそうである。春のこの花の旅は今年で3年目とか。驚きました。心から感謝申し上げます。

 さて、井戸谷登山口から水のない沢を2度渡渉し、植林帯へ入る。しばらく行くと自然林となるが、この谷の斜面のトラバースは道がやや細く、下はぬるぬる。滑らないように慎重に歩を進める。やがて、木はアセビばかりで下は笹原に出てくる。アセビの下には雪が積もっている。風が強い。しかし、ここまで来ると山頂は近い。

 山頂に近づくと雲が多くなり、風が強くなる。鳥居のある905.6mのピークに到着。とてもじゃないがここでお昼にはできない。写真を撮ってすぐに二本松尾根コースに向い、アセビの木の下で風が遮られるところで昼食とする。私はサンドイッチとコーンポタージュ。デザートは自家製のココアチーズケーキ。

 降りはこの二本松尾根コースをひたすらまっすぐ降りる。ジグを切っていないのでかなりの傾斜を滑らないように注意しながら降りる。途中何ヶ所もロープあり。下の方に来ると植林でなにやら比叡山等の山の雰囲気に似てくる。

 堰堤の上の河原を渡って、朝通った道を戻り、駐車地に到着。帰りも鈴鹿PAに寄り、帰宅の途に。随分早くに帰宅できた。

 雪が降ったり、日が差したり、雲がすごい速さで動いたりと目まぐるしいお天気の変化だったが、所期の目的は果たせた。打ち上げはビールで乾杯。ヒルの季節でなければ鈴鹿もおもしろい。また出かけようとの話となった。

PS. 花に関して。ハナネコノメとシロバナネコノメの見分け方が分かりました。雄しべが黄色であれば前者、白色であれば後者ということだそうです。