2018年最近の山歩き

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


20.【4月21日(土)】ビラデスト今津→近江坂→第1展望台→第2展望台→河内谷林道出合→第2展望台→第1展望台→近江坂→ビラデスト今津

           
 イチリンソウ  ヤマエンゴグサ サンインシロガネソウ  第2展望台  バイカオウレン  オオバキスミレ 
シャクナゲ
 
タムシバ
 小てつさんのお誘いを受け大御影山へ出かける.絶好の山日和.

 いくつかお目当ての花があったのだが,もう本当に一斉に咲き出したという感じで百花繚乱.忘れられない花の山行となった.

 ビラデスト今津の駐車場に駐車.京都からはやはり時間がかかる.受付のある本館のところで入村料300円を払い,トイレをすませる.平池を左手に見ながら,杉林を歩く.平池の水量,今年は少ないと小てつさん.今年の冬の雪が少なかったせいだろうか.

 歩き始めてしばらくすればイチリンソウから始まり,ショウジョウバカマ,ヤマエンゴグサ,イカリソウ,エンレイソウと次々に花が目に入り,カメラで忙しい.近江坂を登る.しばらくすればイワカガミが目に入る.また,イワウチワも.それになんと小てつさんの好きなバイカオウレンも.そしてタムシバの白い花が咲く中で,赤やピンクのシャクナゲが満開.タムシバは蕾もあるし終わりかけもあるが,シャクナゲの方は蕾もまだあるが,くたびれたのはなし.つまり,われわれを待っていたかのように開花してくれた.

 3人ともあまりの見事さに言葉を失い,ため息をつく.

 イワウチワ街道,シャクナゲ街道で時間を忘れて写真を撮っていたところ,大幅に時間を食ってしまった.さらに,大御影の山頂が見えたところで,キムケンは山頂に気を取られ,足下の根っこに足を取られ転倒,手をついたところで手のひらを負傷.治療にまた時間がかかる.結局,大御影山山頂まで行くことは断念した.

 河内谷林道出合で昼食.小てつさんにタムシバ茶を頂き,パン2個と牛乳.デザートはこちらの差し入れのフルーツ(キーウィ)と酒まんじゅう.

 あとは下山のみ.ただ,登りの時よりもシャクナゲはさらに花を開いているだろうと観察して降りる.確かに.

 ビラデスト今津に着いて,後始末.帰途につく.往きは湖西道路経由だったが,帰りは朽木経由.小てつさんに頂いたビールを飲んで四方山話.順調に京都市内に戻ってきた.

 家についてお風呂の後に打ち上げ.今日は藤岡酒造の「蒼空」で乾杯.

 本日の紀行文は花便りとなった.4月,5月の花を一度で見られた.こんな経験はこれまでなし.
 ショウジョウバカマ,エンレイソウ,マメザクラ,マンサク,ミヤマカタバミの写真は省略.赤坂山以上の花の山だった.

 小てつさん,長時間のドライブにいつもながらの細かなご配慮,ありがとうございました.
           
 イワウチワ イワカガミ  リュウキンカ  スミレサイシン  カタクリ   イワナシ

19.【4月12日(木)】イン谷口8:22→大山口→ダケ道→北比良峠→八雲ヶ原→イブルキノコバ→広谷→スゲ原→細川越→12:13釣瓶岳→長尾尾根→P1050→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:34大山口→イン谷口

キンキマメザクラ イワウチワ 早咲きのイワカガミ 釣瓶岳 長尾尾根名物フライパン マンサク
フデリンドウ
エンレイソウ 
 
 毎年タムシバ鑑賞にシラクラに行っていたのだけれど,今年の開花のスピードではもうタムシバは終わりかけだろうということで,釣瓶,長尾尾根に行くことにする.

 昨晩雨が降ったので花の水やりに時間を取られることもなく,順調に車を飛ばしイン谷口に.2番目.出発の際にはあと2台来ていた.そのうちのお一人が比良のレジェンドMさん.80歳代で元気そのもの.歩くスピードもわれわれよりも速い.少しお話しして,出発.そのほかイン谷口の住人Kさんにもお目にかかる.昨日,伏見の方は夜にすごい雨と風だったが,ここでは少し降っただけとか.道を見ても雨が降った跡は見つからない.

 昨晩の雨の余波かガスがかかって曇り空.時折日が差す.歩き始めると暑い.

 釣瓶に行くのには正面谷からよりはダケ道からの方が近いので,登りにあまり使わないダケ道で.いろいろと花を見ながら長い登りに耐える.北比良峠からはロッジ跡経由で八雲ヶ原に降りる.ロッジ跡の道はいよいよ崩れてきている.慎重に進む.

 八雲ヶ原でやっと人に会ったと思ったら正面谷から廻ってこられたレジェンドMさん.イブルキノコバから広谷へ.朽ちた小橋を避けて何回か渡渉しながら細川越へと進む.広谷,スゲ原はいつ来ても心が落ち着く場所だ.われわれのお気に入り.

 最後にまだ葉が茂っていないオオバアサガラをかき分けて細川越に到着.ここから30分ほど登って釣瓶岳に到着.登る斜面で上から降りてくる2人の登山者と出会う.あとは誰にも会わなかった.

 山頂は陰気なのでピーク写真を撮っただけで,いつものように長尾尾根を進み,P1050岩のピークで昼食とする.今日はコンビニおにぎりとみそ汁.デザートは豆大福とほうじ茶.

 長尾尾根も気持ちのよい尾根だ.尾根芯を外さずに東に進む.やがて広谷への下降点に着く.OKAOKAテープも健在だ.谷の崩れているところは左手の斜面に登りそのまま広谷へと降りる.

 あとは,イブルキノコバ経由,八雲ヶ原,北比良峠へはゲレンデ跡ではない道を進む.北比良峠からはダケ道.遠くのヤマザクラは今が一番いいときのよう.午後からは日が降り注ぐ中を下山.

 木曜日なのでHSひらも開いていない.そのまま湖西道路に乗り,途中,4月から再開した道の駅・妹子の里に寄り,買い物をしてまた湖西道路.そして名神京都東から南まで乗って,無事自宅に着いた.

 今週末はお天気が悪そうで山へ行かないし,今日山に出かけて見たいものも見られて大満足.あちこちにあったタムシバは散るか,茶色になっていたんでいたので,シラクラに行かなかったのは大正解だった.今日のうちあげはビールで乾杯.

18.【4月8日(日)】南春日町バス停→大原野神社8:45→大暑山→炭の谷→12:04小塩山12:23→天皇陵道→正法寺→大原野神社→13:50南春日町バス停14:03

花の寺 コバノミツバツツジ 大暑山 カタクリ 小塩山 正法寺
シハイスミレ
 
 
 昨日かおりさんの案内で大暑山・小塩山に行くはずであったが,ユッキーの体調不良により欠席ということになってしまった.ここのところ中二日で山に行っていてその疲労が蓄積していたのかもしれない.みなさんと行けなくて残念.

 一日休養をおいて,中三日となり,なんとか山行可能となったため本日出動.8時5分JR向日町駅発のバスで南春日町まで行き,大原野神社の駐車場のところにあるトイレで用を済ませ,駐車場の所にある茶店で草餅を買い求め本日のデザートとし,いざ,出発.花の寺へと進む.このあたりの桜はもう終わりかけ.シャガや椿の咲く参道の石畳を上っていく.

 われわれのように大暑山を経て小塩山へ行く人は誰もいない.花の寺の中を通り,京都縦貫自動車道に沿って北へ進み,それから西,西北方向に進む.成章高校のグラウンドから声が聞こえてくると山頂も近い.

 ところが,今日最大に腹の立つ事件が起こった.

 成章高校のグラウンド方面からバイクが3台,2台とやってきて大暑山,小塩山方向に進もうとしている.まず,狭い登山道でエンジン音もけたたましくバイクが登ってくる.山道だから蛇行している.音がしているなと思ったらいきなり後ろからバイクが突進してきたのだ.あわてて狭い道から斜面に避ける.そこを悠然とバイクは通り過ぎていった.これが3台のグループ.しばらくおいてまたバイクの音が聞こえてくる.山道を歩きながら後ろからのバイクに気をつけながら歩くなどこれまで経験したことがない.(以前瓢箪崩山でやはり複数のバイクに出会ったことがあったが,そのときは降るわれわれに対して前からバイクが登ってきたのだ.このときも本当に驚いた.)


 後には排気ガスの臭い(いい空気を吸いに町中から出かけてきたというのに!),さらにはここ2年楽しみにしていたシハイスミレの群落がバイクの轍で踏み潰されていた!登山道にバイクなど言語道断!

 気を取り直して大暑山に到着.そこから炭の谷のカタクリ保護地へ.寒さと日が陰ってきたからかきれいに開花しているのは少ない.しかし,毎年お世話のせいか花数が増えているように思われる.西山ネットワークの皆さんの活動には頭が下がる.

 お腹もすいてきたことだし,小塩山の頂上に行き,お昼を食べてからNの谷に行こうと計画.ところが,お昼を食べている時から雪が降り出してきた.茶店の人の話では昨日は雹が降ったとのことだったが,今日は三島の小説の題ではないが「春の雪」あわててもってきたライトダウンのジャケットをさらに重ねる.これはもう冬の格好だ.これではNの谷のカタクリも炭の谷のそれと同じだろうということで,予定を変更し,天皇陵道を降る.
 

 正法寺の桜ももう終わりかけ.14時3分のバスに間に合うようにと急いで歩を進める.13時50分頃バス停に着いたらすでに10人ほどが列をなしていた.

 よくあることだが,下山するとまたいいお天気になっている.まあしかし見たいものは全部見られたし,満足して帰途につく.

 近鉄京都駅では「京アンジュ」でいつものやつ.家に帰って,締めは伏見の酒,純米吟醸「玉の光」.くせのない味.陶然となる.

17.【4月4日(水)】イン谷口8:20→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道→コヤマノ岳→11:34武奈ヶ岳12:00→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→15:00イン谷口

イン谷口 イワナシ バイカオウレン コヤマノ岳南尾根の
メドゥーサのブナ
武奈ヶ岳山頂 イワウチワ
ニシキゴロモ 
 
 3日後の比良山系.今日は武奈ヶ岳に.イン谷口に車を駐めたところ,8時でわれわれが一番乗り.ウィークデイだし,午後から天気が悪いとの予報もあり,こんなものなのだろう.いつものように準備に時間がかかる.その間に2台ほど車が来て,お一人は早速出発される.

 桜,コブシ,タムシバ,キブシ,ヤシャブシを見ながら3日前と同じように青ガレに進む.すでにミスミソウは終わってしまっている.青ガレのところのイワウチワはやっと咲きそろった.金糞峠到着.

 さてここからどのルートにしようか,種々検討の結果,お天気のこともあるから早く帰れるコースということで,コヤマノ岳南尾根コース.

 雪もないので足取りも軽くヨキトウゲ谷,四つ辻,南尾根と進む.南尾根の目印の一つのブナの木.「タコブナ」と呼ぶ人もいるが,あえてわれわれは格調高く「メドゥーサのブナ」と命名した.

 コヤマノ岳に到着すればあとは武奈ヶ岳もすぐ.3時間ちょっとで山頂到着.山頂にはわれわれを入れて8人.今日も遠くはかすんでいてよく見えない.12時には出発.


 雲が多くなってきた.降りも早く降りられることを考えて,北陵とかイブルキノコバ経由を避けてパノラマコースに.ゲレンデ跡は3日前は残雪で踏み抜いたりして苦労したが,雪は融けて難なく歩けた.

 八雲ヶ原では池のミズバショウ観察.4株ほどと数は少ないが,そのほとんどがもう盛りを過ぎ,枯れかけ.やっときれいなのを写真に撮る.木道はいよいよ朽ちてきて慎重に渡る.うっかりすると池ポチャになりそう.60kg以上の人は踏まない方がよろしかろう.

 八雲ヶ原からは北比良峠へ.そしてダケ道.ダケ道ではシャクナゲの蕾を確認し,タムシバを鑑賞する.タムシバは標高の低いところでは散り始めており,花びらが道を覆っている.気温が高いため花が一斉に開いたようである.きょろきょろしながらダケ道を降りた.

 駐車場所で後片付け,着替えをしてHSひらに.桜餅とコーヒーを頂き,ローズマリーとカレーのコロッケをお土産に買い求め,帰途につく.

 車に乗ったところ,雨が降り出してきた.よかった,下山途中でなくて.天気予報を信じて早めに降りてきた甲斐があった.

 今日はビールで締め.乾杯.暑い一日だった.

16.【4月1日(日)】イン谷口8:11→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→東レ新道→10:50堂満岳11:10→古崎川源頭→12:55イン谷口

青ガレ ミスミソウ 堂満岳 バイカオウレン マンサク イワウチワ
 
 
 比良山系の春の進み具合はどうだろうか,ということで今日は車でイン谷口まで.一度HS比良のお弁当を食べたいと思っていたので,早めに降りられるところということで堂満岳に登ることにする.もう一つは堂満岳からノタノホリを経由せずに古崎川源頭から川沿いに降りるという計画.こちらは以前登りに使って少し強引なコース取りをしたので,まともなコースの確認もある.

 8時前にイン谷口に着き,大山口,青ガレを目指す.いつもよりは下の所,山小屋の下に駐車.大山口への道沿いにはタムシバとコブシ,キブシとヤシャブシが咲いている.遠くを見れば山の斜面に白い部分が点々とある.タムシバである.今年は多くの花が見られそうだ.

 青ガレから金糞峠,そして東レ新道である.この道はシャクナゲ尾根に連なっている尾根である,ここで早咲きのイワウチワ,可愛らしいバイカオウレン,イワナシを見て,さらに,今年のシャクナゲの蕾を見る.今年のシャクナゲは早く咲きそうである.蕾はそこそこついている.

 堂満岳到着.このあたりのシャクナゲの蕾は多い.ここで早いがおにぎり1個とお茶でお昼.

 さて,急坂を下りる.登るときにもいやなところだが,下る方がさらに集中力を必要とする.が,しかし,タムシバがあちらこちらに.いつもはシラクラまでタムシバ見物に出かけているが,ここだけで十分見応えあり.

 急坂から90度向きを変え,次にジグザグの道.途中3本の朴ノ木のところで写真.やがて古崎川源頭に出る.

 分岐に来て今日は古崎川沿いに降りる.

 右岸の石のベンチのあるところから左岸沿いに降る.(以前登りに使ったときには,このあたりで無理矢理尾根から降りてきた).2箇所ほど道が崩れて薄くなっているところがあるが,それ以外は堂々とした(?)道,途中ヤブツバキやコバノミツバツツジを見ながら楽に降りていく.最後に左手の尾根の端に登り,向こう側に降る.なんと,車を駐めていたまさにその場所に降りてきた.

 後片付けをしてHSひらに急ぐ.

 HSひらにはお客さんで一杯.いろいろ迷ったが,里山弁当とコーヒーを注文.気取らない,正直な味でおいしかった.

 お土産にアリコベールを含む各種のパンを明日の朝食用に買って帰途につく.夕方にはまだ時間があるので湖西道路も渋滞なく,名神もスムーズ.

 お風呂の後,打ち上げは山名酒造の純米吟醸「〇△□」.すっきりしたお酒.今日の成果を数えながら乾杯.見たいと思っていた花,見ることができるとは思っていなかった花,存分に楽しめた.いいお天気の日曜日であるにもかかわらず,あまり多くの人とは会わなかった.お花見にでも出かけていたために山には人が少なかったのだろうか.

 さて,次にどこに行こうかと思案中.これがまた楽しい.

 今年の開花は全体として急速に進んでいる.雨なしでこの暑さは異常である.