2018年最近の山歩き

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home



40.【8月11日(土)】花巡りミステリーツアー

 小てつさんのお誘いを受け,夏エビネを見るための本日の山行.okaokaclub哲郎・道子さんと私の参加.ユッキ-は体調不良で不参加.
 植物保護のためルートは記しません.悪しからず.


39.【8月5日(日)】京都駅8:15→8:54近江高島駅9:04バス→9:29ガリバー青少年旅行村9:50→大擂鉢→広谷→イブルキノコバ→12:45武奈ヶ岳13:10→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:50イン谷口16:00バス

 
大擂鉢 芦生杉 ホツツジ 武奈ヶ岳山頂 サギソウ 名残のノリウツギ
リョウブ
ヤマジノホトトギス
 今日はマラソンランナーH氏夫妻とご一緒.1年ぶりである.なるべく涼しいところということで,ガリバー青少年旅行村から武奈ヶ岳のルートを提案.

 大擂鉢までの道でも斜面の道が崩れかけているところが前よりも増えている.ロープがついている.慎重を要するところだ.大擂鉢の渡渉も危惧していたところだったが最近の雨のなさで水量が少なく無事通過.

 ここからが涼しいコース.しばらくは沢を遡行する.しかし,左岸から右岸への最後の渡渉のあとは,沢から離れる.苦しみはここから.急な登りをひたすら登って行く.汗が噴き出る.有名な芦生杉の巨木2本の横の杉が根元から倒れているのを発見.迂回路ができている.我慢の登りの末,広谷への降りに転じたところでほっとする.

 広谷からも沢を遡行する.イブルキノコバを経由してさらに沢を遡行.冬道との合流地点からは沢を離れる.苦しいが,時々平坦な道もあり,やがて武奈ヶ岳が見えてくると少し元気がでてくる.

 コヤマノ分岐からはあと15分ぐらいか.途中まで夏道で進み,山頂近くになって冬道に入りショートカット.日曜日にもかかわらず頂上にいる人は少なく数えるほど.今日はパンと牛乳,冷やしぜんざい.H氏夫妻からはコーヒーを頂く.食事をしようと思っていたら,近づいてきた女性あり.なんとしーちゃんではないか.お目にかかれるとは思っていなかったし,お若く見えたのでしーちゃんと認識するまでに一呼吸あり.驚き.ご主人もご一緒だった.坊村から登ってこられたとのこと.

 しーちゃん夫妻が先に出発された.道はわれわれの下山道と同じでパノラマコース,ダケ道.

 シャリバテから解放されたわれわれも後を追う.ホツツジが満開.しーちゃん夫妻とはパノラマコースで会ったり,八雲ヶ原で会ったり,北比良峠で会ったりしながら,4時のバスに乗りたいため,われわれのほうで先行する.八雲池では写真を撮るために木道から湿原に降りたハイカーに「降りてはだめですよ」と注意した.こういう輩は山に来てもらいたくない.今日のダケ道の長く感じられたこと.

 大山口で顔を洗い,トイレ前で着替えをして4時10分ぐらい前にバス停に到着.バスに乗ればエアコンが効いていて極楽.比良駅に着けばもちろんHS比良へ一目散.「かき氷4人前」と大きな声で.私は梅シロップ,ユッキーは柚子シロップ.生き返った感じで文字通りクールダウン.前もって見ておいた京都行きの電車の発車5分前に店を出る.あとは電車の中でH氏夫妻と四方山話.あっという間に山科駅でH氏夫妻とは別れる.われわれは京都駅まで.そこから近鉄で帰る.丹波橋駅で降りれば,暑いこと暑いこと.京都は39.5度だった.

 シャワーの後はビールでうちあげ.炎天下の中,武奈ヶ岳まで登れて感謝感謝.山頂は涼しくて快適だった.ヤマジノホトトギス1輪発見したのも本日の収穫.