2019年11月の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


68.【11月30日(土)】京都バス朽木栃生バス停9:04→11:46釣瓶岳→ナガオ尾根→12:15・P1050・12:45→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:20イン谷口15:25(バス)

地蔵峠分岐 釣瓶岳へ 釣瓶岳 ナガオ尾根で ナガオ尾根より武奈ヶ岳 降り口(okaokaテープ) 広谷
雪と紅葉の山行

 落葉していて黄葉・紅葉を楽しむことはできないだろうが、冬枯れのナガオ尾根もよかろうということで、日曜日の方が天気がよさそうだが、用事があり、本日の山行となる。本日はバスで出町柳駅から朽木栃生まで。釣瓶岳に登ったのち琵琶湖側に出て、イン谷口から江若バスの予定。イン谷口からJR比良行きのバスは明日で休みに入る。

 出町柳でバスを待っていたら、列は長くなり、われわれは10番目くらいであったろうか。われわれのすぐ後ろに立っておられたのが気さくで愉快な人で、会社の出張で東大阪に来られてついでに山に行こうかということでバスを待っておられた。千葉県から来られていて、5000山を登ることを目標にしておられ、すでに4000台に入っているとか。結局このKWさんと下山までご一緒し案内することとなった。KWさんは100名山は言うに及ばず日本各地の山に登っておられ、地元の山の会の会長や副会長をされている猛者。

 バスは15人ほど立つ人が出て、この時期にしてはけっこう多い。

 平に近づくと家々の屋根には薄く積雪があり、山腹も同様になっている。われわれにとっては2回目の雪で嬉しさが募る。服装は初冬用にしてきたのでよかった。バスの乗客はほとんど坊村で下車。武奈ヶ岳は賑わうことだろうと思う。朽木栃生で降りたのはわれわれ3人だけ。バス停の小屋で身支度をして出発。


 登山口のところの工事は終了していた。地蔵峠道分岐、ササ峠道分岐を過ぎれば雪も1cmから3cmそして5cmと増えてくる。イクワタ峠に来ると8cmぐらいになっている。ここで初めて縦走路を進んだであろう人の足跡が見える。今年は黄葉・紅葉が遅かったので、まだ落葉せずに残っている中での雪である。珍しい光景。イクワタ峠からは方向を南に変えて登っていくわけだが、偽ピークが次々に現れ、しんどいところだ。おまけに雪で踏み込むと下の落ち葉や粘土質の土で滑りやすく慎重に進む。

 我慢の登りの後ついに山頂に。縦走をしている人に出会う。2人。山頂では写真を撮り、KWさん流の登頂の儀式を習い、すぐにナガオ尾根に出発。右手に見える武奈ヶ岳は白く、山頂大勢の人が見える。ナガオ尾根には足跡はない

 いつものようにP1050で昼食。今日はパン2つとカボチャ・ポタージュスープ。クッキーとお茶。

 3時25分イン谷口発のバスに乗りたいので、逆算して出発。ペースもそれに応じる。広谷への降り口のokaokaさんのテープはいまだ健在。なるべく谷側ではなくて斜面の上の方を歩いて激降りの末に広谷に降りる。「ここからは普通の登山道です」とKWさんに説明する。

 イブルキノコバ経由で八雲ヶ原に。イブルキノコバでは昼食中の若いグループがいた。八雲ヶ原でもグループの登山者に会う。北比良峠に登り、ダケ道はギアチェインジして、「降りのユッキーを知らないか」という調子でテンポよく降りていく。KWさんもびっくり。「陸上でもしてたんですか」という質問まで飛び出す。

 バスには発車5分前に到着。このバスも明日で今年の運行は終了。乗客は三分の一ほど。JR比良駅から山科までKWさんとお話。KWさんは千葉へとお帰りになる。関西への出張は来年の5月で峰床山が未踏峰なので、そのときには峰床とか。まさに一期一会だった。

 帰宅してビールで打ち上げ。今日は雪と黄葉・紅葉の両方が見られて得をした(?)一日だった。また、本日の山行は68回目であり、今年の目標を11月末で達成したことになる。めでたしめでたし。

67.【11月26日(火)】JR堅田駅9:20→バス→9:35上仰木9:43→元三大師道→定光院→11:35四季講堂(元三大師堂)12:10→行者道→霊山ノ峰→三石岳→行者道→神宮寺山→八王子山→日吉大社→坂本・甘味処・うえだ→JR叡山坂本駅

バス停上仰木 元三大師道 六躰地蔵尊 ダイモンジソウと鯉(定光院) 恵心僧都墓 霊山ノ峰 三石岳
奥比叡に紅葉を求めて

 この前も比叡山であったが、今週も比叡山、奥比叡。竹内康之『比叡山1000年の道を歩く』(ナカニシヤ出版、2006年)をかねてより読んでいて、一度行ってみようというルートがいくつかあった。今日は上仰木から横川に行って坂本に降りて来るというルート。三石岳のピークを踏めたのはよかったが、地図に載っているはずの道がわからなかったりして、特に横川からの降りは、半分、読図講習会のようになってしまった。

 JR堅田駅から極めて限られた本数しかないバス(土日は運行せず)に乗り、終点の上仰木まで。このバス停が地図の中でどこにあるのか、まず、GPSで確認しスタートする。恵心僧都源信作と伝えられる六躰地蔵尊から墓地を通り抜け、いよいよ山道に入る。

 最初の難関は奥比叡ドライブウェイで旧道が途切れてしまっているところだった。ドライブウェイに入るなとの立て札があり、道ともいえないところに降りて進み、それから上がるとまた旧道が復活する。10mぐらいドライブウェイに入って進めば楽に来れたのだが、わざわざ回り道をしてしまった。

 第2の難儀はまたドライブウエイとの関連だった。このときはドライブウェイの展望台に入って抜ければそのまま元三大師道を進むことができた。ここから定光院はそれほど遠くない。

 定光院から四季講堂(元三大師堂)に向かう。講堂前のベンチで昼食。今日はドンクのパン2個とコーヒー。甘納豆とほうじ茶。食事後、行者道を行く。恵心僧都のお墓にお参りし、霊山の峰というピークに立つ。ピークと言っても何の印もない。

 次はそこから三石岳(サンゴクダケ)に向かう。標高640m地点で道が左右に分岐している。左(西)にとれば三石岳への道である。こうして三石岳のピークに立った。問題はここからである。国土地理院の地図には山頂を南西の方向に進めば、南東へ降りる破線の道が記されている。ところがこれが見つからない。植林地を行ったり来たりしながら道らしきものを探したのだが、ついに諦めて分岐まで戻った。

 ここからは南東方向に進む。しかし途中林道の分岐が出てきたので誘われてそちらに行けば行き止まりであったり、あーでもないこーでもないと言いながら神宮寺山、八王子山を経由して日吉大社境内に入った。

 あとは観光案内所で後始末をして甘味処・うえだに入る。栗ぜんざいを頼む。上品な甘さのおぜんざいを頂き、ほっこりしてJRの駅まで。JR,近鉄と乗り継いで帰宅。特に下山に手間取らなければもっと早く帰れたのだが、これはこれでよしとしよう。

 お風呂の後はビールで乾杯。初めての道を地図、コンパスで確かめながら、あちらこちらで試行錯誤。破線の道がなくなってしまっているということをよく耳にするが、今日もそれだったのだろうか。今日の山自体はさほど魅力はなかったが、ルート探しで楽しめ、無事帰宅できたこと、感謝、感謝。

66.【11月23日(土・勤労感謝の日)】JR叡山坂本駅8:50→9:24大宮谷林道登山口→本坂合流→根本中堂→釈迦堂→大比叡→見晴台→新道→雲母坂→13:41修学院登山口→蔓珠院→鷺森神社→叡山電鉄修学院駅

坂本 大宮谷林道口 衣掛岩 悲田谷 本坂 大比叡 蔓珠院
坂本
鷺森神社 
坂本から修学院の紅葉

 明日に比べれば今日の方が天気がよさそうなので山行に出かける。ただ、一昨日武奈ヶ岳まで出かけたので、中一日、近場で比較的楽に登れるところということで比叡山とする。今日は、いつもと反対に坂本から登って京都におりることにする。

 叡山坂本駅から日吉大社へ向かう。途中「甘味処・うえだ」が店を開けようとされていたところでご挨拶。今日は京都に出るので帰りに寄らないことを伝えて、ちょうど草餅を売っておられたので2個買い求める。

 12月1日まで坂本は紅葉祭りということで、いくつかの駐車場の入り口に整理の人が立っていて、次々に車が入り賑やかなことである。9時ぐらいの朝の光を浴びて紅葉がひときわ映える。

 日吉大社と比叡山高校の間の階段道を登っていく。ここの階段の段差は本当に歩きやすい。さすが穴太衆の地元だけのことはある。しばらく行くと二手に道が分かれる。右手の方が大宮谷林道である。本坂と比べると、ここは歩きやすい。多少遠回りだけれど、この頃は好んでこちらの道をとっている。左手に古代ローマの水道橋が見えてくると、そこが悲田谷の入り口である。右手の川向こうには衣掛岩が見えている。薄暗い荘厳な谷を登っていく。

 やがて上が抜けて少し明るくなると本坂との合流地点は近い。これまで人は見かけていない。しかし、合流地点では本坂を登ってきた人と出会う。ここから先は延暦寺に近づけば近づくほど人が多くなる。延暦寺会館の前では団体さんが大勢。そして根本中堂の近くでは人が多く、まさに観光地。われわれとしてはこの大勢の観光客を一刻も早く避けるべく阿弥陀堂、そこから大比叡へと急ぐ。

 大比叡に近づくとまた人が多い。お腹もすいてきているので昼食の場所を探しつつ先に進む。見晴台では日の差さないところで空いているところもあったが、パス。これではケーブル駅近くのベンチも人で一杯だろうと考え、新道を進み、見晴らしよく、ベンチあり、人少ないところを見つけ、そこで昼食。パンとコーヒー。お茶と今日買った草餅。

 そのまま新道で千種忠顕の碑のところまで。一時通行止めになっていたルートだが、倒木の処理も終わっていて通過できた。ここから雲母坂。欧米系の外国人が登ってくるのに何回も遭遇。珍しい現象である。なぜだろう?

 水飲対陣跡を過ぎると、いよいよ、えぐれ道は通れずバイパスを行くのだが、ユッキーが尾根道に上がり、これがバイパスだと言うのだが、えぐれ道よりえらく上の道を歩き始める。尾根道に上がるのが早すぎると私は思ったのだが、ユッキーはここでよいと強く主張する。その勢いに押されて、私は黙ってついていったが、やはり、彼女が尾根道に上がったのは早すぎたことが分かった。やれやれ。

 修学院の登り口に近づくと、バイパスを上がってきた人が、これから先はバイパスを避けて少し上を行くようにと言われる。スズメバチの巣があるからだとのこと。少し降りてみると、やはり掲示があり、バイパスのバイパスを進む。これがかなりの傾斜のところ。滑らないように慎重に進む。登り口のところでは工事の重機が入っていて、休日の今日も作業が行われていた。

 あとは人と車の列の中を蔓珠院から鷺森神社に入り、叡電の修学院の駅に急いだ。叡電もまた満員で出町柳まで。降りてみたら、八瀬行きはそれほど混んでいないのだが、鞍馬行きの方は改札を出て京阪の駅への階段まですごい行列。そうかライトアップしているし、これから出かけるのかと思いつつ、京阪の特急に乗り込む。幸い座れたが、これも満員。

 丹波橋で降りて、無事、帰宅。随分早く帰れたものだ。ゆっくりと写真の整理を行い、お風呂に入って、打ち上げは山名酒造の「丹波杜氏」。すみきった凜とした辛口のお酒。美味い。

 お天気にも恵まれ、坂本から修学院まで紅葉・黄葉の山歩きだった。

P.S.12月8日(日)に東山トレイルマラソンが開催されるようです。この日は登山は避けた方がよさそう。そう言えば、予行演習なのか、トレランの人をたくさん見ました。
 

65.【11月21日(木)】イン谷口8:15→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→コヤマノ岳分岐→12:10武奈ヶ岳12:50→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→イン谷口15:45

駐車地 駐車地近く 青ガレ コヤマノ岳分岐近く コヤマノ岳分岐近く 武奈ヶ岳 白山
アオハダ
ウラジロノキ 
 
初冠雪の武奈ヶ岳(176回目)とダケ道の黄葉・紅葉

 昨日か今日武奈に行こうと考えていたのだが(今月は武奈詣でをしていない)、昨日は風が強く天気予報はCと出ていたので見送り本日の山行となった。今日はBからA。おまけに本日は私の誕生日(何回目の誕生日かはご想像にお任せします)。誕生日記念登山となり、しかもなんと初冠雪。記憶に残るであろう武奈詣でであった。

 例によって、妹子の里に寄ってからイン谷口に。湖西道路を走っているときに蓬莱山の山頂に雪を見る。雪は蓬莱山の山頂だけで他の山頂には雪なし。イン谷口では、トイレ前でキャンプをしている男女の車1台だけ。準備をして出発。

 服は出発時3枚着ているけれど、歩き始めると暑くなり、すでに大山口では1枚に。お日様が出ているとぽかぽか暖かいが、雲に隠れると少し寒くなる。幸い今日は風はほとんどなし。

 駐車地から金糞峠までは黄葉・紅葉の最盛期。楽しみながら写真を撮るとなかなか先には進めない。金糞峠からは奥の深谷まわりで八雲ヶ原に向かう。奥の深谷での黄葉・紅葉は終わり。落ち葉を踏みしめながら八雲ヶ原に。ここまで誰にも会わない。饗庭野からだろう、驚くほど大きな音がする。大砲(?)。空気が震動するほどの音で、しかも、響き出すと連続する。「八雲ヶ原で演習してるのとちゃうかしら」とユッキー。まさか。

 八雲ヶ原からイブルキノコバに。コアジサイ街道の黄葉を期待していたのだが、ほとんど落葉。イブルキノコバでいつも休憩する。今日は羊羹で気合いを入れる。ここらあたりももう黄葉・紅葉鑑賞はできない。おっと、そこに雪の断片が。コヤマノ岳分岐近くになると雪の薄い絨毯となる。顔に当たる空気は冷やっとするが、寒くて困るというほどでもない。

 山頂では6,7人登山者がいた。そのほとんどは坊村から登ってきたようだ。遠く伊吹山と白山が見える。山頂の琵琶湖側で昼食。コンビニおにぎりとお茶。自家製アップルケーキとコーヒー。暑くもなく寒くもなく、気持ちがよい。ずっといたいぐらいだが、そういうわけにもいかない。

 登ってきたときに雪解けで粘土質の土は滑りやすかった。そこで、北陵周りで下山の計画はやめて、おとなしく、パノラマコースで下山することにする。雪はコヤマノ岳分岐あたりまでで、そこから先には雪はない。ゲレンデ跡をたったと降り、八雲ヶ原。そこから北比良峠リフト駅跡。

 そしてダケ道。特にカモシカ台から下は黄葉・紅葉の最盛期だった。

 湖西道路、名神と車を走らせ、無事、5時前に帰宅。

 お風呂の後は誕生日ということで、すき焼きとビール。今日は晩秋(黄葉・紅葉)と初冬(初冠雪)の両方が味わえて満足の一日だった。

64.【11月17日(日)】古屋→高島トレイル縦走路尾根→滋賀ピーク→三国岳山頂(959m)→お茶屋跡→桑原

三国岳 ラムダの木
ムラサキシキブ 
高島トレイル三国岳

 はじめは釣瓶岳・ナガオ尾根の予定だったが、小てつさんからメールがあり、日曜日時間がとれるということで、高島トレイルで駒ヶ岳、百里ヶ岳ときたから、三国峠ですかねとの提案を頂き、本日の山歩き。ところが、鯖街道梅ノ木から進んで行くと、三国峠への道は通行止め、歩行者もだめとの掲示がある。そこで、急遽、行き先を変えて小てつさんのホームグラウンド三国岳に行くことにする。

 出町柳でピックアップしてもらい、大原、途中を過ぎ、鯖街道を北上する。途中坊村でセンターの駐車状態をちらっと見れば8時過ぎで満車状態。さぞかし、武奈ヶ岳は一杯の人になるだろう。梅ノ木からいよいよ細い道を進む。われわれはこの道を避けて遠回りだけれど朽木の市場からの道を選ぶのだが、小てつさんはこのような道の運転を全く苦にしない。

 桑原にあるトイレに寄り、桑原と古屋の間でデポ。ここから古屋まで進み橋を渡って折り返す。保谷林道分岐を通過して名もなき尾根から登り始める。地図にもない支尾根で急登。鹿も食べないユズリハが繁茂して行く手を阻んでいたり、倒木があったりして歩くところを探しながら進む。登山道ではないので仕方がない。途中でピンクのテープが木に巻き付けてあったり、尾根芯に小さな杭がうってあってナンバーが打ってあるのが目に入ってくる。これから何をするんだろう。不吉な予感がよぎる。

 右手に稜線が見えてくると少し励みになる。高島トレイルの縦走路だからである。縦走路に合流。縦走路から南へ進む。そしてまずは滋賀ピーク。そこから少し降って登り返す。三国岳山頂である。

 北からの風が冷たいので、少しでも風を避けられるところを探し出し、ここで昼食。われわれはパンとポタージュ。小てつさんからコーヒーを頂き、甘納豆でデザート。

 昼食後は快適な支尾根を気持ちよく降りていく。830mあたり、経ヶ岳の分岐(丹波越え)の峠で北東に転じる。本当の丹波越えはもう一本西の谷だと、小てつさん。ここからは降るのみ。早く降りようとたったと降りて、桑原に降り立った。これまで山の中では誰にも会わなかったが、ここで今日最大のハプニング。向こうの方から自転車でわれわれのほうに近づいてくる人がいる。これがまあ、なんと、Ch さん。昨日は百里ヶ岳、ナベクボ峠まで高島トレイルを進み、生杉の「山帰来」で宿泊。そこに自転車をデポして本日は車を桑原に置いて、三国岳から、三国峠を経てナベクボ峠に進み、これで、高島トレイル踏破の完成とか。われわれなんか到底真似ができない行動力。

 Ch さん高島トレイル踏破おめでとうございます。また、武奈でお目にかかりましょう。

 で、われわれは黄葉・紅葉を見物しながらを車道をぶらぶらとデポ地まで。 

 帰りは例によって車の中で小てつバー。ビールを頂く。四方山話。大原での渋滞を危惧したけれども、杞憂に終わった。なぜだろう? 大原観光は今年の紅葉が遅いので時期がずれているのか、それとも、観光客が夜間のライトアップとかで分散しているからなのか。

 帰宅してお風呂の後は山名酒造の「純米吟醸・五百万石」で乾杯。

 小てつさん、さまざまな心遣い、ありがとうございました。

63.【11月13日(水)】小入谷越9:06→百里新道→県境尾根→11:17百里ヶ岳11:56→県境尾根→白石山→根来坂峠→小入峠→旧鯖街道→小入谷→14:30小入谷越

百里新道 百里新道 百里ヶ岳 山頂 根来坂 おにゅう峠 旧鯖街道
 
黄葉・紅葉の饗宴

 先週末は用事があり、いいお天気にもかかわらず、山歩きは出来なかった。そこで本日約一週間ぶりの山行。山の休日さんのレポに触発され、久しぶりに百里ヶ岳に行こうと決める。今日で5回目の百里ヶ岳。天気予報は朝霧があるが、晴れで昼過ぎから雲が多くなるとの話。

 名神、湖西道路、鯖街道と進み、道の駅・朽木新本陣で儀式をすませ、前のコンビニで食料を調達。

 ここから車はユッキーが運転する。朽木地子原、朽木雲洞谷、朽木能家を経て朽木小入谷へ。途中1車線しかない部分がかなりあり、対向車が来ると緊張する。9時前なので地元の人の軽自動車が来るのは分かるが、福井とか大阪とか他府県ナンバーの車も結構来る。おそらく小入峠での雲海等の写真撮影の帰りの車ではないかと推測する。能家の神社のところにトイレがあることを確認しておく。

 小入谷越で駐車。すでに2台来ている。われわれが準備をしているときにさらにもう一台車が来ていた。

 今の時期服装で悩むことが多いが、今日もはじめは少し寒かったが歩き始めると長袖1枚でも十分となる。高度が上がると風が少し出てきたりして1枚羽織る。とにかく服の調節はこまめにやることが必要で、面倒くさいと思って怠ると、風邪を引く原因になったりする。
 
 百里新道は登りはじめが501mもあり、百里ヶ岳は931.3mだから単純な標高差は430mほどだが、累積標高差はかなりある。アップダウンがかなりあるからだ。まずは805mのピークを目指し、そこから降りてシチクレ峠。前回小てつさんと百里ヶ岳に行ったときには朽木麻生(木地山BS)から北谷を登り木地山峠経由で百里ヶ岳に行き、帰りはシチクレ峠から南谷を降りるという変態コースだった(ユッキーの要望による)。

 シチクレ峠からは我慢の登りで百里新道分岐。ここからは県境尾根でさらに急な斜面を登ることになる。

 百里新道では登りはじめから黄葉・紅葉の最盛期で、青空も見え、今日来てよかったと思い、写真撮影を忙しくしながら登ってきたのだが、県境尾根では落葉しており、冬枯れのブナ林といった趣である。

 登りはじめから2時間少しで山頂に到着。少し早いが昼食とする。今日はコンビニおにぎりと熱いお茶。デザートは自家製アップルケーキとコーヒー。

 降りは百里新道分岐を経て根来坂へ。ここも尾根歩きである。根来坂の前に白石山に登らなければならない。いつ来てもここを登って越えるときがつらい。根来坂に着いてみると、お地蔵さんは祠が倒壊して、ばらばらになっており、毛糸の帽子を被らせてもらっていた。これから雪が降るということを思うとなんとも寒そう。

 いつもおにゅう峠はパスしていたので、今日はおにゅう峠へ寄り道することにした。ここは小浜湾のビューポイントで、車で見物に来た人が大勢いた。

 おにゅう峠からは、根来坂にもどらず、林道小入谷線を降り、旧鯖街道に入り、朽木小入谷まで降りてきた。この旧鯖街道の道は言葉も出ないほどの黄葉・紅葉で、さらに大倉谷を越えて東側の百里新道の斜面がこれまた美しい。まだ落葉しておらず、黄葉・紅葉の量たるや圧巻で、今年の秋に見た中では一番であった。

 小入谷の村落を経て、小入谷BSから東に向き堰堤の手前のところで渡渉し山道を進めば、駐車地の小入谷越に出た。着替えをして後始末。帰りはまたユッキーの運転で朽木新本陣まで。途中能家では往きに確認していたトイレで用を足す。道の駅朽木新本陣ではお土産を買い(あん入り栃餅を買いたいと思っていたのだが15時を回っていたのでもう売り切れ)、運転を代わって家まで。小入谷越から家まで約2時間だった。

 打ち上げはビールで乾杯。黄葉・紅葉は百里ヶ岳に関する限り、800mより下で、501mの登り口でも黄葉・紅葉していた。

 今年は黄葉・紅葉が遅くなったので、11月の終わりぐらいまでは楽しめそうだ。次はどこにしようか。

62.【11月7日(木)】イン谷口8:20→サクラノコバ→11:16堂満岳→11:50南比良峠12:20→大橋→金糞峠→大山口→15:15イン谷口15:25

ノタノホリ(10月30日) ノタノホリ(11月7日) 堂満東尾根 堂満岳山頂 山頂から琵琶湖 南比良峠のお地蔵さん 堂満岳
比良黄葉・紅葉周遊

 10月末堂満岳に登ったときにまだ黄葉・紅葉は進んでいないようなので南比良峠に回ることを断念したが、もうそろそろいいだろうということで、今日は堂満から南比良峠に回ることにした。一方で、昨日の方が今日よりもお天気はよさそうだったが、筋肉の細胞の修復には48時間必要という説もあり、中1日を避け、本日、中2日の山行となった。

 朝、湖西道路を走っていると琵琶湖からの霧が登っていたが、われわれが登りはじめの時には山では霧の心配はなく、天気予報通りお昼過ぎてもしばらくはいいお天気だった。

 前回と同様に出合橋近くに駐車。1台も車を見ない。橋を渡り、サクラノコバ経由で別荘地を過ぎ、まずはノタノホリを目指して歩を進める。ノタノホリは少しだけれど黄葉が進んでいるか。

 ノタノホリからは古崎川源頭へ。そしてジグザグ道を辛抱して平らなところへ。標高740mぐらい。ここからが急登。堂満東尾根をざっと300mほどまっすぐに登っていく。しかし、このあたりから黄葉・紅葉が見られ、感激しながら登っていくので急登はあまり苦にならない。

 堂満岳1057m到着。11時16分。ここから東レ新道で北へ進み、途中で、ショートカットして縦走路へ降り、南比良峠を目指す。縦走路ではじめて人に出会う。トレイル・ランナー。そして南比良峠に着き、ここで昼食にしようと思っていたら、比良の超人、比良の天狗こと kol-yosioka さんに出会う。比叡山・比良トレイルの続きで今日は霊仙から縦走してきたとのこと(詳しくはヤマレコでどうぞ)。これで今日出会った2人目。

 コンビニおにぎりと卵スープ、食後は甘納豆。ここから本日のハイライト。奥の深谷、大橋を目指して北西方向に進む。南比良峠を降りたところは以前に増してシダが生え、道がよく分からないほどである。マダニがいたらいやだなあと思いながら藪漕ぎをする。しかし、上を見れば黄葉・紅葉の最盛期。ここに来るときはいつも時期をはずしていたような記憶があるが、今日はドンピシャの黄葉・紅葉だった。また、木々の間から堂満が堂々の姿を見せる。

 水晶小屋の倒壊したところを通り過ぎ、大橋に。ここが奥の深谷。ここで今度は北東方向に転じる。ここも黄葉・紅葉の見所の場所。写真撮影に忙しくなかなか前に進めない。毘沙門岩を過ぎ、道を確かめつつ奥の深谷を遡行していく。やがて、ヨキトウゲ谷との分岐に来ればあとは金糞峠までは近い。

 金糞峠でさらに2人のハイカーに出会う。計4名が今日出会った人間だった。この2人のハイカーの内、1人は堂満方向に進み、もう1人はわれわれの行く正面谷を降りていった。われわれも跡を追い、ガレ場を慎重に降りていく。

 無事大山口に辿り着き、駐車地のイン谷口に向かった。ここで着替えをし、乗り込んで帰途につく。本日は湖西道路、名神とも幸いなことに渋滞はなかった。

 家に着いてお風呂の後は愚息の土産の「美濃国・初霜」無濾過生原酒で乾杯。しっかりとしたお酒だった。

 イン谷口あたりはまだ黄葉・紅葉は先のように思われる。それまで落葉せずに葉は持ちこたえられるだろうか。

61.【11月4日(月)】イン谷口8:26→大津ワンゲル道→11:06釈迦岳→カラ岳→北比良峠→ダケ道→14:00大山口→イン谷口14:25

大津ワンゲル道 イチョウガレ 山頂近く 釈迦岳山頂 釈迦岳 縦走路 ダケ道
 
比良黄葉・紅葉周遊

 今日は三重ヶ岳か湖北武奈に行く予定であったが、雨予報があり、滋賀県北部を避けて釈迦岳に登ることになった。釈迦岳は5月2日以来。このときはシャクナゲ鑑賞のために釈迦岳からヤケオ山を経て北小松に降りたのだった。

 車で出合橋のところに来ると、山岳事故防止の啓発活動で警察官の方が来られ、登山届の提出を促され、レスキューシートと笛とを手渡された。

 釈迦岳登り口近くで車を駐め、準備をする。準備が終わると、登山届を出して、まずは滑りそうな小橋を慎重に渡り、最近随分荒れている登山道を登っていく。下の方はまだこれからだが、雄松山荘道分岐あたりから紅葉・黄葉が進んでいる。ついでにシャクナゲの蕾も確認していったが、蕾の数は少なく、来年は裏年になりそうな気配である。

 イチョウガレを三点支持で慎重に登ると、あと30分ほどか。黄葉・紅葉を写真に収めながら進むので、ゆっくりの登りである。山頂直下に来ると、今が最盛期の黄葉・紅葉である。ようやく雲が少なくなり青空が見え、その中で木々の赤、朱、黄、そして緑の葉が美しい。ただ、今日は風が強い。北西の方から唸り声をあげて吹き寄せてくる。いつまで落葉せずにすむか。

 釈迦岳山頂に到着。時間もやや早いし、風も強いので、縦走路をカラ岳方向に歩くことにする。ここで今日初めて人に会う。山頂で食事をされている方と縦走路を山頂へ向かわんとしている方。2人とも話しかけてくれるなというオーラが出ている。

 途中で風が避けられるところを見つけて昼食。コンビニおにぎりと熱いみそ汁。デザートは自家製アップルケーキと牛乳。牛乳は冷たい。そろそろホットコーヒーか紅茶にしないと。

 あと少しでカラ岳というところで、シニア2人組の1人が倒れておられるところに遭遇。声かけすると、「斜面を降りるときに転んで。大丈夫です」と言われていたが、「感覚がなくなって」とも言われていたので、脳血管系のなにかでめまいを起こして転ばれたのではなかろうか。少し呂律が回らない感じもしたので。2人で来られていたのでもう1人の人がなんとかされるであろうが、これが単独で山歩きされているのであったら、危ないと思える状況であった。「お大事に」と言って先を進む。

 縦走路も黄葉・紅葉の最盛期で、写真を撮りながら北比良峠に到着。ここからはダケ道。ダケ道では700mから800mより上のところが黄葉・紅葉を楽しめる。大山口、イン谷口ではまだ緑、緑。あと2週間ほどかかるか。

 楽しく秋の比良を満喫した山歩きだった。帰りは、湖西道路が渋滞(まだ、3時前だというのに。やはり休日だからか)していたので、秘密の迂回路に行くべく一旦湖西道路を降りる。10分ほど迂回してまた湖西道路に戻るのだが、果たしてどの程度前に行けたのか疑問だが、退屈は免れた。ところが、名神にのったら、これが大渋滞。ナビで事故渋滞と出ていたのだが、少し甘く見過ぎた。490円払わずに地道で行けばよかった。しかし、後の祭り。結局、いつもは1時間ぐらいで帰れるところが倍の時間がかかってしまった。

 家に帰って、後始末、お風呂の後は、日本酒でうちあげ。飛騨の「山車」(アベリアの花酵母を使っている)と高島の「杣の天狗」。前者は口当たりよくエレガント、後者はずっしりと腰の据わった味。どちらもおいしい。