2019年最近の山歩き

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年,2017年】 2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


5.【1月30日(水)イン谷口→8:40大山口→正面谷→10:08金糞峠→ヨキトウゲ谷→12:04中峠→12:40コヤマノ岳13:25→コヤマノ岳東尾根→奥の深谷→14:30金糞峠14:40→正面谷→15:20大山口→イン谷口

 
出発 青ガレ 金糞峠手前 ヨキトウゲ谷 中峠へ コヤマノ岳へ コヤマノ岳
中峠へ(写真提供M)
 
 初めてコヤマノ岳東尾根を降りる.アイちゃんの提案による口の深谷ワカン遡行にご一緒させていただく(この計画は時間切れで実行されず).アイちゃんのお知り合いの2人の女性ミドリちゃん,ナルちゃんも一緒に.8時前に出合橋で集合.トイレ前まで上がろうとしたが下がツルツルに氷っていて車で上がることは不可能.よって,車は集合場所のままに.トイレ前では軽自動車が一台止まっているだけで,他の車はすべてイン谷口のバス停の付近に駐まっていた.

 出発が予定より遅れた.トイレ前を過ぎてしばらくしてアイゼンをつける.雪はたっぷり.青ガレを経て金糞峠へ.金糞峠からヨキトウゲ谷へ.雪は1m以上積もっている.コヤマノ岳分岐まではわずかだがトレイスはついている.途中でアイゼンからワカンに履き替える.さて,口の深谷に行くにはヨキトウゲ谷の沢沿いにさらに進まなければならない.分岐から先を少し行けば,1人女性がラッセルして進んでおられる.

 傭兵隊長アイちゃんは,「進め」と命令を下す.先の女性Yさんとナルちゃん,ミドリちゃんが交代しながらラッセルする.さながらアマゾネス.最年長者の私と傭兵隊長はあとからついていくだけである.しかし,比良の隅々を熟知しているアイちゃんは「次右に,その次左」と的確に後方から指示をする.沢沿いの道だから滑れば滑落ということになりかねない.

 悪戦苦闘の末,中峠に着いたときにはすでに12時を少しまわっていた.ここでタイムアウト.計画通りだと口の深谷へはここからワサビ平まで降りていかなければならないからである.計画変更中峠からコヤマノ岳に進むことにし,コヤマノ岳で昼食とすることにした.

 このコヤマノ岳への登りもきつい.シャリバテ気味.しかし,1時間と見積もっていた所要時間だが,40分ほどで山頂に到着.隊長は昼食後,ここから東尾根を降りると指示.ともかくもその降り口で雪を固めて昼食.絶好の晴天で,伊吹山はもちろんのこと,白山,能郷白山,御嶽山等が見えるし,鈴鹿の山々もばっちり望める.食事と景色を十分に楽しんだ.

 さて,われわれ初めての道である.雪があってこその道.アイちゃんの指示の元,ワカンを蹴り立てて降りていく.実に楽しい.最後は奥の深谷のJR小屋の横に出てきた.ここからは奥の深谷を金糞峠まで.峠でワカンからアイゼンに代え,慎重に降りていく.雪のないときよりは楽.青ガレで私は雪で見えない岩と岩の間に足を突っ込むというアクシデントもあったが,無事下山.駐車地のところで解散.ナルちゃんは福井に,ミドリちゃんは亀岡に帰っていかれた.


 みなさん,お疲れ様でした.なんとも不思議なパーティーでしたが,楽しかったです.また,どこかでお会いしましょう.アイちゃん,われわれだけでは絶対に行けない道,案内頂きましてありがとうございました.


 われわれは水曜日だからいつものようにHSひらに.私はリンゴパンとコーヒー.ユッキーはリンゴパンとゆずジュース.帰りの渋滞が心配だったが,それほどのことはなく,帰宅.ビールで打ち上げ.今月これで5回の登山となったが,武奈ヶ岳に行けてないのだけが残念.

4.【1月27日(日)叡電鞍馬駅8:48→薬王坂→戸谷峰→11:22三叉岳→P.622→三叉岳13:02→戸谷峰→薬王坂→14:55登山口→叡電鞍馬駅

 
叡電鞍馬駅 鞍馬寺 登山口 薬王坂 倒木を乗り越えて 戸谷峰 三叉岳
 天ヶ岳の前で撤退.用事の関係,天気の関係で10日ぶりの山行となった本日,伏見の里にもうっすら雪が積もったので雪のあるところとして天ヶ岳に行こうということになった.冬は何を持っていこうかと装備で悩むが,本日は6本爪アイゼンとワカンを持っていく.

 出町柳から叡電に乗る.修学院にさしかかったとき,一瞬比叡山ということも考えたのだが,最初の計画通り天ヶ岳とするべく終点鞍馬駅まで行く.途中,窓から見ていると沿線の至る所で新雪が見られ,進むにつれて量も多くなる.心わくわく.これに青空があれば言うことはないのだが,贅沢は言うまい.

 鞍馬駅でトイレ,そしてゲイターをつけ準備をする.登山口までの道でも雪が積もっている.登り始めてしばらくは3cmぐらいの積雪だが,薬王坂に着くと10cmぐらいになっている.ここから北へ進むことになる.登山口からトレイスは猿か鹿の足跡以外は何もない.しばらくしてワカンを装着.

 鞍馬消防団の救助標識22以降24までが倒木帯となる(このことに関しては,おばさん山歩き隊のTさんの報告が昨年の11月にある).
雪があるため踏み跡は分からず,進めそうな所を進む.今日スノーシューではなくてワカンを持ってきたのは,ワカンの方が倒木を乗り越えたりするときに取り回しが楽だからである.


 戸谷峰を過ぎると雪は30cm以上になり,三叉岳を過ぎると40cmから50cmとなる.ワカンをつけていても膝下ぐらいまで沈む.お互い先頭に立ちラッセルしながら進む.12時に天ヶ岳と考えていたのだが,倒木帯,積雪の関係で時間が遅れる.とうとうP.622を過ぎて大岩のあるところに来たところで12時となった.ここからあと30分以上はかかるし,ユッキーの脚はつるしということで,勇気ある撤退を決意.あえて進んだら,大原に降りてくるのは5時近くになっていたことだろう.

 そうと決めたら,降り始める.途中昼食をとる.今日はパンとおむすびとポタージュ.仕上げに羊羹とお茶.食べ終わって降ろうとしたところ,リタイアした女性10人と男性2人のグループが登ってくる.われわれのトレイスに感謝しながら,天ヶ岳を目指し大原に降りる計画だと言う.足下を見ればアイゼンをつけている(こんな新雪にアイゼン?ワカンを持っている人なし).「お気をつけて」と言ったけれど,彼らが大原に降りるのは5時を廻ること間違いない.ちょっと無理な計画.

 こちらは来た道をひたすら降る.倒木帯を越えて薬王坂へ.このあたりに来ると雪が溶けている.朝はあんなにきれいだったのに.


 うちあげは鞍馬駅近くの多聞堂でおぜんざいを頂く.家に帰って,今日は山名酒造の「Nouveau ささにごり」.すっきりとしてコクのあるお酒.鍋によく合った.

 今日は新雪のトレイスなしのところをワカンで登った.天ヶ岳までは行けなかったけれど,十分満足.

3.【1月17日(木)御幸橋駐車場9:05→ヒミズ谷出合小屋→あざみ小舎→七合目→11:48綿向山12:15→七合目→あざみ小舎→ヒミズ谷出合小屋→御幸橋駐車場13:50

 
駐車場から川沿いに ヒミズ谷出合小屋 小橋 五合目小屋 七合目・行者堂 冬道 綿向山
雨乞岳・鎌ヶ岳
 
 リハビリ登山第3弾.われわれにとって初めての山である綿向山.昨日でも行けたのだがお天気が今日の方がよさそうなので本日の山行.カー・ナヴィに従って名神八日市インターから西明寺バス停を目指す.インターを降りてからの地道が結構長い.御幸橋駐車場へ行く手前でトイレあり.ここで行っておかないとこの先の駐車場には臨時の駐車場も含めてトイレがない.

 ウィークデイであるにもかかわらず8時30分ぐらいで半分ぐらい車が駐まっている.ここでストックを出しゲイターをつける.アイゼンとワカンを持ってきたが,雪はそれほどなさそうなのでワカンは車に置いて出発.

 表参道登山口を目指して歩を進める.ヒミズ谷出合小屋からは小橋を渡り植林の中をジグザグ進む.雪はやっと五合目当たりから道に残っている.しばらくしてアイゼンをつける.氷った雪の道を10本爪アイゼンを効かして歩くのは楽しい.軽アイゼンでは滑ってなかなか先には進めないだろう.

 ここの植林は杉よりもヒノキが多い.7合目からはブナ林となり,尾根道の冬道を進む.「ここは登山道ではありません.冬期に限っての道です」と標識がある.「原生林のブナを守るため」と理由もはっきりと書いてある.夏道は谷道のため冬は危険なので冬の期間だけ尾根道の通行を許可していると書いてあるので納得.

 尾根道は直登道.かなりの傾斜がある.が,ここのブナ林に樹氷がついていて,折しも太陽が顔を出して白い樹氷に青空がバックとなり,キラキラ輝いて美しい.これを見るために登ってきたのだ.写真を撮りながら進むのでゆっくりだが,斜面はそれほど苦にならない.

 やがて,山頂に到着.雄大な景色が展開している.山頂の東側で雪を平らにして昼食.風もあまりない.コンビニおにぎりと卵とわかめのスープ.デザートは黒豆大福とほうじ茶.山頂で出会った夫婦が今年は雪が少なく,例年の三分の一程度とのお話.雪の量が少なくても樹氷が見事についている,綿向山は不思議な山である.標高1110mの山.コヤマノ岳よりも71m低い.

 30分ほど楽しんだが,黒雲が山頂を覆うようになり,風も少し出てきた.そこで,幸福ブナには立ち寄らずにピストンで降りることにする.
 降るのは速い.尾根道も滑らないように注意しながらアイゼンを効かしてさっさと降る.あざみ小屋まで来てアイゼンを外す.外した途端,ユッキーが「滑るで」と言って先に行ったところで,あとから私は滑ってこける.自ら滑ることを実証したわけである.
 
 ジグザグ道を降り,林道に出ればあとはもう少し.御幸橋駐車場に辿り着いたところ,車は少しだけ減っていた.

 帰りはナヴィに逆らって竜王インターから乗ろうと車を進める.地道は右折,左折を何度も繰り返しながら進むので結構煩わしい.結論から言えば私には八日市インターからの道の方が楽であった.名神に乗ればあとは京都南インターまで.思いもかけず早く帰って来られた.お風呂の後はビールで乾杯.また行きたいね,今度は竜王山の方を廻ろうかなどと話しながら.
 

2.【1月12日(土)朽木スキー場・入部谷越9:00→さわらび草原道の分岐→グリーンパーク想い出の森・旧いきものふれあいの里からの道の分岐(お見合い広場)→11:04蛇谷ヶ峰→お見合い広場→さわらび草原道→朽木スキー場最上部→12:55朽木スキー場駐車場

   
登山口から登り始め スノーシュー 標高817m付近 山頂へ 山頂 武奈ヶ岳 朽木スキー場
伊吹山
白山
 リハビリ登山第2弾.手軽に登れる蛇谷ヶ峰にする.天気は曇り.スノーシューをMSRに変えた初使用ということにもなる.昨年12月に倒木調査を行っているので安心して登れる.

 お天気が悪いからか湖西道路から途中,鯖街道を進んでもそれほど車は多くない.朽木新本陣で儀式をすませ,朽木スキー場へと車を走らせる.雪の問題もなく駐車場に車を駐める.平日だと500円だが今日は土曜日なので1000円.まだ9時前だというのにすでに大勢親子連れが来ている.

 駐車場で準備をして30mほど歩いたら早速スノーシューをつける.ここが便利なところ.駐車場に降りてくるまでずっとはいていた.

 ゲレンデの端,さわらび草原を登山口としよう.ここですでに標高440m.沢を右手に登って行く.雪は40cmから50cmはある.スノーシューのトレイスがあり,ルートを間違うことはない.雪は凍ってがしがし.沢の向こうには尾根があり,やがて左手の斜面をジグザグ登り,沢から離れていく.右の尾根が迫ってくる.行く手には植林が見える.標高730mが富坂ルートとの合流地点.蛇谷ヶ峰の北東尾根を登ってきたことになる.


 ここまで来ると山頂まではすぐ.お見合い広場を経て山頂へ.天空温泉のほうから登ってきた登山者が6,7人ほど.風が強いので,ここでは昼食は無理と判断し,ピーク写真のあとはすぐに下山.山頂では,曇り空ではあるが,高島トレイルの山々,白山,伊吹山,霊仙,藤原岳などの鈴鹿連峰がくっきりと見えた.また,武奈ヶ岳が勇壮な姿を見せていた.

 昼食は標高730mの富坂口からの道の合流地点で.パンと卵スープ.デザートは黒豆大福とほうじ茶.30分ほどゆっくりする.
 
 さて,いよいよ急斜面を降る.エッジが効くスノーシューでずるずるということはなく降りていく.スキー場の最上部でゲレンデに降りる.あとは,スキーやスノボーをしている人の邪魔にならないようにゲレンデを降りていく.スキーのために圧雪してあるので実に快適にすたすたと歩いて行く.
 
 昼食時間を省けば1時間ほどで降りてこられた.後片付けをして帰路につく.途中朽木新本陣に立ち寄り,買い物をする.鯖街道,湖西道路,名神と快適に進み,2時40分ぐらいには家に着いた.家で朽木新本陣で買ってきた栃大福でうちあげ.

 そして夕食時には山名酒造のしぼりたて「純米一號」で乾杯.切れのよい,フレッシュな,さわやかなお酒.太陽はあまり姿を見せなかったけれど,雪のスノーシュー遊びができて大満足だった.感謝,感謝.

1.【1月9日(水)】修学院→雲母坂→ケーブル比叡→見晴台→根本中堂→本坂→坂本

雲母坂 尾根道へ 「水飲対陣之跡」碑 見晴台 新道・旧道分岐 「国家鎮護」碑 チェインアイゼン
 
 
 雪の比叡山
 インフルエンザの嵐がようやく収まったので本日が本年最初の山行となる.愚息が東京土産に持ち帰ったインフルエンザA型はユッキーに感染し,今年のお正月は記憶に残る暗いお正月だった.私には幸いインフルエンザはうつらず(何故だ?),今日に至った.

 初登りだからどこにしようかと考え,リハビリ登山ということもあるので久しぶりに比叡山ということにした.ルートはこれも初登りだからということでオーソドックスに雲母坂・本坂でということになる.

 家を出れば雨が降っている.傘を差して京阪の最寄り駅へ向かう.普通だったら山行は中止するのだが,1月4日初登りを中止しているので,今日はなにがなんでも決行する.出町柳で叡山電車に乗り換え,修学院で下車.駅でトイレ,ゲイターの準備をする.鷺ノ森神社を抜け音羽川左岸沿いに登山口に向かう.堰堤の工事があるようで,ガードマンが1人立っている.

 早速折り重なった倒木のジャングルだ.しかし,登山道を塞いでいるのは整理され,難なく進むことができる.本当にありがたい.しばらく行くと,風化した花崗岩のえぐれ道から尾根道への誘導がある.倒木の故にこれまでヴァリエーション・ルートだった尾根道がメイン・ルートになりそうである.

 「水飲対陣之跡」碑に到着.ここは梅谷からの道と音羽川からの道とが合流する地点である.梅谷からの道には足跡があるが,音羽川からの道には足跡がない.すでにこのあたりでは3cmほどの積雪がある.登りはじめの雨はみぞれに変わり,さらに,雪となっている.

 次の目標は「千種忠顕卿戦死之地」碑である.この地点の倒木が今日のルートでは最もすさまじいものだった.新道・旧道の分岐では新道通行止め.そこでケーブル駅へと登る旧道で進む.このあたりに来ると積雪は5~8cm.ケーブル駅の軒下で休憩.トイレあり.休憩後,見晴台の方向に進む.蛇ヶ池元スキーゲレンデを通過する.ここから山頂駐車場への道はやはり倒木のため通行止め.見晴台に着いて,大比叡に行くことも考えたけれど,時間,体力の関係上,今日はパス.雲母越の道で,根本中堂を目指す.

 根本中堂の前の「一隅を照らす会館」の地下にある「鶴喜そば」で昼食とする.今日はリハビリのグルメ登山なり.

 お腹も一杯になって,チェインアイゼンをつけて延暦寺会館横の急斜面を降る.ここのコンクリートの道は氷っており,昔,滑り止めも何もなしにここを降りたときの恐怖を記憶していたので万全を期した次第.今日は氷った道の上に2cmほどの雪が積もっていた.アイゼンのおかげですいすいと降ることができた.ただ,これも亀塔の前まで来て地道になると無用の長物.さっそく外した.

 本坂から悲田谷のルートも考えたが,やはりここも通行止め.本坂をそのまま降り,比叡山高校の横から観光案内所まで.いつもここで後始末をする.それから甘味処うえだへ.栗ぜんざいを頂く.ご主人の人柄通り,はったりのない実直なおぜんざい.おいしい.

 あとはJRの駅まで歩き,JR,近鉄で帰宅.お風呂の後は山名酒造の「奥丹波・木札」で鍋をつつく.

 リハビリ登山でしたが,雪の比叡山を十分楽しめました.ようやく本年最初の山行というわけです.