2018年最近の山歩き

 2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


3.【1月13日(土)】八瀬叡山口→松尾坂→西山峠→見晴台→頂上駐車場→大比叡→坂本ケーブル延暦寺駅→裳立山→紀貫之の墓→遠見岩→無動寺道→琵琶湖病院→坂本観光案内所→甘味処うえだ→JR比叡山坂本駅

浄刹結界跡 斧堂跡地蔵石仏 見晴台 大比叡 坂本ケーブル駅 紀貫之の墓
蓬莱山(山頂駐車場から) 
 
 
 年末に比叡山に出かけたので,年始にも比叡山に出かけることにする.北の方では吹雪との予報もあり,この選択となった.Nさんとご一緒.

 まずは年末と同じく叡山電車で八瀬まで.叡山電車の駅で準備をして,ケーブル駅の横から登る.年末にあった雪も溶けてしまっている.新年の雪の期待でアイゼン,ワカンをもってきたけれど,使うことがあろうかと心配.

 精華高校のグラウンドの横から登って行く.浄刹結界跡を過ぎ,斧堂跡地蔵石仏を過ぎ,西山峠に.ここからケーブル駅に直登する道もあるが,今日も,一旦林道へ降りて,そこから登り鎮護国家の碑を過ぎ,見晴台へ.いつもここは風が吹いていて寒い.遠くに蓬莱山を見て,写真を撮り,急いで山頂駐車場への階段道へ.

 一部氷っているところがあるので用心してそこを避けて登って行く.山頂駐車場でトイレ.元気のよい欧米系のトレイルランナーが三人ほどやってくる.他には誰もいない.

 大比叡の一等三角点に寄り,今日は阿弥陀堂の方ではなくて坂本ケーブル延暦寺駅のほうに進む.途中単独の女性ハイカーと出会う.ケーブル駅の外のベンチで昼食.小春日和のようなお日様があたってのんびりと昼食.パンとコーヒー.デザートはNさんにいただいたおぜんざい.

 降りは紀貫之のお墓に詣でて無動寺道へ.この道も久しぶりである.ケーブル駅から裳立山駅までの間,これまでも崩れてやっかいなことになりつつあったが,昨年の台風で木が倒れ歩きにくくなっている.要注意.

 裳立山駅から先は倒木こそあれ,潜ったりしながら,比較的容易に先へ進むことができる.最後の石段道(いつも嫌なところだ)を降りて琵琶湖病院の駐車場の横に.病院の駐車場の反対側には墓地がある.おもしろいロケーション.

 日吉神社に向かう道を横切り,穴太衆の石組みを見ながら里坊の間を抜けて日吉神社の前の道に出る.観光案内所で後始末をして,甘味処うえださんに出かける.「ことしもどうぞよろしく」とご挨拶.3人で栗ぜんざいを頂き,お土産にミカンゼリーとわらび餅を買い求め,JR比叡山坂本駅へ.折しもやって来た電車に階段を駆け上って乗り込む.京都駅からは近鉄で丹波橋まで.ここでNさんと別れる.


 家に帰ってカミツレ湯のあとは山名酒造の「奥丹波」.きりっとした辛口のお酒.雪がなくアイゼン,ワカンは使わなかったのが残念だったが,今日もよく歩き,無事帰宅できたことに感謝,感謝.

2.【1月7日(日)】JR八木駅8:25→バス→8:59越畑バス停9:07→芦見峠→西向き地蔵→11:14地蔵山→愛宕山三角点→農林道→14:06水尾→JR保津峡駅15:00

芦見峠 西向き地蔵 地蔵山へ  地蔵山 愛宕山三角点  水尾自治会バス
 
 
 
 1月4日のリヴェンジも考えたのだが,イン谷口到着がどうしても8時過ぎとなり,出発が遅れること,イン谷口まで車が入れないかもしれないこと,中2日のわれわれの体力等々を考慮して,5年ぶりに越畑から地蔵山,愛宕山に行くことにする.

 京都駅7時42分発の電車で8時20分八木駅着.神吉・原行きのバスが8時25分発.9時頃に越畑に到着.驚いたことに,10人ぐらいのグループが乗っていて,どこに座ろうかと思ったほどであったこと.これまではほとんど乗客はわれわれだけということが多かった.

 バス停で準備をして出発.芦見峠まではほとんど雪なし.崩れていたところもしっかりと道がつけられていた.グループはわれわれより大分後に出発したようである.ただ,芦見峠からは単独のハイカーと一緒になり,先になり後になりして進む.車で来られたとか.

 芦見峠を過ぎスキー場跡の横を進むやっと待望の雪が出てくる.10cmから20cmぐらいの積雪.地蔵山へ行く途中でワカンをつける.歩きやすい.アセビのトンネルを潜りながら地蔵山に到着.

 昼食の場所をどこにするか話しながら愛宕山三角点目指して進む.三角点では人も多かろうし,風もあるかもしれないと,結局竜ヶ岳の分岐を少し竜ヶ岳へと進んだところで昼食.今日はカップうどん.デザートは羊羹.食べてジープ道に戻り,三角点に.鉄塔が撤去されてから初めての訪問.ここでアイゼンに代える.

 神社広場では団体の新年会があちらこちらで.急いで農林道の道に向かう.こちらへ向かう人は誰もいないが,上り下りの足跡はある.

 休憩ベンチが上の第3ベンチから下まで3つある.第3ベンチのところでアイゼンをはずす.6本爪軽アイゼンも三角点からここまで役に立った.

 水尾の自治会バスの停留所に辿り着いたのが2時6分.まだ19分もあると思って時刻表を見たら2時に発車とのこと.5年前は14時25分だったのが,昨年の11月に14時に変更になっていたのだ.やれやれ.1時間30分も待っていられないので,仕方なく,川沿いの道をとぼとぼと歩く.スカルパのトリオレで1時間近く歩くのはつらい.万歩計の数字はありがたくも(?)数値を上げた.

 駅に着いたと思ったら電車がプラットフォームに入ってきた.後片付けもそこそこに乗り込んで京都駅まで.京都駅では「京アンジュ」で例のやつ.帰宅して,お風呂の後は山名酒造のしぼりたて「奥丹波・一號」.すっきりした辛口.

 本年2回目の山行.そこそこの雪でワカン,アイゼンも活用し,雪山を楽しめた.帰路に保津峡駅までバス利用の人は少ないかもしれないが,上に挙げておきます.われわれの教訓はバスの時刻表が5年前と同じなどということはほぼあり得ないから,出かける前には時刻表を確かめておくことということでした. 

1.【1月4日(木)】イン谷口→9:06大山口→青ガレ→正面谷→11:07金糞峠→奥の深谷→金糞峠→正面谷→青ガレ→14:02大山口→イン谷口

駐車場所 イン谷口 大山口 正面谷 金糞峠近く 金糞峠
 
金糞峠近く 
 
 初登り.武奈までは無理かもしれないが,せめてコヤマノ岳か八雲ヶ原までと考えて出発.

 まずは湖西道路を降りてバス道と合流するところで2台の車が駐まっている.どうしたのだろうと思ったら,二台のうち一台はノーマルタイヤで,もう一台の四駆にチェインをつけているところであった.結局このグループはノーマルタイヤの車はその場に置いて,もう一台の四駆にイン谷口まで行かせてピストンで全員を運ぶというところであった.

 われわれは先に行かせてもらう.この道がツルツルでゆっくりとハンドルをキープしながら進んだ.10cmぐらいの積雪.どこまで上に行けるか分からないので出合橋の手前で駐車.ここで準備をする.アイゼンとワカンを持参したがとりあえず何もなしで登ることにする.駐車で手間取り,時間を食ったので,この時点で武奈ヶ岳は無理だなと観念する.

 出合橋のところで一台,トイレ前でもう一台駐まっていた.雪は徐々に増えていく.空は青空.しかし,このあと雲がかかり,再び青空を見ることはなかった.

 昨晩降雪があったようで新雪のふかふか雪.先行者がいてトレイスがついている.

 とりあえず青ガレまでは来られた.アイゼンも考えたが,新雪なので,ノーアイゼンで青ガレを進む.雪で石が覆われているので登りやすいといえば登りやすい.ただ,先行者の足跡を辿るのだが,時々ズボッと沈んでしまうこともある.

 なんとか金糞峠まではやって来られた.もうこのあたりになると雪は40cmから50cmはある.トレイスは奥の深谷方向とヨキトウゲ谷方向の両方にある.これだけの雪だとコヤマノ岳まで行くには時間切れとなるだろうから,八雲ヶ原に向かおうと考えた.ここでワカン装着.

 ここでソロの女性ハイカーが戻ってこられる.聞けば,ラッセルしているハイカー二人の後をついていったのだが,ワカンもなにもないので腰まで雪に沈んで撤退してきたとのこと.「甘かったです」とのことだったが,この雪山にアイゼンもワカンもなしで来るとは!

 きれいにラッセルしてあるところをわれわれは進む.が,しかし,奥の深谷から上林新道四つ辻に向かう橋があるところまで来たところ,われわわれがここまで来られた陰の功労者である先行ハイカー2人が戻ってこられた.ラッセルに次ぐラッセルで少し先まで行ったのだが,腰が痛くなり,さらに,渡渉すべきところの先が雪の壁になっていて,先へ進むのを断念したとのこと.

 さて,どうしよう.雪は降り続いているし,われわれだけでラッセルして八雲に行くことは不可能だろうという結論に達した.ちょうど時間も11時40分ぐらいになっている.撤退.

 お腹もすいてくるが,雪の降る中,昼食場所の適当なところが見つからない.仕方がないので,金糞峠下でクッキーを囓っただけで,とりあえず,金糞峠を下って雪が止んで適当な場所が見つかったらそこで昼食としよう.金糞峠でアイゼンに付け替える.12本爪(後で考えれば6本爪でもよかった).

 途中で,朝出会った四駆のグループに会う.金糞峠まで行かずにここで昼食にして下山しますとのことだった.

 われわれは青ガレを少し上がったところで雪の止み間を利用して昼食.カップラーメン.デザートは懐中汁粉.最初は降りて車のところで昼食かと考えていたので,まあよかったか.

 ここから快調に青ガレを降り,車の所まで辿り着いた.後始末をして14時44分に出発.朝苦労した道も雪は溶け,楽に湖西道路に乗ることができた.時間的に余裕があるので昨年の台風で営業停止となっている道の駅「妹子の里」に立ち寄ってみた.仮説の店舗でほそぼそと営業しているようだが,本日は休業ということで何もなし.自販機とトイレのみ.あとは名神に乗り,京都南インターで降り,無事帰宅.

 本日は山名酒造の「奥丹波・木札」で締め.昨年の1月4日初登りは武奈ヶ岳まで行けた.今年は雪が多いので,武奈までは行けなかったのだが,奥の深谷の八雲方向の途中まで雪景色を堪能し,雪遊びを行ったという次第.今年は山行65回を目標にしており,とりあえず,本年第1回の山歩きであった.
 

2017年
63.【12月26日(火))】八瀬比叡山口8:44→松尾坂→西山峠→雲母越→見晴台→山頂駐車場→11:28大比叡→阿弥陀堂→会館→悲田谷→大宮川林道→比叡山高校→13:37観光協会→甘味処「うえだ」→JR比叡山坂本駅

八瀬駅 斧堂跡地蔵石仏 西山峠 比良山系 大比叡 悲田谷
 
 
 
 本年最後の山行.例年通り(?)比叡山に出かける.午後から天気が崩れるとの予報があるので,雨あるいは雪を覚悟して出かける.

 叡山電車八瀬駅で儀式を済ませ,ケーブル八瀬駅の前を通り高野川左岸を下に見て進む.久しぶりの松尾坂コースである.2年ぶりか? 

 精華高校のグラウンドのフェンス沿いに登って行く.なんだか少し道が広くなっている気がする.道路沿いの木を整理したためか.320mあたりにある「浄刹結界跡」の地点から北東へと方向を転じ,斧堂跡に達する.道の真ん中に地蔵石仏がある.

 ギザを切りながら徐々に高度を上げていく.斜面を登り切ったところが西山峠.以前ここを示す札があったのだが,今はない.これまでもテープはなかった.ここから急な斜面を登ればケーブル駅にも行けるのだが,あえてその道をとらず,ここから東側に降る.もったいないほどの降りなのだが,仕方がない.降ったところで林道に降り立つ.八丁谷左岸につけられた林道だ.

 昔はこのあたり大規模な伐採が行われていて,その後植林されたのだが,植林された木も随分と大きくなり,斜面は全く見えない.

 奥比叡ドライブウェイの西塔駐車場の横を通り,道なりに進む.このあたりに来ると霧氷というのか,落葉した木の枝には氷が付いていて美しい.やがて「鎮護国家」の碑を超して,見晴台へ.風があり寒い.

 急いで木の階段を昇り,山頂駐車場へ.数台車が駐車しているが,すべて観光客のものではなく,ガーデンミュージアム比叡で木の手入れや作業をしている人の車である.八瀬のケーブルも運休中だし,ウィークデイの今日,観光客が来ないのは当たり前か.

 昼食を根本中堂の前の会館でする予定なので,急いで大比叡に行き,そこから阿弥陀堂のほうに降りて会館へ.横には立派な暖房の入ったトイレあり.会館は無料休憩所で暖房がしてあり,ほっとする.本日の昼食は,出町柳で買ったおにぎり2個とカップみそ汁.食事中外を見ると雪が舞っているのが見えた.

 よし,急いで下山だ.今日は悲田谷から大宮川林道のコースを取る.本坂は荒れていて歩きにくいのだが,今日のコースは実に歩きやすい.

 比叡山高校のところで本坂と合流し,日吉大社の横を進み,観光案内所で後始末をする.そのあとは,甘味処「うえだ」へ.1ヶ月ぶり.栗ぜんざいを頂く.お土産は夏みかんゼリー.前の道路の拡幅工事がぼちぼち始まっており,「うえだ」も後退して家の建て直しを行うのだとか.

 さて,甘いもので疲れも癒やされ,JR比叡山坂本駅へ.到着した電車に乗り込み,京都駅で近鉄に乗り換え丹波橋まで.伏見へ着くと,雪ではなくて雨が降っていた.

 今日もビールで乾杯.本年最後の山行であった.別に回数を競っているわけではないが,63回の山行が達成できた.感謝,感謝.