2018年5月の山歩き

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


29.【5月31日(木)】「いきものふれあいの里」跡→尾根→蛇谷ヶ峰→尾根→「いきものふれあいの里」跡

 
ヤマボウシ オオバアサガラ コアジサイ てんくう温泉分岐 蛇谷ヶ峰山頂 コハクウンボク タンナサワフタギ
 オオバアサガラを見に行きたいということで蛇谷ヶ峰を山行の目的地とする.オオバアサガラと言えば比良の細川越からスゲ原のあたりも見に行くところなのだが,今日の天気予報は午後から雨ということなので,早く登って降りられるところとして蛇谷ヶ峰となる.

 朽木新本陣でトイレ休憩をして,橋を渡り,「いきものふれあいの里」跡の道路に駐車.もちろんこんな天気だから誰も来ていない.

 ヒル避けを足下に噴霧して出発.随分と木が茂ってきている.元の自然が戻ってきているということか.

 早速オオバアサガラが目に入る.今日はドンピシャの日.大概咲き始めか咲き終わりのどちらかにずれることが多いのだが,今日は一番いいところ.これだけでも来た甲斐があった.やがて林道が切れ,直角に折れて左の斜面を登り尾根に取り付く.

 少し雨が降ってきたのでザックカヴァーをつけ,レインウェアを着る.尾根をしばらく進んだところで,私の手袋と長袖シャツの袖口との間に太ったヒルを発見.ヒェーということになる.恐怖のあまり方向も定めず指で弾き,ユッキーの顰蹙を買う.幸い血は吸われていなかった.

 この支尾根はコアジサイ街道であるが,花は開花してから日数が経っていず小さい.全体としては今年の花付きは悪い.

 天空温泉分岐,さらにカツラの谷分岐を経て,朽木スキー場からの道と合流する.合流点はお見合い広場と呼ばれるところ.今年の冬は雪を楽しむために車のアプローチの関係でスキー場からこのコースで何度か登った.

 あとは急坂を登るだけ.いつもは見晴らしのよいところだけれど今日はガスっていて何も見えない.ピーク写真を撮っていたところ,雷が鳴り始め,大粒の雨が降り始めた.長居は無用.来た道を転がるように降りる.登山道は川のようになっている.滑らないように気をつけながら駆け下りる.林道に降りてほっとする.雨は小降りに.登り2時間だったが,降りは1時間で降った.

 車のところで着替えをして牛乳とビスケットを食べる.今日は鯖街道のところで蕎麦を食べようと計画していたので,帰りにまた朽木新本陣に立ち寄り,お土産を買った後,鯖街道沿い高島朽木大野の「永昌庵」に立ち寄る.

 お腹も膨れたので,その後一路家に.早い帰宅となった.家での打ち上げはビール.ずぶ濡れになったが,雨の中の山もまたいいものだった.
 

28.【5月27日(日)】古屋→高島トレイル縦走路尾根→滋賀ピーク→三国岳山頂(959m)→お茶屋跡→桑原

 
古屋登山口 デワノタツナミソウ ホオノキ 三国岳山頂 ハクウンボク ラムダの木 ヤマボウシ
トチノキ
ツルアジサイ
 
 
 ミステリーツアーばかりでは読者からお叱りを受けそうなのでということもないが,ハクウンボクを観に出かけましょうと小てつさんからのお誘いがあり,本日の山行.三国岳は小てつさんのホームグラウンド.一昨年は見事なハクウンボクだったが,昨年は裏年.今年はどうかということになる.

 桑原にある観光トイレに寄り,桑原と古屋の間,やや桑原寄りでデポ.ここから古屋まで進み橋を渡って折り返す.保谷林道分岐を通過して名もなき尾根から登り始める.地図にもない支尾根で急登.花の終わったイワカガミを踏まないように配慮しながら一歩一歩進む.ギンリョウソウがあちこちに.ハルゼミの声がしてくる.稜線が見えてくると少し励みになる.高島トレイルの縦走路だからである.

 縦走路から南へ進む.ホオノキの花,トチノキの花を目にする.サラサドウダンは散り始め.不思議なことにここにベニドウダンが見当たらない.そしてまずは滋賀ピーク.そこから少し降って登り返す.三国岳山頂である.

 お腹もすいたのでここで昼食.われわれはパンと牛乳.デザートはキーウィーと水ようかん.ハルゼミの声がする.

 終わると,ハクウンボクで期待を膨らませながら,下山.桑原目指してまずは南東方向に.何本か記憶に留めているハクウンボク.最初のには花がない.せっかく来たのになあと愚痴りながら降りていくと,あった! 白いのが目に入った.ヤマボウシも咲き始めていたけれど,これは間違いなくハクウンボク.来た甲斐があった.涙涙(ちと大げさ.洛西オヤジさんの文体が乗り移った).

 快適な支尾根を気持ちよく降りていく.830mあたり,経ヶ岳の分岐(丹波越え)の峠で北東に転じる.ここからは降るのみ.お茶屋跡を過ぎて快適にと言いたいところだが,Fairy Trail と称してトレランの大会が開催される予定で走路の目印となる白いテープが次々に目に入り,快適とは言えなくなった.6月10日とのこと.

 もう早く降りようとたったと降りて,桑原に降り立った.あとは車道を花を探しながらぶらぶらとデポ地まで.アザミ,コアジサイなどを発見.

 帰りは例によって車の中で小てつバー.ギンギンに冷えたビールを頂く.本日は日本ダービーとかで,競馬に関しては全く無知のわれわれ,小てつさんのレクチャーを受けた.帰宅してお風呂の後は山名酒造の「五百万石」で乾杯.まったりした奥行きのあるお酒だった.

 小てつさん,さまざまな心遣い,ありがとうございました.

 なお,注意事項2つあります.

1.桑原の観光トイレの前,お堂のあたりは私道,私有地です.車をここにデポして山になどということをなさらないようにお願いします(小てつ談).
2.6月10日トレランの大会が開催され,このあたり一帯がコースになっています.雲洞谷山,三国岳,白倉三山,朽木栃生,イクワタ峠,蛇谷ヶ峰が60キロスーパーロングコースのカヴァーするところです.当日このあたりの山行は避けたほうがいいと思われます.
 私としては登山道のすぐ傍らに生えている植物がダメージを受けることを危惧しています.こんなところにトレランのコースを設定しなくてもいいのにと思わざるを得ません.

27.【5月20日(日)】ミステリーツアー(2)

 
ギンリョウソウ フタリシズカ ヤマシャクヤク ある峠で ジャケツイバラ クリンソウ
コケイラン
エビネ
 本日も花保護のためにルートを記さないミステリーツアー.久しぶりにJOEさんの参加も得て,小てつ,JOE,キムケン&ユッキーの花探検隊4人組.

 いいお天気で少しひやりとする温度.汗もあまりかかず快適な山行だった.

 例によっての腕力登山で脚の痛みに加えて腕の痛みも残った.ヒルの出る地域だが,1匹嬉しそうにこちらを向いているのを発見しただけで被害ゼロ.今日は昨日の雨で湿度はあるものの気温が低いことが幸いしたか.

 今年の花は本当に早い.特に木の花にその傾向が強いように思われる.

 見晴らしのよいところで昼食.パンと卵スープ.JOEさんから豚汁とノンアルコールビールを頂く.お腹いっぱい.われわれからはデザートに「蒼空」の酒まんじゅう.

 本日の山行での事件は,私がガーミンを落としてしまい,それを探しに戻ってルートを変更したことが一つ.このGPSは私が定年退職したときにユッキーからプレゼントされたもの.必死になって探して見つけ出した.ああよかった.

 それとユッキーがジャケツイバラの撮影時に茨にからみつかれたこと.服が破れるまでには至らなかったことが幸い.

 きょろきょろしながら花談義,ルート探しも加わり賑やかな山行だった.誰にも会わず.

 帰りにはいつもの小てつバーでビールを頂き,四方山話.楽しい一日だった.

 帰宅後はお風呂,そして,山名酒造の「生貯蔵酒」.香りよく,すっきりしたお酒だった.

 オオバアサガラ,コアジサイも出てきており,いつもなら6月に愛でる花を5月に愛でることになりそうだ.

26.【5月17日(木)】坊村8:28→御殿山→西南稜→11:34武奈ヶ岳12:05→西南稜→御殿山→14:40坊村

 
明王院・三宝橋 タンナサワフタギ アカモノ 武奈ヶ岳山頂 ベニドウダン レンゲツツジ チゴユリ
 御殿山から西南稜のベニドウダンを見に行こうということで本日の山行.

 曇り空.夕方から天気が不安定になるとの予報もあって,久しぶりに坊村ピストン.ともかくも蒸し暑い.

 我慢の急登.モミジノコバで休憩.ここからまた急登.キタヤマブシが元気よく葉っぱを出している.無事夏を乗り切っておくれ.


 夏道・冬道の分岐を過ぎ,枯れ谷を登り,見晴台まで来ればあとは御殿山までもう少し.雲で展望はないので休みもせず御殿山を目指す.ここからお目当てのベニドウダン.今咲き始めたばかりという感じで,もう少し時間が経てば満開と言うことになる.

 西南稜のレンゲツツジもまだ蕾もあり,これから.ヤマボウシも咲き始め.チゴユリがあちこちにあるのは驚き.

 雲が多く,見晴らしはきかないが,ゆっくりと前進.

 山頂に着いたら団体さんがおられたが,しばらくしたら団体さんを含めて個人の登山者も全部次の目的地へ進んで行かれて山頂はわれわれだけに.昼食.今日はコンビニおにぎり.甘いものは冷やしぜんざい.冷たい牛乳がよく合う.

 さてさて,食事も終わろうとしていたら,1人山頂に登ってこられた.なんとこれが洛西親父さん.重いリュックを背負って大津ワンゲル道,釈迦岳から八雲を経て武奈に着いたとのこと.さらにこれから堂満に行ってイン谷に降りるのだと.こんな真似われわれにはできない.まさに超人的.


 堂満からの降りの古崎川沿いの古道をお教えして,記念写真.「お気をつけて」ということで別れる.

 あとはわれわれは来た道を降るのみ.滑りやすいところに注意して降る.

 着いたところで打ち上げは坊村の「茶坊」.着替えをしてからお店に.「お久しぶりです.コーラフロートでしたね」とこちらがいつも注文するものを覚えておいてくださった.立ち寄ったのは1年ぶりになるか.

 すっきりしたところで駐車地の葛川青少年センターに戻り,帰途につく.順調に鯖街道,湖西道路,名神で帰宅.

 お風呂の後はビールで乾杯.予期せぬ珍しいものも見たし,収穫の多い一日だった.


 次はどこへ?

 

25.【5月12日(土)】ミステリーツアー(花の保護のために詳しいルートは省略.悪しからず)

 
サルメンエビネ ラショウモンカズラ ヒメレンゲ クマはぎ(ある支尾根) 子鹿 エビネ ヤブデマリ 
クリンソウ
フタバアオイ
タニウツギ 
 毎年恒例の小てつミステリーツアー.

 京都の北山は本当に奥深い.小てつさんに誘われて本日ミステリーツアー.

 登山道ならざるところを進む.尾根ではクマはぎのあとが何ヶ所も.それも今年の雪解けから今日に至るまでの比較的最近のやつ.樹皮を剥いで樹液をなめるんですと小てつさんの説明が続く.高さからするとそれほど大きくなさそう.樹液が見え,爪の後が生々しい.

 ヒルも出るところだが,今日はまだ出ていない.それよりもマダニにやられる可能性はある.出発時に薬を振りかけておく.
 
 大変なツアーであるが,珍しい花に出会える喜びはその大変さに勝る.

 このような道を行くものだから,鹿がいると思った瞬間に親鹿は去って行ったが,残された子鹿を発見.こんな間近に野生の鹿を見たのは初めてだった.3mぐらいの近くで撮影.体の色は保護色のようで地面の色と紛らわしい.

 ともかくも野趣溢れる山行だった.

 小てつさんのさまざまな心遣いに感謝,感謝.

 無事帰宅して,仕上げはビールで乾杯.

24.【5月9日(水)】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根(上林新道)→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 
フジ 青ガレ メドゥーサ(コヤマノ岳南尾根) チゴユリ 武奈ヶ岳山頂 シロヤシオ オオバキスミレ 
ウスギョウラク
シライトソウ
 
 明日の方が天気は良さそうだが用事があるので本日の山行.久しぶりに武奈ヶ岳に行こうと考える.雨がパラパラしている中,車中から見た比良山系は雲の中.午後から晴れという天気予報に一縷の望みを託す.

 イン谷口に着いたら一台だけ車があった.われわれが準備をしている間にその車の持ち主は出発して行かれた.ゲイター,雨具の準備の後われわれも出発.


 時折日が差すこともあるが,雲の動きは速く,また雨がぱらっとくる正面谷を登るときにも濡れた岩,石に細心の注意を払いながら歩を進める.いつものように金糞峠では風が吹き抜け寒いぐらいだ.その中で,金糞峠,東レ新道方面のシロヤシオは満開だった.風に揺れる花を写真に収めるのに一苦労.シロヤシオは花期はそれほど長くないので今週末はどうだろうか.

 時折雨が顔を打つので,最短コースで山頂を目指すことにする.

 昨晩の雨のせいか,ヨキトウゲ谷の水量もやや多め.小橋も濡れているので注意深く渡る.四つ辻に出れば,あとは南尾根をまっすぐ登って行くだけだ.花のない尾根だけれどチゴユリを発見した.

 コヤマノ岳到着.ガスっていて何も見えない.ブナ林を通ってイブルキノコバ分岐を過ぎればあとは山頂へ.昨年発見したショウジョウバカマ街道.しかし,今年は溝道の両側が削れていてショウジョウバカマは全く見えない.わずかに残っていたものももう花は終わっていた.

 それでも頂上直下にはイワカガミが残っており,アカモノがたくさん蕾をつけていたのはうれしかった.

 山頂には女性4人組がおられた.坊村から登ってきたとのこと.風が強いので頂上東側お地蔵さんのしたのところで昼食とする.コンビニおにぎりとみそ汁.みそ汁の温かさがありがたい.気温は10度を切っている.おそらく5度くらいか.夏用の手袋では寒い.もってきていたライトダウンのジャケットを雨具の下に着込む.まわりはコヤマノ岳すら見えない.

 天気予報は当たらない.食事のあとはすぐ出発.早く降りるにはパノラマコース.八雲ヶ原から北比良峠.ダケ道を急ぐ.

 大山口でゲイター,ストック,靴を洗い,駐車地に.着替えをすませ,HS比良へ.リンゴパンとコーヒーを頂き,プリンをお土産にする.湖西道路も名神も渋滞なく,早く家に帰り着けた.伏見では雨は降らなかったよう.

 お風呂の後は,伏見の藤岡酒造の「蒼空」で乾杯.ご苦労さん.

 雨に打たれた若葉の緑の美しさは例えようもなかった.

23.【5月6日(日)】木地山バス停→北谷→木地山峠(660m)→桜谷山(824.5m)→与助谷山(750m)→駒ヶ岳(780.1m)→駒ヶ岳西尾根→木地山バス停

ハンカチの木 タニウツギ 木地山峠 桜谷山 与助谷山 駒ヶ岳
キランソウ
 
 小てつさんのお誘いで新緑のブナを愛でに駒ヶ岳へ.

 木地山バス停で車をデポし,北谷を登る.昨年百里ヶ岳に行くときに登った谷である.

 このときはルートの選択に少し迷いながら登った.今回は昨年の記憶を呼び戻しながら進む.沢を遡行し,渡渉を繰り返しながら登る.渡渉の際,あるいは,斜面の細い道を進む際には慎重に歩を進める.

 木地山峠に辿り着く.お地蔵さんが歓迎してくれる.この分岐で南に行けば百里ヶ岳,北へ行けば桜谷山である.ここから桜谷山に登るところが今日一番しんどかった.これまで山道で出会った人は3人.

 桜谷山からの展望はすばらしい.一方で琵琶湖側,一方で小浜湾.新緑のブナ林の尾根を歩く.アップダウンはあるが,気持ちのよい尾根である.爽やかな風が吹き抜ける.お腹もすいてきたので与助谷山で昼食とする.

 われわれはパンと牛乳.デザートは餅と饅頭のダブル.小てつさんのタムシバ茶で美味しく頂く.

 食事を終えて片付けをしていたら木地山の駐車地で会った4人のグループと図らずも出会う.われわれは時計回りだけれど,このグループは反時計回り.どこから降りようか思案されていたので,小てつさんが2つのコースを提案.結局われわれが来た道の方を取られた.時間はよりかかるが無事に降りられたであろうか.駐車地ではこの岐阜から来られたグループの車はまだ残っていた.

 さて,昼食も終わったことだし,どこから降りるか検討の結果,早く降りられるコースということで駒ヶ岳西尾根で降りることにする.ヴェテラン小てつさんもこの道は記憶する限り使ったことがないとのこと.天気予報通り,雲が多くなってくる.

 ここでは降りのユッキーの本領発揮.尾根を辿って降りる.険しい斜面ではジグが切ってあり,すいすいと降りて焼尾東谷と合流し,続いて焼尾西谷と合流し麻生川に至る.ろくろ橋へと廻って無事木地山のバス停,駐車地に戻る.

 山道では花は少なかったが,ブナ林の緑は記憶に残るものとなった.

 デポ地で後片付けをしてあとは小てつさんの運転で帰途につく.小てつさんはノンアルコール,私はアルコールのビールで乾杯.鯖街道から京都市内へ.京阪で自宅に着いた途端,雨が降り出してきた.洗濯物はかろうじてセーフ.お風呂の後はビールで締め.

 小てつさん,連休で諸事多忙の中ご案内頂きましてありがとうございました.車中の話も面白かったです.
 またよろしくお願いします.

 

 

 

22.【5月1日(火)】岩屋橋バス停9:20→志明院→薬師峠→岩茸山(811m)→桟敷ヶ岳(895.7m)→鉄塔ピーク→祖父谷林道→13:46岩屋橋バス停

クリンソウ 薬師峠 岩茸山 桟敷ヶ岳 ヤマツツジ ヤマシャクヤク
ラショウモンカズラ
ルイヨウボタン
 
 早いもので今年ももう5月になった.

 かおりさんのレポートを見て,われわれも桟敷ヶ岳に行こうと決める.昨年は5月18日に出かけたのだが,各地の開花状況を見ていると今年は早そうなので本日.

 烏丸北大路でモクモク号に乗車すべくバス停に向かったら,なんと,JOEさんがバスを待っておられた.お久しぶりですということになる.われわれは最初のジャンボタクシーに乗れたが,11人は後続のタクシ-3台にまわされることになった.みなさん桟敷ヶ岳かと思ったら,山頂まで行ったのはわれわれとJOEさんを入れて4人だけ.あとで分かったのだが,祖父谷林道をバス停から30分ほど登ったところにあるヤマシャクヤク保存地でのイヴェントに参加する方々だった.

 われわれは時計回りで,JOEさんは反時計回りで桟敷を目指す.

 志明院にお参りする方(栃木から来られた由)と抜きつ抜かれつしながら志明院まで.ここから山頂まではわれわれだけ.薬師峠に辿り着き,ここから次なる目標は岩茸山.昨年は岩茸山に登る道を避け,東側の道を進んだのだが,結構手間取った記憶があり,今年は岩茸山経由で行くことにした.こちらのほうが楽な気がしたのだが,どうだろう.

 あとは遠見岩を過ぎ,鉄塔地を過ぎ,桟敷ヶ岳に.すでにJOEさんは山頂で昼食中だった.予想されたことだったが,JOEさんの速いこと.

 JOEさんが岩茸山のほうに下山されていったあと,われわれは山頂で昼食.パンと牛乳.デザートは草餅.2時20分のバスに間に合わせるために急いで食事を済ませる.食事の終わりかけにお一人山頂に来られた方があった.われわれの下山ルートを尋ねられるので鉄塔からの道をお教えすると,一緒に行きますとのこと.急いで食事を済ませてもらい出発.

 滑りやすいざらざらの道を慎重に進み,植林の中に入り,途中渡渉もしながら降っていく.祖父谷林道に降り立てばあとはバスの時間を気にしながら進むだけ.少し前に降りてきたと思ったら,やはり,JOEさんが一番でそれからイヴェント参加者が続き,われわれは十一番,十二番で後続のタクシー乗車となる.

 意外に早く後続タクシーが到着し,われわれを入れて4人が乗り組む.烏丸北大路到着.地下鉄・近鉄で帰り,うちあげは大手筋の油長茶舗の喫茶店で.家に帰り,お風呂の後は山名酒造の「蔵人の土産酒」.しっかりしたお酒だった.さて,次は.