2018年最近の山歩き

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


32.【6月14日(木)】8:57JR近江高島駅9:04→バス→9:07音羽9:21→白坂→岳山→オウム岩→鳥越峰→岩阿闍梨山→鵜川越→嘉嶺ヶ峰→滝山→寒風峠→オトシ→涼峠→楊梅滝→15:48JR北小松駅16:25

 
登山口 白坂 岳山 岩阿闍梨山 オトシ オトシから涼峠へ 楊梅滝
 
 ササユリ鑑賞会第二弾.久しぶりにリトル比良に出かける.昨年は来なかったので2年ぶりということになる.全体がアップダウンの多いロングコースで出発も遅いので,近江高島駅からバスに乗る.畑行きのコミュニティバスで220円,これで15分ほどかせぐ..

 バス停近くの大炊神社にトイレあり.そこから坊獣柵を開けて山道へ.最初は堰堤工事のときにつくられたであろう林道.左手に沢を見ながら登っていく.「賽の河原」を通り,道は次第に細くえぐれ道となり,白坂を右に見て高度を上げていく.シダが一杯の道だ.「弁慶の切石」を通り,岳観音堂の跡を過ぎる.ここから岳山のあたりはアカガシ林である.

 今日はお天気がよくさわやか.


 岳山を過ぎしばらくすると,これまで西に向かっていたのを南に方向を転じる.オウム岩を過ぎて鳥越峰.ここからは岩阿闍梨山まで西に進む.岩阿闍梨山への登りはこれまでのアップダウンの疲労の蓄積によって苦しいものとなった.シャリバテも関係しているのであろう.

 岩阿闍梨山ではじめて60歳代の男性2人組と会う.愛知県の豊田市から来られていて近江高島駅の前に車をデポし,寒風峠から北小松に降り,電車かタクシーで近江高島へ戻るとのこと.こちらはここで昼食.京都駅SUVACOのお米屋さんのおむすび屋で買ったおにぎり2個と牛乳.デザートは冷やしぜんざい.


 少し元気を回復して出発.鵜川越で車道に降り,また登り返して嘉嶺ヶ峰.そこからまた降って登り返して滝山.ここで豊田2人組を追い越し,また登り返して寒風峠あとはほぼ降りだけ.湿地帯のオトシに降り,湿原の中あるいは横を通って涼峠にあがる.(一昨年も気がついたのだが,国土地理院の地図は涼峠の位置が違っている.手持ちのガイドブックの地図は正しい).

 あとは楊梅の滝を左手に見ながら登山口へ.ここにトイレあり.そして長い車道をだらだらと駅まで歩く.駅に着いたら5分前に電車は出たあと.仕方がない.着替えをし,自販機で冷たいお茶を買って30分少し待つ.電車に乗れば,新快速なのでうつらうつらしながら京都駅まで.帰宅してお風呂の後は到来物のチューハイで乾杯.お疲れ様.万歩計は3万歩を超していた


 ササユリは終わりかけているのも含めて19株.蕾はもうなかった.今週末まではもたないかもしれない.赤坂山の方が短い距離でたくさんあり,それに引き替え,リトル比良はコスパ(?)が悪い.今回で4度目だが,ササユリの季節以外にはあまり登りたくない山と言える.

 P.S. マダニにご注意.6月3日の三国岳でマダニにやられました.家に帰ってからブトか蚊に咬まれたと思っていて放っておいたら,いつまでも赤くなっていて,ようく見たらマダニでした.取り付いてから1週間ぐらいしてやおら血を吸い始めることもあるようです.6月11日に皮膚科のお医者さんのところに行き,麻酔,切開して取り出してもらいました.やれやれ.家で着替えたときに乗り移ったようです.着替えの時にはチェックをお忘れなく.

31.【6月9日(土)】登山口→黒河林道→黒河峠→明王の禿→黒河峠→黒河林道→登山口

 
ササユリ ヤマボウシ ネジキ 明王の禿 キンコウカ コアジサイ サルナシ
 
イチヤクソウ 
 ササユリとキンコウカの鑑賞会ということで小てつさんとわれわれの花探検隊は車で出かける.

 黒河林道を登って行く.ヤマボウシ,コアジサイが迎えてくれる.山アジサイはまだこれから.サラサドウダン,ベニドウダンもまだ残っている.今年は花の咲き始めが早いこともあったが,また,同時にいろんなものが一時に咲くという特徴がある.

 ハクウンボクの木も見つかったが,残念ながら花はついていない.

 黒河峠に着くとトイレ.ここのトイレに入るには勇気がいる.

 ここから先鎖場がある.昨日の雨で滑りやすく慎重に登る.いよいよササユリとキンコウカの出番だ.ササユリは記憶しているポイントを辿る.開花しているのは見つけやすいが蕾の状態なのは見つけにくい.今年新たに発見したポイントも含めて,大半は蕾だった.あと,2,3日から1週間で開花か.

 そんな中で数少ないきれいに開花したのを見つけたときはうれしかった.コアジサイは今が盛りと咲いていて,ほのかないい香り.キンコウカは咲き始めたばかりというところ.茎の下から花が開いていくが上まで開花したのも見つかった.

 こうして明王の禿に到着.目当ての花も見つかったし,赤坂山まで脚を伸ばすことはやめにして,明王の禿で昼食.風が強く,赤坂山の頂上付近はガスっている.こちらはガスっていない.パンと牛乳,キーウィーと水ようかん.小てつさんにコーヒーを頂く.

 食事を終え,来た道を帰る.登る最中に見えなかったササユリが降るときに発見できたりして,これはこれで嬉しい.イチヤクソウが見つかったのは全くの予想外.あるところにはあるんだ.

 黒河峠からまた花を探しながら林道を下っていく.登りの時には人に会わなかったが降りでは何人かが追い抜いていく.そんな中でヒヨコさんに会ったのにはびっくり.先週出町柳ですれ違い,今日また.


 さらに黒河林道をぶらぶらと歩いていたときに,小てつさんが5mほど斜面の上にササユリを発見された.私はカメラを望遠にして撮っておけばよいと考えていたのだが,ユッキーは本領を発揮,小てつさん提供のロープにつかまりながら斜面を激登り接写.さすがはユッキー.

 まあ,そんなことをしながら車のデポ地まで.

 ここからは車内の楽しいお喋り.近況報告やらいろいろな釣りの話.
 
 帰宅してシャワーの後でビールで締め.小てつさん,長時間の運転やら,ガイド,さまざまな心遣い,ありがとうございました.
 

30.【6月3日(日)】古屋→尾根→高島トレイル縦走路→滋賀ピーク→三国岳山頂→滋賀ピーク→丹波越え→お茶屋跡→桑原

 
ホオノキ ハクウンボク 三国岳山頂 ヤマボウシ ツルアジサイ ササユリ ガマズミ
 ミヤマナルコユリ
 
 いろいろな宿題があり,今日も三国岳へ.小てつさんの案内で.大原,鯖街道と自転車の数がやたらと多い.車の運転も慎重にならざるをえない(もっとも,運転は私ではなくヴェテランの小てつさんだが).

 桑原の観光トイレで儀式をすませ,古屋と桑原の間でデポ.桑原から名もなき尾根を登って進む.なぜだか今日は1週間前ほどしんどくない.

 いいお天気でさわやか.下の方ではあまり聞こえなかったハルゼミの声だが,登るにつれてしっかりした声となる.

 右手の方から縦走路が樹間に見え隠れしてくると,まずの目標が確認できて,少し元気が出る.最後の急斜面を登ると縦走路である.先週開花していたサラサドウダンも花びらを地面にまき散らして終わり.1週間の変化は大きい.小てつさんから飲むアイスクリームを頂く.

 ここからはアップダウンで滋賀ピーク.滋賀ピークからは右手に一旦降って登り返す.この斜面もきつい.1週間前とペースはほとんど変わらない.

 山頂で昼食.われわれだけで独占.パンと牛乳.デザートはアメリカンチェリーとおぜんざい.

 さて,これからは降りの快適な尾根歩き.

 先週感激したハクウンボクの花はすっかり姿を消してしまった.しかし,先週気づかなかったハクウンボクが今日は花をつけている.ハクウンボクの花期の短いこと.去年は裏年であったが今年はそこそこ咲いてくれた.来年はあまり期待できないかも.ヤマボウシは先週は緑のも多かったのが今日はすっかり白くなり重なるようにして咲いている.こちらも来年は期待薄か.

 丹波越えに到着.ここから登山口の桑原までは来週6月10日のトレラン大会のコースになっている.このあたりを歩いてみようかと思っておられる方はご注意を.

 桑原登山口から車のデポ地まで車道をぶらぶら歩く.そのときに予想もしていなかったササユリに出会う.小てつさんが発見された.もう咲いている.ササユリと言えば赤坂山,リトル比良,湖南アルプス.このあたりのササユリはどうなっているのだろうか.

 帰りは小てつさんにビールを頂き,いろんな話.今日も競馬を中心に.

 帰宅してお風呂の後はビールで乾杯.今日も花探しで楽しい一日だった.小てつさん,いろいろとありがとうございました.