2018年7月

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


38.【7月31日(火)】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→コヤマノ岳南陵四つ辻→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 
ダイコンソウ オオバノトンボソウ 青ガレから琵琶湖方面 武奈ヶ岳 サギソウ ホツツジ リョウブ
名残のノギラン
 今年は花が早いから,もうサギソウが咲いているのではないかということで今日も武奈ヶ岳.車で出かける.161号線湖西道路から比良山系が比較的はっきり見えるので,幸先良い.

 8時前にイン谷口に到着.すでに4台ほどトイレ前に駐車している.

 早速出発.いつもそうなのだが,青ガレ下まではしんどい.歩き始めでしかも温度が高いからか.青ガレを過ぎるとエンジンがかかってきたのか,しんどさはそれほどない.金糞峠で一休み.


 今日は奥の深谷から四つ辻へ.小橋はみんな修理済み.Wさんありがとうございます.ヨキトウゲ谷から四つ辻へ行くよりはこちらのほうがゆったりと行ける.

 四つ辻からのコヤマノ岳南陵でM2さんがマムシを踏みそうになったとの報告があったので注意して登る.ここからダケ道まで今日はアブがしつこくつきまとったので苦労した.私の方は肩のあたりを2回ほど軽く咬まれた.虫除けもあまり効果がなさそう.ハチにはテリトリーがあるのだが,アブにはどうもなさそうで,同じと思われるアブがずっとついてくる.ギリシア神話で牛に変身したイーオーを苦しめたアブもかくやと思われるアブだった.

 頂上ではわれわれ以外には2人だけ.コンビニおにぎり,牛乳,冷やしぜんざい.時折吹く風が暑さを和らげてくれる.雲が多くなり,太陽を遮ってくれている.

 お腹も大きくなったことだしということで下山.パノラマコースも考えたが,やはり水のあるところ.イブルキノコバ経由で八雲ヶ原に.咲いていたサギソウは4輪.もう少し増えるのかも知れないが,蕾は確認できず.

 北比良峠,ダケ道で降る.ダケ道で私は木の根に足を引っかけ転倒.肘をすりむく.やれやれ.まあ大きなケガでなかったのが不幸中の幸い.

 無事,イン谷口に到着し,今日はどこにも立ち寄らずに帰宅.打ち上げはビールで.

 今日の収穫はサギソウの開花とホツツジ.ホツツジが咲き始めているとは早い.リョウブがあちこちで白い花をつけていた.奥の深谷等の水量は少なめだった.
 

37.【7月25日(水)】JR京都駅7:33→8:53JR関ヶ原駅9:30→バス→伊吹山8合目駐車場→西ルート→伊吹山山頂→中央ルート→駐車場→西ルート→登山道→14:15上野口登山口14:33→バス→14:48JR近江長岡駅15:06

 
シモツケソウ シモツケ クガイソウとアサギマダラ ミヤマコアザミ カワラナデシコ イブキフウロ コオニユリ
キンバイソウ
 先日のokaokaclubの懇親会で,桃山のTさんが伊吹に行ってきた話をされていてシモツケソウなどは今が見頃ということであり,われわれもということで昨年より1週間早く今日の伊吹行きということになった.また,連日の酷暑ゆえ上野口ピストンでは熱中症になるやも知れずと考え,登りはバス利用で関ヶ原から出かけることにする.料金1030円.

 山頂行きのバスは大垣発なのですでに関ヶ原では半分ほどの席が埋まっていた今日は水曜日なので土・日なんかではどうなのだろう.

 バスの中からの眺めは雲とガスでよいとは言えない.8合目駐車場に到着してすぐに準備して入山料300円を払い,西ルートで山頂を目指す.

 ここからは花を見つけては写真を撮るのに忙しく,山頂まで.途中シモツケソウの保護地を見て,ピンクの絨毯に感激する.「伊吹山もりびとの会」の人に説明を受ける.ようやくここ4年ほどの保護の甲斐がありシモツケソウは復活したとのこと.また,シモツケソウ激減の原因は鹿にあるのだが,そのほかアカソなどがシモツケソウの邪魔をするということもあったという話.

 山頂に着き,山菜伊吹そばを食べ,お花を見て回る.シシウドが大きく伸び満開.シモツケソウも今が一番いいときだろ.早くもワレモコウやシュロソウも咲き始めている.メタカラコウ,ヤマホタルブクロ,オオバギボウシ,キバナカワラマツバ,グンナイフウロ,イブキジャコウソウ,などなど.

 中央ルートにも花が多い.バスの時間の関係で東ルートは省略.

 山頂で時間を取り過ぎたため,14時33分上野口発のバスに間に合わせるべく,急いでしかし慎重に降る.幸いなことに3合目まではほとんど花がない.ただひたすら降りる.これまでガスっていたのに降りるに従って太陽が出てくる.それに高度が下がると温度があがる.大汗をかきながら5合目までノンストップ.次は1合目で休憩.ここまで来ればあとはもう少し.

 やっと神社の横に到着し,前の売店で伊吹牛乳を買い求め一気飲み.バスまで18分ほどあるので,トイレ,着替えを済ませる.

 あとは涼しいバスに乗り,JR近江長岡駅へ.1時間に2本しかない列車を待つ.ここでまた自販機でペットボトル.米原行きに乗り,要領よく乗り換え.あとは新快速で京都駅まで.今日はうちあげは家でということで炎天下の中,「おきな屋」に寄り,家へ.

 シャワーを浴び,今日の打ち上げは北川本家蔵元(「富翁」)直営の「おきな屋」で買い求めた純米大吟醸生詰原酒(火入れ)量り売り.目の前で瓶詰めしたもので,ここでしか買えないもの.うーん美味い.いかにも伏見のお酒で,はんなりとしていて奥行きがある.

 

36.【7月14日(土)】イン谷口→青ガレ→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 
トリアシショウマ 第1崩落箇所 名残のヤマアジサイ 武奈ヶ岳山頂 名残のナツツバキ カキラン ダケ道崩落箇所
タマガワホトトギス
カラ岳・釈迦岳
 今日も武奈ヶ岳.138回目である.コースとしては山頂までは前回と同じだが,下山は北陵周り.

 名神,湖西道路は少し混んでいた.夏のレジャーに出かける人が増えたからであろう.今日から3連休の始まり.

 トイレ前の所には8時頃すでにかなりの数の車があった.今日は短パン,半袖で軽くして出発.大山口までのところの崩落箇所ではすでにどなたかが倒木の枝を落として頂いたようで,大きく迂回しなくても進めるようになっていた.感謝.

 青ガレまで順調に登って行く.火曜日ほど蒸し暑さは感じず,疲労感が少ない.中3日で間が空いていないこともあるし,服を軽くしたせいもあるのか.あるいは湿度が火曜日よりは少し低いのか.

 橋の補修等をして下さっているWさんと金糞峠で出会う.金糞峠で休んでいるときに上がってきた人に「武奈にはどちらを行けばいいですか」と質問され,唖然とする.結局その人はヨキトウゲ谷へ進む登山者の後をついて行ったよう.

 そこからは奥の深谷で八雲ヶ原,イブルキノコバ経由で山頂に向かう.青ガレ手前,金糞峠と休憩し水の補給.イブルキノコバで糀甘酒を飲み3回目の休憩.町では38度になるという予報があり(結局38.5度まであがった),飲水には気を遣う.しかし,低山といってもさすが山.木々の木立の中,沢を歩いていると町の中のむっとした暑さはない.セミの声も涼しげ.山頂に近づけば時折風も吹き快適.

 最後のしんどい山頂への登りでは途中から冬道を使う.西南稜に着いたら下山してくる学生風のハイカーから「ここを行けばJR比良駅に行けますか」と質問され,これもびっくり.「ええ行けますよ」と適当に答えておいた.山頂では火曜日よりは多い人がそれぞれ昼食中.ピーク写真のあと北陵方向のコブのところで昼食.今日はチーズパン,アーモンド・クロッカンと牛乳.デザートはよもぎ餅.

 昼食後出発.火曜日にパスした北陵から細川越,スゲ原,広谷のコース.水量は落ち着いてきていて渡渉はいつも通り.ナッツバキももう終わり.イブルキノコバ経由,八雲ヶ原.今日はゲレンデ跡ではないほうの道を選び,北比良峠.ダケ道を降る.崩落箇所は以前スズメバチが出て大騒動となったところの近く.大山口に近づくと,火曜日には登山道も水の流れるところとなっていたが,今日は登山道には水はほとんど流れていなかった.

 イン谷口の駐車場所に無事到着.後片付けをして車に乗る.湖西道路は少し混んでいたが停止しなければならないほどの渋滞ではなかった.

 帰宅してエアコンをつけて自家製梅ジュース,炭酸割りでうちあげ.シャワーの後は山名酒造の「夏にごり」で乾杯.ああおいしい.花は掲載した他にはダイコンソウやモウセンゴケがあった.タマガワホトトギスは3株確認しているが,火曜日のはすでに終わり,今日のは開いたばかり.3株目のは蕾.


35.【7月10日(火)】イン谷口→青ガレ→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→ゲレンデ跡→ロッジ跡→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 
第1崩落箇所 第2崩落箇所 ノリウツギ 武奈ヶ岳山頂 トリアシショウマ タマガワホトトギス カキラン
コバノトンボソウ
オトギリソウ
 豪雨による崩落等がないかの調査と,この前(7月1日)蕾だったタマガワホトトギスとカキランのその後を調べに比良に出かける.

 基本前回と同じコースを行くはずであったが,8日も間が空いたのと本日の蒸し暑さで,疲労度が高く,武奈山頂からは広谷巡りをやめてパノラマコースで降りることになった.

 イン谷口トイレ前に着くとすでに車が1台駐まっていた.準備をしているとさらに1台車が到着.80歳を越える堂満の主Mさんであった.Tシャツ短パン姿で軽やかに颯爽と登って行かれる.

 こちらはゆっくりと歩き始める.駐車地の近くの住人Kさんは今日テントを畳んでおられた.梅雨も明けたことだし,立山のほうに移住されるのか.

 Kさんのテントから50メートルほど上がったところで斜面の崩落に出会う.左の斜面が崩落し木も倒され完全に登山道を塞いでいる.大きく右に降りて迂回する.今日最初の崩落地である.迂回は右の平になっているところだからそれほど難しくはない.

 比良でもやっぱり崩落しているところが出たのだ.このあと青ガレまでのところではさしたる変化はなかった.青ガレへと上がる渡渉箇所.水量多し.青ガレを超して正面谷を登って金糞峠まであと半分ぐらいのところで第2崩落箇所.左手の堂満ルンゼあたりからのガレ場.随分多くの石が流れ込んできている.こちらはいつもの登り道近くまで来ていて,少し右に道を取る.いつか道を完全に塞いでしまうということが起こりそうだ.


 正面谷を登っているときに汗が噴き出てしんどさがいつも以上.金糞峠に着いたときに武奈まで行けるか不安だったが,ともかく八雲ヶ原まで行ってみようということになる.奥の深谷はいつものように気持ちよい.ただ,この前の豪雨で渡渉箇所の橋のほとんどが流されるか傾き水没しているかで石伝いに渡る.しっかりした靴が必要.それほど水量が多い.

 やっと八雲ヶ原着.ここからイブルキノコバ経由で武奈ヶ岳に.もうこの時点で北陵周りで下山することは断念.

 これまで2人しか会わなかったが,山頂では火曜日にもかかわらず7,8人の登山者がいた.7月1日よりは見晴らしはあったが,それほどいいとは言えなかった.コンビニおにぎりとおぜんざい,牛乳の昼食.

 帰りはコヤマノ岳分岐からパノラマコース.豪雨の影響は特になかった.八雲ヶ原に着き,ゲレンデ跡を登り,途中でナツツバキを確認し,ロッジ跡,北比良峠,ダケ道.ダケ道でも1カ所崩落箇所を認めたが,これは登山道から外れたところで歩く分には問題なし.

 前回とほぼ同じペースで降りてきたが,北陵,広谷を廻らなかった分,20分ほどは早く大山口に着いた.ここで顔を洗い,ゲイター,靴の始末をして駐車場所に.帰りは道の駅に寄って,ソフトクリームで打ち上げ.買い物を少ししてあとは名神で帰る.渋滞は全くなし.

 家に帰って,シャワーを浴びてビールで乾杯.ご苦労様.無事に帰れて感謝,感謝.今日は本当にしんどかった.イチヤクソウ,ツルアリドウシ,ジキタリスは終わり.ナツツバキも最終段階.いよいよ花が少なくなってくる.

34.【7月1日(日)】イン谷口→青ガレ→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→ゲレンデ跡→ロッジ跡→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 
青ガレ 山アジサイ 武奈ヶ岳山頂 コアジサイ イワキンバイ ナツツバキ イブキジャコウソウ
イワガラミ
オオバキスミレ
 中2日での山行.武奈はすっかりご無沙汰している.6月には一度も登らなかった.というわけで,今日は武奈ヶ岳に.

 車で出かける.名神から西大津バイパス,161号線湖西道路と進む.道路沿いのネムノキが花をつけている.比良山系はガスに覆われていてほとんど見えない.

 いつもの所に駐車しようと思っていたら,すでに車で一杯.トイレ前よりも下がったところで車を駐める.武奈ヶ岳の人気のほどが窺える.湿度がどのぐらいあるか分からないが,ともかくも蒸し暑い.80%以上あることは間違いない.アカショウビンの声を聞きながらゲイターをつけて出発.

 イン谷口から青ガレ,正面谷を登る.金糞峠からは今日は花探索で奥の深谷,八雲ヶ原,イブルキノコバ経由で山頂へ向かう.奥の深谷ではヤマボウシがあちらこちらに.

 山頂は風が強い.汗冷えを防ぐためにレインウェアをはおる.パンと牛乳,おぜんざい.コヤマノ岳すら見えない.

 今日はわれわれにとってはロングコース.早めに昼食を切り上げ,北陵を降りる.粘土質の地面が柔らかくなっており,滑らないように慎重に降る.細川越からスゲ原に.もう,オオバアサガラは終わっている.例年よりも早い.スゲ原もぬるぬるしていて歩きにくい.

 しかし,苦労して広谷経由で帰ることにしてよかった.いつもなら終わってしまっているナツツバキが咲き始めであちらこちらに.花を落としてしまっているのもあるが,蕾も多数.1週間後ぐらいには満開となるだろう.

 イブルキノコバから八雲ヶ原,そして今日はゲレンデ跡からロッジ跡へ.谷の斜面にナツツバキを確認.北比良峠への縦走路で細くなっているところもまだかろうじて通ることができる.風が強いので慎重に進む.北比良峠からはダケ道.大山口に着いて,顔を洗い,ゲイター等の後始末をする.

 帰りにHSひらに立ち寄る.久しぶりだ.そして今日から始めたかき氷.青じそのシロップがのっている.さっぱりした味で後口がすこぶるいい.梅の利用方法等で話も弾む.さて,5時前になり,店を出発.帰りは湖西道路も名神も渋滞していたが,今日出会った花の数々の余韻に浸りながら無事帰宅.締めはビール.

 写真に掲げた花以外にはイチヤクソウ,ツルアリドウシ,ジキタリスが見られた.ハンゲショウ,オオバアサガラは終わり.カキランは蕾.