2019年3月の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


18.【3月31日(日)】JR比叡山坂本駅8:35→比叡山高校→大宮谷林道→横川中堂→横川元三大師堂→横川中堂11:45→峰道→せりあい地蔵→玉体杉→黒谷青龍寺分岐→黒谷青龍寺→バス停登山口14:35

   
キブシ ショウジョウバカマ イワナシ 横川元三大師堂 バイカオウレン シロバナネコノメソウ 黒谷青龍寺
ダンコウバイ
ヤマルリソウ
 
 
 
比叡山に春の花を求めて

 好天が期待できないので比叡山にでも行こうということになった。今日は坂本から。甘味処「うえだ」の前を通りかかるとご主人が店の準備をされていた。「早くからお出かけで」と声をかけられ、「今日は大宮林道から横川、そして京都に降ります」と帰りに寄れないことを断っておく。沿道の桜は咲き始めといったところ。

 比叡山高校の横の石段を登っていく。さすが穴太衆の坂本。段差が足の負担にならないようにうまく調節して石段が組まれている。ほどなくゲート前に到着。

 ゆっくりと林道を歩いて行く。大宮川の右岸の林道である。対岸にある衣掛岩を見るとまもなく悲田谷分岐である。いつもはここから根本中堂を目指して進むのだが、今日は横川に行くために林道をそのまま進む。ここを行くのは初めてである。

 さすが林道だけに手入れがよくされていて歩きやすい。大宮川の右岸に行ったり左岸にいったりしながら登って行く。

 
もう一つのゲートが見えてくると横川は近い。横川中堂のところに出てくる。さらに奥の元三大師堂まで行って引き返す。雲が多くなり、日差しがなくなり、風が強い。その結果寒い。とてもお昼をとる気になれない。


 ドライブウェイの横川停留所のところに来て、仰木峠への道を探すもよく分からないので、せりあい地蔵の所まで進む。

 尾根から少し下がったところで昼食をとっているシニア2人組がおられたので、われわれもここで昼食とする。みぞれがアラレに変わり、薄い手袋では指先が冷たい。黒雲が空を覆っている。

 さて、どこから降りようか。せりあい地蔵のところからバス停登山口を目指して降りるのが一番速いが、元からわかりにくい道の上、昨年の台風等で倒木の状態がどうなっているかも分からない。われわれは安全を期して青龍寺経由で降ることにした(この道はつい最近もかおりさんが登りで使っておられたので大丈夫)。しかし、2人組は初めてのようだがここから降りるとのこと。「お気をつけて」と送り出した。何もなければわれわれより40分から1時間は早く同じバス停に到着のはずだが・・・


 峰道を進み、玉体杉を通り、黒谷青龍寺へと降りていく。黒谷青龍寺からさらにバス停登山口を目指してひたすら降りていく。すると、谷の方から男の話し声がしてきた。声からして2人組の1人だ。やっぱり道が不鮮明、倒木等で遅れたのだ。われわれのように確実なところで降りた方が結局速かったことになる。国際会館行きのバスに乗ったときにもまだ彼らは到着していなかった。

 まだ夕方になっていなかったためか、日曜日だというのにバスは空いていた。あとは地下鉄、近鉄で帰宅。


 今日は山名酒造の「渡船」。いかにも青木杜氏のすっきり、鮮烈なお酒。鍋で頂く。

 お天気はもう一つだったが、花はいろいろ見られて大満足の一日だった。特にバイカオウレン街道は強く印象に残った。

17.【3月27日(水)】イン谷口8:25→大山口→正面谷→金糞峠→東レ新道→11:15堂満岳11:25→古崎川源頭→13:20イン谷口
正面谷落石注意! 青ガレを過ぎ、赤ペンキ矢印の大岩の下、左側から崩落の土、石、岩が流れ込んでいるところ。
アイちゃんはこの日、青ガレで音を聞き、青ガレ、水場を過ぎてからはガレの上を進まず、右手の斜面に登って大きく高巻いて進まれたそうです。直径1mぐらいの岩が落ちていたのを見られました。雪解けの今の時期、十分な注意が必要です。
   
キブシ マンサク 青ガレ 金糞峠直下 堂満岳 ミスミソウ バイカオウレン
ミヤマカタバミ
 
 2月13日に堂満岳に行けなかったので今日はそのリヴェンジ。幸いお天気はよかった。

 ウィークデイ、しかも年度末ということで名神上りは少し渋滞したが、1時間ちょっとで到着。今日は堂満なのでトイレ前より下のところで駐車。チエィンアイゼンを持ってきたが、果たして使うことがあるか。

 準備の後、登り始める。大山口でまず服を脱ぐ。今日も服の調節は大事。青ガレ手前ではじめて人に会う。青ガレ手前まで犬の散歩に来られた方。青ガレから正面谷を登って行く。雪は全くない。登り始めすぐに一人の男性に追い抜かれる。その後は誰にも会わず。金糞峠手前で少しだけ雪が残っている。

 金糞峠から東レ新道。少し歩いたときに、
正面谷の方から落石の大きな音がする。通過しているときでなくてよかった。

 シャクナゲの蕾を確認しながら進む。蕾のない木もあるが、蕾のある木にはそこそこついている。えぐれ道で雪があるところは踏み抜きを恐れて迂回する。すると、低木のシャクナゲのジャングルで大変。難儀しているところ、後ろから来た人に先に行ってもらう。「堂満峠はもうすぐですか」と聞かれたので「堂満岳のことですか」と問い返すと「そうです」とのこと。かなり年配の人だったが、堂満は初めてだったのか。

 山頂に着いても黄砂のためか琵琶湖は全く見えない。風が少しあったので東稜道急斜面100mを降りたところで取ろうということになる。実は来る前、雪があったりして降りられないのではないかと心配していたのだが、雪は全くなし。大岩のところで昼食。今日は久しぶりにカップ麺。野菜そうめん。実は賞味期限切れ寸前のもの。暖まる。デザートは小さな饅頭。昼食後降り始めたときに2人組の人が登ってこられる。これで今日会った人は4人。これ以降車の所まで人には会わなかった。

 古崎川源頭に来てそのまま川沿いに降る。川沿いと言っても水はない。石ベンチのところに来て、左の斜面を少し登る。ここからはっきりした道がついている。広場のようなところに来ると左に折れる。そこを降りるとイン谷口の元養魚池近くに降りる。

 車のところで後始末をして、出発。ほっとすていしょん比良に立ち寄る。今日はおはぎが3つ残っていた。コーヒーを飲んで甘いものを食べてほっこりする。ゆっくりした後、かりんとうをお土産に家路につく。随分と早く帰宅できた。

 お風呂の後は山名酒造の「春霞」。かすかなにごり酒でふわっとしたお酒。春の到来を喜ぶ。

 今日はマンサク、ミスミソウ、バイカオウレン、ミヤマカタバミを鑑賞した。キブシ、シキミ、アセビの花も。イワウチワ、フデリンドウ、シャクナゲのそれぞれの蕾も確認できた。これから4月になると忙しくなる。

16.【3月20日(水)】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

   
青ガレ 金糞峠直下 コヤマノ岳南尾根 コヤマノクラウン 武奈ヶ岳直下 ミスミソウ マンサク
 
 3月9日に確認していたミスミソウの開花を観察に武奈ヶ岳に出かけた。先週末は天気が悪く山には行けなかったので約1週間ぶりの山行となる。

 今日は花の水やりの日に当たっていたので出発の時間が遅れる。妹子の里でコンビニおにぎりを買い、入山の儀式もすませていつもの駐車地へ。すでに5,6台の車がある。ウィークデイと言えど今日のような好天を見逃す手はないということか。ストックを出しゲイターをつけて出発。

 
大山口、青ガレと雪はない。堰堤を過ぎてしばらくすると雪が出てくる。金糞峠まで雪の下は岩や石であり、時折太もものあたりまで踏み抜いたあとを見るので、いやが上にも慎重にならざるを得ない。


 金糞峠からどのルートを取ろうかと考えたが、思ったより雪解けは進んでいないので、おとなしく、ヨキトウゲ谷を進む。雪が緩んでいるので踏み抜き注意はずっと続く。10cm~30cmの雪で踏み抜くたびごとに、よいしょと足を持ち上げる。徐々に疲労は蓄積し、予定時間は遅れる。

 コヤマノクラウンあたりに来ると5cmほど新雪が積もっているようである。全体としては雪解けは進んでいるが、残っているところはまだまだである。鞍部から冬道で武奈ヶ岳山頂へ。4時間少しの格闘であった。2、3人が山頂におられる。360度よく見える。伊吹山には雪は見えないが、そこから左の御嶽山、白山、能郷白山などは雪を頂いていて確認が容易である。ただ、おそらくP.M.2.5だろう、霞がかかっている。

 おにぎりと卵スープ、デザートは自家製オレンジケーキ。昼食後、どの道をとろうかと考えたが、イブルキノコバをまわれば遅くなるだろうと考え、またしてもパノラマコースで八雲ヶ原へ。鞍部で軽アイゼンをつける。滑り防止のためである。ゲレンデ跡ではワカンがほしいところだが、今日は持ってきていない。ただ、持ってきていたとしても、ところどころ土が見えたりしているので、つけたりはずしたりで邪魔くさかっただろうことは確かである。

 八雲ヶ原から北比良峠。峠で休憩の後、ダケ道へ。しばらくアイゼンはつけたままだが、岩が出てきたところではずす。HS比良は3月から5時までだが、なんとか早くつけるようにとペースをあげる。駐車地に着いたら、朝駐めてあった車は全てなく、われわれの車だけがぽつんと駐めてあるだけであった。3時間ちょっとで下山。

 HS比良では私はコーヒーとアリコベール(パン)。少し渋滞の所もあったが、161号線湖西道路、名神で帰宅。今日のうちあげはビール。

 ミスミソウは思ったよりもたくさん咲いていて、所期の目的は達成された。葉っぱが囓られても花を咲かせているミスミソウは本当にいじらしく、可愛らしかった。

 

15.【3月14日(木)】南春日町バス停9:30→正法寺→大原野神社→勝持寺(花の寺)→11:34大暑山→12:15小塩山12:45→天皇陵道→13:50南春日町バス停14:03

   
正法寺 大原野神社 勝持寺 西山山荘から右へ 大暑山 小塩山 アセビ
 
 釈迦岳にでも行こうかと考えていたのだが、北の方、日本海側は天気が悪い。そこで、大暑山、小塩山に春の花の下見に出かけた。JR向日町でバスに乗る。駅から乗ったのは3人ぐらいだったが、阪急の向日町駅でラクロスをやっている女子学生が10人ほどどっと乗ってきた(彼女らは灰方で降りたけれど、練習場か競技場がその辺にあるのかいな? 帰りのわれわれが乗っているバスにまた灰方から乗ってきた)。

 南春日町で降りて正法寺、大原野神社と前を過ぎていく。いつもは大原野神社の駐車場のトイレをお借りするのだけれど、今日は儀式は駅で済ませてきたのでパス。駐車場の前の茶店も閉じたまま(21日から営業とあった)。

 坂を登って勝持寺の前。そこから道なりに右にとり、北へと進む。縦貫道が右手に見えてきたら、左側の竹林への道の二つ目を左に曲がる(一つ目には「マムシ注意」の看板あり)。

 と、「通行止め」の看板があってガードマンが立っておられる。上で砂防ダムの工事をしていて通行止めとか。「山に行かれる方はこちらにどうぞ」と言って、案内して頂く。川側に降りるところにロープが張ってあったが、親切にもガードマンはロープの隙間を空けてくれる。

 あとはさらに北へ進み、西山山荘のところで右に向きを変え登って行く。マウンテンバイクの轍があるのが不気味だ。気温はそれほど高くない。曇り空の中、黙々と歩く。やがて成章高校のグランド分岐が出てくる。標識がある。右グランド、左大暑山。こちらは大暑山目指してひたすら歩く。大暑山へ至る少し前から、雪が降ってきた。寒いはずだ。今日は冬の服装で来てよかったということになる。

 大暑山から尾根を小塩山へと進む。雪はアラレとなり、綿雪となり降り続く。これまで会った人は大暑山近くで2人だけ。


 小塩山の電波塔のところでお昼にする。今日は京都駅SUVACOのおにぎり屋のおにぎり2個と卵スープ。デザートは自家製梅ケーキ。

 南春日町バス停14時3分発のバスに乗るため時間配分をしながら降りる。天皇陵道途中で雪も止んだ。おそらく比良ではもっと降っているだろうから、今日西山に変更したのは正解だったであろう。

 時間の余裕があるため、正法寺の中を通って大原野神社駐車場のトイレまで進む。正法寺の境内では梅が真っ盛り、カワヅザクラであろうか、桜が1本花を咲かせていた。

 南春日町から乗り込んだのはわれわれを入れて4人ほど。JR向日町駅でJRに乗り込み、京都駅へ。京都駅では近鉄の食堂街でまたまた「京アンジュ」に入る。今日は寒かったのでいつものやつではなくて栗ぜんざい。

 暖まって、近鉄で帰宅。今日の打ち上げはビールで。シュンランの見頃は2~3週間後、カタクリは1ヶ月後になるだろうか。こればっかりは分からない。

14.【3月9日(土)】イン谷口8:15→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→11:55武奈ヶ岳12:30→武奈ヶ岳東尾根→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:25大山口→イン谷口

   
青ガレ 金糞峠へ 四つ辻への小橋 コヤマノ岳南陵 コヤマノ岳 武奈ヶ岳 東尾根、降りるぞ
P1070で
 ミスミソウ
 釈迦岳にでも行こうかと考えていたのだが、あまりにもいいお天気なので中三日で武奈ヶ岳に出かける。

 イン谷口トイレ前に来てみたらすでに10台ぐらい車が駐めてある。好天の土曜日だからということであろうか。

 一昨日から昨日にかけて雪が降ったのも楽しみの一つ。今日は予定通り武奈に登ることができれば山頂から東尾根をワカンで降ろうと計画している。某所のミスミソウの確認も今日の楽しみのさらなる一つ。ミスミソウはあと1週間で開花しそう。本日ザックは冬用。ズボンは春・秋用。

 出発したのもつかの間、ユッキーが帽子を車の中に置いてきたことに気づく。取りに戻って10分のロス。私はカメラを家に置き忘れた。夫婦そろってやれやれ。

 軽アイゼン6本爪とワカンはもってきたが、結局アイゼンは使わなかった。青ガレでも火曜日と比べても雪は少なくなった。金糞峠に近づくと一昨日から昨日にかけての雪が10cmぐらいは積もっている。

 奥の深谷から四つ辻へ上がることも考えたのだが、雪は多く、トレイスはないし、途中の渡渉のことも考えて、トレイスのあるヨキトウゲ谷のほうに進む。ヨキトウゲ谷の小橋を渡って四つ辻。奥の深谷からのトレイスはない。しかし、二コブ尾根から降りてきた人はいた。ここで近所の人のイタリア土産のフルーツチョコレートを囓る。
 
 いよいよ我慢の登り。メドゥーサのブナを過ぎ、第三ステージを過ぎて中峠分岐。中峠から来ている人のトレイスはあり。

 コヤマノクラウンを写真に撮りコヤマノ岳。ブナ林を過ぎてイブルキノコバ分岐。火曜日よりもいいお天気で空はコバルトブルー、武奈ヶ岳は雪の白。冬道を上がって山頂に向かおうとしてきたところ、上から降りてくる人がいる。あっ、イン谷口の住人Kさんだ。挨拶を交わす。山頂に着いたら、結構な人数が山頂におられた。坊村から上がってきた人が半分以上だろう。20人はいたか。火曜日よりもさらにいいお天気で白山がはっきり見えた。伊吹、鈴鹿には雪はほとんど見えない。

 われわれは東尾根を降りるので、北陵のコブのところまで行く。ときおり少し風が吹く。昼食。クルミパンとリンゴパン。コーンポタージュ。お饅頭とお茶。

 昼食後、ワカンを装着し、いよいよ東尾根を降る。幸か不幸かトレイスあり。一つはワカン、一つはスノーシュー。ジグを切って急な斜面を降る。蛇谷ヶ峰の東尾根ほど傾斜はきつくないので楽に降る。途中降って少し登ってP1070に到着。そこからはまた急斜面を降り、広谷の傾いた橋のところに降りる。ここからが苦しい進行となった。雪が多いため、何回か渡渉する普通の道は使えず、沢の右岸を高巻いて進む。トレイスはあるが、ワカンで斜面を切りながら慎重に進む。

 イブルキノコバについてやれやれということになる。あとは八雲ヶ原、北比良峠。ここまでワカンをつけていたが、ダケ道の降りを考えてワカンを外す。ダケ道は一部アイゼンがほしいところもあるが、雪がないところが圧倒的に多いので、アイゼンなしで降る。

 大山口に着いてゲイター、ストック、靴、ワカンの後始末をして駐車地に。着替えをして車に乗り込み、一路家へ。

 今日の締めはビールで。少しチャレンジングだったが、われわれだけでケガもなく東尾根を降れたことは自信につながった。雪山は今日が最後になるだろうか。感謝、感謝。

13.【3月5日(火)】イン谷口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→イン谷口

   
青ガレ 正面谷 金糞峠 四つ辻への小橋 コヤマノ岳南陵 コヤマノクラウン 武奈ヶ岳
八雲ヶ原
山頂から西南稜方向 
 
降りてきたゲレンデ跡 
 明日にでも武奈に行こうと考えていたが、明日より今日の方が断然よいお天気なので、本日、中2日の休みだけれど武奈ヶ岳に出かける。

 いつものように車で。イン谷口トイレ前では5台ほどすでに車が駐まっていた。
ポンポン山へは春のザック、靴で出かけたが、今日は冬のザックと靴。6本爪アイゼンとワカンを持ってきたが、ワカンは車において出発(ワカンを車に置いていったのは失敗だった)。


 大山口を過ぎても雪は残っていないが、青ガレに近づくにつれて雪が残っている。踏み抜かないように慎重に歩を進める。

 登山道の雪はまだらなので軽アイゼンをつけずに登っていったが、青ガレを過ぎてしばらく行ったところでアイゼン装着。これで残雪の滑りそうな所はクリアできるが所々で雪がないところでは岩の上をアイゼンで登らねばならずこれが苦労。

 太陽が出ているので歩いていると暑い。服の調節がむつかしい。金糞峠からヨキトウゲ谷に進み、小橋を渡って四つ辻に。雪のない小橋を渡る時もアイゼンをつけたままなので慎重に渡る。ヨキトウゲ谷からコヤマノ岳南陵では30cmから50cmは雪が残っている。

 コヤマノ岳南陵ではところどころで踏み抜く。そのたびごとに疲労が蓄積していき、歩行速度が落ちる。中峠分岐までなかなか行き着けない。しかし、青空とブナの林と雪が慰め、励ましてくれる。

 コヤマノ岳山頂で見回すと遠くの伊吹や鈴鹿の山々はすべて霞の中。蓬莱、打見、釈迦ははっきり見える。ブナの林を降り、鞍部に着いたら、武奈ヶ岳が青空を背景に鮮明に見え、われわれを招いている。冬道をゆっくりと登っていく。なんと4時間もかかってしまった。

 山頂の琵琶湖側で雪を崩して食事。今日はコンビニおにぎり2個とみそ汁。デザートは手作りのオレンジ・ケーキとお茶。遠くはかすんでいるとは言え、雪の中でのこのような青空は珍しい。景色もゆっくり堪能できた。

 食事後、イブルキノコバ経由で下山しようかと思ったのだが、トレイスがなさそうなのでゲレンデ跡のパノラマコースを降りることにした。

 冬道をゲレンデ跡まで進むのだが、2ヶ所ほど岩稜があり、急な斜面を回り込まないと進めない。緊張を要するところだ。ゲレンデ跡に出たときにやれやれと思ったが、ここからは踏み抜き地獄。積雪は優に1mはある。ワカンを持ってくればよかった、と思うのも後の祭り。踏み抜きの連続に疲労は増す。

 ようやく八雲ヶ原に出た。ここからは慣れ親しんだ北比良峠への道。雪はずっと続く。アイゼンはつけたままである。雪があるところでは踏み抜きに注意しつつ、岩の上を歩くときにはバランスをなくさないように。カモシカ台に着いてアイゼンを外す。よろよろと降って大山口でストック、ゲイター、靴を洗い、駐車地まで。休憩入れて8時間の歩行であった。

 今日はどこにも寄らずに帰宅。打ち上げはビールで。中2日で、踏み抜きが多く、いつもより疲れた。そうではあったが、好天がそれを補って余りあった。

12.【3月2日(土)】善峯寺登山口9:20→釈迦岳→10:39ポンポン山→西尾根→リョウブの丘→福寿草管理地→ツツジの丘→12:08森の案内所12:30→金蔵寺→13:46南春日町バス停14:03

   
登山口 釈迦岳 ポンポン山山頂 西尾根 福寿草 ヤマネコノメソウ アオイスミレ
ヤブツバキ 
 
 山休さん、ヨネチャン、洛西オヤジさんと山友の皆さんが西山福寿草詣でをされているので、われわれもということで本日の山行。中2日で少ししんどいのだけれど明日は天気が悪そうなので今日出かける。絶好の山日和、福寿草日和。

 管理の人の話によれば、今日が満開で最高の日だとか。

 近鉄で京都駅に行き、JR向日町まで。バス停ではわれわれが一番だった。10人ぐらい乗車。しかし、阪急向日町で満員となる。阪急バスは昨日から善峯寺まで行ってくれる。善峯寺バス停の所にトイレあり。準備の後,登山口まで。ここは善峯寺の駐車場に入るか、杉谷の方に進むか、釈迦岳あるいは柳谷観音に向かうかの三叉路である。われわれは杉谷方向の車道を避け、いつものように柳谷観音,釈迦岳方面の道をとる。

 小橋を渡り、山道らしい道を左手に善峯寺の境内を見ながら進み、柳谷観音分岐を過ぎ、見晴台に達する。昨年12月に倒木の状況を確かめているが、さらに歩きやすいように倒木の処理が進められている。ありがたいことだ。

 さて,尾根まで上がるのまでもう少し。尾根に上がればあとは楽にポンポン山まで。休んでおられる方が1人ほど。われわれはピーク写真を撮っただけで西尾根を先に進む。ここで北の方から来られたご夫婦に出会う。6年前に貴船に雪遊びに出かけた折に出会ったご夫婦で、私のHPをご覧になって頂いているよう。さらに驚いたことには「okaokaさんと同じバスで出灰まで来ました」とのこと。ひょっとすればどこかでokaokaさんと会えるかも淡い期待を持つ。リョウブの丘を過ぎて福寿草の管理地に到着。谷の方に降りていくと入り口があり、住所・氏名を記入して柵の中に入る。

 咲いていました、満開の福寿草。太陽の光を受けてつやつやと輝き,春の訪れを告げている。ちょうど見学者がいないところに行き会わせ、ゆっくりと写真を撮りながら一巡する。

 お腹もすいてきたので、いつものようにツツジの丘で昼食をとろうと思っていたら、ベンチで食事をしている人がすでにいた。こうなれば、森の案内所まで歩こうと、空き腹をかかえたまま、道を急ぐ。森の案内所には誰もおられず、ストーブに薪がくべられていた。パン2個とコーン・ポタージュ。デザートはお饅頭とほうじ茶。14時3分南春日町発のバスに乗るため、12時30分に出発。金蔵寺を経て南春日町のバス停を目指す。余裕を持ってバス停到着。

 阪急バス、JRを乗り継いで京都駅に。ここへ来ればいつものところでいつものやつ。かなり早めに帰宅できた。今日の締めは山名酒造の純米大吟醸「奥丹波」。なんとも洗練されたエレガントなお酒。

 福寿草も見られたし、好天にも恵まれたし、言うことなしの山歩きだった。感謝、感謝。