2019年10月の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


60.【10月30日(水)】イン谷口8:16→サクラノコバ→東稜道→11:10堂満岳11:16→東レ新道→西尾根→縦走路→金糞峠→奥の深谷→12:40八雲ヶ原13:15→北比良峠→ダケ道→14:45大山口→イン谷口

ノタノホリ ホオノキ三姉妹+α 堂満岳 奥の深谷で 奥の深谷で 八雲池 八雲ヶ原
ダケ道のスズメバチの巣
 
比良黄葉・紅葉周遊

 今日はナガオ尾根の黄葉・紅葉見物とも思っていたが、この前の日曜日の武奈山頂からの観察によれば、多くを期待できないと考え、堂満・南比良峠・大橋に出かけようと計画した。朝は霧でも午後からは晴れるとの天気予報(山ではあたらなかった)を信じて車をイン谷口へと走らせる。妹子の里での入山の儀式と食料調達はいつも通り。

 出合橋の手前で駐車。一台も駐車していない。ゲイター、ストックの準備の後出発。出合橋からサクラノコバへはやや降りとなる。サクラノコバで右へ回り、別荘地を抜けていよいよ山道へ。 ノタノホリから西北へ道を進め、古崎川源頭を経てジグザグ道を辛抱しながら登っていく。古崎川源頭にあるチドリノキは「40年前からここにある」とユッキーの言。

 ジグザグ道ではわれわれの定点観測地はホオノキ3姉妹。やがて平らなところに出る。ここで西へと方向変換。いよいよ頂上に向かっての登りである(地図ではここから1時間とあり)。元気づけにビスケットをひとかじり。途中平らなところをわれわれはステージと呼んでいて、二つステージがある。ここらでシャクナゲがあり、来年の蕾はどうかと見てみると、随分と少ない。今年はよく咲いたしなあ、来年は裏年か。

 ところどころにロープもあり、かなりの急斜面。登りはともかく降りにここを使うとかなりの緊張を強いられる。登りの途中から琵琶湖の方を見るとどんどん霧が上がってくる。日が差せばいいのになあと思いながら、午後から晴れとの天気予報に期待する(結果は裏切られたが)。

 堂満岳到着。しかし、琵琶湖のほうは全く見えない。完全にガスっている。お昼には早いし、第一こんなところではお昼をとる気になれない。そこでピーク写真のあとは、南比良峠に行くべく東レ新道を進み、途中で西尾根に進み縦走路に辿り着く。南比良峠の方を見ても紅葉は進んでいるようには見えないので、南比良峠・大橋に行くのは諦め、金糞峠に向かう。

 金糞峠からはシャクナゲ尾根を進むか、奥の深谷で八雲ヶ原へ進むかの選択となる。黄葉・紅葉を求めるなら、遠回りになるけれども奥の深谷のほうだと判断する。実はこれが大正解だった。どうも尾根筋は風当たりが強いからか葉を落としていることが多く、残った葉もそれほど黄葉・紅葉が進んでいない。それに引き替え奥の深谷では鑑賞に十分に堪える程度に黄葉・紅葉が進んでいた。尾根に風が遮られるからではないか。

 ともかく、歓声を上げながら八雲ヶ原に進んだ。池では名残のサギソウが寂しげに咲いていた。一方、八雲ヶ原周辺の黄葉・紅葉は鑑賞に値するものだった。八雲ヶ原の石テーブルで食事。ここまで出会った人は一人だけ。コンビニおにぎりとみそ汁。デザートは自家製アップルケーキ。

 食事後、今日はゲレンデ跡を行かず、クマさん道(われわれの命名)で北比良峠に。そしてダケ道。ここでスズメバチの巣を発見してしまった。いつぞやのスズメバチ騒動があったところからギザ道一本上のブナの木に。木のかなり高いところにあるのでこれまで何回も通っていたのに気がつかなったわけだ。みなさんお気をつけ下さい。

 駐車地に着いたら一目散にHS比良を目指す。今日はコーヒーとアリコベールのパン。

 水曜日で4時前にHSを出発したので、渋滞もなく湖西道路、名神で帰宅した。打ち上げは久しぶりに白ワインで Prosit ! 。
 

59.【10月27日(日)】坊村9:02→御殿山→西南稜→11:55武奈ヶ岳山頂→イブルキノコバ分岐→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:35大山口→15:50イン谷口16:00

明王院の三宝橋 枯れ谷で 枯れ谷で 西南稜で 参加者17名(Y) 武奈ヶ岳を望む コヤマノ岳を望む
 
 本日はかおりさんの呼びかけでオフ会、比良の紅葉を愛でる会。(写真(Y)はヨネチャン提供)

 日曜日の帰りの湖西道路の渋滞がいやなので、今日は久しぶりに出町柳からのバスで出かけることにした。先週の日曜日の出町柳バス停における京都バスの不手際を「とうげみち」さんの報告で知っていたので、いつもより10分ほど早く出町柳に7時10分に到着。われわれは10番目ぐらい。先頭に近いほうに本日の参加者M2さんを見る。ご挨拶。さらに、私の2人ぐらい前のところに紛争時代の自主講座で私がはじめてラテン語を教えたときの生徒Nさん(当時医学部学生だった)を発見。懐かしい。近況報告。そして私の2,3人ぐらい後ろに本日の参加者のFさんとそのお連れの方が来ておられる。ご挨拶。

 京都バスは先週の不手際にクレームがあったからか、人数確認の人も来て、早い目に臨時の手配をしていた。結局2台のバスで出発。途中目立ったところでは平で10名ほどが下車。皆子山か権現山、どちらなんだろうとユッキーと二人であれこれ推察。

 坊村では残りのほとんど全ての者が下車。本日の会の参加者は坊村からは5人。M2さんには先に行ってもらう。坊村からだとイン谷口出発よりは早く山頂に着けるけれども、急な登りに耐えねばならない。若者グループには道を譲りながら一歩一歩登っていく。まずはモミジのコバ(勝手にわれわれが名付けているところ)で休憩。

 そこからジグを切ってまた急登。夏道・冬道分岐までくるとしばらく急な登りはなくなる。ここからは夏道、そして枯れ谷に。ここから尾根に上がるところがまたつらい。日が差してきて曇天から晴れとなる。見晴台到着。休憩。ここまで来ると御殿山まではあと少し。

 御殿山に到着しても休みを取らず、ワサビ峠へと降りていく。ここから4つピークがある。と、なんと第2ピークで手を振る人がいる。よーく見るとナベさん、ヨネチャン、KWさん。イン谷口から比良の王道で来られたとか。お喋りしながら、また、リンドウに目配せしながら歩いて行くと、あっという間に第三ピーク。第四ピークに向かうと、なんとかおりさんが手を振っておられる。山休さんも。

 KENさん、権兵衛さん、しーちゃん、摩耶山歩さん、伏見さんと続々と集結。それになんと特別ゲスト、洛西オヤジさんが汗を垂らして顔を真っ赤にしながら、武奈ヶ岳東尾根を登ってくるではありませんか。ここは普通冬の雪のあるときに降りで使うルートなんだけれど・・・・

 総勢17名が集結。記念撮影後、みんなで下山。パノラマコースでは紅葉・黄葉とススキで絵になる秋の光景。杉の緑がアクセントを添える。

 八雲ヶ原から北比良峠。リンドウ、マツムシソウを眺めつつ、登り返す。北比良峠からはダケ道。4時のバスに間に合うようにわれわれはギアチェインジ。われわれはバスで、他の方々は車に分乗して、HS比良で15名が再集結。かおりさんにはおはぎをご馳走になり、思い思いの飲み物で、話を続ける。洛西オヤジさんも参加。17時近くになっておひらき。洛西オヤジさんから車に乗っていかないかと誘われたが、道の渋滞を恐れて丁重にお断りする。

 湖西線で帰るのは6名。さらに山談義であっという間に山科駅、京都駅。われわれはそこから近鉄で帰宅。打ち上げはビールで。

 山の仲間たちと楽しいオフ会。また山歩きを続け、あちこちの山でお会いしたいものである。かおりさん、お世話ありがとうございました。
 

58.【10月23日(水)】イン谷口8:30→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:40武奈ヶ岳12:10→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:20イン谷口15:30

桜の紅葉 水浴びしているホオジロ 正面谷で メドゥーサのブナ コルで コヤマノ岳の紅葉 武奈ヶ岳山頂
 
 困ったときの堂満岳というわけで、本日は堂満岳に行くべく出発したが、湖西道路を走っていると、お天気よく、比良山系は端から端までくっきりと見える。これは堂満なんかに行ってお茶を濁していてはだめだ、行くなら武奈でしょうということになり、本日は174回目の武奈ヶ岳行きとなった。

 例によって妹子の里に寄り、食料を調達し、儀式も済ませて一路イン谷口に。暮雪山多目的保安林駐車場には6,7台既に車が駐まっている下の方の駐車スペースにはアイちゃんの車も駐まっているのに気づく。やっぱりね。

 駐車地近くの桜の木は紅葉が進んでいる。上に行けばもっと進んでいるだろうと登っていくと、無数の鳥がわれわれの案内をするかのように先に進んでいく。木の実を食べているのだろう、葉の断片がはらはらと落ちてくる。写真を撮るのはなかなかむつかしいが、一羽の水浴びをしているところを望遠で撮る。ホオジロである。

 いつものように青ガレ手前で休憩。慎重に青ガレを登り、ガレた道を金糞峠に。風が強いので少し降りたところで2回目の休憩。ビスケットをかじる。ヨキトウゲ谷を進み、途中で四つ辻に登るべく小橋を渡る。ヨキトウゲ谷の水量はやや多め。

 ここから上林新道、コヤマノ岳南尾根である。途中メドゥーサのブナで3回目の休憩。プチ羊羹を食べる。登り切ってコヤマノクラウンを拝し、コヤマノ岳からブナ林を通ってコルに。そして最後の登り。

 素晴らしいお天気で360度の展望。風を避けて琵琶湖側で昼食。コンビニおむすびと牛乳、自家製アップルケーキ。

 昼食後、イブルキノコバ分岐、コヤマノ岳分岐を経て、今日もゲレンデ跡、パノラマコースで八雲ヶ原へ。八雲ヶ原からはゲレンデ跡を登り、ロッジ跡を経て北比良峠へ。そしてダケ道。

 駐車地で後片付け、着替えをして、HS比良に車を走らせる。HS比良のYさんが今日お昼にかおりさんが来られたんですよと。びわ湖岸のウォーキングとか。おはぎとホットコーヒーでひとまずの打ち上げ。

 湖西道路は少し渋滞があったので一旦降りて迂回路で再び湖西道路に乗る。名神はさしたる渋滞なし。

 無事帰宅して、本日はビールでうちあげ。

 紅葉は1000m以上で八分ぐらい進んでいるが、それ以下では三分ぐらいか。全体として遅いことは遅い。リンドウはエゾリンドウを含めてまだ見頃。センブリは終焉。マツムシソウがまだ咲いていた。それとワレモコウも。

57.【10月20日(日)】木地山バス停8:47→焼尾東谷→駒ヶ岳南尾根→駒ヶ池→駒ヶ岳南尾根→駒ヶ越→12:10駒ヶ岳12:55→駒ヶ岳西尾根→与助谷山→南尾根→木地山バス停15:10

焼尾東谷 高島トレイル道合流点 駒ヶ池 駒ヶ岳 変形ブナ 駒ヶ岳山頂付近 与助谷山
P.S.出会ったのは若鹿一頭と登山者一人。与助谷山近くで出会った登山者が「とうげみち」さんだったということは後で分かった。

 北の方では紅葉はどうなっているか、その調査に小てつさんにお願いして(若狭)駒ヶ岳に出かける.昨年は11月に出かけたので、今日は少し早い。

 出町柳を7時25分ぐらいに通り過ぎるとバス停にはすでに長い列ができていた。おそらく臨時が出るだろう。鯖街道を進むと、8時過ぎの時間帯であるにもかかわらず葛川センターの駐車場は満車状態だった。おそらくお昼頃には武奈の山頂は人であふれかえっていることだろう。

 われわれは鯖街道を北上して木地山バス停を目指す。麻生川沿いの細い道である。小てつさんはすいすいと運転して行かれるが、私はこういう道は苦手だ。バス停に着くとすでに岐阜ナンバーの車が1台駐車していた。ここのトイレをお借りして、ダニよけの薬を噴霧して(滋賀県の山を歩いていて日本紅斑熱を発症した人のことが最近新聞で報じられていた)出発。

 昨年は前の橋を渡り、農地を通らせてもらったが、今日はろくろ橋の方に回ってから進む。これも小てつさんの思いやり。というのも、昨年、農地を通らせてもらって近道をしたのだが、麻生川を渡るところで、私がドボンをしてしまったためである。これを避けるためろくろ橋で麻生川を渡るルートをとった。ところが最近はこの道を通る人が少ないと見え、草が道を覆っている。これが後のアクシデントを生むとはそのときは知るよしもなかった。

 麻生川の支流に沿って進んでいたときに、ユッキーが「痛ッ」と言って手袋と長袖の隙間を見たら、ヒルが血を吸い始めたばかりのところだった。あわててつまみとる。何年も前からここに来ているけれどヒルなんかみたことなかった、とは小てつさんの話。昨日は雨だったし、今日は気温が高いしなあ、と想定外のヒルの出現に驚き、泥縄ではないが、あわててヒル避けイカリジンを噴霧。

 気を取り直して渡渉を繰り返しながら北東の方向に進む。418mの地点で沢から離れて右、東の方向に進む。500mの地点で南に取り、600mあたりで東に向かう。こうして高島トレイル道と出会う。ここでリンゴを食べて一息。

 まずは駒ヶ池にと駒ヶ岳南尾根を進む。この池は福井の方からのびている明神谷に因んで明神池とも呼ばれている由。駒ヶ池の水量は例年と同じぐらい。昨年は11月だったのですでに紅葉は落ちていたが、今年はまだこれから。ただし台風の風の影響か、紅葉する前にかなり緑のまま葉が落ちていて、スカスカの感じ。680mぐらいのところにある静かな池で、ここまで誰にも会わなかった。

 池を離れてトレイル道を北へと進む。目指すは駒ヶ岳。素晴らしい尾根である.気持ちよく進んで行く。途中ブナの木が折れて倒れたり,根返しているのにも出くわす。昨年の台風の爪痕である。今年の台風によるものもある。300年は経っていそうなブナの木が倒れているのを見るのは心が痛む。

 駒ヶ岳到着。780.1m。素晴らしい景色。右手には伊吹山と琵琶湖、左手には小浜湾。ここで昼食。パンとポタージュスープ。デザートに蒼空の酒まんじゅう。

 昼食後、駒ヶ岳西尾根を進む。途中でこの前の台風による倒木が見られた。さほど迂回する必要もなく通過はできた。右手には小浜湾が間近に見える。指呼の間というやつか。帰りはどのルートを取ろうか相談の結果、与助谷山まで行き,そこから南尾根を降ろうということになる。昨年この南尾根で降りたとき、途中から点線の道を外れて降りたため、今年は点線通りに降りるべく、どこで外れたか確認したいということもあった。このルートだと木地山バス停までほぼまっすぐ南に進めばいい。

 無事駐車地に着いた。スパッツをはずすとき、ユッキーに「スパッツの中にヒルがついているかも」と半分冗談で言ったのだが、本当に小さなヒルが一匹中でじっとしていた。「ヒエ-」ということになる。私もこわごわスパッツを脱いで中を見てみたら、私のスパッツの中にも小さいのが1匹ついていた。「ヒエ-」。

 まあ、ヒル騒動は想定外だったが、静かなのんびりした尾根歩きだった。帰りの車中はいつものようにビールを頂き、人生のいろいろ、競馬のいろいろを語りながら出町柳まで。意外に早く帰宅できた。ビールでうちあげ。

 花はなかったが、沢の音を聴きながら渡渉を楽しみつつ比較的楽に登れた。紅葉にはまだ少し早い。昨年と比べてやや遅いか。
 小てつさん、いろいろとご配慮ありがとうございました。感謝感謝。

56.【10月16日(水)】イン谷口→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ平→ワサビ峠→西南稜→武奈ヶ岳山頂→ゲレンデ跡→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

     
アケボノソウ ツルリンドウの実 ワサビ平 西南稜と武奈ヶ岳 武奈ヶ岳山頂 リンドウ エゾリンドウ
ダケ道の崩壊ヶ所
センブリ
カマツカの実
 ミミカキグサ
 一週間ぶりの山行。台風後、山道はどうなっているかの確認も兼ねて一週間前と全く同じルートをとる。

 涼しくなり、好天で申し分のない山日和となった。紅葉はまだやや色づいたかという感じで、錦秋というには2週間以上は必要だと思われる。

 8時前にいつもの駐車地に来るとすでに5,6台は車が駐まっている。準備をして出発。

 青ガレ前の渡渉地では、やはり水量が多い。慎重に渡渉。青ガレを登り始める。アキチョウジはもう終わりかけ。花はくたびれている。

 正面谷のアケボノソウはまだ元気だが、そろそろ終盤だろう。倒れた木の根をよいしょと越えて金糞峠到着。いつものように風が強いので、奥の深谷とヨキトウゲ谷の分岐近くまで降りて休憩を取る。正面谷を登っているときには長袖一枚でもよかったが、ここで半袖を上に着る。

 ヨキトウゲ谷では数え切れないぐらい渡渉をしなければならない。小橋がないので、慎重に石を選んで滑らないように渡渉する。沢を離れて中峠目指して登っていく。やがて上が明るくなって、左手にはシャクシコバノカシラが見えてきて中峠は近い。ヨキトウゲ谷から中峠までは花がないのでひたすら登るだけである。

 中峠もけっこう風が吹き抜けるので、休まずワサビ平まで降りていく。台風の影響だろう、小枝と緑の葉が無数に落ちている。これでは紅葉しても葉が少なく、かなりスケスケになってしまうだろう。

 ワサビ平からワサビ谷へ。ここの渡渉も水量が多いので工夫が必要だ。谷の中も水量はいつもはほんの少しで枯れ谷に近いが今日は多い。待ってくれているリンドウを楽しみにワサビ峠へ。

 西南稜をキョロキョロしながら進んで行く。リンドウの個体数は結構ある。ただ、太陽が出ていて12時前だというのに蕾のままで開いていないリンドウも散見される。半開きあるいはしっかり開いているのもある。この違いは何に由来するのか? いろいろ考えてみたが、もう一つ分からない。山頂に近い方が開いているのが多いのは事実である。

 山頂の昼食は今日も東側、琵琶湖側である。コンビニおにぎり、牛乳とデザートは手作りのアップルケーキ。

 あとはエゾリンドウを見て、先週同様、ゲレンデ跡、八雲ヶ原、北比良峠、ダケ道。これまで台風の影響と言えば、緑のままの落葉と小枝であったが、ダケ道で倒木が岩とともに登山道を塞いでいるところが一ヶ所あった。これまでの倒木が先週の台風でおそらく雨とともにずり落ちたものと思われる。通行は可能。あと、2,3ヶ所、同様の倒木の雨によるずり落ちが見られた。通行には特に支障はない。

 駐車地まで降りてくると、またしてもアイちゃんが帰られるところに出会った。先週とほぼ同じ時間帯。

 先週と同様にHS比良に向かう。おはぎがあったので、おはぎとホットコーヒー。お土産におはぎを買って家路についた。途中はさしたる渋滞もなく帰宅。

 今日の家の打ち上げは山名酒造の「奥丹波寒露・秋季ひやおろし」。きりっとすっきりしたお酒。食中酒に最適。


55.【10月9日(水)】イン谷口8:05→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ平→ワサビ峠→西南稜→12:15武奈ヶ岳山頂12:40→ゲレンデ跡→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:09大山口→イン谷口

     
アキチョウジ アケボノソウ リンドウ 武奈ヶ岳山頂 武奈ヶ岳 エゾリンドウ センブリ
八雲ヶ原湿原の蛮行
マツムシソウ
 リンドウとセンブリの鑑賞に本日出かける。こういういいお天気はそうそうないというほどの好天。妹子の里で食料を仕入れ儀式を済ませてイン谷口に。水曜日というのにすでに5,6台駐車あり。いつものところに駐車して出発。イン谷口の住人KBさんをちらっと見かける。

 朝、晩かなり涼しくなったので汗がボタボタという状況にはならない。正面谷の桜はやや紅葉が進んでいるが、そのほかの木はまだまだこれからの感あり。

 青ガレからガレ場のはじまり。金糞峠に近くなったところで堂満岳の主MBさんが降りてこられた。ご挨拶。「今月になってまだ4回しか来てないのよ」とおっしゃる。84歳(?)にしてこの頻度。恐れ入りました。

 金糞峠からは今日は西南稜を歩きたいので、ヨキトウゲ谷から中峠へ。青ガレ手前でもそうだったが、今日は沢の水量は多くない。難なく渡渉できる。いつもそうだが、ヨキトウゲ谷を離れて中峠へと登るところが苦しい。


 中峠に着いて今日は久しぶりの比良の王道で、いったんワサビ平に降り、そこからワサビ峠に登り返す。ここも急登。オオカニコウモリは見られたが、もう終わりかけ。モミジガサは見当たらず。峠に到着して飲水休憩。これからいよいよセンブリ、リンドウ鑑賞。西南稜をゆっくりと登っていく。リンドウはいいお天気で12時近くになってるのだが、きっちりと開いているのはほとんどない。蕾の状態のが結構多い。おそらくあと1,2週間は楽しめるのではなかろうか。全体今年は少し遅いのかもしれない。

 西南稜で山頂に近づいたとき今度はTyuさんに会う。声かけするのはこれが初めて。昨年から今年にかけての雪のときに武奈ヶ岳冬道で、また4月には入道ヶ岳で姿をお見かけしたが、声かけはしなかった。ヤマレコで山行記録を載せている方である。79歳でその歩きはお元気そのもの。そのスピードにはこちらも負ける。今日もイン谷口トイレ前の所から地図なき道を堂満まで行かれて金糞経由で武奈に来られ、帰りはワサビ峠から中峠、ヨキトウゲ谷で正面谷を降りられるとか。

 元気をお裾分けしてもらって山頂に到着。西からの風が強く、みなさん風を避けて琵琶湖側で昼食とされている。われわれも場所を見つけてお昼に。今日はコンビニおにぎりと牛乳と冷やしぜんざい。

 あとは山頂直下でエゾリンドウを確認ののち、八雲ヶ原周辺での観察、ということで、パノラマコースでさっさと下山。


 八雲ヶ原でリンドウ、センブリ鑑賞。西南稜と比べるとこのあたりのリンドウは数少ない。代わりにといっては変だが、センブリはゲレンデ跡に一杯。ウメバチソウを見ようと高層湿原のところに行けば、まだウメバチソウは咲いていたが、湿原の中に足を踏み入れた跡がウメバチソウの近くまで木道の右にも左にも大きく残っている。なんというモラルの低さだろう。咲いている花を大事に見守って、来年もまた咲いてほしいと願う花好きの者への冒涜に他ならない。これまでもわれわれは池に足を踏み入れている人には見かけたら注意をしてきたが、このHPをご覧のみなさまもどうぞこのような蛮行を見かけられたら勇気をふるって大きな声を出して下さい。

 気分を害したが気を取り直してゲレンデ跡を登り、北比良峠に。ここからはダケ道で下山。駐車地に降りてきたらなんとI(アイ)ちゃんが出発されるところだった。お土産も頂いて、ありがとうございました。いつもの車と違うので、今日来ておられるとは思い至らなかった次第。

 水曜日となればHS比良へ。リンゴパンとホットコーヒーで打ち上げ。日曜日とは異なり、湖西道路もほぼ渋滞なく5時過ぎに帰宅した。家での打ち上げはビールで。

 武奈ヶ岳山頂でこんなにいいお天気になることは1年に何回かというほどの好天。360度の展望だった。いよいよ秋の花も最終章を迎えつつある。今月の終わりには紅葉の比良ということになろうか。

54.【10月6日(日)】市橋登山口9:20→夕暮山分岐→岩籠山→夕暮山分岐→15:35市橋登山口

     
アキノキリンソウ アキチョウジ 一枚岩 山頂 アキギリ インディアン平原 ムラサキシキブ
ダイモンジソウ
エゾリンドウ
センブリ
コウヤボウキ
 今日は9月25日以来の山歩き。まず私が風邪を引き、直ったと思ったら今度はユッキーが風邪。とうとう2回山に行けなくなってしまった。しかし、捲土重来。そこへ、大病から奇跡的に復帰された小てつさんからのお誘いがあり、かくして、病み上がり3人組のリハビリ登山とあいなった。

 リハビリにはちょうどよかろうと福井は敦賀の岩籠山に秋の花探索に出かけた。予報とは若干異なり午前中は雲が多かったが、山頂に立った時にはいいお天気になっていた。

 出町柳でピックアップしてもらう。ちらっとバス停のほうを見たが、朽木行きのバスを待っている人は7時30分頃で6,7人だった。案外少ない。順調に和爾から湖西道路に乗り、北を目指す。そして国道8号に入り、市橋の信号で左折。細い道を登っていく。駐車場に着いたところ、すでに2台が駐車していた。日曜日にしてはここも少ない。

 身支度して出発。まずは林道を歩く。小さな広場に着くとここから山道。

 基本、沢を遡行するので、沢の両側の斜面の道を登っていく。途中数え切れないほどの渡渉を繰り返す。水量が少し多いようだ。滑らないように気をつけながら渡渉する。防水の効く靴としっかりしたスパッツが必須。

 花探索をしていて驚いたことはこの谷では秋の花がそろい踏みしていたことである。アケボノソウだけは昔からないそうだが、見たいと思っていたアキギリが開花してあちこちに、アキチョウジもここかしこ。そしてお目当ての一つだったダイモンジソウがこれまたあちこちに。他にアキノキリンソウにオオカニコウモリ。うれしくなって写真ぱちりぱちりでなかなか先に進めない。

 五つ目の堰堤を過ぎ、右に急斜面のジグザグ道に入る。関電巡視路のプラスティック階段があちこちで崩れているがついている。去年の台風による倒木で道が塞がれているところも2,3ヶ所。潜ったり跨いだりで先を進む。

 やっと夕暮山分岐に到着。ここまで来ればあと30分。アップダウンしながら山頂へ。この間にセンブリとリンドウが見られ、秋の花鑑賞のクライマックスとなる。

 山頂でお昼。今日はパンと牛乳、おぜんざい。3人だけで山頂を占拠。すると、下からラジオの大きな音が聞こえてくる。ゆったりと360度の展望を楽しみながらお昼にしていたのに、この大音量。幸いなことにこのラジオじいさん山頂に着いたらすぐ離れていってくれた。やれやれ。

 食事が終わればあとはピストン。往きに開きかかっていた花がお日様に当てられて帰りには一斉に開いていた。

 あとは慎重に降る。厳しいところでは小てつさんにロープを出して頂き、無事通過。駐車地に着いたら15時35分。後片付けをして出発。例の白鬚神社あたりの渋滞は予想していて、朽木にまわろうかとも思ったが、素直にそのまま行ったら、ひどい渋滞。(小てつさん、長時間のドライブお疲れ様でした。)出町柳に着いたときにはもう真っ暗だった。2014年10月19日、ヨネチャンと出かけたときも大渋滞だったことを思い出した。

 帰ってお風呂に入って打ち上げは山名酒造の「吟にごり」。お風呂上がりにああおいしい。鶏肉の梅酒煮で。

 比良ではもう終わりかけていたアキギリがここでは立派に咲いていた。その他の秋を彩る花々に加えてリンドウやセンブリまでも。秋の花の饗宴、楽しい一日であった。小てつさんも病み上がりとは全く思えず、精力的な歩きだった。今日はありがとうございました。