2019年2月の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


11.【2月27日(水)】イン谷口8:10→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→10:54中峠→ワサビ平→西南稜→12:15武奈ヶ岳12:45→コヤマノ岳→コヤマノ岳南尾根→四つ辻→奥の深谷→金糞峠→正面谷→14:55大山口→イン谷口15:30

   
青ガレ 金糞峠 ワサビ平 西南稜への支尾根で 西南稜への支尾根で 西南稜
 ワサビ平からワサビ峠を経ずに西南稜に。今日は水曜日。昨日の方が天気はよかったからリタイア組は昨日出かけているかなあなどと考えながらイン谷口に到着。 ところが、すでに4台ほど車が駐まっている。準備をしていたところ見慣れた車がいつものところにやって来た。アイちゃんだ。挨拶を交わしていたところ、一緒に行きましょうということになる。面白いところを案内しますとのこと。悪魔の誘いにのり、二つ返事でついていく。そこへイン谷口の住民Kさんも加わる。比良を隅々まで知っておられるお二人が一緒、実に心強い。

 イン谷口のあたりには雪はないが、大山口を過ぎると雪が残っている。雪が溶けて氷っているのでガチガチになっている。そこでアイゼンを装着。今日は6本爪の軽アイゼン。結局その後ずっとアイゼンはつけたまま。ワカンも持っていったのだけれど、こちらは使わずじまいとなった

 雪は随分減っている。青ガレを過ぎてしばらくしたところでkol-yosiokaさんが軽々とわれわれを抜いて行かれる。金糞峠からヨキトウゲ谷に入り、沢沿いに登って行く。沢沿いの岩へつりをしなければならないところは、大きく左に高巻きして進んで行く。沢を離れるところでは直登でショートカット。中峠に到着。あと1時間半ほどとリーダーアイちゃんは時間設定をしてわれわれを励ます。

 好きなところをだだだーと降りワサビ平。ここからいよいよ冒険の始まり。まず雪を崩して沢におり、また雪を崩して対岸に登る。かなりの傾斜の支尾根をひたすら登る。倒木のあるところではズボッとはまり込み、わーわーキャーキャー言いながら西南稜を目指す。このルートは冬季限定。雪がないときにはホツツジ、ツゲが邪魔をして歩けないからだ。

 ようやく西南稜に辿り着く。ワサビ平から40分ほどかかった。でてきたところは第1ピークを第2ピークに向かって降りたところ。

 お腹もすいてきたが、我慢の登りの西南稜。山頂に着けば、なんと、あの俊足のYさんが冬道から登ってこられた。

 4人でお昼とする。われわれの今日のお昼はコンビニおにぎり2個と卵スープ。お喋りをしながら楽しいひととき。近くにいた神戸マダム2人組が「いいお仲間ですね」とお褒めの言葉。(誘い合わせてきた仲間というわけではないんだけれど・・・)。アイちゃんがいたずらっぽく「この中の最年長者、分かります?」と聞いたら、神戸マダムはアイちゃんを指して「あなたでしょ」と答えた。「残念でした、この人です」とKさんを指すアイちゃん。実は最年長者は私で、次いでアイちゃん、Kさんはさらにその下だった。

 お昼を終えて、あとは冬道をコヤマノ岳分岐、コヤマノ岳、南尾根と進む。四つ辻からはヨキトウゲ谷へ降りずに、アイちゃんお気に入りの奥の深谷へ向かう。こうして金糞峠に戻ってきた。Yさん、Kさん、アイちゃんに先に行ってもらうべく、ここでお別れをした。(われわれのゆっくりペースに付き合って頂くのは気の毒なので)。

 正面谷、大山口。大山口でストック、アイゼン、ゲイター、靴をきれいにして駐車地へ。1台を除いて他の車はもう見えなかった。片付けをしてHSひらに。おはぎは売り切れていたので、ナッツパンとコーヒー。プリンをお土産に買って、出発。道の渋滞もなく、けっこう早く帰宅できた。お風呂の後はビールで乾杯。


 アイちゃん、本日はご案内頂きましてありがとうございました。この前のコヤマノ岳東尾根といい、われわれ2人にとっては初めての道で、思う存分楽しみました。

10.【2月24日(日)】石田川ダム→ワサ谷林道→三重嶽分岐→武奈ヶ嶽北尾根→武奈ヶ嶽→武奈ヶ嶽北尾根→三重嶽分岐→ワサ谷林道→石田川ダム

   
登山口 三重嶽分岐へ 三重嶽分岐 三十三間山 三重嶽 武奈ヶ嶽
 湖北武奈ヶ嶽スノーシュー・ハイク。 小てつさんのお誘いで本日は湖北武奈ヶ嶽でスノーシューハイクを楽しんだ。昨年も2月24日に湖北武奈ヶ嶽に出かけたが、今年は昨年とは異なり、いいお天気で楽しい一日だった。

 出町柳でピックアップしてもらい、鯖街道367号線を北へ。お天気の話、山の話をしながら、角川で降りて石田川沿いに進む。昨年は途中の集落を過ぎると道路以外一面の雪世界だったが、今年は雪はほとんどない。やがて石田川ダムに到着。他に車は駐車していない。本日はアイゼンとスノーシューを持ってきた。上の方で雪が残っているかとの不安もあったが、杞憂に終わり、稜線では立派な雪庇も残り、「冬山」を存分に楽しむことができた。

 トイレをすませ、ゲイターをつけ、ストックを出す。最初は靴に何もつけずにワサ谷登山口まで。林道は雪が溶けて氷ってザラメ状態。登山口、堰堤を過ぎて尾根にのるまで最初の急斜面のジグザグ道。我慢の登り。登るにつれて雪も増えてきたので、スノーシューをはく。基本尾根をまっすぐ登って行くのでヒール・リフターをあげる。途中、三重ヶ嶽、三十三間山が見える。雪は深いところは80cmはある。

 三重嶽分岐のある高島トレイルの稜線にあがると雲が多いが青空が見える。武奈ヶ嶽北尾根を進む。左には雪庇、右手には小浜市内がはっきりと見える。山頂から戻ってきて景色のいいところでお昼とする。パン2つ。今日も小てつさんからは茸ポタージュスープを頂く。こちらはユッキーが作ったチョコレート・ブラウニーを提供。

 帰りは来た道を降りる。スノーシューで快適に降る。随分早く降りてこられた。登っている途中下の方でラジオの音がしたが、結局、登りも下りも誰にも会わず。トレイスも何日か前のがうっすら時々見える程度であった。ダムの駐車地に近づくにつれ、雪解けが進んでいた。

 帰りの車中で小てつさんにビールを頂き、出町柳まで。途中イコモチさんが推奨していたラーメン屋を確認のために寄り道をした。

 本日のうちあげは愚息にもらった地元の藤岡酒造の「蒼空・純米美山錦おりがらみ」で。思ったより辛口の濁り酒であった。

 もう一回ぐらい雪が降ってスノーシューが使えればいいのだが、今日が今シーズン最後のスノーシューとなるかもしれない。

 何から何まで細やかなお心遣いの小てつさん、本当にありがとうございました。スノーシューの調整までして頂き、また、もろもろのためになる面白いお話(例えば、京都でうまいラーメン屋、蕎麦屋の話)で、楽しませて頂きました。感謝、感謝。
 


9.【2月17日(日)朽木スキー場・入部谷越9:07→さわらび草原道の分岐→グリーンパーク想い出の森・旧いきものふれあいの里からの道の分岐(お見合い広場)→11:28蛇谷ヶ峰11:34→お見合い広場→東尾根・さわらび草原道→朽木スキー場最上部→13:35朽木スキー場駐車場

   
登山口から登り始め スノーシュー 標高817m付近 山頂へ 山頂 山頂で 朽木スキー場
 Nさんスノーシュー・デビュー かねてよりNさんと蛇谷ヶ峰スノーシュー・トゥアーを約束していた本日,車で朽木スキー場まで.天気は粉雪がちらつく曇り.それほど寒くなく,風もそれほど強くなかった.

 朽木新本陣でトイレ休憩をして,朽木スキー場へと車を走らせる.雪はちらつくものの道路に雪はない.まだ9時前だというのにすでに大勢親子連れが来ていて,車がかなり駐車している.われわれは登山口から登るために料金所に近い一番下の所に駐める.

 駐車場で準備をして雪の所に2mほど入ったところで即スノーシューをつける.ここが便利なところ.

 ゲレンデの端,さわらび草原の登山口からいよいよスタート.ここですでに標高440m.沢を右手に登って行く.トレイスは昨晩の雪ですべて消されており,われわれがトレイスをつけていく.雪はふわふわ.スノーシューにはもってこいの新雪.沢の向こうには尾根があり,やがて左手の斜面をジグザグ登り,沢から離れていく.右の尾根が迫ってくる.行く手には植林が見える.標高730mが富坂ルートとの合流地点.蛇谷ヶ峰の北東尾根を登ってきたことになる.素晴らしい樹氷.写真ではなかなか伝わりにくいが,この美しさはなにものにも例えがたい.「お天気がよいときにはここから高島トレイルがはっきり見えるんですよ」とNさんに説明していたら,われわれの後を登ってきた2人組に先に行かれる.ここから山頂まではトレイスありということになる.


 ここまで来ると山頂まではすぐ.お見合い広場を経て山頂へ.天空温泉のほうから登ってきた登山者のトレイスあり.901.5mの山頂にはイグルーに似たカマクラがあり,ユッキーは中に入る.雪交じりの風があり,山頂での昼食は無理と判断し,ピーク写真のあとはすぐに下山.

 お見合い広場近くでスキー場から登ってきた2人組と6人ぐらいの若者組とに出会う.東尾根のことを言ったら,傾斜が急で下山に使うのはやめた方がいいですよと若者組の1人のありがたい(?!)アドヴァイス.初めてだったらアドヴァイス通りにしたかも知れないが,何回か来ているし,つい先月も使ったので,こちらは当初の計画通り東尾根を降る.昼食は標高730mの富坂口からの道の合流地点で.ここは北の尾根で風が遮られて快適.パンと卵スープ.デザートは家で作ったブラウニーとほうじ茶.30分ほどゆっくりする.
 
 さて,いよいよ急斜面を降る.エッジが効くスノーシューでずるずる滑ることなく「ヒール落とし」で降りていく.トレイスのない新雪はスノーシューを使えばある意味歩きやすい.スキー場の最上部でゲレンデに降りる.あとは,スキーやスノボーをしている人の邪魔にならないようにゲレンデを降りていく.スキーのために圧雪してあるので実に快適にすたすたと歩いて行く.
 
 後片付けをして帰途につく.途中朽木新本陣に立ち寄り,買い物をする.鯖街道,湖西道路,名神と快適に進み,早く家に帰れた.家で朽木新本陣で買ってきた栃餅あんころでうちあげ.

 そして夕食時にはビールで乾杯.粉雪がずっと降り続く曇天だったが,新雪のノートレでスノーシュー遊びができて大満足だった.

8.【2月13日(水)イン谷口→大山口→青ガレ→金糞峠→南比良峠・堂満岳分岐→金糞峠→青ガレ→大山口→イン谷口

 
イン谷口トイレ前 大山口 青ガレ 青ガレ 正面谷 金糞峠へ 堂満岳
金糞峠直下
 南比良峠・堂満岳分岐
 
堂満岳に達せず

 
雪の多いときに堂満岳は行っていないので,本日は堂満岳とする.アイゼンとワカンを準備.

 いつものように名神,湖西道路でイン谷口へ.雨ともみぞれとも言えないものが降ってくる.トイレ前では1台駐まっているだけ.われわれが2番目.準備をしている間にあと2台到着.われわれが準備している間にあとから来た2台の車の持ち主はさっさと先に出発された.準備に時間がかかるわれわれ.ゲイターをつけゆっくり出発.大山口までは雪なし.そこから雪が見え始める.青ガレへ進み,アイゼンをつけ,正面谷を登って行く.昨晩雪が降ったか,20~30cmはさらに積もっている.天気は曇天.ときおり忘れたように日が差す.

 金糞峠に着くと,雪が舞い始め,堂満岳に行こうかと進路を見やるとノートレイス.これはなあ,ということで,金糞峠を下りて奥の深谷から八雲へ行こうと思い,小橋をおっかなびっくりで渡る.ワカンに履き替えようと思ったが,小雪が舞っていて,雪深い奥の深谷を進むのは渡渉とかの関係,ノートレイス,おまけに私のゲイターのジッパーの調子が悪い,金糞峠まで時間がかかりすぎた,等々の事情で,金糞峠に戻る.

 堂満岳までは行けないけれど,雪の様子を見てみようと東レ新道の方向に進む.ズボッと入るところもあれば,アイゼンを効かして進める所もある.南比良峠・堂満岳分岐まで進んで引き返す.金糞峠までのところで琵琶湖と堂満岳の見えるところで昼食.コンビニおにぎりと卵スープ.ほうじ茶とおまんじゅう.

 粉雪の中を金糞峠まで戻り,そこから慎重に降りていく.

 随分と早く降りてこられた.大山口で丁寧にゲイター,ストック,アイゼンを洗い,駐車地まで戻る.出発時にあったわれわれ以外の3台の車の他にさらに3台増えていた.後片付けをして,水曜日,HSひらが開いている,ということで車を飛ばす.おはぎとコーヒーでほっこり.お土産にもおはぎを買って帰路につく.

 渋滞もなく早く帰宅できた.家でのうちあげはビールで.

ピークには行けなかったけれど,アイゼンでの雪山散歩と言う次第.来週は気温も高くなるとの予報があり,今週で雪遊びもピークを過ぎようとしている感がある.

7.【2月10日(日)坊村→見晴台→御殿山→西南稜→武奈ヶ岳→西南稜→御殿山→見晴台→坊村

 
曙橋 明王院 ワサビ峠 樹氷の中で 西南稜 武奈ヶ岳山頂 雪庇
 
武奈ヶ岳154回目 
 小てつさんからお誘いがあり湖北武奈か三国岳にということであったが,どうも湖北では雪雲があり,景色も楽しめないということで,曙橋で決断して武奈ヶ岳に坊村から登る計画に変更.

 ゲイターを付け,スノーシューを担ぎ,10本爪アイゼンをザックに入れて出発.昨晩から今朝にかけての降雪を楽しみに,明王院の三宝橋から御殿山コースで登って行く.日曜日だけれどもそれほど登山者は多くない(出町柳で7時30分頃にバス停を見たが,バス待ちの人はいなかった).

 登山口から植林の中を我慢の登り.途中でアイゼンを装着.道はガリガリに氷っているか,氷の層の上に新雪が積もっているかのどちらかで,アイゼンの爪が気持ちよく刺さる.途中で大きな声で歌を歌いながら1人ゆっくり登って行く登山者がいる.「愛宕では謡を謡って登っている人がいますよ」と小てつさん.冬道から見晴台に上がるところは,いつものトレイスとは違って右の木立のほうについている.これはこれで正解で,いつもの左端のところは結構雪庇になっていてリスキーだからだ.

 見晴台から御殿山への登りの所では樹氷と雪のパノラマである.その美しさに見とれながら登って行く.風が強く雪もパラパラ降っているので,2組計4人がこれまで撤退された.われわれ2人だけだったら心折れて引き返したかもしれないが,今日は強力なリーダー,サポーターがいるので,必死で登って行く.

 御殿山に着いても武奈ヶ岳は見えない.しかし,西南稜を歩いていると,時折青空が出てくる.「日頃の行いがいいからね」と小てつさん.

 山頂写真のあとは風もありこんな寒いところではお昼を取ることなどできないということで,昼食場所を探しながら下山.山頂お地蔵さんの下あたりで寒さに震えながら食事をしている方もいた.

 西南稜を戻りながら,小てつさんは風の方向を見定め,杉のある第2ピークと第1ピークの間で昼食場所を定める.登山道から雪庇を崩し東の方に降りた4本杉のあるところ.風もなく穏やか.今日はチーズパンとリンゴパン.小てつさんからは暖かいポタージュスープを頂き,われわれは「蒼空」の酒まんじゅうを提供.

 あとは下山のみ.ワサビ平から御殿山への登り返しにはあはあ言いながら登り,あとは滑らないように気をつけながら降っていく.鯖街道が下に見えると,やれやれ戻ってきたと安心する.しかし,この最後の所の気の緩みが気をつけなければならないところ.慎重に降りて,無事,登山口に到着.下ではもう雪が溶けていた.
 

 
帰りはビールを頂いて,楽しく出町柳まで.帰宅後は山名酒造の「奥丹波純米酒」でうちあげ.コクのあるまろやかなお酒.

 小てつさん,本日もありがとうございました.いろんなことを教わって勉強になりました.感謝,感謝. 

6.【2月3日(日)イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南陵→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→コヤマノ岳→コヤマノ岳東尾根→奥の深谷→金糞峠→正面谷→大山口→イン谷口

 
蓬莱山・打見岳(志賀駅から 青ガレ 正面谷 コヤマノ岳南陵 西南稜 武奈ヶ岳山頂 コヤマノ岳東尾根
 
 ヨネチャン比良山系450回記念登山.
 
 
ヨネチャンの記念登山に参加させて頂く.12時には武奈ヶ岳に着きたいと思い,いつもより早く6時45分ぐらいに家を出る.イン谷口のトイレ前に駐車しようと思ったが,どうやらテン泊の人の車で一杯.そこで少し下のところで車を駐める.ヨネチャン,M2さんと会う.一足早くM2さんが行かれ,われわれはヨネチャンと一緒に歩を進める.青ガレへ行くまでのところでアイゼンを装着.山休さんが追いついてこられる.青ガレ手前で休んでいたときに,水曜日にアイちゃんパーティーにヨキトウゲ谷から入ってもらったYさんが来られる.今日はワサビ平から西南稜,武奈ヶ岳とか.われわれはコヤマノ岳から武奈に向かうので山頂ででもお会いしましょうと言って先に行ってもらう.ここでM2さんに追いつく.

 正面谷を登る.私とユッキー,山休さん,M2さん,ヨネチャンと連なって.水曜日もそうであったが,今日も気温が高い.冬にもかかわらず汗がほとばしり出る.

 やっとのことで金糞峠.休んでいたらJOEさんが登ってこられた.堂満岳とのこと.「困ったときの堂満ですものね」と言ったら,「いやこの頃は困ったときの比叡山ですよ」とのこと.

 さて,われわれはヨキトウゲ谷を進む.
昨日天気がよかったから大勢の人が入っていたように思われる
しっかりトレイスがついている.ただ渡渉だけは小橋の上に積もった雪(もちろん踏み固められている)の上を慎重に渡る.

 四つ辻から南尾根.武奈ヶ岳北陵,あるいは武奈ヶ岳東尾根で降るとHS比良の終了時間に間に合わない恐れが出てきたので,武奈ヶ岳登頂後はコヤマノ岳東尾根を降りることに予定変更.われわれとしてももう一度この尾根降りを行いたいと思っていたところなのでありがたい.山休さんもM2さんもここを降りたことがないとの話.

 コヤマノ岳をすぎてイブルキノコバ分岐のあたりに来たとき,Yさんが武奈山頂から降りてこられた.驚異的なスピード.山頂は強風でひどいとのこと.権兵衛さんが坊村から来られるので時間調整のためにしばし休憩.時間を見計らって最後の登りに向かう.予報では風速10mを超す強風だったが,確かに風速k14mはある.ぼーっとしていると飛ばされそうなので,身を低くして最後の登り.上がってしばらくしたら強風の西南稜から権兵衛さんも来られる.山頂写真ののちすぐに下山.温度が比較的高いのだけが救い.急いで降りて,コヤマノ岳まで帰り,山頂の東斜面のところで昼食.ここへ来ると先ほどの武奈ヶ岳山頂の風はなんだったのかと思うほど,穏やか.

 昼食後はワカンにはきかえ,いよいよコヤマノ岳東尾根を降っていく.ただ,天気予報より少し早いが小雨が降ってくる.水曜日にわれわれが降ったときのトレイスはほとんど消えてしまっている.尾根芯をはずさずに,降っていくと左手に沢が,右手にはJR小屋とその上のもう一つの小屋が見えてくる.こうして奥の深谷に無事降りられた.ここでワカンからアイゼンに.

 あとは奥の深谷から金糞峠.正面谷を降る.山休さんに先に行ってもらったら,速い速い.あっという間に姿が見えなくなってしまった.われわれは滑るのが怖いのでゆっくりと慎重に降っていく.大山口に着いたときには本降りの雨となっていた.6人そろったところでHS比良に行き,うちあげ.ヨネチャン,おはぎごちそうさまでした.

 雨の中,湖西道路,名神高速道路で帰宅.伏見でも雨だった.今日は洗濯物を室内干しにしていてよかった.山名酒造の「NIGORIZAKE醪」で乾杯.フルーティーで新鮮なお酒,今日の節分の鰯によく合った.

 ヨネチャン,本日はお世話様でした.細やかな心遣い,いつものことながら感謝申し上げます.