2018年最近の山歩き

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


2018年,年末にもう1回と考えていましたが,諸般の事情により,実施不可能となりました.
従いまして2018年は67回をもって最終回とさせて頂きます.ちなみに本年の目標は65回でした.

今年も本HPにお立ち寄り頂きましてありがとうございました.


67.【12月23日(日)】7:52イン谷口8:05→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→コヤマノ岳分岐→11:50武奈ヶ岳12:20→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→大山口→14:50イン谷口15:00

   
青ガレ 青ガレ途中から琵琶湖 奥の深谷 山頂直下(Y) 武奈ヶ岳山頂 コヤマノ岳 釣瓶岳・蛇谷ヶ峰方向
 
 23日か24日に武奈に行こうと思っていて,いろいろと情報収集の結果,本日ということになった.霧が出て曇り空でテンションは下がる一方.車も少なくすいすいと名神,湖西道路.イン谷口トイレ前まで来るともう数台駐車している.アイチャンの車もある.ナベさんの車も.

 ナベさんと挨拶を交わし,出発しようとしていたら,堂満の主Mさんが来られていた.お久しぶりですということになる.途中までご一緒するが,80代半ばと聞くMさんの足取りは軽い.体幹がしっかりしており,軸がぶれずに足音もさせず登って行かれる.青ガレ手前から先に行っていただくことにした.

 1週間前の雪は完全に融けてしまった.雨がぱらっと来てレインウェアを着て登る.天気予報では午後から曇り,雨なのになあとブツブツ言いながら登る.途中から暑いということになり,レインウェアも脱ぎ,あとの1枚も脱いで,ベースの1枚だけで進む.それでも汗が出てくる.12月の下旬だというのに気温が高いからだろう.

 青ガレから琵琶湖の方面を見ると,雲海ができている.なかなか珍しい光景だ.正面谷を登り,金糞峠に着いて,さて,どこから行こうかと思案.今日は少し時間がかかるかも知れないが,なだらかに登って行くイブルキノコバ経由で行くことにする.雪山の予行演習なのだろうか,金糞峠の下でテント一張り.奥の深谷を八雲ヶ原へと向かうと,八雲ヶ原近くでもまたテント.雪がないのに雪山訓練ではなあと思いながら八雲ヶ原に到着.予想に反してここにはテントなし.空は青空となり,山頂での景色に期待がもてる.

 イブルキノコバからはいよいよ登りがきつくなる.雪もないことだし夏道を行く.

 山頂直下も夏道を登っていたら,稜線のところでヨネチャンとナベさんがお待ちかね.山頂で1時間おられたとのこと.お待たせして申し訳なかった.ヨネチャン,ナベさんの下山を見送った後,われわれは山頂で食事.パンと卵スープ.黒豆大福とお茶.雲が多いが,青空と雲海を楽しみながら.

 30分後われわれも下山.ヨネチャンを待たせては悪いとパノラマコースで急いで降りる.今日は尾根の冬道ではなくて夏道.八雲ヶ原から北比良峠,そしてダケ道.

 なんと,先週と同じパタンで,ダケ道で先週よりも強い雨が降ってきた.これは天気予報が当たり.

 車の所に到着して急いで着替えてHSひらに向かう.ヨネチャンが待っててくださった.今日はHSひら12月最後の日.来年1月は9日(水)からとのこと.おはぎとコーヒーで仕上げ.

 雨の中湖西道路,名神で帰れば,京都の方は雨があがっていた.家でのうちあげは「富翁」の大吟醸・純米原酒.量り売りで売っているのを翁屋に出かけて買ったもの.コクがあり美味い.

 本日で武奈ヶ岳152回目,今年の山行67回目であった.今年あともう1回出かける予定.

66.【12月16日(日)】イン谷口8:00→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→奥の深谷→四つ辻→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→12:50八雲ヶ原13:20→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→大山口→15:35イン谷口

   
青ガレ 正面谷 金糞峠へ 奥の深谷渡渉 コヤマノ岳 武奈ヶ岳 白山
クコの実
 
 
 八雲ヶ原
 
 昨日武奈ヶ岳に行こうと思っていたら6時過ぎにパラッと雨。これでは比良はもっと天気が悪いだろうと判断して、本日に延期。昨日だと中一日になったし、HSひらも開いていないし、ということで、午前中は晴れという天気予報を信じて出かける。3人8脚さんの「本日の比良山」を昨日見れば、白い雪の比良山系となっていたので、これも楽しみ。6本爪の軽アイゼンを持っていく。

 湖西道路を車を走らせていると、雪を頂いた比良山系が太陽に照らされて白く輝いているのが見える。ユッキーは思わず歓声を上げる。

 イン谷口に入って駐車する。すでに4台ほど駐まっている。このあたりの雪は融けている。

 身支度を調えて出発。最初は3枚着ていたのだが日も差し暑いので大山口で1枚になる。少し滑りやすいので青ガレでアイゼンをつける。ところが、青ガレではアイゼンの必要はあまりなかった。

 雪は30cmほど積もっている。雪の吹きだまりでは50cmにもなる。アイゼンをつけるとやはり重い。慎重にゆっくりと歩を進める。金糞峠に着くとやはり1枚では寒い。1枚足す。さて、四つ辻に行くのに奥の深谷から行くか、ヨキトウゲ谷から行くか。両方にトレイスあり。そこで先週と同じように奥の深谷から行くことにする。ところが立派なトレイスは八雲ヶ原の方向についており、渡渉して四つ辻への方向にはわずかな踏み跡だけ。八雲、イブルキノコバで行くと遠回りになるし、今日は昼から下り坂という予報もあるし、早く山頂に行きたいということで結局渡渉して四つ辻に向かう。最初は踏み跡もあったのだが、途中でこの踏み跡は引き返したようである。まあ、仕方がない。膝下の雪をラッセルして四つ辻に向かった。

 四つ辻に着いてみるとヨキトウゲ谷からのトレイスがはっきりあり、こちらからまわればよかったと後悔。
 
 ここからが踏ん張りどころの登り。コヤマノ岳南陵を登って行く。中峠分岐に近づくと風が強くなり、寒い。さらに1枚着る。なんのことはない出発時と同じ服装となった。コヤマノクラウンも雪が風に飛ばされたためか白くない。

 コヤマノ岳からブナ林を降っていく。ワカンを持ってくればよかったというような雪の積もり具合。イブルキノコバ分岐を過ぎ、最初から冬道で山頂に。151回目の山頂だった。山頂にいるものわれわれを含めて5名。強風のため、山頂に到着したものはすぐ下山する。白山がはっきりと見える。「日頃の行いがいいからですね」と5名のうちの1人が言う。しかし、360度の展望を楽しんだのもつかの間、南の方から鉛色の雲が近づいてきた。風は強くしっかりとカメラを支えられないほど。われわれも早々に下山。先週と同じように八雲ヶ原でお昼としようということで、下山。イブルキノコバ分岐でクッキーを食べて空腹を宥める。

 先週と同じコースで(ゲレンデ跡まで行くのに冬道を使った点が違う)ゲレンデ跡を八雲ヶ原へ。先週歩きにくかった道も雪がカヴァーしてくれていて歩きやすい。ただ一つ注意しなければいけないのは、穴ぼこが雪で隠されていること。しかし、トレイスは見事に穴ぼこを避け、安全に導いてくれた。

 八雲ヶ原の石テーブルで昼食。今日もパンとコーン・ポタージュ.仕上げは草餅とほうじ茶。

 八雲ヶ原から北比良峠、そしてダケ道。アイゼンはカモシカ台までつけた。天気予報通りダケ道で雨がぱらついてきた。大山口、イン谷口で駐車場所。後始末をしてからHSひらに。アリコ・ヴェールとコーヒーで疲れを癒やす。HS比良は年末23日(日)が最後で、新年は9日(水)から。

 湖西道路、名神と快調に走って帰宅。思ったよりも早く帰れた。お風呂の後は、おでんと山名酒造の「奥丹波・野条穂」。凜とした味わいの幻の酒米・野条穂の復刻酒。快い疲れで陶然となる。
 

65.【12月13日(木)】善峯寺バス停9:16→釈迦岳→ポンポン山→西尾根→11:45ツツジの丘12:15→12:38森の案内所→杉谷→13:43善峯寺バス停14:24

   
登山口 山頂 お気に入りの丘 遠くに森の案内所
 今週末もう一度武奈に行こうと計画をしているので、今日は軽めのハイキング。どこに行こうかということで、ポンポン山が候補に浮かぶ。

 久しぶりだ。近鉄、JRと乗り継いで向日町から阪急バスに乗る。8時35分。

 9時9分に善峯寺に到着。準備をして登りはじめる。最初は車道。この道がいつもきつい。杉谷方面との分岐でわれわれは左手に。いったん南に向かい、釈迦岳を通過してポンポン山を目指す。

 倒木はどなたかによって片付けられており、それほどの困難はなく登山道を進む。しかしながら、倒木はひどく無残な感じ。われわれが見晴台と呼んでいるところは特にひどかった。根返しもあれば、幹の途中からぼっきりと折れているのもある。今年のこの天候がなにか大きなものの予兆でなければいいのだが。

 ポンポン山までで出会った人は2人。1人は道の整備をしている方とお見受けした。曇り空で木曜日とくれば出会う人が少ないのも道理だろう。ポンポン山ではわれわれだけ。写真を撮って早々に西尾根に進む。昼食場所をどこにしようかと考えながら西尾根を進む。管理の人の手によるのか、木が整理され、道の部分は明るくなっている。ナンバーの入った標識はあるがテープがないのが清々しい。森の案内所まで2ヶ所ほど激降りのところがあるが、新しいトラロープが張られていて歩きやすくなっていた。

 結局ツツジの丘で昼食。本日は京都駅で買ったおむすびとみそ汁。デザートは懐中汁粉。

 あとは森の案内所まで。ここでトイレと思っていたら閉鎖中。これまで土、日以外は案内所は開いていないがトイレは使用可能であった。しかし、今日はだめだった。

 これで予定では南春日町に向かうことになっていたが、トイレがあるということで、善峯寺バス停に向かうことにした。

 コンクリートの道をひたすら歩いて杉谷まで登り、そこから、降り。特にコンクリート道の降りは膝関節に悪い。しかしそんなことを言っても仕方がない。13時24分のバスには間に合いそうもないので、1時間後の次のバスに乗ることにする。そうすると、そんなに焦って急ぐこともない。杉谷からゆっくり降り、バス停に到着。40分ほどのんびりと待つ。その間に善峯寺にお参りに行った人やポンポン山に登ったであろう人がバス停にやってくる。全部で7人ほど。

 定刻発車のバスでJRまで行き、そこからJR、近鉄で帰宅。お風呂の後はビールとトマトソース・豚の鍋。冬枯れのポンポン山と西尾根だった。

 本日でキムケンは今年目標の65回山行を達成した。ユッキーは64回。

64.【12月9日(日)】イン谷口→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→奥の深谷→四つ辻→南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

   
青ガレ 奥の深谷 コヤマノ岳南尾根 コヤマノクラウン 武奈ヶ岳山頂 武奈ヶ岳山頂(K) 下山(Y)
八雲ヶ原(K)
 
 本日武奈ヶ岳登頂150回目.参加いただいたみなさまありがとうございました.この場を借りて御礼申し上げます.写真(K)はかおりさん,(Y)はヨネチャン,それぞれのご提供のもの.

 湖西道路を走っていると,比良山系にうっすら雪が積もっているのが見える.今シーズン初の雪山となるかと期待が高まる.イン谷口トイレ前で駐車.Chさんも近くに車を駐めておられた.身支度をしてNさんとChさんと4人で出発.Chさんは比良の王道を行きたいとのことで,先に行かれる.一方,ナベさん,ヨネチャンとイン谷口の住人Kさんとが追いついてこられる.他方,金糞峠近くでかおりさんとTsさんとに追いつく.こうして金糞峠ではわれわれを入れて8人のパーティーとなった.

 いつもなら金糞峠で休むのだが,風と雪を避けて金糞峠を越えて奥の深谷まで降りる.われわれはここでオーバーズボンをはく.この前の蛇谷ヶ峰の経験からこうしたわけである.

 坊村から来られるM2さん,しーちゃん,摩耶山山歩さんと山頂12時で会うとの想定で,時間調整ををする.奥の深谷からのなだらかな道で四つ辻に行くのがよかろうと,久しぶりにこの道を歩く.難なく四つ辻に到着.さて,いよいよこれからが登り.上に行けば行くほど風は強くなる.積雪は5cmほどか.

 コヤマノ岳に辿り着くも,何も見えない.ゆっくりとブナ林を降り,イブルキノコバ分岐に.武奈ヶ岳も稜線がかすかに見えるだけ.そこへ「おーい」と呼ぶ声がする.こちらも呼び返す.早くも山頂に着いているメンバーがいるらしい.急いで登る.山頂に近づけば,山休さんとChさんとM2さんとが待っておられた.長時間待たせて申し訳なかった.

 そうこうするうちにしーちゃんと摩耶山山歩さんが上がってこられる.これで全員がそろった.急いで記念写真.

 昼食は八雲ヶ原でとろうと,急いで下山.パノラマコースを経て八雲ヶ原へ.八雲ヶ原石テーブルで.本日のわれわれの昼食はパンとコーン・ポタージュ.記念撮影の後,出発.ほっとすていしょん比良でなるべく多くの時間をとりたいため,慎重に急いで北比良峠からダケ道.イン谷口で車に分乗してJR比良駅まで.

 ほっとすていしょん比良では八雲ヶ原から一緒だった西宮の若者も含めてあれこれ山談義.あっという間に時間が過ぎた.

 帰りも車の流れはスムーズで6時前には帰宅できた.お風呂の後は頂き物の「菊司 蔵出し原酒」で海鮮鍋をつっついた.このお酒,辛口でシャキッとする純米酒だった.

 あらためて参加してくださったみなさまに御礼申し上げます.2年後(?)の200回記念は秋11月頃になるよう努めたいと思います.

63.【12月5日(水)朽木スキー場・入部谷越9:10→10:11さわらび草原道の分岐→10:20グリーンパーク想い出の森・旧いきものふれあいの里からの道の分岐(お見合い広場)→10:25蛇谷ヶ峰10:31→お見合い広場→さわらび草原道→朽木スキー場最上部→11:40朽木スキー場駐車場

   
駐車地にて さわらび草原 標高587m 標高805m 標高817m付近 山頂 山頂
お見合い広場
 
 いつもスノーシュー遊びに来ている朽木スキー場からの登り.本日は倒木調査にやって来た.雪のないときにこのコースを取るのははじめて.

 鯖街道を走っているとき車のフロントガラスに雨がかかり始めた.弱気になって,今日は堂満くらいにしとこうかと思ったりもしたが,いやいや初志貫徹.途中で朽木新本陣に停車し,儀式を行い,近くのコンビニでおにぎりを購入.スキー場への道を上がっていき,スキー場の駐車場近くに駐車.なにわナンバーの車が1台駐まっている.

 レインウエアを着てゲイターをつけて出発.ゲレンデの端,さわらび草原から出発.ここですでに標高440m.沢を右手に見て林道を登って行く.沢の向こうには尾根がある.やがて左手の斜面をジグザグ登り,沢から離れていく.右の尾根が迫ってくる.行く手には植林が.標高817mでさわらび草原ルートと合流.ここがまた,この前の富坂ルートとの合流地点.


 ここまで来ると山頂まではすぐ.まずお見合い広場まで9分.そこから山頂までは5分.

 お見合い広場近くで山頂から夫婦と覚しき男女が降りてくる.話してみたら,スキー場に駐車していた車の持ち主.今朝はマキノのメタセコイア街道に行って,その帰りにここに来られたとか.蛇谷ははじめてだとかで標高817mからの東尾根のコースをお教えした

 なんと1時間半ほどで山頂に着いた.完全に雲の中で何も見えない.ピーク写真を撮ってすぐに下山.お見合い広場でおにぎりとお茶で昼食.さわらび草原コースは斜面が急で今日は雨のせいで滑りやすい.とうとうユッキーは尻餅をついてお尻はドロドロとなってしまった.私の方は慎重にゆっくりとへっぴり腰で降りたので尻餅はつかなかった.

 ゲレンデ最上部からはゲレンデの端を降りていく.今週末は雪が降るかも知れないので,スキー場の管理をしている人たちがスキー場を整備して準備しておられる.スキー場のHPによれば今月下旬にオープン予定とかだが,スキーができるほどに降雪があるかは大いに疑問.

 11時40分には駐車地に着いた.邪魔な倒木は全くなく,本当にスムーズに下山できた.駐車地で先に降りておられた大阪からのご夫婦と話をしながら後片付けをして出発.実は今日は朽木の旭屋で10割そばを食べるという計画.行きしなに,また朽木新本陣の道の駅に寄り,野菜と腐葉土を買う.そして旭屋.私は鶏そばと鯖寿司のセットを食べる.ユッキーは山菜そばといなり寿司のセット.お腹が一杯になって,帰りにコーヒーでも飲もうと湖岸の方に廻ってHS比良に寄る.今度の日曜のことを言っておはぎを予約しておく.

 渋滞もなくスムーズに帰宅できた.写真の整理をしてお風呂に入り,今日はビールで乾杯.雨は降ったけれど,幻想的な光景も見られたし,グルメ旅行もできたし,満足の一日だった.教訓としては雨が降ったら,面倒くさがらずにオーバーズボンもはきましょうということ.はいておればお尻ドロドロも簡単に処理できたはず.

62.【12月2日(日)バス停朽木栃生9:16→イクワタ峠→11:46釣瓶岳→ナガオ→12:09P105012:40→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:15大山口→イン谷口

   
バス停 通行止・立入禁止 迂回路 シラクラ三山 釣瓶岳山頂(y) ナガオ(尾根)(y) ナガオP1050(y)
バイカオウレン  
 武奈ヶ岳150回目は12月9日(日)の予定.実施か中止の判断の結果はこの欄でお知らせします.実施した場合,12時30分には下山開始の予定.

 本日は,しーちゃんとご一緒.冬枯れのナガオ(尾根)を楽しもうとの計画.(写真(y)はヨネチャン提供.)

 出町柳7時15分発の朽木学校行き京都バスで出発.横入りは1人.バスは全員席を得た.平,坊村,梅ノ木で次々と乗客は下車.朽木栃生でわれわれ+1人の全員が下車.バス停で準備をして登山口へ.登山届提出.(このバス停にはトイレがないので,出町柳で儀式を済ませておく必要あり.)

 ヤマレコ等で倒木の始末をして登山道の整備をしてくださっている方がおられることは確認ずみ.ただ,登山口をすぎて林道を行こうと思ったら,林道の工事がされているようでいきなり「立ち入り禁止」の看板あり.道が半分ほど削られ大きくえぐられ再構築している最中のようで,今日は日曜日だから工事はお休みだが,工事がされているときには通行不可能ではなかろうか.ここまで来て戻るわけには行かないので,気をつけながら通らせてもらった.

 標高610mの所に来ると登山道は「通行不可」の表示があり,同時に左側に「迂回路入口」の案内がある.出口まで300mと書かれている.ヴォランティアの方の非常に親切な案内板である.ここで標高650mぐらいまで迂回路を登る.今日のコースではここが一番の倒木ヶ所だった.

 イクワタ峠に到着し,ここからは南へ南へと釣瓶岳を目指して登る.最後の苦しいところ.霜柱や霜柱の融けたので滑りやすい土.慎重に登る.山頂で,ヨネチャンと会う.記念写真の後,ナガオに.いつものようにP1050mで武奈ヶ岳を見ながら昼食とする.今日のわれわれの昼食はパンとホットコーヒー.

 昼食をすませたのち,尾根を南東方向に進んでいく.P991mを目の前にしたところで,谷を降る.谷は南西方向.曲がり角にokaokaさんのテープあり.途中右の谷と合流する当たりで左側の斜面に登り,広谷へと降りていく.

 広谷からはイブルキノコバを経て,八雲ヶ原.湿原のところから北比良峠へ.途中でなんと季節外れのバイカオウレンを発見.北比良峠で休憩した後ダケ道を降る.大山口に降りたって,ひょっとしたら3時25分のバスに間に合うかと淡い期待をもって走り出す.大山口からイン谷口までのきれいな残りモミジを写真に撮ることもなくひたすら走る.ああ,しかし,バスはすでに出合橋のところを曲がろうとしていて,運転手にはこちらの姿が目に入らなかった.時に3時25分30秒.

 仕方がないので,われわれ4人ともう1人の登山者でおしゃべりして次の4時のバスを待つ.とそこに呼んでもいないのにタクシーが寄ってきた.「比良駅までだったらタクシーの方が安いよ」と言う.バスで行けば5人で1750円,タクシーだと1250円.確かに.それでHS比良には4時少し前に到着した.そうしたらなんと山休さんがおられるじゃないですか.ずいぶんと待って頂いていたようで,恐縮する.(詳しくは山休さんのHPをご覧下さい.)さまざまな話で盛り上がる.

 山休さんは車で,われわれ4人はJRで帰途につく.6時に近鉄丹波橋駅に着いたら,もう日は落ちて夜.帰宅して片付け風呂の後は,山名酒造の「純米吟醸うすにごり」.爽やかにそよ風が吹き抜ける.