2018年最近の山歩き

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


48.【9月26日(水)】イン谷口8:20→神璽谷→沢コース→北比良峠→11:50八雲ヶ原12:30→北比良峠→ダケ道→14:15大山口→イン谷口

アキギリ ミカエリソウ フクオウソウ 八雲ヶ原 センブリ アケボノソウ ダイモンジソウ
アキチョウジ
 
ワレモコウ
 秋の花を求めて神璽谷に行こうと計画していたところ,アイチャンもということになり,アイチャンのお知り合いのレイチャンも加えて4人で出かける.天気予報によれば午後から雨ということなので,八雲ヶ原で食事をして戻ろうと決める.

 われわれの車をトイレ前に置き,Iチャンの車で元リフト駅の近くまで進む.2台車があるとこういう点は便利だ.


 ヴェテラン,Iチャンの昔の話を聞きながらゆっくり登って行き,リフト道の分岐を過ぎ,神璽谷方向に進む.倒木等はほとんどない.どうやら台風後整備して下さった方がおられるようだ.トラロープは新しくなっているし,枝をのこぎりで切った切り口が新しいからだ

 鳥居を過ぎ,おにぎり岩を過ぎていよいよ沢を登っていく.昨日の雨のあと,岩が濡れているので滑らないように細心の注意を払って登って行く.ニードル岩が見えれば,ダケ道との合流地点も近い.まずはよじ登るようにして尾根コースに乗り,そして,ダケ道との合流地点へ.尾根コースもようやくポピュラーになり滑らないように網が張ってあったり足の置き場が掘られたりしている.

 北比良峠で今日初めて人と会う.若い人のグループ.聞けば大阪大学の学生でスゲ原の暮雪山荘の修理に来ているとか.大工さんも来られているとの由.

 さて,ここからロッジ跡を経てゲレンデ跡を八雲ヶ原に.石テーブルで食事.

 八雲ヶ原の湿原でウメバチソウを観察して,Iチャン,レイチャンとは別れる.われわれは北比良峠へと登り返す.武奈ヶ岳に行っているとこの坂は帰りの登りで苦しいところなのだが,今日は武奈に行っていないので何のこともなく北比良峠に着いた.

 あとは通い慣れたるダケ道.だんだん薄暗くなり雨も近くなっている.イン谷口の駐車地に戻ったときには雨が降り出した.下山途中でなくてよかった.

 今日は水曜日.「ほっとステイションひら」があいている.おはぎが残っているだろうと急いで着替えをして車に乗り込みJR比良駅前まで.おはぎとホットコーヒー.疲れも吹っ飛ぶ.アリコベールをお土産にして,雨の中を湖西道路,名神で帰る.お風呂の後はビールで乾杯.

 Iチャンおつきあいご苦労様でした.また,雪のときにご一緒に.


 写真掲載以外の花としては,ウメバチソウ,ミヤコグサ,ミミカキグサ,ネジバナ,オオカニコウモリ,ママコナ等.

47.【9月23日(日)】坊村→御殿山→西南稜→武奈ヶ岳→コヤマ岳→コヤマノ岳南尾根→四つ辻→ヨキトウゲ谷→金糞峠→正面谷→青ガレ→大山口→イン谷口

アキノキリンソウ アキチョウジ リンドウ トリカブト 武奈ヶ岳山頂 センブリ ツルリンドウ
クサボタン
 
ヨツバヒヨドリ 
武奈ヶ岳スペシャル 
 台風後,坊村からの御殿山コースはどうなっているかの調査とトリカブト,リンドウの鑑賞に,今日は出町柳から久しぶりにバスで出かける.相変わらずの横入りがあったので注意したところ,グループ全員が列の最後尾にまわられた.私としては横入りした人だけが後ろにまわればよいと考えていたのだが・・・

 10人ほど立っている人がいたが1台のバスで出発.

 バスの窓から台風の爪痕を確認する.大原辺りでも無残な姿が見受けられる.花折れトンネルを出た安曇川左岸のところで倒木のひどい様を見る(これは小てつさんに教えてもらって知っていたのだが).

 坊村に着いて葛川センターのほうを見れば車で一杯.トイレをすませ,ゲイターをつけて出発.滋賀県警の警察の人が登山届提出を促し注意を喚起されていた.われわれはネットで提出済みなのですぐ出発.いよいよジグを切って急坂を登り始めると倒木で迂回しなければならないところが続出.正面谷,ダケ道あるいはコヤマノ岳南尾根の比ではない.迂回の道はついているがこの斜面が急だし,土は粘土質で滑りやすい.時間はかかるし体力を消耗する.われわれのいうモミジノコバの付近はまた一段と倒木がすさまじかった.ここでたくさんのキタヤマブシの葉が出ていたので楽しみにしていたところ,水不足で全部枯れて茶色の死屍累々.夏の高い気温と雨が降らなかったためであろう.残念.

 不思議なことにこれから上のところでは倒木があっても登山道を大きく迂回しなければならないところはほとんどなかった.見晴台で名残のトリカブトを観察.

 へろへろで御殿山に到着.ワサビ峠でもきれいなトリカブト.そしていよいよ西南稜.アキノキリンソウ,リンドウ,センブリを鑑賞.リンドウはあと1週間もすればもっと咲いているだろう.センブリは一輪のみ.

 山頂に近づくとかおりさんが山頂におられるのが目に入った.それにChさんも.久しぶりにお会いした.それにナベさんも来られているとか.声をかければナベさんと後輩2人.かおりさんとは今日会えるんではないかと思っていたら予想的中.みんなで写真を撮る.撮影後かおりさんとナベさん一党は出発された.かおりさんとはHSひらで会いましょうと約束して.われわれはChさんと旧交を温めながら昼食.

 Chさんとは下山ご一緒にということでコヤマノ岳南尾根,四つ辻,金糞峠で降りる.山頂直下のえぐれ道でヒヨコさんに会う.これもお久しぶりということ.

 このルートを取ったのは実は青ガレの堰堤のところに前回クサボタンらしきものを見つけたのでその確認のためだった.そうでなければ神経を使うこのルートを降りには使わなかった.そして行ってみればやっぱりクサボタン.伊吹山には一杯あるけれど,比良山系で見つけたのはここだけ.

 トイレ前でChさんの車に乗せてもらいHSひらまで.山休さんも寄られていたのだが用事があるとかで一足先に帰られたとか.残念.かおりさん,Chさんとわれわれで山談義.頼んだのはゆずかき氷.あとはJRをかおりさんとご一緒して家路についた.今日の家でのうちあげはビールで.乾杯.

 山友と会えたし,目的の花も随分と見られたので満足の一日だった.
  

46.【9月17日(月)】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

アキチョウジ 青ガレ アキノキリンソウ ブナの木が・・・ コヤマノクラウン 武奈ヶ岳 ママコナ
カクレ滝
ウメバチソウ 
 一昨日明王谷で夫婦の滑落死があったことが報じられた.シャクシコバノカシラへと直接登って行く「男道」と呼ばれているところではないかと推測している.倒木でさらに進むのがむつかしかったのではなかろうか.

 われわれはリスクのあるところはなるべく避けようということで一般的な登山道を歩くのだが,やはりきちんと登山届を出しておこうとネットで滋賀県警に登山届けを提出しておく.台風後に出かけられたkol-yosiokaさんのレポート(ヤマレコ)で倒木の状況を把握した.

 8時前にトイレ前に到着したところ,すでに車で一杯.連休最後の日だからか.かろうじて駐車場所を見つける.トイレをすませゲイターをつけるなどしていたら20分は経過してしまう.やれやれ.

 正面谷で金糞峠に至るまででも台風後の倒木や枝は整理して下さる方がおられたようで台風前と同じように歩くことができた.霧雨のような雨が降り出し山の上の方はガスっている.蒸し暑い.水量が多いから見応えがあるだろうと今日はカクレ滝に寄って行く.金糞峠でレインウエアの上を着る.汗と雨でサウナ状態となる.さて,今日は金糞峠からヨキトウゲ谷,そして上林新道四つ辻へと進む.四つ辻に上がって一息入れる.リンゴ味こんにゃくゼリーで力をつける.レインウエァの下の方もはく.雨の日のフル装備.

 南尾根の倒木もひどいにはひどいが,登山道に直接関係があるのは2,3本.しかし,かおりさんが気に入っておられたブナの木が倒れていたのには少なからずショックを受けた.

 コヤマノ岳近くでIさんにまた出会う.「雨なのによう登らはりますねえ」と言われたので,「お宅も同じでしょう」と返す.

 ここからはブナ林を通り,少し降ってイブルキノコバ分岐に至り,そこからいよいよ登り返す.西南稜,山頂は幻想的な雰囲気である.雨も止んだのでここで昼食.風が少しあり,ウインドブレーカー代わりのレインウェアを着ていてちょうどいいぐらい.シャツ1枚では少し寒い.

 下山開始したらまた小雨.滑りやすい山頂直下の道を慎重に進む.今日はパノラマコースで帰ることにする.八雲ヶ原の湿原にウメバチソウの咲き具合を見に行ったら,蕾が例年になく多数あり,開花しているのはまだほんの少し.腹が立ったのは花に全く興味がないのに肝試し代わりに崩落しかかっている木道を進み,挙げ句の果てに湿原にボチャンと降りた輩がいたこと.われわれは崩落していないところで止まり,花の観察後引き返した.


 あとは北比良峠に登り返し,ダケ道を降った.Wat.さんの整備で倒木で困ることもなく大山口まで.ここで後始末をして車に乗り込む.打ち上げは道の駅妹子の里でソフトクリーム.ふと見たら,HSひらのYさんがお味噌の店を出しておられた.お久しぶりですと声をかけ,少し話す.もう店じまいをしておられるところだったのであわててお味噌を購入.また別のところでフジバカマの苗を売っていたので,まだ花のついているのを買った.庭に植えるのが楽しみ.

 連休最後ということで出かけている人が多かったからか湖西道路は渋滞していたが,今日一日の成果に満足できたので我慢できた.

 家に帰って,打ち上げは山名酒造の「奥丹波・亀の尾」.幻の酒米を使ったお酒で懐かしい味のするいいお酒だった.

45.【9月9日(日)】円山公園→大谷廟→東山山頂公園分岐→清水山分岐→伊藤博文公遺詩碑→清水山分岐→東山山頂公園分岐→大谷廟→円山公園

ヤブミョウガ イヌビワ 倒木に阻まれる 清水寺分岐付近 名残のダイコンソウ ヤブラン
伊藤博文公遺詩碑
 雨の予報もあるし,中2日ということもあるので軽いところで東山トレイルを歩いてみようということになった.

 昨年は粟田口から歩いたのだが,今日は雨の降らないうちに東山トレイルを行こうというので,円山公園の南側,大谷廟の墓地からショートカットして東山トレイルを進み,今熊野あたりまで行けたら行く,雨が降ってくれば途中で進行をやめようという計画で出発.先日の台風の爪痕の具合では進むことができないかもと覚悟していく.

 墓地を抜けるところで防虫ネットをかぶる.もちろん虫除けも噴霧.しかしこの作業をしているときにザックを降ろしていたものだから背中のあたりに蚊の攻撃を受ける.

 最初は倒木も大きなのは1カ所で高巻きして,ともかく進む.しかし,東山トレイル道との合流地点の東山山頂公園分岐のあたりから雨が降り出してくる.急いでザックカヴァーをつけ,レインウェアを着込む.このときレインパンツもはかなかったのが今日の失敗の一つ.

 さらにこのまま帰ろうかとユッキーは言ったのだが,トレイル道なら行けるんではないかと私が甘い予想をしたのが第2の失敗.清水山と清水寺(舞台)の分岐にやって来て,トレイル道を進まず清水寺(舞台)に降りようということになり,進んで行ったところが清水寺分岐から清水寺方向には何本となく倒木があり,進めない.通行止めの看板も出ている.倒木を避けて木につかまりながら斜面を進んで行くと南ではなくどんどん北西の方向に進んでいく.尾根の先端に行くと,伊藤博文公遺詩碑があった.ここから先には進めない.また通行止めの札がある.結局元に戻ろうということになり,清水山分岐,東山山頂公園分岐まで戻り,菊谷(菊渓)川沿いに大谷廟に戻り,円山公園の東屋で後始末をした.

 東山トレイルのほうには行かなかったのだけれど,今日辿った道から推測するとおそらくたくさんの倒木がありそうである.他の山に行く場合も情報収集をして時間の余裕をもって行かねばなるまい.

 今日は2時間半ほどの山歩きでお昼前に伏見に帰ってきたので,大手筋の「みんなのカフェ」で昼食をとった.家に帰り,シャワーを浴びる.夕食時には山名酒造の「ひやおろし白露」.すっきりしたお酒.

44.【9月6日(木)】イン谷口→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→奥の深谷→金糞峠→正面谷→青ガレ→イン谷口

倒木 ヤマジノホトトギス ツルニンジン 岩が・・・ 金糞峠 広谷 キタヤマブシ
ナガエコナスビ
キンミズヒキ
 
 イワギボウシ
 
 朝起床したら北海道の地震のニュースが飛び込んでくる.火曜日に台風が来たと思ったら今度は地震.山に行くのも気が引けるのだが,この前の台風で比良のあたりはどうなっているかの調査とキタヤマブシ鑑賞ということで出かける.

 途中コンビニでお握りを調達しようと思ったら,台風の影響でお握りは入荷していない.仕方なくパンと牛乳を仕入れる.

 湖西道路は渋滞することもなくスムーズにイン谷口に.ただ,トイレ前まで進めようと思ったら,下は枝や葉が一杯落ちていて慎重に車を進める.ともかくもトイレ前のいつもの所に駐車.すでに車は5台駐車している.

 用意をして出発.Kさんは立山の方から戻ってこられ今日からこちらに.テントを設営されていた.大山口に行くまでにも倒木があり,台風の猛威を知らされる.水飲み場でタオルクールして進む.気温はやや低めだが,湿度が高く,蒸し暑い.曇り空だが,上の方はガスがかかっている.


 途中で比良に月8回来られているというIさんとお話しし,金糞峠までご一緒する.

 青ガレから上もところどころで台風の爪痕が見られる.そしてようやく金糞峠に.実は昨日人間ドックに出かけたので,お腹の調子をはじめとして体調はあまりよろしくない.今日は広谷のキタヤマブシを見ることだけを目標とする.

 台風の影響で奥の深谷の水量もやや多い.橋が流されているところは慎重に石を選んで渡渉する.奥の深谷ではJR小屋の少し手前のところで倒木が道を通せんぼ.沢のほうに降りて大きく迂回.八雲ヶ原からイブルキノコバを経て広谷に.八雲ヶ原の湿原の端にも大きな倒木があった.八雲ヶ原からイブルキノコバでは登山道に3カ所ほど倒木があり,かがみ込んで下を潜るか斜面を回り込んで進むかしなければならなかった.広谷で昼食.昼食後,同志社小屋あたりまで進み,キタヤマブシ鑑賞.株はやや減っている.花はまだ蕾もたくさんある.あと1週間は楽しめるのではなかろうか.

 キタヤマブシも楽しめたので,今日はここで帰ることにする.八雲ヶ原まで戻ってきて北比良峠・ダケ道にするかピストンで金糞峠・正面谷にするかまた選択をしなければならなくなった.体調ももう一つだし,ダケ道の倒木がどうなっているか分からないので,結局,ピストンすることにした.


 金糞峠からは堰堤のあるところまで石と岩のゴロゴロ道.風と雨のせいでゴロゴロが増えている.ほとんど青ガレ状態.ただ青ガレは石,岩が比較的安定しているが,こちらは不安定.汗をかきながら慎重に降っていった.いくら「降りのユッキー」と異名をとったところで今日は本領発揮できなかった.滑ったりすることもなく無事青ガレも通過し,イン谷口に戻った.

 今日は山頂まで行っていないのに疲労感大.倒木の迂回等で時間を取ったからか.そこでどこにも寄ることなく帰宅.イワギボウシ,キンミズヒキ,キタヤマブシ等の成果を話しながらビールで乾杯.

 今週末は雨のよう.さて,次はどこへ?