2018年8月 山歩き

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


43.【8月29日(水)】北白川仕伏町バス停→弁財天二ノ鳥居→登仙台(一本杉)→東海自然歩道→桜茶屋→無動寺弁天堂→無動寺坂→坂本観光案内所→甘味処うえだ→JR叡山坂本駅

北白川バプティスト病院 京都一周トレイル60 弁財天二ノ鳥居 登仙台・一本杉 玉照院 箸塚へ クサアジサイ
ネコハギ
名残のイワタバコ
 
 中1日の山行.武奈ヶ岳に行くのはきつい.というわけで久しぶりの一本杉から無動寺道で坂本へ行こう,甘味処「うえだ」もご無沙汰しており,今夏のかき氷も食べていないし.(8月18日のおばさん山歩き隊Tさんの逆コース).

 京阪で出町柳まで.おにぎり屋で食料を仕入れ,3番のバスで終点北白川仕伏町まで.教会の前で用意をして北白川バプティスト病院の駐車場のところから登る.サルスベリが咲いている.京都一周トレイル東山コースだと瓜生山に寄って行くのだが,われわれはパス.

 瓜生山経由の道と合流するのが60番の標識のあるところ.なだらかな登りで弁財天二ノ鳥居,いわゆる石鳥居まで.ここからは尾根を登る.白鳥越.520mあたりで比叡アルプスの道と合流.NHKの電波塔が見えてくれば一本杉は近い.

 一本杉は台風で道側の部分が倒れたが斜面のほうは残っている.ここは登仙台と呼ばれ,比叡山ドライブウェイの休憩所にもなっている.われわれもここのベンチで昼食.自販機があるのでお茶を買い足す.

 ドライブウェイを横切り,ロテル・ド・比叡の横から東海自然歩道で桜茶屋,そして無動寺弁天堂へ.玉照院から箸塚へ.ここからアップダウンが苦しいが無動寺坂を北東の方向に.途中,「遠見岩」と呼ばれる岩がある.明智光秀が領内を見渡したと言われる場所だ.崩れた石段を我慢して降りる.やがて相応水の水場に至る.あとは林道で,琵琶湖病院の駐車場が左手に右手には墓地がある.なんとも言えないロケイションだ.道を渡り,病院のところから北に転じて進むと,坂本の里坊や比叡山中学校がある.観光案内所でトイレを借り,着替え,後始末をする.

 そして甘味処「うえだ」.毎週木曜日が休みだと知っているので今日水曜日にやって来た.「お久しぶりです」.なんとお正月以来.早速宇治金時を注文する.四方山話で時間も忘れる.さて,そろそろということで,ミカンゼリーをお土産に買ってJR叡山坂本駅まで.あとは京都駅,近鉄で帰宅.

 武奈ほどの高さはないので疲れはそれほどなかったが,歩数は3万歩を超えた.今日はビールで締め.

 参考文献 竹内康之『比叡山1000年の道を歩く』(ナカニシヤ出版,2006年)

42.【8月27日(月)】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

ボタンヅル ママコナ 武奈ヶ岳山頂 ツルニンジンの蕾 キタヤマブシ ヤマジノホトトギス オオカニコウモリ
オトギリソウ
ミヤマウズラ
 久しぶりの武奈ヶ岳.土曜日はパーティー,日曜日は休養,ということで本日の山行.トリカブト,キタヤマブシは猛暑の中どうなっているか.ヨネチャンから情報を得ているので楽しみに登る.

 イン谷口トイレ前には2台すでに駐車.1台はMさんの車のよう.今日はヒルの心配はないのでゲイターつけずにそのまま出発.ミンミンゼミが迎えてくれる.青ガレ近くまで来たところでカメラを車の中に置き忘れたことに気がついた.残念.従って今日の写真は全部ユッキーのカメラによるもの.

 青ガレまでがしんどいところだが,今日は雲の多い日で日差しが強くなく,汗の量も少なめで,比較的楽に登れた.一応水場ではタオルクールをする.リョウブの白い花も終わって薄茶色になっている.マツカゼソウが花をつけている.いつもよりは楽に金糞峠に着いた.ここからは奥の深谷経由で八雲ヶ原に.池のサギソウも終わってしまった.ウメバチソウの蕾を確認.

 イブルキノコバに着いて,飲むコンニャクゼリーリンゴ味で元気をつける.ここでようやく人に出会った.これがHさん.「お久しぶりです」と声をかけたら,「自分は5日間毎日武奈に来ているので,そちらが久しぶりではないですか」と言われてしまった.1週間休みをもらっているので明日も来られるとか.脱帽.

 ここから夏道で合流地点まで.いつもヤマジノホトトギスを見ているところで花がない.随分数が減ったようだ.

 そうこうするうちに山頂に到着.4人ほどが食事中.われわれも食事.コンビニおにぎりと牛乳,冷やしぜんざい.食事が終われば北陵に進む.山頂近くにあるトリカブト,直立していないのでこれはキタヤマブシではなさそう.咲いたのもあるし,蕾もあり.

 細川越からスゲ原に降りる.ここから広谷までキタヤマブシ街道.あちらこちらで花が咲いている.暑いところでよくがんばった,と思わず声が出る.雨も少なかったけれどここは沢の横なので,その点は助かったのか.まだまだ蕾もあり,あと1,2週間は楽しめるだろう.

 花を見れば疲れも吹っ飛ぶ.快調にイブルキノコバ,八雲ヶ原,北比良峠と進む.いつものようにダケ道で大山口まで.ツクツクボウシが送ってくれる.大山口で顔を洗い,後始末.無事駐車地まで戻れた.

 帰りは道の駅の妹子の里に寄り,ソフトクリームでうちあげ.予定通りに帰宅.今日は山名酒造の「奥丹波」で締め.青木杜氏によるもので,キレのあるすっきりしたお酒.

 まだまだ暑いけれど少しずつ秋が近づいている.台風のせいで緑の葉をつけたまま小枝がずいぶん落ちていた.今年の紅葉はどうなるだろう.

41.【8月19日(日)】岩屋谷・滝谷出合→京都府立大学久多演習林管理舎→第1バクロ坂→第2バクロ坂→滑車のピーク(P910)→天狗峠分岐(P900)→北谷→滝谷→岩屋谷・滝谷出合

岩屋谷(イヤダニ) イワタバコ オトコエシ 滑車のピーク(P910) ヤマボウシの実 滝谷源頭近く 南谷の滝
ツルリンドウ
ミヤマウズラ
 今年も恒例のヒル観察山行.

 出町柳でおむすびを購入し,鯖街道を北上.梅の木で左折し,安曇川にかかる橋を渡り,久多方面に進む.釣り客が多く,道で駐車していたり,対向車が次々に来る.いつもの岩屋谷と滝谷の出合で車をデポ.ゲイターをつけ,かねて用意の虫除けをゲイター,靴に噴霧.

 出発.鎖の車止めを入って少し行ったところで向こうから戻ってくる人がいる.「早いですね」と声をかけると,「府大小屋のところから三国岳まで行こうとしたのだが,初心者の自分には難しいところだと分かったので引き返してきました」と言う.見れば,ジャージのパンツにゲイターなし.靴はトレランシューズ.これはやっぱり引き返してきて正解だと思う.

 林道を府大の小屋まで歩く.昨年はこの林道でもヒルのお迎えがあったのだが,今日は幸いお迎えなし.

 府大小屋からいよいよヒル銀座.覚悟して登る.ところが,夏の暑さでダウンしたのか,雨が降らず乾燥しているのでダウンしたのか,発見したのは3匹のみ.そこへ小てつさん持参の飽和食塩水をスプレー.たちまち縮んで動かなくなった.これはすぐれもの.

 見晴台とか水休憩の時にヒルチェック.特に靴底を念入りに.靴の上やゲイターに見つからなくても靴底にくっついていることがあるからだ.

 尾根にのれば涼しくなる.秋の山のようだ第2バクロ坂まで来ると地面のヒルのお迎えはない.ひたすら急斜面を登る.小てつさんのバクロ話で苦しさも忘れ登って行くとP910の滑車のピークに到着.小てつさんから袋に入ったアイスクリームを頂く.冷たくて甘く,疲労回復.

 ここからは西南西に進み,天狗峠分岐(P900)に到着.ここで昼食.われわれからは梨と冷やしぜんざいを提供.

 昼食後南下して850mの地点で東の方向に北谷を降りる.ここにはもう登山道というものはない.完全な小てつワールドだ.滝谷の源頭に降り立てばあとは流れとともに降りていくことになる.岩が滑りやすく注意を要する.馬尾の滝の水量は昨年と比べればそれほど多くない.このあたりもヒルの名所なのだが,やはり乾燥しているからかヒルは姿を現さない.植林が見えてくると林道の終点も近い.そこからも川に沿った道を降っていく.滝谷と岩屋谷の合流地点が車のデポ地.

 ほぼ昨年と同時期の山行だったが,今年はヒルの被害に遭わなかった.片付けをして車に乗り込み,小てつバーのはじまり.梅ノ木まで出て,鯖街道を西へ西へ.往きの8時ぐらいに坊村を通ったときには葛川センターには車が一杯だったが,帰りには残っている車はほとんどなかった.

 出町柳で降ろしてもらい,京阪で帰宅.シャワーの後は山名酒造の「ささ澄み・生原酒」.原酒と銘打つだけあって濃いお酒だった.久しぶりの日本酒.美味い.

 ヒルの被害にも遭わず無事本日の山行を終了した.
小てつさんありがとうございました.

40.【8月11日(土)】花巡りミステリーツアー

 小てつさんのお誘いを受け,夏エビネを見るための本日の山行.okaokaclub哲郎・道子さんと私の参加.ユッキ-は体調不良で不参加.
 植物保護のためルートは記しません.悪しからず.


39.【8月5日(日)】京都駅8:15→8:54近江高島駅9:04バス→9:29ガリバー青少年旅行村9:50→大擂鉢→広谷→イブルキノコバ→12:45武奈ヶ岳13:10→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:50イン谷口16:00バス

 
大擂鉢 芦生杉 ホツツジ 武奈ヶ岳山頂 サギソウ 名残のノリウツギ
リョウブ
ヤマジノホトトギス
 今日はマラソンランナーH氏夫妻とご一緒.1年ぶりである.なるべく涼しいところということで,ガリバー青少年旅行村から武奈ヶ岳のルートを提案.

 大擂鉢までの道でも斜面の道が崩れかけているところが前よりも増えている.ロープがついている.慎重を要するところだ.大擂鉢の渡渉も危惧していたところだったが最近の雨のなさで水量が少なく無事通過.

 ここからが涼しいコース.しばらくは沢を遡行する.しかし,左岸から右岸への最後の渡渉のあとは,沢から離れる.苦しみはここから.急な登りをひたすら登って行く.汗が噴き出る.有名な芦生杉の巨木2本の横の杉が根元から倒れているのを発見.迂回路ができている.我慢の登りの末,広谷への降りに転じたところでほっとする.

 広谷からも沢を遡行する.イブルキノコバを経由してさらに沢を遡行.冬道との合流地点からは沢を離れる.苦しいが,時々平坦な道もあり,やがて武奈ヶ岳が見えてくると少し元気がでてくる.

 コヤマノ分岐からはあと15分ぐらいか.途中まで夏道で進み,山頂近くになって冬道に入りショートカット.日曜日にもかかわらず頂上にいる人は少なく数えるほど.今日はパンと牛乳,冷やしぜんざい.H氏夫妻からはコーヒーを頂く.食事をしようと思っていたら,近づいてきた女性あり.なんとしーちゃんではないか.お目にかかれるとは思っていなかったし,お若く見えたのでしーちゃんと認識するまでに一呼吸あり.驚き.ご主人もご一緒だった.坊村から登ってこられたとのこと.

 しーちゃん夫妻が先に出発された.道はわれわれの下山道と同じでパノラマコース,ダケ道.

 シャリバテから解放されたわれわれも後を追う.ホツツジが満開.しーちゃん夫妻とはパノラマコースで会ったり,八雲ヶ原で会ったり,北比良峠で会ったりしながら,4時のバスに乗りたいため,われわれのほうで先行する.八雲池では写真を撮るために木道から湿原に降りたハイカーに「降りてはだめですよ」と注意した.こういう輩は山に来てもらいたくない.今日のダケ道の長く感じられたこと.

 大山口で顔を洗い,トイレ前で着替えをして4時10分ぐらい前にバス停に到着.バスに乗ればエアコンが効いていて極楽.比良駅に着けばもちろんHS比良へ一目散.「かき氷4人前」と大きな声で.私は梅シロップ,ユッキーは柚子シロップ.生き返った感じで文字通りクールダウン.前もって見ておいた京都行きの電車の発車5分前に店を出る.あとは電車の中でH氏夫妻と四方山話.あっという間に山科駅でH氏夫妻とは別れる.われわれは京都駅まで.そこから近鉄で帰る.丹波橋駅で降りれば,暑いこと暑いこと.京都は39.5度だった.

 シャワーの後はビールでうちあげ.炎天下の中,武奈ヶ岳まで登れて感謝感謝.山頂は涼しくて快適だった.ヤマジノホトトギス1輪発見したのも本日の収穫.